アイギス つ。 アイギス:覚醒王子性能評価まとめ!称号神器の継承者!王子【神器装備】

千年戦争アイギスwiki

アイギス つ

アイギスを手に闘うアテーナー。 主神のものとも、ゼウスが娘の女神に与えたものともされる。 ありとあらゆる邪悪・災厄を払う魔除けの能力を持つとされている(ゼウスの防具とされる際は、天空との神である彼の性質からの象徴ともされる)。 鍛冶神によって作られたとされ、形状はであるとも、肩当てまたは胸当てのようなものであるとも言われている。 幼少時のゼウスに乳を与えた・の皮が張られているとも言われる。 なお、「アイギス」とは元々、山羊皮を使用した防具全般を指す名称であった。 では アエギス Aegis 、では イージス Aegis、 Egis。 ではその他、 アイジス、 エイジス、 エージス等の呼称、表記もされる。 神話 [ ] アテーナーの立像。 彼女の胸当てには、しばしばらしき顔が彫り込まれている。 ギリシア神話においては、アイギスがアテーナーに与えられた後、英雄が、目を合わせた者を石化させてしまう魔物を討伐し、その首を持ち帰ってアテーナーに捧げると、アテーナーはその首をアイギスにはめ込んだと伝えられている。 メドゥーサの持つ、目を見た相手を石化させてしまう能力は首を斬り落とされた後も残り続けており、ペルセウスはメドゥーサの首を持ち帰る際、いくつかの局面(巨神に会った時、王の娘を救出するために怪物を倒す時、アンドロメダーとの結婚の祝宴中に乱闘が発生した時など、ただしこれらについては諸説ある)においてメドゥーサの首を使って相手を石化させている。 アテーナーはその首をアイギスに取り付けることで、アイギスをより優れた防具にしたという。 なお、ペルセウスがメドゥーサを討伐する際、彼がメドゥーサの姿を見て石化するのを防ぐため、アテーナーはペルセウスに、鏡のように輝く楯を貸した。 ペルセウスは眠っているメドゥーサに忍び寄る時、楯を利用してメドゥーサの姿を直接見ることなく近づいたため、石化することなく首をはねることに成功した(近づく時の方法は、楯を通してメドゥーサを見ながらだとも、楯の表面に映るメドゥーサを見ながらだとも、それ以外の方法だったとも言われる)。 この時に使われる楯がアイギスだと言われることもある。 ただし、形状については上記の様に、肩当てまたは胸当てとして伝えるものもある。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - アイギスにちなんで命名された。

次の

【アイギス】ファウストの性能と評価まとめ

アイギス つ

2019年4月頃に大幅改訂されましたが、現在では情報が古くなっている可能性があります。 また、このページに記載された情報は各編集者の主観に基づいたものであり、王子の環境によっては整合性や実用性に乏しい可能性があります。 おすすめユニットについては、「」のページをご覧ください。 育成・合成のコツを知りたい王子は、「」や「()」のページをご覧ください。 プレイヤー自身のプレイングスキルは「」や「」のページで学習しましょう。 課金しようかな?と考えている王子は、「」のページをよく読んで、賢く課金しましょう。 ゲームの進め方や育成について悩んだら、「」で相談しましょう。 お気軽にどうぞ。 現在、プレイ可能ミッションと実装済みユニットが多いため、初心者王子のゲーム進行状況とユニット所持・育成状況は多様化しています。 自分向けの効率的なやり方を知りたいなら個別相談が有効です。 このページの充実にもつながるので、初歩的な質問も大歓迎です。 ゲームを開始すると、オープニングの後、チュートリアルマップが始まります。 説明を読みながらユニットを置いていきましょう。 チュートリアルが終わったら、「」で詳しい戦術や優秀なユニットを手に入れましょう。 