トイレ の つまり 解消 隊。 トイレの簡易水洗で詰まり!簡易水洗の仕組みと解消法|業者の選び方

トイレつまり放置!自然に治る?時間で水位下がる 少しずつ流れる

トイレ の つまり 解消 隊

「トイレがつまって流れない~!」 「トイレが詰まったけどどうしたらいいの!」 など、急なトイレつまりで困っていませんか? トイレはいつも使う場所だからこそ、つまってしまうと困りますよね。 自分でなんとかしようと思うけど、どうやったらいいのかわからないなんてことも。 トイレつまりの修理は、症状・原因によってやるべき対応がことなります。 自分で修理をしようと思っている人は、つまりの種類に適した直し方を選ぶ必要があります。 また、自分で直そうと思ったけどなおらなかった場合は業者に修理を依頼することになりますが、その際の「業者の選び方」も失敗のないようにしたいですよね。 そこで今回は、トイレつまりの直し方と業者の選び方についてご説明いたします。 【目次(クリックで移動します)】• トイレつまりの症状と前兆 実は、トイレつまりの症状が起こる前には「つまりの前兆」があります。 よくある「つまりの前兆」は4つです。 【つまりの前兆】• 水を流したあと水位が高くなって徐々に下がる• タンクから水は出てくるけど便器の流れが悪い• タンクから水がちょっとしか出ない• 水を流したあとに「ゴボゴボゴポゴポ」音がする トイレつまり1. 「水を流したあと水位が高くなって徐々に下がる」 トイレの水を流したあとに、便器内の水位が高くなっていませんか? 「水を流した直後は水位が高いけど、10分くらいしたらスゥ~ッと水がひいていく」 これが、「自然に起こる」トイレつまりで多い症状です。 トイレ便器の奥や、下水が流れていく排水管の途中で異物が詰まって水の流れを止めている可能性があります。 時間が経てば水位が低くなりますが、そのまま放置しておくと急にトイレがつまるといったトラブルに繋がります。 水位がなかなか下がらないときは、早めに対応するようにしましょう。 便器内の水位が常に低いという人には、下記記事がおすすめです。 トイレつまり2. 「タンクから水は出てくるけど便器の流れが悪い」 トイレ便器の上についているタンクから水は出てくるけれど、便器内の水の流れがいつもよりも悪いという場合。 「水が溢れ出そうになるわけではないけど、ちょっと遅い」 この場合も、排水管のどこかでつまりが発生している可能性があります。 この状態で長く放置しておくことにより、「水を流したあと水位が高くなって徐々に下がる」といった状況に悪化するようになります。 トイレつまり3. 「タンクから水がちょっとしか出ない」 トイレのタンクから「水が少しずつしか出ない」「水流が弱い」といった症状。 水の勢いが弱いと、「トイレで大をしたのに、小の水で流す」ような状態になり、排泄物がしっかりと流れなくなります。 この状態を放置すると、排水管の途中でトイレットペーパーや便がつまって水が流れなくなってしまいます。 タンクから水が少ししか出ない、水流が弱いといった場合は、トイレタンク内の部品の不具合が原因で問題が起こっています。 トイレタンク内の部品の劣化で起こるトラブル トイレタンク内の部品が劣化すると、下記のようなトラブルが起こります。 部品劣化で起こるトラブル• ・タンクに水が溜まらなくなる• ・タンクの水が常に便器内に漏れる トイレタンク内には、フロートバルブやボールタップなどの部品が使われています。 これらの部品が不具合を起こすことで、 「タンクから水がでない」「水が少量しか流れてこない」といったトラブルに繋がります。 例えば、フロートバルブの鎖が切れてしまうとレバーを回してもバルブが持ち上がらなくなって水が流れなくなります。 また、ボールタップの給水弁が壊れると水がタンク内にずっと流れ続けたり、水がタンク内に入ってこないといった症状が起こります。 トイレつまり4. 「水を流したあとに「ゴボゴボゴポゴポ」音がする」 トイレの水を流したあとに、「ゴボゴボ~」「ゴポゴポ~」といった変な音がする場合もトイレがつまりかけている可能性があります。 ゴボゴボと音がしながらも水が流れている場合は、完璧につまっているわけではありませんが放置しておくと急に水が流れなくなったりします。 音がしたらどこをチェックする? もしも、水を流したあとに「ゴボゴボ~」とつまったような音がしたら家の外にある「汚水枡(排水枡)」を確認してみましょう。 ゴボゴボ音がする場合は便器内よりも、排水管などでつまりが起こっていることが多く、汚水枡を見たらつまりが残っているということがあります。 また、汚水枡がつまっている場合は高圧洗浄で排水管の洗浄をすることでつまりを一気に押し流すことができます。 業者によって料金が異なるので、しっかりと相見積りを行いましょう。 トイレつまりの原因 トイレのつまりの原因は主に、2つあります。 1つは、「水流が弱い」。 もう1つは、「異物」です。 この2つの原因について、詳しく説明いたします。 水流が弱くてトイレがつまる トイレで排泄物を流す際は、「水が流れる勢い」を利用して便器内から排水管に排泄物を押し流します。 この「水が流れる勢い」が弱いと、排泄物がきちんと流れきらずに便器の奥や排水管でつまりが起こります。 水の勢いが弱くなる原因 トイレの水の勢いが弱くなる原因は、主に2つあります。 タンク内の水の量が少ない• レバーで「小」で流している 「1. タンク内の水の量が少ない」については、ボールタップやフロートバルブの故障によって「意図せず起こる」場合とペットボトルなどを使って流れる水を「意図的に少なくする」場合とがあります。 最近のトイレは、初めから『節水仕様』になっていものが多いので「ペットボトルで節水」はしないようにしましょう。 レバーで小で流す」についても、故障ではなく「意識的な問題」で起こります。 トイレットペーパーをたくさん使った際に、「小」で流したらつまってしまったというトラブルもあるので注意しましょう。 異物などを流してトイレがつまる トイレの棚に置いてある置物や、メガネ、トイレ掃除のスポンジ、携帯・スマホ、おもちゃなどをトイレに流してしまうことで、トイレがつまることがあります。 このような「水にとけない異物」については、ラバーカップや薬剤などで解消することはできません。 直接異物を取らないといけないので、自分で修理できないこともあります。 トイレつまりの原因になるもの・異物の統計データ 人によっては、どんなものがつまっているのかまったく検討がつかないということもありますよね。 しかし、実際につまり修理の作業をした後だと「あ、やっぱり~!」