アイフォン 12。 【2020年新型】iPhone 12の噂まとめ!発売日・デザイン・スペック・価格はどうなる?

「iPhone 12」の発表は11月に?

アイフォン 12

2019年に登場したは期待以上のスペックで、超広角カメラを搭載するなど完成されたiPhoneとの呼び声が高いです。 そして2020年の新型iPhone 12シリーズは 「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」の4つのモデルが登場。 iPhone 12は近年のiPhoneの本命となると言われており、待望の5G対応などや新たなデザインなど、 iPhone 11以上に注目度が高いです。 この記事では 2020年に登場が噂される『iPhone 12』の最新情報やスペック・発売日について紹介します。 According to , prototyping for the iPhone 12 is practically finalized. — Apple Hub theapplehub 新型iPhoneが気になる方はぜひ参考にしてください。 随時更新中です。 今までのiPhoneを比較した記事はこちら!• 名前はiPhone 12• 新型CPUチップ搭載• 次世代通信5Gに対応• 通常モデルが5. 4インチと6. 1インチの2種類• プロモデルが6. 1インチと6. 7インチの2種類• プロモデルに新色ネイビーブルーが登場• ノッチ部分が小さくなる• 角ばったデザインでiPhone 4のようになる• 全モデルで有機ELディスプレイを搭載• プロモデルのメモリが6GBにアップ• ストレージが128GB〜になる• リフレッシュレートが120Hzに対応• 全てのカメラでナイトモード対応• 広角カメラが6400万画素にアップ• ToFカメラ搭載• センサーシフト式手ブレ補正搭載• 双方向ワイヤレス充電に対応• AirPodsが同梱される? 2020年iPhone 12の最大のポイントはやはり 5G対応です。 その他にも カメラ性能のさらなる強化や 久しぶりのデザイン変更が期待されます。 それぞれの特徴をまとめるとこんな感じ。 iPhone 12シリーズの特徴(噂) モデル 下位モデル 上位モデル 名称 仮 iPhone 12 iPhone 12 Pro iPhone 12 Pro Max 後継 新規 iPhone 11 6. 1インチ iPhone 11 Pro 5. 8インチ iPhone 11 Pro Max 6. 5インチ サイズ 5. 4インチ 6. 1インチ 6. 1インチ 6. 7インチ ディスプレイ 有機EL 60Hz 有機EL 60Hz 有機EL 120Hz 有機EL 120Hz 5G 対応 対応 対応 対応 カメラ 2つ 2つ 3つ+LiDAR 3つ+LiDAR 手ブレ補正 光学式 光学式 光学式 イメージセンサーシフト式 価格 約7万円 約8万円 約10万5千円 約12万円 サイズを含めて選択肢が広がるのが良いですね! iPhone 12の発売日は9月発表、10月発売の可能性が高いです。 iPhone 11はこちら• iPhone SE・・・2016年3月26日• この流れがあるので 新型iPhoneの発表時期は定番化されています。 2020年の新型iPhone 12も9月発表で間違いないでしょう。 2019年のiPhone 11の発表日と発売日からiPhone 12の発売日を予想してみます。 ネイビーブルーの新色追加• 画面サイズが変わる• ノッチ部分が小さくなる• iPhone 4やiPad Proような角ばったデザイン それぞれ詳しく紹介します。 iPhone 12は全4種類で画面サイズが変わる 2020年のiPhone 12は4種類のラインナップになり、画面サイズが変わるとの噂があります。 実績のあるリーカーBen Geskin氏のツイートでは2020年モデルは5. 4インチと6. 7インチが登場するとのこと。 まとめるとこんな感じ。 iPhone 12は4つのモデルが登場 iPhone 12シリーズ 2020年 iPhone 11シリーズ 2019年 iPhone 12 Pro 6. 1インチ iPhone 11 Pro 5. 8インチ iPhone 12 6. 1インチ iPhone 12 mini 5. 4インチ iPhone 11 6. 1インチ iPhone 12 Pro Max 6. 7インチ iPhone 11 Pro Max 6. 5インチ スタンダードモデルのiPhone 12に新たに5. 