ユニットを集めたら編成を行い、「」などの、各ミッションを攻略していきましょう。 「ストーリーミッションをクリアする」• 「クリアしたマップを何度も繰り返して餌を集める」• 「自軍を強化してストーリーミッションを進めてより良い餌場を開拓する&各種イベントを楽しむ」 基本的には上記の流れを繰り返していきます。 HOME画面右にある「その他」アイコンの中にヘルプメニューがあり、各種システムの詳しい説明を見られます。 また、ゲーム画面内の各所にあるアイコンやインフォメーションボタン(「i」マーク)をクリックすると、詳しい説明を見られます。 その他、知っていると便利な機能・操作は「」のページにまとめてあるので、そちらをご覧ください。 ゲームを始めたばかりでも、緊急ミッションの初級クリアは可能です。 気後れせずに、行けるところまで進めましょう。 入手した目玉ユニットがレベル・コスト・スキルレベル全て初期値でも問題ありません。 所持しているか否かの方が重要です。 育成は後でいくらでもできますが、イベントは一度逃すと復刻するまで1年以上かかる事が多いです。 少しでも戦略の幅を広げるために、まずはユニットの確保を最優先に考えましょう。 それ以外の期間限定イベントも、クリアできるところまでは進めましょう。 「」と「」は緊急ミッション同様行けるところまでで良いです。 神聖結晶の入手と用のシルバーユニット確保を目的にしましょう。 「大討伐ミッション」は「小祝福金聖霊」を確保できるところ(合計討伐数500〜1,000程度)まででOK。 余裕があれば「小祝福白金聖霊」(合計討伐数3,000〜6,000)も確保しましょう。 「魔神降臨ミッション」と「大総力戦ミッション」は高難易度ミッションなので、スルーもやむなしです。 次回復刻されたら挑戦しましょう。 第三章 熱砂の砂漠• 全てのマップで出撃時の初期HPが減少します。 出撃直後の近接ユニットはやられやすいので、早めの回復を心がけましょう。 「」や「」など、低コスト遠距離ユニットの2人目3人目を育成して先制攻撃しましょう。 地形効果の影響を軽減できたり、複数人同時回復できるユニットがいると安心です。 「」を持っているなら育成しましょう。 第四章 東の国• 登場する敵の「質」が上がります。 攻撃力が高いので初手ソルジャーでコストを稼ぐやり方では凌げません。 全体的な戦力の底上げが求められます。 第五章 魔法都市• 攻撃速度は低いですが、攻撃力がとても高い敵(ゴーレム)が登場します。 高いHP・防御力を持つユニットや、足止め用のトークンを使えるユニットを育成しましょう。 第六章 密林の戦い• オークが多数登場します。 彼らはHPが半分を切るとステータスと移動速度が上がります(狂戦士状態)。 「」や「」など、複数の敵をブロックしつつ攻撃できるユニットを育成しましょう。 殲滅力の高さが問われます。 王子軍の状況:王子ランク200以上。 ユニット平均第一覚醒Lv40以上。 称号「神器の継承者」を獲得し、緊急ミッションで目玉ユニットを毎回フルスぺで入手できるようになれば、初心者王子は卒業です。 おめでとうございます。 これ以降は自分の好きなようにプレイしていきましょう。 遊び方の例• ユニットを完全成長させよう• 「プレミアム」で新しいユニットを入手しよう• 「」や「」を周回し、過去のイベントユニットを入手・フルスぺにしよう• 報酬・ドロップ率アップユニットを所持しているなら育成しよう• 「大討伐ミッション」の神級で全ての敵を討伐しよう• 「大総力戦ミッション」の神級クリアに挑戦しよう• 「魔神降臨ミッション」のLv. 10以上をクリアしよう• 「」の続きを攻略しよう• 「」をクリアして交流イベントを見よう• プレイヤーランクを上げて、「」や「」になろう• 当攻略wikiに各種情報を提供したり、攻略記事を執筆しよう 初期から育成・攻略の方針を決められるので全くの間違いという訳ではない。 