タロットカードリリー。 無料のタロット占い♪「怖いほど当たる」と評判です♪

無料のタロット占い♪「怖いほど当たる」と評判です♪

タロットカードリリー

プロの占い師も愛用するタロットカードセット タロット占いを始める前の準備 まずは占いを始める前の事前準備です。 当然のことですが、タロットカードが無くては占えませんから、まずはカードを手元に用意しましょう。 タロットカードを準備しましょう 今回こちらの記事ではタロットカードの基本ともいえる、パメラ・コールマン・スミスが描いた 「ウェイト版」のタロットカードを使用して、解説を進めていきます。 手元にあるカードが、ウェイト版のタロットカードであれば、図柄も殆ど同じですから、そのまま違和感なく進められるでしょう。 でももし手元のカードがマルセイユ版のカードなら、かなり図柄が変わるかもしれません。 ただどちらのカードであっても、 基本的なタロット占いのやり方は同じですから、まずは心配せずに一通りご覧いただければと思います。 そしてここまで読み進んで、「ウェイト版?マルセイユ版?」と疑問に感じた方は、こちらの「 」の記事に先に目を通しておきましょう。 世界中で使われているタロットカードは、このウェイト版とマルセイユ版のどちらかが殆どですが、そんなタロットカードの種類もこちらを見れば解るでしょう。 今回はこちらの大アルカナ22枚を利用した、基本的なタロットカード占いのやり方を解説しますので、まずはカードの中から22枚の大アルカナを取り分けてください。 大アルカナは、こちらの「」で、ウェイト版とマルセイユ版の図柄を紹介していますので、解らない方はそちらを確認しましょう。 補足説明 小アルカナカード56枚も利用したい方は、こちらの「 」を参考に使ってみてください。 占い方は同じで、カードを加えるだけでさらに、タロット占いを楽しむことが出来ます。 中上級者向けです。 それは タロットカードの浄化と、 占いをする場所の浄化です。 カードの浄化については、詳しくはまた別の機会に書きたいと思います。 今回はあくまで初心者向けのタロット占い講座なので、まず新品のタロットカードを使うのなら、さほどカードの浄化は気にしなくて良いでしょう。 また自分専用のカードも、今回はそのままでOKです。 ただ他人の所有物のカードで占うことだけは止めておきましょう。 そして 部屋の浄化は、簡単に言えば整理整頓などの掃除と空気の入れ替えです。 詳しくはこちら「 」でも部屋の浄化方法を解説していますので、気になる方は参考までにご覧ください。 タロット占いは、直感をもとに行なうワークですから、初心者といえどもここは大事にしたいところです。 タロットカードで占いをする時には、広い机の上に専用の タロットクロスなどを広げて行えば、カードも傷つきませんし滑らかなカードワークが可能です。 ただ今回はあくまで、 初心者向けのタロット占のやり方なので、リビングのテーブルや、お部屋の絨毯の上でも良いでしょう。 もしタロットクロスの利用をお考えなら、こちらの「 」も参考にしてください。 タロット占いのスプレッドとは タロット占いには、いくつかのカードの並べ方があり、それを スプレッドといいます。 簡単な質問に対する答えを占うための、シンプルなスプレッドから、より詳しく占っていく複雑なスプレッドなど、やり方は色々あります。 今回はまず、初心者の方にタロット占いの基本を、学んでいただきたいと思いますので、3種類のスプレッドについて紹介しましょう。 どれも、難しいカードの解釈はさほど必要ありませんから、気軽に実践してください。 世界中で利用されるスプレッドの種類 参考までに世界中で利用される、スプレッドの種類を紹介します。 特に「ケルト十字法」や、「ヘキサグラム法」はとても有名で、多くのプロのタロット占い師の方が、こちらのスプレッドを利用しています。 詳しくは、 などにも説明がありますので、さらに占いを深めたいときにそちらをご覧ください。 タロット占いの代表的なスプレッドの種類 フォーチュン・オラクル法:V字型に7枚、その中央に3枚。 セブン・テーリング法:7枚の予言。 対人関係に向く。 ケルト十字法:悪魔の10カード、大十字架占いともいう。 ホロスコープ法:黄道十二宮のように12のジャンルに分けカードを配列。 ヘキサグラム法:六芒星(ヘキサグラム)のようにカードを配列。 変形ヘキサグラム法:ヘキサグラム法を12枚に増やし、過去からの流れを明確にした展開法。 大三角の秘宝法:3枚のカードを3角に配置、キーカードも1枚配置。 二者択一展開法:V字型に5枚配置。 (小アルカナの人物カードのみを使用) 大ピラミッド法:最下段12枚、上に行くに従い11、10…最後は1枚と配置。 グレゴリウス法:10枚を3段、さらにその右横に1枚ずつ、さらにその右横に1枚ずつ配置。 陰陽法:2枚のカードを縦に配置。 Wikipedia引用: 本当に驚くほど色々なタロット占いのやり方があります。 