ゆで たけのこ の 保存 の 仕方。 【野菜の保存】食品保存のプロが教える!定番野菜の冷蔵・冷凍方法や保存期間

たけのこの冷凍保存方法とレシピをご紹介【写真付きで解説!】

ゆで たけのこ の 保存 の 仕方

風味が落ちるのを避けるため、洗わない 風味を生かすため、きのこは洗わずに保存するのが基本です。 汚れやほこりが気になる場合は、水で湿らせたキッチンペーパーで拭き取りましょう。 冷蔵と冷凍を使い分ける その日のうちに使いきる場合は、生のまま冷蔵保存してOK。 それ以外は、鮮度が落ちるのを避けるため冷凍保存しましょう。 冷凍してから加熱すると、細胞膜が壊れ、酵素の働きによってうまみが増すといわれます。 下ごしらえしてから保存すれば、調理時に便利です。 種類別、きのこの冷凍保存法 きのこは種類によって、適した保存方法が異なります。 それぞれをマスターして、おいしさを長持ちさせましょう。 ・椎茸 軸を根元で切り落とし、かさだけの状態にします。 かさのみを冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 保存の目安は約1カ月です。 凍っていても包丁で切れるので、丸ごと冷凍するのがおすすめです。 ・しめじ 石づき(軸の先端部分)を切り落とします。 小房にほぐして冷凍用保存袋に入れ、密封します。 保存の目安は約1カ月です。 ・なめこ 脱気パック(加工品)の場合は、袋ごと冷凍しましょう。 上の写真のように、袋に折り目をつけて冷凍すると、調理時に折って使えるので便利です。 株(生)の場合は、塩を加えたお湯にほぐした状態のなめこをサッとくぐらせます。 粗熱を取ってから冷凍用保存袋に入れて冷凍しましょう。 そのまま味噌汁などの具として使えます。 いずれの場合も、保存の目安は約1カ月です。 ・まいたけ カットするか、手で小房にほぐします。 冷凍用保存袋に入れ、密封します。 保存の目安は約1カ月です。 ・えのき 石づき(根元部分)を切り落とし、使いやすいサイズに手でほぐします。 冷凍用保存袋に入れ、平らにならして密封します。 保存の目安は約1カ月です。 ・マッシュルーム 軸がついたまま(軸の切り口が変色している場合は切り落とす)、薄切りにします。 冷凍用保存袋に平らになるように入れ、密封します。 保存の目安は約1カ月です。 ひとつにまとめて便利!ミックスきのこの保存方法 数種類のきのこをまとめ買いしたり、少しずつ余ったりした場合は、「ミックスきのこ」にして保存しておくと便利です。 炒めものをはじめ、炊き込みご飯、ピザの具材、汁ものや鍋の具材、付け合わせのソテーなど、幅広い料理に使うことができます。 材料:好みのきのこ適量(椎茸・しめじ・まいたけ・えのき・マッシュルームなど)• 椎茸は石づきを取り、薄切りにする。 しめじ、えのきは石づきを切り落とし、バラバラにほぐす。 まいたけは小房に分け、マッシュルームは薄切りにする。 ボウルに[1]を入れて混ぜ合わせ、1回に使用する分量を冷凍用保存袋に入れて密封し、冷凍庫に入れる。 保存の目安は約1カ月。 凍ったまま調理できます。 最後に きのこは味も香りもそれぞれに個性がありますが、その魅力を生かすには、鮮度が命。 早めに食べきるのがいちばんですが、冷凍して、生とは異なるうまみを引き出して調理するのもおすすめです。 便利な冷凍保存を取り入れながら、風味豊かなきのこ料理を楽しみましょう。

