アセト アミノ フェン 鎮痛 剤。 アセトアミノフェン

イブプロフェンのない、アセトアミフェン配合の市販頭痛薬・鎮痛剤のおすすめは?【新型コロナ対策】

アセト アミノ フェン 鎮痛 剤

記事の内容• 回答:効果が強めの『ロキソニン』、インフルエンザの時や子ども・妊婦でも使える『カロナール』 『ロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)』と『カロナール(一般名:アセトアミノフェン)』は、どちらも熱や痛みを和らげる「解熱鎮痛薬」です。 『ロキソニン』の方が痛み止めとして強力で、また炎症を抑える効果もあります。 『カロナール』は、 や ・妊婦でも使える解熱鎮痛薬です。 また、、という傾向があるため、体質によって使い分けることもあります。 これは、実際に各種NSAIDsと比較した臨床試験でも確認されています2,3,4 また、『カロナール』には 抗炎症効果もほとんどありません2。 1 カロナール錠 インタビューフォーム 2 Korean J Fam Med. 33 5 :262-71, 2012 PMID: 3 Cochrane Database Syst Rev. 2013 Dec 12; 12 :CD004624. PMID: 4 Am J Dis Child. 146 5 :622-5, 1992 PMID: そのため、『カロナール』では痛みが治まらない場合や、には『ロキソニン』などのNSAIDsを使うのが一般的です。 効果の差を生む、『ロキソニン』と『カロナール』の作用の違い 『ロキソニン』などのNSAIDsは、「シクロオキシゲナーゼ(COX)」を阻害し、痛み・発熱・炎症の原因物質(プロスタグランジン)を減らすことで効果を発揮します5。 『カロナール』にこの「COX阻害作用」はほとんどなく、中枢に作用して、痛み・発熱を和らげると考えられています1。 一方、『ボルタレン』や『バファリン(一般名:アスピリン)』、『ポンタール(一般名:メフェナム酸)』といったがあるため、 インフルエンザの際には禁忌とされています7。 6 日本小児神経学会 「インフルエンザ脳症はどうしたら予防できますか?」 7 厚生労働省 インフルエンザ脳症ガイドライン(改定版) 『ロキソニン』でも同様のリスクが上昇するかどうかははっきりとわかっていませんが、以下の理由から、大人であってもインフルエンザの疑いがある場合には、『カロナール』を選ぶのが無難です。 なお『カロナール』では熱や痛みが治まらない場合には、や、5歳から使える『ブルフェン(一般名:イブプロフェン)』などが選択肢になります。 しかし、 妊娠後期(12週以降)には『ロキソニン』などのNSAIDsが胎児の血管系に悪影響を及ぼす恐れがあるため、禁忌とされています9。 一方、『カロナール』は先天異常のリスクを高めることもなく10 、全期間を通して安全に使用できるため、妊娠中の解熱鎮痛薬として最も優先的に選ばれています。 でも、 最も安全性の高い【A】と評価されています。 9 日本産科婦人科学会 「産婦人科診療ガイドライン-産科編2017」 10 Am J Obstet Gynecol. 198 2 :178. e1-7, 2008 PMID: 授乳中はどちらの薬でも良い 『ロキソニン』と『カロナール』は、どちらも授乳中には安全に使える薬とされています11。 若い女性には、妊娠・授乳中どちらも安全に使える『カロナール』を選ぶ機会が多いですが、『ロキソニン』もヒトでは母乳中へほとんど以降しないことが確認されています12。 11 国立成育医療研究センター「授乳中に安全に使用できると考えられる薬」 12 医療薬学. 40 3 :186-92, 2014 先述の通り『カロナール』の鎮痛効果はやや弱めな傾向にあります。 痛みなどの状況によっては『ロキソニン』を選ぶことも視野に入れて考える必要があります。 そのため、傾向にあります。 一方、『カロナール』は胃にはやさしいですが、ことがあります1。 こうした特徴から、胃や肝臓が弱っている人や内臓に持病のある人では、その体質によって使い分けが必要な場合もあります。 薬剤師としてのアドバイス:同じ解熱鎮痛薬でも、状況によって使い分ける 『ロキソニン』は頭痛や生理痛などに広く使われている解熱鎮痛薬ですが、病気や年齢、妊娠などの状況によっては『カロナール』を選んだ方が良いこともあります。 どちらも頓服薬として処方されることが多く、、必ず医師・薬剤師に相談の上で使うようにしてください。 、痛みの原因をはっきりさせるために一度病院を受診するようにしてください。 病院で処方された薬だけでなく、普段よく使う市販薬についてもお薬手帳などに記載し、必ず医師・薬剤師に伝えるようにしてください。 ポイントのまとめ 1. 『ロキソニン』などのNSAIDsは、解熱・鎮痛・抗炎症効果は高い 2. 『カロナール』は、インフルエンザの時や子ども・妊婦でも使える 3. 『カロナール』はこれらNSAIDsとは作用が異なるため、厳密にはNSAIDsには分類されず、ガイドライン等でも「NSAIDsやアセトアミノフェンは」と個別に分けて表記されています。 ただし、使う目的がほとんど同じため、一緒に扱われることもあります。 坐薬の方が速く効くようなイメージを持つ人は多いですが、 実際の解熱効果はどちらでも変わらないことが報告されています13,14。 そのため、通常は飲み薬(経口投与)、吐き気などの問題で内服が難しい場合には坐薬(直腸投与)を使うのが一般的です。 13 Arch Pediatr Adolesc Med. 162 11 :1042-6, 2008 PMID: 14 J Pediatr Rio J. そのため、オピオイド鎮痛薬の「トラマドール」と相乗効果が発揮されることが確認されています16。 15 Proc Natl Acad Sci USA. 96 13 :7563-8, 1999 PMID: 16 Pain. 139 1 :190-200, 2008 PMID: です。 本記事は、2016年3月30日の「MEDLEYニュース」にも寄稿しました。

