確定 申告 医療 費 控除 提出 書類。 確定申告の医療費控除に必要なものと提出書類とフォーマット 郵送と提出

令和元年分 医療費控除の申告方法と明細書の書き方【スマホで申告を解説】 [確定申告] All About

確定 申告 医療 費 控除 提出 書類

(写真=PIXTA) 医療費控除とは、1月1日から12月31日までに支払った医療費が一定額を超えると、その金額を所得金額から差し引くことができる制度です。 医療費控除として差し引くことのできる金額は、下記の計算式で求めることができます。 例えば、所得の合計が100万円の人であれば、その5%である5万円を差し引いた金額を医療費控除にすることができます。 2017年分の確定申告から変わった医療費控除 (写真=PIXTA) ポイント1、領収書の提出から明細書の添付へ 2017年分以後の所得税の確定申告より、医療費の領収書の提出は不要になりました。 その代わり、領収書の提出に代えて、医療費控除の明細書を提出することになりました。 医療費控除の明細書は、医療費の領収書に基づいて病院や薬局の名前、医療費の金額等を記入する書類です。 国税庁のホームページより明細書の様式をダウンロードできますが、確定申告書作成コーナーから確定申告書を作成すれば、医療費控除の明細書の内容が自動で確定申告書に反映されます。 ポイント2、セルフメディケーション税制が新設 セルフメディケーション税制とは、定期健康診や予防接種など、健康のため、病気予防のために取り組みをしている人を対象として新設された制度です。 その年中に支払った医薬品等の購入額が1万2,000円を超えると、超えた金額に対して医療費控除を受けられます。 (最高8万8,000円) セルフメディケーション税制は医療費控除の特例であり、通常の医療費控除と併用することができません。 どちらか一方の制度を選択することになります。 セルフメディケーション税制は、2017年1月1日から2021年12月31日までの間に支払った医薬品等の購入費用が医療費控除の対象となります。 医療費控除の明細書の書き方 (写真=PIXTA) 医療費控除の明細書は、「1医療費通知に関する事項」、「2医療費 上記1以外 の明細」、「3控除額の計算」の3つの項目から成り立っています。 まず、「1医療費通知に関する事項」は、健康保険組合等が発行する医療費に関する「お知らせ」を添付する場合に記入します。 受診した病院や医療費が記載された「医療費のお知らせ」が会社で配られたり、自宅に届いたりしていないでしょうか。 そのお知らせを添付すれば、「1医療費通知に関する事項」に金額を記入するのみで、明細の記入は不要です。 お知らせが複数枚ある場合は、合計額を記入します。 「医療費のお知らせ」が送られてくる時期は? 「医療費のお知らせ」が送付される時期は、健康保険組合によって異なり、国民健康保険の場合は自治体によって異なります。 例えば、協会健保の場合、2019年では1月15日に発送されました。 しかし、お知らせに記載されている内容は2018年11月から2019年9月受診分でした。 10月から12月受診分については、お知らせに記載されていませんから、自分で明細を作成する必要があります。 なお、WEBサイトで「医療費のお知らせ」を見ることができる健康保険組合もあります。 自分が加入している健康保険組合に閲覧できるサービスがあるか、健康保険組合のホームページ等で確認してみましょう。 「医療費のお知らせ」に記載されていること 「医療費のお知らせ」には、次の1から6すべての項目が記載されている必要があります。 被保険者等の氏名• 療養を受けた年月• 療養を受けた者• 療養を受けた病院、診療所、薬局等の名称• 被保険者等が支払った医療費の額• 保険者等の名称 そのため、健康保険組合のホームページから閲覧内容を印刷できたとしても、その書類を確定申告で添付できるとは限りません。 これは、郵送される「医療費のお知らせ」にも当てはまることなので、自分のお知らせに、それらが全て記載されているか確認しておきましょう。 医療費の明細欄に記入する事項 「お知らせ」を利用しない場合は、明細を自分で作成します。 明細は「2医療費の明細欄」に領収書を見ながら医療を受けた人の名前、病院等支払先の名前等を記入します。 領収書ごとに書く必要はありません。 医療を受けた人、病院等ごとにまとめて記入ができます。 領収書は捨てずに保管 領収書の提出が不要になったとはいえ、明細書に記載した医療費については確定申告時期等から5年間自宅で保管する必要があります。 ただし、「医療費のお知らせ」を確定申告で添付する場合は、領収書の保管は不要です。 新方式への完全移行は2020年分の所得税の確定申告から 2019年分の所得税の確定申告においては、従来通り領収書を添付する方法でも申告が可能です。 しかし、翌年以降のことを考えると、新方式に早めに慣れておいた方が安心です。 制度を理解して正しく申告をし、還付を受けましょう。 文・前田菜緒(1級ファイナンシャルプランナー、) 【こちらの記事もおすすめ】 > > > > >.

