引越し 見積もり。 引越し見積もり比較が無料の【引越し侍】ネットで最も安い料金の業者がわかる!

引越し見積もり比較が無料の【引越し侍】ネットで最も安い料金の業者がわかる!

引越し 見積もり

単身向けのお引越 迷ったらコレ!お得で便利なアートのパックをご利用ください 多くのお客さまのお引越しをお手伝いしてきた、アート引越センターの知識と経験から生まれた引越しパックです。 お引越しの大型家具などの梱包からセッティングまでの 基本作業をまとめた標準的なお引越しコースです。 荷造り・荷解きをお客さまに行っていただくかどうかで、コースが分かれます。 学生の方のためのお得なプランです。 入学にも就職にも帰郷にもぴったりのお手軽なパックです。 「女性の声から生まれたレディースパックなら、安心してまかせられる」と好評です。 女性スタッフだけでおこなう、これまでにない女性のための、女性によるお引越しです。 60歳以上のお客さまのお引越しには「暮しの整理士」が お客さまのご相談内容にもとづいて整理・整頓などをアドバイスいたします。 また、お部屋の模様替え、インテリアのご相談などについてもアドバイスいたします。 ご家族向けのお引越 二人以上のお引越しならこちら!お客さまにぴったりなパックをお選びください 条件別のパックで迷うなら、まずは「おまかせパック」を確認してみてください• お引越しの大型家具などの梱包からセッティングまでの 基本作業をまとめた標準的なお引越しコースです。 荷造り・荷解きをお客さまに行っていただくかどうかで、コースが分かれます。 60歳以上のお客さまのお引越しには「暮しの整理士」が お客さまのご相談内容にもとづいて整理・整頓などをアドバイスいたします。 また、お部屋の模様替え、インテリアのご相談などについてもアドバイスいたします。 2020年6月 グループ情報 2020年6月 グループ情報 2020年6月 グループ情報 2020年5月 グループ情報 2020年5月 グループ情報 2020年2月 CM・タイアップ 2020年2月 お知らせ 2020年2月 アニメーション 2020年2月 アニメーション 2019年12月 グループ情報 2019年12月 グループ情報 2019年10月 お知らせ 2019年10月 お知らせ 2019年10月 CM・タイアップ 2019年8月 グループ情報 2019年7月 キャンペーン デザインリニューアル!ご成約でもれなくもらえる!ミッキーマウス90周年記念デザイン アートオリジナルボトルをプレゼントは、ご好評のうちに終了いたしました! 2019年5月 グループ情報 2019年4月 キャンペーン 大好評につき第3弾!ご成約でもれなくもらえる!ミッキーマウス90周年記念デザイン アートオリジナルボトルをプレゼントは、ご好評のうちに終了いたしました! 2019年3月 キャンペーン 第2弾!ミッキーマウス90周年記念デザイン アートオリジナルボトルプレゼントは、ご好評のうちに終了いたしました! 2019年2月 CM・タイアップ 2019年2月 お知らせ 2019年2月 アニメーション 2019年2月 お知らせ 2018年12月 グループ情報 2018年12月 お知らせ 2018年10月 CM・タイアップ 2018年10月 お知らせ 2018年10月 お知らせ 2018年4月 キャンペーン 2017年9月 CM・タイアップ 2017年8月 CM・タイアップ 2017年6月 CM・タイアップ 2016年12月 グループ情報 2016年9月 グループ情報.

