英語 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。。 「お手数おかけします」の正しい意味と使い方は? 例文もチェック

「お手数」の英語!ビジネスで使える丁寧に依頼したい時の表現16選!

英語 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

英訳1:troubleは動詞で、「迷惑をかける」という意味なので、「面倒をおかけしてすみません」と先に謝るパターンです。 Could I ask you to... は、「~していただけますでしょうか?」という丁寧な依頼の言い回しです。 英訳2:a big askは、「相手に負担をかけたり、無理をさせてしまう依頼」を表します。 英訳3:「ご面倒をおかけしてすみません」という一言です。 その他の表現: - I know it will take some time, and I appreciate you doing it. 「ちょっと時間がかかってしまうと思います。 やっていただくことを感謝します」 - I hope it's not too much trouble. I appreciate your efforts. Thank you for your cooperation. e-mailやメッセージで最後に使えるフレーズです。 どちらかというと丁寧な言い方でビジネスライクです。 I understand this is a big ask. Thank you so much for doing this. こちらはややインフォーマルでカジュアルな感じです。 会話で言うと良いですね。 例えば、レポートと早めに終わらせてくれた同僚に: I understand it's a big ask. Thanks so much for doing this. You're a champion! ご参考になれば幸いです。

次の

「お手数をおかけして大変恐れ入りますが、ご返信をお待ち申し上げてお

英語 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

I am sorry to cause you inconvenience, but I am looking forward to your reply. (お手数をお掛けしますが、ご返信お待ちしております。 We apologize for the inconvenience this will cause you, but we ask for your kind cooperation. (皆様にはお手数をおかけいたしますがよろしくお願いします)• I am terribly sorry to inconvenience you, but I appreciate your correspondence. (お手数おかけし申し訳ないが、ご対応をよろしくお願いします。 Sorry for troubling you, but could you check the details, please? (ご多忙のところお手数をお掛け致しますが、急ぎ確認をお願いします。 I am sorry to trouble you, but could you tell me one more time? (お手数をおかけしますが、もう一度教えてくれませんか。 I am sorry to trouble you, but I would really appreciate it if you could confirm. (お手数をお掛けいたしますが、御確認の程宜しくお願いいたします。

次の

お手数をおかけ致しますがよろしくお願いしますって英語でなんて言うの?

