猫 トイレ。 子猫のトイレの覚えさせ方は? |トイレのしつけ|教えて猫ノート 猫のお悩みスッキリ解決!

いま話題の猫用全自動トイレは、本当に「買い」なのか

猫 トイレ

【目次】• 猫トイレの掃除の頻度はどれくらい? 人間と同じように、猫も毎日トイレを使用します。 目に見える汚れが明らかな場合には、その都度掃除が必要となってきますが、一般的にはどれぐらいの頻度で飼い主さんが掃除をしているのか、気になってしまうものですよね。 猫のトイレは放っておくと独特のアンモニア臭を放ち、部屋ににおいがこもりがちになってしまいます。 猫の排泄物はとても臭いので、出先から戻った際ににおいが気になるのなら、掃除の頻度を上げなくてはいけません。 どれぐらいの間隔で猫トイレを掃除をするのが理想的なのでしょうか。 鉱物系(ベントナイト)や再生紙、おからやシリカゲルなど様々な商品が販売されていますが、ご家庭のトイレに流したり燃えるゴミとして捨てたり出来る物も多いので、愛用されているご家庭も多いのではないでしょうか。 愛猫が排泄し、固まった箇所をそのままにしてしまうと、綺麗好きな猫は排泄場所が汚れて臭いがすれば、トイレ以外で排泄してしまうなんてことも。 そのため、1日に1回は掃除をすべきと言えるでしょう。 猫砂は少なくなった分だけ補充する感覚で良いと思いますので、1週間に1回を目安にしてみてはいかがでしょうか。 砂を交換するタイミングでトイレ本体の掃除もしたいところですが、毎週掃除するのは簡単なことではないので、1ヵ月に1度ぐらいのペースを考えておくと良いかもしれませんね。 普通のトイレと違って楽な部分は、猫がおしっこする度に掃除の必要がないことでしょう。 愛猫がうんちをした際にはその都度取り除く必要はあるものの、普通のトイレほど敏感になる必要もないので、需要は高いと言えるのではないでしょうか。 猫砂は商品によって交換時期が異なりますが、1ヶ月から2ヶ月ぐらいが一般的な交換時期となります。 そのタイミングでトイレ本体の掃除も行うと良いでしょう。 猫砂が汚れにくく、トイレシートの交換が毎日ではないなど、管理のしやすさや、費用が猫砂だけのトイレより安く済む場合もあるなどの理由から、使う飼い主さんが増えてきています。 猫のシステムトイレはどのようなしくみになっているのか、またおすすめのシステムトイレについて、ご紹介します。 猫トイレの掃除方法は? 猫のトイレの掃除を怠り放置しておくと、排泄物から雑菌が繁殖し、独特のにおいを放ちます。 猫のおしっこのアンモニア臭は特ににおいがきついので、消臭も心掛けるようにこまめに掃除をするようにしましょう。 どうにか楽に簡単に掃除をしたいと考えている飼い主さんも多いことだと思いますので、猫のトイレの掃除方法をご紹介していきます。 排泄物は猫砂専用のスコップを使用します。 固まるタイプの猫砂は水分を含んでから少し時間が経過した後に固まる特性があるので、おしっこの場合はすぐにスコップですくってしまうとボロボロと崩れることも。 そのため、少し時間が経過してからスコップですくい、余分な砂を落としつつ取り除くようにしましょう。 トイレに流せる場合はトイレに流し、燃えるゴミとして捨てることが出来る場合は、ビニール袋に入れてゴミの日に出すようにしてください。 システムトイレはシートの交換が1週間に1回程度で良いので、うんちの場合のみスコップで取り除くようにしましょう。 掃除が終わって砂が減っていたら少し足し、砂の表面を慣らしておくと、愛猫が次に使ったことが分かりやすくなるので、おすすめです。 