北イタリアのスカラベオ社製の美しいクロスと上品なポーチ シャッフルの基本的なやり方 初心者の方に一番最初に覚えて欲しいのは、タロット占いで最も重要な工程といえる、カードの シャッフルのやり方です。 占いの結果は、このシャッフルによって決まりますから、お手持ちのカードを使いながら、シッカリと覚えていきましょう。 シャッフルは、一度覚えてしまえばずっと同じですし、難しいものでもありませんから、何度も繰り返し練習して身につけてください。 カードのシャッフルについて タロットカードをシャッフルする方法は、22枚の大アルカナだけで占うやり方と、78枚の全てのタロットカードで占う方法のどちらでも同じです。 タロットカードは「正位置」と「逆位置」で、カードの解釈も変わってきますから、トランプのようなカットやリフルシャフルではカードの上下が変わりません。 そのため タロット占いでは、カードの山を目の前に裏向きにおいて、両手でそれを崩し、時計回りに回すように、カード全体を混ぜます。 そしてまた一つの山に整えたら、カードを裏にして目の前に置きましょう。 次に1度3つの山にカードを分けて、それを違う順番でもとの1つの山に戻します。 これを 「カットする」と言いますが、ここまで行って占うためのシャッフルが完了です。 シャッフルの写真付き手順 それでは写真付きで、具体的なタロットカードのシャッフルのやり方を、確認していきましょう。 1、タロットカードを1つにまとめて裏にして置きます。 2、カードの山を両手で崩しつつ、 時計回りに混ぜ合わせながら、占うことを意識します。 3、カードを1つにまとめて、 左が上に来るように整えます。 4、1つになったカードの山を3分割して、カットします。 5、カットした順番とは別な手順で1つに戻してシャッフルが完了です。 一人で悩んでしまうなら、プロのネット鑑定で占ってもらおう! 簡単なタロットカード占いのやり方 それではシンプルな ワンオラクル、そして2枚のカードで占う ツーオラクルと、 ツーマインドというスプレッドでの占いのやり方について、見ていきましょう。 今回はあくまで初心者向けのタロット占い入門編として、この3種類の占い方を紹介しますが、 これはすべてのスプレッドの基本となるものですから、ぜひ覚えておきましょう。 タロット占いの基本ともいえるワンオラクル ワンオラクルはシンプルでいて、色々な悩みや相談に対応できる、 タロット占いの基本ともいえる占い方です。 1枚のカードを直感的に引くことで、問題の全体像を読み取って、ズバリと占ていきます。 こんな風にお話しすると、難しそうですが大丈夫です。 こちらの「 」に、詳しくその占い方を解説していますから、まずはそちらを実践してみましょう。 この ワンオラクルで占えるようになれば、他のスプレッドもさほど難しくありませんから、何度か実践してコツを掴んでいきましょう。 問題を解決するためのツーオラクル 次はツーオラクルという、2枚のタロットカードを使ったスプレッドで占ってみましょう。 こちらは2枚のタロットカードにより、質問の「結果」と「対策」を占うやり方です。 タロットカードは比較的マイナスの印象が強いカードもありますが、このツーオラクルなら、そんなカードが出ても安心です。 1枚は「対策」のカードなので、出た結果に対してポジティブに向き合うことが出来ます。 では、シャッフルしたカードの上から7枚目を、目の前の右側に置きます。 これが 「結果のカード」です。 次にさらに残ったカードのさらに7枚目を、左手に置きます。 これが 「対策のカード」です。 タロットカード占いでは、カードの向きによって「正位置」と「逆位置」があり、それぞれ意味合いが変わります。 ですから、 カードを開くときにはカードの上下が変わらないように、横から裏返すように開くことを心がけましょう。 例えば今回のツーオラクルの占いが、恋愛に関しての占いなら、 結果のカードが「運命の輪」の正位置なので、近い将来的に好転しても、それが長続きしないことを意味します。 「運命の輪」は一時的な好転を表しますが、それと共に現実が移り変わることも暗示するからです。 そして、 対策のカードとして「愚者」が逆位置で出ているので、私なりには、地に足が着いていないようなので、計画性を持って感情に流されないようにと解釈します。 タロット占いでは、 その時々の自分の直感を信じて、まずは思った解釈を口にしてみましょう。 相手の心をチェックするツーマインド 次に、恋愛や人間関係などでよく利用されるツーマインドです。 2枚のタロットカードを縦に並べて、気になる相手の心理状態を読み取る占いです。 やり方は先ほどのツーオラクルと同じで、カードの意味と並べ方が違うだけです。 さほど難しくないのでやってみましょう。 先ほどシャッフルしたカードの上から7枚目を、上に置きます。 これが 「表面意識のカード」です。 さらに残ったカードの7枚目を、下に置きます。 これが 「潜在意識のカード」です。 節制のカードは順調に流れる、思い通りの現状を意味しますから、表面上はとても良い傾向だと解ります。 