キムチ アンテナ エンジョイ 韓国。 在日韓国人が日本のキムチをあまり好きじゃない6つの理由

2ch

キムチ アンテナ エンジョイ 韓国

net A 291 IP: 153. 126. 168. 175 2ch-k. net NS 86400 Target: 04. dnsv. jp 2ch-k. net NS 86400 Target: 01. dnsv. jp 2ch-k. net NS 86400 Target: 02. dnsv. jp 2ch-k. net NS 86400 Target: 03. dnsv. jp 2ch-k. net SOA 291 MNAME: 01. dnsv. jp RNAME: hostmaster. dnsv. jp Serial: 1505367742 Refresh: 3600 Retry: 900 Expire: 604800 Minimum TTL: 300 2ch-k. 126. 168. discount-domain. onamae. com Updated Date: 2019-05-19T00:35:26Z Creation Date: 2013-06-03T09:41:36Z Registrar Registration Expiration Date: 2020-06-03T09:41:36Z Registrar: GMO INTERNET, INC. Registrar IANA ID: 49 Registrar Abuse Contact Email: abuse gmo. com Registrant Organization: Whois Privacy Protection Service by onamae. 354562560 Registrant Phone Ext: Registrant Fax: Registrant Fax Ext: Registrant Email: proxy whoisprotectservice. com Registry Admin ID: Not Available From Registry Admin Name: Whois Privacy Protection Service by onamae. com Admin Organization: Whois Privacy Protection Service by onamae. 354562560 Admin Phone Ext: Admin Fax: Admin Fax Ext: Admin Email: proxy whoisprotectservice. com Registry Tech ID: Not Available From Registry Tech Name: Whois Privacy Protection Service by onamae. com Tech Organization: Whois Privacy Protection Service by onamae. 354562560 Tech Phone Ext: Tech Fax: Tech Fax Ext: Tech Email: proxy whoisprotectservice. com Name Server: 01. dnsv. jp Name Server: 02. dnsv. internic. net.

次の

在日韓国人が日本のキムチをあまり好きじゃない6つの理由

キムチ アンテナ エンジョイ 韓国

「日本で見かけるキムチは主に、桃などフルーツで発酵させたものが多いですよね。 なので、味がワンパターン。 韓国ではキムチと一言で言っても、発酵するときに使用する材料で、味わいが違います。 また、実はキムチって浅漬けとかもあるんですけど、浅漬けのキムチを、日本ではあまり見たことがないですね」 キムチの作り方は千差万別。 韓国の地域によっても変わるそうです。 韓国では牡蠣・イカ・あみの塩辛やイワシのエキスなど、海鮮物をたっぷり入れて発酵させる方法もあるそうです。 そうすることで、キムチの香りもより高くなり、より塩が効いた味になるそうですよ。 しかし、海鮮で発酵させたキムチは日本にはあまり見かけず、見かけても値段が高いそうで、なかなか気軽に食べることはできないそう。 また、浅漬けのキムチはより甘辛く、濃い味がします。 キムチの浅漬けもなかなか日本では手に入らないそうで、韓国から送ってもらって食べることが多いだとか。 こんなに作り方の違うキムチがあるのには、驚きですね! 「韓国では料理屋に行くと、キムチはお通しで出てきます。 日本はキムチが有料のところが多いですよね?日本でキムチにお金を払うのに、実は若干抵抗があります(笑)」 韓国ではお通しとしてキムチが出されることが多くありますが、それは全て無料。 何か1品注文しないとお通しは出てきませんが、それでも日本のようにお通し代はかかりません。 一方、日本ではキムチがお通しというところも珍しいですし、お通し自体が有料の場合も多いですよね。 いつも無料で食べられていたキムチにお金を払う、ということに抵抗があるそうです。 日本でいう、お水やおしぼりにお金を払う感覚でしょうか。 確かに無料で食べれるのが当たり前だと思うと、日本ではなんで有料なのかと疑問に感じてしまうかもしれません。 「在日韓国人が営む屋は日本に多くあります。 しかし、本場のキムチと同じような味を出してるところはそう多くないですね。 それはやはり、白菜や材料の違いかなと思います」 在日韓国人が経営する屋さんの多くは、自分たちでキムチをつけていることが多いそうです。 味付けや料理方法は韓国で受け継いだ方法で作られていても、白菜などの生鮮食品は、日本の物を使っているところも多いそう。 なので、やはり本場と完全に同じような味わいは難しいようです。 新のようなコリアンタウンで食べても、本場との違いがわかるそうですよ。 また、韓国人が作ったキムチではないというのも、味でわかってしまうそうです。 それほど味の違いが、如実に出てしまうんですね。 また屋さんの多くは、日本人に合わせた味付けになっているそう。 本土で食べるキムチとは、やはり大きく違いが出てしまうのですね。 「日本のスーパーでもキムチは多く見かけますが、正直、購入したことはありません。 見てみると日本産や中国産も多いので、食べたいとは思わないですね。 だいたいの人が、韓国にいる家族や親戚から送ってもらってます」 韓国では毎年11月に、キムジャンというキムチを漬ける時期があり、多くの家庭はそこでキムチを漬けます。 その時に在日韓国人は、韓国にいる家族や親戚からキムチを送ってもらうそうです。 11月以外も韓国から送ってもらっては、近所にお裾分けをしたりするそう。 また、キムチと一言で言っても、韓国でも地域や家庭によって味付けは変わります。 自分の好きなキムチが欲しい!となると、やはり現地の慣れ親しんだ人に送ってもらうのが、一番ですね。 在日韓国人が感じる、日本のキムチの本音いかがでしたか?キムチの存在は日本でより広がりを増し、多種類のキムチがスーパーのお惣菜コーナーで売っていることも、多く目にするようになってきました。 しかし、実は韓国のキムチとは違いがあり、韓国人はあまり食べていないとのことです。 韓国人が営む屋も、完璧には母国のキムチの味を表せてないと先ほど述べましたが、それでも在日韓国人は日本の屋によく訪れるそうです。 完璧に同じものがなくても、やはりキムチの味は恋しくなるそう。 ぜひ韓国に行った際には、日本のキムチとどう違うか、食べ比べしてみてください。

