危険物乙4 合格率。 危険物乙種4類の合格率はどのくらい?難易度や通過率を解説!

乙種第4類危険物取扱者試験(乙4)の合格率

危険物乙4 合格率

比較的難易度は低く短期間で取得できて就職、転職につながる便利な資格です。 テキスト選びから模試まで通信講座のスケジュールに合わせて勉強するのが 一番楽かもしれません。 危険物取扱者とは 危険物とは、ガソリン、灯油などの石油類、金属粉など燃焼性の高い物品のことをいい、これらを安全に取り扱うには専門知識が必要となります、燃焼性が高く危険性のあるこれらの危険物を大量に製造・貯蔵・取扱する場所で必要とされる専門知識を持ち管理責任者の役割を担うのが危険物取扱者です。 印刷、燃料、塗料、薬品など化学工場など、ガソリンスタンドなどの販売所、タンクローリーなどで危険物の輸送や取り扱う場合は、危険物取扱者自身がその作業を行うか、危険物取扱者が作業に立ち会わなければなりません(資格の種類によります)。 危険物の取り扱いや法規制についての専門知識を持ち、貯蔵や取り扱い、またはその指示ができる人、それが危険物取扱者(燃焼性の高い物品の専門家)です。 危険物取扱者(資格)は期待通りの資格か? 合格率は低いのですが、試験の難易度は高くありません、乙・丙は誰でも受験出来る事と、ガソリンスタンドやタンクローリーなどの業種での受験者数も高いため比較的取りやすい資格ですが、職種さえ選ばなければ就職にはつながりやすい資格と言えます、危険物を扱うには必須な資格なので中高年や女性でも日本全国で安定的に求人はあります。 危険物を扱う石油や化学薬品の取り扱いに必要な専門資格のように思えますが、その資格の利用範囲は意外と広いのがこの危険物取扱者の特徴で、建設会社でも接着剤をはじめ科学薬品を多く資材として使うために、運送会社ではガソリン以外にも薬品などの危険物を運搬するために、多くの工場でも危険物を利用する機会は多くこの資格が必要となります。 取りやすい難易度の低い資格の割には持っているとかなり優位な資格です。 自分で試験までの計画を立てるのが苦手な方は通信講座も考えてみては如何でしょうか。 最新のテキストと出題傾向、質問も出来ます。 先ずは無料資料請求をしてみると良いかもです>>> 年収について 危険物取扱者の資格を取得すれば、石油関連施設、化学系メーカー、化学工場、ガソリンスタンドなどの 幅広い分野での就職・転職が可能となります。 年収は就業場所によって異なりますが、 おおよそ平均500万~600万円だと言われています。 また、 国家資格であるために、優遇される場合も多く、通常の給与に資格手当がプラスされることも多いようです。 危険物取扱者は、特定の施設に設置が義務付けられていることからも、ニーズは安定しています。 また、身に着けた専門知識と技術は一生使えるので、一度取得してしまえば将来性も比較的安泰だと言えるでしょう。 ただし、資格を維持するには、定められた期間ごとに都道府県知事が行う講習を受ける必要はあります。 危険物取扱者の仕事と将来性! 危険物取扱者は、甲・乙種・丙種の3種類 資格種類 取扱危険物 甲種危険物取扱者 全ての危険物と立合い 乙種危険物取扱者 第1類〜第6類のうち免状を交付されている類の危険物の取扱いと立会いができる 乙種第1類 酸化性固体(塩素酸カリウム、過マンガン酸カリウム、次亜塩素酸ナトリウム等) 乙種第2類 可燃性固体(硫黄、赤リン、マグネシウム等) 乙種第3類 自然発火性物質及び禁水性物質(ナトリウム、リチウム、黄リン等) 乙種第4類 引火性液体(ガソリン、灯油、軽油、エタノール等) 乙種第5類 自己反応性物質(ニトログリセリン、トリニトロトルエン、アジ化ナトリウム等) 乙類第6類 酸化性液体(過酸化水素、硝酸等) 丙種危険物取扱者 第4類に属する危険物のうちガソリン、灯油、軽油、第3石油類(重油、潤滑油及び引火点130度以上のものに限る)、第4石油類及び動植物油類のみ取扱いができる。 丙種の有資格者による立会いはできない 資格は甲・乙・丙の3種類に取り扱いができる危険物の種類によってわかれます、甲種は、実務経験、学校の専門課程での履修など受験資格が決まっていますが、その他の乙・丙には受験資格は無く誰でも受験することができます。 