漫画 ロウ。 コンタロウ

チューロウ

漫画 ロウ

この記事に付けられた題名はまたはにより不正確なものとなっています。 概要 [ ] からまで『』()で連載されたバトルファンタジー漫画。 しかし、北米での公式な読み方は「マール」。 本作品の重要なアイテムである は、安西の趣味であるシルバーアクセサリーを基に考案された。 ちなみに原作・アニメ内では指輪やブレスレット、ネックレスなどの種類があるが、実際に商品化された際には指輪に統一されている。 当時、『サンデー』連載中の作品としては、単行本の売り上げが『』に続く第2位まで上昇するほどのヒット作であったが、安西の意向により全15巻で終わることとなる。 そして2006年39号から2007年28号まで、の作画による続編『』(オメガ)が連載された(全4巻)。 メルの公式ファンブック『アクトシルバー』も発売されている。 アニメにおいては、テーマソングを全てのオープニング・一部のエンディングにおいてが歌っている。 特に2006年の同アーティストのシングルCDリリースは「」「」を除き、すべて同番組のタイアップである。 その理由としてのバックアップによることが挙げられる。 登場人物 [ ] 詳細は「」を参照 この世界におけるマジックアイテムの総称。 メルヘヴン大戦 [ ] 戦闘集団である「チェスの兵隊」が、メルヘヴンに全土に対して仕掛けた大規模な戦争。 大戦の内容は大きく2段階に分かれており、第1段階として半分程度の国々をテロ的に壊滅させ、第2段階としてウォーゲームを開催する。 ウォーゲーム [ ] ファントムがチェスの兵隊に造反する者を直接始末するため、メルヘヴン全土に呼びかけた。 参加するためには指定された場所に期間内に到着し、予選である「テスト」を合格しなければならない。 しかし特例として、ファントムによって実力を評価された人物も途中参加を認められることがあり、全てはファントムの一存となっている。 2つのの目の数でフィールドと人数を決める• 各チーム(メル・チェス・クロスガード)で参加者を決める(指定人数より少なくても構わない)• 参加者が各チーム1人ずつ戦う(個人戦) 最終的にチームごとの勝者数を比べて、チームの勝敗を決める(団体戦)• 負けたチームに所属している上に、個人で敗れた者は以後のウォーゲームへの参加資格を失う。 負けたチームに所属していても、個人で勝利していれば以後のウォーゲームにも参加可能である。 ここまでの団体戦を、全ての参加者が参加資格を失うか、が個人戦で敗北するまで、繰り返し行う。 登場したフィールド [ ]• レギンレイヴフィールド(1st、7thバトル)• 砂漠フィールド(2nd、5thバトル)• 火山群フィールド(3rdバトル)• 氷原フィールド(4thバトル)• キノコフィールド(6thバトル) ウォーゲーム成績表 [ ] 1stバトル• 原作 - (刊「」連載)• スーパーパイザー - 野村敦司、沢辺伸政、斎藤裕• シリーズ構成 -• キャラクターデザイン・総作画監督 - 小丸敏之• 美術監督 - 梶原芳郎• カラーデザイン - 黒柳朋子• 撮影監督 - ひろちけんじ• 編集 - 小峰博美• 音響監督 -• 音楽 -• 企画協力 - 小学館キャラクター事業センター• 3DCG制作 -• ラインプロデューサー - 下地志直(1話〜26話)• アニメーションプロデューサー - 桜井涼介• アニメーション制作 -• 13話からイアンの服装が変更になっている。 30話、44話から映像が一部変更になっている。 54話から映像が一部変更になっている。 86話から映像が変更になっている。 73話から背景に動画が挿入されている。 フルバージョンで放映された。 CD [ ]• 『メルヘヴン THEME SONG BEST』 発売 GZCA-5098 各話リスト [ ] 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日 1 開け! 異世界の扉!! 小高義規 2005年 4月3日 2 伝説のアーム! バッボ!! のがみかずお 斉藤和也 4月10日 3 ジャック! バトルスコップ発動!! 千葉大輔 千葉大輔 岡辰也 4月17日 4 ギンタ! バッボを取り返せ!! 