ですが、 潜在意識のカードは「吊るされた男の逆位置」なので、努力が報われない状態、潜在的にはなかなか深い関係性が築けないことを、暗示しているかのようです。 大アルカナカードの意味や解釈は、こちらの「」にも詳しく書いていますので、よろしければ参考にしてください。 タロット占いに必要な全てが揃う初心者に人気のタロットセット ツーオラクルによる仕事の占い方 タロット占いで非常に多い相談は、恋愛相談と仕事に関する相談です。 ここからは、実際に ツーオラクルというやり方で、いくつかの占い事例を紹介しましょう。 ツーオラクルは、特に仕事上の問題などを手軽に占えますので、初心者の方にも利用頻度が高く、解り易い占いだといえます。 3パターンぐらい紹介していきますから、ここでは占った結果のカードを、どのように解釈すればいいのかも参考にしてみてください。 まずは良くある仕事上の占いで、 転職や独立についての相談から見ていきましょう。 対策のカードは「魔術師のカード」、結果のカードは「世界のカード」です。 結果として世界のカードが正位置で開かれているので、転職はとても良い理想的な結果が得られると受け取れます。 世界のカードは、最も理想とする完成された世界を意味するのです。 そして対策のカードとして、魔術師のカードが正位置で出ていますから、今までの仕事に捕らわれず、初心に返りゼロからスタートするつもりで取り組むと、良い結果を引き寄せるといえそうです。 これもタロット占いでは本当に良く聞かれる相談です。 上司との人間関係が、今後改善されるかという問題です。 まず結果のカードとして、女帝のカードが逆位置で開かれています。 これは際限のない欲望や贅沢を表すので、仕事での上司からの要求には切りが無く、いつまでたっても終わりがないことを表します。 そして対策のカードは、太陽のカードの正位置が引かれました。 太陽のカードは捕らわれの無い明るい様子を表すので、上司の言葉に捕らわれずに、 いっそのこと開き直って無理だと告げることで、明るい展望が見えてきそうです。 誰もが悩む深刻な相談でも、占いのやり方は簡単ですから、何事も気軽に占ってみましょう。 では会社や事業の今後について見ていきましょう。 結果の皇帝のカードが正位置で出ています。 これは 社会的な成功を意味するので、会社の将来的な方向性は良い結果が得られそうです。 特に強いリーダーシップが、良い結果を引き寄せるカギとなるので、積極的に行くと良いでしょう。 そして対策のカードとして、恋人のカードが正位置で開かれています。 恋人のカードは、人のウキウキするような感情を表すので、 厳しさだけではなく、社員みんなで楽しめるような機会を持つことも大切そうです。 女性に大人気のマルセイユ版タロットカード ツーマインドによる恋愛の占い方 ではさらに、タロット占いの定番ともいえる恋愛相談を見ていきましょう。 こちらでは ツーマインドを使った、恋愛占いの事例をいくつか紹介いしていきます。 ツーマインドは、相手の本当の気持ちを知るためのスプレッドで、初心者でもやり方は簡単ですから、気軽にチェレンジしてみましょう。 恋愛相談で受ける、 3つの代表的なパターンについて、カードの解釈の仕方も紹介しますので、参考にしてください。 今回の占いでは表面意識のカードとして、女教皇のカードが逆位置で開かれました。 女教皇のカードは、精神的な安らぎや安心をもたらすものですが、 逆位置にでると冷静で批判的な態度が、表面に出ていることを表します。 そして潜在意識としては、女帝の正位置のカードなので、物質的にも精神的にも満足している様子がうかがえます。 結論として、 表面的には冷たく感じる態度も、 心の中では好印象をもってもらえていると受け取って良いでしょう。 特に女帝のカードは女性としての幸せを表すので、少し積極的にアプローチしても良いかもしれません。 誰もが恋愛をしていれば気掛かりになる、恋人が浮気をしていないか、相手の気持ちを占ってみましょう。 表面意識としては、隠者のカードが正位置で出ているので、自分の気持ちを見つめつつ、 落ち着いた気持ちで冷静に対処していることが伺えます。 ですが、あなたに対する潜在意識の思いは、塔のカードの正位置です。 塔のカードは現状の崩壊を意味するので、彼の心はすでにあなたの元を離れている可能性が高いでしょう。 この 塔のカードの崩壊は、あなたの力では阻止できないものですから、まずは冷静に対処することを心明けた方が良いでしょう。 ツーマインドはやり方はとても簡単ですが、こんな風に深く相手の気持ちを調べることもできます。 表面意識は世界のカードの正位置なので、満足して幸せな気分が前面に出ていることが伺えます。 ですがその反面、潜在意識は月のカードの正位置です。 月のカードは先が見通せないような不安を意味するので、 将来的な漠然とした不安があるようです。 ですから、そんな潜在意識の気持ちを聞き出して、安心できるようにしてあげれば、幸せな結婚がイメージできるようになるでしょう。 