新聞 代 軽減 税率。 軽減税率の対象となる新聞、ならない新聞

新聞軽減税率 販売店へ負担押し付け =税理士・佐伯和雅さん|全国商工新聞

新聞 代 軽減 税率

2019年 参議院選挙(写真:ロイター/アフロ) 21日に投開票された第25回参院選で自民・公明の与党が改選過半数の63を上回る71議席を獲得したことを受け、麻生太郎財務相は23日の会見で、10月に予定されている 消費増税について「信任を得ていると思う」と述べた。 これで、一部では見送り論も出ていた消費増税の実施が確実な情勢となった。 10%への消費増税に伴い、軽減税率という煩雑な措置が取られることが以前より決まっていたが、これが理にかなっていないということでにわかに議論が再燃している。 軽減税率とは、一般庶民の家計を助けるという名目で、食品などの税率を現状据え置きで「一時的に」現行の8%に据え置く措置である。 この軽減税率に関して、相当数の人々が、生きるのに必要とされる食品をはじめとする生活必需品全般に対して適用されると認識しているが、ここへきて生理用品などの生活必需品や電気・ガス・水道代が減税の対象とならず、 新聞の定期購読料が対象となっていることが、インターネット等で議論を呼んでいる。 「オムツや生理用品に軽減税率が適用されないのに新聞は軽減税率適用ですか。 どっちの方が生活必需品でしょうか」 「オムツとか生理用品がまさかの軽減税率の対象外って。 この取り決めに参加した人って女性のこと考えてたのかな? 子育てしてる人のこと考えてたのかな?」 「生理用品に軽減税率を適応しろって言っているのではなくて軽減税率自体が不要って立場なんだよ」 ちなみに政府は「活字文化を守るため」などと説明しているが、軽減税率の対象品目に書籍は含まれていない。 線引き決定のプロセス 今回の軽減税率導入に問題はないのか。 消費者問題研究所代表の垣田達哉氏に話を聞いた。 国会で議論されたとき、野党もいろいろ声をあげましたが、結局与党の方針がそのまま採用されました。 線引きは与党案です。 さまざまな業界が軽減税率の対象に含めてほしいと考えていたが、与党からすれば新聞を対象にすることは都合が良かったのかもしれません」.

次の

【消費税】2019年10月1日から始まる軽減税率の対象となるものは?

新聞 代 軽減 税率

キオスクの新聞スタンド(「」より/Corpse Reviver) 軽減税率の対象品目について、酒類を除く食品が8%、外食は10%と線引きされた。 食料品や外食の定義について議論がされ一応の決着がついたなかで、週2回以上発行する「 新聞の定期購読料」に軽減税率が適用されることについて大きな異論は出なかった。 新聞は民主主義と活字文化を支える重要な社会基盤であり、それを守るためには、知識への課税は最小限度にとどめるべきだ、といった論調が支配的。 麻生太郎財務大臣も答弁で「日常生活における情報媒体として、全国あまねく均質に情報を提供し、幅広い層に日々読まれている」と指摘し、読者の負担軽減のため新聞への軽減税率適用の妥当性を説いた。 だが、本当に低所得者や地方在住者でも、適切な価格で新聞を購入できる環境を維持することが重要だと、多くの国民が認めているだろうか。 一例をあげれば、最近の大学生は就職活動の時期を迎える頃に、会社の面接で時事問題を聞かれるので新聞を購読し始めるというケースがほとんどだ。 実家から通学する学生でも、家で新聞をとっていないケースは珍しくない。 人口1000人当たりの全国の新聞発行部数をみると、1968年時点で331部だったのが、98年には427部になったが、それ以降は次第に減少し、2011年には30年前の水準の383部になっている(日本新聞協会「日本新聞年鑑2014」より)。 消費者の強い需要を背景に、ハイペースの値上げが一因で新聞離れ、文字離れが起きているのは確かだ。 今や若者にとってはインターネットで情報を得る時代になり、紙媒体の新聞がこれまで果たしてきた速報性についても役割は終わったといえるだろう。 新聞が豊かな国民生活を維持するのに欠かせない財として認識されているとは思えない。 公共料金は軽減税率対象外 軽減税率の新聞への適用で思い出されるのが、90年代に展開された新聞、書籍・雑誌の再販売価格維持制度の存廃をめぐる議論だ。 著者は97年に公正取引委員会に設けられた「政府規制等と競争政策に関する研究会」で再販問題を議論した。 再販制度とは簡単にいえば、定価でしか販売することができない制度だ。 賛否両論があったなかで、結論的には再販制度を維持すべき理由に乏しく、基本的には廃止の方向で検討するが、「文化・公共的」観点から配慮する必要があり、ただちに廃止することには問題がある、とされた。

