ドラクエ スーパー ライト 最強 パーティー。 ドラクエ3の最初のパーティー選択で最強はなんでしょうか?

【ドラクエ11】スペクタクルショーとスーパールーレットを使用したレベリング|レベル上げ【ドラクエ11S】|ゲームエイト

ドラクエ スーパー ライト 最強 パーティー

最強のパーティなんて、小学生が聞いたら好きそうな言葉の響きですね。 単純に序盤だけを考えた場合は、戦士、僧侶、魔法使いを連れて行くのが最も無難であると思いますよ。 ただ、ドラクエ3は転職システムがあります。 後半の転職を考えたら、習得呪文の関係で商人や盗賊も加えた方が良いかなとは思います。 序盤はお金が少ないので戦士に替えて武闘家の方が、装備にお金がかからなく安上がりなのでむしろそっちの方が楽かなとは思います。 後半の賢者への転職の過程など、人それぞれ考え方に差があり多種多様な意見が出ます。 ですがその辺りも考えながらプレイするのもドラクエ3の醍醐味だと思いますよ。 序盤から楽に行くのであれば戦士・僧侶・魔法使いが可もなく不可もなくどの様な敵とも戦えるので無難かなと思います。 薬草を持たせておいて、ピンチの時に回復させようとしても、 回復する前に、敵が攻撃してきて、やられてしまい意味なし・・・。 ・・・といった感じでした。 それで、リメイク版では、「商人+僧侶+僧侶」にしました。 ドラクエ3の場合、序盤は、主人公や仲間キャラの最大HPが、どのキャラも低く、やられやすいので、 回復役を2人に増やして、回復重視パーティーにしてみました。 ・初プレイなら、僧侶を入れたほうが良いでしょう。 ・仲間キャラ3人は、ぜひ、女性にしましょう。 女性キャラの場合、「光のドレス」という女性専用の最強の強力防具を装備できますが、男性キャラでは装備できません・・・。 これからもし旅立とうとしているのであれば、オススメは 勇者、盗賊、魔法使い、僧呂 がよいと思います。 盗賊はすばやさ、守備力が高く、鞭を装備できるので、序盤は戦士・武闘家より単純に戦闘力で勝っています。 そのうえ、賢者への転職もしやすいので序盤は魔法使いに並ぶ強力な職業といえます。 性別、は女性のほうが強いとよく言われますが、勇者は男でとくに問題ありません。 むしろ、HPの初期値は男のほうが高く、男が強いという見方もできます。 が、これはあくまで「オススメ」パーティー。 実際に最強パーティーがどういうものかは難しいところです。 まず、僧呂は基本的にある程度腕があれば初期パーティーにはまったく不要です。 むしろ、攻撃力に乏しいので足手まとい。 個人的な好みで書かせてもらえば 勇者、盗賊、魔法使い、魔法使い が、序盤でもっとも強いと感じました。 まずこのメンバーだとお金がまったくかかりません。 魔法使いは武器が不要。 勇者、盗賊もすごろく場&メダルでいい武器が手に入るので常に最強の防具がそろいます。 「いかに早く装備をそろえるか」が序盤の最重要課題なのでお金のかからないチームは強いのです。 このパーティーだと序盤は完全にノンストップです。 圧巻はカンダタ2回目で、レベル10ほどで薬草、ホイミを一度も使うことなく倒すという「完全勝利」を実現可能(それも余裕で)。 いかに僧呂が序盤にいらないかがわかるでしょう。 中盤は腕で乗り切って全員レベル20未満でバラモス城までたどりつきます。 バラモス討伐は転職後にします。 低レベルクリアやタイムアタックに挑むパーティーを「最強」とするのであればさらに別のパーティーが必要です。 そちらは専門ではありませんが、 低レベルなら、 勇者(タフガイ)、戦士(タフガイ)、僧呂(タフガイ)、魔法使い(タフガイ) タイムアタックなら、 勇者(なまけもの?)、武闘家(タフガイ)、盗賊(タフガイ)、魔法使い(タフガイ) みたいなチームになるんでしょうかね・・・? 専門的なプレイに挑戦するパーティーは攻略サイトを見るほうが詳しいと思います。

