三井住友銀行 クレジットカード。 クレジットカード : 三井住友銀行

クレジットカード : 三井住友銀行

三井住友銀行 クレジットカード

銀行クレジットカードはデメリットがあっても発行すべきか? 銀行クレジットカードはデメリットがあっても発行すべきか? 銀行クレジットカードは、提携先のATM手数料が無料になる、利用限度額が高いなどの多くのメリットがあります。 しかし、銀行クレジットカードにはポイント還元率が低い、審査が厳しいなどのデメリットもあります。 そのため、 銀行クレジットカードの知識がない状況で発行すると、損してしまう可能性があるので注意しましょう。 この記事では、銀行クレジットカードのデメリットとメリットを紹介していくと共に、どういった方が銀行クレジットカードを発行すべきなのか解説していきます。 銀行発行クレジットカードのデメリット 銀行が発行するクレジットカードのデメリットは、以下のとおりです。 審査が厳しい• ポイント還元率が低い• 年会費がかかる場合がある• 券面デザインが渋い たとえば、株式会社JCBが発表した「クレジットカードに関する総合調査2018年度版」によると「年会費」「ポイント還元率」は、クレジットカードを発行する時に一番重要となる項目です。 クレジットカードで損をしないためにも、銀行が発行するカードのデメリットを理解しておきましょう。 審査が厳しい 前提として、クレジットカードを発行するには、審査に通過する必要があります。 そして、銀行が発行するクレジットカードは、審査が厳しいです。 一般的に、クレジットカードの審査は発行元の企業の種類によって分類されます。 例えば、「イオンカード」や「エポスカード」など、小売店舗と提携したクレジットカードは流通系カードと呼ばれ、学生や主婦でも申込可能です。 また、「楽天カード」や「オリコカード・ザ・ポイント」など、通販会社と提携したクレジットカードは信販系カードと呼ばれ、フリーターやパートでも申し込み可能です。 対して、 銀行が発行するクレジットカードは、基本的に社会人をターゲットにした申込資格、収入額や年齢を審査基準にしているため、最も審査が厳しい部類に入ります。 特に10代や20代前半の方は、通常の銀行クレジットカードに申し込みをしても審査通過するのはかなり厳しくなります。 そのため、学生などの若者は銀行クレジットカードではなく、「」や「」などの若者向けクレジットカードを発行するようにしましょう。 ポイント還元率が低い 銀行が発行するクレジットカードはポイント還元率が低く、お得に買い物を楽しみたい方にとってデメリットになってしまいます。 具体的な銀行発行クレジットカードのポイント還元率は、以下のとおりです。 【銀行発行クレジットカードのポイント還元率一覧】 銀行発行クレジットカード名 ポイント還元率 三菱UFJ-VISA(三菱UFJ銀行) 0. 5%(200円で1P) JP BANK カード(ゆうちょ銀行) VISAの場合0. 5%(200円で1P) MasterCardの場合0. 3%(400円相当で1P) SMBC CARD(三井住友銀行) 0. 5%(200円で1P) みずほマイレージクラブカード(みずほ銀行) 0. 5%(200円で1P) 地方銀行やネット銀行発行のクレジットカード 0. 銀行が発行するクレジットカードは、ポイント還元率が軒並み0. スーパーやコンビニなどの店頭支払いや、ネットショッピングでの支払い目的でクレジットカードを発行する人は、銀行発行クレジットカードではなく、ポイント還元率の高い他のカードを発行することをおすすめします。 たとえば、高ポイント還元率で定評のある「楽天カード」は、楽天市場のみならずAmazonやyahooショッピングなどのオンラインショッピングや、コンビニやショッピングモールなどの店舗支払いでも1. その他にも、カードの不正利用を防ぐためのカード利用お知らせメールや、商品が未着だった際の保証制度「商品未着あんしん制度」、ネットショッピングを安心して使える「ネット不正あんしん制度」などのサービスを提供しているため、安心してお買いモノを楽しめます。 なお、高ポイント還元率なクレジットカードを知りたい方は「」でも詳しく解説しています。 年会費がかかる場合がある 銀行が発行するクレジットカードのなかには、年会費がかかるカードがあります。 具体的な銀行発行クレジットカードの年会費は、以下のとおりです。 