ささみ メニュー。 高タンパク&低脂質を「飽きずに食べる」テクニック! ダイエットのガッツリメニュー6

ささみかつスパイシースープカレー|メニュー|松のや

ささみ メニュー

Contents• ささみのダイエットレシピ【前菜編】 ささみのワサビ醤油和え 【材料】• ささみ 4本• かいわれ大根 1パック• 塩、こしょう 適量• 酒 大さじ1• ワサビ 適量• 出汁醤油 小さじ4 【作り方】• 1、ささみを耐熱皿に並べ塩と胡椒をふります• 2、全体にかかったらその上から酒をかけます• 3、ラップをふわっとかけ、皿の下に割りばしを置いてレンジに入れます• 4、500wで1分30秒温めたらひっくり返して30秒温めます• 5、粗熱が取れるまでそのままおいておきます• 6、粗熱が取れたら手で割き、蒸し汁と絡ませます• 7、かいわれ大根は根元を切り落とし、半分に切ります• 8、ボウルにワサビを出汁醤油を混ぜます• 9、ボウルにかいわれ大根とささみをいれたら完成です 【ダイエットに嬉しい栄養素】• かいわれ大根…ビタミンEなどのビタミンを豊富に含み、脂肪の燃焼を促進するグルコシノレートは含まれている• わさび…消化液の分泌を促進し、6-MITCによるデトックス効果が期待される ささみときのこのマリネ 【材料】• ささみ 300g• 塩 適量• 酒 大さじ2• ニンニク 大1片• お好みのキノコ 150g• レンコン 150g• オリーブオイル 大さじ2• すし酢 大さじ2• イタリアンハーブミックス 小さじ2 【作り方】• 1、ささみをシリコンスチーマー 耐熱皿にラップでも に入れ、酒と塩をかけます• 2、600wのレンジで4分加熱します• 3、にんにくをみじん切りにし、れんこんは皮をむいて5㎜の半月切りにします• 4、キノコはすべて食べやすい大きさに切っておきます• 5、フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ香りが出るまで炒めます• 6、キノコとれんこんを入れ炒めます• 7、加熱したささみを割き、食べやすくしてボウルに入れます• 8、ボウルにオリーブオイル、すし酢、イタリアンハーブミックスを入れ混ぜます• 9、冷蔵庫で冷やしたら完成です 【ダイエットに嬉しい栄養素】• れんこん…アスパラギン酸の働きで代謝を上げ、デトックス効果が期待できる• キノコ…キノコキトサンによる体脂肪を燃焼し、排出する効果が期待できる ささみのダイエットレシピ【スープ編】 ささみときのこの和風コンソメスープ 【材料】• ささみ 4本• にんじん 2分の1本• マイタケ 2分の1パック• ぶなしめじ 3分の1パック• レタス 4分の1• 水 2カップ• コンソメキューブ 1個• 日本酒 大さじ1• 醤油 小さじ2分の1~3分の2• 塩こしょう 少量• 片栗粉 大さじ2• 粗挽き胡椒 お好み 【作り方】• 1、にんじんを千切りにします• 2、ぶなしめじは石づきを落として1つずつばらばらにします• 3、レタスは食べやすいサイズにざく切りにします• 4、ささみは筋を取り、1本を4つにそぎ切りします• 5、ささみに胡椒で下味をつけます。 6、5分程度味を馴染ませたら片栗粉をまぶします• 7、鍋にお湯を沸かしておきささみを入れます• 8、ささみに火が通ってきたら、一度ボウルにあげておきます• 9、にんじんを水から茹でます• 10、沸騰してきたらコンソメキューブを入れます• 11、コンソメが解けたら日本酒を加えキノコをいれます• 12、キノコがしんなりしてきたらささみをいれ醤油を入れます• 13、最後にレタスを入れてしんなりするまで煮込みます• 14、盛りつけをしたら完成です。 【ダイエットに嬉しい効果】• 身体を温めながら、キノコのデトックス効果が期待できます。 よりヘルシーにしたい場合は、片栗粉なしでも美味しく仕上がります。 すまし汁風スープ 【材料】• 乾燥えのき 半株• 豆腐 1パック• ささみ 1本• 乾燥わかめ 1~2つまみ お好み• 卵 1つ• 卵豆腐 1パック• 白だし 大さじ1• 酒 大さじ1• 塩 適量 【作り方】• 1、事前にささみは茹でておきます• 2、お椀に3~4杯分のお水をはかって鍋に入れます• 3、温めながらえのき、豆腐、卵豆腐、白だし、酒を入れます• 4、灰汁が出てきたら取りながら煮込みます• 5、乾燥わかめを入れて軽く煮込みます• 6、最後に溶いた卵を回し入れたら完成です 【ダイエットに嬉しい栄養素】• キノコ…脂肪燃焼、デトックス効果• 豆腐…高タンパク質で、大豆の効果で脂肪の吸収を妨げる効果が期待される ささみのダイエットレシピ【メイン編】 ささみとほうれん草炒め 【材料】• ささみ 100g 2本• 卵 