試験内容は難易度が低いため、独学やテキストを読んで学習すれば十分合格できます。 区分 受験者数 合格率 甲種 22,905人 32. 2% 乙種第1類 13,456人 66. 6% 乙種第2類 13,105人 65. 6% 乙種第3類 14,397人 67. 6% 乙種第4類 271,234人 29. 4% 乙種第5類 14,122人 67. 9% 乙種第6類 16,085人 65. 4% 乙種合計 342,399人 37. 1% 丙種 35,792人 49. 2% 全合計 401,096人 37. 9% 2015年度の受験者数・合格数です。 受験者・合格率の数字を見ると分かるように、受験者数は乙4種が圧倒的に多く、これは乙種4類の取り扱える危険物が引火性液体(ガソリン、灯油、軽油、エタノール等)生活に密着した危険物が多く、就職先も多いため就職・転職に有利なことが理由です。 乙種の他の類の合格率は乙種4類が倍ほど合格率となっています。 他の類の受験者の場合、仕事でどうしても必要であるとか明確な理由を持って受験するために合格率が高くなっていると思われます。 試験の難易度 甲種は難易度は高いです、乙種と丙種も合格率は低いのですが、難易度は低くいのに試験勉強も、まともにしない学生が多く受験するので、低い合格率ほど難易度が高い試験ではありません。 危険物取扱者試験の2015年の合格率は一番難しい甲種が約32. 64%を占めていて色々な方が受験します、中学生、高校生、中高年者なども受験するため合格率が大きく下がっていますが試験の難易度は他の乙種とそんなに変わりません。 事前に何の知識が無くても準備を始めれば十分合格できます、当然ですが時間をかけ学習する必要があり、販売している過去問を繰り返して、内容をきちっと理解すれば合格できます。 自分で試験までの計画を立てるのが苦手な方は通信講座も考えてみては如何でしょうか。 最新のテキストと出題傾向、質問も出来ます。 先ずは無料資料請求をしてみると良いかもです>>> 危険物取扱者試験情報 試験科目及び問題数 種類 試験科目 問題数 甲種 危険物に関する法令 15 物理学及び化学 10 危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 20 乙種 危険物に関する法令 15 基礎的な物理学及び基礎的な化学 10 危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 10 丙種 危険物に関する法令 10 燃焼及び消火に関する基礎知識 5 危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 10 「他の類の危険物取扱者」、「火薬類製造保安責任者」、「火薬類取扱保安責任者」などの資格を持つ場合、又は消防団員として5年以上勤務し消防学校で所定の教育を修了している場合は、試験の一部免除がありますので最寄りの当センター各支部等へお問い合わせください。 一部免除 乙種危険物取扱者試験において次に該当する方は、試験科目の一部が免除されます。 免除資格者 免除種類 試験科目 免除内容 問題数 合計 試験時間 願書添付書類 ア 乙種危険物取扱者免状を有する者 全類 1 法令 全部免除 0問 10問 35分 免状のコピー 2 物化 全部免除 0問 3 性消 —- 10問 イ 火薬類免状を有する者 1類 5類 1 法令 —- 15問 24問 1時間 30分 免状のコピー 2 物化 一部免除 4問 3 性消 一部免除 5問 ウ 乙種危険物取扱者免状を有し、かつ火薬類免状を有する科目免除申請者 1類 5類 1 法令 全部免除 0問 5問 35分 免状のコピー 2 物化 全部免除 0問 3 性消 一部免除 5問 〔備考〕 火薬類免状は、次の免状を意味します。 免除資格者 試験科目 免除内容 問題数 合計 試験時間 願書添付書類 5年以上消防団員として勤務し、かつ、消防学校の教育訓練のうち基礎教育又は専科教育の警防科を修了した者 危険物に関する法令 免除なし 10問 20問 1時間 「5年以上消防団員として勤務したことを証明する書類」及び「消防学校での基礎教育又は専科教育の警防科を修了したことを証明する書類」の両方が必要です。 