多部未華子 親。 お肌ツヤツヤ!多部未華子「家政夫ナギサさん」の“最初のつかみが完璧”なワケ

今夜スタート!『私の家政夫ナギサさん』 “メイ”多部未華子、“ナギサ”大森南朋に拒絶反応 “田所”瀬戸康史も急接近 /2020年7月7日 1ページ目

多部未華子 親

番組公式HPより 働く女性たちの支持が高まりそうなこのドラマ、キャスティングもハマった感がある。 ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。 * * * やっと放送開始にこぎ着けた多部未華子主演のドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系火曜午後10時)。 7月7日の第1話は世帯視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)14. 2%と、好発進しました。 その中身はポップで爽快、心がちょっと軽くなり温かくなるような、不思議な癒やし系ドラマです。 女性を中心に視聴者の反応も上々のようで「散らかった部屋に毎夜言い訳してきた私そのもの」「仕事をとったら何も残らない、という主人公に共感した」という声も聞こえてきます。 多部さんが演じる相原メイは、医薬品メーカーのMR(薬の情報を病院に伝えるいわば営業担当)。 仕事はバリバリできるけれど私生活については片付けも料理もダメ。 服が散乱する汚部屋、食べ散らかした器の散乱するテーブル。 仕事に集中し生きてきた痕跡が一目でわかる人。 仕事は、やり甲斐がある。 でもこの生活には限界があるのかも。 恋愛も結婚も見ないふりで脇においてきたけれどアラサーになってこのままでいいのだろうか、という古典的な問い。 そのメイの部屋へ突如現れたのが、大森南朋演じる「スーパー家政夫」のナギサさん。 実は妹が姉のためにこっそり契約した家政夫によって、メイの人生にいかなる波乱が起こるのか……? 帰宅したら家の中にいたナギサさんの姿は冴えない中年のオッサンでエプロン姿。 メイのブラジャーを手にしている。 もう、絶対にありえない設定です。 その上、マンションの隣の部屋にはたまたまライバル会社のMRでイケメンの田所(瀬戸康史)が引っ越していた。 なんともまあ、ベタな構成です。 いや、制作サイドはあえて「ボケ」的設定をしてSNSで突っ込んでもらおう、と画策しているのかもしれません。 そうした点を粗探しする気にならないのが、このドラマの不思議さです。 なぜか爽快。 なぜかほっとする。 痒いところに手が届く感じ。 これって多部ちゃん効果? 「スカッとポイント」を3つ挙げてみると。 スッキリ度が増幅していく。 決してイライラして言い返したりせず、笑顔を絶やさない、ストレスを生み出さない存在。 大森南朋のオバサン男が妙にはまっていて癒やし効果絶大。 女性たちが日々モンモンとしてきたことをズバっと言い切ってくれた。 そのセリフに痛快さを感じた視聴者も、多いはず。 家事というと「シャドウ・ワーク(shadow work)」、いわば影法師の労働とされてきました。 当事者以外にはその価値がよく見えず、正当に評価もされないし感謝もされない。 生きる上で必要な労働なのに。 そこに光を当てたドラマだからこそ、多くの共感を呼んでいるのでしょう。