李豪世 4月24日 5 謎の美少年、アルヴィス 植田浩二 奥脇雅晴 小林哲也 江森真理子 5月1日 6 氷の中の少女、スノウ 松園公 小高義規 長森佳容 5月8日 7 目覚めよ! もう一人のエド!! 早川正 奥脇雅晴 のがみかずお 久保山英一 田中薫 5月15日 8 復活のナイト・ファントム 神戸一彦 小林哲也 千葉大輔 岡辰也 5月22日 9 修練の門、メリロとプモル 武上純希 奥村よしあき 李豪世 5月29日 10 第二次メルヘヴン大戦 植田浩二 奥脇雅晴 小林哲也 江森真理子 6月5日 11 見せてやる! バッボ・バージョン(2)!! 早川正 松園公 福田貴之 小丸敏之 6月12日 12 ルベリアのボス、ナナシ! 神戸一彦 奥脇雅晴 おゆなむ 江原康之 6月19日 13 地底湖の戦い! ナナシVSオルコ!! 植田浩二 うえだひでひと 千葉大輔 岡辰也 6月26日 14 バッボバージョン(3)! 出て来いガーゴイル!! 武上純希 奥村よしあき 李豪世 7月3日 15 7人目の仲間? ジョン・ピーチ!? 植田浩二 奥脇雅晴 千葉大輔 こひらかずと 7月10日 16 ウォーゲーム開始! 早川正 奥村よしあき 石川哲也 7月17日 17 1STバトル(1)! アルヴィスVSレノ!! 神戸一彦 松園公 岡崎幸男 江原康之 登坂晋 7月24日 18 1STバトル(2)! ジャックVSパノ!! 武上純希 小林哲也 江森真理子 7月31日 19 キャプテン・ギンタ! ガーゴイルVSガロン 神戸一彦 ヤマトナオミチ 草刈大介 8月7日 20 修練の門再び! ケンカのやり方教えます!! 早川正 奥脇雅晴 福田貴之 石川哲也 8月14日 21 砂漠フィールド! 闘うお姫様!! 神戸一彦 奥村よしあき 曾我篤史 8月21日 22 ナナシVSロコ! 呪いのワラ人形!! 武上純希 松園公 岡崎幸男 桜井木ノ実 8月28日 23 恐るべき魔女! ドロシー!! 神戸一彦 小林哲也 江森真理子 9月4日 24 ファントムの密やかな楽しみ 植田浩二 奥脇雅晴 畠山茂樹 草刈大介 9月11日 25 遅れてきた男! アラン!! 武上純希 福田貴之 宇中仁 9月18日 26 男を見せるぜジャック! 魔法のキノコ!! 神戸一彦 奥村よしあき 曾我篤史 9月25日 27 私、負けないよ! 火山群のスノウ!! 早川正 奥脇雅晴 岡崎幸男 桜井木ノ実 10月2日 28 呪いのロウソク! ギンタVSカノッチ!! 武上純希 うえだひでひと 小林哲也 江森真理子 10月9日 29 もうひとつのゾンビタトゥ! アルヴィスVSロラン!! 植田浩二 ヤマトナオミチ 草刈大介 10月16日 30 戦慄! ファントムとゾディアックのナイト!! 武蔵境考 福田貴之 10月23日 31 シャドーバトル! ガーゴイルVSブラックガーゴイル!! 武上純希 大関雅幸 曾我篤史 10月30日 32 静かなる闘志…アルヴィスの力… 神戸一彦 大平直樹 岡崎幸男 島田賢志 古谷田順久 11月6日 33 どうなるジャック! どうするドロシー!? おおそ独犬 山口美浩 氏家嘉宏 野道佳代 11月13日 34 アクアとアッコちゃんとナナシ流! 奥脇雅晴 菅井嘉浩 植田理恵 11月20日 35 逆襲のギロム! エゴラVSガーゴイル!! 植田浩二 奥村よしあき 福田貴之 まきだかずあき 11月27日 36 ドロシーVSラプンツェル、唄え。 クレイジーキルト!! 神戸一彦 大関雅幸 曾我篤史 12月4日 37 魔法の国、カルデアへ 武上純希 向中野義雄 近藤優次 12月11日 38 侵略者ファントム・ギンタ激闘の果てに… 植田浩二 奥脇雅晴 岡崎幸男 島田賢志 12月18日 39 こども大好きナイト、アッシュ!! 静谷伊佐夫 井草かほる 山口美浩 氏家嘉宏 野道佳代 12月25日 40 世界一ブサイク決定戦!? スノウVSエモキス!! 高橋ナツコ 中村賢太郎 小野田雄亮 菅井嘉浩 器田竹一 2006年 1月8日 41 奪われた魔力! アルヴィスの危機!! 神戸一彦 福田貴之 まきだかずあき 1月15日 42 快感! 石使いのナイト、キャンディス!! 植田浩二 奥脇雅晴 大関雅幸 曾我篤史 1月22日 43 死の戦場! サイコスペース!! 