飛び降り自殺 確実。 飛び降り自殺で確実な高さは20m以上、落下中の恐怖・痛みはなく、生存率も低いって話

12階のマンションの屋上から飛び降りて1年経った|moca blog(モカ・迷いうさこ)

飛び降り自殺 確実

20年ほど前になりますが、 私が勤めていたオフィスビルで飛び降り自殺がありました。 私の席は窓際だったんですが、その窓のところを女性が落ちていったんです。 この世のものとは思えない、身の毛のよだつような断末魔の叫びを数秒聞きました。 私は飛び降り自殺は、飛び降りたときに意識を失うって聞いていたんですけど、 意識を失う場合もあれば、その女性のように意識を失わないで、地獄に落ちるような、 空恐ろしい恐怖を味わう人もいるのだと、初めて知りました。 その事件から4、5日は私は食事もまともに喉を通らず、 夜中にはその身の毛のよだつ声でうなされて目が覚め、 1カ月は耳からあのとても人間の声とは思えない恐ろしい声が離れませんでした。 私は死んでもあんな空恐ろしい死に方はしたくないです。 私は仕事で、死にたがりそそのかして実行させています。 その写真は高値で売れるんです。 飛び降りして失神なんて、相当の高さ要りますよ ことし、飛び降りで人生のゴールをエンジョイさせた人数名、10階建てのアパートで 落ちたところで失神せず、痛い痛いといってゴールしました。 この程度じゃ気を失いません。 そうですね50M以上はいるんじゃないかな。 そんな高いところから落ちたら、下もただではすまないので、穏便にゴールできないですけどね。 写真はインパクトありますけど、身体破損写真なんて、海外でいくらでも激しいのありますからね。 あまり高くはないんです。 失神して楽に レジャー感覚でゴールしたいなら 急行電車の通過電車に飛び込むか、自分の身長の2倍以上の高さから飛び降りながら 頚椎を締め付けて首吊りするのどちらかですね。 首吊りは、瞬時に気絶しますから 表情を変えず、瞬時に苦しくもなく死にますよ。 すごくオススメです。 死ぬときも ギュゥムとか声帯が圧迫でとじたときの音がするだけだし。 ときどき首の間接が外れる音がしますが、閉まった後バタバタしたりも誰もしたことないです。 あ、おトイレは済ませてお腹は空っぽにしてくださいね、出ますから。 是非遂行し、達成できるといいですね。 お疲れ様でした。 A ベストアンサー お呼びですか。 ハングマンズというのは結び方の事だと思いますが、要するに引っ張ると輪が縮む結び方ならば、全面から締められるので、血管の逃げ場がなくなり、落ちます。 落ちる、とは、柔道で言うところの「落ちる」であって即死という意味ではありません。 意識を失うという事です。 その状態で脳に血流が再開しなければ死亡します。 もやいのように輪が縮まらない場合は、先のとおりで、失敗する可能性もあるわけです。 例えば柔道で締め技で落ちますが、その時、手が自由なら引き手を掴んで首を廻すだけで血管が逃げる隙間が出来て締めが決まらなくなります。 理屈はこれと同じです。 もちろん、もやいでも、うまく血管を逃がさないように締まるような姿勢になれば落ちます。 但し、実際の首吊りでは、血管が締まって死ぬより、全体重が首にかかって頚椎離断で死亡する事の方が多いらしいです。 その場合は結び方は関係ありません。 Q 自殺したくて実際に自殺してしまう人と、自殺したいという気持ちは同じだけれど、結局出来ない人との間には、どのような心境の違いがあるのでしょうか。 自殺したいという状況、絶望感?は全く同じだとして考えて下さい。 私としては、自殺する時の苦痛に耐えられるかどうかが双方の違いの1つとして考えられるのではないかと思っているのですが、その点については皆さんどうお考えになりますか。 真面目な意見をお願いします。 例えば私は、この世に自分の存在価値を見出せず、こんな人間は生きる価値なんてないと思い、死にたいと考えてはいるのですが、自殺する際の身体的痛みや苦しさを考えると、「無理だ…」と思ってしまうのです。 血やグロいのが苦手なので、ウィキペディアの「自殺」のところで「自殺の手法」の「首吊り」などを読むだけで気持ち悪くなってくるのです。 もし、仮に、寝る前に一錠飲めば、寝ている間に自然に楽に死んでいるとかいう薬があれば、私はとっくに飲んで死んでいると思います。 つまり、安楽死のような苦痛を伴わない方法があれば、自殺を試みる人もいると思うので、やはり、自殺する際の苦痛を耐えられるか耐えられないかは少なからず関係しているのではないかと考えるのです。 