ファミレス ダイエット。 【バイキング】ホンマがファミレスダイエットに挑戦!1週間で

【ファミレスでダイエット】おすすめ人気メニューランキング!ガスト・ジョイフル・デニーズ・ジョナサンを徹底比較!

ファミレス ダイエット

ダイエット中のランチのコツは、 なるべく栄養よく食べる事です。 これは、ランチをお弁当にしても外食にしても言える事です。 ランチは、そこまでカロリーを押さえなきゃいけないものではありません。 なぜなら、 多くの人が朝ごはんをあまりたくさん食べていないからです。 朝ごはんを抜いている人もいますし、 コーヒーだけ飲んでいるという人もいます。 きちんと朝ごはんを食べている人でも、夕食のようにたっぷりとカロリーをとっている人はいません。 また、 昼ご飯を食べてもすぐに寝るわけではなく、夜までのエネルギーをチャージしなければいけません。 だから、そこまでカロリーを気にしなくてもいいんです。 カロリーを気にしない代わりに、栄養バランスよく食べるようにしましょう。 特に外食すると、ビタミンなどの野菜が不足する場合が多いです。 そのため、カロリーよりも栄養バランスがいい食事を心がけるのが、ダイエット中のランチのコツです。 なるべく脂肪分が多い食事を避けて、栄養バランスよく食べるような献立を意識するとダイエットに効果的です。 美しく痩せるためには、昼ご飯を抜くのはダメです。 きちんと栄養バランスを考えないと、ダイエット中に便秘になったり肌荒れしたりと醜く痩せていきます。 ダイエット中のランチを外食でする場合の注意点は? ダイエット中のランチを外食でする場合の注意点は、 なるべくメニューにカロリー表示がされているお店を選ぶ事です。 ダイエット中でもまだ寝るまでに時間があるランチはカロリーをあまり気にしなくてもいいんですが、 外食すると余分なカロリーを摂取してしまいがちです。 だから、カロリー表示があるメニューであまり余分なカロリーをとらないようにしましょう。 ファミリーレストランのように、大手のチェーン店ならば最近はカロリー表示されているところが多いです。 しかし、 まだまだカロリー表示をされていないレストランはビジネス街でもたくさんあります。 そういった場合は、牛肉ステーキよりも鶏肉で作った親子丼、ハンバーグよりも魚料理などのなるべくカロリーを押さえてありそうなメニューを選ぶといいです。 揚げ物よりも焼き物、焼き物よりも煮物がいいです。 そして、ランチを注文して運ばれてきるまでの間にお茶やお水を飲んでお腹を落ち着かせましょう。 もしくはランチ前に炭酸水などを飲んでから出かけても良いかもしれません。 ダイエット中のランチを外食でする場合の注意点は、カロリーを気にする事です。 基本的に、洋食よりも和食の方がカロリーが控えめです。 だから、レストランを選ぶ時はなるべく和食のレストランにするとカロリーを控えめにできます。 理想的なランチメニューは? ダイエット中のランチの理想的なメニューは和食だと書きました。 しかし和食でも、カロリーが低いか高いかは料理によって違います。 和食でもコロッケ定食やハンバーグ定食などは洋食に近いため、カロリーが高めです。 そこで、ダイエット中のランチの理想的なメニューをもっと具体的に書いていきます。 ダイエット中のランチで理想的なメニューは、焼き魚定食です。 ご飯、味噌汁、焼き物、サラダや煮物などのメニューが理想的です。 こういったメニューならば、主食である炭水化物と主菜、副菜がきちんと取れていますので、バランスがいいです。 しかも煮物が中心で、焼き物は魚だけなのでカロリーが押さえられます。 魚は肉よりもカロリーが低く、ダイエット中のいい味方です。 焼き魚の種類がたくさんあるようならば、干物などのなるべく脂身が少ない魚を選びましょう。 また、味噌汁は豆腐とワカメなどのカロリーが低いものだとよりいいです。 しかし、味噌汁の具は基本的にカロリーが低いのでそこまで気は使わなくていいです。 ご飯はできれば白米ではなく、玄米、五穀米や麦かが入ったご飯が理想的です。 白米よりも栄養が高く噛みごたえからです。 そして外食などでご飯を少なめにできるならば少なめにしましょう。 コンビニで済ます時の注意点は? ダイエット中でも仕事や家事はいつも通りにこなさなければいけないため、忙しい時はランチをコンビニで済ます人も多いでしょう。 また、普段からコンビニでランチを済ます人もいます。 ダイエット中のランチをコンビニで済ます時の注意点は、栄養が偏ってしまう事です。 外食やお弁当でランチをする場合は、多少なりとも主食やおかずなどのバランスがとれた献立が食べれます。 しかしコンビニでランチを買う場合は、主食だけ買うなどの偏った食事をしてしまう時もあります。 例えば、 ランチにおにぎりとパン、パンと唐揚げなどで済ませてしまう人も多いのではないでしょうか? これだと、 栄養バランスが悪いです。 主食である炭水化物は体に大切ですが、摂取しすぎてしまうと炭水化物は脂肪として蓄えられてしまいます。 また、パンと唐揚げだと野菜がありません。 そして、カロリーオーバーにもなってしまいます。 だからダイエット中のランチをコンビニで済ます時の注意点は、なるべく栄養バランスを考えてランチを選ぶ事です。 サンドイッチとサラダ、のり弁当とサラダなどのサラダがコンビニのお弁当では不足しがちなので、 サラダなどの野菜をプラスアルファで買いましょう。 サラダが苦手ならば、煮物を置いてあるコンビニも多数あります。 そして、パンよりもおにぎりを選ぶようにしましょう。 外食をするとどうしてもカロリーが多めになってしまうので、できればダイエット中はお弁当を手作りする方が良いでしょう。 まとめ ランチを外食するとどうしても高カロリーになりがちになってしまうので、外食ランチをする日は朝もしくは夜の食事でカロリー調整することをおすすめいたします。