初心者の為のタロット占いの注意点 いかがでしたか?今回はあくまで初心者向けに、簡単にタロットカード占いが出来るように、人気がある 3つのスプレッドでのやり方を紹介しました。 特にシャッフルについては、どの占い方にも共通することなので、成れるまで何度か繰り返して覚えましょう。 まずは自分をタロットカードで占うことから タロット占いで難しいのは、示されたカードをどのように解釈するかです。 色々と複雑なスプレッドがもあり、上級編ともなれば7枚のカードを引いて、過去、未来、周囲の環境、結果など総合的に占っていくやり方もあります。 ですがどんなに複雑な占い方でも、 重要になるのはカードの意味をいかに解釈するかです。 ですからまずは、ワンオラクルやこちらのツーオラクル、ツーマインドで、自分のことを占って、カードを読み取ってみましょう。 自分のことであれば、複雑な現状も手に取るように解っているので、比較的カードの解釈には悩まずに理解できたりするものです。 初心者はまずタロットカード占いに慣れることからです。 他人を占う上での注意点 自分を占うことで、タロットカードに慣れて自信が付いてきたら、お友達なども占ってあげましょう。 ただここでちょっと注意が必要なのが、あなたはあくまでお金をいただいて、占いを行うプロのタロット占い師ではないので、 気分の乗らない時には、占いをしないことです。 例えば比較的多いのは、親切で占ってあげたものの、その占った結果が当たると、口伝で色々な方に占ってほしいと言われことがあります。 そんな時こそ注意が必要で、時にはあなたの占い結果に、一喜一憂する人も出てくるでしょう。 そんな時には、 意図的にタロット占いから距離をおくことも大切な心構えです。 タロット占いは気持ちを入れずにクリアに占う タロット占いのやり方を解説したサイトや書籍には、「自分のエネルギーを入れる」とか「念を入れて占う」と紹介しているところもあります。 ですがこれはあくまで私の個人的な意見ですが、 タロットカード占いでは「どんな問題を占うのか」を意思決定したら、まっさらな心持でカードと向き合う方が良いでしょう。 もともとタロット占いで受け取る、インスピレーションは、私たちの感情や意思とは別なところから、受け取るものです。 ですから、余計な気持ちを込めて占いをするよりも、 子供のようなまっさらな気持ちで占った方が、きっと良いアドバイスを受け取れると思います。 そんな風にタロットカードと向き合い、スピリチュアルな時間を楽しんでください。 補足説明:参考文献 この記事は、こちらの「 」を参考に、内容をまとめました。 こちらの本には7枚で本格的に占うヘキサグラムというスプレッドや、様々な占いの事例なども紹介されており、カードの解釈を深める参考になります。 初心者が失敗しないように あと最後に、これからタロットカードを用意して占いを始めようという方は、 くれぐれもカードの種類や用意する解説書などには注意してください。 気になったカードを手にしたものの、カードの種類が良く解らないとか、解説書は用意したものの、難しすぎて解らないでは困りますよね。 タロット占いに使うタロットカードや解説書、浄化用のホワイトセージなどについては、初心者向けにこちらの「 」で詳しく解説しています。 初めての方は目を通して置けば、カード選びで失敗することはありませんから、なおチェックしてみてください。 そちらで紹介している解説書には、 様々なスプレッドのやり方や、 占った際の解釈なども紹介されているので、初心者ならなおさら役立つでしょう。

次の

タロット リリー

タロットカードリリー

1.どうしてタロットリーディングが上達しないのか? その理由と問題点は? まず タロットリーディングを上達するうえで、78枚のカードを丸暗記するだけでは限界があります。 タロットカードを購入したら、手順通りにシャッフルとカットをして、スプレッドを展開し、出たカードの意味を参照しますね。 初心者の内は間違っていません。 なんといってもその方が確かで便利だからです。 しかし質問をした内容の良し悪しの判断はついても、なぜ良いのか又はなぜ悪いのかがあいまいなままでなんとなく終わってしまう…これではコイントスと同じです。 この繰り返しでは、 タロットカードを深く読む、つまり タロットリーディングすることができません。 なぜなら「意味を参照する」その時点で、カードからのメッセージを読みとることを放棄しているからです。 タロット占いは、他の占いと比べても特に感性と直感が大切です。 イマジネーションが必要な占いで、展開されたカードから物語を紡ぎだす感性が必要です。 ですから自信がなくても、とにかくまずはあなた自身の感性で タロットをリーディングしてみましょう。 この段階に入り、実占を重ねていくと、本やネットで載っていなかった解釈が閃くことが増えていきます。 これが的中率の向上につながります。 タロットリーディングには確かに一定の暗記は必要です。 