燃焼及び消火に関する基礎知識 全部免除 0問 危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 免除なし 10問 試験日は都道府県により違いますので各都道府県のHPで確認してください。 試験時間は2時間半です。 3つの科目のうち、ひとつでも正解率が6割を下回ったら不合格になります野で注意してください。 すでに乙種の他の類を取っている方は、危険物に関する法令と、物理及び化学の2科目が免除になり、試験時間は35分に短縮されます。 自分で試験までの計画を立てるのが苦手な方は通信講座も考えてみては如何でしょうか。 最新のテキストと出題傾向、質問も出来ます。 先ずは無料資料請求をしてみると良いかもです>>> 人気のある危険物取扱者の資格試験に絶対合格するには、どんな勉強法が効果的で短時間で身に着くのでしょうか? 今回、危険物乙種4類絶対合格の為の勉強方法をご紹介します。 危険物乙種4類はそれ程難易度の高い取得が難しい資格ではありません、ただ覚えることが多く効率的に勉強しないと幾ら時間が有っても合格しません。 危険物乙種4類を取得したい方、危険物乙種4類の資格に興味があるという方は読んでみて損はありません。 法律で危険物を定められた数量以上に保管している施設では保管している施設の監督者として危険物取扱者の資格保持者を勤務させなくてはなりません、ガソリン、灯油を一定数保管し取扱っている施設といえば、思い浮かぶのはガソリンスタンドですね、近年ガソリンスタンドは少なくなったとはいえ街中に多く存在します。 つれは危険物乙種4類を取得すると他の危険物取扱者乙種の類を取得するより就職に有利な場所が多いのです、更に灯油、ガソリンなどはタンクローリーで運ばれるため危険物乙種4類を取得するとタンクローリーの運転手になることも可能です。 他の危険物乙種の合格率が7割弱ですから、かなり低いです、これは危険物乙種4類の問題だけが極端に難しいのではなく受験者が危険物乙種4類だけ突出して多く、その結果合格率が低くなっているのです(これは業務上会社に言われた等が原因かと思われます)。 なので問題の難易度は他の乙種と変わる事は無く受験する人の試験に対する向き合い方の違いです、危険物取扱者の試験は足切はありませんので合格点に達していれば取得できますから頑張って勉強する事が大切です。 それらには危険物乙種4類に合格するには、試験の3か月ほど前から勉強を開始したと書かれています、「3か月も勉強しなくては合格できないの?」あるいは「3か月で合格出来るんだ」と思うかもしれません、すべての人が3か月で合格出来るかというと、そうとは限りません。 当たり前ですが、既にガソリンや軽油を取り扱っている職場の人や、出題傾向の知識がある方は短い勉強時間で合格出来るかもしれません、また初めて勉強する人は3か月以上時間が必要かも、更には一日に勉強できる時間にもよります、ただ知識が豊富な人でも一夜漬けの勉強で合格できるほど甘い資格ではない事を自覚しておきましょう。 危険物乙種4類の試験勉強は法令や化学物質の名前を暗記し過去問を解いて間違ったところを覚え直す事の繰り返しです。 特別な勉強方法はありません、ただひたすらコツコツと勉強していく事です。 危険物乙種4類試験は社会人の方が受験する事が多いのですが、仕事をしながら試験を受ける人は学生のようにまとまった時間を勉強に充てる事は難しいですね。 社会人の方は通勤時間や、昼食時などわずかな隙間時間を勉強にあてる必要があるかもしれません。 電車の中で10分あれば法律を一つ覚えられますし、昼食を早く済ませ20分あれば過去問を一科目する事も可能です。 「時間が無いので勉強できなかった」という言い訳をする事ないように常に参考書を持ち歩くくらいの気概が大切です。 自分で試験までの計画を立てるのが苦手な方は通信講座も考えてみては如何でしょうか。 最新のテキストと出題傾向、質問も出来ます。 先ずは無料資料請求をしてみると良いかもです>>> 纏めてみました 少しはお役に立てたでしょうか、今回は危険物乙種4類の勉強法についてお話ししました。 1.