東北新幹線 指定席。 新幹線の自由席は何号車?車両数と乗車位置がわかる|新幹線旅行研究所

東北新幹線

東北新幹線 指定席

山陽新幹線の自由席車両 のぞみ 全列車16両編成。 自由席は博多寄りの「1号車〜3号車」。 ひかり、ひかりレールスター 東京発着の列車は16両編成で東海道新幹線のひかりと同じで、博多寄りの「1号車〜5号車」。 山陽新幹線内のみ運行の列車は8両編成。 自由席は博多寄りの「1号車〜3号車」。 みずほ 全列車8両編成。 自由席は鹿児島中央寄りの「1〜3号車」。 さくら 8両編成と6両編成があり、いずれも自由席は鹿児島中央寄りの「1〜3号車」。 一部列車は「3号車」も指定席。 こだま 16両編成の場合は、自由席は博多寄りの「1号車〜7号車」と新大阪寄りの「13号車〜15号車」。 8両編成の場合は、自由席は博多寄りの「1〜3号車」と新大阪寄りの「7〜8号車」。 一部列車は、「6号車」以外は自由席、または全車自由席。 九州新幹線 みずほ 全列車8両編成。 自由席は鹿児島中央寄りの「1〜3号車」。 さくら 8両編成と6両編成があり、いずれも自由席は鹿児島中央寄りの「1〜3号車」。 一部列車は「3号車」も指定席。 つばめ 8両編成と6両編成があり、いずれも自由席は鹿児島中央寄りの「1〜3号車」。 一部列車は「3号車」も指定席、または「4〜5号車」も自由席、または全車自由席。 広告 東北・北海道・秋田・山形新幹線 はやぶさ、こまち 「はやぶさ」は10両(1号車〜10号車)、「こまち」は7両 11号車〜17号車)。 東京〜盛岡まで連結して運転。 全車指定席で自由席はなし。 「」を購入できれば空いている指定席に座れます。 はやて 「はやて」は10両編成(1号車〜10号車)。 全車指定席で自由席はなし。 「」を購入できれば空いている指定席に座れます。 やまびこ 10両編成が基本。 自由席は東京寄りの「1号車〜5号車」が原則。 一部列車は「1号車〜3号車」のみ自由席。 16両または17両の列車もあり、その場合は盛岡寄り「12号車〜17号車」も自由席。 「つばさ」7両を併結することもあり、その場合の「つばさ」部分の自由席は「16号車〜17号車」。 「やまびこ」の自由席車両は列車によって変更が多いので注意してください。 つばさ 一部列車を除き「つばさ」は、「やまびこ」と連結して東京〜福島を運転。 「つばさ」は「11号車から17号車」の7両編成で、自由席は「16号車〜17号車」。 なすの 10両、16両、17両編成があり。 自由席は「1号車〜8号車」と「12号車〜17号車」。 一部列車は「10号車」も自由席、または「5号車〜8号車」が指定席。 「なすの」の自由席車両は列車によって変更が多いので注意してください。 上越・北陸新幹線 とき、たにがわ 10両編成。 自由席は東京寄りの「1号車〜5号車」。 一部列車は「4号車〜5号車」が指定席。 Maxとき 8両または16両編成。 自由席は「1号車〜3号車」と「9号車〜11号車」が基本。 列車によって自由席車両の変更や増減が多いので注意してください。 Maxたにがわ 8両または16両編成。 8両編成の場合は、自由席は「1〜5号車」が基本。 16両編成の場合は、「1号車〜4号車」と「9号車〜12号車」が基本。 列車によって自由席車両の変更や増減が多いので注意してください。 一部列車はグリーン車除き全車自由席。 かがやき 12両編成。 全車指定席で自由席はなし。 「」を購入できれば空いている指定席に座れます。 はくたか 12両編成。 自由席は東京寄りの「1号車〜4号車」が基本。 一部列車は「4号車」が指定席。 あさま 8両または12両編成。 8両編成の自由席は東京寄りの「1号車〜4号車」が基本。 一部列車は「4号車」が指定席。 12両編成の自由席は東京寄りの「1号車〜5号車」が基本。 つるぎ 12両編成。 自由席は富山寄りの「1号車〜4号車」が基本。 「変動自由席」を上手く狙って空席をゲット! 上記のように、東海道新幹線では自由席車両は固定されていて、列車による変動はほとんどありません。 一方、それ以外の新幹線では、列車によって自由席車両の車両数や号車が頻繁に変更されます。 これは、東海道新幹線はビジネスユース主体なので、指定席旅客数に大きな変化が起きにくいのですが、それ以外の新幹線ではレジャーユースが多いので、旅客数の変化が激しいからです。 レジャーの旅客動向に合わせて指定席数を変化させる必要があるため、自由席の車両数も頻繁に変動します。 一般的に、週末や長期休暇など、レジャー客の多い時期ほど、指定席車両の数が増え、そのぶん自由席が減らされます。 そのため、自由席で空席をゲットするには、この「変動自由席」を上手く使うことです。 たとえば、以下のような経験則があります。 ふだん指定席の車両が自由席になっている場合は空いている• ふだん自由席の車両が指定席になっている場合、その隣の自由席は混んでいる こうした変動自由席を確認して、上手く空席をゲットしましょう。