【銀行発行クレジットカードの年会費一覧】 銀行発行クレジットカード名 年会費 三菱UFJ-VISA(三菱UFJ銀行) 年会費無料 JP BANK カード(ゆうちょ銀行) 年会費初年度無料、2年目より1,250円(税抜) SMBC CARD(三井住友銀行) 年会費初年度無料、2年目より1,250円(税抜) みずほマイレージクラブカード(みずほ銀行) 年会費無料 地方銀行やネット銀行発行のクレジットカード カード券種によるが、原則年会費がかかる 年会費無料でサービスの充実したクレジットカードが増えている今、わざわざ年会費有料の銀行が発行するクレジットカードを選ぶ必要はありません。 そのため、銀行発行クレジットカードにこだわりが無いのであれば、「」を参考に自分の利用目的に沿ったクレジットカードを発行することをおすすめします。 券面デザインが渋い 銀行が発行するクレジットカードの多くは、券面デザインが渋く、若い人には魅力がないのがデメリットです。 銀行各社とも、2000年代以前に制作した券面デザインを現在も使い続けているため、高年齢向けの 渋いデザインだからです。 最近のクレジットカードでは、券面デザインにも力が入っており、例えばJCBカードは著名なデザイナーである服部一成氏が券面デザインを手がけています。 また、アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスカード)の券面デザインは世界中で統一されており、海外でも提示した際に高いステータス性をアピールできます。 券面デザインひとつでクレジットカード保持者の印象も変わるので、見た目に気を使う若者には銀行クレジットカードの発行はおすすめしません。 銀行発行クレジットカードのメリット 銀行が発行するクレジットカードのメリットは、以下のとおりです。 携帯カード枚数が減る• ATM手数料無料等の銀行サービス優遇 それでは、銀行発行クレジットカードのメリットについて詳しく解説していきます。 携帯カード枚数が減る 銀行が発行するクレジットカードを持つと、携帯するカード枚数が減り、財布がスッキリします。 多くの銀行発行クレジットカードは、キャッシュカード機能にクレジットカード機能が付帯した一体型カードです。 キャッシュカードとクレジットカードを別々に携帯する必要がないため、財布の中でかさばりません。 ただし、 一体型クレジットカードを紛失した場合には、クレジットカードとキャッシュカードを同時に失くすため、カード停止手続きが面倒になる恐れがあります。 ATM手数料無料等の銀行サービス優遇 銀行発行クレジットカードを持つと、ATM手数料無料等、銀行サービスが優遇されます。 多くの銀行発行クレジットカードは、発行銀行ATM利用時に出金手数料を免除される特典を付帯しています。 また、クレジットカードの種類によっては、振込手数料無料や普通預金口座の金利優遇、住宅ローン金利引下げなど独自の特典を付帯している場合があります。 銀行発行クレジットカードにこだわってはいけない これからクレジットカードを発行するなら、ご自身の利用目的に沿ったカードを発行しましょう。 銀行発行クレジットカードを否定しているわけではありませんが、カード券種が増えている近年で、銀行以外でも優れているカードはたくさんあります。 たとえば、「楽天カード」や「イオンカード」などは、ポイント面(還元率、ポイント交換先)で優れているため、普段の支払いに適したクレジットカードです。 また、「アメックスカード」や「ラグジュアリーカード」は、世界で抜群の知名度があるクレジットカードであるため、自分をカッコよく見せるステータスカードとして定評があります。 なお、 自分の利用目的に沿ったクレジットカードを探している方は、「クレジットカードシミュレーション」を試してください。 「性別」「年齢」「年収」「気になるポイント」などの6項目から、ご自身に適したクレジットカードを診断しております。 主な銀行発行のクレジットカード 主な銀行発行のクレジットカードには、以下のものがあります。 三菱UFJ-VISA(三菱UFJ銀行) 三菱UFJ-VISAは、三菱UFJ銀行が発行する年会費無料のキャッシュカード一体型ICクレジットカードです。 三菱UFJ銀行の口座を持っている方のみ申し込めます。 三菱UFJ銀行の預金口座「スーパー普通預金(メインバンク プラス)」を利用しているカード会員は、三菱UFJ銀行の提携ATM手数料が無料になる点がメリットです。 しかし、 三菱UFJ-VISAはポイント還元率が0. また、ATM手数料以外の優待サービスがありません。 