4インチモデル(iPhone 12 mini)が登場する噂があります。 4インチモデルだとかなり片手操作がしやすくなりそうですね。 iPhone 12 mini(仮)の本体サイズはiPhone SEと変わらない大きさになりそうです。 また、iPhone 11 Pro Maxの後継機は 6. 5インチから6. 7インチにサイズアップ、iPhone 11 Proの後継機も 5. 1インチにサイズアップされるとのこと。 今さら画面サイズが変わるとは予想外ですが、現時点では噂の段階なので今後どうなるのかはわかりません。 個人的には今のサイズラインナップで満足しているので、あまり変更は必要ないのかなと思います。 特にiPhone 12 Proのサイズは大きくして欲しくない! 左から4. 7、5. 8、6. 1、6. 5インチ サイズがどう変わるのも大きな注目ポイントですね。 完全ベゼルレスではなくノッチ部分が小さくなる 最初はノッチ部分が無い完全ベゼルレスになると言われていましたが、最新の情報では ノッチ部分が小さくなったデザインになるとのこと。 コンセプト画像ですが、現在有力なデザインがこちら This is how iPhone could look like with the new LiDAR Scanner from 2020 iPad Pro. I can accept this design. What about you? 0 — Ben Geskin BenGeskin 完全ベゼルレスデザインもカッコイイですが、ノッチ部分が小さくなったデザインが現実的な気がします。 ただし、iPhone 12全モデルのノッチが小型化されるかは不明とのことです。 もしかすると上位モデルだけ先進的なデザインになるかもしれません。 iPhone 4のようなデザインになる もう一つ新型iPhone 12のデザインとして特徴的なのが、iPhone 4のような角ばったデザインになるということです。 現在のiPhoneはサイド部分が丸みを帯びたデザインとなっていますが、iPad Proのような「板」という感じのデザインになるとのこと。 iPad ProとiPhone 11 Pro 角ばったデザインの方がコスト削減にもなるということで、5G対応などコスト増の要素が多いiPhone 12に最適なデザインとも言えます。 個人的にはiPhone 5のデザインがかなり好きなので、角ばったデザインは大歓迎です。 This could be the final design of the iPhone 12 Pro. What do you guys think and what color would you get? — Apple Hub theapplehub また、現在のiPhoneのデザインはで3世代続いているので、2020年のiPhone 12はデザインが変わるのは頷けます。 iPhoneのデザインは毎年注目されるので、2020年のiPhoneがどのようなデザインになるかかなり楽しみです。 新型チップを搭載• メモリが6GBにアップ• 5Gに対応• ディスプレイ内指紋認証追加• 全モデルで有機ELディスプレイが搭載• Lightning端子が廃止される• 双方向ワイヤレス充電に対応 新型チップA14 Bionicを搭載 過去の傾向からもほぼ確実に新型のチップを搭載するでしょう! 名前は順当に行けば 『A14 Bionic』となります。 2019年に登場したiPhone 11に搭載されている『A13 Bionic』は前世代の『A12 Bionic』より 20%性能向上そして 最大40%の省電力化を達成。 性能に関しては頭打ちになりつつも毎年確実に進化しています。 そして注目すべきなのは省電力化で、次世代の 『A14 Bionic』もA13と比べて更に 省電力化が期待できます。 性能に関しては今でも十分すぎるので省電力化に注目です。 左:Galaxy S20、右:iPhone 11 Pro iPhone 11シリーズに搭載されているA13 Bionicは5Gに対応した2020年モデルのGalaxy S20よりもスコアが上です。 iPhone 12に搭載されるA14 BionicはモンスタースペックのCPUチップになるかもしれません。 メモリは6GBにアップ iPhone 11シリーズのメモリは全機種4GBでした。 最新Androidスマホのメモリは6GBが主流となっており、新型iPhoneのライバル機にあたるGalaxy S20は4G(LTE)モデルで8GB、5G対応モデルは12GBのメモリを搭載しています。 