今回は、自殺したら家族や周りの人に悲しみを与え、不幸にしてしまう、迷惑をかけてしまうといった周囲のことを考えての意見は置いておき、あくまで自殺したいという気持ちは同じだけど、実際にする人とやっぱり出来ない人との間にはどのような心境の違いがあるのかという点について、皆さんの考えが知りたいです。 よろしくお願いします。 自殺したくて実際に自殺してしまう人と、自殺したいという気持ちは同じだけれど、結局出来ない人との間には、どのような心境の違いがあるのでしょうか。 自殺したいという状況、絶望感?は全く同じだとして考えて下さい。 私としては、自殺する時の苦痛に耐えられるかどうかが双方の違いの1つとして考えられるのではないかと思っているのですが、その点については皆さんどうお考えになりますか。 真面目な意見をお願いします。 例えば私は、この世に自分の存在価値を見出せず、こんな人間は生きる価値なんてない... A ベストアンサー 自殺についての質問ですが、 個人の主観と他人が思っている事を比べるのは、難しいですね。 ご質問にある 1)自殺したくて自殺してしまうひと 2)自殺したくても自殺しないひと ですが 1,2が同じ気持ち場合、1,2の境界は何ですか? という質問だと認識しています。 まず、1,2で同じ「自殺したい」という気持ちは、 比較できないと思います。 ドラマなどで、「Aさんを好きな気持ちは、あなたより大きい、私が一番だ」 などというくだりが出てきますが、 気持ちを比べるのは、難しいと思いませんか? 1の場合でも2の場合でも、それぞれ事情があり、気持ちも異なると思います。 どちらも、大変な悩みを抱えていることに間違いはないと思います。 この大変な悩みを抱えている中に、質問者様もいるのでしょうね。 勇気を出して、このような内容を投稿したという事は、 それだけで、大変な思いをしているのが、読み手に伝わってきます。 私は、人生の中で2の経験は何度もあります。 ただ、それが1との境界がなんだったのかは、わかりません。 私に1の経験があれば、ここでコメントする事はできないですからね。 ましてや、他人の1と他人の2は、比較できないでしょうね。 回答にはなっていませんが、大変な悩みを抱えていると伝わって来たので コメントさせてもらいました。 自殺についての質問ですが、 個人の主観と他人が思っている事を比べるのは、難しいですね。 ご質問にある 1)自殺したくて自殺してしまうひと 2)自殺したくても自殺しないひと ですが 1,2が同じ気持ち場合、1,2の境界は何ですか? という質問だと認識しています。 まず、1,2で同じ「自殺したい」という気持ちは、 比較できないと思います。 ドラマなどで、「Aさんを好きな気持ちは、あなたより大きい、私が一番だ」 などというくだりが出てきますが、 気持ちを比べるのは、難しいと思いませんか?... Q 先日、友人の家族が何の関係もないマンションから飛び降り自殺をして亡くなりました。 家族は鬱病で、病気の辛さに耐えられず自殺をしたようです。 落ちた場所は運悪くマンションの駐車場で、車のガラスに直撃したためガラスが割れ、駐車場の鉄板が凹んでいたとのことでした。 こういう場合、遺族は車や駐車場の修理代を払わなければならないのでしょうか?車の所有者からは、修理しただけでは乗る気にならない云々言われているようですし、マンション側からは住人のメンタル面やマンションの資産価値などに関しても賠償を求めるような発言が出ているようです。 でも、そんな所まで賠償したら一般家庭には到底支払えない金額になるかと思いますが、支払わねばならないのでしょうか? また、自殺者の親が損害保険に加入していたようなのですが、自殺者のこういった賠償に関しても支払ってもらえるものなのでしょうか? もし保険で支払ってもらえなかった場合、多額な賠償金額を用意できなかったら、遺族はどうしたら良いのでしょうか? 家族を亡くした友人は、悲しみに浸る間もなくこの金銭的な問題で精神的にも参っているようです。 少しでも力になってあげたいと思い、ここに質問させていただきました。 何かご存知の方がいらっしゃいましたら、ご回答のほどよろしくお願い致します。 先日、友人の家族が何の関係もないマンションから飛び降り自殺をして亡くなりました。 家族は鬱病で、病気の辛さに耐えられず自殺をしたようです。 落ちた場所は運悪くマンションの駐車場で、車のガラスに直撃したためガラスが割れ、駐車場の鉄板が凹んでいたとのことでした。 こういう場合、遺族は車や駐車場の修理代を払わなければならないのでしょうか?車の所有者からは、修理しただけでは乗る気にならない云々言われているようですし、マンション側からは住人のメンタル面やマンションの資産価値などに関し...

