マウスへの挑戦。 ミラージュスティックのボトストで木崎湖の3月、早春のスモールマウスバスに挑戦!

自作パソコンに挑戦9 ゲーミングキーボード&マウス そしてトラブル

マウスへの挑戦

INDEX• NINJA RATMAT メタルマウスソール 菱 -BISHI-(試作品)レビュー NINJA RATMAT メタルマウスソール• どんな製品?:マウスソールは消耗品ではない!?• どんな人に向いている?立ち位置は?:超高耐久でいつまでも使えるソール• 価格は?:未定(頑張れば学生ゲーマーさんでも購入できる金額)• 良いとこは?:傷つかず半永久的に変わらないAIM操作• 悪いとこは?:当然ながら最初は慣れが必要 以下、試作品と同梱していた説明文から引用です。 忍びの武器「まきびし」をイメージし、日本刀のような 鋼(ハガネ)を使用• 沈み込みを利用し2パターンの滑走と止まり性• 360度 滑走の際、滑り性の変化を極力統一化• 熱処理済みの薄板で硬度が鉄の6倍程度• 滑走面は、特殊研削面形状で、耐摩耗性及び耐摺動性に特化• 板厚のばらつきを0. 01mm以下に揃捉えセンサーとの距離を極力一定に保たせる(両面テープの交差対象外) メタルマウスソールというロマンに思わず息を呑む 実際に使ってみた感想 無線マウス「KAIN 202」と、布マウスパッド「QCK」 愛用中のROCCAT製ゲーミングマウス「」に、NINJA RATMATメタルマウスソールを取り付けて『Call of Duty: Modern Warfare()』や『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』などのFPSタイトルを遊んでみました。 マウスパッドはSteelseries製の「」を使っています。 ソール端が非常に薄く、操作中に引っかかる感じは一切なし• マウスパッド上に小さなゴミがあっても傷付かない• 新品のテフロン樹脂ソールと同じぐらい滑りやすく止めやすい• どんな状況でも滑りやすさの変わらない、ただひとつのマウスソール• 滑り始めに感じる抵抗が全くない• 追いAIMが超気持ち良い• 体感ですが「FPSで急に角から飛び出してきた敵の頭にAIMを合わせるまでの過程が、従来のソール以上に直感で出来る」と言ったイメージ。 別の例で言えば「高感度プレイヤーが苦手な数ミリ程度の細かなAIM操作が必要なシーン」において力まず対応できる利点があります。 すなわち「マウスが敵に合わせて動いてくれるぞ!?」と今まで以上に感じてしまうほどです。 実際初めてメタルマウスソールで動かした時の感触は思わず「ナンダコレ!?」と声に出してしまいました。 さらに敵にAIMを追いかける動作もスムーズに対応できて超気持ち良い。 小さな硬いゴミがマウスパッドに付着していると従来のテフロン製ソールでは引っかき傷ができてしまうことが多いのですが、今のところ長時間プレイしてもメタルマウスソールに傷1つ付いていないので、さすが鋼と言った所です。 メタルマウスソールがマウスパッドに与えるダメージも見当たらず。 の紹介文に「マウスパッドは消耗品ではない!」と掲げるように「マウスソールも消耗品ではない!」の時代が来たのかもしれません。 「NINJA RATMATメタルマウスソール 菱 -BISHI-」の貼り方で滑走が変化する2タイプの体感的違いは「マウスを左右に素早く振った時の Uターン時に腕に来る衝突感」が少ないのがスピードタイプ、大きいのがブレーキタイプです。 筆者としてはさまざまなシチュエーションで負荷が少ないスピードタイプが気に入りました。 ブレーキタイプは従来のソールと非常に似てる滑り具合です。 どちらの貼り方にしても従来のテフロンソールより思ったほど 滑りすぎることもないため、ストッピングも行いやすく問題ない性能。 まさに日本ものづくり技術から生まれる高精度製品と言えるでしょう。 