iPhone 12も5Gに対応することから メモリ容量のアップは確実です。 5Gのポイント• 超高速通信(4Gの100倍)• 超低遅延(遅延がないということ)• 多数同時接続 5Gが本格的にスタートすると通信速度だけではなく、混雑時に回線が混み合って速度が遅くなることも無くなります。 ただし、日本のほぼ全域をカバーするのは2024年になると言われているので、今のところ急いで5G対応iPhoneを買う必要はありません。 ディスプレイ内指紋認証搭載 『OPPO R17 Neo』や『Galaxy S10』は既にディスプレイ内指紋認証機能を搭載しています。 iPhoneはFace IDの認証精度向上に力を入れていますが、Touch IDの方が良かったと言う人も少なくありません。 過去の傾向からAppleが従来使っていた機能を再び採用するとは考えにくいですが、Touch IDの新技術を次世代デバイスに搭載するとの噂もあります。 Face IDは机に置いた状態や横向きでロック解除ができない、マスクを付けた時に反応しないなど不満なポイントもあるので、指紋認証と顔認証の2つを使い分けることができればかなり便利です。 また、 Touch IDとFace IDの複合認証を行うとの噂もあります。 以前よりiPhoneを決済する機会も増えており、より安全で強固なセキュリティが求められるので『Touch ID』と『Face ID』による複合認証が採用されてもおかしくはありません。 2020年のiPhoneにディスプレイ内指紋認証機能が搭載されることに期待です!• ふちの黒い部分が小さくなる• メリハリのある高画質• バッテリー持ちが良くなる• ディスプレイが薄くなる 有機ELディスプレイの搭載によってiPhone 12の縁が小さくなりスタイリッシュになる可能性もあるので楽しみです。 Proモデルはリフレッシュレート120Hzに対応 iPhone 12シリーズのProモデルはリフレッシュレート120Hzに対応するとのこと。 Galaxy S20などは既に対応しています。 リフレッシュレートが120Hzになると1秒間に表示される情報が多くなり、スクロールした時などにスムーズな移動が可能です。 僕自身、Galaxy S20で体験しましたが、確かに画面の流れは速くなった気がしますが、そこまでの差はないので別に無くても良いかなと思います。 ストレージが128GBからになる• iPhone 12:128GB、256GB• iPhone 12 Pro:128GB、256GB、512GB 現在は全てのiPhoneが64GBストレージからのスタートです。 iPhone 12シリーズは全てのモデルが128GBからのスタートになるとのこと。 現在、128GBモデルがあるのはとだけです。 どちらも64GBとの差額は5,000円なので、128GBが最低容量となっても不思議ではありません。 128GBは写真も動画も十分入れられる丁度良い容量なので、Proモデルでも128GBを選択できるとかなり良いですよね。 個人的には絶対に採用して欲しい情報です。 バッテリーの容量がアップ iPhone 12は iPhone 11よりも大容量のバッテリーが搭載される可能性があるとのこと。 特にProモデルは画面サイズがのアップが噂されているので、大きくなったスペースの分だけバッテリー容量がアップすることは十分考えられます。 また、リフレッシュレートが120Hzに対応するということで、その消費電力をカバーする目的でバッテリー容量が増えるとの予想もあります。 個人的にはこれ以上iPhoneの重量を重くしないで欲しいので、出来ればバッテリー容量はそのままであって欲しいです。 Face IDがより高性能になる iPhone 12シリーズは次世代のFace IDを搭載する可能性があります。 現在のiPhoneは縦向きで同じ方向でしか顔認証をすることができませんが、iPad Proは横向きでも認証可能。 横向きでも解除されるiPad Pro iPhone 12もiPad Pro同様に横向きに対応したFace IDを搭載することに期待です。 Lightning端子が廃止されUSB-Cになる 2018年・2019年のiPhoneにも噂されており、もはやiPhoneにApple Pencilが対応するという噂に匹敵するほど期待できないですが、 今度こそLightning端子が廃止され『USB-C』を搭載するかもしれません。 既にiPad ProはLightning端子が廃止され『USB-C』を搭載しておりAndroidスマホもUSB-Cが主流です。 