次の

単身(一人暮らし)の引越料金相場と費用を安くするコツ

引越し 見積もり

引越し一括見積もりは、ご存知の通り料金をよく比較するために使うサービスですが、 本当に、個人情報を入れてまで使う価値はあるのでしょうか? このページは、 一括見積もりを使う前にメリットやデメリットを前もってイメージしてもらうために作成しています。 つまり、 初めての方用です。 簡単な内容を先にお伝えすれば、体験した方に聞いてみたい、こんな質問とその答えです。 例えば、個人情報を入れても何の問題もなかったのでしょうか? 私ももっと怪しいものかと思っていましたが、基本的には何も問題ないと思いました。 少なくとも引っ越しに関して言えば、営業マンは引っ越し前の家にくるわけで、 引っ越したあとの土地ではまったく縁がないわけですから、心理的にもなにも問題なかったです。 (都内から神戸へ引越しされたサリーさん:文中はニックネームでしかお伝えできません。 ) 下まで読み切るには10分少々かかります。 もし、お時間があれば、実際にご利用になられた方5名にアンケート形式で尋ねてみましたので、参考にしてみて下さい。 (もしも、ユーザーの立場なら気になる点でお尋ねしていますが、主観的な部分はご了承ください。 ) ご協力頂いた皆さん (画像はイメージであり本人を表すものではありません。 ) 無料で使えて、最大で引越し料金が50%も安くなると言われれば、一度は使ってみようと思うものですが、 果たして、そんなに話はうまく進むのでしょうか? 『最初の方は福岡にお住まいのグランさん。 引越し先は約2kmという近距離のお引越しです。 』 一括見積もり後に提示された金額は各社によってずいぶん違いがありましたか? はい、私の場合は4社(アリさん・ハート・サカイ・アート)から電話で金額の提示を受けました。 高い会社では10万円で安い会社でも8万円と、差額は2万円と大差はありませんでしたが、 その後、訪問見積もりを受けたときに急激に値段が下がりました。 2万円なら言うほど大差はありませんよね。 しかも訪問見積もりってなんか面倒そうですが、どんな対応をしなければいけないんですか? 各社の営業マンが10分ほど荷物を見て回り、見積もりを作ってくれるわけですが、 そこで、必ずするやりとりは、他社でも見積もりをとったのかを尋ねてきます。 この際に、他社での見積もり金額を提示すると必ず同額まで揃えるか、金額を落としてきます。 一社目だとまだ比較材料がないので、後日連絡をします。 ということで帰ってもらいますが、ほぼ 100パーセントの可能性で一社目よりも後からくる別会社の方が安くなるので、一社目にお願いしたことはありません。 二社目、三社、四社目になると、大体値段をかなり下げてきます。 それで、具体的にはいくらまで下げてもらいましたか? 金額はアート引越センターが結局 3万円にまで下げてくれ、信頼できる上に他社より安かったので、迷わず決めました。 もちろん、営業マンの対応やトラックの大きさを確認し、希望通りの引越し日にしてもらったうえです。 高い会社と比べると 7万円も安くお引っ越しできたのは、よく比較した結果だと思いますが、一括見積もりサイトを 使う上でのデメリットってありますか? 一括見積もりをする上でのデメリットは何と言っても、しつこい営業電話です。 電話をとるまでかかってきますし、こちらの都合を無視してしつこく営業してくる方も中にはいらっしゃいます。 それならば、引越し一括見積もりサイトを使わずに、こちらで業者さんを調べて1社ずつ電話をかけていったほうが良くありませんか? もちろん、タウンページで引越し業者を調べて行く方法もあります。 けれど、電話してみたものの、業者によっては引越し先が対応範囲外と言われる場合もありますよね。 その開きを調べるために使ったサービスが です。 グランさんありがとうございました。 最後の質問は、ズバリ、また引越しの機会があれば必ず一括見積もりはお使いになりますか? はい。 今後も引越の際は必ず利用すると思います。 『グランさんとはまた異なった体験を語ってくれたのは、千葉県から埼玉県へ単身のお引越しをされたゆなさんです。 