ソフトバンク 紛失。 ソフトバンク法人窓口!よくあるお問い合わせ内容【お役立ち情報】

ソフトバンク携帯電話を紛失したときの手続き方法まとめ

ソフトバンク 紛失

「さっきまでポケットや鞄に入っていたはずの携帯が見当たらない! 」「もしかして失くしたか盗まれたかも……」 こんな風にヒヤッとした経験をした方は誰でもあるのではないでしょうか。 すぐに見つかれば良いのですが、本当に携帯を失くしてしまった時は「携帯を探す」と同時に、「携帯や携帯に登録された情報が他人に悪用されるのを防ぐ」ことも重要になります。 万が一、悪意ある人の手に携帯が渡ってしまうと、個人情報が盗み見られたり、決済サービスを不正利用されて高額請求がきたり、SNSなどのアカウントが乗っ取られたりする危険性があるためです。 そんな最悪の被害を防ぐため、そして速やかに携帯を探すため、 携帯紛失時にすぐにやるべき5つの対処法を紹介します。 携帯を紛失した後にやることのリスト iPhoneかAndroid端末かにかかわらず、携帯を失くした際のやるべき5つの対処法は次の通りです。 心当たりのある場所や警察に連絡する• ドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリアに連絡して回線停止手続きを行う• クレジットカード・電子マネーの利用停止手続きを行う• SNSやWebサービスなどのアカウントのパスワードを変更する この5つの対処法を実行することで、携帯が手元に戻ってくる可能性が高まるだけではなく、携帯の悪用防止にも繋がります。 携帯を紛失したことに気がついたら、できるだけ早くこれらの対処法を実行しましょう。 「iPhoneを探す」「Andoridを探す」では若干利用できる機能や名称が違いますが、どちらも下記の機能が利用できます。 位置情報の確認:GPSを利用して紛失したiPhone・Androidの現在位置を確認する• 着信音を鳴らす:遠隔操作で紛失したiPhone・Androidの音を鳴らす• スマホのロック 紛失モード :iPhone・Androidに遠隔ロックをかけ、画面に連絡先を表示する• iPhoneの場合 iPhoneの場合はiCloudまたはプリインストールアプリ「iPhoneを探す」を使って、携帯の現在位置の確認や遠隔ロックを設定することができます。 紛失したiPhoneで使用していたのと同じApple IDで下記からサインインする• サインインしたApple IDに紐づいている端末が表示されるので、探したいiPhoneを選択• 地図上に選択したiPhoneの現在位置が表示される• 画面下部の「アクション」を選択していずれかの機能を選択する• サウンドを再生:紛失したiPhoneで着信音を鳴らす• 紛失モード:遠隔ロック・連絡先とメッセージの表示• iPhoneの消去:iPhone内のデータの全消去 別のiPhoneから利用する場合は、「iPhoneを探す」アプリを使用します。 また、パソコンを利用す場合はiCloudからiPhoneを探すことができます。 紛失モード iPhoneを紛失したら、まずは手順4から「紛失モード」を選択し、iPhoneの遠隔ロック及び拾った人向けに表示するメッセージと連絡先 電話番号 の設定を行いましょう。 「紛失モード」でロックしたiPhoneは、設定したパスコードを入力しない限りは利用できなくなります。 また、「紛失モード」中はApple Payや学生証、そしてエクスプレスカード用に設定されたクレジットカード・デビットカードも利用できなくなるので、それらの悪用防止にも繋がります。 更に「紛失モード」にした際に設定した連絡先 電話番号 とメッセージが、紛失したiPhoneの画面に表示されます。 失くしたiPhoneで使用中のもの以外で利用可能な電話番号がない場合は、メッセージにメールアドレスを記載するという手もありますよ。 サウンドを再生 もし、部屋の中でiPhoneを失くした場合などは、「サウンドを再生」でiPhoneから音を鳴らしてすぐに位置を特定することもできます。 iPhoneの消去は最終手段 「iPhoneの消去」を選択すると、拾った人へのメッセージや連絡先 電話番号 設定後に iPhoneが初期化され、iPhone内の全データを消去することになります。 データ消去後は「iPhoneを探す」での位置検索もできなくなるため、どうしても見つからなかった時の最終手段にした方が良いでしょう。 「iPhoneを探す」を使う条件 「iPhoneを探す」を利用するには、紛失したiPhoneが下記の条件を満たしている必要があります。 「iPhoneを探す」がオンになっている• オンラインに接続できる状態• iOS 6以前 位置情報サービスがオンになっている 端末の「iPhoneを探す」の設定がオフになっていると、iCloudに接続しても位置情報の取得ができません。 「iPhoneを探す」を使うための事前準備 iPhone紛失時に「iPhoneを探す」を使えるようにするため、事前に下記の手順で端末の「iPhoneを探す」の設定をオンにしておきましょう。 