最近はAndroid端末に遅れてiPhoneが取り入れるという傾向も強いのでそろそろUSB-C端子を搭載するかもしれません。 また他のApple製品だとMacノートブックに関してはUSB-C端子のみの搭載です。 iPhoneもUSB-C端子を搭載した方がユーザーも使いやすく、Lightning端子導入から7年も経過していることからも2019年iPhoneで変わるかもしれません。 USB-Cの可能性は捨てきれませんが、2020年5月現在の最新情報は引き続きLightning端子を搭載すると言われています。 端子の変更は2021年モデルになる可能性が高いとのこと。 EUは2020年1月に「すべての携帯電話に共通する充電器を導入する」ための法案を審議中であると発表しました。 これによりiPhoneのLightning端子が廃止されUSB-Cを搭載する可能性があります。 また、iPhoneは完全にワイヤレス充電のみにするとの噂もあるので、iPhoneの端子についてはかなり注目したいポイントです。 Lightning端子廃止でワイヤレス充電のみ対応 にわかに信じられない情報ですが、Lightningを廃止し、ワイヤレス充電のみに対応するとの噂もあります。 流石にありえないと感じるかもしれませんが、Appleは過去にも大胆な機能削減をしている過去もあるので、Appleが不要と考えればすぐに廃止されます。 iPhone 12でも充電端子がどうなるのかは注目のポイントです。 双方向ワイヤレス充電に対応 現在のiPhoneもワイヤレス充電に対応していますが、新型のiPhoneにはAirPodsなど 他のデバイスに給電できるワイヤレス充電が搭載されるとの噂があります。 これはiPhone 11でも噂されており、iPhone 11を分解した結果、 双方向ワイヤレス充電を試みた痕跡があったことからも期待できる機能です。 双方向ワイヤレス充電に対応すればQi規格対応の製品にiPhoneから給電できるようになり、AirPodsの使用時間を伸ばすことができます。 双方向ワイヤレス充電に関してはGalaxy S10が既に採用されているのでiPhoneがどうするのか気になるところですね。 AirPodsが同梱される iPhoneにはイヤホンが付属していますが、最新の噂では通常のイヤホンとが選べるようになると言われています。 AirPodsは完成度の高い完全ワイヤレスイヤホンでAirPodsとiPhoneの組み合わせは生活を変えるほど便利です。 そんなAirPodsが最初から同梱されると凄いですね。 しかし、AirPodsを既に所有しているユーザーも多いので、「有り」か「無し」を選択でき、有りを選択した場合は通常よりお得な金額でAirPodsが買えるという可能性が高いとのこと。 iPhone 12のカメラに関する最新情報を紹介します。 全てのカメラでナイトモード搭載• 広角カメラが6400万画素にアップ• ToFカメラ搭載(Proモデルのみ)• センサーシフト式の手ブレ補正搭載 カメラも大きく進化しそうですね。 それぞれについて詳しく紹介します。 全てのカメラでナイトモード搭載 左がナイトモード iPhone 11で初搭載されたナイトモードは暗い場所でも明るく撮れるかなり便利な機能です。 しかし、超広角カメラでは使用することができません。 iPhone 12では搭載する全てのカメラでナイトモードが使えるとのこと。 また、最新のAndroidスマホはセンサーサイズを大きくすることによって夜景の画質を向上させているので、iPhone 12でもセンサーサイズアップによる画質アップが期待できます。 広角カメラが6400万画素にアップ iPhoneのカメラは長年1200万画素ですが、遂に画素数がアップするとの噂があります。 噂ではマクロモードを搭載するとも言われているので、 高画素画像を拡大することによってマクロ機能を使えるようにするのかもしれません。 iPhoneで6400万画素は凄いですよね。 既にAndroidスマホでは8K動画が撮れる機種もあるので、6400万画素にアップするのならiPhoneのProモデルも8K動画に対応する可能性はあります。 正直、画素数は1200万画素あれば十分なのですが、スペックは高いに越したことはありませんよね。 ちなみに最近よく使われる 4Kモニターで再現できる画素数は829万画素までなので、今までと同じ1200万画素であったとしてもガッカリする必要はないです。 最近のカメラの進化具合が本当に凄いです。 