ダンス フロア に 華やか な 光 加藤 ミリヤ。 KREVAの『今夜はブギー・バック』の歌詞を探しています。知っている...

ベスト盤『d

ダンス フロア に 華やか な 光 加藤 ミリヤ

この日の模様は、後に Kawaiian TV でライブ放送にもなる。 雅な音色に乗せ艶やかに、躍動する楽曲の上で華やかなステージングを投影。 会場を煌めく宴の場へ導いた BANZAI JAPAN。 まさに、正統派という言葉が相応しいアイドルグループだ。 ドキドキと高鳴る気持ちを膨らますように、温かい歌声を響かせた松原みずき。 ダンディなメンバーたち?? 男装アイドルのウィズプラスが見せたのは、凛々しく力強いステージングと、ときどき零れ落ちる可愛らしさ。 激しくも幻想的、ドラマチックに物語を描く楽曲の上で、情熱抱いた歌声をぶつけたのが空想と妄想とキミの恋した世界。 可愛いメンバーたちの情熱あふれるステージングに、気持ちを熱く滾らされた。 温かい歌声に乗せ、心に優しさや元気を注いた、はぴか。 なんてエモーショナルなライブパフォーマンスだ。 熱を持って駆ける演奏に乗せ、激情した想いをぶつけてきた AdFicTioN。 熱を抱いた歌声は、確かに強く胸を揺さぶった。 胸弾む軽やかさから躍動したステージングまで、つねに可愛らしさを描きながらも多彩な曲の表情を投影したおやすみセカイ。 心揺れるままに歌声を優しくはべらせたのが、シンガーの中村仁美。 暖かな歌声が、耳に温もりを伝えてくれた。 冒頭から観客たちと熱い掛け合いを始めた、めっちゃ輝き隊!! グループ名通り、自分たちが…というよりも、触れた人たちに胸ときめかせる輝きを降り注ぐ彼女たち。 親しみ覚える歌の数々とメンバーのキャラクターが魅力のグループだ。 身体中から沸き上がるエナジーをぶつけるように、雄々しいスステージングを見せてくれたのが No surprises。 気持ちと歌やダンスが直結。 彼女たちの放つ気迫が、心や身体を嬉しく震わせる。 終盤には客席へ降り、ファンたちと一緒にサークルを描く場面も。 気持ちのまま弾けた姿も魅力的だった。 いつもは激しい表情を示す CANDY GO! だが、この日はバレンタインのイベントという理由からか、比較的甘く親しみやすい楽曲を通しアプローチ。 とはいえ、そのステージングは何時も通りとてもパワフルで挑発的。 甘さを超ビターな刺激に変えてしまうところも CANDY GO! らしさ。 会場を華やかなダンスフロアに塗り替えたのが d-girls。 躍動するダンスビートに合わせ、脹らむ胸のドキドキ。 ノンストップで繰り出す、心踊らせる歌の数々にテンションもアガりっぱなし。 まさに、トキメキとハッピーを届けてくれるグループた。 メンバーも観客たちも、身体中から沸きだす熱情をぶつけあう。 華やかでキャッチー、でも、心一つになって繰り出す COLOR'z の歌とダンスからは、魂を熱く揺さぶるギラギラとしたエナジーがあふれていた。 COLOR'z 、これはチェックしておきたい存在だ。 美しさの影には狂気が潜んでいる。 激しく荘厳に唸る楽曲の上で悲嘆な物語を語る Aphrodite。 今にも壊れそうな儚い美しさと凛々しさが、激しく唸る漆黒な音の上で交錯。 時折見せる美しさにも心惹かれてゆく。 Aphrodite が生み出す幻想ゴシックシンフォニアな世界観が、この空間を黒い熱狂で呑み込んでいった。 つねに全力投球。 観客巻き込み型のはちゃめちゃとしたステージングを魅力にしている必殺エモモモモ!! たが、楽曲は、どれもつかみを持ったキャッチーさ。 電池満タンな女の子たちがエネルギーを持て余し騒ぐようなステージングが、とてもエモいじゃない。 メンバーらのフロアへの乱入もお馴染みの風景。 彼女たちの超絶明るい熱気に触発され、会場中の人たちが雄叫びを上げ、 2STEP を踏みながら騒ぎ続けていた。 多様な魅力を放つメンバーたちの個性と同じように、楽曲もカラフルな色を放ちだす。 Chu-Z のライブからは、気持ちを熱く鼓舞するヒップな曲から、疾走する演奏に飛び乗り届けたエモーショナルなポップチューンなど、胸はしゃぐキャッチーな歌が次々飛び出してゆく。 フロアの観客たちも、メンバーの振りを真似ながら一緒に騒げば、時に肩を組みながらと、この空間で楽しむことを満喫していた。 この日も、胸の疼く楽曲を真っ直ぐな情熱と共にぶつければ、同じく、情熱あふれるバレンタインナンバーをプレゼント。 親しみ覚える姿に触れたら、沸きだす熱に心を燃やされた。 ハートをドキドキ鳴らす歌の数々に、ギュッと心を抱き締める彼女たちのキュートな姿に、キュンキュンとした気持ちの高ぶりを抑えられなかった。 熱情的なステージングに、視線が釘付けだ。 熱した声を舞台へぶつけるファンたち。 情熱が支配したこの空間が、とても愛おしい。 まさに、愛し LOVE な気分を味わえたステージだった。 TEXT: 長澤智典 0.