猫は嗅覚も優れていますので、人間の鼻はごまかせても、猫の鼻はごまかすことが出来ないでしょう。 そして香りの強い消臭スプレーや、洗剤のにおいも嫌います。 愛猫が「なんか臭い」「変なにおいだな」と思えば、トイレを使ってくれなくなる可能性もあるので、においの元を掃除の際に断ち切る必要があるのです。 そのため、トイレ本体を分解し、お風呂場に持っていきましょう。 システムトイレを使用している場合は、すのこ部分の目詰まりを爪楊枝で取り除いておき、排泄物をすくっているスコップも一緒に持っていってくださいね。 お風呂の洗い場が広ければ、その場所でご家庭の水道から最高温度(60度前後)を出し、スポンジで素洗いをしていきます。 このとき使用しているトイレの耐熱温度が60度以下の場合は、温度を調節するようにしてください。 菌は加熱に弱い種類が多いので、高温のお湯を使うことによってほとんどの汚れやにおいを取り除くことが出来ます。 掃除の頻度を守っていれば、そこまでトイレ本体が劣化し汚れることはないので、水気を切り水分をしっかり拭き取って完了です。 植物性消臭・除菌(すべての菌を除菌するわけではありません。 )成分配合。 臭いおしっこ(アンモニア臭)はアルカリ性ですので、このアルカリ性を酸性にして中和してくれる働きをしてくれる、トイレ掃除の救世主であるクエン酸を使用しましょう。 私たちが普段使っているトイレや、家の中のありとあらゆる場所に使用することが出来るので、買っておいて損はないですよね。 トイレ本体の中にお湯を張り、クエン酸を入れます。 お湯200mlに対してクエン酸小さじ1ぐらいでしょうか。 こちらは目分量でも大丈夫です。 大事なのはクエン酸(酸)とアンモニア臭(アルカリ)が混じり合い、独特のにおいが漂ってくることを確認することです。 このにおいが感じ取れなければ、中和出来てないことになるので、消臭効果が望めません。 においがしないと思ったら、もう少しクエン酸を足してにおいがするか確認してくださいね。 30分から1時間程度浸け置きした後水気を拭き取り、時間があれば天日干しすることが望ましいでしょう。 簡単楽ちん!猫トイレのおすすめ掃除グッズ クエン酸のように、猫のトイレ掃除に欠かせないグッズが他にもあるのか気になってしまうところですよね。 愛猫が毎日使うものだからこそ、清潔を保ちたいですし、簡単且つ楽をして掃除することが望ましいことだと思います。 用意しておくと安心出来る、おすすめのトイレ掃除グッズはこちらです。 2週間の使いきりで可燃ゴミとして捨てられるので、楽以外の何物でもない商品と言えますよね。 うんちだけは飼い主さんが取り除く必要がありますが、掃除をする必要がないだけでストレスフリーな使い心地を体感出来るのではないでしょうか。 猫のトイレ掃除まとめ 猫のトイレの掃除方法って、知っているようで知らないことが沢山ありますよね。 衛生面に気を遣いたくても、時間が無かったり方法を知らなかったりすれば、清潔に保つことは難しいことかと思います。 猫のおしっこの独特な臭いアンモニア臭は、トイレにこびり付いてしまうことが多く、掃除の頻度に悩まれている飼い主さんも多いことでしょう。 簡単な掃除方法を望んでいたとしても、頻度を考慮しなければトイレ本体が劣化していきますし、においも部屋中に広がっていってしまうはずです。 「消臭にはクエン酸が効く」などの知識を持っているだけで、毎日の掃除が楽になるのではないでしょうか。 愛猫のためにも、常に清潔を心掛けるようにしてくださいね。 — おすすめ記事 —.

