島田珠代 死亡。 島田珠代の乙女な一面、笑顔でノロけ話も(2017年9月30日)|BIGLOBEニュース

島田紳助に口説き落とされた31人の女性!番組を私物化していた

島田珠代 死亡

島田紳助と31人の女性!愛した女泣いた女 「紳助さんはマスコミに対して、異常なほどの警戒心をふだんから持っていました。 特に女性がらみのスキャンダルについては警戒ぶりもハンパではなかったですね。 お持ち帰りの時はいつもスタッフを動員して厳戒態勢をとっていました」(テレビ局関係者) レギュラー番組では、キャスティングに大きな力を持ち権力を発揮してきた紳助。 「彼がタレントとして成功してきた大きな原動力は金と女です。 これまでも何度か不倫報道があったので、奥さんや家族の手前、マスコミにばれないように誰よりも狡猾(こうかつ)でした。 番組のスタッフを巻き込んでのマスコミ対策も普通でした」(テレビ局関係者) そんな自身の欲望について、とある雑誌のインタビューでこう答えている。 「やはり女の子には下から行かな。 男やったらいくつになってもスキあらばエッチするぞという姿勢は1%でも持ち続けないと(笑)」 そんな紳助の初不倫報道は1989年の渡辺典子と紳助の東京マンションでのお泊まりデートが報じられた。 紳助のトーク番組に渡辺がゲスト出演したことがきっかけで始まったよう。 この不倫報道が原因でマスコミ対策に過敏になったという。 お笑い芸人の中で、早くから司会というポジションを得ていた紳助。 自分の番組にはお気に入りの女性を出演させていたという。 「紳助さんが彼女をよろしくと言えば、プロデューサーは断れない。 逆にあいつ降ろせと言えば、翌週から消えてしまう。 そんな紳助の権力に自分から接近してきた女性も多かった」(別のテレビ局関係者) 単なる司会という立場から番組を自分のお気に入りで固めるために力をふりかざしてきた。 スザンヌについて、こう語っている。 「あった瞬間、この子は売れると思いました。 口で説明するのは難しいけど・・・」 かなりのお気に入りだったようだ。 同じくブレイクした木下優樹菜は、紳助についてこう語っている。 「元気なヤンキーキャラができなくなった時、お前らしさを失わなきゃいいんだと、紳助さんがメールをくれたんです。 読んで泣きました。 まぁいいや、ユキナらしくいこうとふっきれたんです」 木下はこのように感動したようだが、紳助の女へのアプローチは巧妙だった。 紳助に愛された女性 磯野真理子 行列のできる法律相談所で共演。 上原美優 遺書に紳助の名前があった。 大沢あかね ヘキサゴンで10年まで共演。 木下優樹菜 ヘキサゴンで共演。 熊田曜子 2007年に沖縄旅行がばれる。 小林麻耶 2007年、大阪の自身の店でデートがばれる。 里田まい ヘキサゴンで共演。 島崎和歌子 1990年に初共演をしてから司会など共演多数。 鳥谷ひとみ 紳助作詞で歌手デビュー。 スザンヌ ヘキサゴンで共演。 細木美和 芸能界引退後、紳助の経営するバーの店長になる。 (現在はいない) 松下奈緒 2008年に自身の番組で淡路島旅行を企画。 南明菜 ヘキサゴンで共演。 森泉 一番綺麗なのは森ですわと絶賛。 矢口真理 ヘキサゴンで共演。 安田美沙子 ヘキサゴンで共演。 山口もえ ヘキサゴンで共演。 ユンソナ 2006年に共演した番組で付き合ってと口説く。 ヨンア 2010年にスタッフに依頼してアプローチをする。 渡辺典子 1989年に不倫報道された。 和田アキ子 姉貴分と認める存在。 モデル 1994年に東京のマンションで同棲してると報じられる。 レースクイーン 2000年に100通もの不倫メールが報道される。 紳助に泣かされた女性 伊東美咲 渡辺二郎にアバズレとメール。 エド・はるみ 紳助に意見をし、番組を干される。 大島優子 可愛くないねと言われた。 小沢真珠 渡辺二郎のメールでランクとしてはだいぶ下。 大島美幸 2008年に大島を罵倒し、出演部分をカット。 ほしのあき 2008年付き合いが悪いからと紳助に飽きられたと報道される。 細川ふみえ 1994年に番組で日記を公開され大泣き。 吉本興業元社員 紳助に暴行をされ係争。 ほしのあきについても番組で言っていました。 いつ呼び出しても来るって。 ラーメンいくだけでもついてきたと。 