次の

【DQMSL】最新!リセマラランキングまとめ / ドラクエモンスターズスーパーライト

ドラクエ スーパー ライト 最強 パーティー

新生転生後に覚える真・魔神の絶技は他を寄せ付けない高倍率の斬撃特技で、一気に敵に大ダメージを与える。 魔神の構えではほとんどの攻撃を無効化でき、すさまじいオーラで状態解除も行える。 状態異常は3ラウンドの間無効化でき、しまいには偶数ラウンドで能力が上がり、MPまで回復することが可能。 露骨な対策をされない限り、クエスト、闘技場どちらにおいても現環境最強クラスのモンスター。 MP攻撃力賢さが400を超える。 AI2回行動・覇者の闘気、くいちぎる・咆哮持ち。 攻撃力が491と高い。 くいちぎるは攻撃力と防御力を下げ、咆哮は全体に無属性の特大体技ダメージを与える。 クエストよりは闘技場で活躍できる。 MP賢さが400超え、防御力が492と高い。 イオグランデも強力だが自分のMPを回復できる邪悪な祈りが優れている。 AI2回行動・邪神の怒り、ドルマドン・破壊神の叫び持ち。 ドルマドンはドルマ系最強呪文で、破壊神の叫びは敵全体にダメージ、状態異常を引き起こせる。 クエストよりは闘技場で活躍できる。 AI2-3回行動・みかわしアップ・いきなりマインドバリア・進化の秘宝、絶望の眼差し・異形の進化持ち。 特性の進化の秘宝は最初のラウンドに攻撃防御素早さ賢さが1段階アップ。 絶望の眼差しは体技ダメージ後に確率で防御力呪文耐性息耐性を下げることが可能。 異形の進化は自分のHPを回復しさらに攻撃防御素早さ賢さを1段階アップさせる強力なとくぎ。 1ラウンド目に使用するとAI2-3回行動なので2回目以降の攻撃時は進化の秘宝と合わせて2段階アップした状態で戦うことができる。 AI2回行動・みかわしアップ暗黒の闘気、神速の一閃・グランドクロス持ち。 グランドクロスも敵全体にデイン系の特大ダメージを与えることができる。 AI2-3回行動・いきなりマインドバリア・秘めたるチカラ、はらわたをえぐる・暗黒の舞い持ち。 はらわたをえぐるは攻撃、マインド状態にできることがある。 暗黒の舞いは確率で相手の斬撃や呪文を封じることができる。 AI1-2回行動・悪しきオーラ、メラガイアー・イオグランデ持ち。 賢さが強化され、メラガイアー、イオグランデともに効果力が期待できる。 全ステータスが強化され高ステータス。 サイコストームがかなり強力。 連携や呪文耐性を下げて併用すると超絶ダメージが期待出来る。 絶対零度はヒャド系の域ダメージで確率で動きを止めることが可能。 呪文パーティのリーダー、サブ、高難易度クエストや闘技場で大活躍。 AI2-3回行動・いきなりマインドバリア・秘めたるチカラ・つねにマホカンタ、魔界の洗礼・ギラグレイド持ち。 賢さが高く呪文とくぎのダメージに期待できる。 ギラグレイドは敵全体にギラ系の極大ダメージを与えることが可能。 さらにつねにマホカンタで呪文攻撃を跳ね返すことができる。 AI2回行動・神を超えしチカラ・つねにマホカンタ、煉獄火炎、極大魔瘴弾持ち。 新生転生前から素早さが強化されたステータス。 煉獄火炎はメラ系の極大息ダメージ、極大魔瘴弾は敵1体に無属性の特大体技ダメージを与えることが可能。 つねにマホカンタも魅力的で、体技ダメージもあるため闘技場で活躍できる。 AI2-3回行動・秘めたるチカラ・いきなりマインドバリア・自動MP回復、疾風連撃・夢幻の構え持ち。 攻撃力防御力素早さが高い。 疾風連撃はラウンドの初めに攻撃ができる。 夢幻の構えは1ターン攻撃2倍、みかわし率をあげることができる。 AI2回行動・自動MP回復・夢幻の魔力、ダブルマダンテ・邪悪な祈り持ち。 