福岡 パチンコ 来店イベント。 【教えて】パチンコ関連の規制がゆるい県とかあるの? なんで??

福岡県のパチンコ&スロットが強い優良店を厳選!《勝率アップ》|おゆねっと

福岡 パチンコ 来店イベント

パチンコ・パチスロに対する規制はだんだんと厳しくなってきているが、ライター来店イベントの規制は、地域によってまだゆるいところもある。 規制が厳しい地域とゆるい地域、そして地域差がある理由について調べてみた。 ライター来店イベント禁止の地域 ブログを更新しました スロログ : ライター来店イベントや告知の規制はどこまでが禁止なの? — スロログ slotlog 情報誌(イベント企画)等の取材来店日の自粛という内容が全国でジワリと広がりつつあります。 2016年頃から徐々にパチンコ・スロット来店取材が多くなり、集客イベントとしてエスカレートしたため、各都道府県では、「自粛するよう」通達している。 ライター来店イベントが規制の対象となっている地域は、2018年5月現在では以下の通り。 自治体によって表現はさまざまだが、来店イベントそのものを禁止している地域もあれば、イベントの告知を禁止している地域などもあるようだ。 しかし、東京五輪に向けて神奈川県が規制対象になるという噂もあり、禁止地域は今後も増えていくことが予想される。 以前まで行われていた「7日は激アツ」「〇〇が設定5・6確定」など出玉に関する広告は一切できなくなり、集客手段を失ったホールの損失は大きいだろう。 実際、規制前は毎日のようにイベントが行われホールには長蛇の列が出来ていたが、いまその光景が見られるのは旧イベント日ぐらいだ。 規制がパチンコ店に及ぼした影響は明らかである。 来店イベントの規制に地域差があるのは、全国的に行われたパチンコ店の広告宣伝規制に端を発する。 2011年、射幸心を煽るような広告が禁止となり、これに代わる客寄せ手段として台頭してきたのが、「ライターの来店」や「雑誌の取材」の告知。 有名人や取材が来るという事実を伝えているだけ……ということで当初は大目に見られていたが、次第にライター来店や雑誌取材の告知も不適切であるとする地域が現れ始めた。 規制に地域差がある理由 それは法律の問題です。 風営法が定めているぱちんこ所管主体は「 都道府県 公安委員会」であって、国家公安委じゃないんですよ。 だからその職務・庶務を代行する各地の警察本部が行政行為の第一義主体になります。 — POKKA吉田 POKKAYOSHIDA 法律は当然、日本全国共通。 パチンコ・パチスロは「お客様に遊興・飲食などをさせる営業」すなわち「風俗営業」とされ、風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)に基づいて適切に営業するよう定められている。 ところが、実際に管理するのは国ではなく都道府県の公安委員会であり、「どんな広告が風営法に抵触するか」という解釈が各地でバラバラ。 こういった事情で、規制の厳しさに地域差が生じていたのである。 都遊連(東京都遊技業協同組合)は都内のホールに対して出玉写真を載せないよう通知した。 とは言え、これもまだ「東京都」に限られた話。 追従するかどうかは各道府県の判断に委ねられている。 しかし、魅力的な台を設置して設定を入れるなどして、優良店というイメージさえ作れれば、ライター来店イベントに頼らずとも集客は可能なはずだ。