次の

多部未華子主演『私の家政夫ナギサさん』初回14.2%と好発進も「“逃げ恥”とかぶりすぎ」の声(2020/07/08 18:50)|サイゾーウーマン

多部未華子 親

多部未華子ってどんな人? プロフィール 生年月日 1989年1月25日 出身地 東京 身長 158㎝ 血液型 O型 学歴 東京女子大学卒 所属 ヒラタインターナショナル 多部未華子の両親もすごい人? 多部未華子さんの両親は、父親の名前は 「多部博之さん」と言うそうで、年齢などの詳しい情報は出ていませんでしたが、職業は 「音響ディレクター」と言う事です。 また、ネットで調べると同じ音響ディレクターで 「多部未華子の父親」と名乗る 「高瀬コウキ」と言う人がいます。 実際にブログで 「父親」と名乗っているものの、以前多部未華子さんがバラエティー番組に出演した際に言っていた父親の誕生日と違ったりしている為、どうやら別人のようです。 通常、父親がわざわざ自分のブログに有名人の娘の事を書くとは思えませんし、多部未華子さんとのツーショット画像なども無いのでほぼ 「ウソ」で間違いないでしょう。 ただ、本当の父親の仕事が 「音響ディレクター」と言うのは確かなようなので、そういう意味では、多部未華子さんの父親も「業界の人」と言う事になります。 そして、母親に関しても一般人と言う事もあり、名前はもちろん年齢などの詳しい情報は出てませんでした。 しかし、以前、多部未華子さんがバラエティー番組に出演した際、 「顔は両親に似ている」と話していた為、恐らく母親は多部未華子さんに似た方なのかも知れません。 それを思うと、母親もかなり美形の女性なのではないでしょうか。 両親の出会いがドラマチックすぎる そして、多部未華子さんの両親についての詳しい情報は無いものの、その出会いや交際に至ったエピソードがすごいと話題になりました。 と言うのも、多部未華子さんの両親は、ある時同じ新幹線に乗り合わせましたが、父親は前日に飲み過ぎで寝坊で遅れ、母親も事情があって乗り遅れてしまったそうです。 なので、指定席を買ってたものの座れず自由席も満席だった為、仕方なく通路に立っていたら、車掌さんが2人をカップルと思い空いてる席へ案内してくれたと言います。 そういう事があった為、言葉を交わすうちに意気投合して連絡先を交換する事になり、その後も連絡を取り合っていました。 そして、それからしばらくすると父親が仕事で転勤する事になりますが、その職場がなんと母親の勤める会社の斜め前のビルだったそうです。 そんな偶然が重なった事もあり、そのまま交際に至って結婚したと言う事です。 なので、多部未華子さんもそんな両親のような、ドラマチックな異性との出会いに憧れてると語っています。 多部未華子の兄弟は? — 2016年 8月月26日午前12時51分PDT 多部未華子さんの兄弟は、以前バラエティー番組で 「兄がいる」と語っていました。 なので、兄がいる事は確かなのですが、1人なのか2人なのかと言った情報と、名前、年齢、職業などの情報も一切出回っていませんでした。 また、これまでほとんど 「兄」について語った記事なども無い為、多部未華子さんの兄弟との関係については謎です。 しかし、両親は多部未華子さんに似ていると言う事なので、それを考えるとお兄さんの顔も多部未華子さんにどことなく似ているのかも知れません。 とにかく、今の所は何の情報も無い為、多部未華子さんの兄弟についての情報はまた何か分かりしだい追記して行きます。 多部未華子の歴代彼氏や現在は? 多部未華子さんの歴代彼氏について調べてみると、 今までに交際が噂されてツーショット写真を撮られたのは 2人います。 一人目は人気俳優の 「窪田正孝さん」で、多部未華子さんとは2012年のドラマ 「大奥~誕生」で共演したのがキッカケで交際に発展しました。 — 2018年 2月月27日午前9時28分PST そして、交際が報道されたのは共演した翌年の2013年5月で、居酒屋を出た後にコンビニで買物をしてから 「窪田正孝さんのマンションへ2人で消えた」と報じられています。 その際、多部未華子さんは 「窪田正孝さんの腕にしっかりしがみついていた」と言う事なので、シチュエーション的にも完全に交際していたのは間違いないでしょう。 さらに、多部未華子さんは当時結婚願望が強く、 「20代のうちに結婚したい」と周囲に語っていたと言う事で、結婚を視野に入れた真剣交際だったのかも知れません。 事実、当時は周囲からも 「好感度カップル」と言われるほど 「お似合い」だった為、このまま結婚まで行くのでは?と思われていました。 しかし、交際報道から3年後の2016年にいきなり 「破局報道」が出て、2人が破局していた事が分かりました。 そして、破局の理由は知人の話によると、多部未華子さんの方から別れを告げたと言い、その理由として 「好きな人ができた」と言う事です。 なので、その理由をそのまま受け取ると、窪田正孝さんは多部未華子さんにフラれたと言う事になります。 ただ、約3年も交際していれば色々ありますし、ひょっとすると多部未華子さんが他の人へ意識を向ける何か別の原因があったのかも知れません。 2人目の熱愛報道は19歳年上 そして、多部未華子さんの交際相手としてツーショット写真を撮られたのが、俳優兼脚本家の 「宅間孝之さん」です。 【家庭画報】に、宅間孝行のインタビュー掲載されました。 手で幻の名作『あいあい傘』が映画に! 皆様、チェックお願い致します!マネージャーK — 宅間孝行 TakumaTakayuki 宅間孝行さんは1997年に自ら劇団 『東京セレソン』を旗揚げし、脚本や演出もこなすなど精力的に活動し、2008年には 『同窓会』で映画監督デビューもしています。 また、身長も180cmと高く2006年には女優の大河内奈々子さんと結婚し、2008年9月に第1子となる男児が誕生しましたが、2012年5月7日に離婚しています。 そんな宅間孝行さんと多部未華子さんは、渋谷区の高級住宅街にあるビルから2人きりで出てきた所を写真に撮られました。 ただ、その後は一緒には帰ってはいないようなので、交際している決定的な証拠にはなりませんが、宅間孝行さんは 「脚本を書いたヒロインに手を出す」と言う噂があるそうです。 