お早い対応。 5572「いち早い対応」 | (ytvアナウンサー)『道浦TIME』

新型コロナ対応で「好感をもった企業」、第1位はシャープ マスク製造へのいち早い着手が高評価につながる

お早い対応

A ベストアンサー 淡雪さん、こんにちは。 個人 対 個人 の場合には、挨拶で 「お早うございます、こんにちは、こんばんは」を使いますよね。 社交辞令の挨拶なので、 具体的に何かの事柄に対して、 感謝していると言わなくても大丈夫です。 「Ni Hao」と同じ感覚です。 似た意味で「いつもお世話になります。 」を使う場合もあります。 「いつもお世話になります。 」は、会社 対 会社 の限定使用です。 」を使うと無礼になります。 以後、よろしくお願いいたします。 」と言います。 」と言います。 「いつもありがとうございます」を使ってもよいですが、 会社 対 会社 の場合は「いつもお世話になります。 」が最適です。 先日、ご相談させていただいた件(用件)についてですが、 今(今から)、(対話に)お時間をいただいてもよろしいでしょうか?」 お客様に対しては「いつもお世話になります。 」は言いません。 「世話をする」=「援助する」と同意ですから不自然な使用法(誤用)になります。 以後、よろしくお願いいたします。 」と言いますが、 通常は「以後、よろしくお願いいたします。 」を省略してもOKです。 「いつもありがとうございます」、「いつもお世話になります。 」は口語形式なので、 対話やメールなどの挨拶用語として使います。 文語形式の契約書、辞令(命令書)などには使用しません。 前文の引用を示す格助詞の「と」を足すと自然な日本語になります。 」[と、]私の両親が感謝を申していました。 wikipedia. 個人 対 個人 の場合には、挨拶で 「お早うございます、こんにちは、こんばんは」を使いますよね。 社交辞令の挨拶なので、 具体的に何かの事柄に対して、 感謝していると言わなくても大丈夫です。 「Ni Hao」と同じ感覚です。 似た意味で「いつもお世話になります。 」を使う場合もあります。 「いつもお... A ベストアンサー >上記の文は正しいでしょうか? 間違いではありません。 「迅速」は、非常に速いということです。 これに「とても」のような言葉をつけて、迅速よりさらに速いということを表現することは可能です。 下の有名作家の随筆にも「きわめて迅速に」という表現があります。 ですから間違いではありません。 しかし、「とても」という小学生でも使う平易な言葉と、「迅速」という難しい言葉は合いにくいですね。 迅速を使うのであれば、次のような文がよろしいかと。 「極めて迅速なご対応、誠にありがとうございます。 」 寺田寅彦 「芝刈り」 ・・・無数の葉の一つ一つがきわめて迅速に相次いで切断されるために生ずる特殊な音はいろいろの事を思い出させた。 ・・・ A ベストアンサー こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」 =(常体)「用事を言い付けてすまない」 「お呼び立てして申し訳ありません」 =(常体)「呼びつけてすまない」 4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。 従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。 5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。 以上ご参考までに。 こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」... その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社... A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

次の

5572「いち早い対応」 | (ytvアナウンサー)『道浦TIME』

お早い対応

速いは、ある動作を完了するのに要する時間が短い、一定時間に動く距離・働く量が大きい、すみやかであるといった意味で用いる。 早いは、「朝が早い」「早いうちに手を打つ」など、ある基準より時間・時期が前である、始まってからあまり時間が経っていないといった意味。 「諦めるにはまだ早い」「結婚にはまだ早い」など、まだその時刻・時期ではないという意味で用いる。 「足が速い」と書けば、走る(歩く)スピードが速いという意味になるが、「足が早い」と書けば、あまり時間が経っていないという意味の「早い」なので、食物などが腐りやすい、売れ行きがよいといった意味になる。 「速い電車」と書けば、普通電車より到着までの時間が短い、特急などの電車のことで、「早い電車」と書けば、朝早くに出発する電車のことになる。 「時間が経つのがはやい」の「はやい」は、「早い」と書かれることが多いが、正しくは「時間が経つのが速い」。 早いは、始まってからの時間の経過が短いという意味で使うが、ある基準より時間・時期が前の方という意味である。 「時間が経つのがはやい」の「はやい」が表しているのは、要した時間が短いという意味なので、「時間が経つのが速い」と書く。 つまり、時刻が前である場合は「早い」、時間が短い場合は「速い」を使う。 時間が短いといった意味では、「話が早い」や「回復が早い」など、「早い」を使う場合もある。 「話が早い」や「回復が早い」は、速度を表しているようにも感じるが、手っ取りばやい、短い時間で済むといった、ある時間よりも前になるという意味なので、「早い」を使う。 本来の意味からすれば「速」の字を使いそうな場合でも、「早口」「早業」などは「早」が使われており、使い分けが難しいこともあるが、明らかに速度を表す場合を除き、多くは、慣用として「早い」が使われるため、微妙な違いに注意をし過ぎないほうがよい。

次の

「早い返事」の敬語表現・早い返事の使い方と例文・別の敬語表現

お早い対応

「速い」と「早い」の意味の違い 【速い】動作がすみやかである 【早い】時間が短い 「速い」と「早い」は、どちらも ハヤイと読む同音異義語です。 「速い」は、動作がすみやか・急であるという意味です。 「早い」は、それに要する時間が短い、時点・時刻が比較的前であることを意味します。 たとえば、「電車が速い」だと、その電車の速度・スピードがすばやいことを表し、「電車が早い」だと、その電車の到着時刻がいつもより前であることを表します。 「速い」「早い」どちらも対義語は、「遅い」。 なお、「早口」「早変わり」「早道」「手早い」「素早い」などの語は、一般的に「早(い)」のほうを用いますが、意味的には「速(い)」のほうが適切であるとも言えるので、「早(い)」を「速(い)」に置き換えて表記することもできます。 「速い」の使用例• 足が速い• 流れが速い• 仕事が速い• 回転が速い• 変わり身が速い• 速い動き 「早い」の使用例• 桜の開花が早い• 到着が二日早い• 早く起きる• 朝早い• 結婚はまだ早い• 電車のほうが早い.

次の