二階堂ふみ リバーズ。 二階堂ふみのヌーディ画像や「私の男」のラブシーン動画まとめ

リバーズ・エッジ : 作品情報

二階堂ふみ リバーズ

2月17日に公開された行定勲監督で、岡崎京子のコミック原作を実写化した二階堂ふみ主演の映画「リバーズ・エッジ」が目も当てられないほどの大コケとなってしまった。 「R15指定ということもあり上映館数は108館。 それだけに何億円も稼ぐ大ヒットは期待されていなかったはずですが、二階堂の脱ぎっぷりやきわどい情欲シーンも週刊誌などでは話題になっていましたし、それからすれば悲惨すぎる興行となりました。 公開初日の17日は昼間に平昌五輪で羽生結弦の滑りがありましたから、全国の映画館で出足が鈍く、普段の土曜日の7~8割だったと言います。 そうしたハンデもありましたが、午後~夜にかけて大ヒット中の『グレイテスト・ショーマン』や『今夜、ロマンス劇場で』は客足を伸ばしました。 翌日の日曜日を合わせても余裕でベスト10圏外。 このままでは打ち切りまでに1億円にも到達しないでしょう」(CD&DVD専門誌記者) 岡崎京子原作といえば、沢尻エリカ主演で映画化された「ヘルター・スケルター」が、公開直後こそ鈍かったものの、その後口コミで客を増やし、最終的には20億円を超える大ヒットを記録した。 二階堂のリバーズにも、同じことが起こる可能性はないのだろうか? 「厳しいでしょう。 ネット上では『沢尻と二階堂のバストトップの差』ともヤユされています。 それに比べ、二階堂は過去にも脱いでいますし、残念ながらバストトップは男も女もあまり憧れない、バストのサイズに比べてトップの輪っかが小さすぎるあのタイプですよ。 もちろん、それが敗因というのは極論ですが、観客が女優に魅力を感じていないかもしれないという推測は当たらずも遠からずと言えそうです」(週刊誌記者) それでも、最近では珍しい体当たり演技も辞さない二階堂。 次なるステップを期待したいところだ。 (塚田ちひろ).

