ロピア 船橋 コロナ。 激安スーパー「ロピア」が流山に。もやしが、マグロ1パックが・・・安っ!

【ロピアLINE登録】ガラポン抽選会開催!

ロピア 船橋 コロナ

今、首都圏で最も急成長しているスーパーマーケットと聞いてまず思い浮かぶのは、ロピア(神奈川県/高木勇輔社長)ではないだろうか。 売上高の伸びは凄まじく、2013年度の560億円から2018度には1356億円にまで拡大。 5年間で242%増と、70~80年代の小売業を彷彿させるような、現在では考えられない成長率を示している。 ロピアの強さの秘密はどこにあるのか。 同社屈指の繁盛店「ロピア ららぽーとTOKYO-BAY店」(千葉県船橋市:以下、TOKYO-BAY店)の売場から探る。 今年2月にオープンした「平井島忠ホームズ店」(東京都江東区)は、ホームセンターの「島忠ホームズ平井店」の活性化の一環で、4階の駐車場だったスペースを改装して出店した。 4月オープンの「松戸店」(千葉県松戸市)は旧・伊勢丹跡地、6月オープンの「ワンズモール店」(千葉県千葉市)も総合スーパー「イオン千葉長沼店」の跡地への出店であり、7月に開店した「蘇我島忠ホームズ店」は平井島忠ホームズ店と同様にホームセンター店舗の活性化の一環でテナント出店している。 大型店跡地や売場面積縮小後に空いた広大なスペースを埋め、お客を呼び込めるチェーンは、現状ではロピア以外にいないのではないだろうか。 ロピアは今後もこのスタイルの出店を踏襲する可能性が高く、小売やデベロッパーからの要望も増えていくと思われる。 同店が入居するショッピングセンター「ららぽーとTOKYO-BAY」は38年前の1981年4月の開業。 日本の大型ショッピングセンターの先駆け的存在で、年間約2500万人が来店すると言われている。 ロピアが出店したのは2013年2月。 同年はこのショッピングセンターにとっては、ターニングポイントとなる年でもあった。 クルマで約10~15分の距離に大型ショッピングセンター「イオンモール幕張新都市」が開業したからである。 実際に売場を見ていこう。 ロピアの店舗は、青果・鮮魚・精肉からなる生鮮ゾーンと総菜売場をどこに配置させるかが店舗によって異なる。 TOKYO-BAY店は総菜を生鮮と分離した配置になっている。 メーン入口から順に見ていく。 青果は精肉に次ぐ重点部門の位置付けで、旬と価格を重視した売場となっている。 入口の平台では「バナナ」「キウイ」「オレンジ」などの輸入果実と、「サクランボ」「ハウスみかん」「メロン」「スイカ」といった旬の果実を陳列。 野菜では「トマト」を重点的に売り込んでおり、「プチトマト」「パック」「箱入」などバラエティに富んだラインアップとなっている。 価格訴求商品としては、「レタス」「キャベツ」「とうもろこし」(各1個99円)と、「大根」(1本107円)、「もやし200g」(1袋19円)などの安さが際立つ。 TOKYO-BAY店の売場レイアウト 次ページは.