次の

【糖質制限】外食時はサイゼリヤ!注文の裏技・高たんぱく低糖質メニュー11選!

ファミレス ダイエット

チェーン店は糖質の罠がたっぷり!! ファミレスやファストフード店、居酒屋にカフェなど。 私たちの周りには、外食チェーン店がたくさんありますよね。 安くて早くて美味しいものが食べれるので、忙しくて自炊が出来ない時、時間がないランチタイム時など、これらのチェーン店はとても重宝します。 何を食べるか、どんな栄養素が必要かきちんと考えて選ぶことが、とても重要! とはいえ、外食を全くしないのは、なかなか難しいですよね? それなら、 ダイエット中に向いているお店に行き、メニュー選びのコツさえわかれば、すぐに改善出来ます。 しかし、サイゼリアドレッシングにはかなりの糖質やカロリーが含まれている為、ダイエット中には控えたいところ。 実は、サイゼリヤでは 【ドレッシングなし・ドレッシング少なめ・ドレッシング別・オリーブオイルドレッシングに変更】という選択が可能。 ドレッシングなしとオーダーして、オリーブオイルと塩コショウを貰い、自分で味付けするのが一番おすすめです。 冷菜の場合、ソースが味の決め手になる為「なし」では、あまりに味気なくなってしまいます。 その為、 「ソース少なめ」のオーダーがおすすめです。 通常エクストラバージンの基準酸度が0. 25~0. ドリアやパスタに比べたら糖質は少ないものの、あまりオススメは出来ません。 ファミレスのハンバーグは、価格を抑える為に、 多くのつなぎや添加物が含まれることが多く、見た目以上に糖質を摂ってしまう場合があるからです。 また、サイゼのメイン鉄板料理には、必ず「ポテト・コーン」のガロニが付いてきます。 これらは糖質の多い食材なので、 注文時に『付け合わせなしで!』と伝えると、残さなくて良いのでオススメですよ。 ダイエット中に気になるカロリー(メニューによっては炭水化物量・脂質も)、ダイエットをサポートしてくれる栄養素や食べ方なども合わせてご紹介していきます。 リニューアルメニューの糖質や脂質等の栄養情報は、現在調査中! チキンとブロッコリーのサラダ 349円 税込• カロリー:182kcal 【ダイエットメモ】 チキンとブロッコリーのサラダは サラダながら、「たんぱく質」が10g以上含まれる優秀な一品。 メインのささみには「ビタミンB群・A」などが豊富に含まれ、疲労回復にも有効な「ナイアシン」が多いのも特徴! ブロッコリーは、特にビタミンCを多く含みます。 わかめとオクラのサラダ 349円 税込• カロリー:143kcal 【ダイエットメモ】 定番のわかめサラダが、オクラ入りでリニューアル! わかめは、ミネラルが豊富な海水を吸収して育つので、 「マグネシウム」「カリウム」「亜鉛」などのミネラルをたくさん含んでいます。 また、わかめとオクラには、普段の食生活で摂りにくい 「水溶性食物繊維」が非常に豊富で、 お通じの改善にもおすすめのメニューといえます。 彩りイタリアンサラダ 349円 税込• カロリー:257kcal 【ダイエットメモ】 彩りイタリアンサラダは、 一品でさまざまな食材や栄養が摂れるサラダ。 たっぷり削られたペコリーノチーズが特徴。 ペコリーノチーズは羊の乳を原料としたチーズで、塩分が多めに使用されているので、塩気が強い。 そのため、 ドレッシングが少なめの使用で良いでしょう! 具材の パプリカには、 むくみ改善をサポートする「カリウム」が豊富に含まれています。 小エビのサラダ 349円 税込• カロリー:126kcal 【ダイエットメモ】 大人気!サイゼの小エビのサラダ。 メイン食材の 小エビの身は、90%以上が水分とたんぱく質で、 糖質や脂質はほとんど含まれていません。 つまり糖質制限ダイエットにはピッタリな食材なのです。 また、エビには、栄養ドリンクにも含まれる 「タウリン」という成分が含まれ、 滋養強壮・疲労回復などの効果があるといわれています。 セロリのピクルス 199円 税込• カロリー:52kcal• 炭水化物:3. 脂質:0g 【ダイエットメモ】 食材のセロリの注目する成分は、ミネラルの一種である 「カリウム」。 余分な塩分を水分と共に排出する機能があるため、 むくみ予防や改善に効果的と報告されています。 