宮崎 あおい ドラマ。 宮崎あおい&瑛太共演の新春ドラマ『あしたの家族』今夜放送

イジュンギ熱愛は宮崎あおい?本人も驚きの結果にwwwww

宮崎 あおい ドラマ

娘にとって母親の存在は… 理紗にとってお母さんは、道しるべのような存在です。 明るくて、家の中を太陽みたいに照らしてくれる。 お母さんはいつも理紗の味方で、絶対的に信じてくれています。 それは、子どもにとってとても大きな力になると思います。 どんな困難にぶつかっても「あなたなら大丈夫よ」と言われたら、大丈夫ではないことも大丈夫と思えますから。 お母さんからの信頼があるから、理紗は自分の人生に自信を持てるようになったのだなと感じました。 それと、お父さんのことを上手に転がすお母さんを見て育ってきたので、理紗が幸ちゃんと結婚したら、きっと同じように転がしそうですね(笑)。 小野寺理紗はどんな女性? 素直で明るくて、本当に普通の女の子。 結婚式当日に新郎に逃げられるという大変な経験はしていますが、だからこそ、明るく、なんとかなるよって前を向いて生きようとしているのかもしれません。 松坂さんも松重さんも瑛太君も大好きな役者さんなので、今回ご一緒するのがすごく楽しみでした。 なので、私自身が皆さんとのお芝居を素直に楽しめば、それが理紗のお芝居の正解になるだろうと思って撮影に臨んでいました。 石井ふく子プロデューサーとの仕事 石井さんは現場にいつもいてくださって、誰よりも先に人の変化に気づいたり、心配したりしてくださるんです。 とても安心感があり、私はそれに甘える形で、昨年の「あにいもうと」に続いて今回も出演させていただきました。 石井さんに誘っていただいて、やらないという選択肢は私の中にありません! TBSでのリハーサルの後も、石井さんと一緒にエレベーターを降りて、玄関でお帰りになる後姿をお見送りしながら「一緒にお仕事をさせていただいて本当に光栄だなぁ」としみじみ思いました。 「家族」について思うこと 自分の家族はもちろん大事です。 それから今回の現場で感じたのが、一つの作品を作るということは、キャストやスタッフの皆さんと一つの大きな家族になることなんだということ。 撮影中は同じ目標を持つ仲間の感覚でしたが、撮影を全て終えた日にそれを強く感じました。 皆さんは自分の家族なんだって。 私にとって、ご一緒したことのあるキャストやスタッフの方と「わぁ、久しぶりです」と言いながらお仕事を始められる瞬間というのは、一番うれしい時でもあります。 そして撮影最終日には、またいつか皆さんとご一緒できるように私も頑張らなきゃという気持ちになる。 そんな家族との時間は、本当に尊いです。

次の

北斎の娘 応為(お栄)を描いた宮崎あおいのNHKドラマ~眩(くらら)放送日は?