TGS2019 で販売中のメタルマウスパッド4種類を試遊した 過去に筆者は の展示にて、自前のマウスで試遊させていただいた経験があります。 当時の感触と比べ、今回のメタルマウスソールに一番近い滑り心地は「闘 -TOU-」が近い気がしました。 やはり メタルマウスパッドの方がワンランク上の滑り性、といった感じです。 いまいちなところ• 多少の慣れが必要• 使用中は当然見えないのが悲しい• 素早くマウスを動かすとゴワゴワした感触がする(AIMに影響はしない)• 貼り付けの際は素手だと滑る• 手の皮脂がマウスパッド経由でメタルマウスソールにも付着、拭き取るべき• 斜め方向のAIMに、ほんの少し違和感• ハード系マウスパッドは ダメ。 ゼッタイ。 メタルマウスパッドなら、その存在感からLANパーティでは注目の的になりやすいですが、「NINJA RATMATメタルマウスソール 菱 -BISHI-」はマウスの裏に隠れるので、 周りの人に魅せつけられないのが悲しいところ。 また、新デバイスでは当然ですが性能を引き出すまでにある程度の練習は必要です。 筆者の環境では素早くマウスを動かす最中に小さくゴワゴワした振動のような感触をマウスから感じますが、AIMなどに悪影響は与えていません。 また、表面が滑りすぎてメタルマウスソールを取り付けるのに苦労しましたが、これは仕方のないポイントかもしれません。 次に布製マウスパッドは手の皮脂で汚れていくのですが、長時間使っているとメタルマウスソールの摩擦しない周りの部分にマウスパッドの汚れが付着していました。 これが滑りに影響している感じは今のところ分かりませんが、見栄え的にもあまり良い気持ちにならないのでこまめにメガネ拭きなどで拭き取った方が良いでしょう。 これは筆者の気にしすぎかもしれないですが、例えば1階と2階にそれぞれ居た敵を右下左上の斜めに連続でAIMする場合、 ストッピング時の抵抗感が上下左右に比べ少しだけ違うので違和感を感じました。 FPSにおいて最も多いAIM操作は左右なので上下や斜めといったシーンは少ないですが、貼り方で滑り具合が変化するメタルマウスソールなので、45度方向のAIMには慣れが必要かもしれません。 ちなみに「NINJA RATMATメタルマウスソール 菱 -BISHI-」は布製マウスパッド専用ですが、手元にあったハードタイプのROCCAT製マウスパッド「Raivo(生産終了)」で試しに滑らせてみました。 結論から言うと「滑べりすぎて止められず、 ソールの形が変わりそうなザリザリ音が鳴って精神的に怖い」ので、使用は布製だけにしましょう。 総括:普通のマウスソールに戻れそうない NINJA RATMATが生み出すメタルマウスソール「菱 -BISHI-」の試作品を体験して、貼り変えなくても滑りやすさが変わらないソールに感動しました。 試合で連敗が続いた時は、マウスの裏面を見ることで高級感ある鋼のソールに 心を癒やすこともできます。 個人的にはメタルマウスソールが生み出す滑り具合のとりこになってしまったので、今後 普通のマウスソールに戻れそうにありません。 それなりの価格設定になると思いますが、eスポーツに見合う性能を発揮できると感じます。 製品として発売される日が待ち遠しいです。 メタルマウスソールは、頑張れば学生ゲーマーさんでも購入出来る金額に設定出来そうです。 安くはないですが、相当頑張りました。 直販でしか売れない価格設定です。 販売方法は、数量限定生産で予約販売になろうかと思います。 私のイメージでは、申し訳ないですが即売り切れるかもと思ってます。 サイズ: T0. 重量: 約0. セット数: 4個1セット(バラ売り可)• 発売日・価格: 未定• 販売方法: 竹内型材研究所HPより直販(受注生産にするか検討中)• 備考: 布製マウスパッド専用 公式ページ: 関連記事.