また、ピクルスはお酢が使われており、セロリ自体の 食物繊維も豊富なことから、 食後の血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。 是非、他のメニューを食べる前にお召し上がりください。 フレッシュチーズとトマトのサラダ 299円 税込• カロリー:203kcal• 炭水化物:3. 脂質:18g 【ダイエットメモ】 こちらもグリーンが加わって、リニューアル! 具材に使われているフレッシュチーズは、製造過程で砂糖や塩などを加えないため、 他のチーズに比べ低カロリー。 また、フレッシュチーズは 「高たんぱく・高アミノ酸・高カルシウム・高ビタミン」という、糖質制限中の方にはピッタリな優秀食材なんです。 カロリー:374kcal• 炭水化物:11. 90g• 脂質:23. 6g 【ダイエットメモ】 サイゼの前菜では、人気ナンバーワンという辛味チキン。 ジューシーで香ばしく、お酒のおつまみにもピッタリな一品ですよね。 実は、このメニュー揚げているのではなく、 オーブンで焼いているので意外にも油っぽくはない。 また、 軟骨や骨の周辺の部位を使用しているということもあり、 血管や皮膚を丈夫にする「コラーゲン」がたっぷり含まれ、「ビタミンA」も多いことがわかっています。 ほうれん草のソテー 199円 税込• カロリー:123kcal• 炭水化物:4. 68g• 脂質:10. 8g 【ダイエットメモ】 メインのほうれん草に含まれる、代表的な栄養素は「鉄分」。 たんぱく質が少ないこちらのメニューには、是非半熟卵トッピング(268円)を! 卵は「完全栄養食品」とも言われ、 なかでも「ビタミン類・アミノ酸・ミネラル」がバランスよく含まれているのが特徴です。 リブステーキ 999円 税込• カロリー:606kcal• 炭水化物:17. 脂質:39. 6g 【ダイエットメモ】 食材のリブロースは、赤みと脂肪のバランスが良くとっても美味しい部位。 しかし、若干カロリーが高い食材ともいえます。 でもご安心を。 若鶏のグリル ディアボラ風 499円 税込• カロリー:525kcal• 炭水化物:21. 脂質:35. 3g 【ダイエットメモ】 ディアボラ風とは、香味野菜やオイルなどの野菜たっぷりのソース。 サイゼのこのソースが好き!という方も多いのではないでしょうか? 玉ねぎなどの香味野菜に含まれるツーンと鼻にくる成分は、 血液サラサラ効果や、血中の余分な糖や脂質を減らす働きがあるといわれます。 また、若鶏のグリルに使用されている鶏肉の部位は、もも肉です。 カロリー:628kcal• 炭水化物:19. 脂質:37. 3g 【ダイエットメモ】 鶏肉は代謝を高め、体を活発に動かしたり、疲労を回復させるパワーがあるといわれます。 さらにチーズをプラスすることで、 現代人に不足しがちな「カルシウム」もたっぷり摂ることが出来る。 そのチーズの吸収率は、他の食品に比べると高く、カルシウムを摂取するには最適な食品といえるでしょう。 たっぷりチーズと濃厚なトマトソースで、単品であっても 食べた時の満足感が高いのが嬉しいポイント! サイゼを食べてもダイエットを成功させたいなら? イタリアンの太りにくい食べ方や、サイゼのメニューをご紹介してきました。 しかし、イタリアンは高カロリーで、パスタやピザは糖質がたっぷり・・・。 やっぱりダイエット中には食べずらいけど、 「ガッツリサイゼで食べたい!」 そんな方におすすめしたいのが ・・・ ・・・・ 食後の 血糖値や 中性脂肪の上昇をおだやかにする。 なんと食後、 中性脂肪上昇量を約40%、血糖値上昇量を約7%抑える機能が報告されています。 なんと今なら、 初回限定990円(送料無料)で購入いただけます!! まとめ• サイゼリヤは工夫次第で、糖質制限中にはぴったりの外食。 ドレッシングなし・少なめを選択。 ガロニは最初から頼まない。 高タンパク低糖質メニューを選ぼう。 サプリメントで糖質を気にせず食べる事も可能。 サイゼリアには、意外にも多くの糖質制限にオススメのメニューがありました。 価格も安価なので、組み合わせて食べても、あまり負担にならないことも嬉しいですね! サラダ+メイン・前菜+メインなど、栄養のバランスが良く食べられるように、自身で工夫することがポイントにもなります。