と思われる方がよくいらっしゃいます。 そこで、生活救急車で今までに対応した「トイレつまり」のデータを分析して出した「つまりの原因になるもの」をご紹介したいと思います。 上記は、生活救急車にあったトイレつまり修理の依頼内容の割合です。 約8割が、「紙つまり(便つまり)」が原因でトイレがつまっています。 一方で、約2割の人は固形異物(水に溶けないもの)が原因でトイレがつまっています。 どんな異物がトイレにつまってる? どんな異物がトイレにつまっているかについても、データがありますのでご紹介したいと思います。 上記が、トイレにつまっていた異物の割合です。 介護用品だったり、プラスチック製品だったり、おきものだったりといろいろなものがつまっています。 それぞれについて、くわしくご説明したいと思います。 介護・生理用品が一番多い 色々なものがありますが、一番多いのが「介護・生理用品」です。 パットやオムツなどをトイレに流してもいいと思って流したら、つまってしまったというトラブルがよくあります。 パットやオムツなどは、トイレに流さないように商品の注意書きにも書かれていますのでトイレには流さないようにしましょう。 もしも、トイレに流してしまったという場合は便器を取り外して直接オムツなどを取り除く必要があります。 つまりを便器や排水管の奥に押し込んでしまうと、取り出せなくなるだけでなく、業者に修理を依頼した場合の料金が高くなるのでやめましょう。 プラスチック製品(掃除道具・メガネ・おもちゃなど) 2番目に多いのが、「プラスチック製品」です。 種類が多いので「プラスチック製品」とまとめいますが、掃除道具の先端だったり、メガネや子供のおもちゃ、入れ歯など色々なものがあります。 掃除中の不注意や子供のいたずらといったことでつまらせることが多いので、掃除道具が古くなったら買い換える、子供がおもちゃを持ったままトイレに入らないようにするといった対策をするといいでしょう。 トイレに置いてあるタオルやおきもの トイレに常に置いてある「タオルやおきもの」も、よくトイレにつまっています。 とくに、タオルは手を拭く際などに誤って落とすことがあるので注意しましょう。 また、おきものについてもいつの間にか棚から落ちてトイレに流れてしまったということがあるので、あまり置かないほうがいいでしょう。 ペット用品のトイレ砂やオムツ ペット用品のトイレ砂やオムツなどが、トイレにつまってしまうこともあります。 基本的に、トイレ砂もオムツもトイレに流せるものではないのでゴミ袋に捨てるようにしましょう。 また、「トイレに流せるトイレ砂」についてもペットの糞が混じっていたり、使用しているトイレ便器によってはつまってしまうことがあります。 とくに、ペットの糞には人間と違ってペットの体毛などが入っており、水にとけにくくトイレつまりの原因になります。 トイレ砂については、トイレに流せるタイプであってもゴミ袋に捨てたほうが安全です。 トイレつまりは放置していたら自然に直る? トイレつまりは、放置していたら自然に直らないかと思っていませんか?「そんな上手い話があるわけない!」と思いますよね。 しかし、つまりの内容によっては「放置していたら自然に直る」こともあります。 一方で、放置するとつまりが悪化するようなつまりの症状もあるので、それぞれ詳しくご説明したいと思います。 軽度の紙つまりなどであれば半日放置すれば自然に直ることもありますが、なるべく早く直したいときは後述しているつまり解消法を試すのがおすすめです。 放置していたら悪化するトイレつまり 紙おむつやパッドなどの「水を吸う異物」がつまっている場合は、放置していると状態が悪化します。 紙おむつやパッドには、吸水性ポリマーが使われているので水を吸うと元の大きさの2~3倍くらいに膨れあがります。 使用済みのおむつなどを見ると「結構大きくなってるからこれ以上は大きくならないだろう」と思ってしまいがちですが、水さえ与えればいつも見ている使用済みおむつよりももっと大きくなります。 紙おむつやパッドなどの「水を吸う異物」を流した場合は、放置せずに早めに取り除くようにしましょう。 トイレつまりは「ここ」で起こっている! トイレつまりが起こったときは、つまりが起こっている場所からつまりの原因を取り除かなければいけません。 このつまりがある場所を把握することで、よりスムーズにトイレつまりを解消することができます。 原因の内容によっては、つまりの場所が分かっていれば簡単に直せるものもあるので「よくつまりが起こる場所」についてご紹介したいと思います。 トイレつまりが「よく起こる場所」 上記が、トイレつまりが「よく起こる場所」の図です。 普段は水が止められている部分、水が止められている部分を通過した排水路、排水路から下水管に入る前の入り口がよくつまりが起こる場所です。 異物がつまったときは手前なら間に合う 水に流れない異物をトイレに落とした場合、排水路奥に入る手前でつまっていれば自分で異物を回収してつまりを直すことができます。 ただ、排水路の奥に流れてしまうと異物を回収するために便器を取り外したり、排水管内に特殊な工具を入れて回収したりといった業者の作業になります。 トイレつまりの直し方 家庭でもできる「トイレつまりの直し方」をご紹介いたします。 紹介する方法は、8つです。 【トイレつまりの直し方】• お湯とバケツでトイレつまり解消• 重曹とお酢(クエン酸)とお湯でトイレつまり解消• ペットボトルでトイレつまり解消• ビニール袋でトイレつまり解消• 針金ハンガーでトイレつまり解消• 洗剤でトイレつまり解消• ラバーカップでトイレつまり解消• 真空式ポンプでトイレつまり解消 最初の1~7の方法については、家にラバーカップがない場合の対処方法です。 7~8については、家にラバーカップがある人やラバーカップではつまりが直らなかった場合の対処方法を紹介しています。 お湯とバケツでトイレつまり解消 軽度な便つまりやティッシュ・トイレットペーパーといった「水に溶けるつまり」であれば、お湯を使ってつまりを解消できます。 お湯とバケツのつまり解消手順 道具がほとんど必要ない方法ですが、流し方やお湯の温度については注意が必要ですので詳しく紹介したいと思います。 【必要な道具】• バケツ(2個)、お湯(45度くらいで便器の半分くらいの量)。 やり方• バケツに便器内の汚水をできる限り汲みだす• お湯を少し高い位置から、便器内にゆっくり注ぐ• (2)を2~3回繰り返す• 1時間程度、放置してつまりをふやかす。 これで、水が流れるようになればつまり解消です。 