次の

船橋市で3名の感染確認、船橋市内でこれまで85名の診断報告、4月19日船橋市公表、新型コロナウイルス

ロピア 船橋 コロナ

破竹の勢いで売上を拡大させるロピア(神奈川県/高木勇輔社長)。 では、同社ナンバーワン店舗とも目される屈指の繁盛店「ロピアららぽーとTOKYO-BAY店」(千葉県船橋市:以下、TOKYO-BAY店)の生鮮食品売場をレポートした。 後編では、注目の総菜売場のほか、日配、グロサリーの売場を見ていこう。 豊富な肉総菜のラインアップ! 精肉部門と並んで、ロピアの強化部門とみられるのが、総菜だ。 TOKYO-BAY店の総菜売場を見ると、精肉の加工肉コーナーと同様に、メンチカツやトンカツ、肉団子などロピアオリジナルの自家製総菜を豊富に揃えている。 この自家製商品が、同社に利益をもたらす源泉であり、ロピアの個性を強烈に打ち出す強みにもなっている。 各コーナーを見ていくと、弁当では「自家製鶏モモ唐揚げ弁当」「さばの塩焼き弁当」などの298円弁当を価格訴求品と位置づけ、「ロピア特性ロースカツ重」(350円)、「鮭幕の内弁当」(380円)、「大きいかつ丼」(598円)などをラインアップする。 フライ・焼き物では、「自家製キャベツメンチカツ」(98円)、「ロースとんかつ」(298円)、「自家製ロピア餃子14個」(298円)、「自家製肉団子5個」(398円)などを品揃えする。 筆者の印象では、肉総菜が総菜全体の8割強を占めているようだ。 ベーカリーの扱いもあり、総菜側入口付近のピザコーナーでは「ロピアピザ」(580円)、「メキシカン」(777円)など10種類を揃える。 売れ筋の「ロールパン5個」(198円)は、4袋まとめ買いだと驚異の398円で販売する。 また、2016年12月に傘下におさめた総菜メーカー、利恵産業(神奈川県/浜野仁志社長)から仕入れた商品も差し込んでいる。 ポテトサラダやおにぎりなどはその一例で、商品ラインアップの幅を広げている。 TOKYO-BAY店独自の取り組みとしては、中華総菜「ドラゴン」、地元の創作総菜「なかはら」をテナントとして導入している。 これも、商品の幅を広げるための策であると思われる。 TOKYO-BAY店の売場レイアウト 多店舗化に対応可能な高い調達能力 日配売場は大きく2つに分かれており、納豆や豆腐、練物などは青果・精肉関連ゾーン、乳製品やチルド飲料などは店舗奥の主通路壁面に配置。 1段目にナショナルブランド、プライベートブランドの価格訴求商品を並べた、基本に充実な商品配置となっている。 冷凍食品はEDLP(エブリデイ・ロープライス)の5割引を基本としているようだ。 アイスクリームは個食タイプを80円、「ハーゲンダッツ・ミニカップバニラ」は188円で販売。 飲料はケース売り重視の売場となっている。 酒類では、ビール系飲料と缶チューハイの売場を広く取っているようだ。 ワインは傘下の輸入商社・ユーラスから仕入れた、チリ産、フランス産、イタリア産を価格訴求商品と位置づけ安さを訴求する。 なお、ロピアではパスタ、オリーブオイルなどもユーラス経由で直輸入していると見られる。 ロピアは大手チェーンと比較すると販売額は小さいものの、傘下に総菜メーカーと輸入商社を抱えるなど、多店舗化にも十分対応できる商品調達能力がすでに保有しているものと思われる。 次ページは.