武上純希 向中野義雄 近藤優次 1月29日 44 運命の死闘! ナナシVSガリアン!! ナナシ、よみがえる記憶!! 山口美浩 氏家嘉宏 野道佳代 2月12日 46 新生ナイト、復讐のイアン! 神戸一彦 井草かほる 小野田雄亮 島村恵美子 2月19日 47 傷だらけのアルヴィス 静谷伊佐夫 奥脇雅晴 福田貴之 まきだかずあき 2月26日 48 怒りのドロシー! 砂漠の塔 高橋ナツコ 大関雅幸 曾我篤史 3月5日 49 ゾンネンズ! 狙われた修練の門!! 禁断のラビリンス!! 誘惑のルージュ!! 神戸一彦 山口美浩 氏家嘉宏 野道佳代 3月26日 52 届け! 希望のシックスセンス!! 武上純希 井草かほる 小野田雄亮 島村恵美子 4月2日 53 ファントムを倒す 静谷伊佐夫 甲藤円 4月9日 54 アランのサブイボ 高橋ナツコ 川口敬一郎 大関雅幸 曾我篤史 4月16日 55 アルヴィスが許せない 植田浩二 山口美浩 近藤優次 4月23日 56 ドロシーが食べられた 静谷伊佐夫 阿久たすく 佐野英敏 阿部宗孝 4月30日 57 スノウが笑った 高橋ナツコ 篠崎康行 高木信一郎 5月7日 58 イアンが怒る 植田浩二 小野田雄亮 島村恵美子 5月14日 59 ギンタ東京へ 武上純希 川口敬一郎 まきだかずあき 5月21日 60 ナナシの暴走 川口敬一郎 大関雅幸 曾我篤史 5月28日 61 深窓のドロシー 高橋ナツコ 山口美浩 近藤優次 6月4日 62 アランの名探偵 静谷伊佐夫 武上純希 阿久たすく 阿部宗孝 6月11日 63 アルヴィスと少女 植田浩二 みくりや恭輔 佐藤道雄 雨宮英雄 6月18日 64 小雪の仮面 武上純希 小野田雄亮 島村恵美子 6月25日 65 不思議の国のリリス 川口敬一郎 まきだかずあき 7月2日 66 レギンレイヴ姫の秘密 佐野隆史 大関雅幸 曾我篤史 7月9日 67 ロコと呪いの新ARM 山口美浩 近藤優次 7月16日 68 ラストバトル始まるッ 阿部宗孝 7月23日 69 ジャックと炎のガーディアン 瀬藤健嗣 みくりや恭輔 保田康治 7月30日 70 再戦 アルヴィス対ロラン 高橋ナツコ 川口敬一郎 小野田雄亮 島村恵美子 8月6日 71 永遠の刹那 川口敬一郎 まきだかずあき 8月13日 72 悲しみの花嫁 キメラ 川口敬一郎 大関雅幸 小林一三 8月20日 73 アランの古傷 トラウマ 静谷伊佐夫 大関雅幸 山口美浩 近藤優次 8月27日 74 さらば旧友 ハロウィン 朝日燃 阿部宗孝 9月3日 75 ルベリアの誓い 植田浩二 佐野隆史 みくりや恭輔 保田康治 9月10日 76 真紅の爪 ガーネットクロウ 小野田雄亮 島村恵美子 9月17日 77 ギンタ対ファントム 武上純希 川口敬一郎 まきだかずあき 9月24日 78 最凶猫ガーディアン 川口敬一郎 浅見松雄 小林一三 10月1日 79 決着ッ 山口美浩 近藤優次 10月8日 80 かわいい来客 高橋ナツコ 瀬藤健嗣 朝日燃 阿部宗孝 10月15日 81 バッボ割れる 植田浩二 佐野隆史 みくりや恭輔 保田康治 10月22日 82 復活の咆哮 小野田雄亮 島村恵美子 10月29日 83 イアンと花嫁 猪爪慎一 川口敬一郎 小丸敏之 11月5日 84 スノウ奪還 植田浩二 大関雅幸 小林一三 11月12日 85 愛の嵐ゼピュロスブルーム 猪爪慎一 川口敬一郎 山口美浩 近藤優次 11月19日 86 時間の輪舞 ロンド 武上純希 阿久たすく 阿部宗孝 11月26日 87 城塞都市パルトガイン 猪爪慎一 東海林真一 みくりや恭輔 佐藤道雄 12月3日 88 ファントムの夢 高橋ナツコ 川口敬一郎 小野田雄亮 服部憲知 12月10日 89 覚醒のゾンビタトゥ 植田浩二 高山功 名倉智史 12月17日 90 忘却のクラヴィーア 武上純希 大関雅幸 小林一三 12月24日 91 アルヴィスよ瞑れ 猪爪慎一 川口敬一郎 山口美浩 近藤優次 2007年 1月7日 92 ミスティ キャッスル 武上純希 阿久たすく 阿部宗孝 1月14日 93 冥界のアナリーゼ 植田浩二 山崎たかし 橋口洋介 藤崎賢二 1月21日 94 薔薇は散りてなお染まり 高橋ナツコ 川口敬一郎 小野田雄亮 服部憲知 