賀来 賢人 ライオン キング。 賀来賢人の歌がうまいwライオンキングに大抜擢された歌唱力の秘訣とは

賀来賢人&佐藤二朗『ライオン・キング』声優抜てきは動画が決め手?「宿命だったんですね」

賀来 賢人 ライオン キング

『ライオン・キング』の「愛を感じて」を熱唱した賀来賢人と門山葉子 日本を含め、世界中で記録的ヒットとなっている超実写版映画『ライオン・キング』 公開中 のライブオーケストラスペシャルアンコールイベントが、8月23日に渋谷のBunkamura オーチャードホールで開催。 プレミアム吹替版声優を務めたシンバ役の賀来賢人、ナラ役の門山葉子が登壇し、2000人の観客の前で、生オーケストラにて「愛を感じて」を歌唱した。 『ライオン・キング』で、世界初のライブ・オーケストラ上映となった本日。 その時間は、118分の上映中100分にも及び、終わったあとは、大きな拍手に包まれた。 続いて、賀来と門山がゲストとして登場。 賀来は「こんなにたくさんのお客さんの前で歌うのは初めての経験で、緊張します」としながら、「門山さんとのチームプレイで歌わせていただけたらと」と言うと、門山も「2000人のお客様の前で、しかも生オーケストラで歌うことを楽しみしています」とうれしそうだ。 何度もデュエットを披露してきた2人は、まさに堂に入った美声を力強く披露した。 歌い上げた名曲「愛を感じて」について賀来は「すごく印象的な曲」とし「シンバとナラが久々に再会して、友情、愛、悩み、葛藤と、普段、自分たちが生きているなかでのテーマが詰まっている繊細な曲。 それを門山さんと作っていけたと思うので、そこを注目していただけるとうれしいです」とアピールした。 門山は「ビヨンセさんやドナルド・グローヴァーさんが、名曲の数々を歌われています。 これまでも世界中で歌われてきた曲ですが、今回、新しさがあると感じ、それが魅力になっているんじゃないかと思いました」と、字幕版の良さも強調した。 また、賀来は、『ライオン・キング』の反響の大きさについて「友人、知人から、過去最高の反響をいただいていて、ありがたいです」と笑顔を見せた。 映画の魅力については「映像の美しさや迫力もそうですが、『愛を感じて』や『ハクナマタタ』など、世代や年齢を問わず愛される音楽が、全世界の方に愛される理由かと」と語った。

次の

賀来賢人☓門山葉子がライオンキング「愛を感じて」熱唱!!

賀来 賢人 ライオン キング

実写映画版『ライオン・キング』(8月9日公開)のプレミアム吹替版声優発表イベントが8日、都内で開催された。 シンバ役は俳優の(30)が務めることが明らかになった。 1994年公開のアニメーション映画『ライオン・キング』は、9億8000万ドルという興行収入を上げ、当時、世界一の記録を作った作品(現在は、『アナと雪の女王』『トイ・ストーリー3』に次ぐ記録)。 1997年には、この映画にインスパイアされたミュージカルがブロードウェイで上演され、最大のヒット作の1つとして現在も人気がある。 メガホンをとるのは『アイアンマン』シリーズを手がけたジョン・ファヴロー監督。 主人公・シンバの声をドナルド・グローヴァーが務め、幼なじみのメスライオン・ナラ役を歌姫・ビヨンセが務める。 この度、発表となったのはシンバ役の賀来のほか、スカー役の(51)、プンバァ役の(50)、ティモン役の・(30)、ナラ役の(24)の5人となった。 賀来は「言いたくて言いたくて…。 でも、絶対に言っちゃいけないお触れがあった」と苦笑い。 江口は「CGがスーパーリアル。 リアルなライオンに自分の声を入れた。 ライオンキングの集大成」とアフレコを振り返った。 佐藤は「7歳の息子がいる。 ディズニーの吹き替えをやるのは2回目。 当時、3歳の息子と初めて映画館に行った。 私、役者なんですけど子どもの教育上いい役をやったことがない。 このお話をいただいたときに、また息子と映画館に行けるわ、と」と得意げ。 亜生は「いい父親ですね〜」とはやし立て、早くも相性のよさを見せた。 亜生は「ルミネの楽屋とかで『ハクナ・マタタ』をさりげなく歌って匂わせてました。 『どうした』と言われて、『なんでもないです』と」と話し、笑わせた。 また、賀来はオーディションで役を射止めたそう。 同作は小さいころから大好きな作品で、友人が劇団四季で『ライオン・キング』をやっていたことなど「個人的に勝手に縁を感じていました」とにっこり。 「小さい子どももいるので絶対にシンバ役をやりたいと思っていたら、いただけた。 全身全霊でやらせていただきました」と感慨深げだった。 亜生は声優が決まった瞬間を回想。 タクシーに兄で相方の昴生、マネージャーと3人で乗車しているタイミングだったそう。 「マネージャーが『亜生さん、ティモン役の声優決まりました! プンバァは佐藤二朗さんです!』と。 お兄ちゃんは『なんでや!』と言ってました」と笑いを交えて説明した。 昴生も「三木一族の代表で頑張ってこい」と激励されたそう。 昴生は練習相手も務めたそうで「お前はティモンの本質をわかってない」と助言もされたという。 「だいぶ、けいこをつけてもらいました」と笑った。 そして「これは売れましたね。 だって『ライオン・キング』ですよ。 4月に東京に出てきたんですけど、出てきてよかった」と幸せそうな笑顔を見せていた。