重曹とお酢(クエン酸)とお湯でトイレつまり解消 重曹とお酢は、普段から家に常備している人もいらっしゃいますよね。 家になくても、スーパー、ドラッグストア、100円ショップ、稀にコンビニでも購入することができるので手に入れやすい道具です。 もしかすると、既に知っていらっしゃるかもしれませんが、重曹とお酢(クエン酸)とお湯はトイレつまり以外のつまりにも使われるつまり解消方法です。 ただ、使う場所によってやり方や分量などが変わってくるので、今回はトイレつまり用のやり方をご紹介いたします。 重曹とお酢(クエン酸)とお湯のつまり解消手順 必要なものは、重曹とお酢(クエン酸)、お湯とバケツです。 お湯は、「熱湯ではなくぬるま湯」を使います。 【必要な道具と分量】• やり方 準備:水位が高くなっている場合は、あらかじめバケツなどに汚水を汲み出しておきます。 また、便器の電源コードはあらかじめ抜いておきます。 水の中に落ちるように入れてください。 最後にお湯を入れると、泡だってきます。 このまま、1時間ほど放置してください。 1時間放置したら、水をバケツに入れて少し高い位置から少しずつ流していきます。 これで、きちんと水が流れるようになればつまりが解消した証拠です。 ペットボトルでトイレつまり解消 ラバーカップ(すっぽん)と同じような働きをする代用品が、「ペットボトル」です。 簡単にできて、お湯を沸かす必要もないのが魅力的です。 ペットボトルを使ったつまり解消手順 とても簡単ですが、手が汚れてしまうのでゴム手袋を着用したほうがいいでしょう。 【必要な道具】• ・ペットボトル・・・排水口にはまるサイズ(大体500ml程度)• ・ゴム手袋・・手が汚れないように• ・カッターもしくはハサミ・・・ペットボトルのカット用 やり方• ペットボトルの下側をカッターやハサミを使って、少し切ります。 ゴム手袋をして、ペットボトルを排水口の奥までさしこみます。 ペットボトルの口を指で塞いだ状態で、押したり引いたりします。 3番の動作を繰り返すことで、つまりが引き上げられて水に溶け、つまりが解消します。 押し引きをしている間は、水が跳ね返ってくることもあるので注意しましょう。 ビニール袋でトイレつまり解消 ちょっとハードルが高い方法ですが、ビニール袋を使った解消方法もあります。 原理は、ラバーカップ(すっぽん)やペットボトルと一緒で、圧力を利用してつまりを水に溶かします。 ビニール袋を使ったつまり解消手順 やり方はとても簡単なのですが、便器の中に手を突っ込むので、「気持ちの面」で少しハードルが高い方法です。 【必要な道具】• ・ゴム手袋 やり方• ビニール袋を2枚重ねて、ゴム手袋をはめて手をグーにします。 グーにした手をビニール袋に入れて、トイレの排水口に入れます。 ラバーカップ(すっぽん)と同様に、押したり引いたりします。 何回かやっていると、つまりが水に溶けて流れていくようになります。 水が流れてくるようになったら、ビニール袋が流されないように早めに手を抜きましょう。 手が大きすぎる人は、排水口から手が抜けなくなるので止めましょう。 なるべく隙間が出来ないように排水口に手を密着させます。 針金ハンガーでトイレつまり解消 最近はあまり見かけなくなりましたが、家に「針金ハンガー」がある場合は、パイプクリーナーの代用品として使うことも可能です。 針金ハンガーを使ったつまり解消手順 ここまで紹介した方法の中で、一番手っ取り早い解消方法ですが、慎重に扱う必要がある方法でもあります。 原理は、ワイヤーの先端にブラシなどがついた「パイプクリーナー」と呼ばれる道具と同じで、つまりに穴を空けることで水で流せるようにします。 【必要な道具】• ・針金ハンガー(柔らかめのもの)• 女性の力でも、素手で曲げられる針金ハンガーを使います。 やり方• 針金ハンガーの取っ手付近をペンチで切ります。 排水口に突っ込む側の先端を「輪っか状」に曲げます。 輪っか状に丸めた針金ハンガーを排水口に突っ込んで、奥に突っ込みます。 つまりに当たったら、小刻みに優しく動かしてつまりを少しずつ削ります。 つまりが削られると、徐々に水が流れるようになります。 ある程度水が流れていったら、バケツなどで少しずつ水を流します。 水がきちんと流れるようになったら、つまり解消完了です。 針金が曲がらず、奥にいかない場合は作業を中止します。 しばらくしてもつまりが解消しない場合は、業者に依頼します。 洗剤でトイレつまり解消 家に置いてある「洗剤」を使うことで、つまりを解消する方法もあります。 やり方も簡単で、家に予備などを常備しているという人におすすめです。 洗剤を使ったつまり解消方法 必要なものは、食器用洗剤とお湯、バケツです。 【必要な道具】• 食器用洗剤・・・100CC• お湯・・・45度前後で、便器の半分くらいの量。 複数の洗剤を混ぜ合わせると危険ですので、止めましょう。 やり方 準備:水位が高くなっている場合は、あらかじめバケツなどに汚水を汲み出しておきます。 また、便器の電源コードはあらかじめ抜いておきます。 食器用洗剤を100cc程、便器に入れる。 ぬるま湯を、ゆっくりと便器の中に注ぐ。 20分ほど放置する。 水位が下がっているか確認して、ぬるま湯をゆっくり流しいれる。 水がきちんと流れれば完了。 ラバーカップ(すっぽん)でトイレつまりを取り出す ラバーカップ(すっぽん)が家にある場合は、ラバーカップを使ったほうがすぐにつまりを直すことができます。 知っている方もいらっしゃると思いますが、ラバーカップは「つまりを引き上げる」ために使います。 きちんと使えば、簡単につまりを直すことができるので試してみて下さい。 汚水が便器の上の方まで上がってきている場合は、給油ポンプやひしゃくなどを使って、水をくみ出しておきましょう。 ラバーカップを使っている時に、便器の水が飛び散らないように、ゴミ袋などのビニール袋の真ん中に穴を開けてラバーカップを通しておきます。 ラバーカップを便器の排水口に密着させて、ゆっくりと押し付けていきます。 ラバーカップがそれ以上押し付けられなくなったら、勢いよく引っ張ります。 これを複数回繰り返すことで、詰まりが解消します。 詰まりが解消できたと思ったら、バケツに水を汲んで便器に流してみましょう。 きちんと流れるようになったら、完了です。 真空式パイプクリーナーでトイレつまりを取り出す 便器内に水がたまっていない状態ですと、ラバーカップを使っても効果がありません。 そういった場合は、真空式パイプクリーナーの出番です。 真空式パイプクリーナーは水が少ない状態でも、レバーを上げ下げすることで詰まりを引っ張りだすことができます 手順• 隙間ができないように、しっかりと排水口に押し付けましょう。 