次の

クールな僕はマウンドで炎上 2013Ver. 【敗戦処理の品格】

ダンス フロア に 華やか な 光 加藤 ミリヤ

加藤ミリヤ 今夜はブギー・バック feat. OZAWA・M. KOSHIMA・S. MATSUMOTO・Y. MATSUMOTO 作曲:K. OZAWA・M. KOSHIMA・S. MATSUMOTO・Y. なんてねーっ よくない コレ? コレ よくない? よくなくなくなくなくなくない? WHO IS IT? 俺が SHUN in the place to be なんて 具合に ウアーッ ウアーッ wait wait wait wait ガッデーム 更多更詳盡歌詞 在 って俺って何も言ってねーっ いや 泣けたっス「えーっ」マジ泣けたっス フリースタイル具合にマジ泣けたっス STOP CHECK IT OUT YO MAN キミこそスゲーぜ SHOTA MY MAN コレ よくない? よくない コレ? よくなく なくなく なくセイ イエーッ イエーッAND YOU DON'T STOP しみたーっ!! シビレた 泣けた ほれた これだーっ!! これだみんなメモれ コピれーっ MAKE MONEY!!

次の

世界一ていねいかもしれない「今夜はブギー・バック」の解説【前編】(nice original)

ダンス フロア に 華やか な 光 加藤 ミリヤ

ファン投票を元に選んだベスト盤『 d-girls'19』の発売日となる 5月 3日 金 、 d-girlsは発売記念も兼ね、 TSUTAYA O-WESTを舞台に単独公演を行った。 この日は、 d-girlsのワンマン公演の間に挟む形で、桃色革命がゲストで登場。 止まることのない流れの中、二部に分けた形で d-girlsの魅力を伝えてくれた。 5人の合唱も飛び出した、 d-girlsの前半部公演。 最初のブロックは、触れた瞬間に笑顔を導き出す『 Smile again』からスタート。 杉本よしみの歌声に刺激を受け、気持ちが弾みだす。 いや、フロアの人たちは弾むどころか、最初から全力で声を張り上げ、5人へ想いをぶつけていた。 満面の笑顔で踊るメンバーたちの表情も、何時も以上に眩しく見えていたのは、それだけ心に輝きが満ちていたから??。 「これから向かえる未来への階段を手を繋いで一緒に駆け上がろう」と歌う言葉へ、素直に心の腕を伸ばしたかった。 歌のバトンを受け取ったのが、百瀬めい。 彼女は、輝きを増した華やかなダンスポップチューン『 again』を歌唱。 戸惑う気持ちを吹き飛ばし、ここからふたたび挑戦してゆく姿勢を歌ったこの楽曲は、何度も試練に打ちのめされながらも立ち上がる d-girlsの姿と重なって見えてきた。 メンバー全員がソロも担当する d-girlsらしく、次に歌のバトンを手にしたのが、こだま霞。 彼女は心ときめくパーティチューン『 Platinum party』を歌唱。 こだま霞の歌と掛け合いを楽しむ観客たち。 彼女も、会場に生まれた熱狂をとびっきりの笑顔で抱きしめていた。 これまでのキラキラとした世界観から色を塗り替えるように、杉本よしみが『 Destiny』を力強く歌いだした。 気持ちを押し上げるダンスビートに乗せ、彼女は胸の内側に抱いた滾る想いを熱唱。 魂の鼓動が高鳴るたびに声量の増す杉本よしみの歌声に触発され、心に熱を覚えずにいれなかった。 勇壮でシンフォニックなサウンドが会場中を支配する。 壮大な舞台劇を描くように始まったのが、『 stream』。 ミュージカルのクライマックスシーンを思い起こす感動と高揚を、杉本よしみと瀬戸千花が歌を繋ぎながら物語を綴れ織る。 楽曲に触れている間中、僕らは 5人の描きだすドラマに強く魅了されていた。 壮大な世界観を、今度は、青空と彼方まで広がる海辺の景色へ塗り変えようか。 杉本よしみと瀬戸千花の歌う『 natural』が、触れた人たちの心を眩しい世界へ連れ出した。 止め処なく沸きだすドキドキとした気持ち。 ハートがときめきを吸い込み膨らむたびに、その心は大きなバルーンとなり、やがて空へと舞い上がっていった。 『 CHANGE THE WORLD』を通し、心の叫びを杉本よしみと瀬戸千花が熱唱。 彼女たちがつねにテーマにしてきた、現状を変え、チャンスや夢をつかむ強い意志。 