エクセル 翌月末。 「月末日」や「翌月10日」を求めるには

エクセル関数 指定された日付から翌月や翌々月の指定日を求める関数

エクセル 翌月末

「関数の引数」画面が表示されました。 「開始日」「月」入れていきます。 引数の入力 開始日 元になる日付を入力します。 今回の表では、「日付」が入力されるセル「B2」となりますね。 月 次に「月」ですが、ここには 何か月後の月末なのかを入力します。 今回は「今月末」を求めたいので 「0ヶ月後」の月末ですね。 ということで、ここには 「0」と入力して「OK」をクリックしましょう。 当月末日が自動で表示されました。 翌月末日を自動表示 では、今度は「翌月末日」を自動表示してみましょう。 先ほどは当月末だったので、「月」が「0」でしたが、 翌月末の場合は、 1ヶ月後ですので「月」は 「1」となりますね。 セルB5には、このように設定して「OK」としましょう。 翌月末日が自動で表示されました。 翌月1日を自動表示 では、少しだけステップアップします。 「末日」ではない場合、例えば 「翌月1日」を自動で表示するにはどうしたら良いでしょう? すぐに分かった方も多いと思いますが、 「今月末日の1日後」と考えればOKなのです! まずは、セルB6に今月末の設定をした後、数式バーに表示された数式の後ろをクリック カーソルが表示されたら、「+1」と入力します。 11月15日の翌月1日となる「12月1日」と表示されました。 翌々月10日を自動表示 では続いて「翌々10日」を自動表示します。 もうお分かりですね?そうです! 翌月末+10日 と考えればOKです。 翌々10日となる、1月10日が自動で表示されました。 「日付」を変更すれば、もちろん自動で変更されます。 いかがでしょうか。 これで、毎回入力しなくてもOKですし、修正し忘れた…なんていうミスも防げますね。

次の

月末日を求める…EOMONTH関数

エクセル 翌月末

1.プレミアムフライデーの間隔 問題 プレミアムフライデーとは毎月最終金曜日のことである。 2017年2月24日を第1回プレミアムフライデーとする。 解説 同じ曜日であればその間隔は必ず7の倍数になりますが、特に、プレミアムフライデー同士の間隔は必ず28日または35日になります。 1か月=28~31日なので、最終週の28日後は必ず翌月に存在しますが、42日後は必ず翌々月になるからです(21日後や42日後は 最終金曜日にならない)。 ちなみに、28日後である確率は約65. 2%です。 そして、28日後と35日後の月が同じ場合は35日後のほうが最終金曜日になるのでプレミアムフライデーになります。 この場合は、さらに7を加算します。 したがって、次回のプレミアムフライデーの日付を求める式は次のようになります。 次回のプレミアムフライデーの日付を求める計算式を入力します。 これを繰り返すことによって、第2回以降のプレミアムフライデーの日付を順次求めることができます。 2.月末最終日と月末金曜日の差 問題 行番号ROW を用いて、第1回から第100回のプレミアムフライデーの日付を求めなさい。 解説 いっぱんに、プレミアムフライデー、つまり最終金曜日の日付を求めるには、当月末日の日付から、金曜日との曜日の差を引きます。 金曜日との差を求めて末日からさかのぼるのが鉄則です。 Excelの場合、曜日を求めるWEEKDAY関数は、日~土曜日を1~7の整数で返しますので、末日と金曜日との差は、翌日(翌月1日)の曜日とほぼ一致します。 したがって、Excelの場合、プレミアムフライデーの日付は、当月の最後の日(末日)から、翌月の1日の曜日を7で割った余りを引けばよいです。 曜日を7で割った余りはMOD関数とWEEKDAY関数を使います。 当月末日と翌月1日は1日違いなので、当月末日または翌月1日の日付からプレミアムフライデーを求めることができます。 例えば、第1回のプレミアムフライデーは2017年2月でしたが、翌月の1日は2017年3月1日です。 1を引くことで、2月の末日、2017年2月28日を求めることができます。 Excelの場合、行番号ROW が連番になっているので、これに合わせてプレミアムフライデーの日付を求めます。 したがって、行番号を用いてプレミアムフライデーの日付を求める計算式はつぎのようになります。 3.年と月から月末金曜を求める 問題 次の図のように、2017年2月以降の年と月が与えられている場合にプレミアムフライデーの日付を求めなさい。 解説 年と月が与えられている場合もさきほどの公式に当てはめて計算します。 年と月を参照しながら、計算式を入力します。 4.任意の日付から月末金曜を求める 問題 セルC2に2017年2月以降の任意の日付を入力して、セルD2に、同じ月のプレミアムフライデーの日付を求めなさい。 解説 任意の日付からその月の最後の日を求めるにはEOMONTH関数を使います。 翌月の1日は1を足すだけです。 これをプレミアムフライデーの公式に当てはめます。 セルC2に任意の日付を入力します。 計算式を入力します。 1日の日付を入力してその隣にプレミアムフライデーの日付を求めることができます。 (表示形式を変える) 5.別解:FLOOR関数を用いた計算方法 問題 さきほどの問題についてFLOOR関数で求めなさい。 解説 上記の計算方法のほかにFLOOR関数を用いる方法があります。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 解説 月末最終金曜日であるための条件は、その日が金曜日であることと、7日後が次の月にまたがることです。 その日がプレミアムフライデーであれば、その2つの条件を同時に満たしているはずです。 計算式を入力します。 TRUEまたはFALSEで判定できます。 6.テストに出る!重要公式まとめ.