運よく強力なユニットを引けば有利なのは間違いないし、課金する量も人それぞれだ。 ガチャの目玉ユニットに惹かれることもあるだろう。 だが、全部突っ込むのはおすすめできない。 育成や兵舎拡張に使う分は最低限残しておこう。 高レアリティのユニットを何体も抱えたところで育成が間に合わないのでは意味が無いし、ユニットの所持数にも限界がある 兵舎の増築もできるが結晶30個となかなかに高価である。 また、ほとんどのイベントはよく育ったシルバーユニットでクリアできる程度の難易度である。 ガチャ産ユニットで楽にはなりこそすれ、ガチャ産が必須ということはない。 尤も、高難易度の極級や神級を銀ユニットでクリアするのはやり込みプレイの域なので、初心者が自力で達成するのは困難。 動画等を真似るか、戦力が整ってから復刻開催を待つことになるだろう。 1ヵ月に神聖結晶を150個以上使うとログインボーナスにより「レジェンド召喚チケット」(プラチナ以上確定排出)がもらえる。 このため、全力でぶち込むにしても150個溜まってからのほうがお得。 150個は遠く感じるかもしれないが、初心者は初回クリアボーナスがもらえるため、意外とあっさり溜まる。 極低確率で黒レアが出ることすらあり、マウロなど序盤はベース召喚でしか手に入らないユニットもいるが、 ベース召喚の特性上、出てくるユニットはほとんどが銅鉄ユニットでそのすべてが男。 銀以上のユニットは滅多に手に入らない。 金などは夢の又夢と思って欲しい。 ベースガチャを57000回回した猛者がいるが、97. 銀が約2. プラチナ・ブラックを狙える確率ではない。 余程のことがない限り、Gはユニットの合成に使うほうがよい。 ユニットのレベルが上がると要求額が増えるため、いずれ足りなくなる。 パイレーツや忍者などの序盤でドロップしないユニットを狙うにしても、大人しく1日1回の無料分をコツコツ引いた方が良い。 コスト制というシステムにより、金や白が銀の完全上位互換=銀不要、となるとは限らない(一部例外はあるが)。 レアリティの高いユニットは基礎コストが銀ユニットより高いために、コストが足りず、出撃すらできない場合も多々ある。 特に銀ユニットはイベントマップなどで同じものを複数集めてコストダウンさせやすいため、上位とのコスト差が3〜4くらい開くことも多い。 イベントによっては厳しい出撃制限があるため、そこで必要になることもありえる。 また、前述した通り銀ユニットはクラスチェンジにも必要になる。 ユニット所持数に余裕があるうちは温存しておいたほうが良いだろう。 第三兵舎拡張で得られる銀ユニット預り所も活用すると良い。 アイアン・・・序盤の繋ぎで以降は合成餌、CC素材に使う ブロンズ・・・序盤の繋ぎで以降は合成餌、素材にはならない シルバー・・・できる。 中盤まで使えるので育てても損はない。 上位ユニットのや素材になり 貴重なので無駄遣いしてはいけない ゴールド・・・覚醒できる。 全体的にはそこそこの能力だが上位レアリティと遜色ない強ユニットもいる プラチナ・・・全ユニの半分近くを占めるメインレアリティ。 強さは千差万別。 基本的にはこれを育成 ブラック・・・スキルの即時発動が可能な最高レア。 ほぼ全員が文句なく強いが育成コストは重たい サファイア・・書籍購入などの特典キャラ専用。 ゲーム的にはゴールドとプラチナの中間扱い。 地味に育成コストが重いのがネック。 鉄 アーマー等はゲーム初期の補助戦力になる。 後々銅ユニットが揃ったらお役御免。 経験値と資金の無駄なのであまり育てず合成か売却用にすべき。 シルバーとゴールドの素材になるので基本クラスくらいは常備しておくといざという時に困らない。 銅 コストダウンしやすく、コストを2下げればアイアンの上位互換に。 レベルも上げやすいため、戦力が整っていない序盤では頼りになる。 シルバーを入手するまでは各種揃えておきたい。 