武田 薬品 株価 掲示板。 武田薬品工業(武田)【4502】の日々株価(日足)|時系列データ|株探(かぶたん)

気づけば「社員9割が外国人」 武田薬品日本人社員の試行錯誤:朝日新聞GLOBE+

武田 薬品 株価 掲示板

武田薬品工業「アリナミンV」(サイト「」より) 武田薬品工業が栄養ドリンク「 アリナミンV」などを販売する大衆薬子会社、武田コンシューマーヘルスケア(武田CH、東京)を売却する方針を固め、金融機関と売却先の選定に入った。 売却額は3000億~4000億円前後になりそうだ。 武田薬品はアイルランドの製薬大手シャイアーを買収したことに伴い急増した有利子負債を圧縮し、抗がん剤など医療用医薬品分野の新薬開発に経営資源を集中する。 売却先の候補は大衆薬最大手の大正製薬が有力視されている。 ただ、新型コロナウイルスの影響で景気や市況の先行きに暗雲がたれ込めており、売却交渉がスムーズに進むかどうか不透明だ。 武田は「アリナミン王国」だった 大衆薬とは、医師の処方箋なしでドラッグストアや街の薬局で購入できる市販の医薬品のことである。 武田CHは2016年4月、武田薬品の大衆薬事業を分社化して設立され、翌17年4月に事業を開始した。 アリナミンや風邪薬「ベンザブロック」などが有名だ。 アリナミンシリーズは武田薬品の看板商品。 現在の売上高では、ほんの一部にすぎないが、多くの日本人にとってアリナミンは武田の顏である。 戦時中から38年にわたって社長・会長を務めた六代目武田長兵衛は、1954年、日本初のビタミンB1製剤アリナミンでタケダの社名を全国区にした。 60年代には全利益の半分をアリナミンが稼ぎ出し「アリナミン王国」を築いた。 87年、ドリンク剤「アリナミンV」を発売し、これもヒット商品になった。 武田薬品の飛躍の一丁目一番地ともいえるアリナミンを売却することが正式に発表されれば、創業家やOBなどの強い反発が予想される。 武田CH社長は外資系製薬会社からのスカウト組 武田CHを分社化した前後から、「いずれ売却するつもりだろう」との観測が医薬品業界の間で広がった。 武田CHの初代社長には武田の生え抜きでヘルスケアカンパニープレジデントだった杉本雅史氏が就いた。 業界団体の日本OTC医薬品協会長も兼ねた杉本社長は「アジアのリーディングカンパニーになる」と意欲満々だった。 ところが、2018年3月、取締役、協会長の任期を残して突然、社長を辞任。 業界内に衝撃が走った。 表向きの理由は「事業開始から1年を区切りとした」だが、それを信じる向きはいなかった。 武田CHの方向性、経営のカジ取りをめぐって親会社と激突したといわれた。 武田を去った杉本氏は、19年1月、ロート製薬に三顧の礼で迎えられ、6月に社長となる。 日本の大企業で、国内のライバル企業で社長だった人物をスカウトし、社長に登用することは極めて珍しい。 創業120周年のロート製薬で初となる外部出身の経営トップである。

次の

武田薬品工業(武田)【4502】株の基本情報|株探(かぶたん)