宮崎 あおい ドラマ

受賞 優秀主演女優賞 『』 『』 『』 『』 優秀助演女優賞 『』 2016年『』 その他の賞 主演女優賞 『ツレがうつになりまして。 』『』『わが母の記』 助演女優賞 『怒り』『バースデーカード』 石原裕次郎賞 2016年『怒り』『バースデーカード』 新人女優賞 『』 放送賞(ドラマ部門) 『』 演劇新人賞 『星の王子さま』 最優秀新人女優賞 『』 主演女優賞 『害虫』 山路ふみ子女優賞 『怒り』 女優賞 『純情きらり』 個人賞 『』 備考 主演(放送開始時の年齢22歳1か月は、大河ドラマの主役としては当時歴代最年少) 宮﨑 あおい(みやざき あおい、 - )は、の。 本名は、 岡田 あおい(おかだ あおい、旧姓: 宮﨑)。 実兄は元俳優の。 夫はの。 略歴 4歳の時、母親の「思い出に残るように」という理由で デビュー。 CM(「緑水」、など)や雑誌を中心に活動した。 ドラマや映画にも出演していたが、名前の付かないような脇役が多かった。 役名をもらい、本格的に女優業を始めたのは - 頃から。 、映画初主演の『』で、第23回コンペティション部門主演女優賞を受賞(映画公開は)。 2002年には、『』で第16回最優秀新人女優賞を受賞した。 またこの年は、の『』で連続テレビドラマに初主演した。 、初舞台で主演をつとめたミュージカル『』(演出:)で、第41回演劇新人賞を受賞。 同年、アニメ『』で声優初挑戦。 その後も、アニメの映画やドラマ、ドキュメンタリーのナレーションなど、声に関わる仕事もしている。 、とダブル主演を務めた『』が、2005年度実写邦画観客動員数第2位、興行収入40億円の大ヒットとなりブレイクのきっかけとなった。 、の『』では・有森桜子役を演じ、同作で第44回ゴールデン・アロー賞放送賞(ドラマ部門)を受賞した。 、NHK『』で、主人公のを演じる。 放送開始時の年齢22歳1か月は、大河ドラマの主役としては当時歴代最年少(それまでは『』のの23歳9か月が最年少であった)であった。 、(制作)『』で10年ぶりに民放の連続ドラマに出演。 秋から春まで、『』以来の2度目の出演となるNHK連続テレビ小説『』で、主演のとのダブルヒロインとなる姉・はつ役を演じる。 2018年の第1子出産に伴う産休を経て、2019年10月公開の『』で洋画吹き替えに初挑戦 、2020年1月放送の『』にて女優業に復帰した。 私生活 2007年、知人の紹介で知り合い10代の頃から7年間交際していた俳優のと婚姻届を提出し電撃結婚 、にて7月25日に挙式し 、2008年3月に披露宴を開いたが 、約4年半の結婚生活を経てに離婚した。 映画『』、『』での共演を経て友人関係にあったのと2015年春より交際を開始し、約2年半の交際期間を経て2017年12月23日に婚姻届を提出し再婚した。 翌、のと結婚(再婚)したことを、2人の連名によるFAXで発表した。 挙式や披露宴や新婚旅行などの予定はないとのこと。 、岡田の所属するを通じて、第1子妊娠が公表された。 同年、第1子男児出産を発表した。 から2001年に放送された『』および『』で共演した、、、、と仲が良い。 4人共フォトエッセーに寄稿している。 リンゴの皮剥きが得意であり 、のCMの中でもその腕前を披露している。 趣味は写真。 特技は。 長らく「宮崎」として活動していたが、2005年1月から「宮 﨑」に名義を変更した。 自身は「どちらでも特にこだわっていません。 」とのこと。 女優のとは生年月日が全く同じである。 二人は2012年の映画「」で初共演した。 2017年の映画祭でも共演したことがある。 映画とNHKのテレビドラマへの出演が多く、のテレビドラマ出演が少ない理由について、「10代のころは若いだけでアイドル視される傾向があったので映画だけに出演したいというこだわりがあったが、今では(ドラマでも映画でも演技者として)伝えるものに変わりはないとわかって、そういうこだわりはなくなった。 」と語っている。 『あにいもうと』で大型トラック運転手を演じるにあたり、実際に大型自動車免許を取得している。 自身は、女優業に関しては演技が好きなわけではなく、嫌になったら辞めると発言したことがある。 (1999年) - 小林玉 役• (2000年) - 淀川富子 役• (2000年) - 水瀬双美 役• (2001年) - 田村梢(ヒロイン) 役• (2002年) - 北サチ子 役• (2002年) - 日野ひかる 役• (2002年) - 橋本登美恵 役• (2003年) - 川奈依里子 役• (2004年) - 小諸観幸 役• (2004年) - 佐伯このみ 役• (2004年) - 石田由香里 役• (2004年12月25日) - 女子高生 役• 「ねぇ、マリモ」(2005年) - 美香 役• (2005年) - 小松奈々 役• (2006年) - 路木麻里 役• (2006年) - ハナ 役• (2006年) - ユウ(17歳) 役• (2006年) - みすず 役• (2006年) - 里中静流 役• (2006年) - 楓 役• (2007年) - ナレーター• (2007年) - アイドルDJ 役• (2007年) - 佐々木七重 役• (2007年) - 田村梢 役• (2008年) - 安城杏 役• (2008年) - 音羽恵子 役• (2009年) - 栗田かんな 役• (2009年) - 日本語版のナレーション• (2009年) - 柴崎葉津よ 役• (2010年) - 井上芽衣子 役• (2010年) - 森井月子 役• (2011年) - 栗原榛名 役• (2011年) - 髙崎晴子 役• (2012年) - 伊上琴子 役• (2012年) - 村瀬えん 役• (2012年) - 安藤結花 役• (2013年) - 妻利愛子 役• (2013年) - 林香具矢 役• (2013年) - ジンコ 役• (2013年) - 学校の先生 役(兼ナレーター)• (2014年) - 栗原榛名 役• (2014年)- 笹谷トヨ子役• (2016年) - 僕の初恋の彼女 役• (2016年) - 槙愛子 役• (2016年) - 芳恵 役• (2017年) - 山形千鶴 役 テレビドラマ• 第10話・第12話(1997年、) - あゆみ(悪魔) 役• 第7作「恐山殺人事件」(1998年、) - 唐橋春美(子供時代) 役• 第38話(1999年9月26日) - 矢頭さよ 役• (2008年) - 役• (1999年、NHK) - キキョウ 役• 第25話(1999年 - 2000年、テレビ東京) - 魔女っ子カメちゃん 役• (2000年、) - 中願寺栞 役• (2000年、) - 南あずさ 役• 「天使の居場所」(2000年、日本テレビ)• (2000年 - 2001年、) - 高原零 役• (2001年、フジテレビ) - 高原零 役• 第5話・第6話(2001年、) - 野村ゆかり 役• (2001年、) - 結城杏子 役• (2001年、日本テレビ) - 内山楓 役• (2002年、TBS) - 笹本萌 役• (2002年 - 2003年、) - 銭形愛 役• 「ポートタウン」(2003年、) - 紺野奈美 役• 68FILMS 第2話「寄生木 YADORIGI」(2003年、BS-i、BSフジ) - 主演• (2004年、NHK) - 天城秋日子 役• (2004年、) - 石田由香里 役• (2004年、日本テレビ) - 朝井ほのか 役• (NHK)• (2006年) - 有森(松井)桜子 役• (2015年 - 2016年、NHK) - 今井はつ 役• (2011年、NHK) - 伊東蝶 役• (2012年、) - 下島菜穂 役• (2017年、NHK) - 役• (2018年、TBS) - 赤座桃子 役• 新春ドラマ特別企画「」(2020年1月、TBS)- 小野寺理紗 役 その他のテレビ番組• 「おとなりさん」(初回放送2006年9月7日 - 純情きらりの放送期間中) - 朗読• (フジテレビ) - ナレーション(不定期)• 「宮崎あおい愛しき津波の島へ」(2006年10月15日) - 出演• 「康子のバラ〜19歳、戦渦の日記〜」(2009年8月2日) - 出演(ナレーション・日記朗読)• MUFGスペシャル 未来の子どもたちへ 地球の危機を救うお金の使い方(2007年9月3日、TBS)• (2008年11月17日、)• 感動地球スペシャル 宮崎あおい、心にしみるアフリカ〜生命輝く大地・ルワンダ〜(2009年3月1日、)• 「武器を持つ? 持たない? 