』 まず、最初にお聞きしたいのは、一括見積もり登録後しつこい営業電話はありましたか? 特にしつこい勧誘や何度もメールがあるなどということはありませんでしたが、電話で連絡を受けた会社はありました。 電話をかけてこられた会社とは、どのようなお話をしましたか? アリさんマークからは電話で金額の提示を受けて、合わせて訪問見積もりも勧められました。 それで、訪問見積もりは受けられましたか? いえ、時間がとれなかったためお断りしました。 連絡が来たのは一社だけではないと思いますが、他の会社の金額には大きな差が出ましたか? はい。 アリさんは以外の3社からはメール(ハート・LIVE引越し・橋爪運送・)で金額の提示がありました。 すべて比較して高い会社では7万円でしたが、一番安かったのが橋爪運送の3万2千円だったので依頼しました。 橋爪運送さんに決定した後は、他の業者さんの断り方はどうしました? アリさんマークはその後に電話があったので、他に決めたと伝えました。 また他の業者は電話してくることもなかったので、こちらからは何もしませんでした。 訪問見積もりを受けずして、引越しをされたゆなさん。 ゆなさんありがとうございました。 最後の質問は、一括見積もりをお使いになった率直な感想をお願いします。 登録後に10分も経たないうちに電話がかかってきてびっくりしましたが、 メールだけで回答してくれる会社も多かったですし、一括見積もりをしてみて、やはり価格にかなり差があることが分かったので、使ってみて良かったと思います。 ネームバリューがある会社は安心ですが、その分高かったので、物さえ壊れなければ安さ優先の私にとってはよく知らない会社でも安いところにお願いできて良かったです。 安さを優先したい方はぜひ使ってみたら良いと思います。 3人目となり、内容も似通ってきたのですが、一括見積もりのデメリットとともとらえられる体験談を聞かせてくれたのは、2DKのお引越しをされたyukiさんです。 一括見積もり後に、予想以上に連絡が多かったようですが、どういった内容でしょう? とりあえず、5社(ダック、アリさん、アーク、アート、サカイ)から合計20通以上のメールが届きました。 また、平日は電話に出れないと言ってあったのにもかかわらず、合計40件の着信履歴が残っていました。 ちなみにどこのサイトを使われました? 引越し一括見積もりサービスです。 あの、サービスの総称ではなく、例えば、ズバット引越しやHOME'S・引越し価格ガイドなどのサイト名です。 分からなければ、どのように見つけられました? たまたま見つけたサイトなので詳しくは・・ 大手から直接、電話をかけてこられている訳ですから、使うサイトによって勧誘の激しさが増減するという事は考えにくいですね。 それで、その後はどういった対応をとりましたか? どこも、電話やメールでは見積もり概算も出せない、下見に来ると言い張るので、上記5社の見積もりを土曜日に一気に出してもらいました。 相見積もりを受け、金額に大きな違いはありましたか? それぞれの企業名と金額の組み合わせは忘れてしまいましたが、12万・10万・9万・7万・10万という即決見積もり額を出されました。 即決見積もり額ですか?今決めて頂けるならこの価格で。 という決まり文句でしょうか? はい。 その際、「相見積もりをとることに決めていますし、即決金額でも高すぎるので他社さんにしますね。 確かに、何を言われても見積もり額が揃うまで待ってもらわないと、一括見積もりを使った意味がありませんよね。 それで、どちらの会社にいくらの金額で依頼されましたか? 1番安くしてもらったアート引越センターにしました。 金額は7万6千円だったと思います。 yukiさんありがとうございました。 料金を比較出来たとはいえ、そんな経験をされたのであれば、今後はもう一括見積もりはお使いになりませんよね? 正直、電話とメール攻勢はうざいですが、割り切って一気に見積もりを決める日時を決められるので、悪くはないと思います。 アドバイスは即決価格のまま、いかに他社の見積もりが分かるまで待っていただくかですね。 頑張ってください。 皆さんは無料でご利用できる引越し一括見積もりですが、各引越し業者は広告費という経費がかかります。 