上位レアリティを入手後でも、種族縛りやコスト管理の厳しいステージでは出番があるかも。 銀 要求経験値の低さ、聖霊の安さ、入手頻度でのコスト下げやスキルレベルアップの容易さのバランスが良く非常に育てやすい。 このレアリティからCCができるため上位レア育成までの繋ぎとしては十分なスペックを持っている。 それらが育っても色んなところで出番は見込めるので育成価値はそこそこ高い。 覚醒は出来ないがCC後Lv55まで育てると覚醒ユニット同様にアビリティを得られる CC素材や覚醒素材として要求されるので、余ったからといって気安く餌にしていると後で泣く。 金 銀に次いで育て易く、の配布機会の多さやCC後のカンストLvが低く覚醒し易いなど、容易に実用段階まで持っていける。 CC時にスキルが強化されることが多く、キャラによっては白金や黒に匹敵する性能を見せる。 特筆すべきはこのレアリティからが可能になる事であり、多くのミッションで中核戦力として活躍できる。 男キャラもゴールドが最高レアとなっているクラスも多く、男性限定マップの切り札となるためそれなりに育成すべき。 覚醒素材として要求されるがCC銀でも代用可能で、金レアを使うのはもったいないのでなるべくCC銀を使いたい。 白金、白とも 高ステータス・強スキル持ちが多く切り札になる。 ただし出撃コストが高め。 初心者のうちはを集めるのは大変なので育てにくく、またクラスチェンジに銀ユニットを3体使うため完成形が遠いが ベテラン王子の主力レアリティでもあり、初心者王子も最終的には大半のユニットをプラチナ以上で編成を埋める事を目指したい。 イベントで入手できるユニットの殆どがこのレアリティなので数は最も多く、全てのユニットを育てようとすると聖霊が常に足りなくなる。 イベントユニットには覚醒もしくはスキル覚醒してからが実用段階なキャラも多い。 黒 最高レアリティ。 基礎ステータスとレベル上限の高さ、好感度ボーナスの大きさ、強力なスキルにより異常な強さを誇る。 配置1秒でスキル発動可能で、置いてすぐに活躍できるため使いやすい。 その代わりコストが相応に重く、入手の難しさから低減も困難。 プラチナ以上に完成までが遠いが、強力無比。 青 基礎はプラチナより僅かに劣り、スキルやクラスが特徴的なユニットが多い。 現在はキャンペーンやコラボなどの特典コード入力のみで入手できるレアリティであり、入手方法が確定しているので初心者でも確実に入手できるのが魅力の一つ。 また初期からコストが下限のユニットが多いため白金よりも出しやすいのも特徴。 ただし対応する聖霊が、入手し辛いしかいないため育成が黒以上に遠い。 多ブロック ( ケイティ、フィリス) 1〜4人 援軍ソル1〜2、足止め用0〜2 序盤に敵を捌きつつ援軍要請でコストを稼いだり、低コストを活かして不足を補うポジション。 確定入手の金ソルジャー・ケイティは是非育てよう。 コストダウンやクラスチェンジ素材で数が必要になるので、軽ソルジャーとしてブロンズユニットを使うのも手。 ブロンズは周回すれば大量に手に入るのでコストも下げやすい。 単体では敵処理が間に合わないことが多々あるため、アーチャーやウイッチによる援護が有力。 ブロック数の多さの割には耐久が低いのが難点。 ( レアン) 1〜2人 高いHPと防御で多くの雑魚を受け持って足止めしつつメイジと連携したり、ヒーラーを複数付けて強敵を抱えるのがメイン。 防御力が場持ちやヒーラーの負担に直結するため、しっかり50CCでの育成が必須。 コストを下げればブロンズも有用。 攻撃力の低さも足止めして敵の出現を遅らせる目的に使える。 アーマーへの回復が追い付かないなら、育成を進めたり、戦略の段階から見直す必要が出てくる。 単騎では殲滅力が足りず連携が必要であり、コストも重めなのが難点。 1ブロック 1〜3人 いわゆるタイマンユニット。 通常の王子もこの枠。 