次の

スロット、パチンコ店の日にち別旧イベント日まとめ

福岡 パチンコ 来店イベント

また、収支を安定させる上ではホール選びと同じくらい「癖」を読むことが重要なのです。 今だにイベント日前日にパチンコホールに行って、データを確認している人も多く存在しますが、サイトセブン 月額500円 を使用することで、スマホからリアルタイムでいつでも全国のパチンコホールのデータが確認出来るので、時間と移動費をかなり短縮することが出来ます。 パチンコホールが力を入れている機種• 同じ機種に高設定を入れる頻度• イベント日でなくても高設定を使用する日 上記のことを把握する上でサイトセブンは最も優秀なツールです。 パチンコもスロットも出玉感は強く、稼働率が高いパチンコ店です。 旧イベント日である3のつく日や9のつく日は癖も読みやすく人気の高い機種をメインに高設定を大量投入していることから人気の理由が窺えます。 このパチンコ店ではパチンコの出玉感がスロットよりも勝っているように感じましたので、パチンコメインで遊戯される方には特におすすめのパチンコ店です。 パチンコ・スロット共に人気機種を狙っていくのが良いでしょう。 MJグループは福岡県・大分県では比較的強いパチンコグループの一つです。 通常営業の設定配分も悪くはなく、旧イベント日である1のつく日では人気機種をメインに高設定を投入しているパチンコ店です。 パチンコのボーダーもクリアしており、スロットの平均設定も良いパチンコ店なので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。 123は全国的に強いことで有名なパチンコ店で、旧イベント日である1のつく日の平均設定は高く稼働率も高いことから人気の理由が窺えます。 年に2回の1月23日・12月3日等は非常に強く、お祭り状態になることで有名ですね。 これらの日はお客さんも非常に多いので、抽選番号が悪いと人気の高い機種を打つことはほぼ不可能なので注意が必要です。 通常営業でもパチンコ、スロット共にバランスの取れた出玉感が特徴的で、特に旧イベント日である2のつく日では、1000人前後並ぶことも多く圧倒的な出玉感です。 人気機種をメインに高設定を大量投入しており、設置台数の少ない機種には全台系も頻度に確認が出来ました。 年に1度の2月22日は福岡県にあるパチンコ店の中でもトップレベルのお祭りになるので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。 旧イベント日では平均的に300人程度並ぶ人気店です。 全台系等の派手な営業はしないものの全体的な平均設定が高く、プラスで終えることが可能な点が良いですね。 通常営業でも設定5. 6が多めに投入されており、特にジャグラーシリーズに力を入れています。 ジャグラーシリーズや絆2等の人気機種は特に強い出玉感だったので、来店する際は人気機種を狙っていくのがベターです。 パチンコもスロットも全体的にバランスの取れた出玉感が特徴のパチンコ店です。 旧イベント日である5のつく日、9のつく日では全体の出玉感が強くなります。 このパチンコ店も人気機種をメインに高設定を投入しているので、人気機種を中心に狙っていくのが良いでしょう。 自分が北九州市の近くに行った際は必ず立ち寄るパチンコ店の一つです。 1円パチンコはよく回って十分に遊べて、5円スロットは稼働率・平均設定が良い低貸メインのパチンコ店です。 20円スロットも高設定が入っているのですが、お昼前は稼働率が悪いため探し出すのが至難の業です。 