次の

【勘定科目】新聞代の勘定科目は?電子版も同じ?軽減税率に注意!|資格取得Navi+

新聞 代 軽減 税率

「新聞」の消費税軽減税率適用条件 消費税軽減税率が適用される「新聞」とは? 消費税の軽減税率対象品目に「飲食料品」とともに「新聞」が挙げられています。 ただ、「新聞」といっても、何でも軽減税率の適用になる訳ではなく、条件が規定されています。 1,週2回以上発行 消費税の軽減税率が適用される「新聞の譲渡」とは、一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載する週2回以上発行される新聞の定期購読契約に基づく譲渡のことをいう、としています。 その「週2回以上発行」される新聞とは、通常の発行予定日が週2回以上とされている新聞をいいます。 もし、休刊日があって、たまたまその週が1回の発行となったとしても、「週2回以上発行」の条件に該当しますね。 一方、もともと週1回とか月1回発行することになっているものは、たとえ「新聞」と名前についていても、軽減税率の対象にはなりません。 2,定期購読契約 「定期購読契約の基づく譲渡」も軽減税率適用対象の新聞の譲渡の条件になっています。 「定期購読契約」ということは、その新聞を定期的に継続して配達されるということになります。 したがって、読売新聞や朝日新聞、産経新聞、毎日新聞、東京新聞、日本経済新聞といった誰でも新聞だと認識するようなものでも、新聞販売店の配達員が配達せず、コンビニエンスストアや駅売店などで販売されているものは、「定期購読契約」に該当しませんね。 したがって、コンビニエンスストアや駅売店などで販売されている新聞は、消費税の軽減税率の対象にならず、消費税10%がかかることになります。 スポンサーリンク 電子版新聞・デジタル新聞 新聞各紙の電子版には何があるか 若者中心に新聞をとらなくなってきた状況に対応するため、各新聞社は電子版を提供しています。 その電子・テジタル版が「日経電子版」です。 料金は、ほかの電子版と比較して少し高いです。 しかし、朝刊・夕刊の新聞記事が過去3ヶ月分検索できます。 経済ニュースは過去の記事をみたいことが多いので便利ですね。 電子版単体での契約はできませんが、通常の新聞購読料に少しプラスするだけで購読できます。 「読売プレミアム」では、スポーチ報知の1面が無料で読める特典があります。 電子版単体契約の「シンプルコース」「デジタルコース」と、通常の新聞購読契約にプラスする「ダブルコース」があります。 こちらも朝日新聞と同じように、電子版単体契約が2種類と新聞購読にプラスする1種類の合計3種類のコースがあります。 電子版単体契約は、「ワンデープラン」と「スタンダードプラン」、新聞購読に電子版をプラスする「プレミアムプラン」となっています。 ただ、新聞紙面と同じ内容を読めるのは、「プレミアムプラン」のみとなっていて、電子版単体契約では、有料記事しか読むことができないようです。 コースは、電子版単体契約のみです。 紙面すべてが読める電子版の中では、料金が安いところが特徴です。 ただし、過去記事検索ができない面もあります。 新聞電子版のメリット 新聞電子・デジタル版には、次もメリットがあります。 そして、回収日には、紐でまとめて重い束を回収場所まで持っていかなくてはなりません。 大変ですね。 電子・デジタル版なら、保管も紐でまとめることも、回収場所まで持っていく必要もありません。 でも、電子・デジタル版なら、スマホやタブレットを持てばいいですね。 しかし、電子・デジタル版では、得意な記事検索ができます。 しかし、電子・デジタル版であれば、その日起こったニュースを早く読むこともできます。 老眼の人なら、老眼鏡がなくてもよむこともできますね。 満員電車で新聞を読もうとすれば、まわりの人が迷惑がります。 その点、電子・デジタル版なら、小さなスマホでも読むことができ、まわりの人にあまり迷惑がかかりません。 その点、電子・デジタル版なら、写真がフルカラーできれいに見ることができますし、図もカラーなら白黒よりもわかりやすくなります。 紙の新聞にない映像ニュースを見ることできる場合があります。 新聞電子版のデメリット 新聞の電子・デジタル版は、いいことばかりではありません。 デメリットもあります。 Wi-Fiが繋がらない場所では、当然記事が読めません。 また、ポータブルルーターを使用している場合に、その電池が切れたり、ルーターが故障するとインターネットに接続できず、記事が読めなくなってしまいます。 記事を読めなくなります。 そのため、自分が興味のない話題でも、大きくなタイトルがついていると、その記事を読むきっかけにもなります。 電子・デジタル版は、小さいので、そんな使い方は困難です。 一覧性という意味では、やはり紙の新聞に劣ります。 それに対し、電子・デジタル版では、記事をひとつひとつ読むことになり、ざっと読むということができません。 電子・デジタル版の場合、印をつけたりはできますが、文字を直接書き込むことができませんね。 今日は、ここが安い、こっちの店が安い、あそこに新しい店ができた、など地元の情報を得られます。 しかし、電子・デジタル版の場合には、折込広告は入ってきませんから、地元の情報を得ることが困難になります。 スポンサーリンク 電子版新聞・デジタル新聞は消費税軽減税率の対象になるのか? それでは、電子版新聞は、消費税の軽減税率の対象となる「新聞」に該当するのでしょうか。 電子・デジタル版の新聞は、電気通信利用役務の提供に該当 インターネット接続により記事を読む電子版の新聞は、「電気通信利用役務の提供」に該当するそうです。 つまり、電子版新聞は、通信回線を通じて行われるサービスの提供ということです。 電子・デジタル新聞には軽減税率は適用されない ということは、電子版の新聞は、消費税の軽減税率適用の要件である「定期購読契約の譲渡」には該当しないことになります。 わかりにくいですが、少なくとも電子版新聞は「譲渡」ではありません。 「提供」なのです。 したがって、電子・デジタル版の新聞には、消費税の軽減税率は適用されません。

次の