愛人だったのか?仕事がほしいから近づいていたのかわかりませんが、紳助の番組にでなくなってから、すっかりテレビで見る機会が減った女性のひとりですね。 伊東美咲については関西のローカル放送で、紳助の友人と伊東美咲のマネージャーも同伴でご飯を食べたことを自慢していました。 島田紳助は番組を私物化していた 「人気モデル・ヨンアも紳助の好みだったというため、スタッフを介して番組に引っ張ろうとしたんです。 最初は出演を拒んでいたんですが、何度かラブコールを送りつけ、いつしか彼女の心をつかんでOKをとりつけました。 2009年スタートの紳助社長のプロデュース大作戦では、紳助の秘書でレギュラー出演するまでになりました。 その前は松下奈緒に番組内で1泊2日の淡路島デートまで企画したんですよ」(テレビ局関係者) 意中の女性を落とすために番組を私物化していた紳助。 さらに無事に出演が成立した後に、交際を求めることすらあったという。 2006年、ユンソナを芸恋リアルの司会に抜擢した。 「あの時は、3ヶ月付き合ってみないかと面と向かって口説いていましたよ。 会見の時なんかも、さりげなく自分から腕を組んでいました」(別の番組スタッフ) テレビ界での権力が増すにつれ、紳助の女性漁りはますますエスカレートしていっという。 矢口真里、安田美沙子、山口もえ、大沢あかね、上原美優も紳助に気に入られて番組に招集された。 2000年には、カリスマレースクィーンを沖縄に誘っている。 その落としの手口は、1ヶ月に100通以上もメールを送っていた。 「毎日メール送ってごめんね。 絵を描いているの?今度教えて。 東京で温泉もいいね。 でも来夏は沖縄いこうよ」 当時、彼女は紳助との交際と不倫も半ば認めていた。 以降、紳助の浮気報道がなかったが、再び2007年に不倫が報じられる。 熊田曜子と紳助が沖縄の高級ホテルで密会したと報じられる。 紳助に気に入られた女性は仕事で共演させてもらえるなど、得することも多かったが、彼に嫌われたタレントは悲惨だったそうです。

次の

【寝屋川市】吉本新喜劇の島田珠代さん寝屋川署の1日署長として駅前に!(号外NET)

島田珠代 死亡

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2015年4月) 島田珠代 本名 島田珠代(初婚時は小川姓) ニックネーム 珠代 珠代姉さん 珠ちゃん 生年月日 1970-05-10 (50歳) 出身地 ・ 血液型 身長 151cm 言語 日本語 方言 、 最終学歴 グループ名 (2018年 - ) 芸風 、、 事務所 活動時期 - 同期 現在の代表番組 配偶者 独身(離婚歴2度あり) 親族 娘 島田 珠代(しまだ たまよ、 - )は、日本の、であり、アイドルグループのメンバーである。 来歴・人物 [ ] 実家は酒屋。 在学中『』などの素人参加コーナーに出演したのがきっかけで、17歳で吉本入り する。 そのため出身ではないが、NSC出身者では大阪6期生と同期となる。 小柄で愛嬌のある風貌だが、舞台上での奇天烈な身のこなしと女を捨てたような芸風で、の代表的女優として初め頃から頭角を現す。 吉本興業の東京進出攻勢に乗り、22歳の若さで『』金曜日,には『』に出演し、と共に全国的に名前を知られるようになった。 、当時東京支社所属の吉本興業社員と結婚し東京で生活を始める。 、にオープンとともに拠点を移し、同劇場の新喜劇に花子と並ぶ看板女優として出演したが、に離婚。 から1週間の公演をきっかけに、本家NGKの吉本新喜劇に客演で復帰した。 『』()にも度々出演していた。 またにて放送された『』に呼ばれたこともあり、扮する須知軍曹の「インバッグ」というキャスター付きの鞄に入り顔を出すという芸を楽しそうに行っていた。 で新喜劇公演を行ったときには、島田のような「綺麗(現地表現)で若い女性」がどつかれ芸を披露するという例が向こうになく、台湾のマスコミで騒然となった。 元のと交流があり、『』で何度か共演を果たしている。 新喜劇の楽屋にマイボトルを持ち込むほどの大の酢好きであり、白米のほか納豆などにも酢をたっぷりかけて食べるのが習慣になっている。 、名古屋の(CBC)が制作したドラマ『』がきっかけで知り合った美術スタッフと約一年八ヶ月間の愛を実らせ、名古屋市内の区役所に婚姻届を提出。 