小説家になろう薬屋のひとりごと。 薬屋のひとりごと

なろう小説「薬屋のひとりごと」が面白い!猫猫が特にいい!

小説家になろう薬屋のひとりごと

・ 本名 非公開 ・性別 女 ・ 生年月日 5月30日 ・福岡県出身 ・趣味は編み物 ・好きな食べ物は豚骨ラーメン ・3歳と0歳の子供がいる 2020年4月 日向夏さんの本名は公開されていません。 日向夏さんの年齢も非公開です。 ただ、 日向夏さんの誕生日は5月30日であることは、Twitterの投稿からわかりました。 そのまえ — 日向夏🐗 NaMelanza 本名も年齢も非公開とは、謎だらけの日向夏さんです。 謎すぎる日向夏さんですが、どうやら2人の子供がいるようです。 さーびす — 日向夏🐗 NaMelanza 顔は見えませんが、かわいいですね。 上のお子さんは、男の子です。 薬屋のひとりごと、スクエニ版、六巻 今日発売! — 日向夏🐗 NaMelanza こちらは日向夏さんの同居猫「うりぼう」。 日向夏さんは猫と猪が大好きなようですね。 うりぼう以外にも、たくさんの猫を飼っています。 そして、福岡県出身なこともあり、好きな食べ物は豚骨ラーメン。 豚骨ラーメン以外は、中華そばだそうです。 とんこつラーメン以外は中華蕎麦です。 — 日向夏🐗 NaMelanza 豚骨ラーメン愛がすごいです。 次は、 日向夏さんの経歴です。 以前は、「うりぼう」の名前で小説家として活動していた日向夏さん。 日向夏の由来は、うりぼうではだめだと言われ、みかんの名前から取ったそうです。 すごくシンプルですね。 そして、 日向夏さんが小説を書くようになったきっかけは、お金がかからないから。 日向夏さんは「小説家になろう」のサイトで、小説を書き始めました。 大人気作品となった『薬屋のひとりごと』は、2011年に初掲載した作品です。 『薬屋のひとりごと』は、日向夏さんの代表作となりましたね。 他にもたくさんの小説を書いている日向夏さん。 日向夏さんの作品はこちらです。