遠距離攻撃持ちへの差し込み、敵のラッシュ時に先頭に置いて敵の間引き、強敵との1対1に臨んだりするポジション。 ( セシリー) 低コストで回避持ちで攻撃速度が速い。 回避と暗殺による運ゲーはおまけ程度。 雑魚の間引きや敵アーチャー等への差し込み用。 耐久は低いので強敵の相手は向かず、攻撃力の低さにより高防御の敵も苦手。 ( ミーシャ、エレイン) バランスの良いステータスと魔法耐性を持ち、敵撃破でコストが回復する。 ステータスが足りている限りは幅広く対応できるが、耐久自体はアーマーやバンデットに劣る。 ( モーティマ、フューネス、バーガン) 高いHPと攻撃力を持ち、アーマー系相手に攻撃力が増加する。 序盤から敵アーマーが出てくるマップでお世話になる。 防御力が低いためヒーラーへの負担が大きいのが欠点だが、差し込みで使い捨てにする分には問題にならない。 雑魚の間引きにも使えるが、攻撃速度の遅さとオーバーキルによりコスパは良くない。 遠距離 遠距離の基本職は総じて耐久が低い。 逆に言えば、ステータスの無駄が少ないともいえる。 CCで射程が伸びるため、銀30CC運用も候補になる。 ( バシラ、ソーマ、ダニエラ) 1〜4人 低コストで素早く遠距離攻撃ができ、飛行敵に対して攻撃力が増加する。 雑魚を削ったり、飛行する青ガーゴイルを打ち落とす役。 低防御の敵には滅法強いが、硬い敵には手も足も出ない。 なので敵軍の内容次第で有効な投入数は大きく異なる。 ( カリオペ、ネーニャ) 1〜3人 低コストでそこそこの射程と速度、敵の移動速度を下げる防御無視の攻撃を行う。 魔法は防御無視なのでアーチャーでは対処しづらいアーマーや赤ガーゴイル対策として有力。 敵の攻撃が強すぎて近接ユニットでまともに相手をしていられない時は、複数のウィッチを使った遅延効果が重要になる。 アーチャーとは逆に、低防御で数の多い雑魚の相手には不向き。 ( ヴァレリー) 1〜2人 高コストで防御無視の範囲攻撃を行う。 範囲攻撃により複数まとめて攻撃できるため、敵集団の殲滅に力を発揮する。 防御無視により防御の高い敵への削りもこなす。 アーマーで複数足止めしたり、ウィッチで団子にしてやるとより強力。 アーマーによる足止めとのセットなら射程の短い銅メイジでも使いやすい。 難点はやはりそのコスト。 また、攻撃速度が遅いので単体相手ではウィッチに劣る。 ( イーリス、アリサ、ドルカ) 2〜3人 回復役。 長丁場になるほど重要性が増す。 敵をどれだけブロックして倒すかで必要な数が変動する。 場合によっては4人以上必要になるマップもある(そのころには互換クラスが手に入っているだろうが)。 10種未満の武器種で区分されている城プロに対し、100種以上のクラスという区分でユニットの特徴が細分化されている• 同一ユニットを合成する、いわゆる凸行為が不要。 一体入手すれば限界まで育成できる• 増築施設に相当する追加装備の類がない• 改築に相当するクラスチェンジや覚醒は、一定数の同レアユニットではなく各クラスごとに定められた3種類の低レアユニットと専用聖霊を使って行う• 特技に相当するアビリティは、基本的に第一覚醒後に修得する。 (ブラックユニットは覚醒前から修得していることが多い)• 計略に相当するスキルは、ユニットレベルとは別にスキルレベルを上げる必要がある• 殿と異なり、王子は任意で配置可能なユニットの一種として扱われる。 王子が戦闘不能になっても攻略失敗にはならない• 殿に相当する拠点が複数存在することがある。 合計で一定数の敵に到達された時点で攻略失敗• 戦利品は特定の敵を倒した時に入手。 蔵に相当するものはない• 敵を倒してもコスト(気に相当)は回復しない(コスト回復スキルや倒敵時コスト回復特性を持つユニットもいる)• 巨大化が存在しない• スキルの発動に追加コストを払う必要はない。 