しかし最低限の暗記ができたら、占いの度に展開された意味を調べるのをやめて、自分の感性と直感で リーディングするようにしましょう。 これだけで飛躍的に タロットリーディング力がつきます。 関連記事 ワンフレーズでわかる! タロットカード全78枚の意味一覧 2016-07-03 10:57 それ以上に タロットが知られるようになったのは、1970年代から80年代にかけて、スピリチュアルの探求や、心理カウンセリングのツールとして使用する人が増加してからのお話で、「占い」という大きな歴史の中でいうのであれば、本当につい最近のことです。 しかも、占い師や研究家により、占い方法や解釈もさまざまで、「必ずこうでなくてはならない」という占い方が確立されていません。 (ここが タロット占いの魅力でもあり、独学で勉強する上での挫折しやすい部分でもあります) それを考えると、 タロット占いは、「気負いなくできる、自由な占い」な敷居の低い占いなのです。 そして基本的に、 タロット占いとは、「予言」ではなく「助言」です。 当然、 リーディングも、「未来」を言い当てるのではなく、相談者の目標に対しての「アドバイス」になりますので、「」や「」、「」といった一般的に知られるカードのイメージで、必要以上に怖がる必要はありません。 結果に怖いカードが出たとしても、 リーディングによって、回避する方法を導き出せば良いだけなの話なのです。 タロット占いに不要な恐怖心や心配は無用です。 タロットカードには具体的な質問を いくら占い方が確立されていない タロットカードとはいえ、占いの基本的ルールは適用されます。 たとえば、何度も同じ内容を占わない、質問は具体的に、常に前向きな言葉を選ぶなど。 特に質問方法は大切で、否定的であったり、自分自身の責任を回避するような質問の仕方をすると 「ちょっとは自分で考えたら?」 とか 「私( タロット占い)に判断丸投げしないでよ! 」 といった感じの答えしか、出してくれなくなったりします。 何に気をつけたら振り向いてくれるかな」 と、こんな感じではないでしょうか? 誰だって、「なれますか?」と聞かれても「わからない」としか答えられません。 それは タロットカードだって同じです。 自分を占うときでなく、誰かを占うときは、なかなか具体的なことを聞き出せないかもしれませんが、占う側から言葉を導いてあげてください。 的確な質問をすれば、カードも的確なアドバイスをくれます。 そして的確なカードは、リーディングも格段にしやすくなります。 2.タロットカードと仲良くなりましょう タロットリーディングを上達させるには、当然ながら、カードの意味を理解しなくてはなりません。 しかし、大アルカナ22枚、小アルカナ56枚、全部で78枚全ての意味を覚えるというのは、なかなか難しいお話です。 もちろん、 タロットカードの解釈本を見ながら占う方法もありますが、それではどうしても、カード1枚ずつの、四角四面な硬い「解釈」になりがちです。 まずは、カードと リーディングに慣れるために、大アルカナ22枚のみを使い、直観力だけで占ってみましょう。 大アルカナは、小アルカナに比べると意味合いが大きいぶん、絵柄的にもわかりやすいので、潜在意識やインスピレーションを高めやすくなります。 心を開いて、そのカードをよく見つめ、描かれている中から、一番気になった部分や、心が惹きつけられた部分、ものをピックアップし、質問と照らし合わせて意味を導き出してみてください。 初めは上手に リーディングできないかもしれませんが、数をこなすうちに、それぞれのカードの理解が深まっていくので、解釈本に書いてある一般的な意味だけでなく、あなた独自の意味を見出すことができるようになります。 タロットカードと仲良くなることで、 タロット自体も、あなたの解釈に合わせたカードを示してくれるようになるので、自然とリーディング力も上がっていくでしょう。 大アルカナで慣れてきたら、小アルカナも混ぜて、同じように仲良くなってあげてください。 3.過去、現在、未来のどこに注目するべき? あなたは タロットで占うとき、過去、現在、未来のうち、どこを中心に リーディングしますか? 「質問の答えなんだから、当然、未来や結論でしょ! 」 なるほど、確かにそれも間違いではありません。 ただそれは、あくまでも「相談者」、「占ってもらう人」、「カードに答えを求めている」の考え方です。 あなたが、「占者(占いをする人)」であるならば、ぜひ注目してもらいたいのが、「現在」や「現状」のカードです。 ほとんどの タロットのスプレッドでは、「過去」、「現在」、「未来」を見て、リーディングをおこないます。 物事の事象と同じで、 ・ 過去=原因 ・ 現在=過程 ・ 未来=結果 と考えるとわかりやすいかもしれません。 質問者には、占いたいことの「原因」があり、「結果」を求めています。 そしてその「過程」が、「原因」と「結果」を結びつけているのです。 当然、「過去(原因)」は誰にも変えられません。 