三菱UFJ銀行口座を持っている方以外は、申し込む魅力に欠けるクレジットカードです。 JP BANK カード(ゆうちょ銀行) JP BANK カードは、ゆうちょ銀行が発行するキャッシュカード一体型クレジットカードです。 初年度年会費無料ですが、2年目以降年会費は1250円(税抜)です。 ゆうちょ銀行の口座を持っている方のみ申し込めます。 JP BANK カードは、国際ブランドをVISAもしくはMasterCardから選択可能です。 国際ブランドにより、獲得ポイントの交換方法が異なります。 VISA選択時はギフトカードにポイント還元率0. キャッシュバック時のポイント還元率は0. SMBC CARD(三井住友銀行) SMBC CARDは、三井住友銀行のキャッシュカード一体型クレジットカードです。 初年度年会費無料ですが、2年目以降年会費は1250円(税抜)です。 三井住友銀行の口座を持っている方のみ申し込めます。 SMBC CARD会員は、年1回のカード利用等の条件を満たした場合、三井住友銀行の提携ATMは手数料が月4回まで無料になります。 みずほマイレージクラブカード(みずほ銀行) みずほマイレージクラブカードは、みずほ銀行の発行する年会費無料のキャッシュカード一体型クレジットカードです。 みずほ銀行の口座を持っている方のみ申し込めます。 みずほマイレージクラブカード会員は、みずほ銀行ATMとイオン銀行ATMの時間外手数料が無料になります。 また、提携コンビニATMも月4回まで無料になります。 地方銀行やネット銀行発行のクレジットカード 北海道銀行が発行する道銀キャッシュ・クレジットカードKitakaや、横浜銀行が発行する横浜バンクカードなど、全国の地方銀行もキャッシュカード一体型のクレジットカードを発行しています。 いずれも申し込みには発行元銀行口座の保有が必要です。 また、ソニー銀行が発行するソニーカードや、住信SBIネット銀行が発行するミライノ カード、ジャパンネット銀行発行のJNB VISAカードなど、ネット銀行発行のクレジットカードもいくつか存在します。 ネット銀行発行クレジットカードの多くは、キャッシュカードとは分離したクレジット専用カードです。 申込資格に発行元銀行の口座が不要だったり、年会費無料だったりと、一般的な銀行発行のクレジットカードよりもサービスが充実しています。 銀行発行クレジットカードと銀行系カードは違う 銀行発行のクレジットカードと、いわゆる銀行系カードは異なる種類のクレジットカードです。 銀行系カードとは、銀行の子会社やグループ企業が発行するクレジットカードのことを指します。 クレジット業務を専門に扱う企業が発行するクレジットカードなので、銀行発行のクレジットカードよりもサービスが細かく、独自の特典を多数付帯しています。 おすすめの銀行系カードは以下の通りです。 三井住友カード デビュープラス 三井住友カード デビュープラス(旧:三井住友VISAデビュープラスカード)は、18~25歳限定の三井住友カードです。 初年度年会費無料、翌年以降も年1回のカード利用で年会費無料になるため、実質年会費無料カードとして保有可能です。 入会後3か月間はポイント5倍 三井住友カード デビュープラスは、入会後3か月間は、カード利用に応じて獲得可能なポイント数が 5倍(ポイント還元率 2. 4か月以降も獲得ポイント2倍で利用可能です。 ゴールドカードに自動切り替え 三井住友カード デビュープラスは、カード会員が26歳になった最初の更新時に、 三井住友カード プライムゴールド(旧:三井住友VISAプライムゴールドカード)に自動で切り替わる特典を付帯しています。 三井住友カード プライムゴールドは、格安年会費でゴールドカードと同等の特典を利用可能な20代限定のヤングゴールドカードです。 三井住友カード 三井住友カード(旧:三井住友VISAクレジットカード)は、初年度年会費無料のクレジットカードです。 2年目以降も 簡単な条件を満たすだけで年会費無料のまま保有可能です。 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険 三井住友カードは、最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険を付帯しています。 海外は医療費が高く、国内で加入した健康保険も適用されません。 旅行中にケガや病気で医療機関を利用した場合は、高額な医療費を請求されます。 