対象を選ぶ必要もない• HPが自然回復しない(可能にするアビリティやスキルを持つユニットもいる)• 戦闘不能や撤退後のユニットは再配置できない(可能にするアビリティやスキルを持つユニットもいる)• 近接ユニットは自分がブロックしている敵しか攻撃できない(遠距離攻撃できる近接ユニットもいる) 〜〜準備段階〜〜• 初期は獲得G1. 5倍が付いているので、その間にストーリーミッションをひたすら周回する。 序盤はどんどんレベルが上がる(カリスマが回復する)• 無課金,微課金なら常に獲得G1. 5倍状態にする必要はない。 獲得EXP1. 2倍も序盤はかなり有効でランク100、王子Lv99までは使った方が楽。 序盤の結晶の使いみちは他にBOX拡張でユニット所有枠を増やすのも重要。 枠が少ないとレベリング時に餌ユニットがすぐ溢れて面倒くさい。 田園の門の周回などで餌集めを兼ねると良い。 最近はの確定ドロップでユニットが溢れるので第3兵舎まで一気に広げたいところ。 兵舎増築にはランク25、所持枠を最大 35個 まで購入が必要。 第三兵舎まで拡張すると同時にシルバーユニット預り所と聖霊預り所も利用できるようになる。 とくに、よく手に入り枠を圧迫しがちな聖霊や経験値ユニットを預けられるのは便利。 ランク20で所持枠を最大まで購入したら、同じの月のうちにランクを25まで上げて第2兵舎を増築すると、のグレードアップ条件を比較的楽に満たせる。 このための兵舎拡張は月の始めに行えば時間的余裕ができるため、実行前の時点で月末ならば来月に見送ったほうが良い。 この時点で神聖結晶を100個以上用意出来ているならば、第2・第3兵舎をまとめて増築し、端数をサポート発動やプレミアム召喚などで合計100個消費してしまったほうがログインボーナスがさらに上のグレードになるのでおすすめ。 50個消費を2ケ月に分けるよりも100個消費の1ケ月分のほうが合計入手数も質も上なため。 ベースガチャでも銀ユニットは何十回かに一回、金ユニットも回数を回せば出る。 ただし序盤で金欠を起こすと辛いのでやり過ぎ注意• ガチャ入手で銅ユニの、あたりをゲット出来ると捗る。 ある程度ミッションをクリアしたら、気晴らしに1-2回プレミアム召喚をするのも良い。 ただし結晶を5〜10個消費してハズレの銀ユニットになるよりは、を結晶7個でまとめ買いしたほうが序盤は楽• シリアルコードがあれば入力を忘れずに行う。 チュートリアルクエスト「 ケイティの 」をクリア。 チュートリアルクエストは用意されたユニットでプレイするので育成は不要。 クリアすると便利なユニットが貰えます。 初心者は鉄と銀ユニットを間違って合成したり売ってしまうことが有るため 〜〜初期の目標〜〜 初期に使うユニットは「」を参照。 とを進行しつつロックしたユニットをメイジ,ヒーラーを優先に育成。 序盤では集めやすい銅ユニのや,,をコスト下限にして使った方が良い。 コスト下げやスキルのLv上げのされてない銀ユニ 初期コスト8のなど は鉄,銅ユニに劣る。 コンプリートボーナスで入手した銀ユニットも逐次ロックして後々を考えながら育てて行くと良いだろう。 餌として入手した銅ユニットと聖霊はすぐには合成に使わず一旦キープする。 鉄ユニットで銅ユニットを育て、銅Lv10以上を餌に使う。 Lv10まではレベルが容易に上がるのでそのほうが効率が良い• 当然の話しだが実用のベースキャラもLv10までは拾った鉄,銅ユニットの生食育成で良い。 鉄,銅聖霊はLv30以上,レア度が銀以上のユニットを育成するときに、銅ユニット3枚と一緒に聖霊1枚を混ぜて使うと良いだろう。 銀聖霊以上はクラスチェンジに使用するのでまずはキープ。 詰まったらストミ「」「」「」,チャレンジ「」を周回プレイ。 出たユニットは合成か引退をさせ、チーム内のすべてのユニットをLv20以上にすることを第一の目標とする。 通常ミッションをある程度進めたらMAPやにチャレンジ。 