日産 セレナ 新型。 日産 新型セレナ e

日産 セレナ 次期型は「プロパイロット2.0」搭載か、新e

日産 セレナ 新型

セレナ 2021年4月フルモデルチェンジ 日産主力のミニバン「セレナ」がライバル「ノア・VOXY 2021年7月 」よりも一足早い 4月にフルモデルチェンジ。 エクステリアデザインはVモーショングリルが採用されキープコンセプトで定評のある居住性と使い勝手がさらに向上したインテリアで新しく設計された3列シートレイアウトを採用すると言う。 パワートレーンは2. 0Lハイブリッド車とe-Powerの2種類だがモーターをパワーアップさせ走りと燃費性能をブラッシュアップ。 自動運転につきましてはスカイラインに採用された高速道路限定ですがハンズフリー対応の プロパイロット2. 0が搭載、自動運転・安全性・居住性が向上しご家族やご友人同乗でさらに移動が楽しくなる。 主な改良点は プロパイロットのワイパー作動時挙動改善と 先進安全技術の向上及び 全方位運転支援システムとこれまでオプションだった アクセル・ブレーキ踏み間違い衝突防止アシスト機能と車線逸脱防止支援システムが標準装備 次期セレナには「プロパイロット2. 0」の採用はコストが高くつく為、見送られるとの事。 パワートレーンは変更点無しだが、 エクステリアはバンパーとグリル及び リヤコンビネーションランプデザインが大幅に変更されている。 リヤコンビネーションランプは日産セレナNEWと言うページを見ていただくとわかるのですが クリアレンズに赤い縦ラインのポジションランプとメッキガーニッシュがサイドラインに追加され存在感が大幅に向上している。 ボディカラーは新色4カラーが追加され全13色ラインナップ、インテリアデザインは素材のみ変更が加わり 360度セーフティアシスト機能が全車標準装備される事により 販売価格小幅値上げとなる。 出展「」より セレナ 2019年式 販売価格 シートレイアウトはe-POWERグレードは7人乗り、他グレード全て8人乗り。 写真は現行型G及びハイウェイスター・Gグレード。 ePOWERとガソリン車を差別化する為にオーナメント及びライトブルーガーニッシュが追加されると予想されます。 現行型セレナのプレミアムインテリア。 日産セレナe-POWER 予約販売開始 発売は2018年春 日産は2016年8月24日に「セレナ」フルモデルチェンジを発表。 約1年遅れでエンジンで発電してバッテリーに充電する仕組みのレンジエクステンダーシステムを搭載する「」は 2017年10月25日東京モーターショー発表。 e-POWERシステムはノート用1. 2Le-POWERシステムと同じだがモーターは 駆動用モーターにはリーフと同じパワフルなモーターを搭載、 最高出力136ps 最大トルク32. 6kgf. mを発生。 セレナe-POWERのJC08モード燃費は 26. セレナe-POWER 2018年式 ベースグレード 価格• e-POWER X 2,968,920円• e-POWER ハイウェイスター 3,178,440円• e-POWER AUTECH 3,821,040円 ベースグレード含む各種ブランドからラインナップされるグレードは全8種類。 ニスモがどう言う仕様になるのか楽しみですね。 主な情報 2017年8月には発売されると予想されていたが新しい情報によると 発売は2018年3月19日、予約販売受付中。 セレナe-POWERのパワートレインは「ノート e-POWER」とシステムは同じだが駆動用モーターは出力アップされると言う。 価格は セレナがソリンモデルよりも約50万円程アップ。 予想発売価格は一番安い「セレナ e-POWER Sグレード」予想 価格2,935,400円前後。 e-POWERシステムはノートのものと同じ1. 2L発電用ガソリンエンジンにリチウムイオンバッテリーを組み合わせたシステムを採用する。 ノートよりも500kg重量が重たくなるセレナには大容量バッテリーとモーターの出力を上げてくる予想されている。 セレナe-POWER エクステリアデザイン。 専用アッパーグリルにLEDリヤコンビネーションランプ。 セレナe-POWER専用LEDリヤコンビネーションランプ点灯時の写真。 エアフローを低減する専用アルミホイールを装着。 インテリア セレナe-POWERインテリア確定情報です。 ・シートレイアウトは7人乗りのみ ・二列目シートのセンターコンソールフロア下にe-POWERユニットが搭載される 2016年発売 セレナ 主な特徴 発売は2016年9月より。 設定されるパワートレーンは2. 0リッターガソリンエンジンと2. が確定しました。 燃費はライバル「ノアハイブリッド 23. セレナスタイリッシュグレード「ライダー」。 スポーティなエクステリアにラグジュアリーなインテリアを採用する上位グレード。 安全運転アシストシステムの「日産 セーフティパック B」はメーカーオプション。 新しく公開された写真「セレナ ハイウェイスター」 全体的に開放感の高い仕様なのかウィンドウ面積が大きい。 スモークが施されているのでプライバシー的には問題ない。 