1月28日 95 スノウの真実 猪爪慎一 小高義規 高山功 名倉智史 2月4日 96 偽りの平和 武上純希 佐野隆史 大関雅幸 小林一三 2月11日 97 炎に散り 水に眠る 猪爪慎一 山崎たかし 山口美浩 近藤優次 2月18日 98 さらば心優しきチェス 植田浩二 猪爪慎一 瀬藤健嗣 藤崎賢二 2月25日 99 アルヴィスの光 猪爪慎一 佐野隆史 小野田雄亮 服部憲知 3月4日 100 哀の嵐ゼピュロスブルーム 高橋ナツコ 川口敬一郎 高山功 名倉智史 3月11日 101 ギンタ対ダンナ 武上純希 大関雅幸 小林一三 3月18日 102 ワクワクは止まらない 川口敬一郎 近藤優次 3月25日 放送局 [ ] この節のが望まれています。 放送局 放送期間 放送日時 テレビ東京 2005年4月3日 - 2007年3月25日 日曜 10:00 - 10:30 2005年4月 - 2006年4月 - 木曜 19:25 - 19:55 木曜 19:30 - 20:00 2005年4月 - 月曜 16:00 -16:30 2005年5月 - 火曜 16:25 - 16:55 2005年4月 - 水曜 16:54 -17:24 2005年5月 - 2006年4月 - 水曜 16:00 -16:30 水曜 15:54 - 16:24 2005年5月 - 水曜 16:00 - 16:30 2005年8月 - 2006年3月 2006年4月 - 日曜 12:00 - 12:27 土曜 6:00 - 6:30 2005年4月20日 - 10月5日 2005年10月17日 - 2006年3月27日 2006年4月3日 - 2007年5月14日 水曜 15:55 -16:24 月曜 15:54 - 16:24 月曜 15:57 - 16:25 2005年7月19日 - 2006年3月28日 2006年4月8日 - 2007年8月25日 火曜 15:50 - 16:20 土曜 6:30 - 7:00 2005年7月 - 2006年4月 - 土曜 10:47 - 11:17 月曜 16:20 - 16:50 2005年6月 - 2006年4月 - 木曜 15:55 - 16:25 木曜 15:51 -16:21 系 日曜10:00枠 前番組 番組名 次番組 メルヘヴン情報局 [ ] EDのスタッフロール終了後から次回予告の間にあたるパタパタアニメ風のコーナーで、エドワードとベルがかけ合う型式である。 時間は30秒。 原作とアニメの大幅な相違点 [ ] テレビの放送コードその他の関係で、アニメでは原作には無い設定を追加したり、所々セリフが変えられていたりしている。 原作より出血シーンが少ない。 また原作で残酷描写があるシーンは自粛されていることがある(Mrフック、コレッキオ、アヴルートゥがラプンツェルに首を切られる際首が飛ばない。 ラプンツェルが、「イアンに首を斬られて死ぬ」から「イアンの炎で焼かれて死ぬ」最期に変更されている等)。 キャンディスの自己紹介が「であり」から「痛ぶるのも痛ぶられるのも好きな人」に変更。 ナナシとガリアンの過去は原作ではナナシ視点で描かれているが、アニメでは全体を見渡せるように描かれている。 ナナシの一人称は原作では「自分」で統一されているが、アニメでは「自分」の他に「ワイ」「オレ(ごく少数)」がある。 7thバトル・アルヴィス対ロラン戦で原作ではアルヴィスが先に13トーテムポールを放ち、ロランがそれを避けてから攻撃していたが、アニメでは13トーテムポールでの攻撃部分が削られている。 原作ではほとんど接点がなかったシャトンとロコの仲が良い。 原作では見られなかったファントムの両親の顔やハロウィンの幼少時代の素顔、船乗りの少女の名前等、アニメでは明かされているものがある。 物語中盤から原作のシナリオとゲーム「メルヘヴン カルデアの悪魔」および「メルヘヴン 忘却のクラヴィーア」のシナリオを合わせて再構築したものに変更されている。 そのために2人の出自に関連して原作との違いがある。 ゲーム [ ] すべてから発売された。 メルヘヴン 忘却のクラヴィーア 原作の終盤のシナリオをもとにしたアナザーストーリー。 アニメ版ではこのゲームでのオリジナルシナリオが多数登場している。