確定ドロップやイベントユニット,結晶を可能な限り入手して行きたい。 そして銀ヒーラー、銀アーチャー,銀メイジのそれぞれ一人を30CC30する。 射程が伸びて使いやすくなります キャラクターにこだわりが無いのなら攻撃力が僅かに低いソーマとクリストファー,ヴァレリー。 ダニエラはスキルが攻撃強化なので、金以上のアーチャーが入手できなかった場合には火力が必要になるステージで活躍するだろう。 ただし攻撃範囲が必要になる面ではやでカバーする事も出来るので銀の30CCは必須ではない。 彼女らを30CCさせるつもりならば、コンプリートボーナスで手に入る2人目以降に贈り物を送らずに育てたほうが無駄が少ない。 チーム内のすべてのユニットをLv30以上,プレイヤーLv64以上で救世主の称号を得たあたりで「」が攻略できる目安。 の・中級 金策ミッション 、・中級 好感度アイテム収拾ミッション あたりも育成に重要なので適時周回すると良い。 50CC30好感度MAXが揃い出すと「」「拠点争奪戦・後」も見えてくる。 曜日限定ミッションの「黄金の鎧」・極級や「空からの贈り物」・神級も狙える。 覚醒のオーブも攻略動画などをトレスしつつ狙える。 鉄、銅…育成しやすく低コストで使いやすい初期,序盤の即戦力。 銀以上の育成が終わり、駒が揃うと使わないので鉄はLv10,銅はLv30くらいで良い。 銀…上限レベルが低く、同種合成の機会が多く、CC後もスキルが変化せず、聖霊も必要な時に必要なだけ拾える。 ちょっと時間をかければ50CC55、コスト下限、スキルレベルMAXが狙って作れる。 金…攻略が進むと聖霊の入手機会がかなり多く、上限レベルもそれ程高くないので育成は容易。 ただし入手がほぼ召喚頼り。 交換所や年4回ほど有るゴールドラッシュ系もあるが、コスト低下の難易度は銀以下や産白金ユニットに比べて格段に高い。 白金…上限レベルが高く、イベントで入手できるユニットが多く、全て育てようとすると聖霊が全く足りない。 イベントで貰えることが多いので、コストとスキルレベルはある程度良い状態で入手したい。 黒…プレミアムガチャを何十回も回さない限り殆ど入手する機会が無い。 黒聖霊は貴重だが、序盤は白金聖霊ほど不足を感じないだろう。 上限レベルが高いので、CC後はプラチナアーマーと黒聖霊を使い、経験値8000の合成を何回も行う事になる。 イベント産の強力な黒ユニットを覚醒まで育てようとすると結構な負担に成るので気長にやるしかない。 詳しくはを参照• ユニットのレベルアップに必要な経験値および資金は、高レベルなほど増えてゆく。 経験値の少ない餌を低レベル時に食わせ、経験値の大きい餌を高レベル時に食うと資金効率が良い• Lv20辺りから餌1枚で1,000Gを越えだす、高レベル餌で一枚辺りの経験値を増やしケチるならこの辺• ユニットのレベルアップに必要な経験値は10Lv毎に激増する• よってユニットの運用法にはLv1、Lv20、Lv30、30CC30、Lv40、40CC40、50CC50などで手間と性能に差が付く• 聖霊は同ランクを2〜3枚混ぜると2倍に、異なるランクを1〜2枚混ぜると1. 1倍になる• 「」がクリアできるようになったら、餌を「廃都への帰還」で集めて合成費用は「田園の門」で稼ぐ。 「廃都への帰還」で入手できる餌はLv10以上なのでかなり金銭効率が良い。 委任周回が厳しければ「」「」で妥協という選択もある。 ・育成中のキャラがLv10未満なら何処の餌でもいいので適当に生食してLv10以上にする。 良い餌は高レアリティユニットや高レベルユニットに優先して使う。 ・種類の合わないの低級の聖霊が余る場合は合成に1枚混ぜて使っても良いだろう。 銀男ユニットやプラチナアーマーと聖霊を使う。 期間限定イベントやでドロップする男銀ユニット,をLv10以上までドロップ生食で育てて餌とする。 また経験値ボーナスが付く同職や、コスト下げやスキルLv上げを兼ねて同名,同スキル合成が好ましい。 