ハイウェイスターの写真をよく見ると2トーンルーフはフローティングデザインが採用されている。 エクステリア セレナ設定ボディカラーはツートーンカラー4種類含む全13種類。 セレナライダー エクステリア 日産自動車ベースのコンプリートカーを販売する「オーテック・ジャパン」から販売される「セレナライダー」。 ライト類はフォグの下が青く光る「ブルーホールLED」にLEDリヤコンビネーションランプ クリアライナータイプ 標準装備。 ブルーホールLED。 LEDフォグランプはオーテック・ジャパンオプションです。 インテリア 運転席のインストルメントパネルはフルデジタル且つ車庫入れアシストのアラウンドビューモニタがインストルメントパネル内に統合。 ステアリングスポークのマルチファンクションスイッチの隣に「オートパイロット」 自動運転 ボタンがレイアウトされている。 セレナライダー インテリア セレナライダーのインテリアです。 ステアリングとインパネ及びシートにブルーステッチ。 プロパイロット 自動運転機能 次期セレナには自動運転「」搭載。 ハイウェイスターグレードに標準装備される。 新CM動画。 渋滞の多い日本の道路事情にも最適化。 セレナオートパイロット 自動運転 の内容。 当初の説明とは若干異なり、 ドライバーは完全にステアリングから手を離す事は出来ないシステムとなる。 「低い速度域では先行車が居る時に限り、車線の中央をキープするようハンドルを制御します。 高い速度域なら単独走行も制御します。 ただし、ハンドルから手を離すと10秒で警告し、その後、制御を止めます」 ステアリングから手を離す事は出来ないが自動車の運転から一定的に開放される為、景色を楽しんだりスマートフォンでSNSをチェックしたりゲームを楽しんだりする余裕はありそうです。 ダブルヘッドライトのエンジンフード側のラインに沿ってLEDイルミネーションランプが点灯。 ヘッドライトは温度が6000k前後あると思われるLEDバルブが採用されている。 フォグランプは4300kとほぼ太陽の光に近い色でハロゲンランプが採用されている。 確定以前のスクープ予想情報 テスト走行しているセレナのスクープ写真。 窓がとても大きいのが印象的、開放感抜群のインテリアとなるのか。 現行C26型セレナ・NISMOグレード。 セレナEVのパワートレーンは発電用1. 2リター直列3気筒エンジンに駆動用EM57型モーター最高出力109ps、最大トルク25. 9kgf. m、駆動方式FF、トランスミッション無し。 JC08モード燃費は24. 高コストで重たい大きな駆動用バッテリーは持たず、必要最小限の蓄電池を装備し駆動に必要な電力を常時エンジンで発電させて走行させる仕組み。 予想販売価格、ガソリン車は2,300,000円前後、レンジエクステンダー車は3,000,000円前後。 2017年次期セレナの確定エクステリア。 フロントフェイスはグリルアーチの様なデザインの控えめなVモーションと大きなヘッドライトレンズが印象的。 トヨタのキーンルックとは対照的。 テストカーの運転席。 インパネシフトのすぐ横にエンジンスタータープッシュスタートボタンが見える。 ステアリングが以外にもスポーティタイプのDシェイプデザイン。 マルチファンクションスイッチも見て取れる。 ここでオートドライブを制御することになると思われる。 インストルメントパネルはダッシュボード目線やや上にレイアウトのフルデジタル式メーター類。 CVTシフトレバーは2016年モデルとなるにもかかわらずレトロなデザイン、最新の電子式が採用される事を期待したい。 こちらは2015年後半に掲載した予想予想エクステリア。 2016年発売のセレナはキープコンセプト。 ライバルはトヨタの人気ミニバン「ノアとVOXY」とされているので、エッジの効いたVモーションデザインよりも「セレナ ニスモ」の様なラグジュアリー且つスタイリッシュなデザインが採用されるのかとても楽しみ。 確定エクステリア情報確認次第追記アップ致します。 インテリアはオートドライブが搭載される事になるのでインストルメントパネル周りは大幅に変更が加えられそう。 写真は現行C26型のもの。 4kgf. 6ps モーター最大トルク 4. 9kgf. 2 駆動方式 FF トランスミッション CVT セレナe-POWER ノア VOXY スペック比較 上から二番のノアと一番下のVOXYはどちらかと言うとアルファードとヴェルファイア小型版と言う印象で両車ともラグジュアリー且つスタイリッシュだ。 対するイメージ写真ではあるがセレナEVは近未来的ではあるが高級感があるとは言い難い。 セレナe-POWER ノア VOXY ハイブリッド 全長x全幅x全高 mm 4690x1695x1865 4695x1695x1825 ホイールベース mm 2860 2850 定員 7名 7名 エンジン 1. 2リッター直列3気筒DOHCエンジン 発電用 1. 5kgf. 5kgf. 6kgf. m 21. 1kgf. 2 23. 8 駆動方式 FF トランスミッション - 電気式無段変速機.

