千 と 千尋 節子。 『千と千尋の神隠し』の中国版ポスターが美しい。「センスの塊としか言い様がない」と話題に

千と千尋の都市伝説【ハクのその後やモデルの旅館や温泉はどこ?】

千 と 千尋 節子

火垂るの墓は1988年スタジオジブリでアニメ化されました。 監督は、かぐや姫でも有名な高畑勲監督です。 夏の時期になると、放送される定番のアニメです。 戦争の悲劇をジブリならではの、表現で書いています。 原作は、1967年の野坂昭如さんの作品で、雑誌オール讀物に掲載され、その後直木賞をとった作品でもあります。 アニメは原作に殆ど忠実に作られており、節子が亡くなったシーンが少し変っています。 戦中の過酷な時代、子どもだって生きるのは大変だったのです。 その悲劇をスタジオジブリが描くと感動的な作品になります。 子供の頃はこの現実が怖くてなかなか見れない作品でもありました。 しかし、今だからそこ、子どもにも見てほしい作品です。 さて、このホタルの墓には様々な都市伝説があるってご存知ですか? その中でも他作品の千と千尋とコラボした伝説を追っていきます。 SponsoredLink 火垂るの墓の様々な都市伝説 千と千尋に節子が!? 火垂るの墓は2011年以前は2年に1回放送されてきました。 その後、2013年には一度も放送されず、それにはサクマドロップの商標権が関係しているという話です。 サクマドロップの生みの親である、佐久間製菓は戦前の創業で、戦中は砂糖が手に入らなかった為、一度廃業しています。 しかし戦後復活すると、長男と三男が別の企業をおこし、サクマドロップの商標でもめます。 裁判の結果サクマ製菓株式会社がサクマドロップス、佐久間製菓がサクマ四季ドロップスを名乗るようになったそうです。 そのような事があったから、放送が控えられたと言われています。 千と千尋に節子が?出てた?と思った方もいるかもしれません。 かおなしと銭婆の所へ一緒に電車に乗った時、 沼原駅に、おかっぱの女の子がいます。 顔は黒くて分からないものの、おかっぱとその服装から節子といわれています。 この記事もオススメ! SponsoredLink なぜ節子が駅にホームに?その理由とは? 火垂るの墓では、節子は物語の後半に餓死してしまいます。 その後、清太も駅舎で餓死していまします。 ですので、 節子は沼原の駅でいつ来るかわからない兄をまっていると言われています。 見た目が当時の節子より少し大きい気がするので、都市伝説と言われているのかもしれません。 なぜそのように言われているのか?というと、高畑勲監督が言った言葉にあります。 火垂るの墓は戦時中に節子と清太がどう生きたのかを描いた物語であると、その二人が幽霊として登場しているのだ、と発言しています。 しかし、そのような場面は火垂るの墓では見当たらないし、幽霊のようなものが現れる場面も無いということから、この都市伝説が言われているようです。 高畑勲監督の発言から、もともと火垂るの墓は、清太と節子の2人が見続けた、悪夢のだったとも言われているのです。 この記事もオススメ! 最後にまとめ 火垂るの墓はとても悲しい話です。 戦後の実話を元につくられており、その結末もジブリらしくなく、2人とも死んでしまいます。 戦争の過酷な時代に、子どもだけで生き抜かなければならなかった、大人も助けることも、出来ずに、自分達の生活を守るだけで、精一杯でした。 2人の生きざまが、とても一生懸命で、そしてとてもはかないものでした。 蛍の光の様に、一瞬パーっと輝き、翌日には消えてします。 そんな生き方が、生き方しかできなかった、2人を象徴しているようにも感じます。 戦争という悲劇を繰り返さない為に、戦争という事実を知っておきたいと思います。 戦争とは何なのか、そこで起きた悲しい出来事を、忘れてはならないのだと思いました。