次の

「東京都内 飛び降り自殺 場所」などの語句が日々大量に検索されている東京という絶望都市の実相

飛び降り自殺 確実

もしあなたが自殺不安に悩まされているとしたら、突然ですが、もう既に自殺の方法は決定したでしょうか?首吊り、飛び降り、飛び込み、薬物、ガス、リスカ、焼身、入水等さまざまな自分を殺す方法がありますね。 私も昔、何度も自殺を考えたことはありますが、決断の前に恐怖を感じ、実行にはついに至りませんでした。 「死」への恐怖よりも、死に至るまでの苦痛が怖かったり、そして失敗するんじゃないか?という不安がとても強かったのです。 当時の私は自分なりにいろいろとその方法を調べてみましたが、調べれば調べるほどどんどん怖くなり、ラクに、そして確実に死ねるという方法はないことに気付いたのです。 一番ラクに死ねるとされる薬物中毒であっても致死量を間違えば、下手すると、うまく死ねずに蘇生(そせい)し、障害が残る可能性大なのです。 死に至る適量を超え、過剰摂取ともなると今度は嘔吐(おうと)となり、胃の洗浄(せんじょう)というとてつもない苦痛を味わい、そして今後、後遺症と付き合っていかなくてはならなくなるかもしれません。 たとえば、アスピリン系錠剤(鎮痛解熱剤)の致死量を知っているでしょうか?もちろん人によって、死に至らしめるに必要な数は違いますが、通常20~80錠と言われています。 これだけみても、個体差によって必要な数が違うのです。 薬物での自殺をもし考えているのであれば、あなたは自分の適量を知っているのでしょうか?薬の選択、摂取方法(経口、静脈注射等)など調べなくてはならないことがたくさんです。 このように、薬物自殺ひとつを例にとってみても念入りな下調べとトレーニング?(適切な言い方ではありませんが)、そしてやり遂げる強固な意志が必要になってくるのです。 方法が決まったら今度は、「死に場所」です。 鬱(うつ)状態になって発作的に死んでしまう場合はともかく、あなたがいなくなってからもこの世に生き続けていく人のために「場所」は慎重に選ばなくてはいけないのです。 メッセージ性を残したり、自分の遺体を晒(さら)したい場合には、あなたの死にざまを見せたい人がいるところを選べば良いと思います。 (例、学校、会社、自宅、憎い相手の自宅付近) ただ、実行に移すのはちょっと待ってもらって、次の話をきいてからにして欲しいのです。 自殺遺体の惨たらしさ 見出しで私が直接、自殺直後の遺体を見た話をしました。 どんな様子だったか思いだしたくもない、おぞましいものでしたが、あなたのために話します。 ジョギング愛好家はいくつもの自分の周回コースを持っていると思いますが、私もトレーニングにクロスカントリー要素も採り入れていますので、トレーニングのための林道コースをいくつか持っています。 早朝、いつもの林道を走っていると、いつもは人と会うのは稀(まれ)なのに、人の話し声が聞こえ、走っていくうちにパトカーが何台も見えてくるではないですか。 もしかして?直観は当たりました。 太い幹にロープを括(くく)りつけての首吊り自殺でした。 警察の人からは「見ないように!早く立ち去るように!」とドヤされましたが、シッカリと見てしまったのです。 両目がカッと見開かれ、飛び出しかかっている。 顔なんか、人間の皮膚の色をしていなくドス黒。 そして、何か叫びたかったかのように口から舌がダラリと垂れていて、すごい形相(ぎょうそう)でした。 おまけにこの世のものとは思えない、今まで嗅いだこともない悪臭、激臭!あまりにも凄い光景でした。 恐らく死後、大分経ったものだったのでしょう。 スポンサーリンク このように、「死に場所」は発見されたいのか、それとも全く遺体を晒(さら)したくないのかにより、「死に場所」の選択もまったく違ったものになってくるのです。 自殺遺体がまったく上がらない事で有名なかの地は、「確実に死ねる」「遺体が晒されない」ということで自殺名所として不動の地位を築いていることは有名です。 