しかし、 海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードを持てば、補償額内で治療費をカード会社が負担します。 抜群の知名度にセキュリティよる高いステータス性 三井住友カードは、抜群の知名度と、銀行系カード特有のセキュリティ性により、高いステータス性を誇ります。 三井住友カード会員は、インターネットショッピング利用時に高い本人確認能力を誇る「3Dセキュア」や、カード会員本人しか把握できない「ワンタイムパスワード」などを利用可能です。 24時間作動の不正利用監視システムの対象でもあるため、 盗難や紛失被害時も安心できます。 三井住友カード アミティエ 三井住友カード アミティエ(旧:三井住友VISAアミティエカード)は、初年度年会費無料の女性専用クレジットカードです。 クラシックカードにはない女性向け特典を多数付帯しています。 携帯電話料金支払い時はポイント2倍 三井住友カード アミティエは、携帯電話やスマートフォン料金支払いに利用した場合の獲得ポイントが 2倍になる特典を付帯しています。 最高2,500万円補償の海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険付帯 三井住友カード アミティエは、最高2,500万円補償の海外旅行傷害保険と、最高2,000万円補償の国内旅行傷害保険を付帯しています。 頻繁に海外旅行に行く女性や、ちょっとした国内旅行が趣味の女性に利用をおすすめできます。 アメックスカードやラグジュアリーカードなど アメックスカードやラグジュアリーカードなど、高い信用力を持つ富裕層のみ取得可能な銀行系カードもいくつか存在します。

次の

カードの支払い日と締め日を教えてください。

三井住友銀行 クレジットカード

JCBブランドを選べる• 学生向けカードがない• キャッシュカード一体型• ATM手数料の無料特典がある JCBブランドを選べる 三井住友カードとSMBC CARDでは選べる国際ブランドに違いがあります。 どちらもVISAブランドを選べるのは共通しておりますが、 三井住友カードはマスターカード、SMBC CARDはJCBブランドも選ぶことが可能です。 カード種類 国際ブランド VISA マスターカード JCB 三井住友カード 発行できる 発行できる 発行できない SMBC CARD 発行できる 発行できない 発行できる 学生向けカードがない 三井住友カードにはと呼ばれる学生向けのクレジットカードが用意されておりますが、SMBC CARDにはありません。 もし25歳以下(学生含む)なら三井住友カード デビュープラスがおすすめです。 キャッシュカード一体型 SMBC CARDは三井住友銀行のキャッシュカード一体型のクレジットカードになりますので、財布の中身もスマートになります。 三井住友カードならキャッシュカードを別々に持たなければいけません。 ATM手数料の無料特典がある SMBC CARDには 三井住友銀行本支店ATM、三菱UFJ銀行店舗外ATMのATM時間外手数料、ATM利用手数料が無料になる特典が付帯します。 銀行のクレジットカードならではの機能となりますが、オンラインバンキングやキャッシュレス化が進んでいる昨今ではATMを利用する機会は減ってきていると思いますので、特段メリットとは言いにくいかもしれません。 三井住友カードの申し込みに必要なもの 三井住友カードの申し込みに必要なものをまとめました。 銀行口座• 本人確認書類• 未成年は親の同意• キャッシング希望なら年収証明書 銀行口座 三井住友カードを作るには引き落としに設定する銀行口座が必須になります。 申し込み前にオンラインバンキングの設定とキャッシュカードも用意しておけば、三井住友カード申し込み時に振替口座のオンライン手続きもすることができます。 本人確認書類 運転免許証などの 本人確認書類が必要になります。 未成年は親の同意 ため、18歳19歳方は親の同意確認が必要になります。 確認方法は申し込み後の電話確認となりますので 事前に両親に報告して電話に出てもらうようにしましょう。 キャッシング希望なら年収証明書 本人確認書類以外に三井住友カードのキャッシング利用を希望する方は、下記条件に当てはまると年収証明書の提出が求められます。 審査をスムーズに進めたい方は、一旦キャッシング枠を0円もしくは最低限の金額にすれば書類提出の手間も省けますのでおすすめです。 