〜紛争解決人 」(2009年10月4日、NHK総合) - ナレーション• 「ふしぎがり〜まど・みちお 百歳の詩〜」(2010年1月30日、NHK総合) - ナレーション ラジオドラマ• 「翔べない豚さん」(2002年2月9日、) - 山瀬あずみ 役• 「経済学部上村教授」(2002年8月19日 - 22日、) - ゲスト出演・上村春子 役• (2004年5月4日、TOKYO FM) - 廣瀬亜紀 役 テレビアニメ• (2003年1月 - 3月、テレビ朝日) - 菊池ユメ 役• (フラニーズ・フィート)(2007年 - 2011年、) - フラニー 役 劇場アニメ• (2006年) - トゥーラ 役• (2010年) - 佐野唱子 役• (2012年) - 花 役• (2015年) - 九太(少年期) 役 吹き替え• (2019年) - リュミール() 役 舞台• ミュージカル (2003年8月初演、2005年8月再演) - 星の王子さま 役• (2009年2月) - 主演• ウーマンリブ VOL. 12「SAD SONG FOR UGLY DAUGHTER」(2011年6月) ミュージックビデオ• 「I Don't Know」 映画「害虫」の映像から• 「UNDER THE BLUE SKY」• 「」「」• 「」 映画「NANA」の映像から• 「」 映画「初恋」の映像から• 「」 映画「ただ、君を愛してる」の映像から• 「未来 〜風の強い午後に生まれたソネット〜映画ver. 」 映画「初雪の恋 ヴァージン・スノー」の映像から• 「My Angel」• 「あおいMIX」 E-SYSTEMキャンペーンから• RIP SLYME「Tales」 「TOKYO HEART」のCMから• 「眠り姫」 広告 太字は現在契約中• (1990年)• 「ふきんクイックル」(1992年)• 「」(兄と共演)(1993年)• 「お子様セット(現ハッピーセット)」(1993年)• (1994年)• 「Frosch」(2012年3月 - )• (1995年)• 「MKレストラン」(1996年)• (1997年)• 「」(1998年)• 「」(1998年)• 「」(1998年)• 「」(1999年)「Drive earth」(2008年9月 - )• 「DIGITAL FACE」(2000年10月 - 2001年9月)• 「」(兄と共演)(2001年1月 - 2002年4月)• 「」(2001年4月 - 2002年3月)• (2001年4月 - 2002年9月)• 「CUPOP」(2001年4月 - 2004年3月)• BS放送キャンペーン(2001年12月 - 2002年3月)• (2001年12月 - ) - 澤田菜穂子 役• 「緑水」(2002年3月 - 2003年2月)• 「絹の贅沢」(2011年4月 - )• 「烏龍茶」(2012年4月 - )• 「カップスープ」(2002年9月 - 2005年8月)「ほんだし」(2008年9月 - )• 「ピコラ」、「ビッツサンド」(2003年4月 - 2005年3月)• 「」(2004年4月 - 2007年4月)• 「」(と共演)(2005年6月 - 2006年6月)• 「手作りチョコレート」(2005年11月 - 2006年5月)• 「『』」(声のみの出演 2006年10月 - )• (2006年10月 - )• 「カコナール2」(2006年10月 - )• (2006年10月 - 2006年11月)• 「『』」(2006年)• 「ウメッシュ」(2007年1月 - )• (2007年 - )• 「」(2009年7月 - )• 企業CM「私の写真は、私の今だ」篇(2014年9月 - )• アイス「Def(デフ)」(2007年3月 - )• 「朝食りんごヨーグルト」(2007年10月 - )• (2007年4月 - 2010年3月)• 「洗顔専科パーフェクトシリーズ」 パーフェクトホイップ、パーフェクトリキッド(2007年 - )• (2008年1月 - )• (2008年12月 - )• (2009年5月 - )• 「」(2010年3月 - )• 「」(2010年3月 - )• 「」(2010年9月 - )• 「」 FOG BARBER styling(2010年9月 - )• 「SUGAO」(2014年3月 - )• 「クリア」(2014年4月 - )• 「トマトジュースプレミアム」• 「トマト、澄みわたる。 