浄化槽 の 仕組み。 浄化槽のしくみについて教えていただきたいのですが、下水道が通ってない地方などのトイレには浄化槽が設置されていて、

浄化槽とは?

浄化槽 の 仕組み

汚水処理の原理 家庭用の浄化槽は、し尿と台所・浴室等から排出される生活排水を処理の対象としていることから、 汚水には、水質汚濁や富栄養化の原因物質である有機物、栄養塩類 窒素、リン等 等が 多量に含まれています。 これらの汚濁物質は、水中に固形物として存在しているもの、あるいは水に溶け込んでいるもの 溶解性物質 など様々な形態で水中に存在しています。 つまり、汚水と一言で言ってもそこには様々な物が含まれているし、 それは固形物だったり、水中に溶けているもの等様々なものがあるので、 その状況や状態に合わせて汚濁物質を除去し、浄化する必要があるという事です。 浄化槽についてもこれらの方法を組み合わせて汚水を処理してます。 その方法としては、沈澱・浮上分離、ろ過、遠心分離等が挙げられる。 更に、生物学的方法には、好気性処理、嫌気性処理、これらを組み合わせた嫌気・好気性処理の 3種類があります。 分かりにくい場合は飛ばして その下の浄化槽の構造をご覧になって下さい。 好気性処理 好気性処理とは、好気性菌の働きにより有機物を炭酸ガスや水に分解することにより汚水の浄化を図るもの。 嫌気性処理に比べて有機物等の分解速度が早いことから、生物処理の基本となっている。 嫌気性処理 酸素のない条件下で、嫌気性菌の働きにより乳酸や酢酸等のより低級な有機物や メタンガス等に分解し汚水の浄化を行う処理法。 浄化槽の構造 浄化槽には様々な処理方式がありますが、ここでは「嫌気ろ床接触ぱっ気方式」を 例にとって浄化のしくみを説明します。 以下に詳細がありますが、 簡略化して説明すると先程出てきた生物学的方法を駆使し汚れを分解させてたり、 固形物とその他に分類して、消毒して放流するといった流れになってます。 沈殿槽では、接触ばっ気槽からの流入水に含まれる浮遊物質を沈殿分離し、 汚水を浄化した微生物の固まり 汚泥 は重力により自然に接触ばっ気槽に移送され、 上澄み液は消毒槽へ移送されます。 浄化槽タウンに関して.

次の

浄化槽のしくみについて教えていただきたいのですが、下水道が通ってない地方などのトイレには浄化槽が設置されていて、

浄化槽 の 仕組み

浄化槽とはいったい何でしょうか? という日本の法律によれば、下記のようにされています。 便所と連結してし尿及びこれと併せて雑排水(工場廃水、雨水その他の特殊な排水を除く。 以下同じ。 )を処理し、 (昭和三十三年法律第七十九号) に規定する終末処理場を有する公共下水道(以下「終末処理下水道」という。 )以外に放流するための設備又は施設であつて、 に規定する公共下水道及び流域下水道並びに (昭和四十五年法律第百三十七号) の規定により定められた計画に従つて市町村が設置したし尿処理施設以外のものをいう。 ( 第一章 第二条の一) ちょっと難しいですね。 特に家庭用のものに限定して簡単に言えば、「生活の中で発生する汚れた水を、きれいな水にして川などに流すための装置」です。 人の生活の中では、様々な理由で汚れた水が発生します。 これだけ多くの汚れた水を何も処理せずにそのまま垂れ流してしまうと、不衛生なだけでなく、自然にも様々な悪影響を及ぼしてしまいます。 これらの汚れた水を微生物の働きによって汚れを分解し、きれいな水に変えてから川などへ放流するための装置が浄化槽です。 現在では、下水道が整備されている地域も多くなってきましたが、それ以外の地域では、汚れた水を処理するために浄化槽の設置が法律で義務付けられています。

次の

浄化槽のしくみ浄化槽清掃・維持・管理:Power! Love! Service!〜快適でクリーンな街創りを。大昭工業株式会社:一般廃棄物収集運搬/産業廃棄物収集運搬・処分/固形燃料(RPF)製造・販売/浄化槽・地下層清掃維持管理/各種水処理プラント維持管理/土木工事