自殺者数が一番多い「首吊り」で、この惨たらしさなのです。 「飛び込み、飛び降り」はもっと悲惨です。 自殺に「成功」した場合、あなたの身体は肉片、ひき肉と化すのです。 1986年飛び降り自殺したアイドル歌手の自殺直後の写真を写真週刊誌で見ましたが、脳漿(のうしょう)が飛び散っているのです。 頭が割れ、欠けるのです。 この自殺が「失敗」に終わった時の悲惨さは言うに及ばずです。 本当に、人間は死ねば「肉の塊(かたまり)」なんだなと思ったのは、私が学生時代のことでした。 バイク事故でした。 見てしまったのです。 それも私の目前で。 直進のバイクと右折車との交差点でのクラッシュ!ドスンという鈍い大きな音がしたかと思ったら目の前にグローブがついた太い柱のようなものが転がってきた! それが人の腕だと気付くまでしばらく時間がかかり、気付いてからは心をどう処理していいか分からないでいました。 気を失っていたのか、死んでいたのかも分からない。 腕だけでなく足ももぎ取られ、首が変な方向に曲がっていました。 人間の腕、足があんなに簡単になくなってしまうものなんだと初めて知りました、思いだしたくない記憶です。 巻き添えだけは勘弁! 昨年、栃木県宇都宮の公園で元自衛官が自らが爆死しただけでなく、近くの3人を巻き添えにした事件がありましたが、これは明らかに、自らが死ぬだけでなく、巻き添えを狙った殺人未遂事件です。 あなたが考えている自殺の方法は、まったく人を巻き添えにはしないでしょうか?実際に自殺の巻き添えで亡くなった人はたくさんいるのです。 飛び降りた人がダイレクトに通行人に当たり、通行人も亡くなってしまった例。 硫化水素自殺を図った本人のみならず、発見者も巻き添えにしてしまった例等、生きたい人の命まで奪ってしまう方法は絶対ダメです! 確実に自分だけが死ねて、それでも生きていくこの世の人たちへの迷惑が最小限の方法を選択すべきなのです。 遺族は賠償の義務を負うケースも! 「死ぬから、あとはよろしく!」ではあまりにも酷(ひど)すぎる。 死んで電車を止めれば、数千万億単位、アパートで死んだとしても遺族は大家さんに賠償しなくてはならないのです。 自殺者が出た建物の価値は30~70パーセントは下がるといいます。 それに検死、葬儀費用・・・と人は死んでまで、お金とは縁が切れないのですね。 肉親が死んで悲しむ暇もなく、追い打ちをかけるように多額のお金の話をしなくてはいけない~辛すぎます、ひどすぎます、せつなすぎます。 納棺士の仕事を、私は祖母が亡くなった時に一部始終観察させてもらいましたが、プロです。 死人を眠っているかのように蘇(よみがえ)らせるのです。 病死のように身体に欠損がない場合はもちろんのこと、あっちが潰れ、こっちが引きちぎれてしまった遺体もこういうプロがもともとの体に近づけるよう引き受けてくれるのです。 このように、自殺してしまった本人は分からないかもしれませんが、遺体の一部でもある場合には、実にさまざまな人のお世話になることになるのです。 自分の葬式を思い浮かべてみる! あなたが死んだとすると、葬儀が執(と)り行われます。 来てくれたいろいろな人の表情を想像してみてください!本当にあなたは「ひとり」なのでしょうか?あなたが死んで悲しむ人はいないのでしょうか? 死んでしまう前に相談できる人が、この世にほんとうに誰ひとりいないのでしょうか? 「一人もいない?」それだったら、試しにSNS等で発信してみてください。 たくさんのRT、メッセージが届くはずです。 自分の思いを人に語るのが苦手であれば、ブログにしても何でもいいではないですか、自分の思いを文章にしてみましょうよ。 まだまだ私はこの世の中は捨てたものではないと私は思うのです。 あなたにしかできないこと! あなたにしかできないことが、かならずきっとあるはずです。 それはあなたは世界でたった一人しかいない人間だから。 「何にもない?!」そんなことはないです。 