新型 コロナ イラン。 イラン 感染者再び増加傾向 経済活動制限には慎重 新型コロナ

イラン、再び新型コロナ感染増加 経済再開「尚早」懸念も:時事ドットコム

新型 コロナ イラン

イランが新型コロナウイルスに襲われている。 3月中旬の時点で政府発表でも感染件数は1万9000人、死者は1400人を超えている。 本稿の配信の時点で、さらに数値は増えているだろう。 イラン政府によれば10分に1人の割合で死者、1時間に50人以上の率で感染者が出ている。 最終的には死者は途方もない数に達するだろう。 春分の日がイランの暦では新年になるが、これほど沈んだ新年を迎えた例は近年にないとメディアは伝えている。 なぜイランが、これほどひどい被害を受けているのだろうか。 まず前者から語り始めよう。 今回のウイルス禍の被害の大きいイタリアとイランの文化の間には、共通点がある。 どちらにおいても対人距離が近い。 イランの場合は、出会えば握手から始まって頬を寄せ合ってあいさつする。 ウイルスの感染が起こりやすい濃厚接触の文化である。 しかもイスラム教徒のイラン人の多くは金曜日にはモスク(イスラム礼拝所)での集団礼拝に参加する。 そこでは隣同士が触れ合う距離で祈り説教を聞く。 他の中東諸国も、イランと同じように身体接触や集団での宗教儀礼の文化を共有している。 これからは、イラン以外の諸国でも感染の拡大が確認されるだろう。 中東ではイランは比較的に医療水準が高い。 それなりの検査能力があるから、感染が確認されている。 他の中東諸国の多くは、イスラエルを除けば、医療水準は必ずしも高くない。 現在は感染者が見えないだけだろう。 検査数が増えれば、確認される感染の件数も増大するだろう。 話をイランに戻すと、イランはイスラム世界でも珍しいシーア派が多数の国である。 スンニー派と比べると、シーア派には聖地巡礼の習慣が強い。 偉大の指導者の墓などが巡礼の対象となっている。 そうした場所では多くの信徒は、聖廟(びょう)にすがり付くようにして祈り懇願する。 ウイルスの伝染が起こりやすい環境である。 伝染を防ごうと、こうした聖廟を閉鎖する動きがあるものの、信徒たちが、これに抗議して扉を破って域内に侵入するような事件さえ起こっている。 宗教感情の強さがウイルスの脅威を上回る場面があるわけだ。

次の

イラン 感染者再び増加傾向 経済活動制限には慎重 新型コロナ

新型 コロナ イラン

イランが新型コロナウイルスに襲われている。 3月中旬の時点で政府発表でも感染件数は1万9000人、死者は1400人を超えている。 本稿の配信の時点で、さらに数値は増えているだろう。 イラン政府によれば10分に1人の割合で死者、1時間に50人以上の率で感染者が出ている。 最終的には死者は途方もない数に達するだろう。 春分の日がイランの暦では新年になるが、これほど沈んだ新年を迎えた例は近年にないとメディアは伝えている。 なぜイランが、これほどひどい被害を受けているのだろうか。 まず前者から語り始めよう。 今回のウイルス禍の被害の大きいイタリアとイランの文化の間には、共通点がある。 どちらにおいても対人距離が近い。 イランの場合は、出会えば握手から始まって頬を寄せ合ってあいさつする。 ウイルスの感染が起こりやすい濃厚接触の文化である。 しかもイスラム教徒のイラン人の多くは金曜日にはモスク(イスラム礼拝所)での集団礼拝に参加する。 そこでは隣同士が触れ合う距離で祈り説教を聞く。 他の中東諸国も、イランと同じように身体接触や集団での宗教儀礼の文化を共有している。 これからは、イラン以外の諸国でも感染の拡大が確認されるだろう。 中東ではイランは比較的に医療水準が高い。 それなりの検査能力があるから、感染が確認されている。 他の中東諸国の多くは、イスラエルを除けば、医療水準は必ずしも高くない。 現在は感染者が見えないだけだろう。 検査数が増えれば、確認される感染の件数も増大するだろう。 話をイランに戻すと、イランはイスラム世界でも珍しいシーア派が多数の国である。 スンニー派と比べると、シーア派には聖地巡礼の習慣が強い。 偉大の指導者の墓などが巡礼の対象となっている。 そうした場所では多くの信徒は、聖廟(びょう)にすがり付くようにして祈り懇願する。 ウイルスの伝染が起こりやすい環境である。 伝染を防ごうと、こうした聖廟を閉鎖する動きがあるものの、信徒たちが、これに抗議して扉を破って域内に侵入するような事件さえ起こっている。 宗教感情の強さがウイルスの脅威を上回る場面があるわけだ。

次の

【地球コラム】新型コロナで一段と中国寄りになるイラン:時事ドットコム

新型 コロナ イラン

イランが新型コロナウイルスに襲われている。 3月中旬の時点で政府発表でも感染件数は1万9000人、死者は1400人を超えている。 本稿の配信の時点で、さらに数値は増えているだろう。 イラン政府によれば10分に1人の割合で死者、1時間に50人以上の率で感染者が出ている。 最終的には死者は途方もない数に達するだろう。 春分の日がイランの暦では新年になるが、これほど沈んだ新年を迎えた例は近年にないとメディアは伝えている。 なぜイランが、これほどひどい被害を受けているのだろうか。 まず前者から語り始めよう。 今回のウイルス禍の被害の大きいイタリアとイランの文化の間には、共通点がある。 どちらにおいても対人距離が近い。 イランの場合は、出会えば握手から始まって頬を寄せ合ってあいさつする。 ウイルスの感染が起こりやすい濃厚接触の文化である。 しかもイスラム教徒のイラン人の多くは金曜日にはモスク(イスラム礼拝所)での集団礼拝に参加する。 そこでは隣同士が触れ合う距離で祈り説教を聞く。 他の中東諸国も、イランと同じように身体接触や集団での宗教儀礼の文化を共有している。 これからは、イラン以外の諸国でも感染の拡大が確認されるだろう。 中東ではイランは比較的に医療水準が高い。 それなりの検査能力があるから、感染が確認されている。 他の中東諸国の多くは、イスラエルを除けば、医療水準は必ずしも高くない。 現在は感染者が見えないだけだろう。 検査数が増えれば、確認される感染の件数も増大するだろう。 話をイランに戻すと、イランはイスラム世界でも珍しいシーア派が多数の国である。 スンニー派と比べると、シーア派には聖地巡礼の習慣が強い。 偉大の指導者の墓などが巡礼の対象となっている。 そうした場所では多くの信徒は、聖廟(びょう)にすがり付くようにして祈り懇願する。 ウイルスの伝染が起こりやすい環境である。 伝染を防ごうと、こうした聖廟を閉鎖する動きがあるものの、信徒たちが、これに抗議して扉を破って域内に侵入するような事件さえ起こっている。 宗教感情の強さがウイルスの脅威を上回る場面があるわけだ。

次の