アポを取るために頑張っているんだろうとyukiさんのように大目に見てあげて下さい。 確かにyukiさんの場合は他の方に比べると連絡が以上に多いですけどね。 ただ、見積もり方法は各引越し業者様によって方針に違いがあると思って下さい。 また、当サイトも広告費によって運営しております。 話が本筋から外れましたが結果、大手だけで比較しても12万〜7万6千円と4万4千円の開きが出てしまいました。 もう、ここまで来ると、一括見積もりのメリットやデメリットは伝わったと思いますので、 次は、訪問見積もりを受けた場合はどんな会話をするのでしょう? 『安さだけで決めるとロクな目に合わない・・・!けど、また値段で決めてしまいました。 』 東京から兵庫へお引越しをされたpos. roさんの場合・・・・ 『引越しの予算は 13万が目安でした。 一括見積もり後に、引越しのプロロという会社は 11万円という金額をメールで出してくれたので、もう心は動いてましたが 大手の見積もり額も見ておこうという事で、訪問見積もりは大手の2社だけに依頼しました。 』 見積もり日当日・・・ 引越しの件で寄らせてもらいました。 見積もりの間は一緒にご同行願えますか? 既に比較サイトで入力したデータを元にしているので、申告が漏れている家具が無いかや間違いが無いか等をチェックするだけなので20分程見て回り、金額は決定していた見積書を渡されました。 23万円でいかがでしょうか? えっ!正直予算の倍以上で、とてもその金額ではお願い出来ないんですが・・・ これだけ物が多いとどこもこれ位だと思いますが、予算はいくら位だったんですか? 10万円くらいって思ってたんです・・・。 (本当は13万くらいだけど) (苦笑い)長距離だし、この量だとトラック2台使わないといけないし、20万はいきますよ。 他の会社も見積もりきてますか? いえ、おたくが最初ですけど、この後もう2社見積もりに来る事になってるんで・・・(嘘だけど) (ああ決まりそうにないな)どこも変わらないと思いますけど・・・ 以上で30分程やりとりを行い、丁重にお帰りしてもらいました。 ==================== 同じ日に依頼していたアートも同じようなやり取りです。 アート:21万円でどうでしょうか? わたし:やっぱり大手さんだとその位するんですかね・・・ アート:他社の見積もりだといくらと言ってましたか?(そこより安くして契約とりたい雰囲気) わたし:いえ、実はネットの見積もりで13万円くらいと言う会社があったので、その位が予算なんですが・・・ アート:え?いやいやそんな金額ありえないですよ。 因みに何ていう会社ですか?? わたし:いや〜それはちょっと・・・ アート:(こりゃダメだ・・・)よければまた電話下さい。 もっと安くして欲しいと交渉しましたが、結局こちらの予算(13万くらい)を大幅に上回りすぎて、向こうも勉強しがいが無いと感じたのか1円もまけてくれませんでした。 ==================== 最終的には、長距離専門の引越しプロロという会社が11万円という最安値を提示してくれたので、 そちらにお願いすることになりました。 訪問見積もりのメリットとしては、 後で料金を上乗せしたりしないように「あの時自分で確かめたでしょ!」と言う為の保障といった感じで私は思っています。 一括見積もりのメリットとしては、 家財や荷物の数、引越し先や時期等、情報を業者ごとに入力する必要がなくて手間がかからずに、お得な業者を探せる点ではとても良いとおもいます。 今回のように、予想額よりも安い料金を提示してくれた引越しのプロロという知らなかった会社を見つけれたわけですから。 ご協力頂いた方の比較した結果 一括見積もりを利用しても、引越し会社と契約する義務はありません。 ・料金は各社これだけ違うという事 ・登録後に必死になって連絡してくる会社がいるという事 ・知らなかった会社も一括によって見つけれるという事 を一括見積もり利用前には頭に入れておいて下さい。 『引越し価格ガイド』.

次の

引越し一括見積もりサイトってヤバイ?失敗した人がいるってほんと?