胸の内に渦巻く彼女たちの叫び声を、クールでスペイシーな『 CHANGE THE WORLD』が後押ししていた。 「輝く夢と希望を信じて走り続ける」、何時でも理想を掲げ駆け続ける彼女たちの心模様を投影するように、杉本よしみと瀬戸千花が『 history』を歌いだす。 胸弾むダンスポップチューンと未来をつかもうとする確かな意志が重なったとたん、楽曲が眩しい光となって心へ突き刺さった。 その輝きの視線を受け止めるたび、 5人と一緒に "その先 "を見たくなる。 未来を信じて笑顔で歌うその笑みを、リアルに変えたい気持ちになっていた。 夢や希望を本気で信じて突き進めば、その人自身は輝きを放ちだす。 それを、 5人が舞台の上で示していた。 前半部最後の曲として披露したのが、ピアノ演奏に合わせ 5人で合唱したバラードの『これまでのミチ、今、これからのミチ~ 540. 8km~』。 基本、ソロかデュオスタイルで歌うユニットのように、 5人で声を合わせ歌うのは、とても珍しいスタイル。 切々とした音色の上で、メンバー一人ひとりが歌をリレー。 それぞれが今にも心壊れそうな歌声を響かせれば、サビでは 5人が想いを一つに重ね合わせ美しいハーモニーを創り出していた。 EDM系ダンスユニットの d-girlsとはいえ、歌声で心を揺さぶる力を持っていることを、『これまでのミチ、今、これからのミチ~ 540. 8km~』を通して 5人は伝えてくれた。 それまで大騒ぎしていた観客たちも、このときだけは、五つの個性を持った歌声の交じり合いにじっと耳を、心を傾けていた。 ここで、ステージは桃色革命へバトンタッチ。 熱狂生み出す華やかなライブの熱を受け継ぐように、新衣装に着替えを終えた d-girlsのメンバーたちがふたたび舞台へ姿を現した。 光の芸術ビジュアルポイを駆使したステージングも飛びだした、熱狂やまぬ後半のステージ。 『 Bright』のイントロが流れたとたん、そこには、ビジュアルポイ( LEDの放つ光によって空間へ絵や文字を描く道具)を手にしたメンバーたちの姿が。 瀬戸千花の歌に合わせ、 4人は 2本のビジュアルポイを巧みに用いて、マジカルな光の文様を創りだす。 「飛び出した眩しい光に心奪われて」という言葉が示すように 4人の駆使したビジュアルポイが様々な光の文様を舞台の上へ描き出す。 その光の絵の数々が、楽曲や瀬戸千花の歌声へ華やかな彩りを描き加えていた。 中でも、 2人 1組になってハートの文様を描きだす様や d-girlsの光文字など、次々と彩りを変えてゆく光の芸術からは目が離せなかった。 『 with smile』を力強く、でも希望に満ちた想いを込めて歌ったのが百瀬めい。 胸の内を零すように歌う哀切な声の表情も魅力だが、彼女が「とびっきりの笑顔をみせて」とサビで気ときめく持ちを告白するように歌うたび、そこへドキドキする想いを感じ続けていた。 歌のバトンを受け取ったのが、斉東由奈。 彼女は情熱を抱いた歌謡ナンバー『 Lose』を歌唱。 秘めた想いを吐き出すように届ける姿も印象的だ。 躍動するダンスビート曲の中へいなたい昭和の香りを注ぎ込んだのも、彼女の歌声の表現力があってこそ。 斉東由奈は、そのまま『 Go Go Love』も担当。 先の表情とは一変、キラキラと輝き放つトランシーな楽曲へ、情熱的な歌を重ねてゆく。 歌謡メロを持った楽曲なのも理由の一つだが、それ以上に、昭和のアイドル歌手が持っていたような凛とした強さを、歌声を通し伝えてくれた姿へ、彼女特有の個性を感じていた。 歌のバトンは、こだま霞へ。 こだま霞の操る歌声の操縦桿が、観客たちをカラフルなパーティ空間へ連れてゆく。 超ゴキゲンな演奏に乗せ、無邪気にはしゃぐメンバーたち。 その姿と一緒にシンクロし続けたい。 こだま霞の歌声に導かれ、無邪気に踊り騒ぎたい。 ふたたび、歌のバトンは斉東由奈へ。 フロアに生まれた熱気へさらに熱狂という色を塗り重ねるように、斉東由奈はカラフルなポップチューン『 See you again』を歌い、観客たちへキラキラしながらも熱を持った歌声を振りまきだした。 「 d」「 girls」と声を掛け合う様も、胸を熱くさせる。 