てんとう虫てんとう虫行かないでおくれ。 スピリチュアルな観点でのてんとう虫について

てんとう虫のスピリチュアルな意味は幸運のシンボル!

てんとう虫てんとう虫行かないでおくれ

Contents• てんとう虫は見るだけでも幸運の報せと言われており、体や手にとまったり家の中に入ってくるなど、てんとう虫がより近くに寄ってくるということは幸運の兆しが強くなるということです。 それは、『幸運のシンボル』が敢えて自ら近くに寄ってきてくれたということです。 てんとう虫を見かけた、てんとう虫が家の中に入ってきた、てんとう虫が手や体にとまった、といいうことがあった場合は、幸運が訪れるということです。 てんとう虫のスピリチュアルなメッセージ てんとう虫は特に女性にとって幸運の使者ですので、女性がてんとう虫を見かけたり体にとまった場合は、男性以上に幸運な出来事が期待できるでしょう。 高い波動を持つてんとう虫が触れることで、その女性の運気も上がり、波動が高まると言われています。 また、男女共にてんとう虫を見つけただけでも効果はありますが、さらに見つけた瞬間に願い事を唱えれば、願いが叶うと言われています。 ほかにも健康面に不安があるときにてんとう虫を見かけたら、それは回復することを伝えるメッセージです。 てんとう虫は弱っているところや病んでいるところを回復させ、負の要因を取り去ってくれます。 そして体調は回復し、エネルギーを感じることができるでしょう。 てんとう虫を見かけると、人間関係が円滑になったり、上手くいかなかったことが突然上手くいき始めたり、想定外の良いことが起こるなど、幸運なことが起こります。 てんとう虫には「大丈夫、幸運が訪れるよ」というメッセージがあります。 落ち込んでいるときや上手くいかないとき、そんなときにてんとう虫を見かけたら、運気が好転するというメッセージだと捉えてください。 てんとう虫を見たら捕まえた方がいいの? ここまでのお話しで、てんとう虫がどれだけ縁起の良い虫であるかはお分かりいただけたのではないでしょうか。 『幸運のシンボル』であるてんとう虫。 今までてんとう虫を何気なく見過ごしていた人にとっても、てんとう虫は特別な存在になったかもしれませんね。 「それならいっそ、てんとう虫を飼って、いつも傍に置けば良いのでは?」 そう考える人もいるかもしれませんね。 では、どこかでてんとう虫を見かけたら、虫網で捕まえて、虫カゴに捕獲しますか? いくら傍に置いておきたいからといって、虫網で捕まえるのは絶対にしてはいけません。 あくまでもてんとう虫がメッセージをもって現れなければ、幸運とは無縁のものになってしまいます。 無理矢理捕まえられて虫カゴに閉じ込められたてんとう虫が、幸運をもたらしてくれると思いますか? そうです、それではてんとう虫のメッセージを得ることはできないのです。 自然にてんとう虫が現れるのを待ちましょう。 人は、過大な幸福を求めるあまり、身近な幸せに気付けないことがあります。 「もっともっと」と望む前に、いま目の前にある幸せに気付きましょう。 てんとう虫と言えば赤地に黒いホシですが・・ てんとう虫と言えば『ナナツボシテントウムシ』を思い浮かべる方は多いでしょう。 赤地に黒いホシが7つ描かれたてんとう虫は、日本人には馴染みがありますね。 しかしてんとう虫には、実はいくつもの種類があります。 日本で良く見掛けるのが、黒地に赤いホシが2つの『ナミテントウムシ』です。 実はナミテントウムシはナナツボシテントウムシよりも生息する数が圧倒的に多く、見かけることも多いのではないでしょうか。 スピリチュアル的には、ナナツボシテントウムシとナミテントウムシには込められたメッセージに違いはありません。 いずれも『幸運のシンボル』ですし、願い事を叶える存在でもあります。 てんとう虫は高い波動を持っており、そうした意味でもナナツボシテントウムシとナミテントウムシに差はありません。 赤地に黒い7つ星と比較すると、黒地に赤い2つ星の見た目は害虫のように感じてしまうかもしれませんが、駆除してはいけません。 見かけたら、ナナツボシテントウムシと同様に、自分の幸運に感謝して願いを唱えましょう。 てんとう虫が手や体にとまる幸運 てんとう虫は幸運のシンボルとして紹介してきましたが、虫嫌いの人にとっては不快な存在でしょう。 しかし気を付けていただきたいのは、たとえ家の中に入ってきても決して駆除してはいけない、ということです。 幸運のシンボルであるてんとう虫は、言わば幸福を届けにやってくる存在です。 「幸運が訪れますよ」という報せを持って現れたてんとう虫ですから、間違っても駆除してはいけません。 また、てんとう虫が手や体にとまるということは、てんとう虫を見かける以上に、家の中に入ってくる以上に、強いメッセージは込められていることが考えられます。 てんとう虫が手や体にとまるということは、「幸運がやってくる」「悪いものを取り去る」「病気を持ち去る」というメッセージがあり、願い事が叶うとも言われています。 ですから、手や体にとまったてんとう虫を払ったりしてはいけません。 てんとう虫は自然と飛び立っていきますので、そのときをジッと待つようにしましょう。 一度は鑑定を受けてみたい占い師 【dainmt ダイ 先生】YouTuberヒカルを鑑定した話題の占い師! 今、密かに話題の占い師と言えば、「原宿占い館 塔里木 タリム 」で活躍する dainmt先生。 YouTuberヒカルさんのチャンネルで、鑑定をして話題になった占い師です。 その動画がこちら、、、.