次の

【筍の長期保存】瓶詰め・塩蔵・乾燥で一年中楽しめる|食べ太郎.com

ゆで たけのこ の 保存 の 仕方

竹かんむりに旬と書く「筍(たけのこ)」は、4~5月の旬の時期に食べるのが、最もおいしいといわれる春の風物詩。 でも、生のたけのこを手に入れたとき、どうやって調理したらいいか困った経験はありませんか?そこで、料理研究家の高城順子先生に、アク抜き方法と保存のポイントを<基本編>と<時短編>で教えていただきました。 手に入れたたけのこはすぐに茹でる たけのこは収穫直後からアクが増していきます。 そのため、手に入れたらすぐに丸ごと茹でましょう。 茹でるには、高さ(幅)のある鍋が必要です。 たけのこの穂先を切り落とし、残りの身がすっぽり入るサイズのものを用意します。 米ぬか:一握り• 赤唐辛子:1本• たけのこがかぶる量の水 たけのこの切り方 根元の固い部分(ついていない場合もある)と、穂先5~6cmを切り落とし、縦に2~3cm深さの切れ目を入れる。 根元部分が残っている場合は、生長にしたがってイボが大きく紫色になり、繊維も密になるので、茹でる前に削るようにむいて落とす。 湯止めの目的は、たけのこからアクを出しきること。 流水で冷やしてしまうと、アクがしっかり抜けません。 たけのこの皮のむき方 たけのこが完全に冷めたら、水洗いしてぬかをきれいに取り除き、縦に入れた切れ目から指先を入れて皮をむく。 穂先の皮「姫皮(写真2枚目右の内側部分)」はやわらかくておいしいので、残しておく。 たけのこを調理するときの切り方と保存方法 穂先から真ん中の部分は縦に切り(下の写真で切っている最中のもの)、根元は横に切る(写真手前)。 保存するときは、フタつきの深めの保存容器に水を入れ、たけのこが完全にひたるようにした状態で、フタをして冷蔵庫で保存する。 時々水を替えながら、しっかり水に浸けておけば、1週間程度は保存可能。 memo 多くて食べきれない場合は、あらかじめ保存食にするのもおすすめ。 刻んで薄味で下煮しておくと、日持ちするだけでなく、さまざまな料理にアレンジできて便利です。 たけのこのアク抜き方法<時短編> 大きな鍋がないときや、時間がないときは、2~3等分など適度な大きさにカットしてから茹でると時間を短縮できます。 この場合、米ぬかは身の隙間に入って取り除きづらいので、ここでは重曹を使ったテクニックをご紹介します。 用意するもの• 重曹:水1リットルに対し小さじ1が目安•

次の

たけのこの保存方法は?冷凍保存、冷蔵保存の方法を教えます!