次の

【ビジネスべんり帖】悩んだらAmazonレビュー! マイクロソフト信者が、初のロジクールマウスに挑戦!! 意外と使いやすくて満足

マウスへの挑戦

ガルパンGのフリーズ恩恵や確率・期待値は? それではまず ガルパンGのフリーズ恩恵や期待値を見ていきましょう。 しかし恩恵は同じ位かそれ以上の破壊力がありそうですね! まだガルパンGのフリーズ動画は公開されておりません。 5個 ロングフリーズや戦車道のランクSS獲得などから突入する本機最強の特化ゾーンです! 是非ガルパンを打つなら一度は引いてみたい…。 リプレイ• チェリー• 双眼鏡 が成立するたびに Vストックを獲得していきます! スポンサーリンク ガルパンGの特化ゾーン総まとめ!恩恵や期待値をそれぞれ紹介! 続いて ガルパンGには多くの特化ゾーンがあります。 一つずつ見ていきましょう! パンツァーアタック AT開始時&継続時に突入する戦略アイテムの特化ゾーンがパンツァーアタックです。 レバーONでステップアップ演出が発生し、続くほど戦略アイテムの獲得期待度がアップします。 戦略アイテムは 「チャンスチーム」「作戦」「V 継続濃厚 」の3種類です。 AT中の攻防 AT中の攻防は基本的に前作同様の興奮を味わえます! ラウンド画面 ATのラウンド開始画面では様々な示唆が行われています。 デフォルト 継続濃厚 チャレンジバトル 対戦校選択チャレンジバトルでは勝利で特定ランク以上が確定となるため大チャンスが訪れます。 まずは対戦校を決定し初戦は必ず黒森峰女学園は欠場となるため、単発は起こりづらくなっています。 戦車道消化中 戦車道消化中は成立役に応じて 撃破 or 被弾を抽選しています。 ベル 敵撃破のチャンス 1枚役 味方被弾のピンチ レア役 敵撃破+作戦を抽選 チャンスチーム出撃中は液晶に帯が出現し、ベル成立で必ず敵を撃破!? 作戦 作戦が発動すれば敵を複数撃破するチャンスです! 作戦の内容は出撃している車輌により変化します。 ランク 敵車輌を全て撃破し、継続した場合は展開を参照してランクが決定します。 基本的に、• 強い対戦校• 良い勝ち方 をするほど高ランクが選択されやすいです。 ランクの報酬期待度 D 格言を知ってる? へ突入!? パンツァーアタック• 格言を知ってる? Vストック特化ゾーン• 地吹雪のカチューシャ Vストック特化ゾーン• マウスへの挑戦 の5種類があります。 消化中はアイテムストックの高確率状態に加え、Bランク以上が濃厚となる恩恵もあり。 ダージリンのこんな格言を知ってる? 役割 Vストック特化ゾーン 突入契機 ランクD? 平均ストック — ランクDから突入? ダージリンが格言を言う度にVストックを獲得する特化ゾーン! 地吹雪のカチューシャ 役割 Vストック特化ゾーン 突入契機 — 平均ストック — カチューシャが目を開く度にVストックを獲得する特化ゾーン! 引いたら激アツ仕様の特化ゾーンをそれぞれ見ていきましょう! パンツァー革命 いかなる状況でも発生すれば何かが起こる一発契機です! 種類は、• 突当り革命• パネル革命• アンツィオ革命• 戦車道革命• ランク革命• 隊数逆転革命• スーパー戦車講座革命• 8つの格言革命• 地吹雪革命• マウス完全攻略革命 全10種類が存在します!.

