タモリ の しょうが 焼き。 田中麗奈が絶賛する「タモリ流・しょうが焼き」のレシピ

「タモリ流生姜焼き」がウマすぎる♪時短&ヘルシーレシピ【作ってみた】

タモリ の しょうが 焼き

タモリ倶楽部で紹介された生姜焼きレシピを解説 様々なテレビ番組で料理の腕前を披露しているタモリさん。 その中でも タモリさん直伝「生姜焼き」の美味しさは絶品で、そのレシピを参考に作った人の多くが「美味しい、我が家の味に決定!」とするほど。 タモリさんがMCを務める「タモリ倶楽部」や「笑っていいとも!」、他のバラエティー番組でもタモリさん自身が作り、ふるまったその生姜焼きは他の出演者たちも唸るほどの美味しさなんだとか。 ではどのような作り方なのか再現した動画を観ていきましょう。 タモリさん直伝のレシピはこちらになります。 豚バラスライス肉 200g• 小麦粉 大さじ1~2杯• 添え物のキャベツ(千切りにしておく) 調味料• おろし生姜 大さじ1(チューブも大さじ1)• 酒 大さじ2• しょうゆ 大さじ2• みりん 大さじ2 では、続いて作り方手順を見ていきましょう。 豚肉(大きい場合は食べやすい大きさに切る)に小麦粉をまぶす(軽く振る程度)• 玉ねぎは薄切りにしておく• 器に調味料を全て合わせておく• フライパンをほどよく熱しておきます、煙が出るほど熱くしなくても大丈夫です(低温から焼き始めることで肉がジューシーになる)• 油を引かず、フライパンに豚肉をそのまま入れます(豚肉から油が出てきます)• 中火で肉が白っぽくなるくらいまで炒める(肉はあまりいじらないのがコツ)• 玉ねぎを入れて炒めます(ざっくり混ぜる程度)• 玉ねぎがしんなりしてきたら3で合わせておいた調味料を鍋肌から入れます• 鍋肌から入れることで焼けて香ばしくなります• フライパンをゆすりながらタレを回し絡め、トロみがついてきたら完成!です ジューシー&ふっくらと焼き上がった豚肉に、ほどよいコクのタレがからまっているので、ご飯が止まらない美味しさです。 美味しく作るコツは肉をタレに漬け込まないこと、小麦粉をさっと振りかけること、焼くときにあまりいじらないことです。 肉をタレに漬け込むと調味料の塩分で肉から水分が抜けてしまい、焼くことで更に肉の繊維を固くしてしまうのです。 小麦粉もからげ粉のようにベタベタ塗りつけるのではなく、小麦粉振るいグッズや茶こしなどでさっとかける程度にしましょう。 フライパンへ入れる際も熱々に熱するのではなく、ぬるい程度で入れる 低温から焼き始め、中火で火を通していくことで豚肉が固くならずしっとりジューシーに焼き上がります。 栄養士でありママでもあるブログそっち~さんが公開しているレシピは勉強になることばかりなんです。 厚切りの豚肉を舞茸に一晩漬けておき、舞茸の酵素が肉を柔らかくしてくれる作用を活かしたレシピとなってます。 漬け込みに使った舞茸もしっかり生姜焼きに入ってます。 この方法は牛肉にも使えるので、舞茸を刻んだものと一緒にビニール袋などに入れて漬けておくと安い牛肉も柔らかくなるのでおすすめです。 豚背ロース生姜焼き用と 長ネギを使ったお弁当用の生姜焼きレシピです。 長ネギならすぐに火が通るので時短にもなるのでおすすめです。 もちろん玉ねぎを使っても美味しく作れます。 豚肉に塩コショウしたあとに小麦粉を振り余分な粉を落とします。 熱したフライパンにごま油を引き豚肉だけを炒めて一旦取り出し、同じフライパンで玉ねぎを焼き炒めしんなりしたら豚肉を戻し入れるという丁寧な作り方です。 はちみつを使うと単純に甘くなるだけでなく、 はちみつに含まれているプロテアーゼというタンパク質分解酵素が、熱によって肉が縮むのを守ってくれる作用があります。 肉を焼く前に表面にスプーンなどでサッとはちみつを塗り、10分ほど置いてから小麦粉を振り、あとはタモリさんおすすめの生姜焼きの工程で作るだけです。 はちみつが無い場合はメイプルシロップやみりん、ジャムなどもおすすめ、意外なも甘味がコクと照りを出すのに活躍してくれます。 参考サイト:.