午前2時30分に内の病院で3400グラムの女児を出産、その後、の寛平主演公演から舞台活動を再開、NGK新喜劇の正座員に戻ってNGKの舞台などに出演している。 、同年3月に再度離婚していたことを発表した。 娘は『主人が育てた方が良い子に育つだろう』からと元夫と暮らしており、島田は一人暮らしをしている(時には後輩芸人を呼ぶ)が、たまに娘は島田が住むマンションへ泊りに来ている。 2018年8月20日、約6000人の中から6次審査まであるの最終オーディションに合格し、メンバー(1期生)に選ばれる。 ギャグ [ ]• 入場時に「はいはいはいはいはい! 」と大声で返事しながら腕を左右に振って足を互い違いに出す奇妙な歩き方で現れ、客など相手の前に着くと「どもどもこんにちは〜」もしくは「どもどもいらっしゃいませ〜」と言いながら、足は互い違いにしたまま、前屈運動のようなお辞儀をする(「(身体)柔らかいな! 」などの突っ込みが入る)。 意中の男性に対してさりげない日常会話などから、急に「 好き」と言って抱きつく(セリフは「時間よ止まれ」などいくつかのバリエーションがある)。 その後、周りに何人かいるにもかかわらず「 二人っきりね」と言い、すかさず男性が突っ込むが、周りが気を使って舞台袖にはけていき、本当に二人きりになる(二人きりになる展開はなどもよく使う)。 ここから以下のパターンに持っていくことが多い。 相手役がの場合は「 ワ〜オ! ワ〜オ! ワ〜オ! ワ〜オ! 意中の男性に、「名前で呼んでいい?」などとせがみ、男性共演者が迷惑そうに「勝手にしたらええがな」などと答えると、「じゃあ遠慮なく」と身を寄せて、「助六」「権左衛門」「ゴンザレス」などと全く違う名前で呼ぶ。 意中の男性に相手の女性(美人がほとんど)がいる場合は、相手の女性を品定めをした後、「勝った〜! 」と勝利宣言をするが、「ボロ負けや! 」と突っ込まれる。 逆に、相手が美人ではない(女役のなど)場合は、「負けた〜! 」と言う。 繰り返しの間隔は今現在はほぼ1往復)、唐突に男性の股下から顔を出し「付き合ってーな! 」と言い男性を見上げる形で振り向く(以前は肩車のような形で男性を見上げていた)。 男性に対して「付き合ってくれたっていいじゃないのよー! 」などと泣きつつ縋り付いたり纏わり付いたりしながら徐々に下へとずれて行き、股間と同じ高さになった時、急に笑顔になり(男性に前掛けなどがある場合は「ペローン」とめくった後)股間を「 チ〜ン」と指で弾く(最近は主に「 ドカーン」と指で弾く事が多い)。 1990年代には、「 ムシャムシャムシャムシャ」と早口で言いながらそれを食べるしぐさをするパターンもあった。 弾かれた男性(主に)が島田を「チ〜ン」と弾き返し、互いに弾き合いだすこともある。 そのときは「チ〜ンチ〜ンチ〜ンチ〜ンチンチンチンチン、! 」といつの間にかの「」になる。 さらに似たような用法で「 トントン」と叩くこともある。 これは「チ〜ン」とは違い、前触れなく行われるが、力の加減が若干強すぎるために、食らった男性は次の動作に移るまで間が空いてしまう。 上の「チ〜ン」の一連の流れの後、男性の股間部分から強烈な空気を受けるようなリアクションをした後「 う〜ん、アロマテラピー! 」と締める。 男性にあれこれ絡んだ挙げ句、男性の両手を背中側から島田を抱きしめるような形に島田側が自分で持っていき、最後には「 離してよ! 」と被害者ぶって振りほどく。 これら等の流れの後に、締めのツッコミのような形で、男性に勢いをつけて壁にぶつけられる。 ぶつけられる際は、大体「 片」の字のようなポーズ(特に足)でぶつかる(俗にいう壁バーン)。 そして倒れこんだ後に、「(あなたって) 優しいのね」もしくは小石を投げる動きをして「 男なんて、シャボン玉〜」(これは、のデビュー曲『バスルームから愛をこめて』の歌詞から引用したと思われる。 )と強がりを言う。 2010年頃からは前フリとして、男性に「壁を見てるやないか」と突っ込まれ、「さーて、何の事やら」としらばっくれながら準備運動するパターンを使う。 また、このギャグで出番が終了する場合は、「以上です」と観客に挨拶する。 