真空式パイプクリーナーのレバーを上下させることで、吸引力が高まります。 レバーを上下させた後は、本体を排水口から引き上げましょう。 1回で改善することもあれば、複数回必要な場合もあります。 詰まりが解消できたと思ったら、バケツに水を汲んで便器に流してみましょう。 きちんと流れるようになったら、完了です。 トイレに異物をつまらせたときの直し方 トイレの紙つまり・便つまりの直し方について紹介してきましたが、異物(スマホや置物、メガネなどの水に溶けないもの)をつまらせたときの直し方がなかったですよね。 異物については、スマホ・メガネ・置物などの「水を吸わないもの」と紙おむつ・パッドなどの「水を吸うもの」とで対処方法や緊急度が違うので分けてご紹介いたします。 スマホ・メガネ・置物など水を吸わないつまりの直し方 スマホ・メガネ・置物など、水を吸わない異物がトイレにつまった場合。 このような場合は、「素手」でつまりを引っ張りだして直すのがもっとも確実で手っ取り早い方法です。 汚水が溢れているときは、バケツなどに汚水をできるだけ汲み出しておき、長めのゴム手袋をはめて便器の排水溝に手を突っ込んでつまりを引っ張りだしてみましょう。 ちょっと抵抗がある方法ですが、つまりの原因が異物なので異物を取り除くことさえできればつまりを解消することができます。 紙おむつ・パッドなど水を吸うつまりの直し方 紙おむつやパッドなど、水を吸う異物がトイレにつまったときは「急いで」異物をトイレから引き上げましょう。 水を吸わないつまりのときと同様に、ゴム手袋をしてつまりを引き上げるのですが、「とにかく早くつまりを取り出す」のが重要です。 というのも、紙おむつやパッドなどが水を吸うと元の大きさの2~3倍くらいの大きさになるので早くしないと取り出せなくなります。 また、水を吸う「ポリマー」を包んでいる紙が水を吸うと破れやすくなります。 抵抗があるとは思いますが、自分でやる場合はとにかく急いでつまりを取り出しましょう。 トイレつまり解消グッズと料金について ホームセンターやネットショップなどで調べていると、トイレつまり専用の解消グッズがたくさんでてきますよね。 今回は、専用の解消グッズ以外のつまり解消法もご紹介しましたが、つまりの症状がひどいときや楽につまりを解消したいという場合は、やはりトイレつまり専用の解消グッズを使うのがおすすめです。 とはいえ、どんな解消グッズがあるのか、料金はどれくらいなのか分からない方もいらっしゃると思いますのでトイレつまり解消グッズとその料金の目安などをご紹介したいと思います。 修理道具 料金相場 ラバーカップ(すっぽん) 400円~3,000円 パイプクリーナー 1,000円~3,000円 真空式パイプクリーナー 1,500円~3,000円 つまり解消薬剤 500円~2,000円 生活救急車のトイレつまりの修理料金表 自分でできるつまりの解消方法を紹介してきましたが、場合によっては修理業者に依頼しないと直らないものもありますよね。 しかし、水道業者は現場見積りが基本なので実際に家に作業員がくるまでは料金が分からないので不安です。 そこで、参考程度に生活救急車でトイレつまりを修理した場合の料金表をご紹介しておきたいと思います。 業者によって料金体系が異なるので、1つの比較対象としてお使いください。 最終価格は、作業前にご提示するお見積り書の価格となります。 トイレつまりの修理料金事例 トイレ修理の料金表をご紹介しましたが、今度は生活救急車にご依頼いただいたトイレつまりの修理の料金事例をご紹介したいと思います。 同じトイレつまりであっても、状況によって修理に必要な作業や料金が異なりますので正確な料金は現地見積りにてご確認ください。 料金体系・税率が現在と異なることもございますので予めご了承ください。 トイレの水つまりの修理料金事例 自宅のトイレがつまっているということで、お見積りをご依頼いただき修理対応させていただきました。 【料金内訳】• 作業代 4,320円• 基本料金 4,320円• 合計 8,640円 トイレの水つまりの即日修理料金事例 トイレつまりのトラブルで、即日対応をご希望でご依頼をいただきハイスパットをしようして修理対応させていただきました。 【料金内訳】• ハイスパット作業 11,880円• 基本料金 4,320円• 合計 16,200円 戸建てトイレのつまり修理料金事例 戸建てのトイレつまりで、即日対応をご希望でご依頼をいただき、軽作業とハイスパットをしようして修理対応させていただきました。 【料金内訳】• 軽作業 3,240円• ハイスパット作業 11,880円• 基本料金 4,320円• 合計 19,440円 つまって水が流れないトイレの修理料金事例 トイレがつまって水が流れないということで、料金見積りをご依頼いただき、真空ポンプ、トーラー、薬品洗浄を使って修理対応させていただきました。 【料金内訳】• 真空ポンプ作業 12,960円• トーラー作業 4,080円• 薬品洗浄 4,320円• 調整作業 4,320円• 基本料金 4,320円• 合計 30,000円 生活救急車では、丁寧な対応力、きちんとした技術力を持ったスタッフが対応できるように料金を設定しています。 また、見積りは無料で対応しておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。

次の

【トイレの詰まり 】超簡単 直し方 ペットボトルで 一発解消 How to Unclog a Toilet

トイレ の つまり 解消 隊