だったら、あなたと同じように死にたい!死んでしまいたい!と今、この時も悶(もだ)え苦しんでいる人がたくさんいる現実に目を向けて欲しいです! そしてその人たちに向けて情報発信し、交流してみてはどうでしょうか。 死にたいと思っている人の気持ちは、そう思ったことのある人しか分からないはずですから。 そして、自殺を思いとどまったなら、それだけであなたは彼らの先生になれる!そう思えませんか? どうして、あなたは生きることにしたのか、自殺を思いとどまったのか・・・これをききたい人はたくさん絶対いるはず。 少なくとも私は聞きたい!これは、あなたの価値のほんの一部にすぎないはずです。 あなたはあなた自身の価値に気付いていないだけなのです。 それでも、どうしても「死」が頭から離れない時は しかしですね、自らの死体の惨(むご)たらしさや、自分のお葬式シーン、そして父母の顔をいくら思い描いてみても、極限まで思い詰めてしまった人間にとっては何の意味もないことでしょう。 よく、「まわりに、一人でも理解者がいれば自殺は思いとどまれる」と、聞いた風なことを、自殺を考えたことのおよそないであろうものが平気で言ってたりします。 確かにそうなのかもしれませんが、「理解者」が一人もいない、もしくはそう本人が思いこんでいる場合は、いったいどうすればいいのでしょうか? そうなのです。 じぶんをしっかりと持つこと、あらゆる困難に打ち勝つ「矜持(きょうじ)(自分を誇(ほこ)る気持ち、自負(じふ)、プライド)」を保ち続けることこそがいちばん大切なのです。 この方法でのみしか自己の救済はないと私は考えます。 この思いを自らの中にしっかりと植え付けることこそが、死へのいざないを断ち切る唯一の方法です。 精神的にまいってしまっての発作的な自殺は正常な考えが入りこむ余地はないから仕方ないにしても、私は基本、 自殺は自分を殺す「悪」だと考えます。 あなたの命は決してあなただけのものではないはずです。 先代から脈々と受け継がれ、次世代へとバトンタッチしていく大切な命。 この世の中に死んでもいい人間なんてひとりもいない。 人は自分の命が尽きるまで、何かを成す義務と権利があり、自分の力で無理やり終わらせるなんて傲慢(ごうまん)な考え方で畏(おそ)れ多い。 それでも自分を殺してしまうなら、もうここらではなすのはやめましょう。 言っておきますけれど、 あなたが例え死んだとしても何も変わらない朝がただ来るだけ。 しばらくはあなたのことも話題に上ることもあるかもしれないけど、一瞬で「そんな人いた?」って話になってしまいますよ。 それでも人は生きていかなくてはならないから。 でも、あなたの家族はどうするのですか?! そんな気持ちになれる訳ないでしょう。 一生の傷を負わせ続けていいのでしょうか?苦しませていいのでしょうか?これは大罪!地獄があるのなら、自殺者は間違いなく地獄行きだと思います。 あなたの親御さんはあなたが赤ちゃんとして生まれてきた時、何を思ったのか、どのような想いを託しあなたの名前を付けたのかを想像してみてください。 あなたは決して死ぬために生まれてきた訳ではないはずです! あなたが死ななければならない理由などどこにもない! 「 なぜ、あなたがが死ななければならないののでしょうか?」 あなたが死ななければならない理由などどこにもない! 「死」を選択するということは人生というマラソンからの「 永遠のリタイヤ」を意味するのです。 リベンジは当然不可能!復讐といってもいじめ加害者と同じ穴の狢(むじな)になるという低レベルの話ではありません。 あなたが受けた傷(いた)み、苦しみを同じような形で返せば、一時あなたの気持ちは晴れ晴れするかもしれませんが、あくまでもそこまでなのです。 後味の悪い後悔、人間としての恥ずかしさ以上に、相手と同じレベルまで落ちてしまった~という情けなさに包まれるでしょう。 そして負の連鎖から逃れられず、いつかその復讐はまた、あなたに何倍にもなって返ってくることでしょう。 