危険物乙種4類は合格率は低いけれど、難易度は高いわけではない 2.時間を作り、暗記と過去問を行う勉強法が一番 3.最新の参考書・過去問題集を徹底的に勉強する ということです。 危険物取扱者、この試験の難易度は国家資格全体からみれば高くはないかもしれませんが暗記すべきこと多くスムーズに勉強していかないと試験当日まで試験範囲が終わらないかもしれません。 また化学の知識のない初めての方が勉強する時には、見慣れない記号や数値、文字の羅列を見ると、それだけで嫌になるかもしれません。 その為にも初めて勉強を始める方は、分かり易さを重点にした参考書を選ぶ事も重要です。 社会人で通勤時間などに隙間時間に勉強をする方は、携行性や電子化された参考書を選ぶと便利かもしれませんが自分のやり方を早く見つけることです。 さらに、同じように資格取得を目指している人が集まっているSNSや掲示板を見てもやる気がわいてきますよ。 の3つです、この問題もよく試験に出る問題なので確実に覚えておきましょう。 実は、この3つのカテゴリは更に細かく分けられます、当然ですがその全てを覚えておく必要があります、今回は危険物施設に含まれる3つの施設について、詳しくお話ししますので、危険物の試験勉強に役立てください。 危険物施設の製造所 危険物を作っている施設が危険物の製造所と呼ばれています。 当然ですが危険物に指定されている物を製造している施設は全て危険物の製造所になります。 間違えやすいのですが、危険物を保管している施設は製造所ではありません、貯蔵所となるので間違えないように注意しましょう。 危険物施設の貯蔵所 危険物を屋外や屋内に保管あるいは違う場所に運ぶために作られた施設を危険物の貯蔵所よ呼ばれます、具体に例を挙げてみましょう。 屋外・屋内貯蔵所 油の入ったドラム缶の集積場など 屋外・屋内タンク 地下タンク 簡易タンク 燃料を運ぶタンクローリー これらの施設が危険物の「貯蔵所」と呼ばれるカテゴリに含まれる施設です。 危険物施設の取扱所 危険物の取扱所は、危険物の給油、販売、パイプラインによる移送、危険物を実際に使う施設などが含まれ少し分かり難いので更に細かく分けてみす。 取扱所とは?• 給油取扱所:ガソリンスタンド。 販売取扱所:容器に入った危険物の販売を行う施設。 移送取扱所:配管やパイプなどで危険物を移送する施設。 一般取扱所:1~3に当てはまらない取扱所。 ボイラー室・塗装室・バーナーを使う施設等実際に危険物を使う施設。 危険物の取扱所は上記のように細分化することができます。 「販売取扱所」では、危険物を販売することはできるのですが容器に入った危険物を、小分けして販売することはできませんし「移送取扱所」は事故や災害防止するためトンネル内の設置は禁止されています。 勿論これも試験によく出る問題なので覚えておきましょう。 施設の特徴 今回は危険物施設と呼ばれる3つの施設とその特徴をお話ししました。 危険物を作る製造所 危険物を保管しておく貯蔵所 危険物の給油や販売、危険物を使う施設を含む取扱所 上記の3つを全てまとめて「危険物施設」と呼びます、この3つは危険物の試験にとても良く出る問題です、必ず覚えておきましょう。 国家資格や民間の資格と資格には色々ありますが、「危険物取扱者」は多くの資格の中でも人気のある資格のひとつです。 危険物取扱者の資格を取りたいと思っている方に必見です! 先ほどもお話ししたように、危険物取扱者の資格は甲種、乙種、丙種の3つに分けられていて、その中でも人気なのが、すべての危険物を取り扱うことができる甲種とガソリン、灯油、植物油の運搬、取扱いができる危険物乙種4類です、この二つは合格率が30弱〜40%弱の資格です実は、一見簡単そうに見えても、ポイントを押さえて勉強していないと合格は難しい、というのがこの資格の特徴なのです。 そこで今回は、危険物取扱者の資格に合格するための勉強方法をご紹介致します。 1.効率の良い学習法で! 「過去問を、ただただ解いていれば危険物取扱者の資格試験に合格する」と思ってます? 危険物乙種4類の試験に合格するには効率良く勉強する事です、過去問を解くことは大切ですが、過去問から全てが出題されるわけではないので、広く危険物についての正しい知識を学んで行く必要があります。 