ダブルマダンテが強力。 さらに自動MP回復、邪悪な祈りがあるのでMP枯渇になることがない。 リーダー特性と相性が良く、耐久パーティのリーダー役として活躍できる。 AI2-3回行動・帝王の闘気・秘めたるチカラ、必殺の一撃・帝王のかまえ・真・完全覚醒持ち。 必殺の一撃はみかわしを無視して極大ダメージを与えることができ超強力。 帝王のかまえは通常攻撃と斬撃を1ターンの間跳ね返し、さらに攻撃ダメージが2倍になります。 真・完全覚醒は戦闘1回しか使用できないが、3ターンの間敵の斬撃と呪文をはね返すことができます。 クエスト・闘技場ともに活躍できる。 AI2-3回行動・つねにマインドバリア・秘めたるチカラ、絶望の大鎌・黄泉送り持ち。 絶望の大鎌は全体攻撃に加え攻撃力と賢さを下げることができ、黄泉送りはランダム攻撃と確率で即死させることができる。 ザキ耐性持ちモンスターが多く即死効果はあまり見込めないが攻撃が強力。 闘技場よりはクエストで活躍できる。 AI2行動・闇のチカラ・超回復、超流星群・冥獣王のおたけび持ち。 超回復は行動後にHPが大回復する優れもの。 超流星群はラウンドの最後に体技大ダメージ、冥獣王のおたけびは確率で体技防御を下げることができ、特に闘技場で活躍できる。 Aランクからベホマラー、新生転生前からはプチマダンテ等を引き継げる。 回復役にも呪文役にもなれる。 AI2回行動・自動MP回復・ときどきバイキルト、メッタメタ斬り持ち。 転生であらたにときどきバイキルトがつきバイキルトが付与された時には高威力を期待できる。 また相手の防御力を下げることができるメッタメタ斬りもついたので転生前デンガーよりもアタッカーとして優秀に。 AI2回行動・ときどきバイキルト、かみくだき・黒くかがやく闇持ち。 攻撃力が高く耐性も優れているアタッカーである。 攻撃後確率で相手の攻撃力と防御力を下げるかみくだきは強力!またBランクから武器ふりまわし、Aランクからソードクラッシュも引き継けば斬撃封じ、行動封じを狙える。 みかわしアップ・回復のコツ、白くかがやく光・ベホマズン持ち。 Bランクからベホマラー、Aランクからザオリクを引き継ぐことができ、回復のコツがあるのでベホマズンも含め消費MP半分で使用できる。 ベホマズンはベホマラーの3倍ほどの回復力がある。 AI2回行動・ときどきマインドバリア、シールドブレイク・ソードクラッシュ持ち。 攻撃力と防御力と素早さが高く、防御力を下げることができるシールドブレイクもあり、物理アタッカー向き。 ソードクラッシュで相手の斬撃を封じることもできる。 長期戦クエストなどで重宝する自動MP回復が追加。 強力な斬撃も追加され、特に「絶・六刀流」は6回攻撃に加え確率でさまざまな能力を下げることができる優秀なとくぎ。 HPも増え耐久力も上昇。 攻撃力・防御力・素早さが高く、物理アタッカー向き。 刃滅の剣技はランダムで攻撃し攻撃力を下げることができる。 リーダーとしてもクエストで活躍できる。 またデモンズソードや蒼天魔斬を引き継げ、蒼天魔斬は全体斬撃ダメージ後、確率でマヒさせることができるため闘技場などでも活躍可能。 攻撃力と素早さが高く耐性も優れている。 リーダー特性も優れており魔獣パーティのリーダー向き。 チャームウィップは相手を確率でみりょうでき、マホターンは味方全体にマホカンタの効果を付与できる。 攻撃力・防御力・素早さが高く物理アタッカー向き。 リーダーとしてもクエストで活躍できる。 全身全霊斬りで特大ダメージをプレートインパクトで相手の防御力を下げることも可能。 くじけぬ心は確率でHPが0になるダメージを1で踏みとどまる。 闘神のオーラは確率で発動、マインド系と封じ系の効果を防ぐことができる。 クエスト、闘技場どちらでも活躍できるモンスター。 