次の

【東北新幹線】料金一覧表(東京・大宮・宇都宮・那須塩原・郡山・福島・仙台・盛岡・八戸・新青森)指定席・自由席

東北新幹線 指定席

2014年以前のE5系は窓側の座席のみコンセントあり。 自由席は一切ない。 参照: 途中駅を乗り降り 次の駅が乗車駅または降車駅の場合はC席、D席をおすすめする。 上野駅• 大宮駅 はやぶさ号の場合は東京~新青森・新函館北斗の運転が主流だが、乗客層では東京~仙台の利用が多い。 上野駅と大宮駅を乗り降りする場合は通路側の座席を指定するのがおすすめ。 乗車の場合、窓側の座席を指定するとすでに通路側に誰がか座っている可能性が高い。 降車の場合、窓側の座席に座っていると通路側の座席に座っている人に進路を開けてもらう必要がある。 どいてもらう手間があることから、窓側と通路側の座席を比べると断然通路側だろう。 したがって、C席、D席が推奨となる。 空席が多い曜日や時間帯についてはこの限りではない。 窓側・通路側ともに埋まるほどの乗車率でない列車はどこの座席でもOKといえる。 だが、混んでいる時間帯や曜日なら通路側が好ましい。 なお、仙台駅や盛岡駅に関しては、そもそも乗降客数が多いこともあり、窓側でも通路側でも大きなデメリットはない。 通路側の座席に座っている人でも、仙台駅到着前後で寝ている人はかなり少ない。 降りる準備をする人達の物音で起きてしまうため、必然的に下車しやすい空気が漂う。 コンセントの有無 東北新幹線の場合、E5系(JR東日本所属)とH5系(JR北海道所属)にはコンセントが設置されている。 すべての列車でグリーン車・グランクラス車は全席、普通車は窓側の座席にはコンセントが設置されている。 窓側の座席とはA席とE席が該当する。 2014年以前に製造された車両は窓側の座席にはコンセントがある一方、通路側の座席にはコンセントがない。 2015年以降に製造された車両は窓側・通路側ともにコンセントがあり、普通車でも全席にコンセントがある。 ただし、はやぶさ号でもどちらの車両が割り当てられているかは乗ってみるまでわからない。 「コンセントがある座席=A席・E席」と考えておくのがおすすめである。 >> 景色 新幹線の窓からの景色を楽しむのであれば、窓側であるA席・E席のいずれかに確定する。 海側・山側のどちらを選ぶかによって外の景色が異なる。 山側の景色は次の通りである。 海側(A席)の景色• 筑波山(大宮~小山間)• 阿武隈山地(新白河~福島) 最も人気の景色は東北新幹線から見える「日光・那須連山」である。 宇都宮~那須連山間を中心に山側の座席から見える。 晴れている日であれば100%見える。 見えないのは雨の日のように天気が悪い場合である。 海側の景色は特に目立ったものはない。 大宮~小山間の筑波山、新白河~福島間の阿武隈高原くらいだろう。 ただし、どちらにせよ東海道新幹線の富士山のような大人気の車窓はない。 東北新幹線はさらに内陸部を走ることもあり、海が見える区間もほとんどない。 したがって、景色によるおすすめの座席はそれほどない。 A席、E席はあくまでも外が見えるからという点に過ぎない。 やまびこ号の車両ごとの座席区分 E2系単独:自由席=1-7号車、指定席=8,10号車、グリーン車=9号車 E5系/H5系単独:自由席=1-5号車、指定席=6-8号車、グリーン車=9号車、グランクラス=10号車 E2系+E3系併結:自由席=1-4,7,16,17号車、指定席=5,6,8,10,12-15号車、グリーン車=9,11号車 E5系/H5系+E3系:自由席=1-5,12-16号車、指定席=6-8号車、グリーン車=9,11号車、グランクラス=10号車 E5系・H5系+E6系:自由席=1-5,12-17号車、指定席=6-8号車、グリーン車=9,11号車、グランクラス=10号車 10両編成の場合は、2号車または7号車(E2系単独のみ)が空いている。 16両編成または17両編成の場合は11~17号車が全般的に空いている。 長い編成の場合、自由席は基本的に1~5号車と思い込んでいる人が多いこともあり、11~17号車の自由席車両の方が乗車率が低い傾向が見られる。 自由席のおすすめ車両 ~ やまびこ号の自由席のおすすめ車両・座席~• 1号車:ふつう(推奨)• 2号車:ふつう(推奨)• 3号車:混雑しやすい 10両編成の場合は、2号車または7号車(E2系単独のみ)が空いている。 16両編成または17両編成の場合は12~17号車が全般的に空いている。 長い編成の場合、自由席は基本的に1~5号車と思い込んでいる人が多いこともあり、12~17号車の自由席車両の方が乗車率が低い傾向が見られる。 逆に最も混雑するのが3、4号車である。 どの列車もこの辺りは自由席のため、最も乗客が並ぶところになる。 なすの号|おすすめの座席 目的別項目 号車 番・列 途中駅を乗降 すべて可 C席、D席(通路側) コンセントの有無 すべて可(E5・H5・E6系) A席、E席(窓側) 景色 すべて可 A席(海側)、E席(山側) 階段・エスカレーター 5-10号車 すべて可 電話がかかってくる すべて可 デッキに近い番号 C席、D席(通路側) 寝る すべて可 A席、E席(窓側) トイレによく行く すべて可 C席、D席(通路側) なすの号は近距離利用向けの種別のため、やまびこ号よりもさらに自由席の車両が多い。 自由席・指定席の割り当ては各車両によって異なる。 おすすめの座席は基本的にやまびこ号と同じ。 上野駅、大宮駅、小山駅、那須塩原駅を乗り降りするのであれば通路側がおすすめ。 宇都宮駅はなすの号だと大量に乗り降りするため、窓側でも問題ないだろう。 自由席のおすすめ車両 10両編成の場合は、6号車が空いている。 16両編成または17両編成の場合は12~17号車が全般的に空いている。 6号車はやまびこ号だと指定席になる列車が多いが、なすの号は自由席である。 そのため、ここが指定席だと思い込んで避ける人が空くない。 ゆえに狙えるところである。 長い編成の場合も、自由席は基本的に1~5号車と思い込んでいる人が多いこともあり、12~17号車の自由席車両の方が乗車率が低い傾向が見られる。 もっとも、なすの号は1日を通して乗車率が低い。 東北新幹線の中でも最も空いている種別であり、空席が残っている確率が高いのは確か。