正月公演では、この「男なんて〜」の部分で、「明けましておめでとうございます」と挨拶する。 このネタに対して、『お正月だよ全員集合SP』でが「お前は教育に悪い」と言った。 また公演の際にも「壁あたり」を披露しているが、現地の国柄ゆえ「女性虐待」とストレートに受け止められたせいか、冷ややかな反応しか返ってこなかったという。 最近では「そろそろ壁に当たりたいんですけど」ど自ら申し出る。 また舞台の設計上壁がない場合は自ら壁を持ち込み 実際はスタッフが運び役目を終えたらそのまま去る 、相手役の男性座員に投げてもらうこともある。 2018年放送の「茂造の、ファーザー・ファーザー」では相手役のに「投げてほしい」と志願するも「僕はできませんよ」断られ、変わりに茂造役のに投げつけられるという珍しい回もあった。 超絶ぶりっ子な口調で「しっかり捕まえとかないと、どっかいっちゃうぞっ」• 共演者もそれに続くことがある。 この直後、脱糞したかのようなリアクションを取る場合もある。 各種シチュエーションにて入口にある花などの小道具を「もらおう」と言って盗みながら去っていくというギャグもある。 男性を取り合うシーンで、その男性の恋人に「恋のダンス勝負よ! 」と称して、下ネタを言いながら変な踊りをして、その恋人役にも踊りを強要し、勝負の内容はどうであれ「引き分けね! 」と終わらせるネタもある(基本的には実際に恋人役の女性がやることもあるが、あまりにも度が過ぎているときは断られることもあり、そのときは男性役にやってもらうことがある)。 と夫婦役で共演する時は主に地上げ屋役が多い。 その時は無茶苦茶なアドリブを披露し辻本やアキなどの共演者だけではなく観客をも本気で困惑させる。 そのせいで毎回ウケる男性の股下から顔出す等のギャグもウケなくなり辻本からも舞台上でそれを指摘される。 またその際に辻本演じる茂造に無理やりキスを迫ることもある もちろん完全なるアドリブ。 なお当然だが辻本は本当に嫌がり毎回何とか逃れている。 出演 [ ] 吉本坂46としての出演については「」を参照 バラエティ [ ]• () 過去の出演 [ ]• (系)• (TBS系)• - ちひろの母親 役• - 093(オクサン) 役• 『イメチェン武闘会』(2009年2月8日、)• (2009年7月31日、) - 「マニアイドル!!! 」のコーナー(「吉本新喜劇の演技」講師)• (2011年、) - 「ヒット番組への道」のコーナー(「吉本新喜劇」講師)• BSワールド()• (朝日放送)• (朝日放送)• 珠代の得々朝市(朝日放送) テレビドラマ [ ]• 3(2001年5月14日、TBS系)- 前島美佳 役• (2002年7月 - 9月、系) - 有栖川夢子 役• 「影の同調」(2004年4月3日、フジテレビ系) - 川上公子 役• (2005年4月 - 6月、TBS系) - 北川泉 役• 「どつきどつかれて生きるのさ」(2008年9月23日、フジテレビ系) - 女性社員 役• 2(2009年11月21日、) - 小春 役 CM [ ]• 「焼きビーフン」 ラジオ [ ]• 2丁目ダウンタウン()• (2015年10月 - 2016年3月、)• (2016年4月 - 2017年9月30日、MBSラジオ) ミュージック・ビデオ [ ]• 「」( 34thシングル TypeN収録曲) 作品 [ ] シングル [ ] 吉本坂46• (2019年5月8日、SRCL-11152) - (「スイートMONSTER」名義) 関連人物 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 池田直人()• 岩橋良昌()• 上西ときヲ()• 鰻和弘()• 大迫マミ• 大地洋輔()• 岡畑雛生(Re:Complex)• 小川暖奈()• おたけ()• おばらよしお()• 木原実優• こいで()• キャプテン• 坂本純一()• 佐竹正史()• ソウタヤマモト(五臓六腑)• たかし()• TAK(Ooops! 多田智佑()• タナカシングル()• てつじ()• 渡口和志(Ooops! 戸島りぴーと()• 原浩大()• 比嘉琉々香• 藤森蓮華• マサルコ• まちゃあき()• 松浦志穂()• まひる()• まるいるい()• 箕迫かな• よしこ()• () 元メンバー.

