しんしんともに。 「心身ともに」の意味と例文と書き方

「心身ともに」の意味と例文と書き方

しんしんともに

「心身ともに」の意味 「心身(しんしん)ともに」とは、文字通り「心も身(身体)も」という意味です。 「心身ともに疲れる」「心身ともに元気」などと使われます。 自分や他人の健康や元気な様子を表すときに「心身ともに」という言葉を使うことで、身体と心がどちらも元気、またはそうでない上体を表す場合に使われます。 「心身ともに」という言葉は「心」「身体」のどちらもという意味なので、心と身体のどちらかだけが元気という場合には使うことができません。 「心身ともに」の使い方 「心身ともに」を健康以外に使う場合 「心身ともに」という言葉は元気かそうでないかという場合のみにしか使われないわけではありません。 「心身ともに緊張している」「心身ともに鍛錬を重ねる」など精神的な状態や、行う動作などについても使うことができます。 「心身ともに」を目上の方に使う場合 「心身ともに」という言葉は、状態を表す言葉なので目上の方へ使うこともできます。 目上の方へ使う場合は、主に健康について表すことが多く「心身ともにお元気で安心いたしました」「心身ともにご健康であられますよう心よりお祈りいたします」などが良く使われます。 目上の方へ「心身ともに」を使う場面として多いのは、目上の方が大病をされて回復したときや、不幸ごとがあり気落ちされているときです。 「1日も早く、心身ともにお元気になられてください」「心身ともにさぞお疲れのことと存じます」などと使って、相手の身体の疲れと精神 的なダメージを労ります。 しかし、目上の方へ使う「心身ともに」は最低限に抑えましょう。 身体のことを気遣うのは、目上の方に対して特に失礼なことではありませんが、心の健康を懸念しすぎるのは失礼になることがあります。 目上の方の心の健康も気遣いたい場合は「私のような者が申し上げることではありませんが、さすがに精神的なお疲れもお有りでしょう、心身ともに今はゆっくりとご静養ください」など、「さすがのあなたでも心が疲れてしまっているでしょう」というニュアンスを付けるようにしましょう。 「心身ともに」を同僚や部下に使う場合 自分と同等または目下の方へ使う「心身ともに」は目上の方へ使うときほど気を使う必要はありません。 仕事で忙しくしている同僚や部下に「心身ともに大変だろう」「休みの日は心身ともにリフレッシュしてね」など、自分が相手を思っている気持ちをそのまま伝えることができます。 「心身ともに」を自分のことに使う場合 「心身ともに」という言葉は自分自身のことについても使うことができます。 「心身ともに健康です」「心身ともにリフレッシュしました」「心身ともにやる気がみなぎっています」などとすることで、相手に自分の心や身体の状態を伝えることができます。 「心身ともに精進いたします」「心身ともにすてきな人間になれるよう努力いたします」など、何かの折に付けての決意表明などにも使えます。 文字にする場合は「ともに」と書く 「心身ともに」は「心身共に」と書くこともできます。 言葉としては、漢字でも平仮名でも間違いではありません。 しかし、中には「心身共に」は誤った仮名遣いと認識している方もいます。 「心身ともに」という言葉を手紙などの文章に使う場合は、念のため平仮名を使った「心身ともに」を選択した方が良いでしょう。 「心身ともに」の類語 「身も心も」 「心身ともに」と同義の言葉として「身も心も」という言葉があります。 文字通り「身体も気持ちも」という意味で、「心身ともに」と置き換えて使うことが可能です。 しかし「身も心も」という表現はやや大げさな印象を受けるという方も多く、日常の会話で使われることは比較的少ないと言えます。 手紙などで自分の決意を表したり、相手に対して真摯に伝えたい場合には「身も心も捧げる所存です」「身も心も疲れ果ててしまいました」などとして使うこともあります。 「肉体的にも精神的にも」 「身も心も」に比べると、日常的にかなり頻繁に使われている表現です。 「心身ともに」という言葉を「~的」という言葉を使うことでわかりやすく、口語的にしています。 意味は「心身ともに」「身も心も」と同じなので、置き換えて使うことができます。 「全身全霊」 「全身全霊」という言葉は「全身全霊をかけて~します」と使われる言葉で「自分の全て」という意味です。 「自分の全て」とは自分の体も心も含まれるため「心身ともに」の類語として使うことができます。 ただし「全身全霊」はポジティブな場面でしか使われません。 「全身全霊」の後に来る言葉は「かけて」と概ね決まっており、全身全霊をかけてネガティブなことをするとは考えにくいためです。 「心身ともに」の例文• 「今回のプロジェクトでは精一杯努力し、心身ともに成長したいと思っております」• 「休暇をいただいたおかげで、心身ともにリフレッシュすることができました」• 「今は大変な時期だけど、心身ともに何とか付いて来て欲しい」• 「君はいつも心身ともに元気で見ていて気持ちがいいね」• 「あまりの大役に心身ともに緊張いたしております」 スポンサードリンク.