ToFカメラ搭載 iPhone 12 Proでは新たに深度測定に使用するToFカメラを搭載すると言われています。 一足先に2020年3月に発売されたではLiDAR(Light Detection and Ranging:光検出と測距)スキャナを搭載。 拡張現実の可能性が広がるとのことです。 LiDARスキャナを搭載したiPad Pro iPhone 12 Proにも同様のセンサーが搭載され、ポートレートモードの精度向上が期待できます。 現在のポートレートモードはストローが不自然に消えてしまうなど、まだ精度的にイマイチな部分があります。 新たにToFカメラが搭載されれば、ストローが消えない高精度ポートレートモードや、距離を正確に測ることによってAF(ピントを合わせる)スピードが速くなりそうです。 現状はこのようにポートレートモードでストローが不自然にボケてしまう。 iPad Proのカメラを参考にしたコンセプト画像はこちら。 Which upcoming iPhone 12 model are you looking forward to? — Apple Hub theapplehub iPhone 12のカメラデザインはこんな感じになりそうですね。 センサーシフト式の手ブレ補正搭載 iPhone 12は新たな手ブレ補正機能搭載によって、手ブレ補正が強化されるとの情報もあります。 新たな手ブレ補正とはイメージセンサーシフト式の手ブレ補正機能でProシリーズに搭載されるとのこと。 カメラ機能をまとめるとこんな感じです。 iPhone 12 5. 4インチ iPhone 12 6. 1インチ iPhone 12 Pro 6. 1インチ iPhone 12 Pro Max 6. iPhone端末価格 モデル 64GB 128GB 256GB 512GB 11 Pro Max 119,800円 — 135,800円 157,800円 11 Pro 106,800円 — 122,800円 144,800円 11 74,800円 79,800円 90,800円 — XR 64,800円 69,800円 — — SE 2 44,800円 49,800円 60,800円 — この価格から予想するとiPhone 12シリーズは以下の価格帯になると思います。 iPhone 12 5. iPhone 12 6. おそらく高くなりすぎることはないと思うので、だいたい予想通りの価格帯で発売されると思います。 Jon Prosser氏によると1番安いモデルが649ドルになるとのこと。 日本円だと約7万円からです。 Been seeing some reports speculating on iPhone 12 prices, so I asked my sources 👇 5. iPhone 12 iPhone 12 Pro iPhone 11 iPhone 11 Pro 容量と価格 約7万円〜 約10万5千円〜 64GB:74,800円 128GB:79,800円 256GB:90,800円 64GB:106,800円 256GB:122,800円 512GB:144,800円 ディスプレイ 6. 1インチ or 5. 4インチ 6. 1インチ 6. 3mm 144. 0 次世代スマートHDR ポートレートモード ナイトモード ズーム 2倍光学ズームアウト 10倍デジタルズーム 2倍光学ズームイン 2倍光学ズームアウト 10倍デジタルズーム 2倍光学ズームアウト 10倍デジタルズーム 2倍光学ズームイン 2倍光学ズームアウト 10倍デジタルズーム 端子 Lightning Lightning Lightning Lightning まだ分からないことが多いですが、基本性能は若干アップにとどまると予想できます。 注目ポイントは以下の3つ。 注目POINT• 5Gに対応• 画面サイズがどう変わるか• カメラ性能 5Gの対応は間違いないですが、画面サイズとカメラについては特に気になりますね。 今後も新たな情報があれば更新していくのでぜひ参考にしてください。 2020年新型iPhone 12の噂まとめ iPhone 12の最新情報・噂をまとめました。 iPhone 11でカメラ機能は大幅に進化したので、2020年の新型iPhoneで5Gに対応すればかなり魅力的なiPhoneになること間違いなしです。 特に2020年の新型iPhoneはiPhone 11が発表される前から期待する声が大きかったので、注目している人や、2020年のiPhoneを買う為にiPhone 11を買い控えたという方も多いです。

次の

「iPhone 12」の発表は11月に?