次の

新幹線回数券(東北・山形・上越・北陸新幹線)|お得なきっぷ詳細情報|JR東海

東北新幹線 指定席

広告 立席特急券の基本ルール 立席特急券(たちせきとっきゅうけん)は、全車指定席の列車で指定席が満席になったときに発売される特急券です。 全車指定席の列車のみが対象で、自由席のある新幹線列車には発売されません。 現在、全車指定席の新幹線列車は「はやぶさ」「はやて」「こまち」「かがやき」だけですから、立席特急券が販売されているのもこの4列車だけです。 それ以外の新幹線列車には自由席がありますので、立席特急券は発売されていません。 立席特急券は、読んで字のごとく「立って乗車する」のが原則です。 券面にも「立席特急券では着席できません」と書かれています。 基本的には、デッキに立って乗る特急券と考えてください。 実際には、普通車指定席に空席があれば座っても構いません。 旅客営業規則には着席不可である旨は明記されていませんし、実際に車掌に尋ねても、空席があれば座ってよいという答えが返ってきます。 ただし、その席の指定席券を持った旅客が来たら、席を譲らなければなりません。 また、着席した場合、指定席特急券との差額を請求される場合があります。 満席時のみの発売 立席特急券は、全車指定席の列車で、当該列車が満席になった場合にのみ発売されます。 満席になっていない列車では立席特急券は発売されません。 立席特急券の発売場所 立席特急券の発売場所はJRのみどりの窓口です。 乗車日の前日以降は、指定席券売機でも発売されます。 立席特急料金 立席特急券の価格を「立席特急料金」といいます。 立席特急料金は、通常期の指定席の特急料金から530円を引いた額です。 「はやぶさ」「こまち」の場合は加算運賃が設定されていますので、加算運賃の指定席特急料金から530円を引いた額です。 「やまびこ」の自由席よりは高額になります。 立席特急券と自由席特急券の違い 最後に、立席特急券と自由席特急券の違いをまとめてみましょう。 ・立席特急券は全車指定席の列車に乗ることができる。 ・自由席特急券は全車指定席の列車に乗ることはできない。 ・立席特急券は、定められた1つの列車にしか乗れない。 ・自由席特急券は当日のどの列車の自由席に乗ることが可能。

次の