次の

日産 セレナ 次期型は「プロパイロット2.0」搭載か、新e

日産 セレナ 新型

日産セレナは2019年夏ににマイナーチェンジでデザインを刷新 先行情報サイトが公開されています。 新型日産セレナの外観は、Vモーショングリルを強調したデザインになっています。 2019年8月1日に発表される予定です。 インテリジェントエマージェンシーブレーキ• 踏み間違い衝突防止アシスト• アダプティブLEDヘッドライト• ハイビームアシスト• RCTA(後退時車両検知警報)• 標識検知機能• インテリジェントLI 車線逸脱防止支援システム /LDW(車線逸脱警報)• インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)/BSW(後側方車両検知警報)• プロパイロット(メーカーオプション)• インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物検知機能付)(メーカーオプション)• インテリジェント パーキングアシスト(駐車支援システム)(メーカーオプション)• インテリジェント ルームミラー(グレード別設定) 展示車両の動画 けっこうイメージ変わりましたね。

次の

日産、新型セレナを公開|2019年8月1日、マイナーチェンジを実施【8/8画像追加】

日産 セレナ 新型

インテリジェント エマージェンシーブレーキ性能を向上。 夜間においても衝突時の被害や傷害を軽減する。 「インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)」「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備とする。 「セーフティ・サポートカーS(通称:サポカーS)」の「ワイド」に該当した。 プロパイロットの機能向上により下り坂での設定速度保持や、よりスムーズな減速を可能とするブレーキ操作などが可能となった。 新型セレナ スペックについて スペック 新型 セレナ 新型 セレナ ハイウェイスター 全長 4,685mm 4,770mm 全幅 1,690mm 1,740mm 全高 1,875mm ホイールベース 2,860mm エンジン 直列4気筒 DOHC 2. 9kW(2. 6PS) モーター 最大トルク 48Nm(4. 6〜17. 0〜15. 0〜15. 0L 直噴エンジン CVT 2WD 8名 2,399,760円 S 2,508,840円 X 直列4気筒DOHC 2. 0L 直噴エンジン+モーター 2,529,360円 XV 2,687,040円 G 3,005,640円 ハイウェイスター 2,708,640円 ハイウェイスターV 2,932,200円 ハイウェイスターG 3,168,720円 B 4WD 2,687,040円 X 2,773,440円 XV 2,931,120円 G 3,292,920円 ハイウェイスター 2,995,920円 ハイウェイスターV 3,192,480円 新型 セレナe-POWER 価格グレード グレード エンジン 駆動方式 乗車定員 価格 e-POWER X 直列3気筒DOHC 1. 2L +モーター(EM57) 2WD 7名 2,943,000円 e-POWER XV 3,167,640円 e-POWER G 3,410,640円 e-POWER ハイウェイスター 3,233,520円 e-POWER ハイウェイスターV 3,435,480円 e-POWER ハイウェイスターG 3,657,960円 新型セレナ e-POWER ライバル車種について 現行セレナは国産車では初の自動運転技術「プロパイロット」を搭載した。 では3位に日産 新型セレナで12,408台となった。 トヨタはの販売を開始した、このラインナップではもちろんハイブリッド車があり、フルハイブリッドモデルのないセレナは販売台数が少しずつ落ちていった。 新型投入により販売台数を戻したがフルハイブリッド投入がないので台数の持続は見込めない。 更に、2014年10月29日エスクァイアを投入し3車種から選べ、もちろんハイブリッド車も各車種ある。 そして、もう一社ライバルとしてが新型アコードに採用された2. ホンダ 新型 ステップワゴン スパーダ ハイブリッド JC08モード燃費25. 日産 現行 セレナはB,Sグレードのみガソリンモデル、その他,X以上は S-HYBRID マイルドハイブリッド グレードガソリンモデルはJC08モードは15. JC08モード燃費26. これにより燃費面では他社と同等になり、注目度もあがり販売台数も大幅にアップするだろう。 更に、今後の展開として4WDモデルをラインナップすれば雪国などの地域に住む人の選択肢は新型セレナ e-POWER 4WDとなり他社を圧倒することができるだろう。 新型セレナ e-POWER ライバル車種 比較表 スペック 新型ヴォクシー ノア エスクァイア ハイブリッド 新型ステップワゴン ハイブリッド 新型セレナ e-POWER 全長 4,695mm 4,760mm 4,690mm 全幅 1,695mm 1,690mm 全高 1,820mm 1. 840mm 1,865mm ホイールベース 2,850mm 2. 890mm 2,860mm エンジン 1. 8L 直4気筒 DOHC +モーター 型式:5JM 2. 1kgm 315Nm 32. 雪国に住んでいると4WDモデルを選択する人が非常に多く、現行のセレナでe-POWERモデルは2WDしか存在せず、セレナで購入する場合にはマイルドハイブリッドモデルの直4 2. 0Lエンジン 4WD(モーターアシスト方式)モデルとなる。 同クラスのトヨタのノアやヴォクシー、ホンダのステップワゴンスパーダのハイブリッドミニバンも4WDモデルは存在しない。 しかし、今回の新型セレナ e-POWERに4WDモデルを追加することで他社へ販売が流れることがより無くなり販売力強化に繋がるという考えだろう。 セレナについては次へ.

次の