次の

医療費控除の確定申告は忘れずに!還付は確実に!

確定 申告 医療 費 控除 提出 書類

Contents• 医療費控除の必要書類とは では実際に医療費控除を申請する場合、どのようなものを準備する必要があるのでしょうか?ひとつひとつお話しさせていただきたいと思います。 この源泉徴収票は、自分が勤めている会社側が自身の代わりに、所得税などの計算を行ったものになります。 もし確定申告をしようと思っている方は、会社側から渡されますので確定申告まで大切に保管をしておいてください。 この書類は、1年間でどれだけの医療費がかかったのかを一覧表にて確認するというものです。 医療費控除は、誰もが自由に受けられるというものではありません。 1年間にかかった医療費が、10万円を超える場合に申請することが出来ます。 自身、または生計を一にする家族の分の医療費になります。 前までは、医療機関でもらった領収書やレシートを添付して提出しなければなりませんでした。 しかし、2018年より、領収書やレシートの提出は原則的にはなくなり、市町村や健康保険から送付される「医療費のお知らせ」などを参考にすれば、簡単に明細書に記入ができるようになりました。 公共交通機関などは、領収書やレシートが発行されないため、自身で金額の把握を行っておく必要があります。 この明細書は、自身で税務署へ取りに行くか、または国税庁のホームページからダウンロードをすることが出来ます。 医療費控除を申請する場合は、こちらにその金額も記入する必要があります。 国税庁のホームページより作成することが出来ます。 また、税務署の窓口にてマイナンバーの提出またはマイナンバーカードの写しを添付して提出しなければなりませんので、忘れないようにしましょう。 医療費控除の必要書類の種類 以上、上記が主に医療費控除で必要な書類になります。 この書類以外に必要なものとしては、確定申告書を作成する際に必要な印鑑、そして、申告の際に必要なものではありませんが、医療費の領収書やレシートは捨てないで保管しておく必要があります。 上記にて、レシートや領収書の提出の必要は無くなったとお話しさせていただきました。 しかし、もし書類に不備などがあった場合、提出が求められる場合もあります。 また自身での医療費の管理のためにも、保管しておく必要があるでしょう。 また、提出する必要がなくなったかわりに、5年間の保管が義務付けられています。 5年分の領収書やレシートを保管、管理するのは大変かとは思いますが、もしもの場合を考えてきちんと管理しておくと良いと思います。 医療費控除の必要書類どこでもらえる? 源泉徴収票 源泉徴収票は勤めている会社から発行されます。 発行される時期は年末調整を行うため年末から1月にかけて発行されるのが一般的です。 雇用関係がない人には発行されません。 自営業者、個人事業主、フリーランスの人は誰かに雇われているわけではないので源泉徴収票は発行されません。 紛失してしまった場合などは勤務先で再発行してもらいます。 また国税庁ホームページから直接入力して申請することもできます。 nta. 自治体によっては置いていない場合もありますので確認しましょう。 また国税庁ホームページから直接入力して申請することもできます。 自治体によっては置いていない場合もありますので確認しましょう。 マイナンバー マイナンバーは各自治体より「通知書」が既に配布済になっています。 マイナンバーがわからない、通知書をなくしてしまった場合は本人確認出来る身分証明を持って市役所・町役場にて「マイナンバー入りの住民票」を発行することで確認できます。 また、通知書やマイナンバーカードの再発行も市役所・町役場で行えますので「住民課」等の受付で確認してください。 医療費控除の必要書類で郵送できるものは? では、この医療費控除の必要書類で、郵送で対応できるものはあるのでしょうか? まず、確定申告は必要書類を直接税務署へと持ち込む方法と、郵送にて提出する方法があるのです。 確定申告を郵送で行う場合は、まずA4サイズが入る封筒を準備してください。 書類を折り曲げずに入れられるためです。 封筒の中には、上記の必要書類でもお話しさせていただきました、源泉徴収票、確定申告書、医療費の明細書、マイナンバーカードが確認できる書類、またはマイナンバーカードの写し、本人確認書類などが必要になります。 では、これらの書類をどこ宛に郵送すれば良いのでしょうか? これは、自身が住んでいる地域によって異なってきます。 国税庁のホームページより、国税局の所在地及び管轄区域から自身の住んでいる地域の国税局を検索することが出来ますので、事前に調べておく必要があるでしょう。 医療費控除の必要書類の注意点 では、実際に必要書類を準備する際に、注意しなければならないことをお話ししていきたいと思います。 まず、上記のように確定申告を郵送で行う場合、必要書類が全て揃っているかを必ず確認してください。 また、書き損じはないかのチェックも必ず行ってください。 もし、書類に不備などがあった場合は、書類は返却となりますので、再度提出しなければならなくなります。 そのような手間を省くためにも、書類に不備かないか郵送前、または税務署に提出前に必ず確認を行うことが大切かと思います。 また、郵送時は郵便物、信書郵便として郵送する必要がありますので注意してください。 郵便物、信書便以外の荷物扱いでは郵送することはできません。 また、なるべく早めに郵送をすることをオススメします。 もし確定申告を郵送で行いたいと思っている方は、事前に準備しておく必要があるでしょう。 また、医療費控除の部分にも不備はないか必ず確認をしてください。 医療費控除で控除されるものは、あくまで病気や怪我をした場合の医療費や薬の代金、そして交通費になります。 つまり、それ以外は認められないということです。 治療ではなく、予防の段階のものだったり、美容目的などの場合は認められません。 国税庁のホームページにアクセスをしてみると、どういうものが認められて、どういうものが認められないのかが詳しく記載されています。 確定申告の際に慌てて確認することのないように、心配なものがある場合はあらかじめチェックをしておくと良いかと思います。 また、以前にはなかったマイナンバーの提示などが新たな必要書類として追加されておりますので、忘れないようにしてください。 医療費の明細書も、領収書やレシートの添付は必要なくなりました。 しかし、上記でもお話しさせていただきましたが、5年分の領収書やレシートは保管しなければならなくなっています。 1年間に10万円を超える医療費の領収書となりますので、その量は膨大なものになるでしょう。 きちんと保管してなければ紛失してしまう場合もありますので、くれぐれも注意してください。 まとめ いかがでしたでしょうか? 医療費控除を申請するためには、必ず以上の書類が必要になってきます。 何か一つでも漏れがあると、再度提出しなければならなくなります。 ただでさえ、確定申告はお金の計算が多いので、苦手な方も多いのではないでしょうか? しかし、今は記入の仕方も簡単に検索することが出来ますし、慣れてしまえばスムーズに行うことが出来るようになるでしょう。 事前に準備をきちんと行えば、戸惑うこともなくなります。 またお金も帰ってきますので、該当する方は医療費控除を申請することを考えてみてください。 介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス? 会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】 そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します! 空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら! LINEからのご登録はこちら! 関連記事.