次の

インフルエンザにはアセトアミノフェン!市販の解熱剤の成分を解説

アセト アミノ フェン 鎮痛 剤

分類 商品名 一 般 名 特 徴 特徴的副作用 酸性 ピリン系 メチロン スルピリン - ピリン過敏症の人は禁忌。 非ピリン系 ピリナジン アセトアミノフィン 少量で抗血小板凝集阻害作用。 大量投与により、耳鳴り、めまい。 サリチル酸系 バファリン アスピリン 少量で抗血小板凝集阻害作用。 大量投与により、耳鳴り、めまい。 Reye症候群。 フェナム酸系 ポンタール メフェナム酸 鎮痛効果が強い。 下痢、溶血性貧血。 酢酸系 インドメタシン系 インダシン インフリー ランツジール ミリダシン インドメタシン インドメタシンファルネシル アセメタシン プログルメタシンマレイン酸塩 抗炎症効果が強い。 剤形豊富。 胃腸障害、腎障害多い。 頭痛、めまい、無菌性髄膜炎。 急激な体温低下を起こすことがある。 副作用が多い。 フェニル酢酸系 ボルタレン ナパノール ジクロフェナックナトリウム フェンブフェン その他 クリノリル スリンダク ピラノ酢酸系 ハイペン エトドラク COX-2を優位に阻害。 副作用少ない。 プロピオン酸系 ブルフェン ミナルフェン ロキソニン ナイキサン アルボ メナミン スルガム イブプロフェン アミノプロフェン ロキソプロフェンナトリウム ナプロキサン オキサプロフェン ケトプロフェン チアプロフェン酸 鎮痛、解熱、抗炎症作用をバランスよく有する。 リウマチ性疾患の第一選択薬。 胃腸障害が少ない。 オキシカム系 フェルデン フルカム ロルカム チルコチル モービック ピロキシカム アンピロキシカム ロルノキシカム テノキシカム メロキシカム 作用時間が長い。 鎮痛効果が強い。 副作用多い。 塩基性 ソランタール パラミジン チアラミド ブコローム 効果が弱い。 副作用が少ない。 - 非麻薬性鎮痛剤 クリスピン レペタン ソセゴン 塩酸ドラマドール 塩酸ブプレノルフィン ペンタゾシン オピオイド受容体に作用し麻薬と同じように強い鎮痛作用がある。 耽溺性、習慣性などが少ない。 大量連用により、薬物依存。 禁断症状に注意。

次の

イブプロフェンとアセトアミノフェンの併用は大丈夫?