AI2回行動・くじけぬ心・邪神のオーラ、デモンズソード・におうごろし持ち。 攻撃力が高くデモンズソードと相性が良い。 におうごろしは全体に体技ダメージを与え、さらにみがわりをしている相手には威力が増します。 クエストよりは闘技場向き。 くじけぬ心は確率でHPが0になるダメージを1で踏みとどまる。 邪神のオーラは確率で発動、マインド系と封じ系の効果を防ぐことができる。 AI2回行動・自動MP回復・神獣の加護、かみくだき・疾風迅雷持ち。 攻撃力と素早さが高く物理アタッカー向き。 リーダーとしてもクエストで活躍できる。 疾風迅雷はラウンドの最初に全体斬撃攻撃をできる。 弱点はドルマ以外ほぼ無く耐性も優秀。 闘技場でも活躍可能。 神獣の加護は確率で発動し、マインド系と封じ系の効果を防ぐ。 AI2回行動・自動MP回復・神獣の加護、プチマダンテ、真・やいばくだき持ち。 MPと攻撃力が高く、プチマダンテは高ダメージが期待できる。 真・やいばくだきで攻撃力ダウンも狙える。 呪文・物理両方で活躍可能。 弱点はイオ以外ほぼ無く耐性も優秀。 闘技場でも活躍可能。 神獣の加護は確率で発動し、マインド系と封じ系の効果を防ぐ。 AI2回行動・自動MP回復・神獣の加護、たたきつぶし・真・よろいくだき持ち。 攻撃力と防御力が高く、物理アタッカー向き。 っ自動MP回復が優秀でとくぎMP消費を気にせずに使用できる。 真・よろいくだきで相手の防御力も下げることが可能。 弱点はギラ以外ほぼ無く耐性も優秀。 神獣の加護は確率で発動し、マインド系と封じ系の効果を防ぐ。 AI2回行動・自動MP回復・神獣の加護、ベホマラー・聖女のうた持ち。 素早さと賢さが高く、とくぎも回復系で自動MP回復もあり回復役として活躍。 聖女のうたは確率で味方全体を復活させることができ、形成逆転も狙える。 弱点はヒャド以外ほぼ無く、耐性も優秀。 神獣の加護は確率で発動し、マインド系と封じ系の効果を防ぐ。 攻撃力が高く相手の防御力を下げるとくぎがあるため物理アタッカー向き。 またリーダー特性が優秀でどんなクエストでもリーダーとして活躍できる。 AI2回行動・秘めたるチカラ・いきなりアタックカンタ、聖魔斬・シャインスコール持ち。 攻撃・防御力が高く、リーダー特性が優秀なので物理パーティのリーダー向き。 聖魔斬は???系のモンスターに3. 0倍、通常モンスターに1. 5倍のダメージを与えることができる。 秘めたるチカラは偶数ラウンド時に攻撃力・防御力・素早さ・賢さが1段階上がります。 またいきなりアタックカンタは3ターンの間斬撃と通常攻撃を跳ね返すことができ、クエストでも闘技場でも活躍できる。 AI2回行動・秘めたるチカラ・いきなりバイキルト、恐怖のツメ・ボミオスブレード持ち。 HPと攻撃力が高く、リーダーにすることによってHPをさらに増やすことができます。 恐怖のツメは確率で行動を止めることができ、ボミオズブレードは素早さを下げることができます。 いきなりバイキルトを持っているので斬撃特技の高ダメージが期待できます。 秘めたるチカラは偶数ラウンド時に攻撃力・防御力・素早さ・賢さが1段階上がります。 クエスト・闘技場両方でHPの高い物理アタッカーとして活躍できる。 メタルボディ・いきなりマインドバリア、ギガデイン・ザオリク持ち。 全モンスタートップクラスの防御力と優秀な耐性。 メタルボディで消費MPが倍になるのでクエスト向きではないが、闘技場で優秀な盾役なれる。 Sランクからみがわり・スラ・フィーバを引き継げます。 回復のコツ・いきなりリザオラル、いてつくはどう・神鳥の守り持ち。 Sランクからベホマラー・トルネードを引き継げる。 いきなりリザオラルで倒れても一度復活することができ安定した回復役になれる。 無属性の体技にも有効で闘技場でも活躍できる。 