ですが、 タロットが占うのは確定された未来ではなく、未来へのアドバイスですから、「未来(結果)」は、「現在(過程)」によって変えられます。 …と、いうことは? 「未来」や「結論」の位置に悪いカードが出てしまっていたとしても、相談者が存在しているのは「現在(過程)」なので、「現在」のカードをよく見れば、回避するヒントがどこかに隠れているのです。 もちろん、「未来」が良いカードであった場合も同じで、カードが示す「良き未来」に向かうために必要なヒントを、「現在」のカードが教えてくれています。 したがって、「現在」のカードを中心に見ていくと、「過去」から「現在」への流れ、そしてその「未来」へという形で、圧倒的にリーディングしやすくなります。 4.逆位置のカードのリーディング タロット占いでは「正位置」と「逆位置」で、カードの意味が変わります。 (一部 タロットや、占者によって、逆位置を採用しない場合もあります。 ) 「逆位置」というのは、占う際にタロットカードの絵が逆さまに展開されることです。 タロット占いのリーディングで、つまずく原因の1つが、この逆位置ではないでしょうか? 逆位置の考え方には、通常2つのパターンがあります。 1.正位置の意味が失われる 意味が失われるという言い回しだと、少々わかりにくいですが、「正位置になるために、何かが足りていない(失われている)」という考え方をすると、わかりやすいかもしれません。 2.正位置の意味が反転する これは単純に反対の意味ともいえますが、ものごとの『プラスの面とマイナスの面』という考え方がわかりやすいかもしれません。 どちらの場合も、大前提となるのは、正位置が自然な状態だということ。 正位置の意味を中心として、多くても少なくても、大きくても小さくても、自然な状態ではないので、逆位置となります。 あなたが相談者へのアドバイスを導く際に、カードが出たポジション、他のカードとの関連性を考え、より正位置の意味に近づけるためにはどうしたらよいか、1と2、どちらがより当てはまるか、あなた自身「これだ! 」と思える判断すれば良いのです。 「」のカードを例にしてみましょう。 「」は、一般的な正位置の意味だと、 「自由な行い」 「独創性」 「我が道を行く」 「人の目を気にしない」 「天才」 となります。 では、逆位置の場合はどうでしょう。 1の場合、「」として何かが失われていると考えるのですから、 「人の目ばかり気にせず、もっとあなたらしく、自由な発想でやってみるといいんじゃない? 」 というような リーディングができます。 2の場合で考えると、意味が反転されるのですが、ここで気をつけなければならないのは、国語ではないということ。 自由の反対だから、統制や束縛と考え、 「人を束縛したり、管理したがるのはよくないよ」 という読み方も、決して間違いではありませんが、反対語ばかりに囚われてしまうと、相談内容によっては、うまく リーディングできなくなります。 「」のカードにおいて、自由や独創性というプラス面には、孤独や理解されにくいというマイナス面があるので、「孤立」、「愚かな行い」、「軽率な行為」という考え方もできるのです。 そうすると、 「あなたの行動は、周りから軽率だと思われているみたい。 人目を気にしないのは悪いことではないけど、このままでは孤立してしまうかも? 」 のように解釈することもできます。 ちなみに、ごくまれにではありますが、すべてのカードや、ほとんどのカードが逆位置で出る場合があります。 そんなときは、逆位置を正位置に、正位置を逆位置としてリーディングしてみるのも、ちょっとしたコツです。 リーディングの具体例 例題として、一番簡単な「スリーカードスプレッド」の結果をリーディングしてみましょう。 しかし、先にも書いたとおり、過去があり、現在という過程があるからこそ、未来があるので、そのままではいつまでも片思いのまま、いつか「」になれると思いながら、待ち続ける日々になってしまうかもしれません。 そして、「占いなんて当たらなかった! 」となる可能性が高いでしょう。 では、どのようにリーディングをすれば、相談者にアドバイスとして伝わるでしょう。 出会った頃か、つい最近までは、良い友人や仲間という感じだったのではないですか? 好きだと気づいてからも進展しなかった、というよりは、関係性を考えて、進展を望まなかったのかもしれませんね。 ・現在のカード 「」 逆位置 でも、それではダメだと感じているようですね。 何かを得るためには行動をしなければならないと、気づいているのではないですか? もっと自分の気持ちに素直になって、決断と行動をするべきときに来ているようです。 ・未来のカード 「」 正位置 恋人のカードが出たからといって、受身になって、相手任せにしていては成就するものも、成就できなくなってしまいます。 恋愛は、お互いの気持ちが対等に寄り添うことで、はじめて成立するものです。 それまでには、いくつもの選択枝があり、足がすくむこともあるかもしれませんが、恐れずに歩み寄る心と、そのための努力を忘れないでください。 