次の

賀来賢人の父親の職業と画像は?母親や兄もおもろい!賀来家の秘密!

賀来 賢人 ライオン キング

左から順に、門山葉子、江口洋介、賀来賢人、佐藤二朗、亜生(ミキ) 8日、映画『』プレミア吹替版声優発表イベントが品川インターシティホールで行われ、(シンバ役)、(スカー役)、(プンバァ)、お笑いコンビ・の(ティモン役)、(ナラ役)が吹き替え声優として参加していることが明らかになった。 イベントは、プレミアム吹替版の劇中歌「サークル・オブ・ライフ」を担当するによる歌唱で幕開け。 ゴスペルコーラスと共に歌唱する菅井の声が荘厳な雰囲気をかもし出す中、吹き替えキャストが次々と登場。 豪華なキャスト陣を目の当たりにした客席からは、「おぉ!」といった歓声が沸き起こった。 [PR] 主人公シンバ役に抜てきされた賀来は、「壮大な登場で非常に興奮しております」と晴れやかな表情。 小さい頃から『ライオン・キング』が大好きだったといい、オーディションでこの役を獲得したという。 「オーディションを受ける前、僕の年下の友人が劇団四季でヤングシンバをやっていて、最終公演を観に行ったことがあって。 打ち上げに参加したことがあるんです」と明かした賀来は「そこで『愛を感じて』とかを歌わせてもらって、勝手に縁を感じていました。 自分にも小さい子がいて、シンバ役はやりたいなと思っていたので、全身全霊でやらせてもらいました」と感想を述べた。 シンバの叔父で、王の座を狙う悪役スカーの声を担当する江口は、「まさにキング・オブ・エンターテインメント。 セリフを入れるところの映像を観させていただきましたが、リアルなライオンに声を入れるのはなんと難しいのかと思いました。 スケールが大きくて、家族とも友だちとも、いろんな方と楽しめる『ライオン・キング』集大成となる作品になっています」と自信をのぞかせる。 イボイノシシ・プンバァ役の佐藤は、「(『インサイド・ヘッド』に続き)ディズニーの吹き替えをやるのは2回目。 僕には7歳の息子がいるのですが、前回は彼が3歳の時に一緒に映画館に行くことができた。 僕は役者としては子供の教育に良くない役が多かったので、これは息子と映画館に行けるなと思いました。 これは好感度上がりましたね。 拍手はいらないよ」と茶目っ気たっぷりにコメント。 [PR] またプンバァの相棒であるミーアキャット・ティモン役の亜生は「タクシーの中でマネジャーが『亜生さん、ティモンの声優が決まりました。 プンバァは佐藤二朗さんです』と言って、お兄ちゃん(兄で相方の昴生)は『なんでや!』と言っていました」と暴露。 「お兄ちゃんも頑張ってこいと送り出してくれました。 4月から東京に出てきたんですけど、大阪だったら『ライオン・キング』はなかったかもしれない。 東京ありがとう!」と続け、会場を沸かせた。 (取材・文:壬生智裕) 映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開.

次の