かんちゃんハクション大魔王。 ハクション大魔王

ハクション大魔王2020

かんちゃんハクション大魔王

1969~70年に放送された前作から約50年ぶりの新作となる。 新作は、現代の東京が舞台で、ハクション大魔王の娘であるアクビが主人公となる。 声優陣も発表され、山寺宏一さんがハクション大魔王、諸星すみれさんがアクビ、山下大輝さんが大魔王の息子である新キャラクターのプゥータ、島袋美由利さんが大魔王の前の主人のカンちゃん(与田山かんいち)の孫、与田山カン太郎をそれぞれ演じる。 「ハクション大魔王」は、1969年10月~1970年9月に放送された人気アニメで、ドジな魔法使いが人間界で巻き起こすドタバタが描かれた。 ハクション大魔王は、童話「アラジンと魔法のランプ」に着想を得て誕生した、和製アラジンの先駆けともいえるキャラクター。 新作は、「夢を持つことの大切さ」がテーマ。 前作から50年の時がたち、ハクション大魔王の前の主人であるカンちゃんの孫、与田山カン太郎のもとにアクビが女王修業のためにやってくる。 アクビが人間界でさまざまな修業を重ね、カン太郎と共に夢を持つことの大切さを発見していく姿が描かれる。 おなじみのギャグはそのままに親子で楽しめるストーリーになるという。 永井幸治プロデューサーは「昭和の名作ハクション大魔王が令和の時代に帰ってきます。 50年前の放送から何度も再放送され、日本中の皆さんが知っているであろうハクション大魔王。 昭和と令和の世界の違いを盛り込んで、子供からお年寄りまで、昔はこうだったとか、家族のだんらんの話のネタに楽しんでいただければと思っています」とコメントを寄せている。 4月11日から毎週土曜午後5時半に放送。

次の

ハクション大魔王2020

かんちゃんハクション大魔王

出まして来ましてアクビちゃ~ん! 概要 CV:(ハクション大魔王)、() ()、Yuppa(おはようハクション大魔王) () (2020年版) 本名は。 しかし、周りからは アクビちゃんと呼ばれることがほとんどである。 大魔王を呼ぶ時は「おとたま」と呼ぶ(母親若しくはそれに類する人物は「おかたま」)。 一人称は「アクビちゃん」。 体型は二頭身と小柄で、髪型はポニーテールにしている。 両耳に大きなイヤリングをつけている。 おてんばでいたずら好きだが気が強く怒らせると怖い。 は上手にこなすことが多く、特に変身魔法が得意で昆虫や鳥などの小動物に変身することが多い。 魔法をかける時にはを叩く(たまに使わないこともある)。 一度父である大魔王と魔法対決をして勝利したこともある。 父親と共に仕えているに、ほのかな想いを寄せている描写があり、最終回ではその事を彼に告白した。 『よばれてとびでて~』で、大々魔王の特例により人間界で修行する事となり、新たな壺の持ち主と出会う。 言葉遣いが子供っぽくなっているが、成長したためか性格は若干大人しめの印象があり、いたずらをする描写もほとんどない。 空飛ぶモモンガ型の絨毯・モンモンを使い移動する。 当初はころんを「ご主人様」と呼んでいたが一緒に行動しているうちに「ころんちゃん」と呼ぶようになった。 色んな魔法でころん達に頑張るも元々のいたずら好きな性格が災いし、うまくいかないことがしばしばある。 壺から登場するときの決め台詞は 「よばれてとびでてパンプリリン!」である。 大好物はコロッケとおはぎ。 とカラスが大の苦手で、前者は見ると全身の血が凍ってしまうらしく、後者は見ただけで魔法が切れてしまう。 『アクビガール』では、のジニーとして登場。 ただし、るるとは最初から面識がある。 また、『パンドラとアクビ』では5頭身のローティーンくらいの外見で登場している。 続篇の『』のアクビはを参照。 『』では という弟がいる。 関連イラスト.

次の

アクビ (キャラクター)