次の

見つけるとラッキー!幸運を呼ぶ虫・生き物たちをまとめました

てんとう虫てんとう虫行かないでおくれ

スポンサーリンク スピリチュアルな観点でのてんとう虫の意味や解釈、メッセージ てんとう虫は、幸運のお告げをしてくれる波動の高い虫。 冬はどうしてる?幼虫は? てんとう虫は、〝幸運を運んでくる虫〟〝幸運の予兆を知らせる役目を持っている〟と言われ、幸運や幸せをお告げをしてくれるとも言われています。 見ることだけでも幸運の知らせであり、他にも恋愛運や健康運、金運などもアップしてくれるオールマイティーな幸運なシンボル・象徴とされる虫。 てんとう虫を見ることだけでという理由としては、高い波動のてんとう虫を見ることにより自分自身が高い波動になってきていることを確認することもできますし、運気や波動を高めてくれているとも考えることができるからであると思います。 てんとう虫がいる場所は、波動が高い浄化されている場所ともされます。 そんな場所でてんとう虫と一緒に瞑想なんてするといいかもしれませんね。 上手くいっていないことが上手くいくや想定外に良いことが起こるというメッセージがあるとも言われており、落ち込んでいたり、上手くいっていない時に見ることができると良い変化が起こる前兆ではないでしょうか。 上手くいっていないことが上手くいくということは、円滑になるという意味合いがあるようですので、人間関係について上手くいく、円滑になるという解釈にもなると思います。 てんとう虫が活動している期間は、意外と長く3月から11月ぐらいまでの間らしいので、出会えるチャンスは多そうです。 春先の天気の良い日に餌になるアブラムシが多そうな草の茂った場所を探すと成虫や幼虫が見つかることが多いです。 生息地は、北海道・本州・四国・九州・南西諸島。 冬はどうしているのかというと成虫で集団になって冬を越します。 寒さをしのげそうなところ、木の割れ目や家屋の隙間、石の裏、草むらを探して、ナナホシテントウムシやナミテントウムなどのそれぞれの種類で集団になるようです。 この集団で冬を越すということも先程の人間関係が円滑になるということにも繋がってくるとも思います。 先程、幼虫の話が出てきたので、てんとう虫のサナギや幼虫を見たときにはどのような意味や解釈、メッセージがあるのかというと、幸運や運気が上がる前触れ。 幸運が近づいてきている今が踏ん張りどころ!!と私は解釈します。 てんとう虫の成虫を見た時点が幸運として考えると、その一歩手前であると思います。 努力されていることや目標が達成されたり、問題や悩みなどが解消されることが近づいてきているので、「もう少しですよ!!」というメッセージと受け取ることもできると思っています。 聖母マリア様の化身とされて、お天気が良いことへの暗示にもなるようです。 ドイツでもマリア様の甲虫(カブトムシ)と呼ばれ、誕生日カードに添えられたり、幸せを呼ぶ虫として喜ばれているそうです。 オランダでは神さまの小さい動物。 フランスでは、神さまの虫とされ、今抱えている心配事やトラブルを改善し、ネガティブを持ち去ってくれるということでアクセサリーとして身に付けらることも多いようです。 ベルギーでは、若い女性の手に止まると1年以内に結婚すると言われており、結婚したい女性はネイルにてんとう虫の絵を描くということもしているようです。 ノルウェーでも縁結びや恋愛のチャンスを与えてくれるシンボル。 男女が一緒にてんとう虫を見つけると愛が芽生えるやその相手が運命の人とも言われている。 赤ちゃんを運んできてくれる虫とされているのがスイスで、日本でいうところのコウノトリの役割ですね。 フランスでアクセサリーとして身に付けると書きましたが、ヨーロッパではブローチやハンカチ、ネクタイなどの日常に幸運のてんとう虫の柄を取り入れています。 シャネルなどのハイブランドもモチーフとして使っていますし、タトゥーでもラッキーという意味でデザインとして使われることも多いとのこと。 