20円スロットに関しては夕方ごろに来店して後ヅモを狙うのがベターかと思われます。 新台入替の日は新台が強い傾向にあるので、狙ってみてください。 通常営業でも高設定はかなりの確率で投入されているので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。 通常営業でも高設定はちらほら確認できる強いパチンコ店です。 旧イベント日はマルハングループお馴染みの7のつく日です。 7のつく日では人気の高い機種をメインに高設定を大量投入している様子が窺えますが、ジャグラーシリーズに関してはそこまで高設定が多くはなく、平均設定高めの中間ベースでした。 玉屋に対抗しているのか2のつく日も強く、この日はジャグラーシリーズも高設定が多いことからジャグラー狙いの方は2のつく日に来店するのがおすすめです。 とにかく人気機種には高設定を投入しているパチンコ店で、通常営業でも連日高設定を使い続けていることが確認できた超優良店です。 旧イベント日である1のつく日はかなり強く、8のつく日は全体的に平均設定が底上げしている様子が窺えました。 人気機種に高設定は使っているものの、ジャグラーシリーズにはそこまで高設定を大量導入してはいなさそうです。 ジャグラーシリーズ以外は高設定が非常に多く、足を運ぶ価値があるパチンコ店なので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。 通常営業の平均設定はそこそこ良く、稼働率も高いパチンコ店です。 旧イベント日は1のつく日と3のつく日がありますが、どちらかといえば3のつく日の方が強いと感じました。 高確率で設定5. 6を大量投入していることで有名なので、朝一の並びも200人以上とかなり抽選勝負といったところでしょうか。 抽選番号が悪くなければメイン機種を打つことは可能なので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。 パチンコは平均的な出玉感ですが、スロットはしっかりと高設定を使っている優良店です。 特にジャグラーシリーズや30パイ機種は人気が高くいので稼働率が高く、旧イベント日である1のつく日、7のつく日はしっかりと高設定を使っていることから人気の理由が窺えます。 また、収支を安定させる上ではホール選びと同じくらい「癖」を読むことが重要なのです。 今だにイベント日前日にパチンコホールに行って、データを確認している人も多く存在しますが、サイトセブンを使用することで、スマホからいつでも全国のパチンコホールのデータが確認出来るので、時間と移動費をかなり短縮することが出来ます。 パチンコホールが力を入れている機種• 同じ機種に高設定を入れる頻度• イベント日でなくても高設定を使用する日 上記のことを把握する上でサイトセブンは最も優秀なツールなので、使っていない人は大損していると言っても良いでしょう。 一般的に強いといわれていて有名なパチンコ店は並びが非常に多く、抽選勝負がかなり厳しいのがネックですね。 もちろん良い抽選番号を引けた場合はかなりの確率で勝てるパチンコ店は沢山ありますが、抽選番号が悪いと勝つどころか台に座れない!なんて悲しいこともあります。 個人的には人にあまり知られていない穴場的なパチンコ優良店が好みで、ライバルの少ないパチンコ店を探し出すことで、楽に勝率を上げることが可能です。 この穴場的要素を含むパチンコ店は福岡県にたくさん存在するので、パチンコ店のデータ巡りをして探してみても良いかと思います。