次の

【実体験】医療費控除の確定申告は思ったより簡単。12,820円戻ってきた。

確定 申告 医療 費 控除 提出 書類

申告書に添付・提示する書類 申告書を提出する前に、これらの書類が揃っているかチェックしましょう。 下表の項目をクリックすると各項目をご覧になれます。 申告書を提出するときに、以下の書類をその区分に応じ添付するか又は提示しなければなりません。 ただし、還付申告(予定納税額があることによる還付申告を除きます。 )及び相続人から提出される準確定申告の方は、番号確認書類の提示等が必要です。 詳しくは、をご覧ください。 戸籍の附票の写しその他の国又は地方公共団体が発行した書類及び国外居住親族の旅券(パスポート)の写し 外国政府又は外国の地方公共団体が発行した書類(国外居住親族の氏名、生年月日及び住所又は居所の記載があるものに限ります。 ) ・ 「送金関係書類」とは、次の 又は の書類で、あなたがその年において国外居住親族の生活費又は教育費に充てるための支払を、必要の都度、各人に行ったことを明らかにするものをいいます。 金融機関の書類又はその写しで、その金融機関が行う為替取引によりあなたから国外居住親族に支払をしたことを明らかにする書類 いわゆるクレジットカード発行会社の書類又はその写しで、国外居住親族が、そのクレジットカード発行会社が交付したカードを提示してその国外居住親族が商品等を購入したこと等により、その商品等の購入等の代金に相当する額をあなたから受領したこと等を明らかにする書類 ・ いずれの書類も、外国語で作成されている場合にはその翻訳文も必要です。 ・ 給与等(公的年金等)の源泉徴収又は年末調整において、源泉徴収義務者に提出し、又は提示したこれらの書類については、確定申告書に添付又は提示する必要はありません。 このほか、付表や計算書などを使用した方は、その計算書なども申告書と一緒に提出します。 、及びは、国税庁ホームページからダウンロードできます。 なお、税務署にも用意しています。 この場合、税務署長は原則として法定申告期限から5年間、その入力内容の確認のためにこれらの書類の提出又は提示を求めることができ、これに応じない場合には、確定申告書の提出に当たってこれらの書類の提出又は提示をしたことにはならないものとされます。 e-Taxで確定申告書を提出する場合以外は、源泉徴収義務者 交付者 から、書面によりこれらの書類の交付を受けた上で、確定申告書に添付してください。

次の