あなたの勇気が相手にも勇気を与え、その相乗効果で、一歩ずつでも確実に2人の距離は縮まっていくでしょう。 という感じでいかがでしょうか? カードが出したヒントを元に、相談者さんの「過去から未来への物語を紡ぐ」感覚でリーディングをすると、自分の中でも意味が散らかることなく、タロットからのアドバイスを、伝えることができるようになります。 実際には、相談者さんの年齢や状況も考慮しますので、このカードがこの配列で出たからといって、必ず上記のようにリーディングするとは限りません。 5.とにかく数をこなしましょう ここまで、いろいろとお伝えしてきましたが、結局、リーディングを上達させるには、なんといっても数をこなすのが一番です。 どれだけの本を読んでも、占いの学校へ通っても、実践がなければ リーディングのコツや、自分が占いやすいスプレッドはわかりません。 このあたりは語学の勉強に通じるものがあり、とにかく実践しながら学ぶのが、 タロット占いを 独学で習得する一番の近道になります。 同じ恋の悩みでも、相談内容は、人それぞれなのですから当然です。 何度も言いますが、 タロットカードの解釈、 タロット占いに正解はありません。 ここに書かれている内容も、参考にしていただけると嬉しいですが、絶対的な正解ではないのです。 たくさんの人を占って、あなたなりのタ ロット哲学、スプレッド、 リーディング方法を見つけてみてください。 まとめ 独学で タロット占いを勉強しているのに タロットリーディングが上達しない…ここではそういった方に タロットリーディングが上達するコツと勉強方法を5つのポイントに絞ってわかりやすくまとめてきましたがいかがだったでしょうか。 タロットリーディングするにあたって、絶対に忘れてはならないのは、占いはこれからの未来に対する「気付き」のきっかけであるということ。 結果に関わらず、占者は、相談者を怯えさせたり、悲観させるべきではありません。 あなたの リーディングで、相談者の未来がより良いものになるように、導きとなる言葉を紡いでいけたらステキですね。 この記事も一緒に読まれています.

次の

タロット

タロットカードリリー

愚者や魔術師に女教帝…見ているだけで不思議な魅力に包まれているタロットカード。 タロットカードは、あなたの今後の恋愛の行方や、未来の状況を知ることもできる、優れた占いアイテムの一つです。 しかし、カード1枚1枚が状況や内容に応じて色んな意味を持つため、タロットカードを買ってはみたものの、リーディングが上手くできない…と困ってはいませんか? せっかくなら、タロットカードで正しく占えるようになりたいですよね。 そこで今回は、 タロットカードのリーディングが上達するためにはどうしたら良いのか、タロットカードのリーディングの的中率を上げるコツを7つお伝えします。 あなたのタロットカードの上達の近道になるはずです!! タロットカードリーディングの的中率を上げるコツとは? 興味のあるところから読んでくださいね• まずはタロットカードの性質を理解する 1枚1枚に神秘かつ印象的な絵が描かれているタロットカードは、それぞれに深い意味が込められており、たった1枚の中にもあらゆることが表現されています。 タロットカードは、あなたの潜在意識や心に結びついています。 つまり、カードを引く事で、偶然の一致 『シンクロニシティ』を起こすのです。 そのため、 あなたの想いや偶然に導かれた結果を、あなたの感性によってどう解釈するかが、タロットカードのリーディングにおいてとても重要になります。 質問に対する答えを的確に読み取るには、本に書かれてある意味よりも、引いたカードの絵のイメージや想像力を使うことが大切です。 タロットカード本来の力を発揮させる環境とは あなたは、タロットカードでリーディングをする時、どのような環境で使用しているでしょうか? 正しくリーディングをするためには、日常を切り離した感覚で、集中してリーディングを行う事で、タロットカード本来の力を発揮する事ができます。 リーディングを始める前に、場の浄化をしましょう。 部屋の雰囲気作りでキャンドルに火を灯したり、お香を焚いてみたり、タロットカードを使う事に適した環境を作りましょう。 キャンドルやお香は部屋を浄化し、プラスのエネルギーを引き寄せてくれます。 タロット・クロスは、普段使い用の物ではなく、タロット占いをする時専用の物を用意して下さい。 一辺が80cm以上の、正方形でなるべく落ち着いた色の、できれば厚手で無地のものを選ぶと良いでしょう。 使った後にタロットをしまう場所も必要です。 買ったままの箱ではなく、タロットバッグや木箱など、タロットカードが休む場所をちゃんと作ってあげると、次回のリーディングでも力を発揮させる事ができます。 タロットカードを、ただのゲームカードの様に雑な扱いをしたりすると、正しいリーディングはできません。 大切に尊重してあげる事で、あなたとタロットカードがシンクロするのです。 