iPhoneのホーム画面で「設定」アプリをタップ• 「iPhoneにサインイン」をタップし、「Apple ID」と「パスワード」を入力してサインイン• 「設定」アプリの画面で「ユーザー名」をタップし、「iCloud」をタップ• 「iPhoneを探す」から機能をオンにする また、iOS 8以降では「iPhoneを探す」の下にある 「最後の位置情報を送信」もオンにしておくと、バッテリーが残り少なくなった際に位置情報を自動で送信してくれるので、バッテリーが切れた後も直近の位置情報を確認することができます。 次の章では、「Androidを探す」を使って携帯を探す方法を解説します。 画像引用元: Android端末の場合はGoogle公式アプリ「Androidを探す」 別名「端末を探す」「スマートフォンを探す」 を使って、携帯の現在位置の確認や遠隔ロックを設定することができます。 紛失したAndroidに紐づいていたのと同じGoogleアカウントで別のAndroidのアプリかパソコンからサインイン• サインインしたGoogleアカウントに紐づいている端末が表示されるので、探したいAndroid端末を選択• 機能を選択する• 着信音を鳴らす:紛失したAndroid端末で着信音を鳴らす• デバイスを探す:Android端末の現在位置を地図上に表示する• スマートフォンのロック:遠隔ロック・連絡先とメッセージの表示• スマートフォンからのログアウト:ログイン中のGoogleアカウントを遠隔でログアウトする• また、パソコンから利用する場合には「android. まずはスマートフォンのロック 悪用防止のため、まずは 「スマートフォンのロック」で、Android端末を遠隔ロックし、拾った人に向けて表示する連絡先 電話番号 とメッセージを設定しましょう。 失くしたAndroid端末で使用中のもの以外で利用可能な電話番号がない場合は、メッセージにメールアドレスを記載する手もあります。 また、「スマートフォンからのログアウト」では、紛失したAndroid端末でログイン中のGoogleアカウントを遠隔でログアウトさせることができます。 万が一、ロックが解除されてしまった場合のGoogleアカウントに紐づいた個人情報の漏洩防止に有効です。 この「スマートフォンからのログアウト」を行った後も、「位置情報の特定」「スマートフォンのロック」「着信音を鳴らす」「データ消去」を行うことができます。 最後の手段は「デバイスのデータ消去」 最後の「デバイスのデータ消去」ではAndroid端末のデータを消去しますが、外付けのSDカードの保存されたデータは完全に消去されない場合もあります。 また、「デバイスのデータ消去」実行後は「位置情報の特定」「スマートフォンのロック」など他の機能が使えなくなるので、他の方法を全て試した後の最後の手段にしましょう。 「Androidを探す」が使う条件 「Androidを探す」で位置情報の検索ができない時には、紛失したAndroidが下記の条件を満たしていない可能性があります。 電源が入っていること• Googleアカウントにログインしていること• 「Androidを探す」がオンになっていること• オンラインに接続できる状態• 位置情報サービスがオンになっていること• Google Playで「メニューに表示する」設定になっていること なお、「電源がオフ」の場合や「位置情報サービスがオフ」の場合でも、 「スマートフォンのロック」「スマートフォンからログアウト」「デバイスのデータ消去」は実行できます。 「Androidを探す」で位置情報が検索できない時でも、誰かが拾って電源を入れた時などに備えて「スマートフォンのロック」だけは設定しておきましょう。 「Androidを探す」を使うための事前準備 携帯紛失時に「Androidを探す」を使うために、事前に端末の設定から「Androidを探す」をオンにしておきましょう。 Android端末の設定画面を開く• 「Androidを探す」 または「デバイスを探す」 をタップ• 「Androidを探す」を「オン」にする これで「Androidを探す」の設定は完了です。 端末を紛失した後で「Androidを探す」の設定をオンにすることはできません。 新しいAndroid端末を入手したら、忘れずに設定を確認しておきましょう。 Google Playで「メニューに表示する」設定も確認 「Androidを探す」はGoogle Playの機能を利用しているため、Google Playでその携帯が「メニューに表示する」設定になっている必要があります。 デフォルトでは「メニューに表示する」設定になっていますが、 もし「Androidを探す」で位置情報の検索などができない場合は下記の手順でGoogle Playの設定も確認してみましょう。 探したい端末と紐づいているGoogleアカウントでにログイン• 探したい端末の「メニューに表示する」にチェックが入っているか確認 このGoogle Playの「メニューに表示する」は、端末を失くした後でも、その端末に紐づいたGoogleアカウントを使用すれば、パソコンなどから設定の変更可能です。 ここまで紹介した通り、「iPhoneを探す」や「Androidを探す」を使えば、ひとまず失くした携帯の遠隔ロックを行ったり、現在位置を確認することができます。 