引越し 見積もり

引越す時期や曜日、時間帯、サービス内容など、さまざまな条件で金額が大きく変わる引越しは、見積もりをとらないと料金比較ができないのが現状です。 ネットで口コミを調べれば、どの事業者も賛否両論で結局どこにすればよいかわからず、とりあえず見積もり比較サイトで見積もり依頼!という方も多いかもしれませんね。 「相場ってどのぐらいかな?」と軽い気持ちで見積もりをとったら、数十件の引越し事業者から一気に電話が来て対応に困った!という体験談も多くあります。 引越し準備に追われる時期に、引越し事業者選びでトラブルになるのは避けたい! 電話・ネットだけで見積もりがとれるケースや、見積もり比較サイトの仕組みと注意点、選ぶポイントをわかりやすく解説します。 今年話題のトレンドワード「引越し難民」や、「そもそも見積もりっていつまでにとればいいの?」など、引越しにまつわる話題や疑問にもお答えします! 目次 1. 見積もりさえとれない!? 話題の「引越し難民」とは 今年に入りテレビやネットのニュースで度々目にする 「引越し難民」という言葉。 希望の引越し時期に引越しができない人たちを指す言葉ですが、この「引越し難民」になってしまう人たちが、特に 3月下旬〜4月上旬にかけて急増すると予想されています。 2018年2月に国土交通省が行った会見の中でも、引越し事業者の人手不足に関する答弁が行われていました。 引越運送業を含むトラック事業におきましては、トラックドライバーの有効求人倍率が2. 74倍となるなど、近年、ドライバー不足が大きな課題となっております。 また、大手引越事業者に聞き取った内容によりますと、引越については、3月から4月にかけて依頼が集中しておりまして、特に3月におきましては、通常月と比べて引越件数が約2. 5倍となっており、人員と車両の両方の確保の面からピーク時の対応が難しくなってきております。 出典: 引越すエリアにもよりますが、今年は特に引越しが難しく、見積もりどころか引越し希望日を伝えただけで「対応できない」と立て続けに断られるケースも少なくないようです。 おすすめのオンライン引越し予約サイト 引越し希望日に対応してくれる事業者が見つからずにお困りの方や、そもそもどの事業者に見積もり依頼すればよいかわからないという方におすすめ。 の引越しサービスなら、 見積もり依頼をせずにネット上で料金を確認し、オンライン予約することができます。 電話番号などの個人情報を入力せずに、各引越し事業者のサービス内容や料金、口コミを閲覧することができるので、しつこく営業電話がかかってくることもありません。 サービス内容の詳細や1時間あたりの料金、対応地域、注意事項などがすべて明示されているので比較も簡単! 出張費や不明瞭な手数料なども一切なく、当日の急な追加料金も発生しません。 不明点はメッセージで店舗スタッフに直接質問することもできます。 引越し事業者を探しているという方はぜひ一度ご覧ください! 3. 引越し見積もりのタイミング 3-1. 見積もりはいつからとれる? 引越し事業者探しと見積もり依頼は、できるだけ早めにするのが良いですが、そもそも引越しの見積もりっていつからとれるものなのでしょうか。 大手の引越し事業者3社のホームページを見てみると、2社には「2ヶ月前から」、1社には「3ヶ月前から」の記載があります。 早めに引越し日が決まった場合は、2〜3ヶ月前でも見積もりをとれるようですね。 一般的に、賃貸契約解除の事前告知は「1ヶ月前」というケースが多いので、その場合、引越し日が決まってからすぐに見積もり依頼をしても問題ないですね。 個人で住まいを借りた場合には、借り主は1ヶ月前までに、貸主に対して、書面で解約を申し出なければならないとする契約が一般的です。 出典: 3-2. 見積もりはいつまでにとればいい? 3月〜4月、7月下旬〜8月の 繁忙期なら1ヶ月前、1月・6月・夏休み前・11月の 閑散期なら、3週間前には見積もりをとるのがおすすめ。 繁忙期は特に「単身パック」などの格安プランは予約が埋まりやすいので、引越しが決まったら1ヶ月を待たずに早めに見積もりをとるのが良いでしょう。 引越し予約のタイミング調査 見積もり依頼は引越し希望日の1ヶ月前が安心ですが、ではみんなが実際に予約を入れるのは何日前なのでしょうか。 