そんなことに心を傾けるのではなく、違った形でキチッとお返しをしようではありませんか? 野心のススメ! 違った形でのリベンジは、「 ヤツらより成功する!見返してやる!」「 デッカイ人間になってやる!」「 絶対、しあわせになってみせる!」という強い「 矜持」を保ち続けることでのみ、成しうるのです。 こういう動機は不純でしょうか? 否です。 自殺まで考えている人にとっては、この思いは自分を保ち続ける強力な柱になり得るからです。 この気持ちを何とか持ち続け、耐えて忍んで、次のチャンスをどうか待ち続けて欲しいのです。 Sponsored Link そのためには、酷く、きつい現実に耐え忍ぶだけではなく、 「見返すため」の準備を着々と、今から始めなければなりません。 たとえば、小説家になろうという野心があるのなら、今からできることがいっぱいあるでしょう。 多くの本に親しみ、実際に書き続けなければなりません。 医師になって経済的に自立したい、見返したい!という野心であったら、今現在の勉強をシャカリキにやるしかない!やれることたくさんありすぎです。 とにかく、 今あなたにできることに没頭すること。 これは、こころの平穏を保つためにもぜひ、明日といわず、今日いまから実行すべき。 今、この時のあなたが、人生のすべてにおいてのあなたでは決してないのです。 少しだけ考えを変えて、あなたに今できることにのみ注力すべきです。 「死」への恐怖がまだあるのなら! それは、未だ「生」へのこだわり、執着があるということなのです!その気持ちをストッパーにしてもうちょっとこの世で踏ん張ってみるのはどうでしょう?死ぬ気になったのであれば、もう怖いものはないですよね。 私自身も決心までには至りませんでした。 それで今もなんとか生きています。 何とかなってしまうようになっているのです。 最後に、実は私も教え子を薬物自殺で亡くしているのです。 残されたものは辛いです。 それでも、それでも生きていかなくてはならないのです。 いや、私は生きる「 義務」ではなく「 権利」として考えられるようになったのです。 レースのクラッシュで亡くなったセナも言ってたではないですか、 「 この世に生を受けたこと、それ自体が最大のチャンスで はないか!」 そして、結論! 生きるも死ぬのも自由ではない! あなたには生きる「権利」、そして「義務」がある! 苦しみから生まれる「生」もある! どうせいつかはみんな死ぬ! 詞・曲・歌 川嶋あい 「流れ星」 「あなたは生きるために生まれてきたよ 決して命なくすためじゃない。 」「きっとみんなが流れ星 誰かの願いになる」 両親も今はなく、養父母にも死なれてしまったあいさんは、何を思ってこの歌を書いたのだろう。

次の

自殺する人は「最後の瞬間」や「生き残ったとき」に何を思う? 体験談11選

飛び降り自殺 確実

平成28年度 自殺者の状況• 自殺者数は、男性15,121人、女性6,776人• 自殺死亡率(人口10万人あたりの自殺者数)は、男性24. 5、女性10. 自殺者の自殺未遂歴の有無は、男性15. 女性は「助けてほしい」というサインをまわりに伝えるために自殺をするのに対して、男性は本当に「死んでしまいたい」と思いつめて自殺をする。 女性には自殺未遂が多い理由 女性の自殺未遂は、はじめから死ぬつもりはなくて、心の中では生き続けたいと思っている場合が多い。 自殺手段としてはリストカットが好まれる。 ポピュラーな方法だ。 リストカットで死んでしまう人はほとんどいない。 手首を切って傷跡という証拠を残すことで、自殺未遂をするほど苦しんでいるというサインをまわりに送っているのだ。 女性の自殺未遂は、本人が死のうと思っていないときにも起こる。 本人が気づかないうちに、辛さや苦しみといった闇が心の深いところに少しずつ溜まっているのだ。 ふとした瞬間に、ドロドロとしたものが心から外に溢れ出す。 