アイフォン 12

まだ発売までには時間がありますが、 既に次のiPhone アイフォン)、 おそらくiPhone 12(アイフォン12 と呼ばれるであろう、 端末に関する最新情報が流れ始めています。 発売日(発売時期・発売予定)、スペック(仕様)、 デザイン、価格(値段)、カメラ、特徴、新機能等々・・・。 これからそれらをまとめたいと思います。 次のiPhone アイフォン はいつ発売される!? これは決まっているのも同然です。 2020年9月です。 なぜなら、ここ数年ずっとそうでしたから・・。 そしてもう少し掘るとすれば、2週間目が一番有力と言えます。 なぜなら、ここ数年ずっとそうでしたから・・。 しかし一部メディアでは、もしかするとAppleが5G採用の遅れを 挽回するため(次のアイフォンは5Gモデム搭載の可能性大!) アイフォンシリーズを2020年の上半期に発売するのでは? という見解も示しています。 が、それはないでしょうねぇ・・。 アップルも時間が必要でしょうし。 なら可能性ありだと思いますが。 次のiPhone アイフォン の価格(値段) iPhone 11の日本発売価格は64GB版が税別で7万4800円、 128GB版が7万9800円、256GB版が9万800円でした。 気になるのは5G機能の導入により、値段が 釣り上がるかどうかでしょうね。 そしてもし上がるとしたら、どれくらい上がるのか。 ちなみに、他のライバルメーカーらは殆ど5Gモデム搭載と共に 新型製品を値上げしています。 Galaxy S10 5Gも、も 結構な値段に設定されています。 なのでiPhone 12の価格も上がるだろう、という 見解は妥当にも思えますが、iPhoneの値段は下がったばかりであり、 2020年秋となると、5Gモデムや関連部品の値段が2019年よりは 著しく下がっている可能性があるため、 2019年のiPhone 11と同じ価格で現れる可能性も 全く無い、とは言い切れないと思います。 次のiPhone アイフォン のデザイン iPhone 11は前作と同じサイズで、同じディスプレイで、 同じデザインだったので全く区別が付きませんでした。 ひっくり返して裏面を見るまでは・・・。 おや、カメラが2つ?いや3つか。 ちょっと・・・いや、かなりブサイク・・・と 言えなくもないような・・・とにかく色んな意味で 物議を醸したカメラモジュールの姿があります。 これには早めに慣れとくべきでしょう。 なぜなら、次のiPhoneにも採用されるでしょうから。 また、信憑性の高いメディアとは言えませんが、 China Timesがノッチの排除とベゼルのスリム化を 予想しています。 こんなデザインになるのでは・・・? うむうむ。 悪くないですね。 次のiPhone アイフォン の特徴・機能・スペック(仕様) まずは指紋認証センサー。 Bloombergの報道によると、次のアイフォンで 指紋認証センサーが復活する可能性があるらしいです。 そして勿論、復活するならその位置は画面内になるでしょう。 Galaxy S10や等のライバル製品には 既に搭載されている機能です。 また、China Timesの報道では、新型iPhoneが ノッチを外すだけでなく画面内にサブカメラを内蔵する可能性も あるそうです。 この技術もOppoやXiaomiなど主に 中華メーカーに導入されているものです。 もしこれらが本当なら、2020年秋には 一層垢抜けたアイフォンを拝むことができそうですが・・・ 果たして!? 予想されている新機能の中で一番の注目はやはり 5G通信でしょうね。 次のiPhoneには5Gモデムが内蔵されるでしょうし、 なので5G通信が利用可能になるはずです。 既にQualcommと契約済みであるため、間違いなくクアルコム社の モデムが内蔵されるでしょう。 全てのアイフォンシリーズに採用されるかどうかはわかりませんが、 少なくとも1モデルは5Gモデルとして登場する可能性があります。 なお、アップル製品の専門家、Ming Chi Kuo氏は 2020年の新型アイフォンが5. 4インチ、6. 1インチ、6. 7インチの 3種類で登場すると主張しました。 もしこれが本当なら、4インチ型のが 発売される確率は一層高まると言って良いでしょう。 これが本当なら、ゲームなどをプレイする時 一層滑らかな画面を楽しめるようになるはずです。 最後にもう一つ、無視できない噂がUSB-Cの 採用です。 次のiPhoneでこれが導入されれば、 50wの高速充電まで可能になる見通しです。 MacbookやiPad Proには採用されたものの、 Appleはずっとアイフォンには独自のライトニングコネクタを 内蔵してきました。 それが今回変われば、 喜ぶアップルユーザーは少なくないはずです。 (既にアクセサリーを沢山買った人は憤るかもしれませんが・・) (この記事は最新情報が入り次第、内容が更新・追加されます。

次の

次のiPhone(次期アイフォン)2020発売日,予想,最新情報

アイフォン 12