次の

中国の尖閣奪取作戦が始動、手本は韓国の李承晩

キムチ アンテナ エンジョイ 韓国

明らかな軍隊組織となった中国海警局による尖閣諸島侵入には根本的な対策が必要となる。 写真は海上保安庁の巡視船 中国海警局を中央軍事委員会直轄軍隊に 新型コロナウイルス感染症のパンデミックにあって、中国は、海洋における攻撃的行動や戦狼外交を一段とエスカレートさせている。 日本の尖閣諸島周辺海域では、6月21日現在、中国海警局(海警)の艦船の航行が69日間連続で確認されている。 平成24(2012)年9月の尖閣諸島国有地化以降で、最長の連続日数を更新している。 さらに、中国海軍は、太平洋への進出を活発化させている。 4月11、28の両日には空母「遼寧」など6隻の艦隊が初めて宮古海峡(沖縄本島-宮古島間)を通過して太平洋と東シナ海を往復した。 また、防衛省の発表によると、6月18~20日には中国海軍所属と見られる潜水艦が鹿児島県奄美大島周辺の接続水域を潜水航行した模様だ。 折しも、中国の全国人民代表大会(全人代、日本の国会に相当)常務委員会は6月20日、中国国内の治安維持などにあたる人民武装警察(武警)部隊の指揮系統を明確化した「人民武装警察法」改正案を可決した。 それに先立ち、2018年1月に武警部隊が、また同年3月には武警部隊の傘下に海警が、それぞれ国務院(政府)の指揮を離れ、最高軍事指導機関である中国共産党中央軍事委員会(主席・習近平国家主席)に編入された。 同上改正法は、それを法的に裏づけるためのものであり、武警が担う任務に「海上での権益保護や法執行」を追加した。 また、武警は戦時において、中央軍事委員会か、人民解放軍の地域別指揮機関である5つの「戦区」から指揮を受けると規定された。 海警はもともと、2013年に中国海監総隊、中国漁政、公安部辺防海警などを統合して新設され、「海の武警」を組織する目的で作られた。 米国の沿岸警備隊をモデルとして準軍事組織を目指したものであり、共産党と国務院(政府)との二元指揮の問題を解消し、武装法執行の強化および武警・人民解放軍と融合した軍隊化を図るのがその狙いである。 つまり、尖閣諸島周辺海域で行動する中国海警の艦船は、準軍隊としての性格と役割を付与され、その結果、東シナ海を管轄する人民解放軍の「東部戦区」とともに一元的に作戦行動をとる体制が整ったことを意味している。 このたびの法改正によって、中国は、「海洋強国」を推進する上で、尖閣諸島奪取はもとより、台湾進攻、南シナ海での海洋権益確保において、攻撃的行動をエスカレートする体制を一段と強化したと見なければならない。 李承晩ラインに倣った侵略アプローチ 中国は、海警の強化に当たり、世界各国の海洋管理体制や立法措置、政策などを研究し、比較検討した模様だ。 九州大学大学院比較社会文化研究院の益尾知佐子准教授は、その著書『中国の行動原理』(中公新書、2019年)で、次のように述べている。 「なかでもよく取り上げられたのは韓国である。 これは、韓国が大国ではないが、総合的な海洋戦略を掲げ、機能性の高い港湾物流センターを建設するなど経済利用で成果を上げていることと、 竹島/独島問題で効果的な対日海洋権益保護を実現していたことによるようだ」(太字は筆者) 問題は、後段の太字部分である。 中国は、韓国が歴史的事実に照らしても、かつ国際法上も明らかに日本固有の領土である竹島を不法に掠め取った背景や手法などをつぶさに研究し、それを海洋戦略や政策に応用しているとの指摘である。 韓国の李承晩大統領は、1952年1月、「海洋主権宣言」を行い、いわゆる「李承晩ライン」を国際法に反して一方的に設定した。 同ラインの内側の広大な水域での漁業(資源)管轄権を一方的に主張するとともに、そのライン内に竹島を取り込んだ。 むしろ逆に、竹島を領土として取り込み、海洋権益を拡大するために「李承晩ライン」を設定したとも見ることができよう。 そして、1954年6月、韓国内務部は、韓国沿岸警備隊の駐留部隊を竹島に派遣したことを発表した。 同年8月には、竹島周辺を航行中の海上保安庁巡視船が同島から銃撃され、これにより韓国の警備隊が竹島に駐留していることが確認された。 韓国側は、現在も引き続き警備隊員を常駐させるとともに、宿舎や監視所、灯台、接岸施設、ヘリポートなどを構築している。 当時、わが国は、弱体化・非軍事化を基本方針とした米軍の軍事占領下におかれ、軍隊は解体され、外交は制限され、対日講和前の政治的緊張などが続いていた。 また、占領米軍は主力をもって朝鮮戦争に参戦中であり、韓国の不法占拠はその弱点や空白を突いたものであった。 中国が、この竹島事案に恰好のヒントを得たのは間違いないところであろう。 中国は、東シナ海および南シナ海を「中国の海」とするため、自国から遠く離れた島や岩礁を一方的に自国のものと主張し、その虚構(うそ)を国内で定説化する。 そして、中国は、力の空白を突いて、あるいは力の弱い相手に対して実力を行使するのである。 (略).

次の