英語 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

「お手数をおかけします」という言葉はビジネスのみならず、メールや普段の会話の中でもよく見かける言葉です。 その言葉の感じから、相手に対しての配慮を感じる言葉でもあります。 この言葉の持つ意味自体を確認してみます。 「お手数をおかけします」の中にある「手数(てかず)」という言葉には「労力」や「手間」「工数」と言った意味があります。 また「手数(てすう)」という言葉は「動作」「作業」またはそれらが多くて面倒なことを意味します。 「お手数をおかけします」ではお手数(てすう)の意味の方で使われています。 「おかけする」は「かける」の敬語です。 「かける」は一方的に相手に与えるという意味です。 全体で作業や動作やそれに費やす時間などの負担を相手に「かける」というような意味があります。 敬いの意味を含んでいます。 ですので「お手数をおかけします」は相手に対する言葉で、自分の行為に対しては使わない言葉です。 この場合の類語としては「よろしくお願いします」が同じような意味を持つ類語の表現となります。 その他の類語表現としては、他に「お手間をおかけします」という言葉もあります。 つまりこの場合の「お手数をおかけします」は、誰かにお願い事をして、相手がそのお願いを引き受けてやってくれるといった時に、そのお願いした内容を相手にお任せしますよ、という「よろしくお願いしますね」といった確認のような意味合いで使われているのです。 「よろしくお願いします」もビジネスで頻繁に登場する重要な言葉です。 使いこなせているようで、知らずに間違って使ってしまっている用法もあるかもしれません。 下の記事で今一度意味や使い方を確認しておきましょう。 誰かに対して「お手数をおかけします」というのは、お願いしている場合でも、謝罪している場合でも、どちらも相手に対して配慮を伝えている言葉です。 この言葉を先ほど意味を見た時のように、「手数」「かける」と分けてみてみます。 「お手数をおかけします」の「お手数」も「手数」の敬語ですし、「おかけします」も「かける」の敬語で非常に丁寧な表現です。 敬語として目上の人に対しても使える表現です。 相手へお願いをする際にも単に「お願いします」というよりも、「お手数をおかけします」と言ったほうが丁寧なのでぜひ敬語として使いたい表現です。 また、謝罪の際にも敬語として使えます。 「お手数をおかけします」自体には手数をかけたという事実しかなく、謝罪の意味合いはないので、その際はもちろんですが、「お手数をおかけし、申し訳ありません」というように謝罪の言葉を前後どちらかに足すことが必要です。 ビジネスメールでも使えるより丁寧な表現 先ほど説明した通り「お手数をおかけします」自体丁寧な表現ですが、より丁寧にするならば「お手数をおかけします」という言葉の前に、「お忙しいところ」「大変恐縮ですが」「ご多忙のところ」「申し訳ありません」とクッション言葉をつけると良いです。 「恐れ入ります。 お忙しいところ申し訳ありません」という感じです。 クッション言葉をつけることでより表現が丁寧になります。 また、「お手数をおかけします」を「お手数をおかけしますが」に変化するとこの言葉自体がクッション言葉になります。 「お手数をおかけしますが、よろしくお願いします」または「お手数をおかけしますが、申し訳ありません」などと少し使い方が変わります。 こういった細かいニュアンスの違いも理解することも使いこなすコツです。 「お手数をおかけします」のようにビジネスメールでもたくさん使える便利が表現がありますので、下の記事もご覧になってみてください。 英語の表現の場合、言葉を増やし婉曲にするほど敬語的な表現になります。 I don't want to bother you, but thanks. (あなたを患わせたくなかったのですが、ありがとうございます)のように相手に手数をかけたくない気持ちなどをbutを使って足すと良いです。 ご負担をおかけします• I am sorry for the inconvenience. I know it' a big ask, and I appreciate you doing it for me. I know it will take some time, and I appreciate you doing it. 本来なら相手方がするべきことではないことをさせてしまう場合など、恐縮しつつもお願いしている場合などにも使います。 注意点は「お手数をおかけしますが、申し訳ありません」という表現は間違いです。 「お手数をおかけしました。 申し訳ありません」というように「が」(英語で言うところのbut)という反する意味を持つ接続後はつけないように注意してください。 謝罪の意の「お手数をおかけします」の例文• お忙しいところお手数をおかけして誠に申し訳ありません。 こちらの不手際でお手数をおかけしてしまい、申し訳ございません。 「お手数をおかけします」という言葉を使うときは、基本的に相手がそれをやることが決まっている状況が確定に近い状況で使います。 例えば、相手の要望を叶えるためにこちらから依頼を逆に提示する場面などです。 なので常にこの感謝の意は「お手数をおかけします」に含まれています。 感謝の意の「お手数をおかけします」の例文• 本件引き受けてくださりありがとうございます。 お手数をおかけします。 何卒よろしくお願いします。 この度はお手数をおかけしました。 お手数をおかけしました。 おかげで本件は無事達成することができました。 はるばる遠方からお越しいただきありがとうございました。 お手数をおかけしました。 便利な言葉「お手数をおかけします」を使いこなそう 様々な使い道を例文とともに解説しましたが、一つのシチュエーションにどれか一つの意味しかないというわけではなく、この「お手数をおかけします」という言葉の中には常に相手に手間をかけて申し訳ないという気持ちと、感謝と労いの気持ちが入った言葉なのです。 「お手数をおかけします」は今まで使ったことがある人が大半だったと思います。 しかし便利な分、正確な意味や使い方を曖昧して使っている人も多い言葉でもあります。 ビジネスメールでもきちんと相手に「お手数をおかけします」の思いを表せるよう使いこなしていきましょう。

次の