次の

猫が喜ぶ快適なトイレの選び方とおすすめトイレ10選

猫 トイレ

【目次】• 猫がトイレで寝る理由は? 猫によってトイレで寝る子と寝ない子で分かれるようではありますが、何かしらの原因が生じるとトイレで寝ることが無かった子でも、寝るようになってしまうことがあるようです。 自分の排泄物があるトイレ内は、決して衛生的とは言えませんが、好んで何回もトイレで眠っている姿を見かけるようであれば、猫にとってトイレしか安心出来る場所がないとも言えますよね。 とくに猫は縄張り意識の強い動物ですので、自分のニオイが付いていない場所だと、緊張して不安に感じてしまう習性を持ち合わせています。 ニオイに関してはとても敏感なので、猫がトイレで寝るときは、何か不安を感じているのでは?と原因を追究してあげるようにしましょう。 やはりこの理由も元は「ニオイ」になりますが、前の住居で使用していたトイレをそのまま継続して使う場合、新居での自分のニオイが染みついた場所は、猫にとってトイレだけとなってしまいますよね。 そのような状況になってしまったとき、慣れない場所では安心出来ないということから、トイレで寝るようになってしまうようです。 引っ越しの初日はともかく、新しい住居に慣れてくれれば次第にトイレで寝なくなるはずなので、しばらくは様子を見てみるようにしましょう。 猫が引っ越し後に隠れて出てこない時の対処法と、新居に慣れてもらい、ストレスを解消してもらう方法をご紹介します。 多頭飼育の場合はどうしても、それぞれの猫にお気に入りの場所が出来てしまうので、自分の望み通りの場所が確保出来ない場合には、トイレを落ち着ける場所として認識してしまうことがあるようです。 また、頻繁に部屋の模様替えを行う場合は、猫の居場所も変えてしまうと、すぐに馴染むことが出来る訳ではないので、トイレで寝るようになってしまうことも。 頭の良い猫ちゃんであれば、「トイレは汚れているもの」と解釈していますので、そこであえて寝ることによって、うっぷんを晴らしているとも考えることが出来ますよね。 他にも部屋の中が芳香剤や香水などのニオイが充満しているときも、猫はそのニオイにストレスを感じてトイレで寝ることがあるので、猫の居るご家庭では猫が住みやすい生活環境を心掛ける必要があると言えるでしょう。 家の中にそのような場所が無いときに、猫にとってトイレは好都合な場所として認識されてしまうことも。 そしてこのトイレの狭い空間は、部屋の温度調整が猫にとって不快に感じる場合、トイレが居心地よく感じることがあるようです。 そのような場合はトイレで寝るようになってしまいますので、あくまでトイレはトイレとして使用してもらえるように、狭くて暗い場所がトイレだけにならないように心掛けましょう。 母猫と離ればなれになってしまった子猫や、飼い主さんが家を空けている時間などが長いなど、一匹で寂しい思いをすると、自然と自分のニオイのするトイレが落ち着くと思うようになります。 猫は飼い主に依存しないように思われがちですが、実際のところ寂しがり屋で甘えん坊な猫は多いです。 自由の中で共存するというよりも、一緒に日々の生活を共有していくという考え方の方が、猫は嬉しいと思っているかもしれません。 トイレには猫砂が敷き詰めてあり、その砂は時に猫にとって遊び道具となってしまうことがよくあります。 好奇心旺盛な子や子猫はとくに、猫砂を見て遊びたいと思ってしまっても不思議ではないですよね。 愛猫にトイレを本来の目的通り使用してもらうためにも、しっかりと排泄をする場所として認識させてあげる必要性が出てきます。 猫がトイレで寝る時の対策は? 飼い主としては愛猫がトイレで寝ることがある場合、本来の目的通り使用してほしいものですし、何よりも不衛生で困ってしまいますよね。 もし飼い主さん側でトイレの位置を変えてしまったり、猫砂を猫が気に入らない物を使用したりしているのでしたら、愛猫が好む場所にトイレを設置し、しっくりくるような猫砂に変えてあげる必要があると言えるでしょう。 そして愛猫が少しでも不安を感じないように、常にトイレを掃除して清潔に保ってあげることも重要です。 トイレで寝ることが多い場合は、トイレは寝る場所ではないことを飼い主さんが教えなくてはいけないので、愛猫がトイレに入った際にどのような行動をとるのか、しっかりと監視するようにしましょう。 上手に排泄が出来たのなら褒め、眠る準備をしたのなら、フードやおもちゃなどで誘導してトイレの外に愛猫を出してあげるようにしてください。 習慣づけることが出来さえすれば、トイレのことを排泄する場所と認識してくれるはずなので、覚えてくれるまで根気よく続けるようにしましょう。 中でもトイレは、特にしつけが心配な方も多いのではないでしょうか。 猫のトイレのしつけについて、置き場所のことや失敗する原因についてもご紹介します。 私たちが涼しい、暖かいと感じる温度は、猫にとっては寒すぎる、暑すぎる可能性が高いです。 猫にとって室温や湿度は健康にも直結してきますので、常に気を遣ってあげたい部分であると言えるでしょう。 最初は興味を持たず眠ってくれなかったとしても、いつかその場所が気に入って眠ってくれるようになるかもしれませんし、気まぐれに好んで使用してくれるかもしれません。 なるべく人目につかないような場所や狭くて暗い場所、部屋の中を見渡せる高い場所や日中陽の当たる場所など、猫が好みそうな場所に寝床を設置しておくことによって、気に入って眠ってくれるようになってくれるはずです。 なかなか寝てくれない場合は、愛猫がお気に入りの毛布やタオル、飼い主さんにニオイが付いた物を一緒に置いておくと、すぐに使ってくれることも多いですよ。 やなどで尿意が頻繁に起こっている場合には、トイレの回数が多くなりますし、などを患っている場合は少量のオシッコしか出ないことから、トイレに長時間留まることが多いです。 何度も行き来するのが面倒になり、そのままトイレで寝ることがあると言えます。 他にもを患っていてトイレを排泄する場所と認識出来ないときは、トイレで寝ることがあるようです。 猫がトイレで寝るということは、病気の可能性も否めないということを、頭の中に入れておくと良いかもしれません。 猫がトイレで寝ることがあるのなら、愛猫の排泄の回数や量なども把握しておくと、異常があったときにすぐに気付くことが出来るので、日頃から注意深く観察しておくようにしましょう。 まとめ 愛猫がトイレで寝ることがあったり、いつの間にかペット用のケージ内のトイレで寝ていたりすると、なぜあえてトイレで眠ってしまうのか、飼い主として不安になってしまいますよね。 なにかの病気なのかと心配になってしまいますが、ほとんどの場合原因は違う部分にあると考えることが出来るようです。 飼い主さんは猫が抱えている不満を取り除き、生活環境を整えてあげることでしか解決策はないような気もします。 大切なのは愛猫の不可解な行動でも、叱らず原因を追究することです。 言葉が通じ合わないからこそ、猫の気持ちを理解する努力は必要ですし、気持ちを理解することが出来たのなら、もっと絆が深まると思いますので、愛猫が健康で幸せに暮らせる環境づくりを心掛けてあげましょう。 — おすすめ記事 —.

