ご祝儀袋 入れ方。 結婚式のご祝儀袋|表書き・中袋の書き方から金額やふくさのマナーまで

ご祝儀袋の中袋】中袋の書き方・のし・結婚式・金額・入れ方・包み方・向き

ご祝儀袋 入れ方

お金を入れる向きにもマナーが存在します。 上のイラストのように、ご祝儀袋の中袋の表側に、一万円の福沢諭吉の肖像画が上部に来るように入れるのが正解です。 (中袋からお金を出したときに、すぐに肖像画が現れる向き) 2. 実はこの中包みの折りに関しても正式な折り方が存在するのをご存知でしょうか? 上のイラストのように、上の折りに対して下の折りを重ねるのが正しい折り方となります。 この折の重ね方を間違えると、お葬式などで渡す「不祝儀」の意味合いとなってしまうため、注意が必要です。 中袋(中包み)の折り方・書き方 通常、ご祝儀袋には「中袋(中包み)」と呼ばれる、お札を入れるための封筒式の袋が入っています。 この中袋の折り方は、ご祝儀袋を購入後、袋から出した状態での折られ方の通り戻せばOKです。 また、中袋の表側には「ご祝儀金額」を、裏側には「住所と名前」を記載します。 ご祝儀金額については、楷書で書くのが一般的ですので、以下に漢数字の楷書表記を表にまとめましたので参考にしてください。 新札を用意する 最後4つ目のマナーはご存知の方も多いとは思いますが、ご祝儀に入れるお金は「新札」を用意するのが基本的なマナーです。 これは、「新しい門出をお祝いするので、新しいお札を」という理由と、「前もって楽しみにしていましたよ」という想いを伝えるためだと言われています。 そして意外と知らない方も少なくないのが、「新札」と「ピン札」の違いです。 新札は、銀行で発行した未使用の新札のこと。 ピン札は、折り目も無く綺麗だが、使用されている可能性があるお札のことです。 新しい門出をお祝いするという理由からすると、ご祝儀に新札ではないただの「ピン札」を入れるのは実は間違いなのです。 では、どのように新札を入手すれば良いのでしょうか。 以下に方法をまとめました。 銀行で両替を行う 両替時に記入する用紙の備考欄に「新札」と記入すれば、新札を発行してくれます。 郵便局で両替を行う 郵便局の窓口で「新札に両替してください」と伝えれば、新札を発行してくれます。 銀行にある両替専用ATM 銀行によっては新札に両替できるATMがあります。 直前になってバタバタしないよう、前もって新札を用意しておきましょう。 POINT:会場によってはフロントで新札の両替を行ってくれることも 仕事の都合などどうしても新札を用意できない場合もあるでしょう。 そんな時、会場によってはフロントで新札への両替に応じてくれるところもあるので、前もって電話で確認しておくと良いでしょう。 但し、応じてくれない会場も多かったり、受付とフロントが同じ場所である事も少なくないので、やはり前もって新札を用意しておいた方が安心です。 ご祝儀のマナーについては理解できたでしょうか。 では実際に、どのようなご祝儀袋を用意すればよいのでしょうか。 次はご祝儀袋の選び方についてご紹介いたします。 \条件クリアで最大26,000円プレゼント/ 入れるご祝儀金額によって変わる!ご祝儀袋の選び方 一般的に友人などであれば、3万円が相場のご祝儀金額ですが、入れる金額によってご祝儀袋の豪華さなども華やかにする必要があります。 逆に「ご祝儀の金額が少な目だからせめて見た目だけでも豪華に」という考えは、やめておいた方が良いでしょう。 以下に、関係性による一般的なご祝儀金額と選ぶべきご祝儀袋について表にまとめました。 ご祝儀袋を選ぶ際には是非参考にしてください。 