2個• ほうれん草 50g• 塩 少々• マヨネーズ 大さじ2• 料理酒 大さじ1• 片栗粉 大さじ1• みりん 小さじ1• 塩麹 小さじ1 【作り方】• 1、ささみは1口大に切り、料理酒と片栗粉をまぶしておきます• 2、温めたフライパンに油をしき、ささみとほうれん草を炒めます• 3、火が通ったらマヨネーズで味を整えます• 4、みりん、塩麹をまぜてフライパンに加えます• 5、よく混ぜたら完成です 【ダイエットに嬉しい栄養素】• ほうれん草…食欲を抑え、代謝を上げる効果が期待される• マヨネーズ…血糖値が上がりにくく、タンパク質を含むため代謝アップを助ける効果が期待される ささみのたらマヨオーブン焼き 【材料】• ささみ 5本• 明太子 たらこ 3本• マヨネーズ 適量• 万能ねぎ 適量 【作り方】• 1、ささみの筋を取り、鍋で5分程度茹でます• 2、茹で上がったら粗熱をとり、ほぐします• 3、明太子は皮を取り、マヨネーズと合わせます• 4、耐熱皿に鶏ささみを並べ、その上にたらマヨソースをかけます• 5、220度に熱したオーブンで10分加熱します• 6、ねぎをトッピングしたら完成です。 【ダイエットに嬉しい栄養素】• 明太子…タンパク質、ビタミンB群が豊富に含まれ代謝を高める効果が期待できる ささみの梅肉しそ巻き 【材料】• ささみ 7本• 梅干し 大2個• 大葉 7枚• 水 茹でる用• ラップ 7枚• 輪ゴム 7個• プチトマト 適量 【作り方】• 1、梅干しの身をはがして包丁でたたきます チューブでの代用もOKです• 2、ささみの筋を取ります• 3、平らになるようにささみの身を開きます• 4、ラップをかぶせて延べ棒などで平らに伸ばしておきます• 5、ささみの上に大葉と梅干しをのせて巻きます• 6、ラップに輪ゴムで巻いたものを止めていきます• 7、お湯に入れて茹でていきます• 8、15分加熱したら鍋ごと10分保温をし粗熱をとっていきます• 9、ラップを取り、食べやすい大きさにきったら完成です• 10、味付けはポン酢やドレッシングなどお好みでおこないます 【ダイエットに嬉しい栄養素】• 梅干し…脂肪の燃焼を促進し、デトックス効果も期待できる ささみのロールキャベツ 【タネの材料】• ささみ ミンチ 200g• 玉ねぎ 3分の1• 卵 1個• パン粉 大さじ2~3• 塩こしょう 少々• キャベツ 4~5枚 【スープの材料】• 水 550㎖• コンソメ 小さじ3• ケチャップ 大さじ2,5• ローリエ 1枚• はちみつ 小さじ1弱 【作り方】• 1、玉ねぎをみじん切りにし、600wのレンジで30秒加熱します• 2、ささみはミンチでない場合、筋を取って細かくたたいておきます• 3、キャベツは芯の部分をそぐか落とすかをし、3~4分茹でて柔らかくします• 4、タネの材料を全て練って混ぜていきます。 5、キャベツに練ったタネを巻きつまようじでくじれないように止めます• 6、スープの材料を全て鍋に入れ、キャベツでまいたタネを入れていきます• 7、沸騰したら蓋をして、弱火で20分~30分程度煮込みます• 8、火を止め5分ほどそのまま置いて味をなじませます• 9、お好みで黒コショウ、ケチャップをトッピングして完成です 【ダイエットに嬉しい栄養素】• キャベツ…食物繊維が豊富で整腸作用が期待され、代謝を促進する効果も期待できる。 けれども、ささみはお肉ですのでたくさん食べなくても満腹感を感じられます。 お腹がいっぱいになっても罪悪感がないのでストレスなく食事が出来ます。 調理次第で味は変えられるので飽きないで食事に取り入れることが可能です。 ただ単にカロリーが低いだけでなく、タンパク質が豊富に含まれているのでトレーニングをしながらのダイエットにはうってつけの食材です。 筋肉をつけながら脂肪を落とすことはダイエットに欠かせません。 食事でしっかりタンパク質を補う必要があります。 ダイエット中は栄養が偏り、肌トラブルなどが起きやすくなります。 しかし、ささみは必要な栄養素が多く含まれるため栄養の偏りも防ぐことが出来ます。 <ささみに含まれる栄養素>• イミダペプチド…疲労回復、ストレスの緩和• ビタミンA…免疫力の向上• ビタミンB2…脂肪燃焼効果• ナイアシン…脂肪、糖質を分解しエネルギーに変える• パントテン酸…カロリーの消費を促す• カルシウム…骨を強く保つ まとめ いかがでしたか? ささみは、ダイエット中の食事に欠かせない食材です。 淡白なささみは味のクセがないので、アレンジの幅も広くなります。 今回は「前菜」「スープ」「メイン」と紹介しました。 毎食の1品にささみを追加してもいいかもしれませんね。 ささみでタンパク質を補いながらトレーニングをして、理想の体型を目指しましょう!.

