ビットコイン 信用取引。 仮想通貨/ビットコイン取引所おすすめ比較ランキング|日本の金融庁登録交換業者一覧・販売所との違い・海外の取引所も紹介!

【ビットコインの信用取引について】ビットコインの信用取引が行える事でさらに広がる仮想通貨市場

ビットコイン 信用取引

相違点 共通点 ビットコインFX• 土日も取引可能• 円だけでなく、ドルやユーロ建ての取引可能• 為替の値動きでも利益を得られる• 少ない資金で大きな取引を行うことができる• 貸ビットコイン料や金利がかかる、管理料がかかる• 土日は取引不可• 円建ての取引だけ可能 その1:「現金のやりとりがある・ない」 まず1つめは、ビットコインFXは現物のビットコインや現金のやり取りがないのに対し、ビットコインの信用取引は裏側で現物のビットコインや取引に掛かる現金の貸し借りが発生しているということです。 投資家はトレードをしているだけですので、まったく認識はできないと思いますが、信用取引を行う際、データ上では取引所から投資家へ「現金の貸し借り」や「ビットコインの貸し借り」というものが発生しています。 その2:「信用取引は管理手数料が発生する」 信用取引の場合、投資家は取引所へ「借りた現金に対する金利」や「借りたビットコインに対する貸株料(ビットコインの場合は貸ビットコイン料金 というのでしょうか・・・)」を支払う必要があります。 この2つの手数料は年間〇〇%と取引所ごとに決まっており、1日ごとに支払う必要があります。 また、建玉を保有したまま一日をまたいだ場合は「管理料」を支払う必要もあります。 多くの取引所ではビットコインFXのスプレッドや管理料と比べて信用取引にかかる管理料の方がかなり割高になっています。 その3:「取引の柔軟性はビットコインFXのほうがある」 次に、取引の柔軟性もビットコインFXの方があります。 ビットコインの信用取引の場合は、土日の取引ができない場合が多く、また建玉も円建てのみとなっています。 ビットコインFXについても現段階では円建てしか取り扱っていない取引所が多いのですが、一部では「ビットコインのドル建て」や「ビットコインのユーロ建て」で取引を行うことができる取引所もあります。 また、ビットコインFXの場合は土日も取引ができる取引所がほとんどです。 まとめ ビットコインFXのほうが柔軟な取引形態です。

次の

ビットコインの信用取引とは?損失を出さない取引方法と取引所解説!