次の

猫がトイレ以外で粗相をしてしまう原因 [猫] All About

猫 トイレ

快適なトイレで下部尿路の病気を防ごう 猫は、膀胱炎や尿路結石といった下部尿路系の病気の発症率が高い動物です。 下部尿路系の病気は飼い猫がトイレに不満を持ち、排泄を我慢することで起きることもあるからこそ、飼い猫に適したトイレ選びをすることが重要になります。 そこで今回は猫種や年齢、体型、性格別におすすめの猫用トイレをいくつかご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。 警戒心が強い子にはドームタイプや上から出入りできる猫用トイレを ドームタイプのトイレは、中にすっぽりと入り込んで排泄できるため、警戒心が強い子におすすめです。 「pidan 猫トイレ」のようにメッシュ廊下が設けられていると、砂の飛び散りが少なくなり、飼い主さんも掃除が楽になります。 ただし、ドームタイプや上から出入りできるトイレはサイズが大きいため、ケージの中へ入れるのは不向きです。 中には、フタが外れやすい製品もあるので注意しましょう。 また、飼い猫の足腰が弱っている場合や老猫は、上から出入りできる猫用トイレだと負担を感じてしまうので避けるようにしてください。 システムトイレで飼い主さんの負担とニオイを減らそう システムトイレとは中にスノコが設けられており、尿を下部分で吸収できるようになっている二層タイプの猫用トイレのこと。 下部分はペットシーツが敷けるようになっていて、尿を吸い取ったシートは、下部分を引き出すことで手軽に交換できます。 そんなシステムトイレの中で人気なのが、「デオトイレ 1週間消臭・抗菌デオトイレ」 こちらは、フードがスライドで開閉できるのでお手入れが楽ちんです。 専用のシートを併用すれば、1週間分のオシッコを吸収することできます。 また、システムトイレには、尿がかかるとおがくず状になる木材の猫砂が使用できるというメリットがあります。 ですから、そうした猫砂を使用して下部分に犬用のペットシーツを敷けば、専用のシートを使用しなくても3~4日は排便時の掃除のみで大丈夫になります。 木材の猫砂は値段が高い傾向があるので代わりに、尿で濡れるとおかくず状になるペレットを使用してみましょう。 ペレットは消臭効果が高く、コスパよく手に入れられます。 ちなみに筆者宅では「ペットにも環境にも優しい木質ペレット」を半年に1回購入しています。 ただし、猫の成長に合わせ、成猫用のトイレを購入する必要はあるので、長く使えるものを探している方には不向きかもしれません。 大型猫とぽっちゃり猫にはワイドな猫用トイレ 実は日本で売られている一般的な猫用トイレは猫にとっては、やや狭いといわれています。 猫が使いやすいトイレは、体長の1. 5倍もの広さがあるものだとされており、実際に海外で発売されている猫用トイレは、やや大きめな作りとなっているが現状です。 特に、メインクーンやノルウェージャンフォレストキャットのように体格が大きな大型猫種は、一般的なトイレでは排泄がしにくいと感じてしまうことが多いもの。 完全室内飼いが主流になっている近年は5kg以上のぽっちゃり猫も増えてきているので、そうした猫たちにも大きめな猫用トイレを使用させてあげる必要があります。 筆者のおすすめは、2018年の4月に発売されたばかりの「デオトイレ 快適ワイド」 こちらのトイレは横幅が70cmもあり、高さは35. 2cm。 猫砂が飛び散りにくい設計になっています。 ワイドタイプは丸洗いするのが大変なので、定期的にウェットシートで除菌を行いながら、清潔感を保っていくのもよいでしょう。 自動トイレは安全性の高いものを 自動トイレは掃除の回数を大幅に減らしてくれ、海外では家庭で使用されていることも多いものです。 しかし、使用可能な砂のタイプが限られていたり、価格が高かったりするのがデメリットだといえます。 また、モーター音が大きいと、猫がストレスを感じて使用しなくなるケースがありますし、排泄中に誤って動いてしまい、猫が怪我をしてしまう危険性もあるので、導入を考えている方は慎重に検討していきましょう。 例えば、「ネイチャーズミラクル」の全自動猫トイレなら、猫が排泄を行ってから20分後に掃除が開始されるので、単頭飼いであれば怪我のリスクが減ります。

次の