AI2回行動・いきなりピオラ、シャイニングボウ・トルネード持ち。 高ステータスで、いきなりピオラは素早さが2段階あがる。 シャイニングボウは無属性斬撃攻撃もあり、闘技場で活躍できる。 Sランクからサンダーボルト・メタルむそうを引き継げる。 AI2回行動・いきなりマインドバリア・ヒャド系のコツ、テンプテーション・マヒャデドス持ち。 ヘルヴィーナスからマヒャド・ぶきみな光・ドルクマ・パフパフを引き継げる。 マヒャデドスはヒャド系最強呪文で、ヒャド系のコツと相性が良い。 また全体体技攻撃のテンプテーションは高確率で敵を魅了でき、防御力下げることができる。 闘技場で活躍できる。 AI1-2回行動・いきなりインテ、バギクロス・いてつくはどう持ち。 Sランクからはドルモーア・ぶきみな光を引き継げる。 賢さが高くさらにいきなりインテで呪文ダメージが期待できる。 呪文もバギクロス・ドルモーアと申し分無い。 またぶきみな光を引き継ぐと補助役にもなれる。 AI1-3回行動・いきなり息をすいこむ、魔壺の呪縛・聖魔斬持ち。 Sランクからはデスファイア・サイコキャノンを引き継げる。 特性のいきなり息をすいこむはバトルの最初に発動し、息ダメージが2倍になるので特技の魔壺の呪縛や、デスファイアと相性がかなり良く高威力が期待できる。 どちらかといえば闘技場向けのモンスターだが、高ステータス、サイコキャノン、聖魔斬といった強力なとくぎも覚えることができるためクエストでも活躍できる。 いきなりマホカンタ・進化の秘法、ひきちぎる・マヒャデドス持ち。 Sランクからはバギクロス・体技よそくを引き継げる。 バギ系ヒャド系それぞれの最上位呪文を構成でき、さらに進化の秘法で1ラウンド目からステータスアップが可能。 体技よそくは体技こうげきを1ターンの間跳ね返すことができ、さらに特性にいきなりマホカンタがあるため呪文攻撃も跳ね返すことが可能。 特性にAI2回行動がないところが難点。 AI2-3回行動・ブレスのコツ・竜のひざけ、光のはばたき・白くかがやく光・しゃくねつ・サンダーボルト持ち。 HP・攻撃力・防御力が高い。 ブレスのコツがあるためとくぎとも相性が良い。 竜のひざけは偶数ラウンドにMPが大回復するという優れもの。 リーダー特性はドラゴン系の攻撃力・防御力アップなのでドラゴン系パーティのリーダーとしても活躍できる。 AI2-3回行動・ブレスのコツ・闇竜の翼、黒翼のツメ・黒くかがやく闇・かがやく息・トルネード持ち。 攻撃力・防御力・素早さが高い。 ブレスのコツがあるためとくぎとも相性が良い。 黒翼のツメも一定確率で息耐性をさげることができる。 闇竜の翼は偶数ラウンドにHPが大回復。 イオ系のコツ・AI2回行動・いきなり魔力かくせい、ベギラゴン・魔蝕持ち。 新生転生前からイオナズン・魔力かくせいを引き継げる。 AI2回行動・自動MP回復、ギガ・マホトラ、スーパーアーマー持ち。 新生転生でHPと素早さが強化。 ギガ・マホトラは相手のMPを奪い自分のMPを回復することができる優秀なとくぎ。 スーパーアーマーは味方全体の防御力、呪文、息ダメージ耐性をアップさせることができる。 パーティの補助役として活躍できる。 AI2回行動・魔扉のチカラ・つねにマインドバリア、サイコキャノン・ジャッジメント持ち。 Sランクからメラゾーマ・かがやく息・リバースを引き継げる。 ジャッジメントは体技で全体攻撃のあと確率で賢さと呪文防御をさげることができる。 リバースは戦闘中1回敵・味方全体の素早さと行動順を逆転させることができる。 クエストはサイコキャノンやメラゾーマなどで呪文アタッカー、闘技場ではリーダー特性やリバースを使用することで活躍が期待出来る。 リーダー特性全系統のマヒ耐性2ランクアップ。 魔女の夜宴・つねにみかわしきゃく、ディバインフェザー・ヒャドマータ持ち。 