アメリカでは、金運の象徴とされ、家に入ってくるとお金が入ってくるや丸星の数が多いほど金運がアップすると考えられています。 アメリカ先住民も幸運や良い夢、良い眠りの象徴。 アジアでは、人の言葉が分かる虫。 中国の伝説では愛の開花の象徴とされるようです。 日本でも海外でも女神の使い!!女性に幸運が期待できる? 日本では太陽(天)に向かって飛ぶことから、天の使いともされています。 天照大御神 = 女神(いろいろな説はありますが・・・)から、女神の使いとされているようです。 天の使いや女神の使いと呼ばれるわけですので、スピリチュアルなパワーを持っている虫であると考えらます。 前項でも書いたように、イギリスではマリアさまの化身。 ドイツでもマリアさまの甲虫と呼ばれることもあり、日本でも外国でも女神の使いとされるところがあるようです。 古いクリスチャン文化では、女性を守る虫とされ、女性がてんとう虫を見ることは、男性以上に幸運が期待できるされることもあるようです。 赤や黒い色、黄色のてんとう虫の意味や解釈は?体の赤と黒の組み合わせが恋愛運を高める!! てんとう虫というと、赤い体に黒色の丸い星をイメージすることと思いますが、黒色に赤星や黄色い体のてんとう虫もいます。 てんとう虫は、日本国内だけで180種類。 世界には5,000種類いると言われています。 代表的な3種類を説明しますね。 赤い体に黒い丸星が7つある日本でお馴染みの「ナナツボシテントウムシ」。 次に、黒い体に赤い丸星が2つの「ナミテントウムシ」。 このナミテントウムシ、実はナナツボシテントウムシより圧倒的に数が多く生息しているらしいです。 ナナツボシテントウムシとナミテントウムシ、どちらも高い波動を持つ〝幸運のシンボル(象徴)〟として考えてもらってよいです。 赤いテントウ虫も黒いテントウムシも意味合いは変わらないということです。 風水的には赤が生命力、黒が信頼を表します。 この赤と黒の組み合わせが恋愛運をアップさせる組み合わせになるそうです。 そうなるとナナツボシテントウムシとナミテントウムシは体と星の色が逆という違いはありますが、恋愛運を上げてくれる虫という解釈ができそうですね。 また、草木が多いところで見るよりは、街中でてんとう虫を見かけた方が恋愛運はより高くなっているとされるようです。 より珍しいということでのこのように解釈されていると考えます。 黒いてんとう虫は、風水での黒からの信頼や誠実という意味より父性を表し、星の赤の仕事運や積極性、決断力なども加わって社会的な成功、仕事での出世という意味や解釈もできるでしょう。 残りの1種類は、体が小さく黄色の「キイロテントウムシ」。 ナナツボシテントウムシと比べると、体の大きさは約半分ぐらいの小さいてんとう虫です。 食性からもてんとう虫はアブラムシやカイガラムシを食べてくれる益虫され、キイロテントウムシはウドンコ病菌などの菌類を食べてくれたりもします。 キイロテントウムシは、赤や黒のてんとう虫よりも幸運と解釈されることも多いです。 単純に数が少ないためと黄色という色が風水で金運アップの意味合いがあることもその理由になっていると思います。 実際に宝くじで高額当選した方の中に黄色いてんとう虫が手や頭に止まったという人がいるそうです。 代表的な赤・黒のてんとう虫に関しては、意味合いや解釈に違いや変化はないと思ってもらって大丈夫だと思います。 日本でも海外でも女神の使いとされていることから、恋愛や結婚、妊娠などに対しての意味や解釈として用いられることが多い虫でもあります。 この辺りは詳しく次のブログ記事で書いてみたいと思っています。 今回は、てんとう虫の意味や解釈、メッセージを書いていますが、スピリチュアル全般を勉強したいという方のために無料メルマガを始めました。 また、今後イベントなどの案内も優先的にこちらから行っていく予定です。 下記から無料メルマガに登録していただけましたら、この記事のようないろいろなものからの意味や解釈、メッセージを受け取るヒントなどの内容もお送りいたします。