次の

寝屋川つーしん:吉本の島田珠代さんが1日警察署長に就任!寝屋川市駅前で市長らと春の交通安全運動を呼び掛け

島田珠代 死亡

在日コリア人の通名とコリア系日本人の姓について調べるなかで『官報』を読んでいったところ見覚えのある名前があったので記事を改訂する。 「帰化」は法務大臣が許可するものであり、『官報』は国民に周知させる情報を掲載する国の機関紙で誰でも閲覧することができる。 まず、かつて読んだ1981年11月23日の市民講座をもとにした『本名を阻むものについて』(金時鐘『本名をはばむもの』(調布・ムルレの会、1983)所収)には、次の文がある。 「日本の芸能界には大変な数の朝鮮同胞が居ります。 具体的に名をあげるわけにもいかないのです。 その人の商売上の人格権に関るから誰それというわけにいきませんが、本人が認めている限りでもかなりの人が居ります」 本人が認めている人としては、一昨年に後楽園で五、六万人あつめてコンサートをした人物について名前を記している。 この人物に関しては『官報』に同姓同名の帰化の記録があったので以下で掲載する。 そして、1975年12月10日の『官報』にある帰化の記録には、住所が東京都港区となっている以下の姓名の記載がある。 李乙龍(木本龍雄)昭和三十年四月十三日生 この名前は見覚えがある。 木本という姓については、李が含む「木」の字を使用して「本姓は李」という意味で「本」の字を使用したのではないかと考える。 検索すると他のキーワードで「在日」と出てくるものの帰化しているので「コリア系日本人」ということになる。 また、上述の人物はともに広島県出身であり、参考として以下の動画を掲載する。 都道府県別 在日韓国・朝鮮人、人数ランキング 「都道府県別の在日韓国・朝鮮人、10万人あたりの人数ランキングです。 発行年月日によって情報の有無や表記法に違いがある。 1961年6月28日 国籍 朝鮮 出生地 大分県大分市 住所 同市 金山明(金明植 錦野明 金野明)昭和二十三年十二月十四日生 1964年10月29日 国籍 朝鮮 出生地 大阪府大阪市生野区 住所 東京都北区 金可愛(岡田可愛、熊本可愛)昭和二十三年十月十九日生 1966年5月18日 国籍 朝鮮 出生地 京都府京都市上京区 住所 同区 李春美(北村春美、都はるみ)昭和二十三年二月二十二日生 1968年7月24日 国籍 朝鮮 出生地 朝鮮平安南道平原郡 住所 東京都港区 康永喆(小畑実、カン・ヤング・チユル)大正十二年四月三十日生 1971年7月23日 住所 東京都新宿区 金福子(和田アキ子、和田現子、金海福子)昭和二十四年四月十日生 プロフィールと生年が異なっている。 1973年4月18日 住所 東京都目黒区 李数夫(松山数夫、松田数夫、五木ひろし)昭和二十三年三月十四日生 同日に福井県三方郡美浜町での帰化もあり。 1974年6月6日 住所 東京都世田谷区 野村昌基(朴昌基)昭和二十七年十一月十三日生 野村将希(のむら・まさき、旧芸名:野村真樹、1952年11月13日 — )と生年月日が一致している。 『マスコミひょうろん 1976年12月号』(マスコミ評論社)「なぜ韓国人タレントが㊙なのか」(赤坂騎士)ではサンミュージックの創業者である相澤秀禎の養子になったことを記している。 1975年2月14日 住所 東京都杉並区 李初子 昭和十七年三月二十五日生 李麗仙(り・れいせん、本名:李初子、1942年3月25日 — )と生年月日が一致している。 1975年8月23日 住所 東京都世田谷区 金優作(松田優作、金優祚)昭和二十五年九月二十一日生 1978年6月8日 住所 横浜市磯子区 趙永吉(矢沢永吉、巴山永吉、巴山英吉)昭和二十四年九月十四日生 『官報』での「吉」の字は下が長い異体字の「𠮷」となっている。 『本名を阻むものについて』(金時鐘『本名をはばむもの』(調布・ムルレの会、1983)所収)にある本人が認めているという人と同姓同名。 1989年10月23日 住所 大阪市平野区 金建(光田建、トミーズ健、トミーズ建)昭和34年5月26日生 この人物に関しては、大阪府大阪市生野区の同じ学区だったという人から確実にコリア系というコメントが以前あった。 気になっていた名前に関しては、光州の本貫から「光」の字を使用してありふれた「田」の字を加えた「光田」を三文字化したのではないかと考える。 