そうすれば問題の出題傾向が変わった時にも対応する事が出来ます、「危険物について学ぶ」「学んだ範囲内の問題集に挑戦する」「どこを間違えたか確認する」「簡単に復習する」事を繰り返し行ない、過去問の答えの数ではなく危険物の知識の量を増やす事です。 自分で試験までの計画を立てるのが苦手な方は通信講座も考えてみては如何でしょうか。 最新のテキストと出題傾向、質問も出来ます。 先ずは無料資料請求をしてみると良いかもです>>> 2.試験まで日々の目標を立てる 毎日をダラダラ勉強するのはヘコミませんか、日々達成可能な目標があれば勉強を続けやすくなります。 当然ですが危険物取扱者試験勉強を、する時も同じですダラダラ勉強するのではなく、自分が達成できる目標を作ることで、それを目標に勉強しましょう。 「毎日テキストを3ページ読む」「毎日10問の練習問題を解く」という、単純なな目標を立てれば勉強を続けることができ短期間であなた自身の取得点数を上げることができるのです。 3.テキストを何時も持ち歩く 以外に効果的なのがテキストを常に持ち歩き、暇さえあれば見るという勉強方です、当然ですが計画的に勉強することが基本です、しかし勉強の時間以外にもテキストに触れる機会を、多く作る事で試験勉強のための意欲を高めることができるのです。 いつでも目を通せるようにテキストを持ち歩く事が試験合格率をアップさせる助けになります。 危険物取扱者の資格を短期間で取るためには効率的な方法で勉強する必要があります。 1.効率の良い学習法を身に付ける 2.目標を立てる 3.テキストを常に持ち歩く この3つの方法を続ける事で、あなたの試験合格率は大幅にアップするはずです。 合格への第一歩、まずは無料の資料請求から 資格試験対策•

次の

危険物取扱者 難易度 |絶対合格 合格率

危険物乙4 合格率

危険物取扱者の受験者は例年30万人程度。 そのうち乙種第4類の受験者数は約20万人と、約65%を占めています。 危険物取扱者の資格は全部で8種類あることを考えると、その割合は圧倒的だということが分かるでしょう。 危険物取扱者の中で甲種は6%、丙種は8%と受験者の割合が少ないのですが、理由としては甲種が実務経験もしくは専門の学科を卒業しているなどの受験条件があることや、丙種が扱える危険物の幅が狭く立会いも出来ないなど活かせる場が限られること、などの要因が考えられます。 乙種の中でも乙4に人気が偏っているのはやはりガソリンなどを含み、社会的に需要の多い資格であるためと言えるでしょう。 乙種第4類(乙4)とは• ガソリンスタンド 必須ではありませんが、ガソリンなどの引火性液体を取り扱っている場所なので資格を持っていると歓迎されます。 特にセルフのガソリンスタンドでは、有資格者がいることでモニター越しに「無資格者の立ち会い」をおこなっていることになるので、重宝されます。 タンクローリーの運転手 引火性液体の運搬をおこなうタンクローリーは、乙種第4類の資格保有者が運転手か同乗者である必要があります。 ただし人員数の関係から、運転手が資格保有者であることがほとんどです。 石油会社 石油の製造・管理にも乙種第4類は必要なので、石油会社でも歓迎されます。 就職してから取得が義務づけられている会社もあるので、事前に取得しておくと就職が有利に働く可能性が高いでしょう。 自動車整備工場 整備士などの資格が一般的ですが、それにプラスして乙種第4類の資格を保有していればキャリアアップに繋がるでしょう。 整備工場ではガソリンの入った燃料タンクなどを取り扱うので、資格があるだけで信頼を得やすくなります。 乙種第4類の資格を取得しているだけで上記の業種の就職に有利になり、正社員登用や昇給などのチャンスが得られる可能性も高くなります。 乙種第4類(乙4)の試験科目• 危険物に関する法令:15問• 基礎的な物理学および基礎的な化学:10問• 危険物の性質並びに火災予防および消火の方法:10問 試験時間は2時間で、実技試験はありません。 なお、乙種の他の類の資格を取得している場合は上記の1と2は免除され、3の10問のみの受験となります。 消防試験研究センターのホームページ上には過去問の一部が載せられていますが、それだけで対策をおこなうのは難しいのが実情です。 