タロットカードの意味を覚えない タロットカードのそれぞれの意味をしっかり暗記しようとしていませんか? タロットカードは、意味を覚えても占い結果を理解する事はできません。 暗記することで、カードの意味に囚われてしまい、視野が狭くなったり、イメージ力を働かせる事ができにくくなったります。 そのため、リーディング自体ぎこちないものになってしまいます。 タロットカードは、頭で理解するのではなく、あなたが心や身体で納得する、腑に落とす感覚が必要です。 質問は具体的にしましょう タロットカードは、偶然引いた特定のカードの結果が単なる偶然ではなく、占う人と占ってもらう人の潜在意識と能力がカードに反映されたものであると考えてください。 タロットリーディングに慣れるまでは、今年の運勢やあなたの人生はどうなるかなどの大まかな質問よりも、より具体的な質問をする事で答えを導きやすくなります。 リーディングに慣れていくにしたがい、大きな流れについて占っていくと良いです。 タロットカードの占いは、ホロスコープのように決まっている運命図を読み取るものではありません。 タロットカードは直観を使って導くものになりますので、何年も先の事を占うよりは、テーマを決めて直近に近い未来を占う事に適しているのです。 1枚引きでひたすら練習する タロットカードで占うとなると、ヘキサグラムやケルト十字など、スプレッド展開をして格好良く占いたいと思うところです。 しかし、リーディングが曖昧な段階でスプレッド展開をしても余計混乱するだけです。 タロットカードは、質問の答えを正しく導けれないと意味がありません。 まずは、毎日カードに触れ、1枚引きで練習をしましょう。 できれば、朝タロットカードを1枚引いて、カードからひらめいた事、浮かんできた事など、色々と連想されることを何でもよいのでノートに書き出します。 1日の終わりに、その日にあった出来事と、ノートに書いた事を照らし合わせてみましょう。 タロットカードが、あなたに向けて何かメッセージをくれているはずです。 これを3ヶ月くらい毎日繰り返していると、タロットカードのイメージがあなたの心に染み込みます。 そうなってくれば、あなたに自信もついてきます。 1枚引きから2枚引き、3枚4枚と数を増やしていき、タロットカードに具体的な質問をして、さらなる練習をします。 複数のリーディングに慣れてきたところで、スプレッド展開に移行した時、きっと驚くほどあなたのリーディングの腕が自然に上がっている事に気づけるでしょう。 タロットカードの選び方 あなたは、どんなタロットカードを持っていますか? 実際に自分が気に入ったものを買うのは良いことなのですが、タロットカードの中には、絵柄が美しくても占いに使うには難しいカードもあります。 リーディングに慣れてタロットカードを自由自在に扱えるようになるまでは、 カードに描かれている絵柄が具体的で意味をイメージしやすいタロットカードを使用する事をおすすめします。 スタンダードなタロットカードとしては、「ウェイト版」、あるいは「ライダー版」という呼び方で親しまれている「ウェイト=スミス・パック」です。 これは、1909年にロンドンで最初に出されたタロットカードですが、絵柄や色など光景が具体的なタロットカードであるため、イメージが沸きやすく、初心者でもリーディングが比較的簡単に行えます。 直観力をつかう タロットカードは、偶然に出てきたカードに何らかの答えがあります。 この偶然こそが、質問者に対しての答えであり、気づきをくれるメッセージなのです。 偶然性というのは、あなたの潜在意識に密接に関係しています。 日常生活の中でも、知りたかった情報を電車の広告で見かけたり、開いた本のメッセージが悩みに対する答えだったりした事はありませんか? それらも単なる偶然でありません。 タロットカードと同じく、あなたがより幸せに生きるための、大切なメッセージなのです。 日頃から直観を大切にして、こうした意味のある偶然性に気づく事ができれば、たった1枚のタロットカードからでも意味のある答えを導けるようになります。 五感が鈍かったり、心を閉ざしたりしていると、直観力は低くなり、タロットカードが教えてくれる真の答えに気づくことができません。 普段から五感を高めるために、自然に触れたり、心を楽しませたりする事を意識すると、タロットカードから答えを正しく受け取れるだけでなく、あなたに幸運が舞い込みやすくなります。 まとめ いかがだったでしょうか? まるで、魔法のようなタロットカードですが、実はあなたの潜在意識としっかり結びついています。 タロットカードのリーディングの的中率を上げるには、ただのカードと思うのではなく、あなたの意識としっかりと結びつけることが大切です。 タロットカードのリーディングを上達させるために、今回お伝えしたことをぜひ実践してみて下さいね。 すくなくとも、ここまで読んだあなたは、読む前のあなたよりも、格段にタロットカードとシンクロできる可能性が高くなっています。 タロットカードのリーディング、一緒に楽しみましょうね!.

次の