」篇(2015年8月 - )• 「キリン 杏露酒 ひんやりあんず」(2016年)• 「」『LG21マーチ オフィス』篇・『LG21マーチ 社員食堂』篇(2019年5月 - ) - と共演 ポスター• 百万人のキャンドルナイト2004 (2004年)• カレンダー(2005年)• 「発見。 夏の100冊」、「発見。 角川文庫」(2005年6月 - 2006年5月号) 映像作品• 映画「ラブドガン」オフィシャルフォトブック LOVE GUN(2004年6月15日、リトルモア、)• フォトエッセイ集 祈り(2005年11月30日、ネコ・パブリッシング、)• 写真集 イクない? (2001年5月25日、、)• 写真集 少女日記(2001年12月25日、、)• 写真集 Happy Tail(2002年4月26日、ソニーマガジンズ、)• デジタル写真集 Nature(2003年6月9日)(インターネットダウンロード型)• 写真集 20TH ANNIVERSARY 光(2005年11月30日、ネコ・パブリッシング、) 雑誌連載• ()「春夏秋冬 はる なつ あき ふゆ」(2003年5・6月号 - 2006年5・6月号)• Cut()「宮崎あおい日々のあわ」(2005年11月号 - 2012年5月号)• ()「あおい歳時記」(2006年7月号 - 2007年7月号 )「なんてことない今日だけど」(2007年8月号 - 2009年5月号) 受賞歴• 2001年• 第16回 最優秀新人女優賞『』• 第11回 新人奨励賞『』• 2002年• 第23回 主演女優賞『』• 第15回 新人賞映画『』• 2006年• 第50回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞『』• 第44回 放送賞『純情きらり』• 第15回『純情きらり』• 第41回演劇新人賞受賞『』• 2008年• 第59回 主演女優賞『』• 第45回 個人賞『』• 2009年• 2009年 新人賞• 優秀主演女優賞『』• 2011年• 第24回日刊スポーツ映画大賞 主演女優賞『』『』• 優秀主演女優賞『ツレがうつになりまして。 2012年• 優秀助演女優賞『わが母の記』• 2013年• 優秀主演女優賞『舟を編む』• 2016年• 第40回 山路ふみ子女優賞『』• 第29回石原裕次郎賞・助演女優賞『怒り』『』• 優秀主演女優賞『怒り』• 優秀助演女優賞『』 脚注 [] 注釈• NHKニュース NHK. 2017年12月24日. の2017年12月24日時点におけるアーカイブ。 2019年4月13日閲覧。 小学館から刊行「たりないピース」より• 2015年4月24日. 2015年7月17日閲覧。 MANTANWEB. 2019年9月19日• 2019年12月25日. 2020年6月3日閲覧。 online. 2007年6月15日. の2008年2月24日時点におけるアーカイブ。 2020年6月3日閲覧。 2017年8月1日. 2020年6月3日閲覧。 スポーツニッポン新聞社. 2018年3月4日. 2020年6月3日閲覧。 MSN産経ニュース. 2011年12月28日. の2011年12月28日時点におけるアーカイブ。 2019年4月13日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2011年12月29日. の2011年12月29日時点におけるアーカイブ。 2019年4月13日閲覧。 スポーツニッポン新聞社. 2011年12月29日. 2020年6月3日閲覧。 2017年12月23日. 2020年6月3日閲覧。 online. 2017年12月25日. 2020年6月3日閲覧。 スポーツ報知. 2017年12月24日. 2017年12月24日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2017年12月25日. 2019年4月13日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2018年5月19日. 2018年5月19日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年10月16日. 2018年10月16日閲覧。 サイゾーウーマン 株式会社サイゾー. 