ラーメン 王。 ラーメン王 (らーめんおう)

【閉店】ラーメン王 (らーめんおう)

ラーメン 王

ラーメン王 〒986-0853 宮城県石巻市門脇字鷲塚169-1 営業時間 定休日• 祝祭日 その他 席数 席 駐車場• 有 台• 無 禁煙・喫煙• 全面喫煙可• 完全禁煙 貸切• 貸切可• 貸切不可 予約• 予約可• 予約不可• 完全予約 平均予算 カード• VISA• MASTER• JCB• AMEX• Diners• その他• 「ラーメン王」近くの施設情報.

次の

ラーメン王 後楽本舗 (こうらくほんぽ)

ラーメン 王

ラーメン店の取材という仕事なだけに、ラーメン好きの大学生が採用された。 渡邉友美さんと坂口慧悟さんは緊張している様子で今の心境を語ってくれた。 石神さんからはプロのコツを学びたいと思います」 坂口さん「福岡出身で豚骨ラーメンを親しんできましたが、東京に来て種類の豊富さに驚き、さらにラーメンが好きに。 今回は石神さんから極意を教えてもらいつつ、愛してやまないラーメンの魅力を全力で伝えたいです」 そんな2人のもとへ石神さんが登場。 ここから、激レアなレクチャーがスタート! 石神さんからグルメレポートのノウハウを習得! テレビ、雑誌でおなじみの石神さんを前に、顔もこわばる2人。 石神さんは席に着くなり、惜しげもなくグルメレポートのコツを話し出した。 「大切なことは3つ。 まずは店についての説明。 外観や営業形態など特徴的なところを取り上げる。 そして、商品の解説。 ここには味や調理工程も含まれます。 最後はその店の存在意義。 たくさんある飲食店の中で他と違うところを引き出して、スポットを当てる。 たとえば食材や店主のこだわりなど。 そうすると、飲食店の取材はうまくいくよ」 2人は石神さんの言葉を聞き漏らさないよう、必死にメモを取って頭にたたき込んだ。 今日は2軒のラーメン店を石神さんと取材。 2人は1軒ごとにライターとカメラマンを担当することに決めた。 役割分担ができたところで、ラーメン店に出発だ! 四谷三丁目「にぼっしー中華そば家」で、新作ラーメンの取材! 最初の取材先は四谷三丁目にある「にぼっしー中華そば家」。 ここではライターを坂口さん、カメラマンを渡邉さんが担当した。 坂口さんは店主の人となりに着目し、そこにポイントを置いて取材を進めるが、すぐに質問に困ってしまい……。 そこですかさず石神さんが「スープに使っているものは?」「麺の材料は?」「チャーシューの作り方は?」とラーメンのこだわりの部分を次々に質問。 店主もそれに応じてテンポ良く返していた。 その間、カメラマンの渡邉さんは取材の様子をはじめ、店内の印象的なものを撮影。 麺にこだわっているという話から、石神さんの指示で麺の手もみをする店主の手元を撮影した。 今回紹介する商品は、トマトベースの新作ラーメン。 イタリアンのシェフ出身の店主ならではの発想で誕生したものだ。 