新郎新婦との 関係性 ご祝儀 金額の相場 ご祝儀袋 イメージ ご祝儀袋の 金額目安 出席できない 場合 1万円 水引が印刷されたものでOK。 但し水引の数は10本のものを選びましょう。 100円~200円 友人・知人 3万円 親しい友人や会社の後輩であれば、 カジュアルなご祝儀袋でもOK。 200円~300円 会社の同僚 3万円 会社関係であれば、正式な白色のご祝儀袋を。 水引は、金銀でも紅白でもOK。 200円~300円 会社の上司 5万円 5万円以上の高額なご祝儀を包む場合、 結び切りは円形状のものを。 檀紙(だんし)と呼ばれる表面に 波上のしぼがある、 格式の高い紙を使ったご祝儀袋を。 300円~400円 兄弟・姉妹 5万円 同上 300円~400円 叔父・叔母など 親族 5万円 同上 300円~400円 会社の社長や 夫婦での列席 7万円~ 10万円 豪華な水引が施されたご祝儀袋を。 400円~500円 新郎新婦との関係性を考えながら、自分らしいご祝儀袋を選択できると良いですね。 では結婚式当日は、どのようにご祝儀袋を持っていけばよいのでしょうか。 次ぎはご祝儀袋を入れる「ふくさ(袱紗)」についてご紹介します。 最後にご祝儀を「ふくさ(袱紗)」に包んで持って行けば完璧! ご祝儀をそのままバッグや内ポケットに入れて当日持参すると、折れ曲がったり、汚れる可能性があります。 そうならないよう、本来のマナーである「ふくさ(袱紗)」にご祝儀を包んで持参するのがマナーとしてはベストです。 使いやすい「金封ふくさ」などもあるが、高額な場合は正式なふくさを ふくさ(袱紗)は元々、「袱紗」と「爪付き袱紗」と呼ばれる2つの四角い布を折り合わせるのが正式なマナーでしたが、現在では、台付きふくさや金封ふくさなど、より利用しやすい形のものも販売されています。 特に、バッグなどに入れやすく、自分で折る必要の無い「金封ふくさ」が人気ですが、10万円以上の高額なご祝儀の場合、正式なふくさ(袱紗)で包んだほうが望ましいです。 結婚式用のふくさの色は赤系統にすること! 結婚式などのお祝いごとの場合、赤や朱色、えんじ色などの赤系統の色を選ぶと良いでしょう。 くれぐれも青系やグレー系など、お葬式などの不祝儀のカラーは使用しないようにしましょう。 「ご祝儀」と「ふくさ」が準備できたら、次ぎは渡し方のマナーです。 \LINEで希望条件をタップするだけ!/ 結婚式当日のご祝儀の渡し方 せっかく「ご祝儀」と「ふくさ」を用意しても、当日の渡し方のマナーが出来ていないと、かっこよくありません。 スマートにご祝儀が出せるよう、ご祝儀の渡し方については次の5つのSTEPを守ると良いでしょう。 関西では、ふくさを開かずに渡す習慣もある 一般的には、ご祝儀はふくさから出して渡しますが、関西地方の一部地域では、ふくさをひらかずにそのまま渡す習慣もあるようです。 当日ご祝儀の渡し方について不安があるようであれば、前もって結婚式場にどういった渡し方の習慣があるか問い合わせてみると良いでしょう。 \条件クリアで最大26,000円プレゼント/ まとめ いかがでしたか。 ご祝儀の入れ方・包み方について意外と知らなかったマナーも多かったのではないでしょうか。 ご祝儀の入れ方について再度おさらいしておきましょう。 ・新札を用意する ・お金を入れる向きは福沢諭吉が表の上側にくるようにする ・中袋(中包み)の折り方・書き方には注意する ・ご祝儀袋の裏側は、長い方を上側にする ご祝儀の入れ方について前もって確認しておき、結婚式当日スマートにご祝儀が渡せるよう、この記事が役立てば幸いです。