2017年11月18日. 2019年4月13日閲覧。 2018年5月8日. 2018年6月29日閲覧。 wezzy 株式会社サイゾー. 2018年5月27日. 2019年4月13日閲覧。 シネマカフェ イード. 2014年9月16日. 2019年4月13日閲覧。 日刊スポーツ 2015年8月20日. 2015年8月20日閲覧。 映画ナタリー 2016年2月16日. 2016年2月16日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年7月18日. 2016年7月19日閲覧。 MANTAN. 2019年11月1日. 2019年11月1日閲覧。 「宮崎あおい 18 アニメヒロインのアフレコに挑戦」-『』紙、2005年6月28日号、22面。 メディア芸術データベース. 2016年11月29日閲覧。 Movie Walker 株式会社ムービーウォーカー. 2012年4月5日. 2019年4月13日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年4月13日. 2015年4月13日閲覧。 映画ナタリー. 2019年9月19日閲覧。 Sankei Biz. 2014年9月25日. 2014年9月26日閲覧。 マイライフニュース ヒューマン・データ・ラボラトリ株式会社. 2014年3月12日. 2019年4月13日閲覧。 2014年11月29日閲覧。 まんたんウェブ 2015年8月7日. 2015年8月7日閲覧。 MANTANWEB. 2016年4月11日. 2016年4月12日閲覧。 2007年9月19日閲覧。 公式サイト. 2014年1月18日閲覧。 スポーツ報知. 2016年10月17日. の2016年10月18日時点におけるアーカイブ。 2019年4月13日閲覧。 関連項目 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク• - 公式サイト•

次の

宮崎あおい&永山瑛太&松坂慶子&松重豊の織りなす“家族の物語”…新春ドラマ特別企画「あしたの家族」

宮崎 あおい ドラマ

もくじ• ドラマ特別企画【あにいもうと】のあらすじ まずはあらすじについてです! 東京下町で工務店を営む赤座家。 兄の伊之助 大泉洋 は、父であり棟梁の忍 笹野高史 の下で大工職人として働き、妹の桃子 宮﨑あおい は大型トラックの運転手をしている。 体力仕事をしている兄妹だけあり、家の中はいつも血気盛んだ。 ある日、桃子が恋人との間に出来た子を流産したことを家族に打ち明ける。 相手の男の事を何一つ話そうとしない桃子に対し、伊之助が激怒。 人一倍桃子を可愛がる伊之助は、居たたまれなくなり桃子を殴ってしまう。 そんな行き過ぎた愛情を有難迷惑に思う桃子は反発。 伊之助の腕に噛みつき、兄妹喧嘩はやがて嵐のような騒ぎとなる。 翌日、桃子が家を出て行ってしまう。 それから半年後、赤座家で忍の古希の祝いが開かれる。 計画したのは伊之助だ。 忍のお祝いは表向きの理由で、実はそれを口実に桃子を帰宅させるのが目的らしい。 そのことを妹の佐知 瀧本美織 から聞かされた桃子は仕方なく帰宅することを決める。 半年ぶりに家族が顔を揃える赤座家。 誰もが桃子の帰りを心待ちにする中、突然、桃子の恋人だった小畑裕樹 太賀 が訪ねて来て…。 tbs. html この ドラマの原作は室生犀星(むろうさいせい)が1934年に発表した短編小説のようです。 また 過去に3度の映画化と1回のドラマ化がされているようです! 前回のドラマは1972年ということで、今から46年前ですね。 tbs. html 宮崎あおいさんはやや久しぶりのドラマ出演になりますね! スポンサーリンク 宮崎あおいさんがトラック運転した! ドラマが始まってすぐに僕はびっくりしました! 宮崎あおいさんが、トラックを運転したからです 笑 まさかのトラック運転ですよ笑 だってあの清純なイメージの宮崎あおいさんですよ? 笑 確かに宮崎さんが演じる桃子はトラック運転手ですが、実際にそのシーンを見た時に合成とかいろいろ考えました。 でも、どう考えても本人が本当に運転していました。 あまりのギャップに気になったので、思わずすぐに調べてました 笑 どうやら宮崎さんは実際にドラマの撮影に合わせてトラックの運転免許を取得したようです! 