次の

チューロウ

漫画 ロウ

概要 [ ] 高校受験に失敗した主人公が、生活を送る中で仲間と共に将来を模索していく青春ストーリー。 作者が実際に送った中学浪人の実体験から描かれた作品。 作者自身が生まれであることもあり、作品の舞台である地方都市のモデルは。 高校名や予備校名に類推できる実在する学校や地名が大分市・佐伯市に存在する。 また、も作中にはっきりと確認できる。 あらすじ [ ] 15歳にして味わう高校受験失敗という人生の大きな挫折。 中学までの同級生が高校生活を謳歌するのとは対照的に、次の「高校受験」に向けての勉強と厳しい寮生活が余儀なくされる中で、仲間と共に挫折感、絶望感を共有して、それぞれの将来を目指していく…。 登場人物 [ ] 東大道予備校の生徒 [ ] 東大道予備校の寮で生活をしながら高校受験合格を目指す。 古田清貴 現役受験では豊国商業に落ちた。 目標は特にない。 高野やすし 2回目の受験では津久田工業を受験。 好きなことはギターを弾くこと。 安西隆 ラグビーのため、現役時代にラグビー名門の大鶴高校を受験するも落ち、再受験して合格するために中学浪人をする。 武内 交際していた彼女のために受験したが、素行のために内申が悪くて神代高校に落ち、彼女と同じ神代高校に行くために中学浪人をする。 元々勉強できる素質があり、東大道予備校では「勉強マシーン」と呼ばれている。 佐久間 女子生徒。 現役時代に雪で滑って病院に運ばれ、高校に進学できなかった。 トマト頭、イガグリ 2回目の受験では城陽高校を受験。 その他 [ ] 堀川亜希 栄光女子学院高等学校1年女子生徒。 ふとしたことで古田と親しくなる。 田村 東大道予備校寮寮監兼教師。 管理は厳しい。 関連項目 [ ]•

次の

漫画「レディ・ロウと7日の森」の各話ネタバレと無料読み放題まとめ

漫画 ロウ

プロフィール [ ]• に「闇の中」で第47回少年部門佳作受賞。 に「LOST PRINCESS」(『』掲載)でデビュー。 デビュー当初はを「田辺伊衛郎」としていた。 47号より、『』()にて『』を初連載。 同作品で第52回少年向け部門を受賞。 51号〜4・5号まで、『』()にて『』を短期集中連載。 33号〜10号まで、『』()にて『』を月1連載。 作風 [ ]• 系・系を得意とする。 作中で「嫉妬・劣等感」という要素をたびたび取り上げ、苦悩・葛藤していくメインキャラクターの様子が描かれている。 人物 [ ]• ペンネームや作風から男性だと思われがちだが、 れっきとした女性である。 アシスタントも女性から構成され、『結界師』5巻巻末おまけ漫画では「仕事現場で遭遇したゴキブリとの死闘」が描かれている。 自画像にを用いることが多い。 2015年8月よりを始める。 『』単行本おまけコーナー「イラスト大将」「らくがき大将」では時に辛辣だったり毒舌だったりするコメントが特徴。 キャラの画面内の立ち位置を意識したり 、「橋の上」は「現世と異世界」の境界を意味するため、好んで用いる。 『結界師』の連載初期の頃の担当は『週刊少年サンデー』20代目編集長。 おまけ漫画ではパンダの姿で描かれていた。 受賞歴 [ ]• - 少年部門 佳作(『闇の中』)• - 少年向け部門受賞(『結界師』) 作品 [ ] 連載 [ ]• (『』2003年47号 - 2011年19号、全35巻)• (『週刊少年サンデー』2013年33号 - 2020年10号、全16巻) 読切 [ ]• フェイク(『少年サンデー超』2003年4月25日号)• 結界師(『週刊少年サンデー』2003年21号)• 結界師 ミニ外伝(『少年サンデー超』2004年7月25日号)• 結界師外伝〜良守の初陣〜(『少年サンデー超』2005年1月25日号)• MY SWEET SUNDAY(『週刊少年サンデー』2008年34号)• バースデイ(『』2009年6月号)• 森の中(『ゲッサン』2012年8月号) 単行 [ ]• (2011年) 師匠 [ ]• アシスタント [ ]• 脚注 [ ].

次の