Sランクからフェザースコール・プチマダンテが引き継げる。 特性の魔女の夜宴は優秀で、偶数ラウンドにMPが回復、賢さが上がる。 ディバインフェザーは呪文耐性、フェザースコールは賢さを下げることができる。 ヒャドマータは敵全体にランダムにヒャド系呪文ダメージ。 呪文パーティのアタッカー・補助役として大活躍できる。 クエスト、闘技場どちらでも活躍可能。 AI2-3回行動・回復のコツ・光のはごろも、いっぱつギャグ・ザオリーマ・ベホマラー・ステテコダンス持ち。 リーダー特性は言うまでもなく優秀。 とくぎも弱体・混乱、回復とくぎを覚える。 回復のコツとの相性も良い。 特にザオリーマは戦闘中1回だけ味方全体を復活させ完全回復させるので絶体絶命の場面を打開することが可能。 クエスト、闘技場共に回復役として活躍できる。 AI2回行動・会心出やすい・星のいかり、グラビティソード・グランドネビュラ・シャイニングボウ・バギクロス持ち。 素早さを下げることができるグラビティソード、イオ系全体攻撃で命中率を下げることができるグランドネビュラは優秀。 特性の星のいかりはバトルの最初に発動し、自分の能力を1段階アップできるので初手でも火力を期待できる。 クエストよりは闘技場の方が活躍できる。 自動MP回復・つねにマインドバリア・いきなりみかわしきゃく、いやしの雨・たたかいのふえ・斬撃封じの舞・サンダーボルト持ち。 いやしの雨は味方全体を約300程度回復でき、さらに2ラウンドの間効果が続く優れもの。 たたかいのふえは味方全体の攻撃力を2段階アップできる。 斬撃を封じることができる斬撃封じの舞もあり、クエストや闘技場でヒーラー兼サポート役として活躍できる。 つねにマインドバリア・秘めたるチカラ、ダークハザード・マ素汚染持ち。 マ素汚染は敵をマ素状態にすることができる。 (覇者の闘気・やみのころも・竜神の加護などの特性、におうだち・みがわりされているモンスターにも確実にマ素状態にすることが可能)は敵全体にランダムで 毒・マヒ・マ素に効果大の連続でマ素状態などと相性がよく大ダメージを与えることができる。 クエストと闘技場ともに活躍できる。 Sランク Sランクは良いリーダースキル・とくぎを持っているモンスターが多いです!更にへ究極転生できるモンスターもいます。 星付をするとランク並みに優秀なモンスターも多いので、星付をできるならしたいところです。 ベギラマとべホイミ持ち。 呪文の威力が上がった今、強耐性と高火力ベギラマはかなり強い。 そして究極転生後の竜王がしゃくねつとメラゾーマ持ち高ステータス、高耐性です。 クリアに必要なモンスター。 究極転生あり。 究極先に新生転生あり。 イオラとぶきみな光持ち。 魔法パーティには必ず欲しい逸材。 究極転生あり。 究極先に新生転生あり。 マジックバリアとマデュラビーム持ち。 500を超える防御とマジックバリア、高耐性、AI1-2回行動で中々落ちない要塞に。 クリアに欲しいモンスターです。 究極転生あり。 究極先に新生転生あり。 AI2回行動、ばくれん斬り・やいばくだき持ち。 Aからはやぶさ斬りを引き継げる。 攻撃力が428と高くアタッカー向き。 究極先に新生転生あり。 いてつく眼光とはげしい炎持ち。 いてつく眼光がクリアで使える。 息パーティなら必ず欲しい逸材。 ただ意外とHPが低く弱点も多い。 究極転生あり。 そしてはげしい炎、イオラ、AI1~2回行動。 攻撃力、賢さ共にかなり強いです。 呪文、息パーティには入れたいモンスターです。 究極転生あり。 バギマとこおりの息持ち。 究極転生後のデスプリーストが現在最強賢さを誇るモンスターで、クリアでも使えます。 究極転生あり。 究極先に新生転生あり。 ときどきマインドバリア、シールドブレイク・ブラストビーム持ち。 