はらだいこ 先制技。 暗示パーティ

暗示パーティ

はらだいこ 先制技

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の

Z変化技の追加効果一覧表|ウルトラサン・ムーン攻略press.prosperity.com

はらだいこ 先制技

データ 初出 第2世代 タイプ 分類 変化 威力 - 命中率 - PP 10 範囲 自分 直接攻撃 - 効果 自身のHPを最大値の半分削り、攻撃を12段階上昇 概要 第2世代から存在する技。 何とこの技1回で 攻撃を最大段階まで上げる 正確には12段階、つまり攻撃が最低段階まで下がっていても最大まで上げる と言う破格の効果がある。 そんな技にデメリットが無いわけが無く 使う際に自身の体力が最大値の半分消し飛ぶ。 足りなかったら失敗してしまうのである。 これはでも防げない。 このデメリットはかなり痛く、単品で狙うのは非常に難しい。 狙うならなどで相手の行動を封じたり、耐久の高いポケモンで狙うと効率的。 先制技との相性も良い。 使用するポケモンのHPが偶数になるよう調整しておけば、減少したHPをで即座に回復できる オボンのみの仕様上完全とまではいかないが。 そして第6世代ではタマゴの遺伝仕様が変更されあの が「」と併用可能になり、その狂った火力の先制攻撃で猛威を振るう事になった。 ただし第8世代では回復量が落ちたため最大まで回復できなくなった。 ちなみにの追加効果は HP全回復。 但しHPを半分に削る前に回復。 要は無理矢理発動後のHPを半分に補正すると言えば分かりやすいか。 なお、特性「」のポケモンが使うと『攻撃ががくーんとさがった』と表示された後で『体力をけずってパワーぜんかい』と表示される。 勿論、攻撃は最低限になっているのでご安心を ?。 やらせるならとかに「はらだいこ」と「スキルスワップ」を覚えさせ、「あまのじゃく」のポケモンとダブルバトルでやらせればよい。 ちなみにアニメでマサトが2ターン続けてはらだいこを指示すると言うとんでもない采配を視聴者に披露したエピソードがある。 一回成功させただけでも十分だと言うのに、効果を詳しく把握せず無駄行動をしてドヤ顔を決めお茶の間に困惑と失笑をお届けした。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

【ポケモン剣盾】コオリッポの育成論と対策

はらだいこ 先制技

種族値はとても高いといえる能力がなく、強いていえば Hが高めではありますが耐久は高くはなく、火力も乏しく役割はほぼなかったためマイナーとされてきましたが、特性のちからもちの登場によりAの種族値は実質150相当へと化けました。 これによって求められていた火力を得る事ができ、更には強力な積み技の「はらだいこ」によって全抜き性能を高められ、そして6世代にて フェアリータイプが加わり強力なドラゴンタイプに強くなった事と、半減タイプが増えたので役割も持てるようになり、今では現環境にてメジャー級のポケモンへと君臨しています。 性格は火力底上げのため意地っ張りで確定。 持ち物ですが、おにびなどを透かせるラムのみも相性は良いですが、今回ははらだいこを採用しているため耐久を上げたく、タイマンでの性能を上げられるオボンのみで採用しています。 努力値はほぼHAベースで問題はありません。 技構成について はたきおとす 6世代にて強化されて非常に便利な効果を持ちます。 相手道具を落としながら負荷をかけられるため後続へのサポートにもなり、クレセリアへの有効打点にもなります。 全てを 半減されてしまうメガフシギバナには勝てませんが、それ以外はほとんどアクアジェットで1発で落とす事ができます。 選出時には気を付け、 はらだいこの積むタイミングが重要となってきますが、積まなくても存分に火力はあるため気を付けましょう。 クレセリアでさえ受ける事が不可能です。 被ダメはタイプ一致弱点だと厳しいですが、不一致や等倍であればオボン込みで2発耐えられる耐久はあるため対面での強さが分かるかと思います。 ドラゴンだけでなくメガバシャーモにも後出しして勝てる魅力もあるため、超火力を得ながら半減できるタイプが増えサイクル戦にも強く全抜きもしやすいこのマリルリを1度使ってみてはいかかでしょうか。

次の