1989年12月13日 住所 東京都中野区 李功補(豊原功補、木島久詞、委大鶴島矢)昭和40年9月25日生 1994年4月5日 住所 京都市南区 鄭永憲(吉田永憲)昭和40年10月30日生 レッド吉田(本名:吉田永憲(よしだ・ながのり)、1965年10月30日 — )と生年月日が一致している。 1994年9月7日 住所 大阪府四条畷市 康英五(河島英五)昭和27年4月23日生 1995年3月3日 住所 東京都世田谷区 尹惟久(伊原剛)昭和38年11月6日生 1995年12月21日 住所 東京都渋谷区 鄭 成美 昭和41年11月28日生 安田成美(やすだ・なるみ、1966年11月28日 — )と生年月日が一致している。 『僕たちのヒーローはみんな在日だった』(朴一、講談社、2011)に「韓国籍の在日コリアンである安田(本名、鄭成美)」とある。 2003年3月5日 住所 東京都世田谷区 姜暢雄 昭和54年3月23日生 2006年9月7日 住所 東京都練馬区 趙秀惠 昭和51年6月29日生 井川遥(いがわ・はるか、1976年6月29日 — )と生年月日が一致している。 民族名と芸名は全く異なっており、コメント欄の情報から追加した。 2010年4月5日 住所 東京都目黒区 李在剛 昭和39年7月14日生 椎名桔平(しいな・きっぺい、本名・旧芸名:岩城正剛(いわき・まさよし)、1964年7月14日 — )と生年月日が一致している。 「剛」の字は共通しており、「岩」の字を使用する点から見て慶州李氏。 また『ゼンリン住宅地図 東京都目黒区』(ゼンリン、2010)で該当の住所を見ると「イワキ」とある。 韓国籍・朝鮮籍以外の芸能人と同じか似た名前の帰化の例 1966年11月21日 国籍 無国籍 出生地 京都府京都市上京区 住所 東京都新宿区 黄由美子( 野川由美子 )昭和十九年八月三十日生 国籍は「無国籍」とある。 1973年5月28日 住所 神奈川県横浜市中区 施延雄(瀬川伸)大正五年十月二十四日生 住所 神奈川県川崎市中原区 施瑛(瀬川瑛子、瀬川映子)昭和二十二年七月六日生 瀬川伸の住所は横浜の中華街。 コリアにある施姓はシナ系。 1985年9月11日 住所 佐賀市 張真央美 昭和55年3月2日生 優木まおみ(ゆうき・まおみ、1980年3月2日 — )と生年月日が一致している。 また、以上が同姓同名だという主張もありうる。 例としては、1974年4月25日に裴光男(達川光男)という名前の人物が帰化しており、別に1981年1月9日に徐相福(達川光男)という名前の人物が帰化している。 なお、後者の記録は次のものとなっている。 1981年1月9日 住所 広島市東区 徐相福(達川光男)昭和三十年七月十三日生 他の『官報』に帰化の記録があるスポーツ選手と同じか似た名前の例 1960年2月8日 国籍 朝鮮 出生地 愛知県名古屋市北区 住所 東京都目黒区 金正一(金田正一)昭和八年八月一日生 1968年5月16日 国籍 朝鮮 出生地 朝鮮全羅南道金堤郡 住所 東京都豊島区 崔永宜(大山信達、大山倍達)大正十二年六月四日生 1970年9月9日 国籍 朝鮮 出生地 三重県松阪市 住所 東京都墨田区 李五郎(石山五郎)昭和二十三年二月四日生 三重ノ海剛司(みえのうみ・つよし、本名:石山五郎(いしやま・ごろう)、1948年2月4日 — )と生年月日が一致している。 1983年6月29日 住所 東京都調布市 崔寅鎬(広沢克己、松山克己)昭和三十七年四月十日生 1985年2月15日 住所 東京都世田谷区 高日明(前田日明、前田明)昭和34年1月24日生 1989年11月15日 住所 京都市左京区 金美保(金本美保)昭和51年9月13日生 武田美保(たけだ・みほ、1976年9月13日 — )と生年月日が一致している。 1991年2月28日 住所 大阪市東成区 朴鐘律(新井宏昌)昭和27年4月26日生 2000年10月20日 住所 東京都杉並区 朴和夫 昭和50年10月23日生 松井稼頭央(まつい・かずお、本名:松井和夫、1975年10月23日 — )と生年月日が一致している。 2001年9月13日 住所 大阪市生野区 秋成勲 昭和50年7月29日生 秋山成勲(あきやま・よしひろ、本名同じ、1975年7月29日 — )と生年月日が一致している。 2004年6月9日 住所 広島市佐伯区 朴貴浩 昭和52年1月30日生 住所 東京都世田谷区 朴良太 昭和58年8月16日生 新井貴浩(あらい・たかひろ、1977年1月30日 — )、新井良太(あらい・りょうた、1983年8月16日 — )と生年月日が一致している。 