次の

薬屋のひとりごと

小説家になろう薬屋のひとりごと

小説「薬屋のひとりごと」8巻・9巻のあらすじのネタバレ 「薬屋のひとりごと」最新刊10巻の発売日前に復習として8巻・9巻のあらすじやネタバレを少し紹介します! 「薬屋のひとりごと」8巻のあらすじやネタバレ 季節は風の冷たさが感じられるようになった頃。 猫猫は目の前に置かれたたくさんの書物に頭を悩ませていた。 すべて同じ本。 作者は漢羅漢。 この状態は非常に面倒だった。 変人軍師の仕業であろうことは猫猫にはわかりきっている。 さらに宿舎の管理をしている小母から文を手渡され、目を通すと、 碁の本をたくさん作ったので猫猫にもあげる、という内容が書かれていた。 姚が寄りかかるほどに積み上げられた本の数々。 決して作るのは安くない本、印刷ではあるがこれほど用意できたことは素直に関心する。 燃やすわけにもいかず、猫猫は本をめくる。 興味深そうにこちらを見ていた燕燕にも一冊手渡す。 内容は軍師らしくかなり出来がいいらしい。 猫猫は碁や将棋の遊び方を知っている程度なのでいまいちよくわからない。 「いる?」 猫猫が尋ねると燕燕は銀一枚までなら出せると答えた。 銀一枚は食費半月分にも相当する。 しかし姚はそれを安いと言ってのけた。 少し金銭感覚がずれている。 それに対し燕燕は銀一枚では安いと思いつつ、猫猫に友人割の適用だと語る。 猫猫は友人関係だったのかと少し驚きつつ、そう思っているのなら同僚ではなく友人であると認識を改めようと考えた。 それを見ていた姚も「私は?」と聞く。 しかし燕燕は「私にとってかけがえのないお嬢様です!」と胸を張って答えた。 一瞬で不機嫌になる姚。 その態度に燕燕も戸惑っている。 猫猫は燕燕にこの本をあげるから、碁が好きそうな者を教えて欲しいと頼む。 医官たちが休日に打っているとの情報を聞き、しめたと考える。 猫猫は碁打ちが誰なのかを聞く。 すると燕燕は銀一枚を取り出し、「お代です」と支払おうとした。 「いや、いらないけど」 猫猫が答えると、燕燕は「私にも一枚かませてください」と抜け目ないことを言う。 仕方ない、と猫猫は目で返事。 そのやりとりを見ていた姚はあからさまに不機嫌で燕燕に夕食の催促をはじめた。 急いで部屋を飛び出していった燕燕をよそに、姚は猫猫に明日暇かと尋ねる。 どうやら薬を買いに行きたいらしく、その筋に詳しい猫猫について来て欲しいようだ。 言いながら姚は頬を撫でている。 そこには黄疸ができていた。 察した猫猫は化粧品も買いましょうと提案。 花街の妓女御用達の品を扱う店がある。 そこならば青あざも隠せる代物があるはず。 かくして猫猫は姚たちの買い物に付き合うことになる。 「薬屋のひとりごと」9巻のあらすじやネタバレ 猫猫の悪夢は続いていた。 壬氏に横抱きにされたまま寝台のある部屋まで連れてこられた猫猫。 壬氏に対して心臓が高鳴ると同時に薬師として壬氏の傷が気になる猫猫。 猫猫が頭の中で火傷に効く薬について思考を巡らせている中、彼女を下ろす壬氏。 寝台に横になりながら、辛そうな表情を浮かべる壬氏。 そんな壬氏に対して、「痛いのか」と尋ねる猫猫。 猫猫の問い掛けに対して「痛いな」と答えた壬氏だったが、猫猫には壬氏を苦しめている「痛み」が火傷では無いことに気づいていた。 「後悔してないか」と壬氏に尋ねる猫猫。 壬氏は寝台に額をつけたまま静かに涙を流すのであった。 壬氏と語り合いながら、火傷の手当に必要な道具や薬を探して部屋の中を漁る猫猫。 そんな猫猫に「何の後悔だ?」と先程の自分に対する猫猫の問い掛けについて尋ねる壬氏。 壬氏の問い掛けに対して、「壬氏は主上を悲しませるつもりはなかったのだろう?」と答えた猫猫は壬氏が心を痛めているのは、あの時の主上の悲しそうな目を見たからだと悟る猫猫。 猫猫は予想を確信に変える為の根拠として客観的ではなく、人間の感情から見つけ出そうとしている自分を「養父に怒られる」と頭の中で戒めながらも、あの時の壬氏の決断に対する主上の悲しみに満ちた眼差しと玉葉后の前で感情を押し殺した様子の態度から「壬氏が現皇帝の長子である」という妄想が確信へと変わり、決して口に出してはいけない秘密である壬氏と主上、そして阿多の関係が過ぎる。 どんどん知らなくてもいい事を知ってしまうと自分に呆れる猫猫。 横目で少し落ち着いた様子の壬氏を確認した猫猫は、火傷の手当に必要な材料を探しに部屋から出ていこうとする。 しかし、猫猫は即座に壬氏に手首を掴まれしまい…。 小説「薬屋のひとりごと」最新刊(10巻)の発売日 小説「薬屋のひとりごと」は日向夏による小説作品です。 2011年10月に小説投稿サイトの『小説家になろう』で連載を開始。 2012年にはRayBooksのレーベルから単行本化。 さらにヒーロー文庫より新装刊されています。 小説「薬屋のひとりごと」は現在最新刊は9巻まで発売されています。 そこで最新刊の発売日周期を調べてみたところ、小説「薬屋のひとりごと」はこのような結果でした。 小説「薬屋のひとりごと」の最新刊発売日周期 1巻:2014年8月29日:後宮編 2巻:2015年1月31日:宮廷編1 3巻:2015年6月29日:宮廷編2 4巻:2015年9月30日:宮廷編3 5巻:2016年4月30日:市井編1 6巻:2016年11月30日:市井編2 7巻:2018年2月28日:砂欧編 8巻:2019年2月28日:壬氏編 9巻:2020年2月28日 小説「薬屋のひとりごと」は2014年に刊行されて以降、2016年までは最短3ヶ月、最長7ヶ月のペースでした。 しかし7巻は1年3ヶ月、8巻と9巻の間はまる1年ほど空いています。 これまでの最新刊の発売ペースから鑑みるに2020年内に最新刊10巻が出る可能性は低いと考えられます。 なので… 小説「薬屋のひとりごと」の最新刊10巻の発売日は2021年2月26日と予想されます! あくまでこれまでの最新刊の発売日周期からの予測なので、実際の「薬屋のひとりごと」の最新刊10巻が2020年内に出る可能性もあります。 小説「薬屋のひとりごと」最新刊10巻のあらすじ 「薬屋のひとりごと」最新刊10巻のあらすじですが、現在読む方法はありませんでした。 ですが発売日近くになればAmazonにて、あらすじは掲載されると思いますのでもう少し待たなければいけませんね。 【U-NEXTのサービス内容】• 月額1990円(税別)が31日間無料!• 登録時に600P付与!無料期間後は毎月1200P付与!• 雑誌読み放題サービス付き!• アニメや動画見放題サービス付き!• 付与される1200P以上の漫画購入費用は40%ポイントバック! 『U-NEXT』のサイトで月額1990円(税抜き)の課金をすれば人気動画が見放題&1200円分のポイントがチャージされ、お好きな漫画を購入することができます。 初回のみ、無料トライアルを受けることができて、さらに600ポイント貰えるのでお好きな漫画作品を1巻無料で読むことも可能です。 「薬屋のひとりごと」は各巻638〜715 円で販売されているのでポイントに38〜115円足すことで1巻分を無料で読むことができます! 「薬屋のひとりごと」コミカライズ作品やスピンオフ作品の「薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜」も各巻605~660円で購入可能です。 小説「薬屋のひとりごと」最新刊10巻の発売日の予想ですが、これまでの最新刊発売日から考えて 小説「薬屋のひとりごと」の最新刊10巻の発売日は2021年2月26日が濃厚なのかなと思ってます。 電子書籍で「薬屋のひとりごと」」シリーズを集めるならスピンオフまで揃って、お得なサービスがある『U-NEXT』がおすすめです。 ぜひこれを機にチェックしてみてはいかがでしょうか?.