次の

簡単美味しいタモリ流料理レシピ「豚の生姜焼き」

タモリ の しょうが 焼き

タモリ流の生姜焼きがうまいという話を聞いたのでネットで探したレシピを参考に作ってみた。 生姜焼きというと、肉をタレに漬け込んで焼き上げるというイメージであったが、このレシピでは先に肉を焼き最後にタレを絡めて食べるというものだ。 果たしてそのお味の方は? 参考にしたレシピはこれ タモリ流の豚生姜焼きレシピ 2人前 豚ロース肉 300gぐらい 玉ねぎ 1個 小麦粉 適量 A 酒 大さじ4くらい A みりん 大さじ4くらい A 醤油 大さじ3くらい A しょうが 小さいの1個 生姜焼きなので生姜は多めに使ってみた。 調味料の分量は生姜がしっかり利いたやや甘めの味付けなので、好みに合わせて調整すると良いと思う。 タレを作る! まず、 A の調味料を合わせタレを作る。 生姜はなければもちろんチューブでも。 お店のような味にするには生姜をたっぷり、入れすぎなぐらい使ったほうがいい。 玉ねぎを切る 参考レシピに小さく切るとあるが、お好みのサイズで構わないと思う。 火が通りづらいの気にするのであれば、先に玉ねぎを炒めしまうという手もある。 豚肉も小さく切ると書いてあるが、面倒なので切っていない。 肉の量が多い場合や、大きめのフライパンが無い場合は肉も切っておいた方がいいかも。 豚肉に小麦粉をまぶす 豚ロースに軽く小麦粉をまぶす。 肉のうまみを逃さず、ジューシーに焼き上げるという効果があるようだ。 他にもタレが肉に絡みやすくなるという利点もあるみたい。 焼く! まず豚肉を炒める。 熱したフライパンに油を引き、豚ロースを炒める。 参考レシピには油を引かずとあるが、うちのフライパンはステンレスなので、おそらく肉がくっついて大惨事になってしまうので、油を使った。 同じような境遇にある人や自信が無い人は遠慮無く油を使った方がいいと思う。 肉に軽く焼き色が付いたら玉ねぎを投入して炒める。 肉、玉ねぎ共に火が通ってきたら、タレを少しずつ入れながら絡めていく。 お好みの味になり、とろみが出てきたら火を止め完成! 味わう つけ込んでいないので味が染みこんでいるか心配であったが、濃いめのタレを作ったこともあり、とてもうまい! 繰り返すが生姜はたっぷり使った方が絶対にうまい。 定番メニューかつ簡単にできるレシピなので非常におすすめである。 以上、タモリ流の 豚生姜焼き。 log134.

次の

田中麗奈が絶賛する「タモリ流・しょうが焼き」のレシピ

タモリ の しょうが 焼き

女優の田中麗奈さんは、先日、「しょうが焼きのっけ弁」をつくったそう。 そのしょうが焼き、実は、料理上手としても知られるタモリさんがテレビ番組で紹介していた方法なのだそうです。 「とても美味しい」とコメントする田中さん。 果たして、どんなレシピなのでしょうか? このしょうが焼きの美味しさの決め手は、豚肉にあらかじめ小麦粉をまぶしておき、旨みを外に逃がさないことにあり! 調味料はしょうが、醤油、酒、みりん。 豚肉は油を使わずに炒め、短冊切りした玉ねぎを投入し、肉に焼き色が付いたら調味料を加えるとのこと。 タモリ流のポイントは、小麦粉をまぶすこと、肉を調味料に漬けこまないこと。 そして野菜は玉ねぎだけにすること、砂糖を入れないこと、油を使わないことも重要だそうですよ。 従来のしょうが焼きは、下漬けするのが主流でした。 でも、10分ほど漬け込む際、上下をひっくり返すなど何かと面倒なところがありました。 時短のためにも、タモリ流レシピは重宝しそうですね。 田中さんは、長年この方法でしょうが焼きをつくっているのだそうですよ。 そのシンプルなレシピゆえに、自分流にいろいろアレンジしている人もいるようで、ネット上でもニンニクやアボカドを入れるなどのアレンジレシピが見つかります。 話題のタモリレシピ、試してみてはいかがでしょうか?.

次の