大宮 氷川 神社 初詣。 大宮氷川神社の初詣2020の参拝時間!ご利益や混雑は?屋台や駐車場は?

大宮「氷川神社」は総本山のパワースポット!【御朱印・アクセス・ご利益】

大宮 氷川 神社 初詣

<御祭神> 須佐之男命(すさのおのみこと) 稲田姫命(いなだひめのみこと) 大己貴命(おおなむちのみこと) <御由緒> 神社の略記によれば、今からおよそ二千有余年前の第5代孝昭天皇の時代に創立し、約1,200年前の聖武天皇の時代に、各国に一の宮の制度が確立されたとき、武蔵国一の宮に定められたと伝えられています。 確かな文献では、平安時代中期の延喜5年 905 に醍醐天皇が編纂を命じた法典である「延喜式神名帳」に、名神大社(古来より霊験が著しいとされる名神を祀る神社のこと)として記されています。 近年では、明治元年 1868 に明治天皇が行幸、御親祭し、国の鎮守勅祭の社と定められ、次いで明治4年に官幣大社に列せられました。 年々の例大祭には皇室よりの勅使が御差遣され荘重厳粛な祭儀が行われます。 また、氷川神社名の社は大宮を中心に、埼玉県下及び東京都下、神奈川県下に及びその数は280数社をかぞえます。 <社殿の沿革> 治承4年 1180 源頼朝が土肥次朗実平に命じて社殿を再建、文禄5年 1595 には徳川家康が伊奈備前守忠次を奉行として社頭を残らず造営させ、次いで寛文7年(1667)に徳川幕府四代将軍家綱が阿部豊後守を奉行として社殿の建立をしております。 以来幾度の御造営あって、現在の社殿は昭和15年 1940 の竣成で、流造りといわれる神社建築様式です。 <社頭風致> 神社は元神領の大宮公園を控え、広大な境内は約3万坪もあり、古杉や老松は悠久の歴史をしのばせます。 参道の長さは中山道の「一の鳥居」から約2km、県道2号ぞいの「二の鳥居」は高さ13mで、明治神宮より寄贈移築され、現存する木造の鳥居では関東で一番大きいと言われています。 境内には楼門、舞殿、神橋、神池もあり、四季折々に輪奐の美を極めています。

次の

大宮氷川神社の初詣の混雑と屋台の種類と周辺のお土産のおすすめは?