トイレつまりは緊急性の高い問題現象ゆえ、パニックにおちいり、的外れな対応をしてニッチもサッチも行かなくなるケースが少なくありません。 トイレつまりはその症状やその原因によって対応方法が異なります。 症状から原因を見極め、その原因を取り除くに適切な手段(解消法)を選ぶことも重要です。 原因が分からない、解消法が自分では手に負えない、という場合には、業者に改修の依頼をすることになりますがその際の業者の選び方も重要です。 また、今後再びトイレつまりをおこなさないための予防策も大事なことですね。 本ページでは、トイレ詰まりの前兆・原因・解消策・予防・業者の選び方についてまとめました。 トイレつまりの前兆と症状 トイレのつまりは、なにか大きな固形物を落とした場合と、徐々につまりが進行していく場合と2つのパターンがあります。 前兆を察知して、早めに対処できれば、深刻なつまりを起こす危険を回避できます。 水回りの中でも、トイレは日常生活において最も頻繁に使用される場所です。 そのため、詰まりや水漏れなどのトラブルも起こりやすいです。 そして、トイレ詰まりなどでトイレを正常に使用できない状態は、水回りのトラブルのなかでももっとも切実なトラブルと言えます。 もし自分自身でトイレのトラブルを解消出来れば、余計な出費を抑えるだけでなく、もっとも迅速な解決ができます。 多くの場合はラバーカップ(スッポン)を使った対処でつまりが改善しますが、そうでない場合は深刻な問題が発生していることもあります。 ここでは実際につまりが起こる前に対処して、発生を食い止めましょう。 【トイレつまりの症状ケース1】 〜水はタンクから正常に流れるが便器の流れが悪い〜 トイレに用を足して、水を流した際に、タンクからは正常に流れてくるが、便器での流れがイマイチ悪いという症状です。 水は流れるには流れるが時間がちょっとかかる、一旦少し水位が上がるなどの現象が見られるのがこのケースです。 この症状はトイレつまりの軽度な症状といえます。 なんらかの理由で、便器または排水管に異物があり、それが水の流れを妨げていると推測されます。 しかし、一部の水路をふさいでいるに過ぎないので、スムーズではないけど、とりあえず水は流れます。 完全な詰まりではないために、対処されず放置されてしまうことが多いようです。 しかし、それでは事態を悪化させる可能性があります。 すでになんらかの事物があるので、他の異物を巻き込んだりして、水路を更にふさぐということになり兼ねません。 【トイレつまりの症状 ケース2】 〜水を流した時に水位が高くなる〜 トイレに用を足し水を流した際、正常であれば、水位が上昇することなく、トイレットペーパーや排泄物が流れていくところですが、流れにくく、次第に水位が上昇してしまうという症状です。 この症状がいわゆるトイレ詰まりの典型的な症状といえます。 この症状は、便器の中か、その先の排水管に異物が詰まっていることが原因である可能性が高いです。 どのような異物が詰まっているか、どこの場所がつまっているのか、そしてどの程度のつまり具合かによって、直し方(対処法、解消法)が異なります。 このような場合、いったんは、水位の変化を見守りましょう。 次第に水位が下がるようでしたら、詰まりはしているものの、まだわずかに水が流れる隙間が存在しているということです。 水位が変わらないのであれば、完全に詰まってしまっているということになります。 このことにより、トイレ詰まりの程度が判断できます。 そして、つまりの原因把握ステップに進みましょう。 この場合、注意すべきは2点あります。 1点目は闇雲に水を流すレバーを引いて、更に水を流さないことです。 つまりの程度が低い場合には、運良く二度目の水流で、詰まりの原因が押し流されることもありますが、トイレつまりの原因が二度目の水流でも押し流されない場合には、更に水が上がり、あふれてしまう危険性があります。 もうひとつの注意点は、原因をよく把握しない状態で、とりあえずラバーカップ(スッポン)などでカパカパ水を押し込んだり、バケツで水を流したりしないことです。 ラバーカップは、本来紙のつまりなど、排水管に押し込んでも支障がないものの詰まりで、かつ、程度が軽い場合には有効です。 それ以外の異物が障害になっている場合には、つまりの症状をさらに深刻にしたり、排水管自体の損傷などの事態におちいるリスクがあります。 【トイレつまりの症状ケース3】 〜タンクからの水流が少ない〜 トイレのレバーを引いて水を流しても、水の勢いが弱い・水量が少ないという症状です。 そのような場合は、便器に問題があるのではなく、水をためているタンク側に原因があるケースが多いです。 水洗トイレのタンクは、便器へ流す水を一旦ため込み、用便後に、レバーを引くことによって、便器に流れ込む仕組みになっています。 タンクからの水が弱いのは、もともと、タンクにしっかりと基準の水位まで水が溜まっていないか、または、タンクから便器への水の流れを妨げるなにかがあるか、ということになります。 これは便器内でつまりを起こす直接的な原因ではないのですが、汚物を流すための水圧が足りないと、排水管や便器内部でつまりを起こす危険性を高めます。 タンクからの水流が少ない場合は、フロート弁(ゴムフロート)が機能していないなど、タンク内部の問題でタンクに水が溜まらなくなっている可能性があります。 () を行なって、十分な水量が保てる状態にしましょう。 作業の前には、止水栓を締めることを忘れないようにしましょう。 () また、明らかにタンクの水が便器内に流れっぱなしになっている場合は、すぐに対処しないと高額な水道料金を支払うことになりかねませんので、なるべく早く原因を特定して対処しましょう。 タンクでチョロチョロと音がするという場合でも、月に2000円ほどの無駄な水道代が発生します。 これはトイレに限った話ではなく、お風呂場や台所などでも同様ですのですぐに対処しましょう。 【トイレつまりの症状ケース4】 〜水を流した時に異音がする〜 トイレに流してはいけないものの代表格はティッシュペーパーです。 トイレットペーパーをきらしてしまった場合に、つい使ってしまいがちです。 しかし、ティッシュペーパーは見た目は似ていても、水に溶けにくいという点で、トイレットペーパーとは根本的に異なり、詰まりやすい素材と言えます。 また、ほとんどの人がトイレでしてしまう「おう吐」もつまりの原因になります。 そういったします。 また、トイレの便器の中で、詰まりやすい箇所があります。 トイレのつまりは、• つまりやすい箇所に• 当然大のレバーの方が小のレバーより、水流が強く設定されています。 言い換えれば大便を流すのに、小のレバーをひくと必要な水流は得られないことになります。 また、節水などの目的でタンクにペットボトルなどを入れる場合もよくあると思います。 これが実はつまりの原因となる場合もあります。 トイレの内部や排水管は思うより複雑になっており、ある程度の水流がないと内部で固形物の詰まりを起こしてしまう可能性があるため、確実に流れるように水量が調整されています。 ペットボトルなどでのタンク内水量の調整は水道代の節約にはなりますが、重度のつまりを起こした場合のデメリットを考えると避けたほうがいいといえるでしょう。 流していいはずのトイレットペーパーも、一度に使いすぎるとつまりの原因となる場合があるのです。 基本的には水に溶けるものなので、時間を置いて溶かしたり、を使ったり、で溶かすなどの方法も効果があります。 でも直りやすいです。 