武田 薬品 株価 掲示板

本日の日経平均・TOPIXは、続伸しました。 ただ、そこまで強い上昇ではなく個別銘柄物色で平均でみると小幅高といった感じでした。 日経平均は約78円高、TOPIXは約3. 9ポイントの小幅高でした。 マザーズ・JASDAQに関しても、続伸。 マザーズが約25. 8ポイントの大幅高、JASDAQは約0. 45ポイントの小幅高で取引を終了しました。 個人的な感想としてはマザーズ以外は思ったより弱かったなって感じですね。 夕方から為替も円高に触れているので明日はまたダウ次第では下げそうですね。 本日の銘柄分析は株式コード4502、武田薬品工業という会社の株式銘柄分析 今後の株価の分析 を行っていきたいと思います。 約1年ぶりの分析になります。 本日、05月28日の今現在の株価は「3,949円」です。 単元株数は100株からなので現時点で購入するには 394,900円必要という事になります。 株としてみれば、普通のお値段ですかね。 こちらの銘柄は、月足で見ると、2019年から反発を開始しましたが4,500円付近でその勢いを失い再び3,500円割れに向かっていますね。 それでは武田薬品工業の株式銘柄分析に早速入りたいと思います。 もし宜しければご参考になさってください。 一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。 18倍 PER:0. 00倍 ROE:3. 53円 2019年3月期 参考:2,556. 51円 2018年3月期 参考:2,425. 92円 2017年3月期 自己資本率:37. 仮に4,000円を割れたとしても次は3,000円のところにも支持線があるのでやはりそろそろ買い時ではないかなっと思いますね。 10年ぐらいの長めのチャートで見れば、買いか売りかっていわれるとほとんどの方は「買い」っていうんじゃないでしょうか笑 私も監視を始めたいと思います。 5,000円中盤ぐらいまでは自律反発があってもおかしくないと思います。 」と書いて、現時点での私の買いたい度:70%にしました。 今現在、3,949円です。 2018年06月05日の終値は4,243. 0円です。 私が前回、記事を書いてからまだ下がっていますね笑 ただ、私は2018年の6月に4,300円くらいで買って2018年の7月に4,650円付近で売り抜けました。 それ以来は触っていません。 スポンサーリンク 武田薬品工業 株式銘柄分析まとめ 月足のチャートを見ると今は様子見かなって思います。 3,500円にタッチしたら強めの支持線があるのでまた購入しようかなって思います。 3,500円台で買って目標株価は4,000円付近ですね。 あまり欲張らずだからといって早めの利確もしないようにだいたいそれくらいを目標にしています。 3,000円を割ってくるともう支持線がないのでどこまで落ちるか分からないので3,000円付近まで様子を見るのも一つの手かなって思います。 前回も言いましたが長期で構えるならそこまで怖くない価格帯なので個人的には下落が落ち着いたところで買ってみたいです。 投資はすべて 自己責任でお願いします。 当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 現時点での私の買いたい度:50% のランキングに参加中です。 読者の方のランキング投票に感謝いたします。 ブログの更新をお知らせする メール購読機能 もちろん、無料です笑 もサイドバー スマホなら画面下部 にありますので是非、ご利用されてください。 スポンサーリンク - - 【いままでの投資経験】 某大手インターネット銀行の外貨預金システムの構築に携わったのがきっかけで投資を始めました。 数年携わったのでそこらへんの銀行員より詳しいかもしれません笑 2008年のリーマンショックや2010年のギリシャショックを投資経験が浅い頃に経験しているので結構、大怪我をしています。 なので、かなり慎重派な投資スタイルです。 2012年のスペイン危機のときもかなりの円高になり当時はかなりのレバレッジをかけていたので本当にこのときも大怪我をしました。 正直、投資をもう止めようと思いました。 2013年のアベノミクスの時はそんないろいろな下落を経験しているので、こんな株高は長く続かない、円安も続かないと逆張りしてまた失敗しました笑 そんなこんなで投資歴は15年ほどになります。 今は、ある程度、急落、急上昇しても大丈夫なようにあまり無理をしないトレードを心がけています。 やはり、元本を失ってしまっては投資は終わりだからです。 なので、プロフィールにも書いていますが負けない事をモットーにトレードしています。 専門分野は、ドル円・ユーロドル・豪ドル円・日本株です。 日本株は特に中小型株が中心です。 大型株はあまりトレードしません。 非常に地味な損益ですが、兼業の方や中長期トレードの方に参考になる記事を書いていけたらなって思っています。 宜しければ、投資のご参考になさって下さい。 いつも当サイトを見てくださって有難うございます。 いろんな方に当サイトを薦めていただけたら幸いです。 YOUTUBEで競馬予想チャンネルもやっています。 もし宜しければ、チャンネル登録、なにとぞ、よろしくお願いします。

次の

とにかく高配当の日本株だが..!武田薬品工業(4502)の株価を分析

武田 薬品 株価 掲示板

緑の習慣• ロックミンゴールド• ロゼレム• レルゴリクス• レミニール• ルビーナ• リュープリン• ユニシア• メタクト• マイティア• ボラギノール• ベンザブロック• ベルケイド• ベクティビックス• ベイスン• プレバシド• ブロプレス• フローミンエース• フレア フレグランス• フェリア• ビオフェルミン• ハイシー• ネシーナ• ニンラーロ• ニコレット• タケプロン• タケキャブ• スプリエホワイトEC• ストレージ• スコルバ• シャンラブ• クリストフ・ウェバー• クリア• オスバンウォッシュ• エンティビオ• アログリプチン• アリナミン• アジルバ• アクトス• アクテージ• 武田薬品工業のみんかぶ目標株価は「5,425円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断は分析中となっており、証券アナリストによる予想では【買い】 予想株価 5,572円 、個人投資家による株価予想では【買い】 予想株価 5,057円 と判断されています。 武田薬品工業は、【医療・医薬品、バイオ抗がん剤、医薬品関連】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の