ゆで たけのこ の 保存 の 仕方

旬のたけのこを保存したい! 春を代表する食材の「たけのこ」現代ではハウス栽培などで、たいていの野菜は1年中手に入れることができます。 しかし、「たけのこ」は春だけしか手に入れることができません。 もちろんスーパーに行けば1年中水煮・缶詰が売られていますが生の「たけのこ」は春だけですね。 またスーパーなどで売られている水煮・缶詰のたけのこは中国産が多くてお安い!国産は高級なのでなかなか手が出ません。 たけのこの旬の時期だからこそ、自宅で簡単に保存できる方法をご紹介させていただきます。 旬の「たけのこ」はとってもリーズナブルです。 旬の筍を真空パックで長期保存できるなら、そんなに素晴らしいことはないですよね! 毎年このうような量を、1週間に1度ぐらい頂きます。 産地ならではの有難いことですね。 「たけのこ」の産地では、どの家庭でも溢れるばかりの「たけのこ」が冷蔵庫に入っていて有難いけれど、見るのもイヤとばかりの「たけのこ」。 反面「たけのこ」はお正月のおせちに使ったり、中華料理に使ったりと1年中使い道があります。 わが家のたけのこの保存は真空パック わが家では旬の「たけのこ」を真空パック器で保存して「おせち料理」に使っています。 上の画像は、 4月19日に真空パックしたものです。 そして12月31日にはおせち料理のお煮しめに使いました。 少しお味は落ちていましたが、国産の安心の竹の子を食べることができるのでとっても有難かったと思っています。 竹の子の茹で方と真空パック 材料 竹の子 1本 糠 適量 鷹の爪 1本 真空パック専用袋 1枚 手順 1 竹の子は皮のまま先を斜めに切り、先から縦に切れ目を入れて下ごしらえする。 2 大きな鍋に水をたっぷり入れて1・糠・鷹の爪を入れ、落とし蓋をして柔らかくなるまで茹でて、冷めるまで放置する。 3 2のたけのこの皮を剥く。 4 竹の子を縦半分に切り、キッチンペーパーでしっかりと水けを絞ってから 真空パック専用袋に入れて真空パック器にかけて出来上がり。 竹の子は水分が沢山あるため、しっかりと絞らないと真空パックするときに水分を吸い上げてしまって真空パック器の故障の原因になるのでしっかりと絞ってくださいね。 わが家の真空パック器 真空パック器はとっても高価な気がしますがわが家で使っている、家庭用真空パック器はとってもリーズナブル!わが家のCCP 【BONABONAシリーズ】の家庭用真空パック器はアマゾンで1万円以下で購入することができます。 CCP 【BONABONAシリーズ】は、扱いもとっても簡単で付属の真空パックの袋は、お好みの大きさに切ってシーリング出来、専用カッターも器械に備え付けられているので、無駄なく使うことができます。 リンク 使う時のことを考えて、上のように2個真空にしたり1個真空にしたりと、使い勝手の良いように真空しておけば用途に応じてすぐに使うことができます。 4月19日に真空パックしたたけのこは 8か月余りたったおせち料理にも使うことができました。 食べ飽きながら食べ続けたり、飽きてしまって捨ててしまうことになるほど 勿体ない事はありませんね。 真空パック器は、このような時にとっても助かる調理器具です。 真空パック器のメリット・デメリット 真空パック器を使う場合は袋に入れて真空にするのでカサが低く、冷蔵庫の場所を取らないのがメリット! でも 真空パック器はキッチンペーパーで水分をしっかりと絞らないといけないのがとっても手間がかかり、また竹の子の風味が少し落ちてしまいまうのがデメリットです。 大きい冷蔵庫で保存できるご家庭の場合は、カサは高くなりますが、手間も風味も損なわないショップジャパンの真空パック保存容器のフォーサがオススメです。 目からウロコの竹の子の3つの冷凍保存方法 目から鱗の竹の子の保存方法は、竹の子は冷凍できないと言われている代表的な野菜です。 ご紹介する目からウロコの竹の子の保存方法は、竹の子を美味しく冷凍保存する方法です。 竹の子が冷凍保存に適さないという理由は、食物繊維が多いたけのこは、冷凍するとスカスカになって美味しくないことから、礼号には向かないと言われていますが、ご紹介する方法だと、スカスカにならずに美味しく冷凍できます。 竹の子冷凍方法 煮物にして冷凍保存 お写真の赤い丸で囲った食材が竹の子の煮物です。 旬の時期に竹の子の煮物を沢山炊いて、食べられない分はジプロックに入れて冷凍保存すると、食べる時に自然解凍で美味しく食べることが出来ます。 竹の子は冷凍は向かないと言われていますが、煮物にして煮汁をしっかりとキッチンペーパーで取ってジプロックに入れて空気をしっかりと抜いて冷凍すると、冷凍に向かないと言われている竹の子でも、ちゃんと美味しく保存することが出来ます。 実際にお寺の行事の際にお弁当を出されるお寺さんに教えていただきました。 竹の子冷凍方法 だし汁に浸して冷凍保存 竹の子の冷凍保存方法2は、料理に合わせて竹の子を切り、だし汁に浸して出汁ごと冷凍する方法です。 この方法なら解凍後すぐにお料理することが出来ます。 お料理が決まっていないときなどに便利です。 竹の子冷凍保存 材料の割合 白だし 大1(15㏄) 水 75㏄ 竹の子冷凍方法 砂糖をまぶして冷凍保存 竹の子冷凍保存 材料 たけのこ 150g さとう 大1 わが家の場合は、5月半ばになると山蕗、山椒の実が出回るので、その時に合わせて佃煮を作ります。 その時用に、佃煮用のサイズに切って冷凍保存しました。 佃煮用のサイズに切った竹の子にさとう大1をまぶします。 全体にいきわたるように混ぜてからジプロックで保存します。 毎年春のお楽しみ!竹の子・山蕗・山椒の実の佃煮です。 竹の子の瓶詰の仕方 スーパーなどでよく見る、たけのこの水煮の瓶詰の方法です。 (画像はありませんが、工程だけ書かせていただきますね) 竹の子を瓶詰で保存の仕方は、保存するビンを熱湯で約10分ぐらい煮沸消毒してから一度沸騰した水と一緒に入れてフタを軽く締め、お鍋に湯を沸かしてビンを入れて約10分ほど煮立たせて、最後にギュッとフタを閉めて完成です。 竹の子の真空調理 最話題の真空調理はわが家では以前から使っている調理法です。 この時期のたけのこならではの真空調理をご紹介させていただきますね。 たけのこを佃煮くらいの大きさに切り、調味料と一緒に真空パックすると、とっても簡単にたけのこの佃煮を作ることができます。 真空調理は調味料をかなりひかえることができるので減塩を心がけている方にもとってもオススメの調理法です。

次の