とはいえ、トイレットぺーパーだけでトイレを詰まらせるには、シングルで1ロール、ダブルで半ロール程度必要です。 そこまで使っていないのに詰まってしまった場合、詰まっているのはトイレットペーパーだけではないのかもしれません。 トイレットペーパーが別の異物と絡まるなど、何か他の要因と合わせてつまりを起こしてしまう事態が多く発生しています。 トイレットペーパー以外の異物が何であるかによって、対処法が変わりますので異物の例の項目を参考にしてください。 ちなみに、トイレットぺーパーでトイレを詰まらせるにはダブルで半分、シングルで1ロールを一度に流すぐらいの量あれば十分だそうです。 また、海外製の粗悪品は水に溶けないものもありますので、分けて流すなどして使用に注意しましょう。 【ティッシュペーパー】 トイレ用にティッシュペーパーを携行している人もいて、トイレットペーパーがなかった場合に代用品として使いがちですが、テッシュペーパーとトイレットペーパーは違います。 トイレットペーパーがほぐれやすい繊維構造になっているのに対して、ティッシュペーパーはほぐれにくくなっています。 排水管やトイレ内部にすでに異物がこびりついている場合、ティッシュペーパーがその箇所に引っかかり、つまりを起こす可能性があります。 少量であれば問題にならないと思いますが、トイレットペーパーと同じ感覚で大量にトイレに流すとつまりを起こす原因となりますので、使用する際はできれば燃えるゴミとして捨てましょう。 もしティッシュペーパーがつまったら、を試すか、もしくは洗浄剤を使用して溶かしたり、で時間をかけて溶かします。 【流せるお掃除シート (トイレクリーナー)】 猫をペットとして飼っている人にとってペット砂(猫砂)は必需品です。 そして多くペット砂(猫砂)がトイレで流せると表示しています。 しかし、そこは「ちょっと待った!」です。 そもそものペット砂(猫砂)は猫のおしっこを吸収しやすくできています。 つまり人間のおむつと同じように、水に溶けるのではなく、水を吸収するのです。 なのでペットのトイレ砂は吸水性の高いものも多く、内部や排水管にこびりついて深刻なつまりを引き起こす可能性があるのです。 少々面倒でもしっかりと処分するようにしましょう。 ラバーカップや真空式パイプクリーナーで一時的につまりが解消しても、こびりつきが取れないとつまりやすい状態が続きます。 でこすり落とすか、が必要になる場合もあります。 【食べ残し】【残り汁】【嘔吐物】 トイレつまりの解消セミプロ編• トイレのつまりの対処法を詳しく解説していますが、自身でつまりを直そうとして余計悪化してしまうこともあります。 下記にいくつかの例を書いておきますので、これらのことを念頭に入れて、注意深く作業するようにしましょう。 つまったものを自分で取ろうと器具を使用したら余計奥に行ってしまい、かえって費用がかかってしまった。 つまりが直ったのか詳しく確かめずに使用して、便器から水があふれてしまい、階下に水漏れしてしまった。 器具の使用法を誤り、汚水が飛び散って室内に臭いが充満した。 便座を壊してしまい、新品の便座の購入と取り替え費用がかかってしまった。 自信がなければ、すぐに業者さんに依頼するようにしましょう。 そちらのほうが安くて早くて衛生面でも安心な場合もあります。 もし、ご自身で作業される場合は、感染症を防ぐためにゴム手袋をつけること、ウォシュレットなど電源がある場合は感電を防ぐため切ってから作業を開始しましょう。 トイレつまり解消法1 バケツ(ペットボトル)で水を流す 便器の排水口の部分に隙間が出来るだけできないようにラバーカップ(スッポン)をくっつけて、まずゆっくりと排水口に向かって押し、そのあと勢いよく引き抜いて下さい。 排水構口に排水が引き込まれるようになるまで、この作業を繰り返して下さい。 トイレットペーパー以外のものが排水口に詰まっている場合は、配管が詰まってしまう可能性がありますので、詰まりの原因を押し流してしまうのではなく、便器内に引き戻すようにして下さい。 便器内の水位が上昇してあふれかかっている場合も、ラバーカップを押し込んでしまうと、タンクの排水弁が開いてさらに水が便器に入り込み、便座から水があふれてしまう可能性があります。 その場合は、バケツで汲み出したり、手動のポンプを使うなどして水位を下げてから使用をして下さい。 ラバーカップを使っても詰まりが取れない場合は、専門の業者を呼んだほうが賢明です。 手順3 バケツで水を流す 残念ながらラバーカップを用いた方法でも詰まりが解決しなかったとしても、少し落ち着いて待ってみましょう。 夜なら一晩トイレに行けなくなりますが、待つことで自然とつまりが解消される場合もあります。 トイレットペーパーを大量に流したり、ペットのトイレ砂を流した場合などによくあることですが、時間の経過により異物が水に溶け込み、解消するようです。 ただし、それでもつまりが解消されなかった場合にはすみやかにトイレ修理の専門業者に連絡して直してもらってください。 無理をして使い続けると、本格的につまりが深刻化した際にトイレからあふれた水で家を汚してしまう可能性があります。 トイレつまり解消法4 真空式パイプクリーナー 真空式パイプクリーナーとは、ポンプのついたラバーカップ(スッポン)だと言うとイメージしやすいでしょうか。 より吸引する力が強いため、詰まっているものを便器内に引き戻せる可能性がグンと高くなっています。 (用語集:) 使い方 水を張ったところにゆっくりと、しっかり力を込めてグッとカップ部分を「押し付け」ます。 その後、ポンプのレバーを引きます。 動作を繰り返す際、水の中でレバーを戻そうとすると水が跳ね上がる可能性があるので、コツを掴むまではゆっくり慎重にやってみましょう。 水に溶けない、硬い小物が詰まっていた場合、強く引き寄せたあと、ビニール手袋をして手で取れることもあります。 真空式パイプクリーナーの選び方 ラバーカップで直らなかったつまりも真空式パイプクリーナーで直ったという話も多く、買うならこちらという家庭も増えているようです。 トイレに使う場合は、排水口のサイズを調べて購入しましょう。 目安として170mmほどの直径が必要です。 トイレつまり解消法 ~セミプロ編~ トイレのつまりがラバーカップや真空式パイプクリーナーで解消されない場合は、ワイヤーブラシで取り除くという方法があります。 ワイヤーブラシというと、一般的には針金のクシのようなものを想像するかもしれませんが、排水管の掃除に使用するワイヤーブラシは1メール以上ある長い器具です。 バネ状になった金属が細長く伸び、その先端部分にブラシがついています。 