次の

入院お見舞いでお金を包むのし袋マナー! 書き方と入れ方 新札は必要?

ご祝儀袋 入れ方

3,000~5,000円…不祝儀袋に水引が印字されている簡易的なものを使用するのが一般的です。 10,000~30,000円…白と黒または、銀と銀(双銀)の水引が7本~10本の束になった不祝儀袋を使用するのが一般的です。 30,000~50,000円…中金封サイズで、銀と銀(双銀)で水引の本数が10本以上束になったものを使用するのが一般的です。 100,000円以上…大金封サイズで、高級和紙などが使われ、水引のデザインも凝ったものを使用するのが一般的です。 上記でご紹介したように、不祝儀袋を準備したら次はお金を包んでいきます。 不祝儀袋のお金の入れ方と向きは? 不祝儀袋は中袋にお金を包んだ後、不祝儀袋に包みます。 最近では、不祝儀袋は中袋がセットになっている市販品がありますので、こちらを使うのが一般的です。 以上のポイントに注意して不祝儀袋を用意します。 ちなみに、不祝儀袋を包むときに、 「右開き(重ねは右側が上)にするのか?左開き(重ねは左側が上)にするのか?」と迷われる方もいます。 弔事は日常と異なることを意味するため、昔は慶事と弔事で開きの向きを反対にすることが基本だったので、 慶事は右開き、弔事は左開きというように分けていたため、基本的に、 不祝儀袋は左開きにして包むのが慣例でした。 しかし、最近では、 ご祝儀袋・不祝儀袋ともに右開きで市販されているのが一般的になってきているようですので、右開きだからと言ってマナー違反にはならなくなっています。 もし、気にされるのであれば、慣例に従うのもいいかもしれませんね。 不祝儀袋に新札はNGの理由とは? 結婚式など晴れの日など 慶事の場合は、新札を使うのがマナーです。 これは、 「新しい門出を新しいお札で祝う」、「今日の良き日のために前もって準備していました」という 気持ちを表すためのマナーだからです。 しかし、葬儀や告別式などお悔やみ事は、ある突然やってきます。 その突然のお悔やみ事のときに新札を使ってしまうと、 「不幸事が起こるのを準備して待っていた」という意味になってしまうので、新札はNGなんです。 ただし、新札を使うのがNGだからといって、 使い古された汚れたお札を使うのも失礼になりますので、注意が必要です。 「キレイなお札もダメ、汚いお札もダメなら、どうすればいいの?」なんてことになってしまいます。 ですので、不祝儀袋に入れるお札は、 新札やピン札を一度半分に折り、折り目をつけてから入れるなど一工夫してから包むようにすると失礼がありません。

次の

出産祝いの祝儀袋・封筒のマナー|書き方・金額・入れ方・手紙はどうする?|cozre[コズレ]子育てマガジン

ご祝儀袋 入れ方

水引きが蝶結び(花結び)になっているものを選びましょう。 出産祝いで贈り物をする場合には「のし」(のし紙)を付けて贈りますが、それと同じで出産祝いにお金を贈る場合にも「のし」が付いた封筒を使うのが一般的ですよね。 ご祝儀袋を選ぶ時に注意しなくてはならないのが水引きです。 出産祝いの場合には必ず蝶結びの水引きが付いたものを選びましょう。 これは、出産祝いや入学祝いなど、お祝い事が何度続いても良いお祝いの時に使われます。 一方、 出産祝いでNGなのが、結婚祝いで使われる「結び切り」の水引きです。 この水引きを使ってしまうと「もう二度と繰り返せない」という意味になってしまいますから、大変失礼になってしまいます。 ご祝儀袋は、贈る相手によって失礼のないように選びましょう。 最近ではパステルカラーや動物模様などかわいいデザインのご祝儀袋がたくさん販売していますよね。 ご家族や友人、親しい方へ贈るのでしたらどんなデザインでも問題ありませんが、気を付けたいのが会社の上司など、目上の方へ贈る場合です。 目上の方へ贈る場合にはカラフルな封筒ではなく、白いご祝儀袋を選ぶのがマナーとされているそうです。 また、同じ白いご祝儀袋であっても、水引きが印刷されたものと立体的で豪華な飾りになっているものなど、違いがありますので、包む金額に合わせたご祝儀袋を選びましょう。 例えば、金額が5000円~1万円程度なら水引きが封筒に印刷されたもの、1万円~3万円程度なら水引きが実物になっている300円~600円程度のもの、というように 金額が上がるにつれて豪華なご祝儀袋を使うのがマナーだそうです。 出産祝いの金額の相場とマナーについて 出産祝いの金額は、少なすぎても多すぎてもダメ。 とても難しい問題ですが、贈る相手との親密度によって決まると言われています。 一般的には、赤ちゃんの両親が 兄弟姉妹の場合には1万円~3万円程度、親戚の場合には3000円~1万円程度、会社関係では3000円~5000円程度、友人の場合には5000円程度と言われているようです。 また、職場などのグループで贈る場合には1人1000円ずつ集めてもかなりの額になります。 その場合には、お返しをするときのことを考えて、贈った人全員の名前を書いた紙を同封しておくと、贈られた側が困らずに済むようです。 結婚祝いとは違い、2万円という偶数になる金額は特に問題ありませんが、 4万円や9万円など、「4」や「9」という不吉な(縁起が悪いとされている)数字は避けましょう。 また、出産祝いを贈る時期ですが、 一般的には生後7日後(お七夜)から生後1ヶ月頃(お宮参り)までと言われています。 ですので、生後1ヶ月を過ぎてしまったら、「遅くなってしまって…」と、お詫びの言葉を添えるのが良いかと思います。 また、出産祝いを贈る際には母子ともに元気であるかどうか確認した上で贈ってください。

次の