次の

心身ともに健康な状態とは?世の中の多くの不健康な人へ

しんしんともに

「心身ともに」の意味 「心身(しんしん)ともに」とは、文字通り「心も身(身体)も」という意味です。 「心身ともに疲れる」「心身ともに元気」などと使われます。 自分や他人の健康や元気な様子を表すときに「心身ともに」という言葉を使うことで、身体と心がどちらも元気、またはそうでない上体を表す場合に使われます。 「心身ともに」という言葉は「心」「身体」のどちらもという意味なので、心と身体のどちらかだけが元気という場合には使うことができません。 「心身ともに」の使い方 「心身ともに」を健康以外に使う場合 「心身ともに」という言葉は元気かそうでないかという場合のみにしか使われないわけではありません。 「心身ともに緊張している」「心身ともに鍛錬を重ねる」など精神的な状態や、行う動作などについても使うことができます。 「心身ともに」を目上の方に使う場合 「心身ともに」という言葉は、状態を表す言葉なので目上の方へ使うこともできます。 目上の方へ使う場合は、主に健康について表すことが多く「心身ともにお元気で安心いたしました」「心身ともにご健康であられますよう心よりお祈りいたします」などが良く使われます。 目上の方へ「心身ともに」を使う場面として多いのは、目上の方が大病をされて回復したときや、不幸ごとがあり気落ちされているときです。 「1日も早く、心身ともにお元気になられてください」「心身ともにさぞお疲れのことと存じます」などと使って、相手の身体の疲れと精神 的なダメージを労ります。 しかし、目上の方へ使う「心身ともに」は最低限に抑えましょう。 身体のことを気遣うのは、目上の方に対して特に失礼なことではありませんが、心の健康を懸念しすぎるのは失礼になることがあります。 目上の方の心の健康も気遣いたい場合は「私のような者が申し上げることではありませんが、さすがに精神的なお疲れもお有りでしょう、心身ともに今はゆっくりとご静養ください」など、「さすがのあなたでも心が疲れてしまっているでしょう」というニュアンスを付けるようにしましょう。 「心身ともに」を同僚や部下に使う場合 自分と同等または目下の方へ使う「心身ともに」は目上の方へ使うときほど気を使う必要はありません。 仕事で忙しくしている同僚や部下に「心身ともに大変だろう」「休みの日は心身ともにリフレッシュしてね」など、自分が相手を思っている気持ちをそのまま伝えることができます。 「心身ともに」を自分のことに使う場合 「心身ともに」という言葉は自分自身のことについても使うことができます。 「心身ともに健康です」「心身ともにリフレッシュしました」「心身ともにやる気がみなぎっています」などとすることで、相手に自分の心や身体の状態を伝えることができます。 「心身ともに精進いたします」「心身ともにすてきな人間になれるよう努力いたします」など、何かの折に付けての決意表明などにも使えます。 文字にする場合は「ともに」と書く 「心身ともに」は「心身共に」と書くこともできます。 言葉としては、漢字でも平仮名でも間違いではありません。 しかし、中には「心身共に」は誤った仮名遣いと認識している方もいます。 「心身ともに」という言葉を手紙などの文章に使う場合は、念のため平仮名を使った「心身ともに」を選択した方が良いでしょう。 「心身ともに」の類語 「身も心も」 「心身ともに」と同義の言葉として「身も心も」という言葉があります。 文字通り「身体も気持ちも」という意味で、「心身ともに」と置き換えて使うことが可能です。 しかし「身も心も」という表現はやや大げさな印象を受けるという方も多く、日常の会話で使われることは比較的少ないと言えます。 手紙などで自分の決意を表したり、相手に対して真摯に伝えたい場合には「身も心も捧げる所存です」「身も心も疲れ果ててしまいました」などとして使うこともあります。 「肉体的にも精神的にも」 「身も心も」に比べると、日常的にかなり頻繁に使われている表現です。 「心身ともに」という言葉を「~的」という言葉を使うことでわかりやすく、口語的にしています。 意味は「心身ともに」「身も心も」と同じなので、置き換えて使うことができます。 「全身全霊」 「全身全霊」という言葉は「全身全霊をかけて~します」と使われる言葉で「自分の全て」という意味です。 「自分の全て」とは自分の体も心も含まれるため「心身ともに」の類語として使うことができます。 ただし「全身全霊」はポジティブな場面でしか使われません。 「全身全霊」の後に来る言葉は「かけて」と概ね決まっており、全身全霊をかけてネガティブなことをするとは考えにくいためです。 「心身ともに」の例文• 「今回のプロジェクトでは精一杯努力し、心身ともに成長したいと思っております」• 「休暇をいただいたおかげで、心身ともにリフレッシュすることができました」• 「今は大変な時期だけど、心身ともに何とか付いて来て欲しい」• 「君はいつも心身ともに元気で見ていて気持ちがいいね」• 「あまりの大役に心身ともに緊張いたしております」 スポンサードリンク.

次の

河井案里氏が党に診断書「心身ともに衰弱、休養が必要」:朝日新聞デジタル

しんしんともに

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 3• 研究社 新和英中辞典 1• Weblio Email例文集 5• 浜島書店 Catch a Wave 1• Eゲイト英和辞典 1• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 2• 日本語WordNet 1• EDR日英対訳辞書 4• Tanaka Corpus 5• 日本法令外国語訳データベースシステム 18• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 8• 官公庁発表資料• 特許庁 18• 経済産業省 1• 厚生労働省 2• 書籍・作品• This applies worldwide. 原文:「The Moon-Face and Other Stories」所収「The Shadow and the Flash」 翻訳:枯葉 プロジェクト杉田玄白正式参加テキスト。 upp. so-net.

次の