単身の引越しと家族の引越しに分けて調べてみました。 一番多かったのは1週間をきってから予約確定した人ですが、この1週間を日別で見ても大きな差はなく、直前になって慌てる人が多いという訳ではないようです。 家族の引越しでは、全体の約半数の人が2〜3週間前に予約を入れています。 単身の引越しよりも1週間程予約を入れるのが早い傾向にありますね。 単身より荷物が多く準備にも時間がかかるため、早め早めに進める人が多いのかもしれません。 全体を見ると、 引越し予約のタイミングは「引越し予定日の約2週間前から」という結果になりましたが、繁忙期は特に予約が取りづらいため、引越しが決まり次第早めに動くのがおすすめです。 見積もりって電話だけでとれる? 5-1. 電話のみで見積もりがとれるケース 引越しの見積もりをとる方法は、 インターネット・電話・訪問の3つですが、荷物の量によりどの方法で見積もりをとれるかが異なります。 電話のみで見積もりがとれるケースは、単身の引越しや、荷物の量に条件がある引越しミニパック(決まったサイズのコンテナに入る分だけ運べる)などのサービスのみとしている事業者が多いようです。 には、荷物の量だけでなく、家周辺の道路状況や階段の有無なども含まれます。 電話やネットでは荷物の量を正確に把握するのが難しく、また、当日家の前にトラックが停められず追加料金が発生してしまうなどのトラブルになりかねないため、多くの事業者が訪問見積もりを必須としています。 単身もしくは荷物が少ない場合は電話見積もりでも問題ありませんが、訪問見積もりに比べて若干見積もり金額が上がりやすいことを知っておきましょう。 電話やネットで申告する荷物の量は「だいたいこのぐらい」という目安の量なので、当日になり「あ、これも運んで!」と荷物が追加になることも少なくありません。 引越し当日に多いのが、この「荷物が載りきらない」というトラブルです。 このトラブルを避けるため、 引越し事業者は申告された量より少し多めの荷物を想定し、それに合わせて見積もりを出すため、料金が上乗せされやすいのです。 事業者によっては単身引越しであっても訪問見積もりを必須としているところもあります。 5-2. 電話見積もりの流れと注意点 引越し事業者に直接電話で問い合わせる場合、以下の情報が必要です。 特に荷物の量の確認に時間がかかるので、 20分程度の時間を想定しておくと良いでしょう。 電話番号• 引越し希望日、開始時刻• 引越す人の人数• 現住所と引越し先の住所• 現住まいの間取り• 現住まい周辺の道路状況(道幅や駐車の可否など)• 引越し先周辺の道路状況• 家具家電の数と大きさ• 必要なダンボールの数 引越し事業者は、一般的な一人暮らしの住まいにある家具・家電・荷物の量を目安に、「テレビはありますか?」「布団は何セットありますか?」など確認してくれますが、 自分でも大まかに持ち物をリストアップしておくとよりスムーズです。 棚などの家具は特にサイズの確認が必要なので、電話しながら測らなくてもよいよう、事前に測っておくと良いでしょう。 5-3. 見積もり依頼したのに電話がこない!? ネットで見積もり依頼をしたのに電話が来ない……というケースは繁忙期に起こりがちです。 一年の中でも3月はまさに引越し需要のピーク。 この時期、引越し事業者には朝から晩までひっきりなしに見積もりや予約依頼、問い合わせが来るため、 人手不足により単純に対応が間に合わないということも多くあります。 ただでさえ多忙なこの時期、予約がすでに埋まってしまっている場合は、「満車です」という連絡をする余裕がない場合も多いようです。 また、事業者により 「売上を上げるためにどの顧客を優先すべきか」を決めている場合もあり、例えば 「長距離の家族引越し」を多く請けたい場合は、「単身引越し」への対応の優先度が下がり、結果連絡が遅くなることも。 繁忙期に見積もり依頼をする際は、なるべく早めに見積もりをとるように調整しましょう! 6. 見積もりってネットでとれる? 一般的に、ネット上で見積もり金額が確定するのは、引越し事業者が予め運べる荷物の量を設定しているパックサービスのみというケースが多いです。 「 単身引越しパックサービス」や、「 軽トラに積める分だけ運ぶ」赤帽のようなサービス、もしくは「 サイズの決まったコンテナに入る分だけ運ぶ」サービスなど、荷物が少ない人向けのサービスがこれにあたります。 