最短翌営業日発行 三井住友カードはのクレジットカードです。 審査結果は 当日〜翌営業日目処でわかるでしょう。 最短5分のカード番号発行へ!2020年3月開始 三井住友カードは、2020年2月3日(月)に大幅リニューアルを実施し、券面デザイン変更の他にカード番号の最短5分発行を開始します。 発行されたカード番号はオンラインショッピングのカード情報・Apple PayやGoogle Payに登録することで利用できます。 受け取りは簡易書留 最短翌営業日で発行される三井住友カードは、 2〜4営業日目処で届くでしょう。 で届きます。 ETCカードや家族カードは別送される 三井住友カードのやは別々に送られてきます。 通常は三井住友カードよりも1週間〜10日間は遅れますので、三井住友カードに同封されていなくても安心してください。 カード裏面のサインを忘れずに サインが未記入のままだと付帯保険や不正利用の補償の適用外になったり、海外だと決済に使えないこともあります。 三井住友カードを受け取ったら、カード裏面のサイン欄に忘れずにサインを記入しておきましょう。 審査に落ちないための対策 三井住友カードをできるだけ確実に作るためにもをしておきましょう。 申し込み資格 三井住友カードの申し込み資格は 「高校生を除く18歳以上」となります。 いくら三井住友カードを作りたいと思っても申し込み資格を満たしていないと審査に通ることはありませんので必ず確認しておきましょう。 学生も作れる クレジットカードです。 学生の場合は収入が審査項目に含まれませんので、在学期間中は人生で最も作りやすい時期と言えるかもしれません。 また学生専用のがおすすめです。 専業主婦でも作れる 収入のないので安心してください。 三井住友カードの申込フォームの職業選択欄では「主婦」を選択することができます。 無職でも作れる 専業主婦や学生のように、安定した収入を得ている配偶者や親がいる場合は、無職でも作れる可能性があるため、になります。 しかし、それ以外の完全な無職の場合は、審査に通ることは難しいでしょう。 アルバイトやパートで収入を得ることから始めましょう。 楽天カードなら無職でも作りやすい 世帯年収(親の年収)での申し込みも可能であるため、としても人気です。 配偶者年収で作れるクレジットカードはいくつかありますが、世帯年収(親の年収)で作れるクレジットカードは極めて稀です。 この記事で解決できなかった疑問や質問がある方は、記事下のコメント欄より投稿していただければ順次回答させていただきます。 店舗でも申し込み可能? 三井住友カードはインターネット入会のみのクレジットカードなので、店舗で申し込み手続きをすることはできません。 店頭受取ができるならカードカウンターで申し込み手続きもできますので最寄りのカードカウンターを探してみましょう。 電話申し込みは可能? 三井住友カードは電話申し込みにも対応しておりません。 電話申し込みだと繋がるまでの待ち時間が長くなりますし、電話料金もインターネット接続料よりも割高ですのであまりおすすめできません。 新社会人は年収をいくらにするの? 職業が学生なら年収を気にすることなく申し込めた三井住友カードも、社会人になれば年収項目は審査にとって非常に重要なウェイトを占めます。 三井住友カードは作りやすいのでおすすめ 三井住友カードはの1つです。 もし場合は、も検討してみましょう。

次の

クレジットカードとデビットカードの違いと「初心者にはクレジットカードのほうがおすすめ」の理由

三井住友銀行 クレジットカード

国内大手の三井住友カード• 安心・信頼して使える• 最短翌営業日でカード発行• 1,000円利用につき1ポイント貯まる(1P=5円分相当)• ポイントUPモールの利用で最大20倍貯まる 三井住友カードはインターネットから申し込みすると、初年度の年会費が無料になる特典があります。 後ほど詳しく説明させて頂きますが、翌年度以降も年会費が無料または割引になる特典もあります。 三井住友カードはVポイントというポイントプログラムがあり、200円につき1ポイント貯まり、1ポイントは5円分相当として使えるようになっています。 ネットショッピングは三井住友カードのポイントUPモールを経由して買い物すると、最大20倍ものポイントがもらえてお得です。 三井住友カードでは、色々な種類のクレジットカードを発行しています。 