出来たてが目の前に出されると、すぐに撮影スタート。 渡邉さんがシャッターを切っていると、石神さんから「こんな角度から撮って!」というアドバイスが。 それに従い、順調に撮影を終えた。 最後は、味を伝えるための試食。 麺をすすると坂口さんは「新感覚で美味しい!」と称賛。 続いて石神さんが試食。 プロの食べ方を少しでも盗もうと、坂口さんは真剣にその様子をうかがっていた。 「自家製麺MENSHO TOKYO」の自信作!ラムベースの濃厚ラーメンを取材。 2軒目に訪れたのは、後楽園にある「自家製麺MENSHO TOKYO」。 ここでは役割を交代してライターを渡邉さん、カメラマンを坂口さんが担当した。 このお店のラーメンの特徴は、低温で焼き上げたラムのゲンコツと豚骨のスープ。 事前に勉強してきた渡邉さんは、店主との会話もスムーズだ。 石神さんが途中、質問をプラスし、専門性の高い内容 を聞き出し、取材に厚みを持たせていた。 その後、商品の撮影に。 今回提供してもらったのは定番の「ラム豚骨らーめん」。 石神さんの指示のもと順調に撮り終えると、ライターの渡邉さんが試食。 「麺がもちもち!程よいラムの風味がたまりませんね!」と絶賛。 続いて食べた坂口さんは、「すごく濃厚!僕好みです」と感動の言葉を店主に伝え、2人の取材は無事に終了した。 いよいよ原稿作成へ。 石神さんのチェックはいかに……!? 事務所に戻ったバイトメンバーは、早速、原稿を書くことに。 文字数は400字程度。 出来上がった原稿は石神さんから添削を受ける予定だ。 取材メモを参考にしながら、2人は黙々と書き続けた。 しばらくして「終わりました!」と、坂口さんが石神さんに原稿を提出。 ドキドキしながらチェックを待っていると、石神さんは「『店主はイタリアンのシェフ出身』という言葉を足した方がいいね」と指摘した。 続いて渡邉さんの原稿を添削。 この部分を直して」と、石神さん。 2人とも簡単な直しだったことに、ホッとひと安心。 指示通りに修正し、無事に原稿を書き終えた。 ここで石神さんからサプライズ。 なんとご自身の著書本『ラーメン最強うんちく』にサインをしてプレゼントしてくれた!大喜びだったバイトメンバーに、今回の激レアバイトの感想を伺った。 坂口さん「的外れな質問もあって店主を戸惑わせてしまい、反省が残りました。 石神さんは豊富な知識量で信頼関係を築いていたので、もう少し勉強してくれば良かったなと……。 原稿は自信なかったですが、伝える仕事はもっとやってみたいです。 地元をPRするような仕事をしたいと、将来の希望も膨らみました」 渡邉さん「人と話をするのが好きなので、店主にインタビューしている時は楽しくて。 話題を膨らますことで、取材対象者が心を開いてくれた瞬間は『ヤッター』と思いました。 この経験を強みに、マスコミ業界で働くことを目指します」 今回のことで夢が明確になった2人。 この経験を支えに、大きく成長していくことだろう。