当日の荷物の追加はできないので、引越し事業者側が設定した積載量を超えないよう、不用品は処分しておくなど、荷物の量を調整する必要があります。 【おすすめの関連記事】 【おすすめの不用品回収サービス】 6-1. 見積もり比較サイトの仕組み 引越し見積もり比較サイトは、引越し希望日や引越し先の住所、荷物の量などの情報を登録することで、複数の引越し事業者に一括で見積もり依頼ができるサービスです。 見積もり比較サイトは、 登録された情報を引越し事業者に紹介することで、引越し事業者から紹介料を得てサイト運営をしています。 そのため、利用者は 無料で見積もりサービスを受けられるのが一番のメリットです。 また、複数の事業者に見積もりを依頼する場合、一回につき20分程かかる電話を繰り返さなければなりませんが、見積もり比較サイトなら一度の情報登録で済みます。 サイトにより登録事業者数や入力が必要な項目数に違いがあったり、 引越し料金が割引になる特典や、 お米などのプレゼントがもらえるキャンペーンを実施していたりします。 さらに、各引越し事業者の評判や口コミ、ランキングが掲載されているサイトもあるので、事業者選びの参考になりますね。 6-2. 見積もり依頼をしているので、電話が来るのは当たり前といえば当たり前ですが、立て続けにさまざまな引越し事業者からかかってくるとビックリしてしまいますよね。 見積もり比較サイトと聞くと、 メールで見積書を送ってもらえると思い、気軽に登録してしまう人も多いようですが、前項でご説明した通り、一般的にネットだけで見積もり料金が確定するのは、引越し事業者が条件を決めて提供している、「単身向け」もしくは「荷物が少ない人向けのパックサービス」のみの場合が多いです。 見積もり比較サイトに登録をしても、 より正確な金額を算出するためには、電話もしくは訪問見積もりが必要です。 比較サイトに情報を登録する際、 関連商品やサービスの案内希望を確認する項目に、チェックが入っていることに気づかずに登録してしまったり、 個人情報取扱規約の中に、「商品・サービス案内のため提携会社へ情報を提供する」という内容が記載されている場合もあります。 登録時に規約をしっかり読むという人は少ないでしょうから、 比較サイトの登録と同時に、関連会社への情報提供に同意してしまっているというケースも多いでしょう。 同じ個人情報取扱規約の中に、登録情報削除についての記載があるはずなので、比較サイトの 利用が不要になったときや、勧誘電話が迷惑な場合は、規約の内容に従って登録情報の削除申請をしましょう。 6-3. 見積もり比較サイトを選ぶポイント 見積もり比較サイトを利用した人の体験談にはあまり良くないものも見受けられますが、どの引越し事業者がいいかわからない、もしくは引越し希望日まで時間がなく事業者比較ができないという方もいらっしゃるでしょう。 見積もり比較サイトを利用して引越し事業者を選ぶなら、以下のポイントを参考にしてみてください!• 登録引越し事業者数が多い• 見積もりを依頼する事業者を選べる• 電話番号の記載が不要• 提携会社への情報提供がない そもそも登録している引越し事業者数が少ないと、引越し希望日に対応できる事業者が見つからないケースもあります。 そうなると比較すらできないので、登録している引越し事業者数が多いサイトを選ぶのがおすすめ。 サイトの中には各引越し事業者の口コミを多数掲載しているものもあります。 実際に利用した人の体験談を参考にして希望の引越し事業者を絞り込める場合は、 見積もり依頼時に、希望する引越し事業者を指定できるサイトが良いでしょう。 また、 数は少ないですが電話番号の入力が不要なサイトもあります。 メールで見積もり金額をもらって後ほど電話で見積もりをするとしても、 情報登録後に多くの電話がかかってくることを避けられるので、これは重視したいポイントですね。 利用規約については、複数の見積もり比較サイトの規約を一つ一つ確認していくのはとても手間のかかる作業なので、 多数の事業者に自分の情報を流したくないという方は、見積もり比較サイトではなく、各引越し事業者のホームページから個別に見積もりを依頼するのが良いでしょう。

次の