ブラストビームが少し期待はずれだったが斬撃とくぎも引き継ぐことができより強力なアタッカーに。 ドルクマ、バイキルト持ち。 パーティの攻撃力が上がるのでリーダー向き。 ライデイン、ザオリク持ち。 Aからベホマラーも引き継げる。 呪文パのリーダー兼回復役向き。 ふうじん斬り、大魔神斬り持ち。 AI2回行動。 攻撃防御がともに400以上でアタッカー向き。 AI2回行動・イオ系のコツ・自動MP回復、デスファイア・イオナズン持ち。 攻撃力が417でアタッカー向き。 みかわしアップ・ひん死で会心・回復のコツ、ベホマ・ぎゃくふう持ち。 回復のコツでベホマやベホマラーが低燃費で使用できる。 呪文パーティのリーダー向き。 AI2回行動・いきなりマホカンタ、メラゾーマ・暗黒の瘴気持ち。 呪文パーティーのリーダー向き。 究極先に新生転生あり。 AI2回行動、マヒャド・いてつくはどう持ち。 耐性も良く呪文パーティのリーダー向き。 AI2回行動、しゃくねつ・漆黒のツメ持ち。 攻撃力と防御力が高く耐性も優秀。 AI2回行動、たたきつぶし・いてつくはどう持ち。 攻撃力と防御力が高く耐性も優秀。 AI2回行動、冥王の大鎌・冥界の門持ち。 攻撃力と素早さが高い。 AI2回行動・ときどきバイキルト、ソードクラッシュ・れんごく火球持ち。 攻撃力が高くドラゴン系パーティのリーダーやアタッカー向き。 AI2回行動、いあい斬り・メタル無双持ち。 攻撃力と防御力が高い。 物理パーティリーダー向き。 Aからこんしん斬り・まふうじのまいを引き継げる。 回復のコツ・ときどきスカラ、ドルモーア・せかいじゅのしずく持ち。 Bからせかいじゅの葉を引き継げる。 せかいじゅのしずくは味方全体のHPを特大回復、せかいじゅの葉は味方1体を確実に復活させる。 回復のコツとも相性がよく回復役向き。 HPと防御力も高い。 AI2回行動、マヒャド斬り・大魔神斬り持ち。 攻撃力が高くアタッカー向け。 究極転生で AI2回行動・会心出やすい、神速の剣技・蒼天魔斬持ちの魔剣神レパルドに転生できる。 魔獣系のリーダー向き。 攻撃力が高い。 リーダー特性全系統の呪文耐性1ランクアップ。 自動MP回復・回復のコツ・ときどきインテ、メラゾーマ・せかいじゅの葉持ち。 回復のコツ、せかいじゅの葉が追加され蘇生役も可能、さらにメラゾーマも追加され呪文アタッカーにもなれる。 新生転生前は究極転生への道の補助回復役に最適。 自動HP回復・ひん死でみかわし、ソードクラッシュ・マインドバリア持ち。 Aからはやぶさ斬りを引き継げる。 攻撃力と防御力が高い。 ソードクラッシュは降臨イベント等で活躍する場面多々あり。 AI2回行動、武器ふりまわし・斬撃よそく持ち。 物質パーティリーダー向け。 攻撃力と防御力が高い。 究極転生で AI2回行動・ときどきマインドバリア、シールドブレイク・ソードクラッシュ持ちのヘビーマジンガに転生できる。 MP攻撃力防御力が高い。 自動MP回復・ときどきバイキルト、サイコキャノン・バギクロス持ち。 Aからザオリク・マジックブレイクが引き継げる。 自動MP回復とサイコキャノンが魅力的。 究極転生への道にも連れていける。 自動MP回復・みかわしアップ、メラゾーマ・インテラ持ち。 Aランクからまがまがしい光も引き継げる。 リーダ特性、メラゾーマ・まがまがしい光等も優秀であり、呪文パーティでの活躍が見込めるモンスター。 呪文と息攻撃の全体反射系とくぎを兼ね備えている。 強敵と闘うときにいるかいないかで難易度が大きく変わるモンスター。 AI2回行動、超はやぶさ斬り・ギガデイン持ち。 攻撃力が特に高く、アタッカーとして優秀。 また???系のリーダーとして活躍できる。 究極転生で AI2回行動・魔神の闘気、魔神の絶技・グランドクロス持ちの魔神ダークドレアムに転生できる。 