そこで株式会社レソリューションでは、にしてご用意しております。 自分の好きな時間に好きな場所で学習できるので、隙間時間を活用して学習が可能。 過去に間違えた問題だけを復習することもできるので、苦手分野の克服にも役立ちます。 合格基準、合格率は?• 乙1:65%~70%• 乙2:70%前後• 乙3:65%~70%• 乙5:65%~70%• 乙6:65%前後 と乙4以外の合格率は60%~70%と高くなっているためです。 これは、まず乙種第4類を取得してから他の乙種の取得をする受験者が多いことが挙げられます。 乙種第4類を取得していれば免除科目があるため、受験するのは1科目のみとなります。 そのため対策する範囲が狭まり、十分な学習ができていると考えられます。 乙種第4類の合格率が30〜40%だったのに対し、それ以外の乙種の合格率は60〜70%と高くなっています。 これは、まず乙種第4類を取得してから他の乙種の取得をする受験者が多いことが挙げられます。 乙種第4類を取得していれば免除科目があるため、受験するのは1科目のみとなります。 そのため対策する範囲が狭まり、十分な学習ができていると考えられます。 合格率に差はありますが、乙種第4類だけが特別難しいわけではありません。 おわりに.

次の

危険物乙4の合格率が異常に低い理由言っちゃ悪いが、1ヶ月...

危険物乙4 合格率

1.危険物取扱者乙種4類の資格保持者ができること 1-1.必要とされる職場は多い 危険物取扱者とは、消防法で定められた危険物の取り扱いや定期点検、保安の監督ができる国家資格です。 また、危険物取扱者が立ち会えば無資格者でも危険物を取り扱うことができます。 私たちの身近には危険物が意外と多く、危険物取扱者を取得している人を必要とする職場も少なくありません。 具体例を挙げると、化学工場・ガソリンスタンド・石油プラント・タンクローリーの運転手などですね。 1-2.危険物取扱者乙種とは? 危険物取扱者には甲種・乙種・丙種の3種類があります。 丙種はできることがとても限られているので、多くの方が甲種や乙種の資格取得を目指します。 甲種に合格すれば消防法に定められているすべての危険物を取り扱ったり保安の監督をしたりすることができますが、甲種をし受験するためには大学で化学に関する学科の単位を取得しなくてはならない、などの条件があります。 一方乙種は危険物の分類とおなじ1~6類までの資格があり、合格した類の危険物を取り扱ったり、保安の監督をしたりできます。 こちらのほうは受験資格は特に必要ありませんので、受験者が最も多いのですね。 1-3.なぜ乙種4類が人気なのか 危険物乙種といえば4類の代名詞になっておるほど、乙種4類を受験する方は多いです。 これは、乙種4類で取り扱える危険物がガソリンや灯油、軽油など私たちに一番なじみのあるものだからです。 また、ガソリンや灯油、軽油を扱っている場所といえばガソリンスタンド。 ガソリンスタンドを経営したり、セルフサービスのガソリンスタンドの監督者になるためには乙種4類の資格が不可欠なのです。 また、この資格を持っていればタンクローリーを運転することもできますし、石油プラントなどでも働くことができるのですね。 つまり、一番転職の幅が広がる資格なのです。 関連記事 2.乙種4類を受験したいあなたへ 2-1.まずは4類を取得してみよう 危険物取扱者は、1類~6類まであり、どれを受験するかは自由です。 職場で取り扱っている危険物の類を受験するという方が多いようです。 もしあなたが将来のために危険物取扱者の資格を取りたいけれど、どの類を受験していいかわからないという方は4類を受験してみましょう。 ガソリンや灯油、軽油を全く知らないという方は少ないですし、身近にあるものの方がイメージがわきやすく覚えやすいということもあります。 また、乙4類は受験者が多い分参考書なども良いものが多く勉強しやすい、という点もあります。 2-2.難易度はどのくらい? 危険物取扱者の合格率は平均して40%前後、国家資格の中では比較的取りやすい資格です。 難易度は中くらいといったところでしょうか。 ちなみに乙種全ての類を合格した最年少は7歳。 