しかし、遠隔ロックを行っても完全に携帯の悪用を防げるとは限りませんし、現在位置が掴めずすぐに携帯が見つからない可能性もあります。 次の章では、「iPhoneを探す」や「Androidを探す」を利用すること以外の携帯紛失時の対処法を紹介します。 心当たりのある場所や警察に連絡する 携帯を失くした場所に心当たりがある場合は、すぐにその場所に連絡しましょう。 交通機関の車内に置き忘れた場合は、忘れ物専用の問い合わせ窓口に問い合わせることになります。 例えば、JR東日本及び西日本なら、下記の忘れ物専用窓口が用意されています。 連絡先 対象 エリア 電話番号 受付時間 JR東日本 お問い合わせ センター お忘れ物) JR東日本 050-2016-1601 6:00~24:00 JR西日本 お客様センター 近畿・山陰 0570-00-4146 06-6133-4146 8:00~22:00 金沢 忘れ物センター 北陸 076-293-2234 8:00~20:00 岡山 忘れ物センター 岡山 086-221-1901 8:00~20:00 福山 忘れ物センター 福山 084-921-3033 8:00~20:00 広島 忘れ物センター 広島 082-261-5461 8:00~20:00 新山口 忘れ物センター 山口 083-972-0625 8:00~20:00 また、悪用防止のためにも 警察に行き、遺失届を提出しておきましょう。 遺失物届で失くした携帯の形状や失くした状況を記入しておけば、携帯が警察に届けられた後に連絡が来ます。 その上、遺失物届を出しているか否かで、万が一、クレジットカードなどを不正利用された場合の補償や端末補償を受けられるかも変わってきます。 遺失物届を出す際は「IMEI」の記入も求められるので事前にチェックしておきましょう。 「IMEI」とは、携帯などの通信機器本体に設定されている15桁の識別番号で、本体の裏面や設定画面からを確認できます。 既に携帯本体を紛失している場合は、iPhone・Android端末が入っていた個包装箱に貼ってある「ラベル」や領収書から確認可能です。 キャリアで回線停止手続きを行う 拾った人による通話の悪用などを防ぐため、ドコモ・au・ソフトバンクなど 利用しているキャリアに連絡し、回線停止手続きを行いましょう。 ドコモ・au・ソフトバンクの回線停止手続き窓口は下記の通りになります。 一般電話:0800-919-0113• ソフトバンク携帯:157 いずれの窓口も24時間受け付けしています。 無事に携帯が見つかった後は利用再開手続きを行うことで以前と同じ電話番号・メールアドレスで利用を再開できます。 失くした携帯がすぐに見つからないと感じたら、できるだけ早くキャリアの回線停止手続きを行いましょう。 電子マネーなどの利用停止手続きを行う 携帯に登録したクレジットカードや電子マネーなどがある場合は、それらの利用停止手続きも行いましょう。 キャリアの回線停止手続きだけで十分と思いがちですが、実は決済サービスは回線を停止後もWiFi環境下でなら利用することができます。 実際に、携帯紛失後にキャリアの回線停止手続きだけを行い、クレジットカードによるオートチャージ機能付き電子マネーの利用停止手続きを行っていなかった人のもとに、後日不正利用が原因で何百万円もの請求が来てしまったというケースもあります。 また、最近はPayPayなどのスマホ決済サービスを利用している方も多いと思いますが、失くした携帯でこれらのスマホ決済サービスを利用していた場合も各窓口で利用停止手続きを行いましょう。 SNSなどのパスワードを変更する 失くした携帯からSNSやWebサービスを利用していた方は、別の端末からそれらのアカウントにログインし、ID及びパスワードを変更しておきましょう。 IDやパスワードを変更しておくことで、アカウント乗っ取りや個人情報の盗み見を防ぐことができます。 GoogleアカウントやApple IDはもちろん、Facebook、Instagram、TwitterなどのSNS、Amazonや楽天市場、Yahoo! ショッピングなどの通販サイトなど、携帯で利用していたサービスのパスワードは早めに変更しておきましょう。 携帯紛失に備えて安心のスマホライフを 携帯紛失時は、速やかに端末を探すため、そして不正利用や個人情報漏洩の被害を防ぐために下記の5つの対処法をできるだけ早く実行しましょう。 心当たりのある場所や警察に連絡する• ドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリアに連絡して回線を止める• クレジットカード・電子マネーの利用停止手続きを行う• SNSやWebサービスなどのアカウントのパスワードを変更する これらの対処法を速やかに実行するには、日頃の準備も重要です。 まず、 「iPhoneを探す」や「Androidを探す」を使うためにも、必要な設定がオンになっているかを確認しておきましょう。 また、携帯紛失時の環境によっては対処法や各種連絡先をすぐにインターネットで調べられない可能性があるので、やるべきことや連絡するべき窓口は手帳などに書き留めておくのがおすすめです。 万が一の携帯紛失に備えて事前に確認・準備をしておき、安心のスマホライフを送りましょう。