次の

なろう小説「薬屋のひとりごと」が面白い!猫猫が特にいい!

小説家になろう薬屋のひとりごと

「薬屋のひとりごと」という作品をご存知でしょうか? 「小説家になろう」というサイトで連載されている中国の後宮をモデルに描かれたミステリー作品なのですが、この作品、読み出すと止まりません。 「小説家になろう」に掲載されている作品の大半を占めるのは、いわゆる「異世界モノ」が多いのですが、「薬屋のひとりごと」には当てはまりません。 この独特の世界観と登場するキャラクターの魅力、そして作者の高い筆力で描かれる文章は、読んでいてとても心地良いんですよね。 その中でも主人公の猫猫(マオマオ)の存在感は私の中ではとても大きく、楽しく読みすすめるおおきな原動力でもあったりします。 そんな「薬屋のひとりごと」の主人公・猫猫(マオマオ)の感想について書いてみました。 毒が大好き! 猫猫は好奇心が旺盛で、日頃から薬や毒に対する研究にとても熱心。 特に毒に対しては異常なまでの執着を見せ、自ら被検体になることが多く、何度も死の淵に陥ってしまうことも。 そんな猫猫の左腕は毒の実験による痕跡がありありと残っているため、常に包帯で隠しているんです。 誰しも嫌がる毒味のしごとを嬉々としてこなす猫猫の様子は、まわりからは異様な光景として映るようですが、本人からすれば毒を摂取できる可能性がある至福の時間だったりするんですね。 自ら進んで毒を摂取しようとする猫猫は、まわりに羽交い締めにされて制止させられることもあり、なかなか主人公としては珍しいタイプのキャラクターになっていると思います。

次の