三井住友カードの種類 年会費 特徴 1,375円 18~25歳専用、年1回以上の利用で翌年度年会費無料 1,375円 一般カード、海外旅行傷害保険最高2,000万円 1,650円 一般カード、海外・国内旅行傷害保険最高2,500万円 1,375円 女性向け、携帯利用料支払いポイント2倍 RevoStyle(リボスタイル) 永年無料 リボ払い専用、ポイント2倍 エグゼクティブ 3,300円 海外・国内旅行傷害保険最高4,000万円 5,500円 20代専用、国内空港ラウンジ利用、旅行傷害保険最高5,000万円 11,000円 国内空港ラウンジ利用、旅行傷害保険最高5,000万円 プラチナ 55,000円 空港ラウンジ利用、プライオリティパス、コンシェルジュサービス この他にも中国への旅行や出張で使いやすい三井住友銀聯カードや、提携カードとしてANAカード、Peach Card、Amazon MasterCard、京王パスポートVISAカード等など、豊富なラインナップになっています。 様々な企業と提携して発行している提携カードもいいですが、 一番のおすすめはカード名に「三井住友カード」と入る三井住友カードのプロパーカードです。 三井住友カードの特徴• 18歳から25歳専用のクレジットカード• いつでもポイント2倍、入会後3か月間は5倍• WEB申込で初年度年会費無料• 前年1回以上の利用で翌年度も年会費無料• ショッピング補償(最高100万円)• 満26歳以降の更新時にプライムゴールドへ 社会人になったことを機にクレジットカードを持ちたいと思った方に人気があるのは、三井住友カードデビュープラスです。 デビュープラスは18歳から25歳までの方専用のクレジットカードですが、満26歳以降のカード更新時には、三井住友カードプライムゴールドにランクアップして自動的に切り替わります。 プライムゴールドは20代専用のゴールドカードですので、満30歳以降の更新時には三井住友カードゴールドへと切り替わります。 三井住友カードアミティエの特徴• 世界で使えるVISAカード• セキュリティ対策が万全• 一般カードでもステータス性がある• WEB入会で初年度年会費無料• マイペイすリボ登録と年1回の利用で翌年度年会費無料または割引 世界で使えるVISAカード 三井住友カードは国際ブランドがVISAとMasterCardのどちらかを選べます。 世界的に有名なカード及びモバイル決済業界の専門誌であるザ・ニルソン・レポートによると、2015年の世界総取引件数はVISAが55,52%で、全国際ブランドの中で最も使われているとの調査結果が出ています。 VISAは世界中に加盟店があるので、海外旅行にはVISAカードを持って行くと安心です。 国内でもカード払いができるお店でVISAを見かけないことはありません。 クレジットカードを1枚だけ持つなら国際ブランドはVISAが1番おすすめです。 2枚持つ予定なら、1枚はVISAにするといいでしょう。 何にしても、1枚は必ず持っておきたいVISAカードです。 業界最高水準カード不正使用探知システム• 顔写真付きカードも選べる• ネットショッピング認証サービス• ワンタイムパスワード機能 クレジットカードを使う上で、心配なのがセキュリティ面や不正使用という方も多いと思います。 一般社団法人日本クレジット協会の調査によると、平成29年のクレジットカード不正使用被害額は236. 4億円なんだそうです。 三井住友カードは業界最高水準の不正使用探知システムで、24時間365日、カードの不正使用をモニタリングしてくれています。 万が一、不審な取り引きが疑われるようなことが起きた場合には、その取り引きをストップしたり、会員に直接電話やメールで連絡が取れるまで取り引きを保留してくれます。 これはとても安心ですね。 また、不正使用されてしまった場合でも、会員保障制度によって、60日前から損害を補償してくれるサービスあるので安心です。 一般カードでもステータス性がある 三井住友カードは、スタンダードな一般カードでもステータス性があります。 クレジットカードの種類には、銀行系、信販系、流通系などがありますが、中でも銀行系のクレジットカードは発行元が銀行なだけに、しっかりしているカードブランドという印象がありますね。 信販系や流通系のクレジットカードよりも、銀行系のカードのほうが審査が厳しめとも言われています。 銀行系クレジットカードを持っている方は、その厳しい審査にも通るほどの信用があるということです。 三井住友カードは2017年に創業50周年を迎えた老舗のカード会社です。 