次の

王時計

ラーメン 王

ラーメン店の取材という仕事なだけに、ラーメン好きの大学生が採用された。 渡邉友美さんと坂口慧悟さんは緊張している様子で今の心境を語ってくれた。 石神さんからはプロのコツを学びたいと思います」 坂口さん「福岡出身で豚骨ラーメンを親しんできましたが、東京に来て種類の豊富さに驚き、さらにラーメンが好きに。 今回は石神さんから極意を教えてもらいつつ、愛してやまないラーメンの魅力を全力で伝えたいです」 そんな2人のもとへ石神さんが登場。 ここから、激レアなレクチャーがスタート! 石神さんからグルメレポートのノウハウを習得! テレビ、雑誌でおなじみの石神さんを前に、顔もこわばる2人。 石神さんは席に着くなり、惜しげもなくグルメレポートのコツを話し出した。 「大切なことは3つ。 まずは店についての説明。 外観や営業形態など特徴的なところを取り上げる。 そして、商品の解説。 ここには味や調理工程も含まれます。 最後はその店の存在意義。 たくさんある飲食店の中で他と違うところを引き出して、スポットを当てる。 たとえば食材や店主のこだわりなど。 そうすると、飲食店の取材はうまくいくよ」 2人は石神さんの言葉を聞き漏らさないよう、必死にメモを取って頭にたたき込んだ。 今日は2軒のラーメン店を石神さんと取材。 2人は1軒ごとにライターとカメラマンを担当することに決めた。 役割分担ができたところで、ラーメン店に出発だ! 四谷三丁目「にぼっしー中華そば家」で、新作ラーメンの取材! 最初の取材先は四谷三丁目にある「にぼっしー中華そば家」。 ここではライターを坂口さん、カメラマンを渡邉さんが担当した。 坂口さんは店主の人となりに着目し、そこにポイントを置いて取材を進めるが、すぐに質問に困ってしまい……。 そこですかさず石神さんが「スープに使っているものは?」「麺の材料は?」「チャーシューの作り方は?」とラーメンのこだわりの部分を次々に質問。 店主もそれに応じてテンポ良く返していた。 その間、カメラマンの渡邉さんは取材の様子をはじめ、店内の印象的なものを撮影。 麺にこだわっているという話から、石神さんの指示で麺の手もみをする店主の手元を撮影した。 今回紹介する商品は、トマトベースの新作ラーメン。 イタリアンのシェフ出身の店主ならではの発想で誕生したものだ。 出来たてが目の前に出されると、すぐに撮影スタート。 渡邉さんがシャッターを切っていると、石神さんから「こんな角度から撮って!」というアドバイスが。 それに従い、順調に撮影を終えた。 最後は、味を伝えるための試食。 麺をすすると坂口さんは「新感覚で美味しい!」と称賛。 続いて石神さんが試食。 プロの食べ方を少しでも盗もうと、坂口さんは真剣にその様子をうかがっていた。 「自家製麺MENSHO TOKYO」の自信作!ラムベースの濃厚ラーメンを取材。 2軒目に訪れたのは、後楽園にある「自家製麺MENSHO TOKYO」。 ここでは役割を交代してライターを渡邉さん、カメラマンを坂口さんが担当した。 このお店のラーメンの特徴は、低温で焼き上げたラムのゲンコツと豚骨のスープ。 事前に勉強してきた渡邉さんは、店主との会話もスムーズだ。 石神さんが途中、質問をプラスし、専門性の高い内容 を聞き出し、取材に厚みを持たせていた。 その後、商品の撮影に。 今回提供してもらったのは定番の「ラム豚骨らーめん」。 石神さんの指示のもと順調に撮り終えると、ライターの渡邉さんが試食。 「麺がもちもち!程よいラムの風味がたまりませんね!」と絶賛。 続いて食べた坂口さんは、「すごく濃厚!僕好みです」と感動の言葉を店主に伝え、2人の取材は無事に終了した。 いよいよ原稿作成へ。 石神さんのチェックはいかに……!? 事務所に戻ったバイトメンバーは、早速、原稿を書くことに。 文字数は400字程度。 出来上がった原稿は石神さんから添削を受ける予定だ。 取材メモを参考にしながら、2人は黙々と書き続けた。 しばらくして「終わりました!」と、坂口さんが石神さんに原稿を提出。 ドキドキしながらチェックを待っていると、石神さんは「『店主はイタリアンのシェフ出身』という言葉を足した方がいいね」と指摘した。 続いて渡邉さんの原稿を添削。 この部分を直して」と、石神さん。 2人とも簡単な直しだったことに、ホッとひと安心。 指示通りに修正し、無事に原稿を書き終えた。 ここで石神さんからサプライズ。 なんとご自身の著書本『ラーメン最強うんちく』にサインをしてプレゼントしてくれた!大喜びだったバイトメンバーに、今回の激レアバイトの感想を伺った。 坂口さん「的外れな質問もあって店主を戸惑わせてしまい、反省が残りました。 石神さんは豊富な知識量で信頼関係を築いていたので、もう少し勉強してくれば良かったなと……。 原稿は自信なかったですが、伝える仕事はもっとやってみたいです。 地元をPRするような仕事をしたいと、将来の希望も膨らみました」 渡邉さん「人と話をするのが好きなので、店主にインタビューしている時は楽しくて。 話題を膨らますことで、取材対象者が心を開いてくれた瞬間は『ヤッター』と思いました。 この経験を強みに、マスコミ業界で働くことを目指します」 今回のことで夢が明確になった2人。 この経験を支えに、大きく成長していくことだろう。

次の