この先端のブラシ部分が排水管の内部を通過する際に、詰まっている異物を崩すなどして詰まりを解消します。 (用語集:) 水道工事の専門業者でも扱いが難しい器具ですが、使えればトイレだけでなくあらゆる排水管の清掃ができるようになります。 ただし、この方法はつまり改善がかなり困難な場合にのみ使うようにしましょう。 なぜなら、経験が少ない人がワイヤーブラシを使ってもうまく行かない場合が多いからです。 本項では一応つまり解消法のひとつとして説明を行ないます。 ワイヤーブラシの選び方 ワイヤーブラシを常備しているというご家庭もあまりないかと思いますので、まずはどういう基準でワイヤーブラシを選べばいいのかという点からご説明します。 ポイント1 ワイヤーの強度 トイレがつまった時、一刻も早く直して欲しいのは当然のこと。 業者が到着して作業開始してからどれくらいで直るかといえば、軽度のつまりであれば30分かからないこともあります。 しかし原因がわからず改善しない場合や、便器を取り外す工事などであれば数時間かかることがあります。 見えない部分の問題を直す仕事ですし、万が一のことがあっては大変なことになりますので、慎重な作業となります。 作業に取り掛かる前に、料金の見積もりと一緒に時間の目安も確認しておきましょう。 特に、小さなお子さんのいる家庭の場合は、近所のコンビニなどでトイレが借りられるかどうか、その瞬間に慌てなくていいように工事が始まる時に確認しておきましょう。 可能であれば、複数の業者に見積もりを取りそこから選びたいところですので、見積もりを無料でしてくれるところを選びましょう。 見積もりの際に、なにがどうなってこの金額がかかるのか、知りたいことを教えてくれる業者さん、つまり信頼できると感じたところが一番です。 相見積もり(複数の見積もり)を取る余裕がない、すぐにどこかに依頼しないと!という場合は工事後のアフターフォローがしっかりしているところを選べば、万が一同じ原因で同じ症状が起こった場合でも補償制度が利用できたり、納得がいかない場合にはクーリングオフができたりと、選ぶ余裕がない場合でも安心です。 もうひとつ、選ぶときの基準になる点として、水道やトイレなど水回りを工事する業者には、「指定業者」とそうでない業者があります。 水道局から指定の認定を受けている業者さんであれば、やはり責任感も違ってきますし、指定でない業者さんよりも幅広いサポートができます。 「トイレが詰まって水が流れない」 「あふれようとしてる。 至急来て欲しい」 東京都三鷹市Iさんからの連絡です。 確かに水は流れず、便器の中の水位は上昇するばかりです。 この場合、どのような詰まり方によるものかの見極めが重要です。 専門スタッフがIさんにヒアリングを重ねて状況は把握したところ、どうも単純な紙詰まりではなさそうでした。 水の動きや便器内部を探ってみたところ、便器のさらに奥で、異物が水流を妨げている可能性が高いと判断しました。 処置は便器を取り外しての作業になります。 便器を取り外した排水口には、Iさん自身落としたことに気づいていなかった化粧品が、トイレットペーパーなどを引っかけてつまっていました。 原因になっていた化粧品を取り出し、解決しました。 「大」と「小」適切な水量は? ラバーカップで便器のつまりを解消できなかった場合に、細長い金属製のモノなどを突っ込んで、無理に取ろうとしないでください。 トイレの奥につまっている物を奥に押し込んでしまい、さらに取りにくくしたり、便器そのものを傷めるリスクがあります。 自身で解消できるトイレつまりは、症状の軽いものばかりです。 ラバーカップや、手を突っ込んで異物を取るなどの方法を試してつまりが解消されなければ、症状は深刻であるということです。 この場合は、業者に委託したほうが便器故障などのリスクが少なくなります。 また節水のためにタンク内にペットボトル等を沈めて水の量を減らした場合、水圧が下がり、便器のつまりの原因になることもありますので、十分にご注意ください。 トイレの水量はつまりを起こさないように調整されています。 トイレのトラブルは悪化すると便器を分解して対応する必要が出てきたり、壊してしまった場合にはトイレそのものを交換するといった可能性も出てきます。 つまり程度で済むうちに業者に解決してもらうことも考慮しておいたほうがいいでしょう。

次の

道具なしでもOK!トイレ詰まりの直し方はお湯とバケツで解消

トイレ の つまり 解消 隊

トイレつまり必須道具!ラバーカップの正しい使い方 ラバーカップは長い柄の先にお椀の形のゴムがついた道具のことで、実際の行為の特徴をもじって「すっぽん」ともいわれています。 トイレが詰まってしまったときにはこの道具を使って、詰まったものを吸引して詰まりを解消させますよね。 ですが、ラバーカップの正しい使用方法をきちんとご存知の方はあまり多くないようです。 詰まってしまったトイレを実際に「すっぽん」する前に、以下の項目を確認しておきましょう。 【「すっぽん」前に用意しておく物】 ラバーカップを使用して「すっぽん」とする前に、まずはきちんと準備をしましょう。 ・ゴム手袋 衛生上の観点から、手を汚さないためにもしっかり用意してくだい。 ・バケツ 不要な汚水を入れるときや、最後に水を流すときに使います。 ・大きめのビニール袋 便器から水が飛んで床や壁を汚さないために用意しましょう。 ・雑巾 実際に水が飛んでしまった際、汚れをふき取るために使います。 まず、作業に取りかかる前に便器の周りに雑巾をおいておきましょう。 また、止水栓などの状態を事前にチェックして水漏れによる二次被害を防ぐことも大切です。 【そのラバーカップ、和式用?洋式用?】 実は、ラバーカップには和式用と洋式用と種類があります。 和式用はお椀型になっており、100円均一によく並んでいるのもこの形です。 洋式用も同様にお椀型なのですが、和式用と異なりお椀の先端に突起がついています。 和式用を洋式トイレに、洋式用を和式トイレに使うということも可能ではありますが、トイレにあったラバーカップを使うことでより効果的に詰まりを解消できますよ。 【まずはトイレ内の水量をチェック】 トイレの水量をチェックしましょう。 便器から水があふれそうになっていたり、反対に水が少なすぎたりすることはありませんか?水の量が適切でないと、ラバーカップの力が半減してしまいます。 便器内の水量は、カップの部分がぜんぶ水に浸かるくらいに調整しましょう。 水量が多い場合は灯油ポンプやコップなどで汚水を汲み出し、反対に少ない場合にはバケツで水道水を汲んできて便器に入れましょう。 【ポイントは「押さずに引き出す」と意識すること】 それでは、いよいよ本題に入ります。 