ビットコイン 信用取引

ビットコインを取引していると、信用取引・先物取引・レバレッジといった言葉を聞く機会が多くあると思います。 初心者の人からすると、どういう意味なんだ?何が違うんだ?等疑問に思うことは多いでしょう。 そこで今日は、ビットコインにおける信用取引・先物取引・証拠金取引等についてまとめることにします。 信用取引・先物取引の両方に共通する特徴として、どちらも証拠金を用い、レバレッジを効かせて反対売買をするという事があります。 なので、まずは証拠金・レバレッジ・反対売買の3つの用語について解説することにしましょう。 ちなみに株取引における証拠金・レバレッジ・反対売買と、ビットコインにおける証拠金・レバレッジ・反対売買は必ずしも意味するところが一致するわけではなく、場合によっては異なった意味で使われることもありますが、ここではビットコインにおける場合に話を限定することにします。 ビットコイン取引におけるレバレッジとは? ビットコイン取引におけるレバレッジとは、 自分の提供資金の何倍の取引が出来るかを表した数字です。 例えばレバレッジが20倍なら、1万円を提供した場合に20万円分の取引が出来るという事であります。 ビットコインにおける証拠金とは? ビットコイン取引における証拠金とは、自分の資金より多くの取引を行うために 取引所に提供する担保のようなものです。 上記で、レバレッジの数字倍だけ取引をできると述べました。 この提供資金がまさに証拠金に当たるわけです。 例えば、レバレッジが最大10倍の取引所で20万円分の取引を行いたいのであれば、2万円を担保として 証拠金として 差し出すことになります。 むろん、担保であるので取引終了後に黒字であれば返ってきます。 ビットコインにおける反対売買とは? 反対売買とは、買った 売った ものを将来売る 買う ことです。 特に売りから入るというのは、信用取引と先物取引の場合のみに行う行為であるので少し理解しにくいかもしれません。 通常の現物取引であれば、安い値段で買ったものを将来高い値段で買うことを追求します。 例えば、100ドルで買ったものを150ドルで売れば50ドル分の利益を得ることができるという具合です。 対して信用取引と先物取引では、高い値段で売ったものを将来安い値段で買い戻すことで利益を得ることも出来ます。 例えば現在150ドルのものを売って、将来100ドルになったときに買うことで50ドルの利益を得るという具合です。 売りから入ることでも利益を得ることができるというのが、信用取引と先物取引の特徴です。 ちなみに、売りから入る場合は厳密には持っていないものを売るので、空売りといわれる事があります。 こうした、• 買ったものを将来売ること• 売ったものを将来買い戻すこと をともに反対売買といいます。 以下のように、反対売買の結果として買ったもの 売ったもの が最終的に0になるのがポイントです。 ビットコインにおける信用取引と先物取引の違い 信用取引と先物取引はともに証拠金を用いてレバレッジを効かせて反対売買をするという点で共通点もありますが、その本質は多くの点で異なっています。 以下ではこの異なった点に焦点を当てて見ていくことにしましょう。 つまり、証拠金として差し出したお金のレバレッジ倍の取引をするための お金を、取引所から借りて取引を行います。 対して先物取引には貸借関係が存在しません。 先物取引は、 将来の反対売買を現在約束する取引であります。 例えば、現在のビットコイン価格が1000ドルである場合を仮定しましょう。 Aさんは、3か月後には資金が用意できますが、その時にはビットコインの知名度がもう少し上がり、価格が1500ドル程度に上がってしまうと予想しました。 こうした場合にAさんは、先物市場を利用しお金の支払いを三か月先に延ばすことで、1000ドルの価格で商品を購入することが出来ます。 3か月後、予想通り値段が1500ドルに上がっていた場合でも、Aさんは1000ドルの支払いに加えて支払いを先に延ばすことで発生した手数料を払うのみで済みます。 この場合、1500ドルから1000ドルと手数料を引いた額がAさんの利益になります。 また、Aさんは3カ月の期日が来る前にも買った商品を反対売買 売却 することが出来ます。 仮に1カ月後に既に1500ドルになっていたなら、1000ドルで買った商品を1500ドルで売ることで500ドル分の利益を得ることが出来ます。 信用取引の場合は、 現物市場以外に別の市場は存在しません。 つまり、 現物市場の参加者と同じ市場で、同じ値段で取引を行うことになります。 対して先物取引の場合は、 現物市場以外に先物取引専用の市場が存在します。 先物取引の各市場には、限月 お金を用意する期日 が設定されてます。 例えば、ビットバンクトレードでは、今週物 今週金曜日期日 ・来週物 来週金曜日期日 ・四半期物 四半期最終金曜日期日 の三つの先物市場があり、それぞれの市場では、その期日まで反対売買を先に延ばすことが出来ます。 例えば1万円を証拠金として差し出し、レバレッジ10倍で10万円分の取引を行ったとしましょう。 この場合、借り入れている9万円に日単位で金利が発生します。 対して、先物市場では支払いを先に延ばしているだけ 商取引でいうなら買掛・売掛 であるので、日単位の金利というものは発生しません。 ビットコインで信用取引・先物取引を行うメリット ビットコインの市場はまだ発展段階であるため、 価格変動が非常に大きいです。 よって、価格変動による反対売買で利益を追求する 信用取引や先物取引を行いやすい環境にあるといえるでしょう。 実際に1万円しか資産がなかったとしてもレバレッジが10倍であれば10倍分の利益を得ることが可能ですし、20倍ならばそれ以上に利益を得ることが出来ます。 価格変動の大きいビットコイン市場では、こうした信用取引・先物取引でレバレッジを効かせて、多くの利益を追求することができるというメリットがあるでしょう。 01-0. 7 利益 25倍 7. 2-0.