アセト アミノ フェン 鎮痛 剤

特徴 [ ] アセトアミノフェンはやなどの NSAIDs と異なり、抗炎症作用はほぼ有していない。 正常な服用量では、血液凝固、あるいはの収縮などの影響が少ない。 と異なり、興奮、眠気などの副作用と、、は観察されない。 NSAIDsに起因する「」罹患者への投与はである。 用途 [ ] 医療用 [ ] として多く頓服処方されている。 、、、、、、、、、、、、小規模から中規模な手術後などの鎮痛目的で使用される。 解熱鎮痛薬の中では副作用が最も少ない部類に入る(副作用がないわけではない)ため、多くの疾患で第一選択薬として使用されている。 では解熱鎮痛剤として、アセトアミノフェンが推奨されている。 (系統のものは、出血傾向やを助長することからである。 ) 日本ではの整備前より使用されており、先発品は存在しない。 として、やが販売される。 としてはアセトアミノフェン単剤として「カロナール」をが販売している。 また、、、無水合剤の「SG配合顆粒 1g」をが販売している。 水溶性が極めて低いため、消化器疾患で内服不可能な患者には投与が難しかったが、2013年11月、が静脈注射製剤として「アセリオ」(ガラスバイアル製剤)を発売、2017年2月には「アセリオバッグ」(プラスチック製のソフトバッグ製剤)を発売した。 その他の用途 [ ] で生態系へ悪影響を及ぼしているの駆除にも効果があるとされる。 副作用 [ ] 肝障害 [ ] アセトアミノフェンは COX 活性阻害が弱くNSAIDsに見られるような胃障害の副作用が発生する頻度は低いが、の発症頻度が高まる恐れから、アセトアミノフェンを325以上含有する医薬品の処方中止を、2014年にがした。 米国ではアルコールに次いで2番目に多い肝硬変の原因物質である。 特に小児がアセトアミノフェン製剤の糖衣錠やシロップ薬を誤って過量内服する例が目立つ。 大量服用だけでなく少量の服用でも急性肝炎を発症する事がある。 また重篤な肝障害を有する患者には禁忌で、アセトアミノフェン4. 8をと一緒に服用し、急性肝不全で死亡した事例が1989年に報告される など、アルコール多量常飲者への投与は注意を要する。 犬や猫(特に猫)は能が低く、アセトアミノフェンを少量摂取しても中毒するため、アセトアミノフェン含有の解熱鎮痛剤を、犬や猫に投与してはならない。 ただし、一般的な風邪やインフルエンザのような短期使用の場合、投与量、投与期間は限られているため、副作用としての肝機能障害が問題になることはほとんどない。 過量服用時の治療には、独特のノモグラム を参照してアセチルシステインの投与量を決定する。 服用量に対応して肝細胞内のグルクロン酸の枯渇はある程度予測でき、それを補充することで肝障害をある程度予防することができるからである。 その他の副作用 [ ]• 顆粒球減少、血小板減少• 悪心、嘔吐• 喘息発作• 、間質性腎炎 オハイオ大学の調査にて、服用に伴い痛みの鎮静に加え、感情が希薄になることなどが伝えられている。 作用機序 [ ] アスピリンと同様にCOX活性を阻害することでの産生を抑制するが、その効果は弱い。 解熱・鎮痛作用はCOX阻害以外の作用によると考えられているが、詳細は不明である。 2002年に脳内で痛みの知覚に関与するシクロオキシゲナーゼ3 COX3 が発見され、アセトアミノフェンがこのCOX3を特異的に阻害することで鎮痛効果を発現すると考えられた時期もあったが、アセトアミノフェンの鎮痛効果発現メカニズムとCOX3阻害効果を結びつけることは非常に困難であることが明らかになってきた [ ]。 にZygmuntらにより、アセトアミノフェンの代謝物であるp-アミノフェノールが肝臓主体で産生された後に、大部分が脳内に、また、ごく一部は脊髄に移行しアラキドン酸と結合することで、N-アシルフェノールアミンを合成することを見いだした。 このN-アシルフェノールアミンが鎮痛作用を示す源となる可能性を報告している。 2011年の日本薬局方解説書には、アセトアミノフェンは系の阻害効果はほとんど持たず、の体温調節中枢に作用して表在毛細血管を拡張させることにより解熱作用を発揮するとされている。 鎮痛作用は、およびに作用し、痛覚閾値を上昇させる経路によると推定するとされる。 代謝経路と解毒 [ ] 経口投与では内服後30-60分で血中濃度が最高となる。 一部は肝臓のによってNAPQI(N-acetyl-p-benzoquinone imine または N-acetylimidoquinoneとも呼ばれる)に転換される。 NAPQIは毒性が高いが直ちにグルタチオン抱合を受けて無毒の ()とされ尿中に排泄される。 しかし、肝細胞内のグルタチオンが払底してしまうとNAPQIが肝細胞内の蛋白質や核酸と結合するため肝細胞が障害される。 そのため、アセトアミノフェンを多量に摂取すると肝臓毒性が現れる。 例えば、常習の飲酒のためにシトクロムP450の活性が上昇している場合には、アセトアミノフェンの接取量が少なくても中毒になりやすくなる。 アセトアミノフェン中毒に対してはグルタチオンの前駆物質であるを使用する。 グルタチオンを直接投与しても肝細胞には取り込まれないためである。 アセチルシステインはアセトアミノフェン服用後8時間以内に投与する必要があるが 、24時間以内の投与でも肝障害は抑制できないものの肝性昏睡を回復させ生命予後を改善する効果がある。 合成法 [ ]• Mangus, Brent C. ; Miller, Michael G. 2005. Philadelphia, Pennsylvania: F. Davis. Aghababian, Richard V. 22 October 2010. 814. World Health Organization 2015年4月. 2011年12月8日閲覧。 テルモ 2017年2月24日. 2020年4月24日閲覧。 全日本民医連 2019年9月17日. 2020年4月24日閲覧。 Pocket Medicine 7th ed. 安永満、松田彰史、村田誠 ほか、 肝臓 1985年 26巻 4号 p. 493-499, :• 清水勝 ほか「」第30巻第6号、1989年、 :。 MSDマニュアル プロフェッショナル版. 2020年3月6日閲覧。 Biol. Chem. 280 36 : 31405—12. 193 2001. Ellis, Frank 2002. Paracetamol: a curriculum resource. Cambridge: Royal Society of Chemistry. Anthony S. Travis 2007. In Zvi Rappoport. The chemistry of Anilines Part 1. Wiley. 764. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の