かんちゃんハクション大魔王

1969年に放送されたハクション大魔王は、「アラジンと魔法のランプ」から着想し誕生しました。 くしゃみをすると壺の中から現れるハクション大魔王と、与田山かんいち(通称:かんちゃん)とのドタバタストーリーです。 読売テレビ・日本テレビ系で4月から、毎週土曜日の夕方5時30分から放送です。 このハクション大魔王2020の公式ガイドブックが、4月2日に東京ニュース通信社より発売されます。 作品の見どころやキャラクターなど、画像とともに紹介されています。 アクビちゃんの描き下ろしオリジナルクリアファイルなど、付録も付いて親子で楽しめる1冊です。 1969年版 ハクション大魔王の声は、(おおひら とおる)さん。 大学を中退し、1952年「日本ルーテル・アワー」の専属アナウンサーでデビュー。 フリーアナウンサー・制作プロデューサー・ディレクターなど制作側としても活躍しました。 1955年にTBS劇団へ入団、翌1956年に実写版テレビシリーズ「スーパーマン」の主演、ジョージ・リーヴスの吹き替えを担当し、その後、劇団解散を機にフリーとなります。 1963年に大平プロダクションを設立し。 1982年に大平透声優ゼミナールを開校。 後進の指導にあたりながら、あらゆる役を演じました。 出演テレビアニメ 1963年 鉄腕アトム アニメ第1作 1968年 怪物くん(TBS版) 1969年 ハクション大魔王(ハクション大魔王) 1970年 いなかっぺ大将(大柿矢五郎) 1971年 カバトット(カバ) 1972年 かいけつタマゴン(タマゴン) 科学忍者隊ガッチャマン(南部考三郎博士) 1974年 小さなバイキングビッケ(代官) 1977年 一発貫太くん(野球十兵衛[28]) ヤッターマン(鬼) 1978年 科学忍者隊ガッチャマンII(南部考三郎博士) 1979年 科学忍者隊ガッチャマンF(南部考三郎博士) 1980年 怪物くん 1981年 ダッシュ勝平(誠一郎) 1983年 未来警察ウラシマン(権藤透) 1988年 おそ松くん(デカパン、宇宙人のボス、クミコのパパ、ギャングのボス) 1989年 笑ゥせぇるすまん(喪黒福造) 1992年 さすらいくん(喪黒福造) 1999年 週刊ストーリーランド(ナレーション) 2000年 ONE PIECE(ガイモン) 2001年 よばれてとびでて! アクビちゃん(ハクション大魔王、おとたま校長) 2009年 おじゃる丸(電ボ四十郎) 夢をかなえるゾウ(釈迦) などなど。 そして、アクビちゃんを演じたのが、貴家堂子(さすが たかこ)さんです。 代表作に、「サザエさん」のフグ田タラオ、「天才バカボン」のちゃんなど。 1969年から「サザエさん」ではフグ田タラオ役を現在も続けています。 2019年に「最も長くテレビアニメシリーズにおいて同じ役を演じ続ける声優」としてサザエさん役の加藤みどりとともにギネス世界記録に認定されています。 サザエさんもタラちゃんもアニメでは歳をとっていませんが、声優さんたちは、すっかりおばあちゃんですよね。 それからそれから、カンちゃんこと与田山かんいちを演じたのが、加藤 みどりさんです。 アクビちゃん役の貴家堂子さんとともに、放送開始以来「サザエさん」の主人公・フグ田サザエ役を現在も続けています。 そのほか、MCの「大改造!! 劇的ビフォーアフター」でのナレーションも有名ですね。 出演テレビアニメ 1964年 少年忍者 風のフジ丸(ミドリ[24]、美香) 鉄腕アトム アニメ第1作 1966年 おそ松くん(松野おそ松、ハタ坊) 魔法使いサリー(花村よし子) 1968年 怪物くん(ゴーゴン) 1969年 ハクション大魔王(カンちゃん) もーれつア太郎(デコっ八、松野おそ松) そのほか、ナレーション・ラジオ・吹き替えなどなど。 2020年版のハクション大魔王は、売れっ子声優の山寺 宏一(やまでら こういち)さんです。 「七色の声を持つ男」と呼ばれるほどの声の広域が特徴なうえ、演技力も巧み。 二枚目から三枚目役や、吹き替えも多数の役柄の声を担当していますね。 ものまねも上手ですよね。 出演テレビアニメ 1986年 ドリモグだァ!! アンパンマン(チーズ、カバオくん他) 1995年 新世紀エヴァンゲリオン(加持リョウジ) 2004年 かいけつゾロリ(ゾロリ) 2008年 スティッチ! そして、2020年版アクビちゃん役は、諸星 すみれ(もろほし すみれ )さん。 「千と千尋の神隠し」の湯婆婆に憧れ、3歳で劇団ひまわりに入団します。 2006年7歳の時に、「RED GARDEN」のキャリー役で出演。 7歳にしてプロとしての自覚を持つようになったといいます。 凄いですね。 2009年9歳の時に、「鋼の錬金術師」のニーナ・タッカー役で出演した際に、共演者やスタッフから、幼い声質とは裏腹に「演技が巧み」と評価されたほどです。 今後も期待される若手声優ですね。 出演テレビアニメ 2006年 RED GARDEN(キャリー) 2008年 どーもくん(エスコ) 2009年 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST(ニーナ・タッカー) 2010年 海月姫(クララ) 2011年 スティッチ! 〜ずっと最高のトモダチ〜(リロ幼少期、リロの娘) 2012年 アイカツ! (星宮いちご、フェレッ太) 2013年 GJ部(天使聖羅) 2014年 東京喰種トーキョーグール(笛口雛実) 2015年 ハイキュー!! シリーズ(谷地仁花) 2016年 アイカツスターズ! (如月ツバサ、星宮いちご) 2017年 アイドルタイムプリパラ(ウサチャ) 2018年 おそ松さん(菊) ポプテピピック(ポプ子) など、多数で活躍中。 そして、2020年版では、新たな主人公カンちゃんの孫、与田山カン太郎がキャスティングされ、すっかりカンちゃんこと与田山カンイチはおじいちゃん。 このおじいさんになったカンちゃんを演ずるのが、古川 登志夫(ふるかわ としお)さんです。 1946年7月16日生まれの73歳。 1974年にテレビアニメ「ゼロテスター」の通信員役で声優デビューします。 声優のほか、ナレーターや俳優も。 あの頃のカンちゃんは、私たちのイメージどおり歳をとれたでしょうか。 出演テレビアニメ 1974年 ゼロテスター(通信員) 1976年 ドカベン(渚圭一) 1978年 一球さん(堀田三吉) 1979年 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち(坂本茂) 機動戦士ガンダム(カイ・シデン他) ベルサイユのばら(フロレル・ド・サン・ジュスト) 1981年 うる星やつら(諸星あたる) Dr. スランプ アラレちゃん(ナレーター他) 1984年 北斗の拳(シン) 1986年 ハイスクール! 奇面組(若気市猿、球鯖木巧、流石釣吉) めぞん一刻(坂本) 1989年 ドラゴンボールZ(ピッコロ) 2001年 ONE PIECE(ポートガス・D・エース) 2015年 ワールドトリガー(エネドラ、エネドラッド) 2018年 ポプテピピック(ポプ子) 進撃の巨人(ウーリ・レイス) ONE PIECEのエース役というのは、自分は知らなかったです。 感動!.

次の