次の

ビットコインで破産した事例とは?理由についても解説

ビットコイン 信用取引

目的によって利用するサービスは異なってくると思いますが、たとえば、 単純にビットコインなどを買って、気長に値上がりを待ちたいといった目的であれば「販売所」または「取引所」で仮想通貨の現物を売買する「現物取引」が考えられるでしょう。 そうではなく、 仮想通貨を積極的に取引することで売買差益を狙うことを目的にするのであれば、「証拠金取引」(仮想通貨の世界では、「仮想通貨のFX」「先物取引」「信用取引」の区分けなく、レバレッジ取引と言うケースもある)が最適です。 細かなルールは異なりますが、証拠金取引はいずれも共通して、売りからでも買いからでも取引を始められますので、 上昇局面だけでなく、下落局面でも利益を狙うことができますし、レバレッジ(てこの原理)を効かせた資金効率の良い取引が可能です。 積極的に取引して売買差益を狙いたいと考えている人には、魅力的な取引ではないでしょうか? なお、「現物取引」や証拠金取引のうち「仮想通貨のFX」については、すでに別の記事で紹介しています。 以下の【参考コンテンツ】をチェックしてください。 先物の種類は3種類 まず、 「先物取引」から紹介しましょう。 「先物取引」とは、 将来の特定の期日に、ある原資産について決められた価格で売買することを約束する取引のことです。 取引ルールの大枠は、「仮想通貨のFX」と似ていますが、 FXに取引期限がないのに対し、「先物取引」には取引期限が存在するという点が決定的に異なります。 FXは、何日、何カ月、何年ポジションを持とうが自由ですが、「先物取引」では、取引期限が来ると自動的に決済されますので、取引期限を超えてポジションを持ち続けることができません。 概要を押さえたところで、さっそく 仮想通貨の 「先物取引」ができる業者を確認したいと思います。 以下は、財務局への登録が完了している国内の仮想通貨交換業者に絞って、 がサービス内容などを調査し、まとめたものです。 詳細や最新情報については、必ず各業者のウェブサイトなどで確認するようにしてください。 4月1日(月)以降、 が提供しているのは、現物取引の のみです。 04%のスワップポイントが支払いで発生する。 は売買手数料のほか、利益が出た場合のみ決済利益に対して0. は、サービスの名称にこそ「FX」と付いていますが、取引ルールを見ると、取引期限が存在していることから、ここでは「先物取引」として紹介しています。 その取引期限については、 が1週間先物、2週間先物、3カ月先物の3種類、 も今週物、来週物、四半期物の3種類が用意されています。 呼び名こそ異なりますが、用意されている 取引期限は同じです。 売買手数料以外にも手数料!? 取引対象としては、ビットコイン一択の状態です。 売買手数料については、 は新規取引の際に0. 01%手数料が発生、決済時は無料。 は、今のところ無料(終了の2週間前に告知)です。 ただし、「仮想通貨のFX」と同様、 売買手数料の他に、売り買いを問わずポジションを翌日へ持ち越す際、別途手数料が発生します。 これは、業者によって呼び名は異なりますが、建玉管理料やスワップポイントと呼ばれるものです。 の場合は、 同様、スワップポイントという名称で、 1日あたり0. 04%の支払いとなっています。 お伝えしたとおり、「先物取引」の場合は、「仮想通貨のFX」と違って取引期限がありますので、 最大でも取引期限までの手数料ではありますが、ポジションを保有する限り発生し続ける手数料があるということも踏まえた上で、トータルコストを考えながらトレード計画を練る方が良いでしょう。 では、ポジションを持ち越すことで発生する手数料はないようですが、 キャピタルゲインフィーと呼ばれる独特の手数料が、決済時に利益が出た場合のみ徴収されます。 キャピタルゲインフィーは、決済利益に対して0. 2%ですので、覚えておくようにしてください。 ただし、 でも紹介したとおり、認定自主規制団体が発表している自主規制ルールの概要を見ると、 将来的には、仮想通貨の証拠金取引のレバレッジが4倍にまで引き下げられる方針であることがわかっています。 今すぐにではなくても、いずれは、 も についても、レバレッジが4倍まで引き下げられる時が来ると考えておいた方が良さそうです。 レバレッジをかけ過ぎると、すぐにロスカット水準に達してしまう可能性もありますので、レバレッジはかけ過ぎないようご注意を。 取引の際は 資金管理に十分、気を配るようにしてください。 いずれも、 高機能チャートを備えており、特に、中上級者に喜ばれそうなスペックが特徴です。 ただし、発注画面やチャート、注文履歴や保有ポジション一覧など、取引に必要な機能はどこに何があるのか、初めてでもある程度、感覚的につかめますので、特に操作に難しさは感じません。 初めて取引する人でも、慣れてしまえば不便は感じないのではないでしょうか。 (出所: ) ちらっと見た限りですので、常にそうだとは言い切れませんが、見比べるてみると、 よりも の方が板に動きがあり、流動性を確保できている印象でした。 は、最良売気配(もっとも安い売注文の価格)と最良買気配買(もっとも高い買注文の価格)の差も狭く、新しい注文が入れ替わり立ち代わり出されているんだろうなと感じられる活況具合。 なんでも、 で出された注文は、 OKEX. comという海外の大手仮想通貨取引所に取り次がれるそうで、それが の流動性の高さの要因らしいです。 もちろん取次先がどうにかなってしまったら、流動性の確保は難しくなるのでしょうが、それはここでは置いておいて…そもそも、いくら「先物取引」がしたいと言っても、取引が閑散とした状況では、なかなか思ったとおりの価格で約定できません…。 普通に考えると、 できるだけ取引参加者が多く、売買が活況な取引所で取引したいものです。 は、対米ドルの通貨ペアしかなかったり、取引単位も1枚=100USD相当と見慣れない感じだったり、取引に必要な証拠金はビットコインで預け入れる必要があったりと、慣れるまでは感覚としてつかみづらいものがありそうではありますが、 仮想通貨で「先物取引」がしたいという方は、一度、高い流動性が維持されていそうな をチェックしてみるといいのでは? ( では、仮想通貨の「信用取引」について解説!).

次の