AI1-3回行動、デスファイア・サイコキャノン持ち。 防御力が特に高く、優秀なとくぎも覚える。 究極転生で AI1-3回行動・いきなり息をすいこむ、魔壺の呪縛・聖魔斬持ちの魔壺インヘーラーに転生できる。 リーダー特性全系統の息耐性1ランクアップ。 みかわしアップ・AI2回行動・自動MP回復、ソードクラッシュ・ベホマラー持ち。 新生転生で自動MP回復・AI2回行動が追加されとても使い勝手が良くなった。 リーダー特性全系統の斬撃耐性1ランクアップ。 自動HP回復・いきなりビッグシールド、かがやく息持ち。 新生前からはげしいおたけび・におうだち等を引き継げる。 HPが強化されたのでさらに倒れにくい盾役に。 主に闘技場の盾役として活躍できる。 最近では竜神王の試練、黄金の巨竜でも大活躍。 AI1-2回行動・みかわしアップ・自動MP回復、マジックブレイク・マホアゲル持ち。 自動MP回復が追加され、長期戦である高難易度クエストなどで重宝する。 さらにとくぎマホアゲルは味方1体にMPを大幅に与えることができる優れもの。 回復のコツ・いきなりインテ、メラゾーマ・ミステリーダンス持ち。 ベホマラーを引き継げ、回復のコツもあるため回復役としてクエストなどで活躍。 ミステリーダンスは敵1体のMPを大幅に減らすことができ、対人戦などで大活躍、また耐性も優秀。 AI1-3回行動・みかわしアップ、ニードルレイン・ダメージバリア持ち。 攻撃力・防御力・素早さが高く、耐性も優秀。 ダメージバリアは主に闘技場で重宝する。 AI2回行動・いきなりマホカンタ、メラゾーマ・かがやく息・リバース持ち。 リバースは戦闘中に1回 敵・味方全体の素早さと行動順を逆転させることができる。 メラゾーマは呪文アタッカー、かがやく息、リバースは闘技場などで活躍が期待できる。 究極転生で AI2回行動・魔扉のチカラ・つねにマインドバリア、サイコキャノン・ジャッジメント持ちの魔王オムド・レクスに転生できる。 みかわしアップ・いきなりみかわしきゃく、ロストアタック・タップダンス持ち。 みかわしアップといきなりみかわしきゃくにより回避率が高い。 またとくぎのタップダンスで味方のみかわし率をあげることができる。 ロストアタックは敵のため状態を解除できるため、高難易度クエストや強敵のため状態を解除し被ダメージをおさえることができ大活躍.

次の

DQMSL・最強のパーティは?おすすめの強い編成(ドラクエスーパーライト)

ドラクエ スーパー ライト 最強 パーティー

マスターズGPのルールと制限モンスター マスターズGPの周期 1ヶ月のシーズンがあり、毎週ルール変更 約1ヶ月間を1つのシーズンとし、対戦のルールが1週間ごとに切り替わる。 切り替わる際、 前週のランクに応じて、その週の開始時のランクが変動する。 1ヶ月後、シーズンの通算成績が発表 1ヶ月間のシーズン終了時、シーズン通算の成績が発表され、全てのランクや成績がリセットされた新たなシーズンが開始される。 第4回のみカイザーランクが解放される 基本的にはゴールデンが最高ランクであるが、 月の最終週に開催される第4回のみカイザーランクが解放される。 ゴールデン以上に昇格が難しいので、自身の実力を見極めて挑戦するかしないかを判断しよう。 マスターズGPの報酬 ランク昇格報酬 ランク昇格時に貰える報酬。 主な報酬はジェムやふくびき券GPなどだ。 シーズンが切り替わると再度貰える。 集計期間後、前週の成績に応じて配布される。 特等を引くと、再度特等を設定し直すことができる。 ただ、 1度入手した装備は設定不可になり、代わりに強化素材が設定できるようになる。 武器を引いた後にリセットすると強化用のBOXに切り替わり、「とくぎの秘伝書」が出づらくなるので、1BOX目は「秘伝書」を全て集めてからリセットしよう。

次の