次の

【千と千尋の神隠し】都市伝説!駅のホームで清太を待つ「節子の魂」

千 と 千尋 節子

ついつい見てしまうジブリ作品ですが、信じられない都市伝説があるのをご存知ですか? 「 千と千尋の神隠し」にもそんなネタが数多く存在します。 それは「千と千尋の神隠し」のなかで、同じくジブリ作品「火垂るの墓」の節子を とあるシーンで見かけたという噂。 「火垂るの墓」といえば戦争時の中、兄妹が支えあって生きる様を描いた高畑勲監督の作品。 そんな時代背景や監督も違った作品の中で、果たして「千と千尋の神隠し」に 節子はいるのか? 筆者なりにその都市伝説を検証してみました! Sponsored Link 「千と千尋の神隠し」にあの節子が!? 「 千と千尋の神隠し」はご存知の通り、日本のみならず世界でも大ヒットしたスタジオジブリ・宮崎駿監督の作品。 ヒロインは荻野千尋という小学生の少女で、ある時、両親と一緒に別の世界へとスリップしてしまう話。 そんな「千と千尋の神隠し」で、同じくジブリ作品の「火垂るの墓」でお馴染みの 節子がいたという都市伝説があるのです。 噂の場面は、物語の後半部分になります。 千尋が変身した坊やカオナシと銭婆のもとへ向かうシーン。 一行はその途中、電車に乗っていくつかの駅を通り過ぎていきますが… その中で登場する「 水上の駅」のホーム。 ここで 誰かを待っているような小さな女の子が、一瞬ですが写し出されます。 この少女が、実は節子ではないかと一部の視聴者の中で噂されているのです。 ほんの一瞬しか写らないこと、そしてシルエットのように顔が黒く塗られているためハッキリと断定することは出来ませんが… 本当にこの娘は「節子」なのか? 「駅のホームにいた少女=節子」という都市伝説は本当なのか? そもそも、何故「千と千尋の神隠し」に節子が出ているという噂が広がったのか? 顔も判別出来ず、年齢も「火垂るの墓」で登場していた頃よりも年上のように感じられます。 実はこの都市伝説が生まれた背景には、「火垂るの墓」を監督した高畑勲氏が関係していたようです。 「 兄妹の霊が出ている」 Sponsored Link 「火垂るの墓」は清太と節子が太平洋戦争の中で逞しく生き抜く様を描いていますが、高畑監督による上記のコメントがこの都市伝説を生んだとのこと。 仮に「千と千尋の神隠し」においてあの少女が節子だとした場合、彼女が待ちわびていたのは兄・ 清太だったと仮定できます。 こう推測すると「火垂るの墓」の情景が頭の中で蘇ってきて胸のざわめきすら感じますが… しかしこの少女の正体について、現状ハッキリしたことは分かりません。 具体的な説明もありませんし、同じジブリ作品とは言えど発表時期が全く異なるからです。 時代背景も違うため、「千と千尋の神隠し」に登場した少女が節子であるという信憑性は薄いと個人的には思います。 とは言え、ここは見る人の判断次第でしょう。 ジブリアニメ、とりわけ宮崎駿監督の作品は壮大なテーマゆえ、見る人によっていかようにも解釈出来るからです。 いちファンとしては、 視聴者に謎を残すという意味で宮崎駿が意図的に作ったシーンなのではと捉えています。 「千と千尋の神隠しに節子が出ていた」なんて都市伝説があればまた違った視点で楽しめますからね。 まとめ 内容・設定ともに異なる2作品ですが、「千と千尋の神隠し」に火垂るの墓の節子が登場していたとは… これが本当なら衝撃の都市伝説ですよね。 スタジオジブリの2トップである宮崎・高畑監督。 そんな彼らだけに作品に遊び心を取り入れたとしても全く不思議じゃありません。 ただし先にも述べた通り、この都市伝説の真相は分かりません。 解釈の仕方はあなた次第ですが、考えようによっては楽しみが広がりますよね。 是非あの少女が登場する駅のシーンに注目しながら、再度鑑賞してみてください。

