オオイヌノフグリ 画像。 オオイヌノフグリの花言葉|別名は瑠璃唐草?名前の由来や意味は?

オオイヌノフグリ画像と名前の由来や花言葉

オオイヌノフグリ 画像

オオイヌノフグリ オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢) 越年草 ユーラシア・アフリカ原産。 明治のなかごろに気づかれ、現在では全国的に広がっている。 茎はよく分枝して横に広がる。 葉は茎の下部では対生、上部では互生し、長さ0. 7〜1. 8cm、幅0. 6〜1. 5cmの卵状広楕円形で8〜16個の鋸歯がある。 茎の上部の葉腋から長さ1〜2cmの花柄をだしてルリ色の花をつける。 花は直径0. 8〜1cmで日があたっているときだけ開く。 花冠は4裂し、上部の裂片がやや大きく、色も濃い。 雄しべは2個。 さく果は長さ約4mm、幅6〜7mmで平たく、ふちにだけ長い毛がある。 なかに舟形の種子が入っている。 花期は3〜5月。 (野に咲く花) 学名は、 Veronica persica クワガタソウ属 2014年4月15日 白花 鹿島 花は直径約8mm。 果実は柄が長くなり下を向く。 果実の幅は約7mm、縁に毛がある。 若い種子は長さ約2mm。 葉は長さ約1cm。 2018年5月15日 淡色の花 八雲 2013年4月4日 袖師 花は直径約1. 1cm。 若い果実。 果実は萼に挟まれている。 果実の縦断面。 若い種子は長さ1. 5mm。 種子の腹面は凹んでいる。 2011年3月12日 八雲 長い柄の先に花がつく。 2011年2月26日 玉湯 花冠の基部に毛がある。 雌しべの両側に雄しべが1本ずつある。 2010年11月20日 西忌部 2012年3月14日 落下する花 東忌部 雌しべを残して花冠と雄しべが落ちる。 花冠が落ちたあと。 雌しべと子房がある。 上部の葉は互生する。 葉の裏には毛が多い。 2013年5月2日 果実 大井 裂開し始めた果実。 若い果実 萼に包まれた果実 萼の中の果実は幅約7mm。 種子は長さ1. 2〜1. 5mm。 種子の腹面(右側)は凹んでいる。 種子の背面は横じわがある。 腹面の凹みにエライオソームがつく。 2012年5月24日 果実 玉湯 果実は4枚の萼片に囲まれる。 裂開する果実。 萼片を除いた。 長さ約2mm、幅1mm。 横しわがある。 腹面が凹み、エライオソームがつく。 2013年3月16日 若い果実 東持田 未熟な果実。 未熟な果実(左)〜若い果実(右)。 若い果実は幅約8mm。 果実の縦断面。 種子が多数入っている。 種子の腹面は凹んでいる。 種子の背面、長さ約1. 3mm。 花は約1. 0cm。 2012年6月18日 若い果実 東忌部 果実の縁に腺毛がある。 萼から取り外した。 果実を半分に割った。 未熟な種子が入っている。 未熟な種子。 2005年4月16日 果実 八雲 2003年10月26日 乃白 果実 上部の葉は互生する。 2008年11月15日 西川津 2004年1月18日 東長江 2006年2月19日 花柄が長い。 風土記の丘 2006年11月25日 佐草 2008年3月2日 玉湯 2005年2月26日 上乃木 2002年3月9日 松江市大庭 2004年3月20日 上乃木 2004年11月28日 乃白 2003年9月28日 乃木福富 島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。

次の

イヌノフグリでしょうか

オオイヌノフグリ 画像

形態・生態 秋に芽を出して他の植物が繁茂しない冬に横に広がって育ち、に多数のをつけ、春の終わりには枯れてしまう。 夏の間は種子で過ごす。 寒さに耐えるため、細胞内の糖濃度を高める機能を持ち、葉と茎に生える短い毛で雪と霜を遠ざけて保温する。 草丈10—20cm。 は1—2cmの卵円形で、がある。 は4枚。 ただし、それぞれ大きさが少し異なるので、花は左右対称である。 色はだが、まれに白い花をつけることがある。 花は太陽の光によって開閉し、1日で落花するが 、2日めにもう一度開くものもある。 花の中心にある蜜で、、などの虫を誘うだが、自家受粉も可能で、自家受粉でよく見られるはないか非常に小さい。 自然群落の5個体で、1個体あたり平均545個の種子が生産されたという調査結果がある。 米倉浩司・梶田忠 2003-. 2014年4月10日閲覧。 編著『植物分類表』、2009年、217頁。 』、2006年。 鶴内孝之「」85-86頁。 鶴内孝之「」85-89頁。 鶴内孝之「」87頁。 2012年8月16日閲覧。 鶴打孝之「」85頁。 1887年とするのは国立環境研究所『』「」。

次の

press.prosperity.com

オオイヌノフグリ 画像

オオイヌノフグリの花言葉 『信頼』『神聖』『清らか』『忠実』 学名が、聖書に登場する聖女ベロニカと同じ綴りであることから、彼女にちなんで、「信頼」「忠実」「清らか」という花言葉を持つようになりました。 オオイヌノフグリの学名・原産国・英語 学名 Veronica persica 科・属名 オオバコ科クワガタソウ属 英名 Veronica Persian speedwell Large field speedwell Winter speedwell 原産地 ヨーロッパ 開花期 2~5月 花の色 青 別名 星の瞳 瑠璃唐草 天人唐草 オオイヌノフグリは、早春に青い花を咲かせるヨーロッパ原産の帰化植物で、ヨーロッパからアジア、南北アメリカなど世界中に広く分布しています。 日本には元々同属の「イヌフグリ」が自生していましたが、これに対して花姿が大きいことから、オオイヌフグリと名付けられました。 明治初期に日本へ渡ってきたとされ、その後急速に全国へと広まり、一般的な野草の1つとなりました。 オオイヌノフグリの名前の由来や意味は?別名は瑠璃唐草? オオイヌノフグリは、漢字で「大犬の陰嚢」と表記します。 これは、イヌフグリの実の形が犬の陰嚢に似ていることに由来します。 かわいらしい花姿からは想像もできない由来に、困惑してしまう方も。 ただし、この名前はあくまで在来種の「イヌフグリ」に対して付けられたもので、オオイヌノフグリの実はイヌフグリの実とは形が異なります。 別名には、「瑠璃唐草」「天人唐草」「星の瞳」というものがあります。 中でも「瑠璃唐草」は、花姿のよく似ている「ネモフィラ」という植物の別名と同じであることから、混同されがちです。 オオイヌノフグリの花は直径7~10mm、ネモフィラは2~3mmと大きさが違うので注目してみてくださいね。

次の