次の

「糖質制限ダイエット」中でも安心のファーストフード&ファミレスメニュー集(1/3)

ファミレス ダイエット

2019年1月10日• ファミレスはダイエットの味方? ファミレスのメニューをよくよく見ると、必ずカロリーが記載されています。 最近では脂質・糖質・塩分なども記載されている店もあり、摂取量をあらかじめ意識してメニューを選ぶことができますね。 カロリーおよび糖質制限をしているとき、非常に役に立ちます。 上手にファミレスのメニューを選ぶコツ! 1. 肉料理は素材の形が残っているもの チーズハンバーグやステーキ、グリルチキン…。 ファミレスには魅力的な肉料理のメニューが並んでいますよね。 しかし、ハンバーグをはじめ、素材の形がわからなくなっているものほど、実は油が多かったり、混ぜているものがあったりして、カロリーが高くなりがちなのです。 ポークソテーやグリルチキンなど、素材の原型がわかる料理の方が、低カロリー・低糖質で高タンパク質な傾向にありますよ。 ソース&ドレッシングは別添え カロリーが増える要因の一つに、ステーキ・ハンバーグのソース類とサラダのドレッシングがあります。 別添えのものを注文するか、店員さんに別添えをお願いしましょう。 なお、サラダバーを実施しているファミレスも多いですよね。 野菜をたっぷり摂取できるため、サラダバーはおすすめですが、ドレッシングを使い過ぎないよう気を付けましょう。 サイドメニューを上手に活用 おつまみメニュー、というような名でも載っているサイドメニュー。 ほうれん草のソテーや温野菜のサラダ、冷奴やたこのカルパッチョなど、メインにはならないものの、低カロリー・低脂質・高タンパクの、三拍子が揃ったメニューを見つけることができます。 サイドメニューを組み合わせ、その日の自分の食事に合せた特製メニューを作ってみてもいいですね。 健康メニューを見つける 各ファミレスには必ず3品以上、健康を意識したメニューがあります。 例えば、1日分の野菜を使用した定食、30品目以上を摂取できるサラダなどです。 脂質を抑えた肉料理やスーパーフードを使用したデザート、低糖質パンや雑穀米など、健康志向のメニューも増えてきていますので、ぜひ試してみましょう。 ファミレスで危険なメニューは? 実は「軽食」だと思いがちな、パスタ系がとっても危険。 ボロネーゼやトマトソース、カルボナーラなどは野菜が少なく、80~100gほど使われているパスタとたっぷりのソースが、糖質と脂質、カロリーを上げてしまうのです!グラタンやドリアも同じ理由で注意したい料理。 デザート系では、アイスや生クリームの乗ったパンケーキ、ワッフル系も、脂質が高いメニューとなています。 まとめ ファミレスは上手にメニューを選べば、強いダイエットの味方になります。 カロリーと脂質に気を付けることで、バランスの良い食事を目指せます。

次の