2004年7月9日 住所 横浜市都筑区 金龍彦 昭和51年7月27日生 金城龍彦(きんじょう・たつひこ、1976年7月27日 — )と生年月日が一致している。 2005年2月17日 住所 兵庫県尼崎市 劉憲人 昭和59年4月10日生 金刃憲人(かねと・のりひと、1984年4月10日 — )と生年月日が一致している。 2005年3月7日 住所 兵庫県芦屋市 金博成 昭和43年4月3日生 金本知憲(かねもと・ともあき、1968年4月3日 — )と生年月日が一致している。 「博」は異体字。 2007年2月9日 住所 東京都西東京市 李忠成 昭和60年12月19日生 2007年11月22日 住所 東京都荒川区 李稀哲 昭和56年1月31日生 森本稀哲(もりもと・ひちょり、1981年1月31日 — )と生年月日が一致している。 2008年5月22日 住所 東京都杉並区 金義明 昭和38年8月27日生 金村義明(かねむら・よしあき、1963年8月27日 — )と生年月日が一致している。 以上や他の情報を調べる場合は、膨大な量があるので「官報情報検索サービス」が便利である。 在日認定の問題 在日認定(ざいにちにんてい)とは、ある人物を事実や根拠の有無にかかわらず在日コリアンやコリアン系の人物であると認定すること。 2005年放送のNHK歌番組に出演中の韓国人歌手 Ryu が「日本の芸能界に在日韓国人が多い」と発言した。 これに対して共演中の和田アキ子(両親は朝鮮人)は驚きつつ「え・・多い?」「そりゃ何人かはいるけど・・・少ないねぇ」「確かに何人かはいるけど」「少ないよ」「寧ろほとんどいない」等と応じた。 すると Ryu が共演中の布施明に突然「あなたも在日です」と指摘し、吃驚した布施に「僕は日本人です」と否定された。 和田アキ子も「日本人。 日本人。 日本人だよ。 え、 何、この人韓国人にされてるの?この顔で?この顔が韓国人?これが?この顔が?」「この人日本人」と否定した。 Ryu は「どこで誰がそんなことを言っているの?」と怪訝に尋ねる和田に「韓国でそう聞いた」と返答した。 金時鐘 「日本の芸能界には大変な数の朝鮮同胞が居ります」 Ryu 「日本の芸能界に在日韓国人が多い」 和田アキ子 「そりゃ何人かはいるけど・・・少ないねぇ」 どちらが正しいのか。 NHK歌番組の番組名は何で、2005年のいつ放送があったのか。 また、「在日認定」としていいのかという疑問を持たせる記述が『僕たちのヒーローはみんな在日だった』(朴一、講談社、2011)にある。 「錦 野旦が紅白歌合戦に出場していた七〇年代の初め、紅白歌合戦の常連組には、錦野旦、都はるみなどの在日であるとカミングアウトしていた人たちに加えて、後 にカミングアウトすることになる和田アキ子、レコード大賞に輝いたこともある男性大物歌手であるF・A、グループサウンズ出身の人気男性歌手S・K、音大 の声楽科出身で歌唱力に定評のあるY・S、新御三家と言われた男性歌手のS・Hなど、在日コリアンの歌手が出場者の四分の一近くを占めていた」 以下では、「七〇年代の初め」という記述にもとづき1970年から1974年の5回のNHK紅白歌合戦出場者を列挙して検証する。 なお、1970年から1974年のNHK紅白歌合戦には、97の歌手とグループが出場していた。 他のキーワード: 久保田利伸 五木ひろし 五木ひろし 在日 五木ひろし 歌詞 五木ひろし コンサート CR五木ひろし 在日・ユダヤ人と類似した地名に居住していたという点もある。 『マスコミひょうろん 1976年12月号』(マスコミ評論社)「なぜ韓国人タレントが㊙なのか」(赤坂騎士)では認定を否定。 『朝鮮人がなぜ日本名を名のるのか』(金一勉、三一書房、1978)では認定を否定。 在日・ユダヤ人と類似した人名の可能性もある。 金井克子 他人の関係 金井克子 結婚 金井克子 人間模様 金井克子 年齢 金井克子 youtube 金井克子 あまい囁き 金井克子 在日 金井克子 他人の関係 歌詞 金井克子 波止場エレジー 注意点。 『週刊サンケイ 1965年5月3日号』(扶桑社)「在日韓国系有名人リスト 第一線で活躍している女優さんから社長さんまで」に「タレントの金井克子についても断定的な声が強かったが、両親とも日本人」とある。 木本龍雄は西城秀樹の本名。 「新御三家と言われた男性歌手のS・H」。 新御三家は、郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎。 姓名の順でイニシャルが一致している。 『朝鮮人がなぜ日本名を名のるのか』(金一勉、三一書房、1978)では認定を否定。 