次の

日付を入れるだけで“翌月10日”を自動表示【DATE関数】

エクセル 翌月末

請求日が15日までなら締め日はその月の月末、請求日が16日以降なら締め日は翌月の月末です。 ポイントは月末の日付の求め方です。 月末は30日だったり、31日だったり、月によって違いますが、EOMONTH関数を使えば、指定した月の月末の日付が表示できます。 ここでは、IF関数の引数に EOMONTH関数を指定し、今月末および翌月末を求めています。 また、F列の「支払日」は、E列の「締め日」の翌月末です。 こちらはEOMONTH関数で翌月の月末を表示します。 ピックアップ• ステップ・バイ・ステップでSDLプログラミングの初歩を解説• 「HMS」って何? Androidスマホと何が違うの?• どんなデバイスが、どのくらいネットワークを使っているのかをグラフィカルに可視化• 単年度でなく数年後も対応できる「GIGAスクール構想」実現を、低価格の10ギガ製品や無線LAN製品、長期保証で支援• Core i7-10875HにGeForce RTX 2080 Super with Max-Qは現時点で最新・最強• 今年度もSDLアプリコンテストを開催中! まずはSDLについて知ってみよう• クラウドネイティブな「Veeam Backup for Microsoft Azure」発売、マルチクラウド時代に備える選択• ユーザビリティーと冷却性能に注目、ゲームしやすいPCとは何かを追求したうえでの答え• ゲームにもコンテンツ制作にも不足なし!• 電波の弱い部屋を撲滅したい!• 7月2日全国発売です!!! 毎日45%ポイント還元アリの電子コミック「まんが王国」がお得感No. 1なワケ• 使い込むほどに実感する使い勝手と利便性の心地よさ• ゲームもテレワークも1台でこなしたい!• テレワーク推奨で俄然気になる家庭のパソコン選び• 第10世代コアCPUを搭載した人気モバイルノートの進化版がテレワーク機能を強化して登場• 「子どもにも一台持たせる環境」にベストなタブレットはこれ!• ストレージメーカーに聞くHDD取扱いの注意点• 多様化する働き方に合わせて使える機能満載• LAVIE開発者に聞くテレワークに特化した最強のプレミアムモバイルノート誕生の裏側• 日本の縮図となる都市で、補助金200万円と手厚いサポート• レノボのクリエイター向けデスクトップPC、プロ漫画家の目にはどう映る?• 余ったらどうする?足りなくなったら追加できる?• 人気のデュアル水冷シリーズに第10世代Core最強モデルが登場!• リフレッシュレート240Hzの液晶ディスプレーも搭載• 開発環境プリインストール済み!! このアクセス速度を体験したらもう戻れない• ノイズキャンセリングもコスパも強力!• NVMe SSDでOSやアプリの起動も高速!• 第10世代Coreにタッチパネルも入って約1. 32kg! 1日使えて、価格もお手頃• 週アス読み放題で、独自コンテンツ盛りだくさん.

次の