大宮 氷川 神社 初詣

今年(来年)の初詣の行き先は決めていますか? オススメの初詣のスポット「大宮氷川神社」をご存知でしょうか? 大宮氷川神社は埼玉県さいたま市大宮区にあり、正式名称を「武蔵一宮氷川神社」と言います。 縁結びにを司る夫婦神と、商売繁盛を司る子供の神が祀られており、「縁結び」「結婚運」「家庭運」「仕事運」「商売繁盛」にご利益があるとされています。 あらゆる縁を結ぶ神社としてとても有名でもあります。 参拝者数が全国ベスト10に入り、200万人を超える人気ぶりなんです。 そんな大宮氷川神社の初詣の情報を早速ご紹介します!参拝時間や期間について、混雑状況、出店・屋台情報や駐車場、おすすめのお守りなど詳細をお伝えします! Contents• 大宮氷川神社 初詣 2017:参拝時間、期間 大宮氷川神社に初詣に行くにあたって大事なのが、参拝時間と期間ですね。 【参拝時間】 ・12月31日 6:00〜1月1日22:30 ・1月2日 6:00〜22:00 ・1月3日 6:00〜21:30 ・1月4日〜1月6日 6:00〜21:00 ・1月7日 6:00〜20:00 1月8日からは通常営業で6:00〜17:00に戻ります。 初詣の期間は営業時間が変わっている12月31日から1月7日の間と考えます。 大宮氷川神社 初詣 2017:混雑状況 埼玉県では1番人気の初詣のスポットでもある大宮氷川神社。 例年200万人を超える参拝者数が訪れるほどの人気ぶりなので、どれだけの混雑状況なのか気になるところですよね? 混雑状況が1番のピークを迎えるのが12月31日の23:00〜1月1日の3:00頃です。 この時間帯は待ち時間が2時間ほどかかるそうで、寒い中で待機しなければいけません。 1月1日〜1月3日の9:00〜17:00の時間帯も結構な混雑状況なので落ち着いて初詣がしたい方は避けた方がいいかと思います。 また、混雑状況が落ち着いているのが4:00〜8:00の早朝です。 人が基本的に活動しないような時間が良いようです。 大宮氷川神社 初詣 2017:出店・屋台 初詣のお楽しみといえば、出店・屋台ですよね!大宮氷川神社にはどのような出店・屋台があるのかご紹介します。 焼きまんじゅう 甘辛い味噌ダレで濃厚な味わい。 ふっくら柔らかなまんじゅうと相性抜群! 大判焼き 「あんこ」「クリーム」「チョコ」「チーズ」「抹茶」と種類が豊富。 焼きたてが1番に美味しいので、ぜひ焼きたてを食べていただきたいです。 3が日中はわりと遅くまでやっているようです。 4日を過ぎると出店・屋台の数が減って来るので、3が日中に行くのがオススメですよ。 焼きまんじゅうの「甘辛濃厚な味噌ダレ」と言うだけで食欲がそそられます。 大判焼きも熱々の焼きたてを食べたら、寒さなんて吹っ飛びますよね! スポンサードリンク 大宮氷川神社 初詣 2017:駐車場 大宮氷川神社への初詣に車で行こうかと考えている方もいると思います。 駐車場の情報もこちらで紹介しますね。 大宮氷川神社には駐車場がありますが、混雑を避けるために初詣の期間は利用ができなくなっています。 第1、第2駐車場は1月7日まで。 西側駐車場は1月3日まで。 そのため、車で来る方は周辺の駐車場の利用となります。 オススメの駐車場はこちら。 【大宮公園パーキング】 【市営大宮駐車場】 ぜひ参考にしてみてください。 大宮氷川神社 初詣 2017:お守り 大宮氷川神社へ初詣に行った際には、是非お守りも買って行ってもらいたいと思います。 様々な種類のお守りがあり、「縁結び」「学業守」「厄除守」の他に正月限定で「干支板守」も販売されています。 初詣の期間の授与所の営業時間はこちら。 【授与所の営業時間】 1月1日 8:30〜21:30 1月2日 8:30〜21:00 1月3日 8:30〜19:00 1月4日 8:30〜18:00 1月5日〜1月7日 8:30〜17:30 初詣の期間は遅くまで営業しているようなので、安心ですね。 まとめ さてさて、私のオススメの初詣のスポット「大宮氷川神社」について一通りの情報をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか? 人と人の縁を重んじる神社なので、「仕事でうまく行かないなぁー」なんて人はぜひ行ってもらいたいと思います!大宮氷川神社に初詣に行って、気持ちよく1年を過ごせますように…。 スポンサードリンク.

次の

大宮氷川神社の御朱印とアクセス!参拝のご利益や歴史についても!

大宮 氷川 神社 初詣

<御祭神> 須佐之男命(すさのおのみこと) 稲田姫命(いなだひめのみこと) 大己貴命(おおなむちのみこと) <御由緒> 神社の略記によれば、今からおよそ二千有余年前の第5代孝昭天皇の時代に創立し、約1,200年前の聖武天皇の時代に、各国に一の宮の制度が確立されたとき、武蔵国一の宮に定められたと伝えられています。 確かな文献では、平安時代中期の延喜5年 905 に醍醐天皇が編纂を命じた法典である「延喜式神名帳」に、名神大社(古来より霊験が著しいとされる名神を祀る神社のこと)として記されています。 近年では、明治元年 1868 に明治天皇が行幸、御親祭し、国の鎮守勅祭の社と定められ、次いで明治4年に官幣大社に列せられました。 年々の例大祭には皇室よりの勅使が御差遣され荘重厳粛な祭儀が行われます。 また、氷川神社名の社は大宮を中心に、埼玉県下及び東京都下、神奈川県下に及びその数は280数社をかぞえます。 <社殿の沿革> 治承4年 1180 源頼朝が土肥次朗実平に命じて社殿を再建、文禄5年 1595 には徳川家康が伊奈備前守忠次を奉行として社頭を残らず造営させ、次いで寛文7年(1667)に徳川幕府四代将軍家綱が阿部豊後守を奉行として社殿の建立をしております。 以来幾度の御造営あって、現在の社殿は昭和15年 1940 の竣成で、流造りといわれる神社建築様式です。 <社頭風致> 神社は元神領の大宮公園を控え、広大な境内は約3万坪もあり、古杉や老松は悠久の歴史をしのばせます。 参道の長さは中山道の「一の鳥居」から約2km、県道2号ぞいの「二の鳥居」は高さ13mで、明治神宮より寄贈移築され、現存する木造の鳥居では関東で一番大きいと言われています。 境内には楼門、舞殿、神橋、神池もあり、四季折々に輪奐の美を極めています。

次の