次の

ダイエット中の食事制限に!ささみを使った簡単レシピ8選

ささみ メニュー

かつやの夏メニューは「冷やしうどん」 気温が高くなるこの時期に、しっかりと食事をしていただきたいという想いから「かつや」は、夏メニュー 「ささみカツ冷やしぶっかけうどん」の開発に至りました。 つるっと食べやすい とろろをトッピングした冷やしぶっかけうどんに、かつやの期間限定メニューで人気の ささみカツ2枚を添えて、食べ応えも充分。 お腹いっぱい召し上がっていただけるよう、麺大盛りもご用意しております。 なお、ささみカツ冷やしぶっかけうどん、ささみカツ大盛冷やしぶっかけうどんは、商品の特性上 店内飲食限定メニューとなります。 とんかつ専門店「かつや」について とんかつ専門店「かつや」は1998年8月、神奈川県相模原市に1号店を開店いたしました。 創業からのこだわりとして、「とんかつ」に使用している北米(カナダ・アメリカ)産の豚肉は、ジューシー感を保つため、加工工場から約2週間熟成されたチルド状態で納品され、店舗で1枚ずつ丁寧に衣付けしております。 定食メニューで人気の、サクサクな衣とやわらかなお肉を味わえる「ロースカツ定食 120gロース」は690円+税と、お手頃価格で「とんかつ」をお楽しみいただけます。 なお、「かつや」では、店内でのお食事だけでなくお持ち帰りのお弁当やとん汁、おかずのみでもご利用いただけます。 ご自宅でゆっくりとお食事されたい時や、今日のおかずにもう一品!という時にはぜひ、お気軽にレジにてご注文ください。 お電話でご予約いただきますと、ご来店時の待ち時間を短縮しお持ち帰りいただくことができます。 これからも、とんかつ専門店「かつや」は、お客様に満足いただける商品やサービスの提供に努めてまいります。

次の

ささみダイエットの方法と効果は?作り置きレシピを紹介!