知名度や信頼においては、誰もが認めるステータス性を感じますし、カード会員へのサービスも一流です。 WEB申込• 郵送申込 申込方法はWEB申込と郵送申込の2通りありますが、郵送申込では初年度年会費無料の特典が付きません。 入会申込書ご請求によるお申し込みの場合、初年度年会費無料となりません。 入会申込書に記載の年会費となります。 ネットで資料請求できる環境があるなら、そのままWEB申込することをおすすめします。 WEB申込にかかる時間は10分程度です。 審査に通れば1週間ほどでカードが送られてきます。 () マイペイすリボ登録と年1回の利用で翌年度年会費優遇 三井住友カードはWEB申込で初年度年会費無料になりますが、条件を満たせば翌年度以降も無料で使い続けることができます。 三井住友カードのマイ・ペイすリボは、通常のリボ払いとは少し違って、リボ登録しても毎回1回払いにすることができるね。 しかも、年会費無料の条件にはリボ払いを使わないといけないことにはなっていないから、上手に利用すると年会費を無料にできるよ。 三井住友カードのマイ・ペイすリボ払いとは? マイ・ペイすリボはあらかじめ支払う金額を設定して、超えた部分だけリボ払いになる支払方法です。 例えば、毎月の支払金額の設定を1万円にしたとします。 9,000円の買い物では通常通り9,000円の支払いになりますが、10万円の買い物をした場合には、設定金額1万円を超えた9万円分は、翌月に繰り越しとなってリボ払いになります。 設定金額は自分で増やしたり減らすこともできます。 マイ・ペイすリボは、自分のペースに合わせて支払金額を変更できるサービスです。 その設定金額を高めに設定して毎回一括払いで支払うようにしておけば、マイ・ペイすリボの登録をしておきながらリボ払いを全く使わないということができます。 私の利用限度額で説明すると総利用枠は50万円ですが、リボ払い利用枠は30万円になっています。 マイ・ペイすリボの設定金額はリボ払い利用枠上限の30万円にしておいても、30万円使わなければ毎回一括払いになります。 マイ・ペイすリボの登録をして設定金額を高くしておけば、リボ払い登録をしながらリボ払いは利用しないで通常通りカードが使えます。 このお得な方法を使えば、ずっと年会費無料で使い続けることができます。 1,000円につき1ポイント貯まる• 1ポイント=5円分相当• ポイント還元率0. 454~1. 0% 貯まったポイントを全国50万店以上で使えるVJAギフトカードに交換すると考えると、5,000円分の商品券の交換には1,100ポイント必要です。 454%ですので、 クレジットカードの還元率としては普通よりも低いです。 ポイント還元率目的のクレジットカードをお探しの方にはおすすめできません。 三井住友カードのワールドポイントは、交換レートが下がらずに1P=5円分相当として交換できる楽天スーパーポイントやdポイントへの交換がおすすめです。 それでも還元率は0. 5%ですので、やはり還元率は低いです…。 より多くのポイントを貯めるためには、ポイント最大20倍のポイントUPモールを使うことが鉄則だね。 () 勧誘の電話やDMが来る これは敢えて挙げるならのデメリットになりますが、 三井住友カードの会員になると、勧誘の電話やダイレクトメールが来ることがあります。 つい先日も「キャッシング枠を増枠しませんか?」と電話がありました。 その他にも、マイ・ペイすリボの登録の誘いや保険の勧誘のDMが来ました。 勧誘されても必要ない場合には断ればいいだけのことですが、なかなか断れない性格の方にとっては困ったデメリットです。 勧誘がわずらわしいと感じる場合には、WEB会員サービスや自動音声応答サービスからダイレクトメールやセールス電話を止めることができます。 WEB申込はカードの発行が早いだけではありません。 インターネットからの入会は、初年度の年会費が無料になる特典が付いてきます。 郵送申込は書類のやり取りに時間がかかるので、カードが手元に届くのは書類を返送してからさらに2~3週間経ってからのことです。 カードを手にするまでに、約1か月みておく必要がありますね。 ちなみに、WEB入会で初年度年会費が無料になるのは、デビュープラス、三井住友カード、三井住友カードA、アミティエ、プライムゴールド、ゴールドです。 三井住友カードは初めての1枚をお探しの方や、ある程度のステータスを求めている方にとってもおすすめの1枚です。

次の