Apple Footer• 下取り:下取り額は条件によって異なります。 iPhone SEのキャンペーン価格は、良好な状態のiPhone 8(64GB)を下取りに出した場合のものです。 iPhone 11のキャンペーン価格は、良好な状態のiPhone 8 Plus(64GB)を下取りに出した場合のものです。 iPhone 11 Proのキャンペーン価格は、良好な状態のiPhone X(64GB)を下取りに出した場合のものです。 下取り額は予告なく変更される場合があります。 下取り額は新しいiPhoneの購入が条件となり、制限が適用される場合があります。 下取り額は、下取りに出すiPhoneの状態とモデルによって異なる場合があります。 20歳以上の方のみが対象です。 本プログラムは一部の店舗ではご利用いただけない場合があります。 店頭での下取りの場合、有効な身分証明書の提示が必要です。 消費税等は新しいiPhoneの全額について計算されます。 AppleまたはAppleの下取りプログラムのパートナーにより、その他の条件が適用される場合があります。 詳細については をご覧くだ さい。 KDDIで契約したiPhone 8以降のモデル、SoftBankで契約したiPhone SE(第1世代)以降のモデル、Docomoで契約したiPhone 5以降のモデルが対象 です。 バッテリーに関する各数値はネットワーク構成やその他の多くの要素によって変わり、実際の結果は異なる場合があります。 バッテリーは充電回数に限りがあり、将来的にはApple正規サービスプロバイダによる交換が必要になる場合があります。 バッテリー駆動時間と充電サイクルは使用方法と設定によって異なります。 詳しくは およびをご覧くだ さい。 iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone X S、iPhone X S Max、iPhone X R、iPhone SE、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11は防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でテストされています。 iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro MaxはIEC規格60529にもとづくIP68等級に適合しています(最大水深4メートルで最大30分間)。 iPhone X S、iPhone X S Max、iPhone 11はIEC規格60529にもとづくIP68等級に適合しています(最大水深2メートルで最大30分間)。 iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone X R、iPhone SEはIEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています(最大水深1メートルで最大30分間)。 防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。 iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。 クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。 液体による損傷は保証の対象になりま せん。 ディスプレイは美しい曲線を描くように四隅に丸みを持たせてデザインされており、標準的な長方形に収まります。 標準的な長方形として対角線の長さを測った場合のスクリーンのサイズは、5. 85インチ(iPhone 11 Pro)、6. 46インチ(iPhone 11 Pro Max)、6. 06インチ(iPhone 11、iPhone X R)です。 実際の表示領域はこれより小さくなります。 下取り額は、良好な状態のiPhone X S Max(512GB)をお近くのApple Storeで下取りに出した場合のものです。 下取り額は異なる場合があり、下取りに出すデバイスの状態とモデルにもとづきます。 下取り額は新しいiPhoneの購入が条件となり、制限が適用される場合があります。 20歳以上の方のみが対象です。 本プログラムは一部の店舗ではご利用いただけない場合があります。 一部のデバイスは下取りの対象ではありません。 AppleまたはAppleの下取りプログラムのパートナーは、理由を問わず、下取りの取引を拒否または制限する権利を有します。 店頭での下取りの場合、有効な身分証明書の提示が必要です。 お手持ちのデバイスの下取り価格を新しいApple製デバイスの購入に使える場合があります。 AppleまたはAppleの下取りプログラムのパートナーにより、その他の条件が適用される場合があります。 詳細については をご覧くだ さい。 1年分のサブスクリプション終了後は月額600円がかかります。 サブスクリプションは、ファミリー共有のグループにつき1件です。 本オファーを利用するには、条件を満たすデバイスのアクティベーションから3か月以内にサブスクリプションに登録する必要があります。 キャンセルしない限りサブスクリプションは自動的に更新されます。 制限およびが適用されます。 無料トライアルの終了後は月額600円がかかります。 継続は自由です。 トライアル期間の終了後、キャンセルしない限りサブスクリプションは自動的に更新されます。 無料トライアルの終了後は月額980円がかかります。 継続は自由です。 トライアル期間の終了後、キャンセルしない限りサブスクリプションは自動的に更新されます。 NHL and NHL team marks are the property of the NHL and its teams. All Rights Reserved. Officially Licensed Product of NFL Players Inc. iPhoneの商標は、のライセンスにもとづき使用されています。

次の