旅立ちと別れの歌なのに、楽曲やメンバーたち自身がこの歌を前向きに受け止めているからこそ、輝きを放つ歌として観客たちの心を沸かせていた。 「今すぐ君に伝えたい」、とてもカラフルなハイパーダンスポップ曲『 moment』の登場だ。 杉本よしみと瀬戸千花の歌声が、会場中へ熱狂を巻き起こす。 身体中が眩しい光に包まれてゆく。 騒がずにいれない。 沸きだすこの情熱を全力で舞台上へぶつけなきゃ心が壊れそうだ。 もっともっと興奮したい、もっともっと限界まで熱狂の海の中で泳ぎたい。 気持ちが 限界を忘れどんどんアガり続ける。 身体中が震えるこの感覚こそ、たまらない刺激と興奮だ!!。 ドキドキとワクワクが止まらない。 ノンストップなダンスパーティは、『 brave heart』へ。 杉本よしみと瀬戸千花が、胸キュンな歌声で熱したハートをガンガン打ち鳴らす。 ちょっと甘えた素振りも匂わせながら、 d-girlsは観客たちの胸を高ぶらせ続ける。 一度動き出した興奮というアクセルは、もう戻せない。 むしろ、もっとガンガンに踏み込み、身体の限界を突破するまで騒ごうか。 フロアに生まれた熱気へ、 d-girlsは『 day by day』を通し温かな歌声を注ぎだす。 沸き上がる気持ちのまま、みずからの想いも解き放つように歌う杉本よしみ。 その歌声に触れながら、胸の奥にジンッとした温かさを覚えていた。 熱したグルーヴの中へ歌を軸に据えたハートフルなダンスナンバーを差し込む、そのセンスが素敵じゃない。 ふたたび d-girlsは、歌を担当した瀬戸千花が愛らしい香りをたっぷり振りまきながら、超ハッピーなダンスチューン『 Happy Go Go』を可愛く届けてきた。 舞台上で手を取り合い輪になって踊るメンバーたちの姿や、楽しくてしょうがないと言わんばかりの笑顔で歌う彼女たちの姿を見ていると、同じよう Happyな気持ちが身体中を駆けめぐる。 そう、「僕らの未来は」「 Happy Happy」なのだから。 夢を現実に変えるための航海へ、 d-girlsと一緒に漕ぎだそう。 スクリーンに映し出されたのが、「 d-girlsの公式 LINE開設」「アルバム『 d-girls'19』の発売」「アルバム『 d-girls'19』のハイレゾ配信」「 8月 13日のリキッドルーム公演のチケット販売がスタート」「 7月に最新シングルを発売」「シングル用のクラウドファンディング実施」「アプリゲーム「黒騎士と白の魔王」の新キャラクターの CVに瀬戸千花が決定」と 7つの告知。 さらに、ゲストで登場した桃色革命を舞台に呼び入れ、互いのユニットどうしが触れ合う場面も登場。 ここからは、ラストスパートだ。 d-girlsのライブでは熱狂を描きだす定番ナンバーを立て続けに披露。 飛び出したのが、杉本よしみが歌う『 dreamer』。 「悲しみつらさ淋しさも全部夢が埋めてくれるから あなたと一緒に走れて あたしの生きる証になったよ」と、夢を追いかける気持ちを閉ざすことのない彼女たちの生きざまを、楽曲に投影。 むしろ、これが d-girlsとして生きるうえでの証。 「『 dreamer』へ触れるたびに、歌詞に込めた想いを自分の生きる糧にしていける。 明日へ進むための元気と力、何より、夢は何時までだって求められるという勇気が心へ満ちてゆく。 それが嬉しくて、力いっぱい叫んでしまうんだ。 最後は、杉本よしみと瀬戸千花が歌を担当した『 Voyage』だ。 タオルを手にして歌い踊る彼女たち。 d-girlsの夢を形にするための航海は、まだまだ続いていく。 たくさんの夢を乗せた d-girlsという船へみんなも一緒に乗り込み、夢を現実に変えてゆくための航海へ、未来へ繋がる海原へともに乗り出そうと誘いをかけ、彼女たちはこの会場に気持ちを一つにした熱狂を描きながら物語の幕を閉じていった。 乗船する人たちが増えるほどに、 d-girlsという客船は規模を増してゆく。 海賊船として始まった d-girlsの船も、今は、みんなと一緒にパーティを繰り広げる船にまで成長した。 でも、夢をつかむための客船になるためには、もっともっとクルーが必要だ。 その一員となり、彼女たちが描く夢という景色を一緒に観ないか。 地図のない航海もいいけど、明確な目的地を持って突き進む航海ほど、胸を高ぶらせるものはないからね。

次の