日本のグループサウンズであるザ・タイガースのメンバー。 姓名の順でイニシャルが一致している。 他のキーワード: 沢田研二 ブログ 沢田研二 在日 沢田研二 歌詞 沢田研二 a面コレクション 魔界転生 沢田研二 注意点。 『我が名は、ジュリー』(沢田研二、玉村豊男編、中央公論社、1985)の戸籍抄本に「本籍 東京都世田谷区中町五丁目二十三番地 氏名 澤田研二」とある。 水前寺清子 ブログ 水前寺清子 結婚 水前寺清子 ありがとう 水前寺清子 歌詞 水前寺清子 チーター 水前寺清子 在日 水前寺清子 怪我 水前寺清子 骨折 水前寺清子 美空ひばり 注意点。 『女学生の友 1966年8月号』(小学館)「特別企画 青春スター20人のご先祖調べ」に「ご先祖 清和源氏と伝えられている」とある。 在日・ユダヤ人と類似した人名の可能性もある。 『朝鮮人がなぜ日本名を名のるのか』(金一勉、三一書房、1978)では認定を否定。 在日・ユダヤ人と類似した人名の可能性もある。 橋幸夫 在日 橋幸夫 cd 橋幸夫 かつら 橋幸夫 歌詞 橋幸夫 コンサート 橋幸夫 宗教 橋幸夫 この道 橋幸夫 江梨子 橋幸夫 潮来笠 注意点。 『明星 1966年3月号』(集英社)「スターのご先祖様を全調査 エッヘン!世が世であればこんな身分だョ」に「うちの先祖は、おじいさんの代までずっと滋賀県草津の神主でした」とある。 『週刊サンケイ 1965年5月3日号』(扶桑社)「在日韓国系有名人リスト 第一線で活躍している女優さんから社長さんまで」に「ところが調べ てみると、まったくのデマ。 本名、増永丈夫。 『平壌生まれ』どころか、東京都中央区日本橋蠣殻町の生まれ。 父、増永信三郎、母、ゆうの三男」とある。 1975年12月31日の第17回日本レコード大賞の大賞受賞者。 姓名の順でイニシャルが一致している。 他のキーワード: 布施明 在日 エハラマサヒロ 布施明 布施明 息子 布施明 オリビア 吉田拓郎 布施明 注意点。 『週刊平凡 1968年2月15日号』(平凡出版)「人気スターの意外なご先祖さま」に「貴族、武士、町人・・・・とでたところで、百姓 の出はいないのだろうか?いるいる!布施明だ。 百姓といっても、滋賀県は蒲生郡の豪農。 水晶の出る山まで持っているという大金持ちのボンボンのくせに、彼 もちいさい時から麦踏みをやらされたそうだ」とある。 『週刊サンケイ 1965年5月3日号』(扶桑社)「在日韓国系有名人リスト 第一線で活躍している女優さんから社長さんまで」に「ある 印刷物にも、『フランクは済州島出身』と書かれた。 このフランク、産は宮城県志田郡松山町千石字松山二一七、永井ユリさんの子息。 日本人」とある。 別に 『週刊平凡 1968年6月20日号』(平凡出版)「韓国でモテモテのフランク永井」には「戦後日本人歌手が韓国でうたったのはフランクがはじめて」とあ る。 姓名の順でイニシャルが一致している。 声楽科に関しては不明。 『婦人生活 1971年3月号』(婦人生 活社)「夫の励ましで私はスターになれた」に「暗い気分を抱いたまま、わたしは、高校の上部機構としてある短大に進みました。 洗足学園短大英文科です」と ある。 ウェブでの「在日認定」を含めた場合は「在日コリアンの歌手が出場者の四分の一近くを占めていた」という記述に近い値となった。 今後、判明することがあれば改訂していく。 また、『本名を阻むものについて』の続きと上述の「在日・ユダヤ人と類似した人名・地名」の解説は以下で記述する。 最後に以上を考える上で朴一の主張と反論を記す。 朴一 朴一(パク・イル、1956年 — )大阪市立大学大学院経済学研究科教授。 兵庫県尼崎市生まれ。 在日韓国人3世。 芸能人、スポーツ選手についてもその能力は「国籍とは無関係」で個々に 芸能人、スポーツ選手として活躍しているに過ぎない。 世間から賞賛される有名人は、日本国籍取得者であろうとハーフであろうと在日コリアンと強調して犯罪 者については「出自とは無関係」として事実すら隠蔽せよということである。 朴一は、自分の主張に対する抗議メールの「ご都合主義だ」というものを紹介して批判している。 しかし、「これを『ご都合主義』と呼ばずして一体何と呼ぶべきだろうか」と批判した。 2020年7月 月 火 水 木 金 土 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31• 最近の投稿• 最近のコメント• アーカイブ• カテゴリー• 固定ページ•

次の