その結果、手首を切る、自分を傷つけてしまうという女性は多い。 女性ホルモンの影響もある。 ホルモンのバランスが崩れると、とつぜん心が乱れたり、気分が落ち込んだりする。 気持ちの揺れが女性には起こりやすい。 パニック障害も女性のほうが男性のより2倍多いことがわかっている。 パニック障害 パニック障害では、動悸や息切れ、強い不安を感じる発作が突然起こる。 パニック発作が繰り返されるうちに「次はいつ発作が起こるのだろう?」と不安になったり、人に会うのが怖くなったりして、普通の生活が送れなくなる。 女性の自殺を止めたい場合には、「助けてほしい」というサインに気づき、しっかりと寄り添ってあげる必要がある。 男性には自殺者が多い理由 男性の自殺者は死ぬ可能性の高い自殺手段を好む。 屋上からの飛び降り、電車への飛び込み、首吊りなど、より危険な死にかたを選ぶ。 リストカットをする人はほとんどいない。 男性は「助けてほしい」というサインを出さないのだ。 男性の助けを求めるサインは小さくて目立たない。 この特徴が男性の自殺を止めるのをむずかしくする。 家族や仲の良い友人でさえ、死の気配には気づかないかもしれない。 亡くなったあとで、「そういえば元気がなかった」「なんだか疲れている様子だった」と彼らが出していたかすかな死の兆しを思い返す。 家族や身近な友人は変化に気づいてあげられなかったことを悔やむ。 男性の自殺を止めるには、物理的に自殺ができない環境を整えることが優先される。 飛び降りたり、飛び込んだりできそう場所には背の高い柵を取り付ける。 駅のホームドアは自殺の防止として優れている。 衝動でふらりと飛び込んでしまうことはない。 電車が通り過ぎてしまえば、今日死ぬのをやめるかもしれない。 決意は変わらないとしても、次の電車が来るまでの時間稼ぎにはなる。 自殺までの時間が5分でも10分でも伸びれば、生きるチャンスが生まれる。 景気が良くなると自殺は減り、景気が悪くなると自殺は増える 人はいくつかの原因が重なって自殺をする。 景気が悪くなる、残業が増える、うつ病を患う、会社をやめる、生活できない、家庭がギクシャクする。 このなかのひとつの悩みを取り除くことは、他の悩みも一息に解決できる可能性を生む。 悩みのすべてを解決できないかもしれない。 だが、苦しみがひとつ減ることで心にゆとりが生まれる。 荷物をひとつ取り出すと、鞄のなかには新しい空気が入る空間ができる。 自分のことでいっぱいいっぱいになっている状況が解消されれば、家族や友人の変化に気が付ける。 家族のひとりが心にゆとりを持つことで、子どもをいじめによる自殺から救えるかもしれない。 未来の自殺者を助けられるかもしれない。 お金の悩みは人を自殺に追い立てる。 景気がよくなれば自殺は減るし、景気が悪くなれば自殺は増える。 経済が上向きのときには会社は人を雇い、失業者は減る。 社員ひとりが抱える業務が減って、残業が少なくなる。 利益が出て、給料が増える。 自由な時間ができ、家族や友人と過ごせる。 心にゆとりができ、笑顔が増える。 そして自殺が減る。 平成28年度 自殺の原因・動機 「健康問題」11,014人(「うつ病」4,496人)、「経済・生活問題」5,600人、「家庭問題」3,522人、「勤務問題」3,337人 厚生労働省『平成29年版自殺対策白書』より 労働生産性の向上が日本の自殺を減らす 日本の労働生産性は低い。 アメリカと同じだけの仕事をするには、より多くの時間を働くことになる。 残業ばかりだ。 家族や友人と遊びに行く時間は見つけられない。 働いても、働いても生活は豊かにならない。 気分は沈み、心は逃げ場を失う。 そして人は自殺をする。 最低賃金の保証や、労働時間の管理などの決まりごとは、行政、企業が先頭に立って進めてもらいたい。 僕らひとりひとりも生産性を上げる努力はできる。 仕事が早くおわるように働きかたを見直そう。 自分自身や家族、友人の命を守ることにつながっていくはずだ。

次の