次の

来店 取材イベント禁止の拡大 第2章

福岡 パチンコ 来店イベント

また、収支を安定させる上ではホール選びと同じくらい「癖」を読むことが重要なのです。 今だにイベント日前日にパチンコホールに行って、データを確認している人も多く存在しますが、サイトセブン 月額500円 を使用することで、スマホからリアルタイムでいつでも全国のパチンコホールのデータが確認出来るので、時間と移動費をかなり短縮することが出来ます。 パチンコホールが力を入れている機種• 同じ機種に高設定を入れる頻度• イベント日でなくても高設定を使用する日 上記のことを把握する上でサイトセブンは最も優秀なツールです。 パチンコもスロットも出玉感は強く、稼働率が高いパチンコ店です。 旧イベント日である3のつく日や9のつく日は癖も読みやすく人気の高い機種をメインに高設定を大量投入していることから人気の理由が窺えます。 このパチンコ店ではパチンコの出玉感がスロットよりも勝っているように感じましたので、パチンコメインで遊戯される方には特におすすめのパチンコ店です。 パチンコ・スロット共に人気機種を狙っていくのが良いでしょう。 MJグループは福岡県・大分県では比較的強いパチンコグループの一つです。 通常営業の設定配分も悪くはなく、旧イベント日である1のつく日では人気機種をメインに高設定を投入しているパチンコ店です。 パチンコのボーダーもクリアしており、スロットの平均設定も良いパチンコ店なので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。 123は全国的に強いことで有名なパチンコ店で、旧イベント日である1のつく日の平均設定は高く稼働率も高いことから人気の理由が窺えます。 年に2回の1月23日・12月3日等は非常に強く、お祭り状態になることで有名ですね。 これらの日はお客さんも非常に多いので、抽選番号が悪いと人気の高い機種を打つことはほぼ不可能なので注意が必要です。 通常営業でもパチンコ、スロット共にバランスの取れた出玉感が特徴的で、特に旧イベント日である2のつく日では、1000人前後並ぶことも多く圧倒的な出玉感です。 人気機種をメインに高設定を大量投入しており、設置台数の少ない機種には全台系も頻度に確認が出来ました。 年に1度の2月22日は福岡県にあるパチンコ店の中でもトップレベルのお祭りになるので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。 旧イベント日では平均的に300人程度並ぶ人気店です。 全台系等の派手な営業はしないものの全体的な平均設定が高く、プラスで終えることが可能な点が良いですね。 通常営業でも設定5. 6が多めに投入されており、特にジャグラーシリーズに力を入れています。 ジャグラーシリーズや絆2等の人気機種は特に強い出玉感だったので、来店する際は人気機種を狙っていくのがベターです。 パチンコもスロットも全体的にバランスの取れた出玉感が特徴のパチンコ店です。 旧イベント日である5のつく日、9のつく日では全体の出玉感が強くなります。 このパチンコ店も人気機種をメインに高設定を投入しているので、人気機種を中心に狙っていくのが良いでしょう。 自分が北九州市の近くに行った際は必ず立ち寄るパチンコ店の一つです。 1円パチンコはよく回って十分に遊べて、5円スロットは稼働率・平均設定が良い低貸メインのパチンコ店です。 20円スロットも高設定が入っているのですが、お昼前は稼働率が悪いため探し出すのが至難の業です。 20円スロットに関しては夕方ごろに来店して後ヅモを狙うのがベターかと思われます。 新台入替の日は新台が強い傾向にあるので、狙ってみてください。 通常営業でも高設定はかなりの確率で投入されているので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。 通常営業でも高設定はちらほら確認できる強いパチンコ店です。 旧イベント日はマルハングループお馴染みの7のつく日です。 7のつく日では人気の高い機種をメインに高設定を大量投入している様子が窺えますが、ジャグラーシリーズに関してはそこまで高設定が多くはなく、平均設定高めの中間ベースでした。 玉屋に対抗しているのか2のつく日も強く、この日はジャグラーシリーズも高設定が多いことからジャグラー狙いの方は2のつく日に来店するのがおすすめです。 とにかく人気機種には高設定を投入しているパチンコ店で、通常営業でも連日高設定を使い続けていることが確認できた超優良店です。 旧イベント日である1のつく日はかなり強く、8のつく日は全体的に平均設定が底上げしている様子が窺えました。 人気機種に高設定は使っているものの、ジャグラーシリーズにはそこまで高設定を大量導入してはいなさそうです。 ジャグラーシリーズ以外は高設定が非常に多く、足を運ぶ価値があるパチンコ店なので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。 通常営業の平均設定はそこそこ良く、稼働率も高いパチンコ店です。 旧イベント日は1のつく日と3のつく日がありますが、どちらかといえば3のつく日の方が強いと感じました。 高確率で設定5. 6を大量投入していることで有名なので、朝一の並びも200人以上とかなり抽選勝負といったところでしょうか。 抽選番号が悪くなければメイン機種を打つことは可能なので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。 パチンコは平均的な出玉感ですが、スロットはしっかりと高設定を使っている優良店です。 特にジャグラーシリーズや30パイ機種は人気が高くいので稼働率が高く、旧イベント日である1のつく日、7のつく日はしっかりと高設定を使っていることから人気の理由が窺えます。 また、収支を安定させる上ではホール選びと同じくらい「癖」を読むことが重要なのです。 今だにイベント日前日にパチンコホールに行って、データを確認している人も多く存在しますが、サイトセブンを使用することで、スマホからいつでも全国のパチンコホールのデータが確認出来るので、時間と移動費をかなり短縮することが出来ます。 パチンコホールが力を入れている機種• 同じ機種に高設定を入れる頻度• イベント日でなくても高設定を使用する日 上記のことを把握する上でサイトセブンは最も優秀なツールなので、使っていない人は大損していると言っても良いでしょう。 一般的に強いといわれていて有名なパチンコ店は並びが非常に多く、抽選勝負がかなり厳しいのがネックですね。 もちろん良い抽選番号を引けた場合はかなりの確率で勝てるパチンコ店は沢山ありますが、抽選番号が悪いと勝つどころか台に座れない!なんて悲しいこともあります。 個人的には人にあまり知られていない穴場的なパチンコ優良店が好みで、ライバルの少ないパチンコ店を探し出すことで、楽に勝率を上げることが可能です。 この穴場的要素を含むパチンコ店は福岡県にたくさん存在するので、パチンコ店のデータ巡りをして探してみても良いかと思います。

次の