浄化槽 の 仕組み

トイレの浄化槽とは? 最初に、トイレの浄化槽とはいったい何なのかについてご説明したいと思います。 ちなみに、法律の中に「浄化槽法」というものがあり、その浄化槽法の中に下記の一文があります。 浄化槽 便所と連結してし尿及びこれと併せて雑排水(工場廃水、雨水その他の特殊な排水を除く。 以下同じ。 )を処理し、下水道法(昭和三十三年法律第七十九号)第二条第六号に規定する終末処理場を有する公共下水道(以下「終末処理下水道」という。 )以外に放流するための設備又は施設であつて、同法に規定する公共下水道及び流域下水道並びに廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和四十五年法律第百三十七号)第六条第一項の規定により定められた計画に従つて市町村が設置したし尿処理施設以外のものをいう。 ちょっとわかりづらいので、もっと簡単に説明すると「トイレとか台所とか洗面所から排水される水をきれいにする設備」が浄化槽です。 引用した文章の中にも記載がありますが、浄化槽は下水道の整備が整っていなかった昭和によく使われた排水処理の設備です。 現在は、多くの場所で下水道の整備がされているので浄化槽はほとんど使われていません。 しかし、田舎などで下水道の整備が進んでいないような場所では、いまだに浄化槽が使われていることがあります。 浄化槽の種類 浄化槽には、2種類の浄化槽があります。 【浄化槽の種類】• 単独処理浄化槽• 合併処理浄化槽 1. 単独処理浄化槽 単独処理浄化槽とは、トイレのし尿のみを処理する浄化槽です。 トイレ以外の台所や洗面所、お風呂場などの生活排水は、そのまま川に流されます。 何の処理もなく川に流されるため、環境への配慮から2001年4月1日以降に新たに設置することは法律で禁止されました。 合併処理浄化槽 合併処理浄化槽とは、トイレ、台所、洗面所、お風呂場などの家の生活排水全てを処理する浄化槽です。 一般的に、浄化槽というと今は合併処理浄化槽のことを言います。 下水道設備の整っていない地域への移住で、家を借りたり、購入したりすると合併処理浄化槽に遭遇することがあります。 合併処理浄化槽であれば、まだ使いつづけることも可能ですが、もしも単独処理浄化槽に遭遇した場合は合併処理浄化槽への交換が必要です。 移住する際に、中古物件を購入される際は浄化槽の種類についてきっちりと確認しておかないと思わぬ出費になります。 浄化槽の見分け方 中古物件の下見の際に、単独処理浄化槽なのか合併処理浄化槽なのかを見分けられたら安心です。 生活排水が浄化槽へ繋がっていれば合併処理浄化槽ですが、どこを見て確認したらいいのか詳しい人でないと確定はできませんよね。 そのため、浄化槽が単独処理浄化槽なのか合併処理浄化槽なのかは物件を仲介する不動産会社にしっかりと確認しておくと安心です。 浄化槽と汲み取り式の違い 浄化槽のことをある程度調べられている方の中には、下記のような勘違いをされている方もいらっしゃいます。 「ようするに、ぼっとん式のトイレが単独処理浄化槽ってことでしょ?」 似ていますが、まったく違います。 ぼっとん式トイレは、浄化槽ではなく「タンク」にし尿や便がたまります。 浄化槽であれば川に排水が流れていきますが、汲み取り式のぼっとんトイレの場合はバキュームカーで排泄物を定期的に汲み取る必要があります。 ぼっとん式トイレの場合も、下水道設備が整っている場所では水栓トイレへの交換が義務付けられている場所もあるので移住で中古物件を購入する際はリフォームが必要なのかしっかりと確認しておきたいですね。 浄化槽の耐用年数や点検について 浄化槽も設置されたら、ずっと使えるという訳ではありません。 また、自分で申し込む定期的な検査のほかにも法律で決められた法定検査と呼ばれる検査を年1回行わなければなりません。 定期的な点検を行うことで浄化槽を長く使うことはできますが、手間や点検の費用などを考えると下水道を家にひく工事をした方がいいかもしれません。 浄化槽でよくあるトラブル 浄化槽を使い続けるか、下水道工事をするかで悩んでいる人もいらっしゃると思います。 特に、都会から移住する人はできる限り生活の基礎となる部分は都会と変えたくないという人が多いのでいろいろな角度から検討をした方がいいでしょう。 浄化槽の臭いが気になる 浄化槽は、排水に含まれる有機物をバクテリアが分解して水をきれいにしています。 しかし、浄化槽を使い始めたばかりの頃はバクテリアが十分に増えていないため分解がしっかりとされずに悪臭がすることがあります。 半年ほどすれば臭いが収まるはずですが、半年を過ぎても臭いが収まらない、臭いがひどいという場合はモーターが故障している可能性もあります。 そういった場合は、近くの浄化槽管理業者などに点検を依頼した方がいいでしょう。 浄化槽から虫がでてくる 都会から移住する人の多くが苦手とする「虫」。 これが原因で、移住を諦めるという人もいますよね。 とくに、浄化槽を使っている場合は浄化槽の中からハエやウジ虫が排水管を上って家の中に入ってくることがあります。 そのため、浄化槽を使っている場合は殺虫剤などを使うのですがそれでも虫が上に上がってくることもあるので覚悟はしておいた方がいいでしょう。 浄化槽は撤去や入れ替えで補助金が出る 不便な浄化槽ですが、自治体によっては浄化槽の撤去や入れ替えで補助金が出ることがあります。 移住する際はいろいろな出費が重なりますが、補助金が出るのであれば浄化槽を早めに交換しておけばよかったという人もいます。 移住先の自治体によって、補助金の申請手順や金額などが異なるので移住する前に早めに制度について調べておくと安心です。 トイレの浄化槽まとめ 今回は、トイレの浄化槽についてご紹介しましたが、最後に要点だけまとめておきたいと思います。 浄化槽とは、簡単にいうと「トイレとか台所とか洗面所から排水される水をきれいにする設備」のことです。 浄化槽には、下記2種類の浄化槽があります。 【浄化槽の種類】• 単独処理浄化槽• 合併処理浄化槽 田舎への移住の際に、単独処理浄化槽を使っている物件を購入してしまった場合、地域によっては合併処理浄化槽への交換が必要なことがあります。 また、浄化槽は臭いや虫などが発生することがあり、都会から移住した人にとっては馴染みづらい設備です。 下水道が整備されている場所であれば工事で下水道を引くこともできますが、整備されていない場所であれば浄化槽や汲み取り式トイレを使うことになります。 トイレはいつも使う場所なので、移住で物件を選ぶ際は下水道が整備されているのか、トイレはどういった種類のものなのかを確認してみてはいかがでしょうか。 トイレの種類については、下記ページを参考にしてください。

次の