次の

ソフトバンクのセキュリティパックを完全解説

ソフトバンク 紛失

関連記事• ソフトバンクが、Nexus 6P向け「スマートセキュリティ powered by Trend Micro」を提供開始。 トレンドマイクロのセキュリティソリューションを利用し、ウイルスや個人情報の漏えいから端末を保護する。 1年の中でスマホの紛失が一番多いのが忘年会シーズン。 個人情報や機密情報の入ったスマホをなくして大変なことにならないように、事前に対策を用意しておきましょう。 日本では3キャリアとAppleがiPhone 6s/6s Plusを販売しているが、故障や紛失時のアフターサービスには、どのような違いがあるのだろうか? さまざまなシチュエーション別に料金や内容を比較した。 通信はすぐに止めてもらったのですが、紛失した端末からLINEを見られないようにする方法はありますか?• 出先に忘れたり、落としたりして紛失したりしたスマホが悪用されてしまう事例が相次いでいます。 国民生活センターの担当者から、実際に起こった悪用事例と、私たちが取れる対策について話を聞きました。 関連リンク•

次の

ソフトバンクのスマホを紛失してしまったときの対処法

ソフトバンク 紛失

お客さま基本情報 お客さまの名義や連絡先電話番号、PUKコードなどが確認できます。 PUKコードは、PINコードを3回間違えてロックがかかった場合の解除コードです。 会員名とは? My SoftBankに登録された方を「My SoftBank会員」と呼んでいます。 会員名は、ログイン後の画面左上に位置する「会員名」の欄に表示されます。 パスワードとは? My SoftBankでは、My SoftBankパスワードを「パスワード」と表記しています。 ログインにあたり、お客さまごとに個別に発行するMy SoftBankパスワードを用いてお客さまを特定しておりますので、第三者に知られないよう適切に管理をお願いします。 暗証番号とは? 暗証番号は新規契約時の申込書類(控)にお客さまご自身で設定された4桁の数字です。 My SoftBankパスワード紛失時の本人確認や、決済画面等での意思確認の際に「暗証番号」または「4桁の暗証番号」と表示されます。 また、My SoftBank認証のご利用履歴もご確認いただけます。 My SoftBank認証設定 携帯電話番号とパスワードを使って対応サービスにログインしたり、コンテンツ料金等を月々のケータイ料金とまとめてお支払いいただくことができるようになります。

次の