次の

スピリチュアルな観点でのてんとう虫について

てんとう虫てんとう虫行かないでおくれ

Contents• てんとう虫は見るだけでも幸運の報せと言われており、体や手にとまったり家の中に入ってくるなど、てんとう虫がより近くに寄ってくるということは幸運の兆しが強くなるということです。 それは、『幸運のシンボル』が敢えて自ら近くに寄ってきてくれたということです。 てんとう虫を見かけた、てんとう虫が家の中に入ってきた、てんとう虫が手や体にとまった、といいうことがあった場合は、幸運が訪れるということです。 てんとう虫のスピリチュアルなメッセージ てんとう虫は特に女性にとって幸運の使者ですので、女性がてんとう虫を見かけたり体にとまった場合は、男性以上に幸運な出来事が期待できるでしょう。 高い波動を持つてんとう虫が触れることで、その女性の運気も上がり、波動が高まると言われています。 また、男女共にてんとう虫を見つけただけでも効果はありますが、さらに見つけた瞬間に願い事を唱えれば、願いが叶うと言われています。 ほかにも健康面に不安があるときにてんとう虫を見かけたら、それは回復することを伝えるメッセージです。 てんとう虫は弱っているところや病んでいるところを回復させ、負の要因を取り去ってくれます。 そして体調は回復し、エネルギーを感じることができるでしょう。 てんとう虫を見かけると、人間関係が円滑になったり、上手くいかなかったことが突然上手くいき始めたり、想定外の良いことが起こるなど、幸運なことが起こります。 てんとう虫には「大丈夫、幸運が訪れるよ」というメッセージがあります。 落ち込んでいるときや上手くいかないとき、そんなときにてんとう虫を見かけたら、運気が好転するというメッセージだと捉えてください。 てんとう虫を見たら捕まえた方がいいの? ここまでのお話しで、てんとう虫がどれだけ縁起の良い虫であるかはお分かりいただけたのではないでしょうか。 『幸運のシンボル』であるてんとう虫。 今までてんとう虫を何気なく見過ごしていた人にとっても、てんとう虫は特別な存在になったかもしれませんね。 「それならいっそ、てんとう虫を飼って、いつも傍に置けば良いのでは?」 そう考える人もいるかもしれませんね。 では、どこかでてんとう虫を見かけたら、虫網で捕まえて、虫カゴに捕獲しますか? いくら傍に置いておきたいからといって、虫網で捕まえるのは絶対にしてはいけません。 あくまでもてんとう虫がメッセージをもって現れなければ、幸運とは無縁のものになってしまいます。 無理矢理捕まえられて虫カゴに閉じ込められたてんとう虫が、幸運をもたらしてくれると思いますか? そうです、それではてんとう虫のメッセージを得ることはできないのです。 自然にてんとう虫が現れるのを待ちましょう。 人は、過大な幸福を求めるあまり、身近な幸せに気付けないことがあります。 「もっともっと」と望む前に、いま目の前にある幸せに気付きましょう。 てんとう虫と言えば赤地に黒いホシですが・・ てんとう虫と言えば『ナナツボシテントウムシ』を思い浮かべる方は多いでしょう。 赤地に黒いホシが7つ描かれたてんとう虫は、日本人には馴染みがありますね。 しかしてんとう虫には、実はいくつもの種類があります。 日本で良く見掛けるのが、黒地に赤いホシが2つの『ナミテントウムシ』です。 実はナミテントウムシはナナツボシテントウムシよりも生息する数が圧倒的に多く、見かけることも多いのではないでしょうか。 スピリチュアル的には、ナナツボシテントウムシとナミテントウムシには込められたメッセージに違いはありません。 いずれも『幸運のシンボル』ですし、願い事を叶える存在でもあります。 てんとう虫は高い波動を持っており、そうした意味でもナナツボシテントウムシとナミテントウムシに差はありません。 赤地に黒い7つ星と比較すると、黒地に赤い2つ星の見た目は害虫のように感じてしまうかもしれませんが、駆除してはいけません。 見かけたら、ナナツボシテントウムシと同様に、自分の幸運に感謝して願いを唱えましょう。 てんとう虫が手や体にとまる幸運 てんとう虫は幸運のシンボルとして紹介してきましたが、虫嫌いの人にとっては不快な存在でしょう。 しかし気を付けていただきたいのは、たとえ家の中に入ってきても決して駆除してはいけない、ということです。 幸運のシンボルであるてんとう虫は、言わば幸福を届けにやってくる存在です。 「幸運が訪れますよ」という報せを持って現れたてんとう虫ですから、間違っても駆除してはいけません。 また、てんとう虫が手や体にとまるということは、てんとう虫を見かける以上に、家の中に入ってくる以上に、強いメッセージは込められていることが考えられます。 てんとう虫が手や体にとまるということは、「幸運がやってくる」「悪いものを取り去る」「病気を持ち去る」というメッセージがあり、願い事が叶うとも言われています。 ですから、手や体にとまったてんとう虫を払ったりしてはいけません。 てんとう虫は自然と飛び立っていきますので、そのときをジッと待つようにしましょう。 一度は鑑定を受けてみたい占い師 【dainmt ダイ 先生】YouTuberヒカルを鑑定した話題の占い師! 今、密かに話題の占い師と言えば、「原宿占い館 塔里木 タリム 」で活躍する dainmt先生。 YouTuberヒカルさんのチャンネルで、鑑定をして話題になった占い師です。 その動画がこちら、、、.

次の