次の

松戸ビルヂングnews|伊勢丹跡「キテミテマツド」4/13開業、核店舗はロピア

ロピア 船橋 コロナ

神は現場にあり。 小売業、サービス業は、 店舗に神が宿っている。 だから店舗視察は、 実に有益な勉強となる。 しかしその店舗には、 顧客がいる。 「店は客のためにある」 店の第一の役割は、 顧客の暮らしを支えることである。 店は視察者のためにあるものではない。 だから視察・見学するときには、 何よりも顧客に対する配慮が必要だ。 顧客の買物の邪魔をしてはいけない。 自分も顧客となって、 必ずカゴやカートを持って、 買物しつつ、学ぶ。 私はアメリカでも そう、指導する。 さらにその店舗を運営する企業に対しても、 「学ばせていただく」という姿勢は必須だ。 同業他社の人間が、 失礼な視察の仕方をしていたら、 同じ産業で同じように、 小売りの神様に学ぶ者として、 当該の店に代わって、 注意するくらいの見識を持ちたい。 そのくらい、志の高い産業でありたい。 昨日から幕張メッセで、 Foodex Japan2015が開催されている。 イオン幕張新都心や、 船橋ららぽーとTOKYO-BAYなど、 視察見学者がどっと、 押し寄せているに違いない。 そのFoodex Japan2015無料セミナーに、 三つのコマが設けられている。 しかし当該企業のロピアからは、 誰ひとり出講していない。 何の打診も、 一言の断りも、 ないそうだ。 これは私の常識からすると、 言語道断。 日本能率協会ともあろう立派な組織が、 こんな礼を失したことをやるなど、 とても信じられない。 Foodex Japanそのものの信頼も、 揺らいでくるほどだ。 神は現場にあり。 だからこそ、 その神を敬い、 顧客を第一に考え、 さらに同じ仕事をする仲間に、 礼を尽くさねばならない。 自分の店では、 顧客第一主義を掲げているのに、 他社の店では顧客を無視する。 こんな輩は商人の風上にもおけない。 さて今日は、 午前中、横浜商人舎オフィス。 ㈱静鉄ストアの中村喜久男さん、 人事・総務部総務課課長。 静鉄ストアの2014年度も、 好調だった。 嬉しい報告。 竹田昭男社長をはじめ、 全社員従業員の頑張りの成果だ。 今日はその後、 午後3時に横浜崎陽軒本店へ。 6階の大会議室。 ㈱ロピアの44期決算と、 45期経営方針発表会。 無断でセミナーが開催されるほどの絶好調。 全店のチーフ以上の幹部が参集。 冒頭でロピアの経営理念の唱和。 社名のロピアの意味は、 「ロープライスのユートピア」。 経営理念が定まって、 新社名と新しいCIができてから、 ロピアにはブレがない。 それが快進撃につながっている。 経営方針発表はまず、 高木勇輔社長から1時間弱。 ロピアの2014年度の売上高は、 700億2500万円。 2月最終月、最終日の28日まで、 全店が奮闘して、一気に、 700億円の大台に乗せた。 もちろん利益管理も、 経営の大原則も貫かれている。 私の持論だが、 ROAこそ最重要指標である。 決算書のBSとPLが融合した数値だからだ。 企業経営を論じるとき、 この数値が報告できなくては、 全く意味を成さない。 たとえ無料であろうと、 セミナーなど開催することはできないはず。 ロピアのその水準は、 ヤオコーやオーケーをも、 しのいでいるし、 彼らにない経営指標の特長を、 ロピアは持っている。 しかし売上げが伸びると、 利益が伸びる。 何よりもこのシンプルさが、 ロピアの強みとなっている。 2014年は橋本店をはじめ 話題の新店舗が出店された。 高木さんは2014年を振り返りつつ、 2015年の経営方針から、 2017年の次の目標、 さらに10年後の2024年の目標まで、 ビジョンを語った。 わかりやすい言葉を選び 時間をかけて、丁寧に丁寧に、 ソフトにダンディに、 ユーモアを交えて、 経営方針を語った。 むつかしいことをやさしく、 やさしいことをおもしろく、 おもしろいことをよりふかく。 それだった。 上意下達の風は、 微塵もない。 それでも全員が、 本気になって仕事する。 私から見ると、 これこそユートピア。 このブログでも報告したが、 ロピアは1月、2月に、 中堅社員180名ほどを4班に分けて ニューヨークで学ばせた。 私はそのコーディネーター役を務めた。 ロピアの学び方は、 ひたすら顧客に徹すること。 商品を買う。 それを持ち帰って、 料理し、食べる。 写真などほとんど撮らない。 顧客と同化する。 だから学ぶ先の顧客の邪魔には、 絶対にならない。 視察先の店舗から、 その大量購入に感謝すらされる。 この日は参加した全員が集っている。 そこで、アメリカ研修会のShort Review。 30分ほど語った。 模倣困難性と稀少性。 「差別化を学ぶ」などと称して、 人真似研究をする。 売場に並んだ表面的な商品のことだけ、 話題にする。 この姿勢は、それ自体、 自己矛盾している。 商品は売場に並ぶまでに、 長い長い工程管理がなされる。 そこには産地や製造現場があり、 仕入れ・調達があり、 商品開発があり、 物流があり、 商品化技術があり、 それらを行う人間がいる。 ロピアのライバルは、 トレーダー・ジョーであり、 ホールフーズであり、 アルディだ。 最後のメッセージは再び、三度、 「自ら変われ!」 イノベーションを起こし続けよう。 その後、全経営幹部から、 具体的な方針発表。 野老田茂常務は、 2015年の営業方針を、 力強く語る。 福島道夫取締役は、 店舗政策を淡々と語る。 庄司和良PCセンター工場長は、 その経営改革を綿密に披露する。 その後、全事業部長・室長から、 予算と行動方針が発表された。 最後は2014年MVP社員の表彰。 心から、おめでとう。 経営方針発表会は、 3時間にわたった。 私の30分が割り込む形になったので、 みんな手短かな発表となってしまった。 申し訳ない。 しかし、実に中身の濃い発表会だった。 そして、場所を移して懇親会。 崎陽軒の美味しい中華料理と、 ニューヨーク研修に参加した面々との交流。 右端は井上裕一さん。 船橋ららぽーと店ベーカリー部で活躍。 楽しい会話で場はどんどん盛り上がる。 私も各テーブルを回って、 ニューヨークの思い出話を交わした。 福島さんとは、 ニューヨークでずっと一緒だった。 本当にお疲れ様でした。 肉屋出身のロピアは、 断トツに精肉が強い。 その精肉事業部長が、 佐藤博和さん。 キャリア16年の34歳。 商人舎USA研修会にも何度も参加し、 ミドルマネジメント研修会でも学んだ。 その佐藤さんが壇上で中締め。 夢のある、楽しい会合だった。 最後は、高木秀雄会長を囲んで、 高木勇輔社長、野呂田常務、福島取締役と、 写真。 高木会長とは、 勇輔社長が高校生くらいの時からの、 長い長いお付き合い。 その会社が今、 この勢いを持って、 まさにアウトスタンディングな ポジショニングを 構築しつつある。 私にはこの上なく、 嬉しいことだ。 しかし、まだまだです。 天狗になってはいけない。 ひたすらお客さまと、 小売りの神様を見て、 仕事に邁進しよう。 わかってはいるだろうけれど。 〈結城義晴〉 コメントする メールアドレスが公開されることはありません。 (スパム対策)• 628• 410• 110• 632• 445• 1004• 1023•

次の