宮崎さんは桃子の役作りに関して下のように語っています。 「運転席の高さを知っている、もっち(桃子)はどんな人だろうと知りたくて」と2~3月の1カ月間教習所に通い大型自動車免許を取得。 4月中旬から行われた撮影では、積載13トンの大型トラックの走行、車庫入れシーンを難なくこなしたという。 引用 当然ですが、教習所に通って取得したようですね 笑 宮崎さんが通っていることが世間にばれると、間違いなく教習所がパニックになるのでかなりの極秘教習だったのではないでしょうか。 スポンサーリンク ドラマ特別企画【あにいもうと】の感想について ドラマの感想についてです。 ドラマが始まるとすぐに兄妹喧嘩からはじまりましたね 笑 実はこの兄妹喧嘩には、ちょっと面白いエピソードがあったようでなので、それについては後に書いておきます! なんというかホームドラマ的な家族のドタバタ感を、最近はあんまり見た記憶がないので新鮮でした 笑 ドラマでは 大泉さんが演じる伊之助が、父親からも認められたいことや、妹の桃子を大事にしすぎる葛藤に悩んでいましたね。 しかし不器用な伊之助は、感情をストレートに出しすぎます。 それによって、桃子とは衝突するし、桃子もいろんなことを抱えているので、喧嘩をし出すとお互いに止まらなくなっていました。 喧嘩のシーンでは、大泉さんと宮崎さんがかなり激しい取っ組み合いをしていました。 殴るし投げるしもう滅茶苦茶でしたね 笑 あのシーンの桃子はかなり激しく怒っていて、今までの宮崎さんのイメージとは違いましたね! 迫真の演技でした!! 宮崎さんのお腹には赤ちゃんがいるはずなので、あの激しい取っ組み合いのシーンはちょっと不安になりました。 物語も終盤になると、ずっと喧嘩ばかりだった伊之助と桃子は、伊之助の恋の話で徐々に和解していきます。 桃子も小畑との関係がようやく解消されていきました。 伊之助と桃子は最終的に二人とも結婚して幸せになりましたが、伊之助は最後まで不器用でまっすぐな男でしたね! 本当に妹が好きな男だということが伝わってきました! 最近はこういう人物が出るドラマを見ることがなかったので、見終わった感想としてはすごい新鮮でした! 本音で本気でぶつかり合える兄妹には正直いって憧れますね 笑 ドラマ全体としても、家族の雰囲気が絶妙に出てて面白かったです! スポンサーリンク ドラマ特別企画【あにいもうと】撮影時の面白エピソード ドラマ特別企画【あにいもうと】の制作インタビューでキャストの大泉さんと宮崎さんは、ちょっと面白いエピソードを話していました! ドラマが始まってすぐの赤座家が食事をしているシーンで、兄妹喧嘩が始まります。 怒った伊之助が箸を投げつけて、桃子も投げ返すといったシーンがありましたね。 実はこのシーン、台本では食べ物を投げる予定だったようですが、食べ物を粗末にしたくなかった大泉さんは、箸を投げることを提案して変更になったようです。 この変更により、 本来は伊之助が桃子へ箸を投げつけて終わりという場面だったようです。 しかし 撮影が始まると、宮崎さんはアドリブで箸を投げ返したようです 笑 どうやら リハーサルの時に、箸を投げつけられたのが痛かったようで、ムカッときて思わず投げ返してしまったようです 笑 アドリブでいきなり箸を投げ返された大泉さんは、流石にびっくりしたようですね 笑 このことからもわかりますが、あの喧嘩のシーンは当初の台本と比べると、実は大きく変わったシーンだったようですね! スポンサーリンク 大泉洋さんと宮崎あおいさんが、演じていて印象に残ったセリフ 次にキャストの方が選んだ、役を演じていて印象に残ったセリフを書いていきます! 宮崎あおいさんが選んだ印象に残っているセリフ 終盤で元恋人、小畑とのやりとり 「夜は長いのよ!」 選んだ理由 短いセリフだけどいろんな意味が込められていて、普段は男勝りな自分の役が言うのが良い。 大泉洋さんが選んだ印象に残っているセリフ 桃子の元恋人、小畑と河川敷で話しているシーン 「おい小畑!!俺がもんちをどんだけ可愛がってやったか話してやる!」 「いいか!もんちが赤ん坊の時分は俺がおんぶしてあやしてやったんだ!」 選んだ理由 なんかグッときた。 この人は妹が大事で父親とはまた違う妹の愛し方を感じたから。 やっぱり物語の重要な場面でのセリフが印象に残っているようですね!.

次の