次の

岡崎京子『リバーズ・エッジ』実写映画化 二階堂ふみ&吉沢亮が共演

二階堂ふみ リバーズ

二階堂ふみと吉沢亮が『リバーズ・エッジ』で共演 岡崎京子の同名コミックを映画化した『リバーズ・エッジ』 2月16日公開 で主演を務めた二階堂ふみと共演の吉沢亮にインタビュー。 バブル崩壊後まもない90年代の若者たちが抱く欲望や焦燥、孤独を、21世紀のいまを生きる二階堂たちがどのように受け止め、咀嚼し、体現したのか? 2人に10代当時を振り返ってもらいつつ、本作に懸ける思いを聞いた。 女子高生ハルナ 二階堂ふみ といじめられっ子の同級生・山田 吉沢亮 、摂食障害のモデル・こずえ SUMIRE が、河原で発見した死体という秘密を共有することで、歪んだ友情が結ばれていく。 16歳の時に原作を読んだ二階堂は、その内容にとてもシンパシーを感じたと言う。 「自分が日常で感じているものや感情がそのまま作品の中にあったので、これはすごい漫画だなと思いましたし、ものすごい衝撃を受けました」。 二階堂は本作の映画化を切望する一方で、プレッシャーも感じていたそうだ。 「岡崎さんに対する思いというか、この作品を裏切ってはいけないという気持ちがありました。 私たちより若い世代や同世代の人たちが何かを感じていただけるような作品になるといいなと思います」。 吉沢は、原作と脚本の両方を読み「すごく面白いし、余白が多く文学的な作品」という印象をもった。 「画のインパクトがとてつもない。 独特のタッチから来ている禍々しさがあり、それを実写でどう映すのかという点にとても興味が湧きました。 実際に演じてみたら、すごく難しかったです。 山田という人間の芯の部分と、周りが抱いている山田の印象とのギャップなどを考えたらキリがないくらい深い役で。 現場に入る前も、入ってからもずっと考えていましたが、正解がわからないまま終わったという感じです」。 二階堂はハルナ役を演じるにあたり、10代だった頃の自分と向き合っていった。 「15~18歳くらいまでの時期はものすごく多感で、何かを発見し、自分の感情にも気づく年頃でもあると思います。 私はもう仕事をしていて、仕事の現場が非日常だったので、朝から夕方まで、学校に行っている時間はものすごく退屈に感じていて、生きていることをないがしろにしているところがありました。 でも、大人になると感覚がどんどん鈍くなっていったりするのかなと思います。 傷ついてもかさぶたができて肌が強化されていき、だんだん傷つかなくなったり。 でも、10代の頃は傷つきやすくて、繊細だけど何も感じないというか。 きっとハルナの感情と近かったのかなと、いまだからこそ思えます」。 現在24歳となった吉沢も10代の頃の自分について「あの頃の方が、気持ち悪いことやネガティブなことを考えていた気がします」と告白。 「それこそ性のこととか、いろんなことをもっと考えていたし、想像がもっといろんな方向に膨らんでいたような気がします。 でも、仕事をしたり、様々な経験をすることで、心の高ぶりみたいなものは減っていったのかなと。 そういう部分は理解できたので、山田役は難しかったけど、いろいろと客観的に見ることもできました。 僕はこの歳で演じられたことが良かったのかなと思います」。 現在23歳の二階堂も22歳でハルナを演じたことは結果的に良かったと捉えているようだ。 「撮影当時22歳で、10代からほんの数年しか経っていないのに、自分のことをかなり客観的に見られるようになっていたので、果たしてハルナ役をできるんだろうかという焦りはありました。 でも、やってみたら、ちょっと距離を置くことで振り返ることができたんです。 あの頃だったらわからずにやっていたことを、ある程度理解してやることができたので、終わってからはいまの年齢で演じられて良かったなと思いました」。 『オオカミ少女と黒王子』 16 でも共演した2人。 二階堂は吉沢について「天才っているんだなと。 女の子じゃなくて良かったと思いました。 底が見えないというか、底がない。 どこまでもできちゃう人だと思います」。 吉沢は「そんなことはないです」と謙遜し「バカなのでそこまで考えずにやっているからそう見えるのかもしれない」と苦笑い。 吉沢は二階堂について、『オオカミ少女と黒王子』の時と印象はほとんど変わっていないと言う。 「めちゃめちゃお芝居が上手いですし、それだけではなく、役としていさせてくれるんです。 2人で一緒にお芝居をすると、勝手に自分が役になれているなと思う瞬間があるというか。 すごく引っ張ってもらっているなと思う瞬間がその頃からすごくありましたが、今回もそうでした」。 本作のキャッチコピーは「平坦な戦場で、ぼくらが生き延びること」。 行定監督の下で2人が紡ぎ上げた本作を、劇場でご覧いただきたい。