ドロップ1. 5倍キャンペーン時は「」や「」周回ドロップの素食いでLv50まで上げる猛者もいる 金銭効率では負担が大きい。 ・銀ユニット=銀聖霊の入手量によるが、男銀ユニットを使う場合は聖霊3枚を使って8倍合成を行う。 女銀ユニットを合成する場合は聖霊2枚、餌2枚で良いだろう。 ゲームが進むと銀ユニットのカンストは割と容易で、プラチナ以上のカンストが大変だと気付く事だろう。 ・金ユニット=金聖霊は攻略が進むと一番手に入る聖霊。 白金、黒ユニットが居る場合はできるだけプラチナアーマーを使わずに育成したい。 金以上で同種合成を行う場合、スキルレベルを上げたいのならCC後に餌ユニットもCCさせてから合成する。 CCしてもスキルが変わらないベティ、スキルレベル上昇の恩恵が少ないストレイやキュテリはCCさせずに合成して良いだろう。 ・白金ユニット=イベントユニットの殆どは白金で、それらを育成する場合に聖霊がいくつあっても足りないと感じるかもしれない。 CC前のLV50までは、鉄〜金聖霊と銀餌で頑張って上げるのも選択肢に入る。 ちなみにLV42まで上げればプラチナアーマー2、聖霊2、又はプラチナアーマー1、聖霊3の経験値8000合成でLV50に到達する。 ・黒ユニット=聖霊が貴重で、必要経験値、CC後の上限レベルの高さから育成は困難を極める。 黒聖霊が無い場合は鉄・銅等の余った聖霊を使って雑煮合成する。 白金の項にある経験値8000合成を行う場合は、LV42で次のLVまで664以下の状態にする。 ストーリーミッションの委任出撃の登場に伴い餌集めの効率が格段に向上した 低カリスマ消費で低レベルの餌を集められるだけでなく今まで長丁場必要だったステージも視野に入る 初心者王子がまず目指すのは「」だが、手が届かなければ「」「」等、手に届く範囲で餌を拾おう。 ゲームに慣れてCCユニットが揃ってきた頃にはより上質な餌場である「」が手の届く位置にあるはず。 …田園マラソン、カリスマ12消費で最大5体の低レベユニットが入手できる餌場。 序盤育成の定番• 消費カリスマは田園の二倍ほどだが餌性能が1. 5倍になるのでLv20以上の相手だと安上がり• …群狼マラソン、こちらも一本道で攻略が容易。 消費カリスマは田園の二倍ピッタリで周回の定番。 弓兵のドロップに偏っているので同クラス補正でダニエラ,ソーマ,バシラの育成に良い• 序盤における目標の一つ。 拠点争奪戦・後を開放できない王子はここで足踏みする。 取得経験値・餌の質がいずれも高く、稼ぎ用マップとしては優秀。 上位MAPを開放していてもドロップ率1. 5倍時では候補にあがる。 …まず道中の「」「」「」を踏破するのに苦労する。 拠点争奪戦・後に比べると最大ドロップ時の効率で劣ってしまうが、和風MAP以降は砂漠MAP以前に比べドロップ率が格段によく高経験値餌なので資金効率も良い。 、…資金効率最優の餌場。 ここに到れる王子は既に全ユニット覚醒してるので多くは語らない。

次の

【アイギス】ファウストの性能と評価まとめ

アイギス つ

どれもサリエットなしの場合です。 なお、なんとなく自分が使ってるだけで、特に金銭効率やら聖霊効率を検証したわけではないです。 綺麗に数字が取れてるわけでもなし、ちょっと計算すれば分かることですが役に立てば幸いです。 また、特にCC後の黒は上限が80000EXPなためそのまま表の数値を適用できる。 「オークの勇士」はガガ(ボーナス発生職)とその他(ボーナス非発生職)を2個ずつで混ぜると1000EXP。 その為転送の魔法陣のように使える。 高速育成に便利。 そこそこ素材が潤沢な平時に便利。 「ダークエルフの女王」は餌のLvが同じなため「オークの勇士」と同じように使える。 「立ち並ぶ軍旗」「魔界に降りし天兵」の餌Lvは便利な数を持たないため特記事項なし。 (すみません……).

次の