こう聞くととても簡単な資格のように思えますが、勉強しないで合格できるほど甘くありません。 2-3.乙4類だけ合格率が低いのはどうして? 危険物取扱者の試験は問題の60%以上の正解で合格になります。 合格者の人数は決まっていないので、足切り点などはありません。 乙種4類の合格率が若干他の類より低いのは、受験者数が多いせいです。 受験者数が多ければ全体の人数分の合格者は少なくなるので合格率が下がるというわけです。 乙種4類の試験だけ特別難しいということではありません。 3.危険物取扱者乙種4類に合格するための勉強法 3-1.試験内容はどんなもの? 危険物取扱者乙種の試験内容は• 危険物に関する法令• 基礎的な物理学及び基礎的な化学• 危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 の3つです。 この3つのうちどれかひとつでも正解率が60%未満だと不合格になりますので注意しましょう。 試験の方法は5つの選択肢の中から正解を選ぶマークシート方式で試験時間は2時間です。 この3つのうち最後の危険物の性質などが類によって問題が異なります。 試験日は前期(4月~9月)と後期(10月~翌年3月)にわかれており、どちらも受験内容は同じです。 前期に落ちたので後期に再チャレンジ、ということも可能です。 合格者は後日のHPで発表され、結果が合否を問わず郵送されます。 合格発表当日はHPにアクセスが集中し、繋がりにくくなりますので注意をしましょう。 3-2.どうやって勉強したらいいの? 危険物取扱者乙種の試験勉強の方法はとにかく暗記です。 法令や化学、物理の知識、危険物の性質などをすべて覚え込めば合格間違いなしでしょう。 前述した7歳の子供が合格できたというからくりはここにあります。 たとえ内容が理解できなくても、とにかく暗記さえしてしまえば問題は解けるのですね。 しかし「その暗記が難しい」という人はたくさんいるでしょう。 特に科学や物理の知識や法令は日常では聞きなれない単語のオンパレードです。 ですから、ごろ合わせや繰り返しの音読など自分で最も覚えやすい方法で暗記をするのが必勝法なのです。 3-3.目で見て、耳で聞いて、口に出して覚える 物事を暗記する方法は人によって異なります。 目で見たほうが覚えやすいという人、耳で聞いたほうが覚えやすいという人、口に出して行ったほうが覚えやすいという人、様々ですね。 そこで大切になるのが参考書選びです。 危険物取扱者の参考書はたくさんの種類が出ています。 昔ながらのブック式もあれば、DVD式のものもあり、最新式のものはスマートフォンやタブレットでも視聴が可能です。 その中で自分が一番勉強しやすいものを選んでください。 働きながら勉強をする人は勉強時間の確保も大切ですね。 通勤時間や職場の昼休みなども有効に使いましょう。 その時に自分で覚え安い方法で法令や知識を徹底的に暗記してください。 参考書を選び間違えなければすんなりと頭の中にはいってくるはずですよ。 3-4.過去問を繰り返しとく 本当に自分が必要な知識を暗記したのか確かめる最も有効な方法は過去問を解くことです。 危険物取扱者の試験は、過去問が形を変えて出されることも多く過去問を解くことはとても有効な勉強方法なのです。 最初は時間がかかっても構いませんが、試験日1か月前になったら、できるだけ試験時間と同じ時間で解けるように時間配分を工夫しましょう。 その時に間違ったところを再度覚えなおせば効率的ですね。 これで合格間違いなしです。 関連記事 おわりに いかがでしたか? 今回は危険物取扱者乙種の難易度や勉強方法についてご紹介させていただきました。 まとめると• 乙種の中でも4類は人気が高く受験者も多い。 合格率は平均して40%前後、難易度は普通。 勉強はほぼ暗記が中心。 自分に合った参考書を見つけることが合格の秘訣。 過去問を繰り返しとく。 ということです。 また、最近はインターネットで受験者同士が交流をしたり、合格者が自分の勉強法を公開しているサイトもあります。 それらを利用したり、参考にするのも合格への足掛かりになるでしょう。 楽して合格する方法はありません。 地道に粘り強く勉強をして合格を勝ち取ってください。

次の