次の

press.prosperity.com: リバーズ・エッジ: 二階堂ふみ, 吉沢亮, 上杉柊平, SUMIRE: generic

二階堂ふみ リバーズ

名前:二階堂ふみ 生年月日:1994年9月21日 出身地:沖縄県那覇市 身長:157cm 血液型:O型 所属:ソニー・ミュージックアーティスツ 12歳の時にフリーペーパー『沖縄美少女図鑑』のグラビアでデビューし、あまりにも可愛すぎたのですぐさまスカウトされて、ティーン向けファッション雑誌『ニコラ』の専属モデルをしていた二階堂ふみさん。 2009年公開の役所広司初監督作品 『ガマの油』のヒロイン役で映画デビューした当時は 「ポスト宮崎あおい」として注目されましたが、彼女の名前を世に知らしめた出世作である園子温監督の 「ヒミズ」では、その演技が評価されて、 第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。 その後も 『脳男』『地獄でなぜ悪い』『四十九日のレシピ』の3作品で、第35回ヨコハマ映画祭、第56回ブルーリボン賞にて 助演女優賞を受賞するなどまだ22歳ですが、すでに演技派女優として確固たる地位を築き上げています。 」にまさかのレギュラー出演して話題となりました。 また二階堂ふみさんといえば、 恋多き女としても有名でビッグネームの俳優さんやミュージシャンと数々の浮名を流してきました。 と本気で思いましたあやしく美しき冷ややかな女性かと思っていたらば可愛すぎる!!!! この人素晴らしいもう夢中なんですというわけで蜜のあわれと私の男を近日中に観ます。 そういう意味ではすごく幸せだなと感じています。 発信する場所が1つあるだけで自分の考えって確立するし、芯を持っていられるのかなと思います。 そんな芯のある女優・二階堂ふみさんは、好奇心旺盛でチャレンジャー精神の持ち主なので セミヌードや身体を張ったちょっとセクシーなグラビアなどにも躊躇なく挑んでいます。 女優は肩書きでしかないと思っています。 私はあくまでも制作者でありたいとも思うし、表現者でもありたいんです。 このような感性を持っているので、どんな大胆な設定も躊躇なくやりきってしまうようです。 また、 役に入るという概念がなく、 役のキャラクターがわたしという声や体を使っているだけとも言っていたのでカメラの前に立っていても、演じているという感覚がないのかもしれませんね。 ですので、セミヌードようなシーンを撮影したりすることにも一切のためらいがないのかもしれません。 二階堂ふみ主演映画「私の男」のラブシーン動画 二階堂ふみさんは大学に入学した2014年に出演した 映画『私の男』で、これからの活躍を期待する若手俳優に贈られるニューヨーク・アジア映画祭 ライジング・スター・アワードを日本人で3人目の受賞しています。 この映画は体当たりで演じた大胆な濡れ場が話題となりました。 かなり大胆なシーンが多いため、 二階堂ふみさんが18歳になるのを待って撮影したそうです。 「私の男」のフル動画を無料で見たい方は動画配信サイト「FODプレミアム」で見られますよ。 アンちゃん 視聴方法などはこちらの記事で詳しくご紹介しています。 「私の男」は 直木賞作家・桜庭一樹によるベストセラー小説を『海炭市叙景』などの 熊切和嘉監督が映画化。 流氷に閉ざされた北海道と東京を舞台に、 孤児となった少女と彼女を引き取ることになった男の禁断の関係を描き出した物語。 無垢で妖艶な少女を見事に演じ、この役で二階堂ふみさんの見る目が変わったという人も多かったようです。 この役が二階堂ふみさんに決まったのはオーディションだったそうで、 監督は見た瞬間に「花がいる」って思ったそうです。 インタビューでこんなことを語っていました。 たまたま制服で来ていた二階堂さんが、 なんとなくぼんやり頭で描いていた花にすっとピントが合ったんです。 たいていの俳優さんは、 オーディションには「おはようございます!」と元気に来るんですよ。 皆が事務所で教育された快活な応対をしている中、 ひとり、不機嫌な美少女が現れたので、おや? と思って。 話すと、何か芯がある感じがして。 かといって、前に出ようとしない感じもあって。 確実になんていうか、虚業である芸能界のことをすごく醒めて見ている感じがしました。 ああ、絶対、この人と僕はいつか一緒に仕事をするなと思いました。 二階堂ふみさんらしいエピソードですね。 ちょっと目指しているところが、他の女優さんと違うんでしょうね。 え、そんな黒い感じの映画なのね… 二階堂ふみちゃんは「私の男」で好きになりましたわ~😊楽しみ! — さくら 映画垢 x3As7fOjK9lG8Dg 二階堂ふみちゃんは蜜のあわれと私の男の時が好きですね。 役柄と合ってる。 悪の教典の時はそんなに思わなかった。 少女特有の残酷性と無邪気さを兼ね備えてて本当に可愛い。 もう少しああいう役して欲しいなぁ。 エリザベス・オルセンとは逆だなぁ。 二階堂ふみちゃんの、少女から大人の女性への変貌ぶりがすごい。 浅井忠信さんのダメ男っぷりと相まって、頽廃的な雰囲気が醸し… — こんぺいとう kinnokonpeito 『私の男』は名作。 映画の二階堂ふみもまた良かった。 — ゆうた@本好き swallowtail1987 私の男の二階堂ふみのエロさがまじたまらん好き — ゆた nekurayutakun 「私の男」父と娘の禁断の愛。 難しいテーマを18歳の二階堂ふみさんが熱演。 幼さも残りながら妖艶さもあり。 浅野忠信「お前には無理だ」にはカッコ良すぎて笑った。 最後の表情に二時間が集約されていたと思う。 ちょっと足りなそうだから小説読もうかな。 実の父親を近親相姦してまでも自分の所有物にしていたいという娘を超えた女の性。 二人の色気半端じゃないす、、、。 「リバーズエッジ」「私の男」「蜜のあわれ」「渇き。 」「ヒミズ」など、二階堂ふみさんが体当たりで演じた話題作ばかりですね。 しかも、U-NEXTでは 【31日間の無料お試し期間】があり、 その期間内なら見放題の作品ならどれだけ動画を見てもお金が発生することはありません。 簡単な登録だけで、すぐに動画が楽しめますよ。 二階堂ふみさんの作品はほとんどが無料で見放題なので、まだ見ていない作品があればぜひ無料で楽しんでみてくださいね。 バラエティーのレギュラーを引き受けるなど、目指すところがちょっと同世代の他の女優さんと違う気がするので今後も新しいことに挑戦して楽しませてくれそうな気がします。

次の