ラバーカップを排水口にくっつけてゆっくり押し、カップの部分がへこんだら勢いよく強く引きましょう。 これを繰り返すことで詰まっていたものが吸引され、水が流れれば成功です。 ここで重要なのが「勢いよく強く引くこと」です。 強く引くことで詰まりを吸引する力も強くなりますので、勢いづけて行いましょう。 【人によって時間がかかる?可能なら選手交代を】 ラバーカップを引っ張り出すには、けっこう強い力が必要です。 詰まりを吸引するために勢いよく強く引くことが重要なので、疲れてしまうとうまく引くことができません。 詰まりによっては長期戦になります。 可能であれば、同居している家族などに代わってもらいましょう。 【異物を取り除き、バケツの水で流す】 しばらくラバーカップを使っていると、うまくいったときに勢いよく詰まりが解消されます。 便やトイレットペーパーなど、トイレに流していいものの場合はそのまま流してしまえば問題ありません。 ですが、お子さんのおもちゃなどのトイレに流してはいけないものを詰まらせてしまった場合には取り除き作業が必要です。 これらの異物はビニール手袋をつけたまま拾いましょう。 ゴミ拾いトングや火ばさみがある場合には、利用すると作業がスムーズになります。 その後はバケツで少しずつ便器に水を流し込み、水位が上がってこないか確認します。 詰まりが解消されていれば水はスムーズに流れるので、水位は上昇しないはずです。 確認ができたら、いつも通りレバーを押して水を流してみましょう。 普段通りに流れれば、これにて詰まりは解消です! 汚水の跳ね返りを防ぐ!すっぽんで大失敗しないコツ トイレで作業するとき、手順を間違えたり準備を怠ったりすると便器内の汚水が跳ね返ることがあります。 以下の項目をきちんと確認してから、作業を進めましょう。 【水がラバーカップで溢れない量か確かめる】 ラバーカップを使う前に、便器内の水量の確認をすることが重要です。 少なすぎてもうまく活用できませんが、多すぎても水飛びや水漏れの原因となります。 ラバーカップを排水口にセットしたときに、カップ部分がぜんぶ水に浸かるくらいの量かどうかよく確認しましょう。 【ビニール袋で便座を覆う】 ビニール袋を便器の全体を覆うようにかぶせることで、ラバーカップを使用するときの汚水の水飛びを防ぐことができます。 「すっぽん」する部分に小さめの穴をあけ、そこにラバーカップの柄の部分を通しましょう。 便器にかぶせるほど大きいビニール袋がない場合は、家庭用のごみ袋でも代用できます。 また、ラバーカップを便器にセットしたあとにラップで便座全体を覆うことも効果的ですよ。 【ラバーカップをゆっくり押す】 ラバーカップを押すときは、ゆっくり押すことを心がけましょう。 強く押してしまうとその勢いで水が飛ぶだけでなく、空気をうまく抜くことができず効果が薄れてしまいます。 静かにゆっくり行うことでしっかり空気を出すことができるほか、水や汚れの飛び散りを最小限に抑えることができますよ。 トイレつまり解消後のスッポン、どう始末すれば…… 使用後のラバーカップはどんな処理をすればいいのか、みなさんは正しい保管方法をご存知でしょうか? 【次回もサッと使えるようにお手入れしよう】 ラバーカップの正しい手入れの方法は、水で洗うことです。 洗剤や漂白剤を使ってしまうと、かえってゴムを劣化させてしまいます。 カップ部分を水できれいに洗い終わったら、天日干しでよく乾かしてください。 使ってそのまま洗わずに放置しておくと、臭いがしたり虫が湧いたりします。 洗うのが面倒であれば、使い捨てにしてしまという手段もあります。 ラバーカップは100円ショップなどで安く買うことができるので、使ったものは処分して新品のストックを置いておくといいでしょう。 【ラバーカップの収納方法】 洗ってよく乾かしたラバーカップは、カップの部分をビニール袋に入れてトイレの裏や物置に保管しましょう。 なかにはケース付きのラバーカップも売っており、インテリアを邪魔しないシンプルでおしゃれなデザインのものもありますよ。 ラバーカップがない!道具なしでのトイレつまり直し方 万が一トイレが詰まってしまったときに家にラバーカップなかったら、困ってしまいますよね。 ですが、実は普段から家にあるものでも代用ができるのです。 【ラップがラバーカップの代用品に!?】 まずは、食品などを包むために使うラップを代用品として使ってみましょう。 便器に隙間ができないように、2~3重にラップをピンと張ります。 張ったラップの真ん中部分を押し、これを何回か繰り返します。 詰まりが出てきたら水を流し込んで水位が上がらないか確認し、普段通りトイレを流して完了です。 【ペットボトルですっぽん!】 また、ペットボトルもラバーカップの代用品として使用することが可能です。 500mlのペットボトルの底3cm程度を切り取ります。 ペットボトルの底の部分を排水口に入れます。 ペットボトルを押したり引いたりして水を流動させ、詰まりを引き出します。 詰まりが出てきたら水を流し込んで水位が上がらないか確認し、普段通りトイレを流して完了です。 【針金タイプのハンガーを使う】 「こんなものでも?」と思うかもしれませんが、実は針金タイプのハンガーでも詰まりを解消することができます。 針金ハンガーを長く伸ばし、先端に輪を作ります。 排水口に入れられるサイズにしましょう。 先端の輪を排水口にいれ、動かしながら詰まりを探します。 詰まりを見つけたら少しずつ崩して、詰まりを解消させます。 水が流れたら、詰まりがなくなった証拠です。 改めて水を流し込んで水位が上がらないか確認し、普段通りトイレを流して完了です。 ただし、針金ハンガーを使った方法は詰まったものを崩して解消するものです。 普段トイレで流さないようなものが詰まった場合には不向きで、より詰まりを悪化させてしまう可能性もありますので、注意してくださいね。 まとめ ラバーカップは必ず必要な道具ですが、間違った使い方をしてしまうとトイレを汚してしまったり、詰まりをより深刻化させてしまうおそれがあります。 正しい使い方をして、便器の詰まりを解消させましょう。 また、いつトイレが詰まっても対処できるように、ラバーカップは必ずご自宅に置いておくことをお進めします。 ラバーカップでも詰まりが解消できなかった場合や、トイレに流してはいけないものが詰まってしまった場合には、専門業者に相談することをお進めします。 トイレの詰まりを放置しておくと詰まりが深刻化するほか、便器内の水が逆流してしまう可能性もあります。 できるだけ早めに対処しましょう!.

次の