なので、写真を撮られた時はまだ交際して無かったかも知れませんが、その後交際に発展している事もあるのではないでしょうか。 事実、窪田正孝さんと別れた理由が 「好きな人ができたから」と言う事なので、写真を撮られた時期的に見ても、宅間孝行さんが 「好きな人」の可能性は高いです。 しかし、その後に続く報道が無いので何とも言えませんが、写真を撮られた事で警戒して外で会わないようにしているのかも知れません。 ただ、もし多部未華子さんが宅間孝行さんと交際していたら、多部未華子さんが30歳になるくらいで 「電撃結婚」もあり得ると思われていました・・・・ 多部未華子の彼氏は写真家 熊田貴樹だった! 多部未華子さんは、2019年10月1日に写真家の 熊田貴樹(くまだ・たかき)さんとの結婚を発表しました。 そして、多部未華子さんからの情報によると、結婚した熊田貴樹さんとは 3年前から交際していたと言う事なので、窪田正孝さんと別れた後に交際したと言えるのではないでしょうか。 と言う事は、前に紹介した宅間孝行さんとはただ2ショットを撮られただけで交際はしてなく、 実際に交際していたのは熊田貴樹さんだったと言う事になります。 そして、結婚した熊田貴樹さんは広告やモード雑誌などを中心に活躍するフォトグラファーですが、 UQモバイルのCMなども手掛けていると言う事です。 なので、多部未華子さんもUQモバイルのCMに出演している事から、恐らく馴れ初め的にはUQモバイルのCMを通じて知り合ったのが交際のキッカケではないでしょうか。 しかし、業界に詳しい週刊誌が発表しているのを見ると、多部未華子さんのドラマ1本のギャラは 70万円~150万円と言う事です。 ギャラに幅があるのは各局によってギャラが異なる為、中でもNHKは一番安く一番多い民放とは 倍以上の差があります。 そして、これらの情報で見ると多部未華子さんはドラマ1本を10話とした場合、連続ドラマに出演すると 700万円~1,500万円の収入を得る事になります。 なので、年間2本の連続ドラマに出演すると 1,400万円~3,000万円の年収を稼ぐ事になり、さらに映画やテレビなどの出演があるとさらに増えるでしょう。 俳優や女優はCMのギャラがすごい そして、売れっ子俳優や女優の年収のほとんどはCMで稼いでる場合が多いです。 特に、テレビや映画の出演が多く知名度の高い人気俳優や女優のCMのギャラは、多い人では年間契約で 5,000万円~1億円となります。 さらに、そんな人気俳優や女優は1社だけでは無く、5社~10社以上のCMに出演する事が多い為、CMの年収だけで 5億円以上稼ぐ女優も多いです。 ちなみに、2017年度の女優CMギャラランキングの1位は 綾瀬はるかさんで、年間契約は 7,000万円と言われ、予想年収は 6億5,500万円と言う事です。 そして、多部未華子さんのCMのギャラを調べると、 1本1,500万円と出ていたので他の売れっ子女優に比べるとそこまで高くはありませんね。 しかし、2017年のCM獲得社ランキングでは 9位につけていたので、最低でも5社くらいのCMには出演しているはずです。 それを考えると、多部未華子さんはCMだけでも 最低7,500万円くらいの年収があると言えます。 もちろん、事務所のマネージメント料や税金などが引かれる為丸々は入って来ませんが、トータル的に見ても 最低5,000万円以上の年収はあるのではないでしょうか。 多部未華子のすごい経歴とは? 現在、テレビドラマや映画で大活躍の多部未華子さんですが、女優を目指したキッカケは小学校5年生の時に見たミュージカル 「アニー」に感激したからでした。 それから中学生までずっと 「アニー」のオーディションを受け続けるものの、残念ながら憧れのアニーに選ばれる事はありませんでした。 しかし、中学3年生の時に芸能事務所とも繋がりのある人に現在の事務所を紹介された事で、芸能界へと足を踏み入れます。 なので、多部未華子さんはオーディションに受かったとか、普通に街を歩いていてスカウトされて芸能界へ入った訳ではありません。 ただ、2002年のデビュー後は、翌2003年の映画 『HINOKIO』のオーディションで、 1,000人を超える応募者の中から主要キャストに抜擢される活躍をします。 さらに、2005年に出演した 『青空のゆくえ』の演技も高く評価され、この2つの作品で 「第48回ブルーリボン賞新人賞」を 受賞しました。 『HINOKIO』での多部未華子の演技に注目 特に 『HINOKIO』では、難しい役柄を新人とは思えない見事な演技力で演じていて、この頃からすでに多部未華子さんの演技は群を抜いてうまいです。 中でも感情を爆発させる場面などは、グイグイと画面に引き込まれてしまいます。 また、同じオーディションで選ばれた 堀北真希さんの初々しい演技も見ものです^^ そして、 『HINOKIO』での多部未華子さんの見事な演技を今すぐ手軽に見るなら 「UーNEXT」に登録すると、 31日間無料トライアルでお得に見る事ができます。 実際、31日間は無料で映画やドラマを見れる為、多部未華子さんが 体当たりの演技で話題になった 「ピース・オブ・ケイク」なども無料で見れます。 そして、2007年に民放で連続ドラマに初出演すると、2009年にはNHK連続テレビ小説 『つばさ』に、オーディションで 1,593人の中から主役を勝ち取りました。 この事を見ても、やはり多部未華子さんは女優として、他の人には無い光るものを持っていると言えます。 また、2011年には 『デカワンコ』にて民放連続ドラマの 初主演も務めるなど、順調にキャリアを伸ばし、その後もテレビドラマや映画で大活躍しています。 特に、近年は映画や舞台の出演が多く、益々演技に磨きがかかって今後の日本を代表する女優になると期待されています。 こちらの関連記事もどうぞ 終わりに 多部未華子さんが女優に興味を持った理由は、ミュージカル 「アニー」を見て感激したからですが、その後はオーディションを何度も受けるも落ち続けています。 しかし、それでも諦めないでオーディションを受け続けたからこそ、現在の道が開けたとも言えるので、やはり何事も諦めずに続ける事が大事なのだと思います。 今後も多部未華子さんの活躍に注目です。