次の

千と千尋の神隠し【電車のシーンの謎とメッセージ】考察・解説

千 と 千尋 節子

ついつい見てしまうジブリ作品ですが、信じられない都市伝説があるのをご存知ですか? 「 千と千尋の神隠し」にもそんなネタが数多く存在します。 それは「千と千尋の神隠し」のなかで、同じくジブリ作品「火垂るの墓」の節子を とあるシーンで見かけたという噂。 「火垂るの墓」といえば戦争時の中、兄妹が支えあって生きる様を描いた高畑勲監督の作品。 そんな時代背景や監督も違った作品の中で、果たして「千と千尋の神隠し」に 節子はいるのか? 筆者なりにその都市伝説を検証してみました! Sponsored Link 「千と千尋の神隠し」にあの節子が!? 「 千と千尋の神隠し」はご存知の通り、日本のみならず世界でも大ヒットしたスタジオジブリ・宮崎駿監督の作品。 ヒロインは荻野千尋という小学生の少女で、ある時、両親と一緒に別の世界へとスリップしてしまう話。 そんな「千と千尋の神隠し」で、同じくジブリ作品の「火垂るの墓」でお馴染みの 節子がいたという都市伝説があるのです。 噂の場面は、物語の後半部分になります。 千尋が変身した坊やカオナシと銭婆のもとへ向かうシーン。 一行はその途中、電車に乗っていくつかの駅を通り過ぎていきますが… その中で登場する「 水上の駅」のホーム。 ここで 誰かを待っているような小さな女の子が、一瞬ですが写し出されます。 この少女が、実は節子ではないかと一部の視聴者の中で噂されているのです。 ほんの一瞬しか写らないこと、そしてシルエットのように顔が黒く塗られているためハッキリと断定することは出来ませんが… 本当にこの娘は「節子」なのか? 「駅のホームにいた少女=節子」という都市伝説は本当なのか? そもそも、何故「千と千尋の神隠し」に節子が出ているという噂が広がったのか? 顔も判別出来ず、年齢も「火垂るの墓」で登場していた頃よりも年上のように感じられます。 実はこの都市伝説が生まれた背景には、「火垂るの墓」を監督した高畑勲氏が関係していたようです。 「 兄妹の霊が出ている」 Sponsored Link 「火垂るの墓」は清太と節子が太平洋戦争の中で逞しく生き抜く様を描いていますが、高畑監督による上記のコメントがこの都市伝説を生んだとのこと。 仮に「千と千尋の神隠し」においてあの少女が節子だとした場合、彼女が待ちわびていたのは兄・ 清太だったと仮定できます。 こう推測すると「火垂るの墓」の情景が頭の中で蘇ってきて胸のざわめきすら感じますが… しかしこの少女の正体について、現状ハッキリしたことは分かりません。 具体的な説明もありませんし、同じジブリ作品とは言えど発表時期が全く異なるからです。 時代背景も違うため、「千と千尋の神隠し」に登場した少女が節子であるという信憑性は薄いと個人的には思います。 とは言え、ここは見る人の判断次第でしょう。 ジブリアニメ、とりわけ宮崎駿監督の作品は壮大なテーマゆえ、見る人によっていかようにも解釈出来るからです。 いちファンとしては、 視聴者に謎を残すという意味で宮崎駿が意図的に作ったシーンなのではと捉えています。 「千と千尋の神隠しに節子が出ていた」なんて都市伝説があればまた違った視点で楽しめますからね。 まとめ 内容・設定ともに異なる2作品ですが、「千と千尋の神隠し」に火垂るの墓の節子が登場していたとは… これが本当なら衝撃の都市伝説ですよね。 スタジオジブリの2トップである宮崎・高畑監督。 そんな彼らだけに作品に遊び心を取り入れたとしても全く不思議じゃありません。 ただし先にも述べた通り、この都市伝説の真相は分かりません。 解釈の仕方はあなた次第ですが、考えようによっては楽しみが広がりますよね。 是非あの少女が登場する駅のシーンに注目しながら、再度鑑賞してみてください。

次の