ささみ メニュー

そのため、ダイエットをしている人たちにとって鳥のささみは非常にダイエット向けの食べ物であるという認識が強いでしょう。 ささみは高タンパク質で筋肉の素となる要素が強く、ダイエット中に痩せたけれど筋肉が減って痩せすぎてしまうことを防いでくれる働きがあります。 このささみを最大限に利用するのがやり方ではありますが、ささみですべての栄養素が摂取できるわけではないので、 3食のうち1食を置き換えるか、ご飯や麺類の代わりにささみを主食にするというやり方が主流でしょう。 ささみのカロリーとダイエット効果は? ささみのカロリーは100gで105kcalなのでだいたい1gが1kcalと覚えてもらえばよいでしょう。 このささみは タンパク質以外にも・鉄分・カリウム・亜鉛・カルシウム・ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンEと様々な栄養素が含まれているので 栄養補給にも非常に高効率な食べ物なのです。 低カロリーということで主食と置き換えた場合には、カロリー制限にもつながり糖質も抑えられるようになるので痩せられる確率が上がります。 また、イミダゾールペプチドというアミノ酸の一種の作用によって筋肉中に含まれる乳酸を分解してくれるようになり、疲労感を軽減してくれます。 ナイアシンも含まれているので皮膚湿疹や肌荒れの防止にもつながるでしょう。 ダイエット中は栄養不足になりやすく肌トラブルも多発する傾向にあるので、そのトラブルを抑制できるのは良い効果だと思います。 ささみのダイエット向け作り置きレシピ3選 作り置きによいささみのレシピはいろいろとありますが3つ紹介したいと思います。 鶏ささみとチンゲン菜とニラのピリ辛大葉煮 【材料】 鶏ささみ10~15本ほど、チンゲン菜4株 2袋 、ニラ1束、椎茸8個、しめじ2株、*大葉2束、水2カップ、お酢大さじ8、砂糖大さじ5、醤油大さじ4、ポン酢大さじ2、豆板醤小さじ1~お好みで、にんにくチューブ少々、生姜すりおろし チューブでもOK 少々 【作り方】 1. ニラは、1cm幅に切る。 椎茸はスライスする。 しめじは、石突きを切り落としてバラす。 チンゲン菜は、5cmほどのざく切りにして、洗って水をきる。 鶏ささみ肉はスジを取って、一口大に切る。 鍋に水と調味料を入れて火にかけ、沸騰したら野菜を入れる。 再び沸騰したら蓋をして弱火にし、10分~15分煮る。 野菜が煮えたら、鶏ささみを入れて混ぜて中火にし、肉にサッと火を通す。 鶏ささみに火が通ったら直ぐに火を止め、最後に大葉をざっくり千切って入れて全体を混ぜる。 *具材の量は、お好みで減らしてもOKです。 具材からも水分が出るので、その場合は、味をみて醤油の量を減らして下さい! これはおつまみにもなりますが、作り置きもできますし、比較的簡単なのでお勧めです。 豆板醤はお好みで加えることで味付けは調整できますが、ダイエット中ということで少なめにしましょう。 出典:cookpad お弁当にも〜ささみベーコン〜 【材料】3人分 ささみ3本、ベーコン3枚、A醤油大さじ1、Aはちみつ小さじ1 【作り方】 下準備:ささみの筋を取っておく 1. ポリ袋にA醤油 大さじ1、はちみつ 小さじ1の材料を入れてささみを入れて15分以上つけておく。 ホイルを敷いた天板の上にオーブンシートを敷いて巻目を下に置いてタレをかけてトースターで10分加熱。 (1200w)終了したら裏返してタレを絡ませ少し置いておく(その間にしっかり中まで火が通ります) 簡単に作れて、作り置きが可能ですので、一度作ればしばらくは食べることができるでしょう。 鶏のささみ肉は、筋の部分を避けるようにそぎ切りしていきます。 1を大き目のボールに入れて、塩麹と黒こしょうを投入して手でよく混ぜ合わせます。 そのまま30分置きます。 ピーマンは縦4等分にカットして斜め切りし、玉ねぎは薄くスライスしておきます。 2を30分置いたら、3の野菜を投入して全体をよく混ぜ合わせてから5分置きます。 4をシリコンスチーマーに入れて蓋をして、電子レンジ500Wで10分ほど加熱します。 加熱し終わったら常温に冷まして保存容器に入れます。 砂糖を使ってないのに甘~い味になるという興味をそそられる一品。 こちらも手軽にでき、作り置きができるので、おすすめのレシピかと思います。 出典:Nadia 基本的なささみのゆで方と筋取り ササミの基本的な茹で方はいくつかありますが、 料理研究家の浜内千波さんがすすめるやり方に準拠して説明していきます。 やり方以下の通りです。 ささみを仕上げる温度というのは70度を少しく超えるくらいなので、沸騰したままだと高すぎるのです。 しかし、時間をかけすぎると温度が下がりすぎてしまうので手早く行いましょう。 