次の

今夜スタート!『私の家政夫ナギサさん』 “メイ”多部未華子、“ナギサ”大森南朋に拒絶反応 “田所”瀬戸康史も急接近 /2020年7月7日 1ページ目

多部未華子 親

番組公式HPより 働く女性たちの支持が高まりそうなこのドラマ、キャスティングもハマった感がある。 ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。 * * * やっと放送開始にこぎ着けた多部未華子主演のドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系火曜午後10時)。 7月7日の第1話は世帯視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)14. 2%と、好発進しました。 その中身はポップで爽快、心がちょっと軽くなり温かくなるような、不思議な癒やし系ドラマです。 女性を中心に視聴者の反応も上々のようで「散らかった部屋に毎夜言い訳してきた私そのもの」「仕事をとったら何も残らない、という主人公に共感した」という声も聞こえてきます。 多部さんが演じる相原メイは、医薬品メーカーのMR(薬の情報を病院に伝えるいわば営業担当)。 仕事はバリバリできるけれど私生活については片付けも料理もダメ。 服が散乱する汚部屋、食べ散らかした器の散乱するテーブル。 仕事に集中し生きてきた痕跡が一目でわかる人。 仕事は、やり甲斐がある。 でもこの生活には限界があるのかも。 恋愛も結婚も見ないふりで脇においてきたけれどアラサーになってこのままでいいのだろうか、という古典的な問い。 そのメイの部屋へ突如現れたのが、大森南朋演じる「スーパー家政夫」のナギサさん。 実は妹が姉のためにこっそり契約した家政夫によって、メイの人生にいかなる波乱が起こるのか……? 帰宅したら家の中にいたナギサさんの姿は冴えない中年のオッサンでエプロン姿。 メイのブラジャーを手にしている。 もう、絶対にありえない設定です。 その上、マンションの隣の部屋にはたまたまライバル会社のMRでイケメンの田所(瀬戸康史)が引っ越していた。 なんともまあ、ベタな構成です。 いや、制作サイドはあえて「ボケ」的設定をしてSNSで突っ込んでもらおう、と画策しているのかもしれません。 そうした点を粗探しする気にならないのが、このドラマの不思議さです。 なぜか爽快。 なぜかほっとする。 痒いところに手が届く感じ。 これって多部ちゃん効果? 「スカッとポイント」を3つ挙げてみると。 スッキリ度が増幅していく。 決してイライラして言い返したりせず、笑顔を絶やさない、ストレスを生み出さない存在。 大森南朋のオバサン男が妙にはまっていて癒やし効果絶大。 女性たちが日々モンモンとしてきたことをズバっと言い切ってくれた。 そのセリフに痛快さを感じた視聴者も、多いはず。 家事というと「シャドウ・ワーク(shadow work)」、いわば影法師の労働とされてきました。 当事者以外にはその価値がよく見えず、正当に評価もされないし感謝もされない。 生きる上で必要な労働なのに。 そこに光を当てたドラマだからこそ、多くの共感を呼んでいるのでしょう。

次の