次の

【ビジネスべんり帖】悩んだらAmazonレビュー! マイクロソフト信者が、初のロジクールマウスに挑戦!! 意外と使いやすくて満足

マウスへの挑戦

10回目を迎えた「マウスコンピューター親子パソコン組み立て教室」 マウスコンピューターは、2019年7月27日、長野県飯山市の同社飯山工場において、恒例の「マウスコンピューター親子パソコン組み立て教室」を開催した。 2010年から開催し、10回目の節目を迎える今年の組み立て教室は、ノートPCを組み立てる午前の部と、ノートPCおよびデスクトップPCを組み立てる午後の部で構成。 募集の対象としたのは、小学6年生のみで、抽選で選ばれた59組118人の親子が、PCの組み立てに挑戦した。 パソコン組み立て教室は、パナソニック コネクティッドソリューションズ社、富士通クライアントコンピューティング、デルなどが開催しているが、1日で59組が参加したのは、各社の組み立て教室と比較しても過去最大規模となる。 参加者は、長野県内からが9組となり、そのうち飯山市内からは6組の親子が参加。 兵庫や京都、東京からの参加者もいた。 最初に社員が工場の様子を案内した 同社では、「参加者自身でカスタマイズしたPCを組み立てることをメインテーマに、子どもたちにモノづくりの楽しさを感じてもらうのが狙い。 また、マウスコンピューターの特徴であるBTO Build to Order=カスタマイズ の特徴を活かし、ケース選びから構成まで、欲しいPCを親子で相談しながら選ぶことで、組み立てる前からPCに親しんでもらえる。 そして、PCの生産拠点である飯山工場において、最新のIT技術やPCに関する理解を深める場としてほしい」などとしている。 午前9時30分から行なわれた午前の部には、30組、午後1時20分から行なわれた午後の部には、29組の親子が参加し、自分で選んだ世界に1台だけのオリジナルPCの組み立てに挑戦した。 開校式では、マウスコンピューターの小松永門社長が挨拶。 「今日はようやく夏らしい天気になり、県内外からたくさんの人に参加してもらった。 参加する前には、お父さん、お母さんとどんなPCを作るのかという家族会議をしてもらったはず。 今日の本番で、それを作って、持ち帰ってPCライフに活用してほしい。 今日、組み立て教室を行なう場所は、毎日PCを組み立ている場所そのものである。 組み立て以外にも部品を集めるところも体験してもらう。 PCはこんな風にできているということを知ってもらい、同時にモノづくりの楽しさを知ってもらいたい。 そして、作ったPCを使って、豊かなPCライフを送ってもらいたい」と述べた。 マウスコンピューターの小松永門社長 来賓の飯山市足立正則市長は、「飯山市は、自然が豊かであるとともに、マウスコンピューターのような、品質の高いPCを作っているハイテク企業も立地しているのが特徴である。 PCは生活に不可欠なものになっているが、その中身がどうなっているのかを知っている人は少ない。 今日は、そのPCを組み立てることになる。 一方で、これからは、STEM教育が大切になるといわれているが、実際の学校教育はそこまでいっていない。 必要なのは、与えられたものを使うのではなく、自分で作ったり、改良したりといった力である。 今日は、自分でPCを作って、次のステップではそれを改良したりといったことにも取り組んでほしい。 親子でこうした体験ができるのは素晴らしい機会である。 ぜひ今日は楽しんでほしい」と語った。 シールを貼って梱包も完了だ パソコン組み立て教室終了後に、本誌の取材に応じたマウスコンピューターの小松社長は、「飯山工場での親子組み立て教室は、10回目の節目を迎えることができた。 10年間続けられたことはよかった。 また、マウスコンピューターらしさとして、BTOの仕組みを活かして、参加者全員が違ったものを作り上げたり、自分たちで部品をピッキングしたりといった経験ができることにこだわってきたこともよかった。 会社のかたちにはめるのではなく、参加者ひとりひとりのかたちにはめて組み立て教室を実現している。 今年は、前回の約2倍となる親子が参加し、そのために社員も多くの努力をしてくれた。 今年は最初から2倍規模で開催しようと考えており、小学校6年生に限定していることもあり、より多くの子供たちに参加してもらおうと考えた。 実際、応募人数は、募集人数を上回っている。 今後もこの規模を継続できるのであれば継続したい。 来年も開催する予定である。 社員の企画に期待したい」とした。 また、「今回は、G-Tuneシリーズを組み立てたいという親子がこれまで以上に多かった。 今年の傾向として、ゲーミングPCを組み立てたいという傾向が見られた。 また、AMDのRyzenを選択する参加者もいた」などと今年の傾向についても触れた。 取材に応じてくれたマウスコンピューターの小松社長 一方、同日には、こちらも恒例となっている「訳ありセール」が開催された。 訳ありセールは、わずかな擦り傷や凹みがある製品、化粧箱が汚れた製品を再整備し、動作確認を実施した商品を「訳あり品」として、特価で販売するイベントだ。 目玉となったのは、限定1台が販売されたクリエイター向けPC「DAIV-NG7630U1-M2SS」。 インテル Core i9-9900Kを搭載、メモリは64GB、M. 2 NVMe対応SSD 512GBと1TB、GeForce GTX 1080 8GB 、17. G-Tuneシリーズでは、15. 6型ノートPCの「NEXTGEAR-NOTE i5330SA1」を24台限定で用意。 同製品は、Core i7-8750H、メモリ8GB、SSD 240GB、GeForce GTX 1050を搭載している。 同社は、7月23日から入場予約券の配布を開始。 訳ありセール開始の7月27日午前6時には、約200人が並んだ。

次の