筋取りの方法はこれが簡単です。 【手順】 1. フォークとキッチンペーパーを用意します 2. ささみの端から筋を探し出して、フォークを当てます。 フォークから出た筋をキッチンペーパーでつまみ左右にゆっくり引っ張りながら筋を取ります。 参照元:cookpad フォークとキッチンペーパーがあれば実行可能ですので、皆さんも試してみてはいかがでしょうか。 筋を引っ張る時はゆっくり行ったほうが形が綺麗になりますので、早すぎるのは避けたほうがいいでしょう。 唐揚げは避けた方が良い? 基本的にダイエットの場合は揚げ物は避けるべきというのは常識ですが、 植物由来のえごまオイルやアマニ油などのオメガ3系の油を使って揚げた場合はそこまで悪影響は出ないだろうと言われております。 つまり、ささみダイエットをしながらでも、 えごまオイルやアマニ油などのオメガ3系の油を使えば揚げ物はOKということです。 ただし、オメガ3系の油は加熱に向いていないという致命的な弱点があるので、オリーブオイルのようなオメガ9系の油が良いでしょう。 Sponsored Link 逆に 絶対に避けねばならないのが、トランス脂肪酸やサラダオイルといったドロドロ血を引き起こしてしまうような油を使った揚げ物となります。 サラダオイルなどは非常に安価で手に入るので、コンビニなどの大量生産されている揚げ物にほぼ使われておりますが、ダイエット中はこれらのお店で売られている揚げ物はすべて避けるべきと考えてください。 理想はオメガ3系の油を使うことなのですが、加熱に向いていないということを考えると、やはり揚げ物はあまり食べない方がいいかもしれません。 口コミは? ササミダイエットは実行者がそこそこ多いダイエットなので口コミ数も多めではありますが、彼らの意見をまとめると、 そこまでお金はかからないけれど、レシピさえあれば比較的簡単に実行できるし危険性は低いダイエットではありますが、痩せるペースは非常に遅く成功しない人もいるという感じでしょうか。 危険性や難易度としては簡単ではあるのですが、ダイエット成功確率が低いことが難点となっているようです。 ささみを食べれば筋肉がつく? ささみは高タンパクの食材なので筋肉をつけるためには最適な食材ではありますが、ここで勘違いしてほしくないのは 「ささみを食べる=ムキムキになる」というわけではないのです。 ささみを食べることでエネルギー消費時の筋肉減少は減りますが、食べたからといって筋肉が付くわけではありません。 あくまで、 筋トレなどの効果が出やすい状況を整えてくれるだけなのです。 つまり、日常生活でデスクワークが中心で身体をあまり動かす状況にない人は、筋トレなどの筋繊維をしっかりと使う運動をこなさないと筋肉が付くことは無いでしょう。 肉体労働が主体の仕事をしている人の場合はタンパク質摂取が適切に行われているのなら、筋肉が効率よくついていくようになります。 筋肉付けるためには負荷がかかる運動が必須だということを認識して頂けたらと思います。 食べ過ぎれば太る? ささみを食べ過ぎると太るという声はネット上に意外にたくさんあります。 その 最大の理由はささみに頼りすぎていることでしょう。 ささみはタンパク質が豊富で栄養価もかなり多いのですが、それ一つであらゆる栄養素を吸収できるような万能素材ではありません。 さらに言えば、ささみは調理法にバリエーションを持っていないと続けることができずについつい飽きてしまって味を濃くしてしまい、 調味料などで高カロリーの食品に仕上げてしまうことも多く、そちらが原因で太ることも考えられます。 特に調理しないとパサパサした食感で味気が無いという欠点があり、その欠点をうまく補えないと太ってしまう可能性はあるのです。 特に、ささみのみを食べている人は最初のうちは痩せていくでしょうが、そのうち停滞期に入ってしまって、そこで挫折してしまいリバウンドで太るということも考えられます。 つまり、 ささみばかりを食べて他の食材を食べないと栄養不足になって、リバウンドをして太る可能性が高いということになります。 最後に 以上、いかがだったでしょうか。 今回はささみダイエットについて紹介いたしました。 ササミは高タンパク低カロリーの素晴らしい食材ではありますが、それだけでは痩せられない食材ともいえるでしょう。 あくまで筋肉が減りにくくなって作りやすくなるだけなので、しっかりとした運動とセットにしないと効果は薄いです。 基本は糖質制限やカロリー制限、および消費カロリーを増やす運動主体のダイエットとなりますので、このささみを使ったダイエット方法はあくまでオプションと考えたほうがいいと思います。 こちらが主役になってしまいますと、ささみの効果を全部発揮しづらくなってしまいますので、他のダイエットと組み合わせる形にしましょう。

次の