ちきゅうなげ 剣盾。 【上級者の育成論】HPの奇数調整、2n+1調整や3n調整とは【ポケモン剣盾】

「かわりもの」のメタモンと「へんしん」の仕様!変身するべきポケモンとは? |ポケモニット

ちきゅうなげ 剣盾

へんしんを覚えるポケモン 「へんしん」を覚えるポケモンはメタモンにミュウ、ドーブルの3種のみとなっています。 ミュウは幻であり、メタモンは特性「かわりもの」で変身できることから、「へんしん」という技は実質ドーブルの専用技とも言えます。 へんしんの仕様 変身時にコピーするものとコピーしないものがあります。 全てを紹介すると冗長になってしまうので、主に対戦で重要なものに焦点を当てて紹介します。 コピーするもの 変身すると姿が変化し「たかさ」や「おもさ」も変わりますが、特に重要なのは以下の3つになります。 技構成 変身したポケモンの技を全て使えるようになります。 どんな技を覚えているのか判別するのにも便利ですね。 しかし、 PPが一律「5」になる点には注意です。 (へんしんのPPを増やしても変わりません。 ) タイプ・特性 メタモンはノーマルタイプですが変身後は変身したポケモンのタイプに変化します。 特性も同様です。 HP以外のステータス 各種ステータスは変身の対象となったポケモンと同じ値になります。 ただし、HPだけは変身前と同じ値になります。 ステータス変化 能力が上昇していたり下降していたりといった情報も受け継ぎます。 これは非常に重要で、「かそく」を持つ「バシャーモ」や「からをやぶる」を使った「パルシェン」に素早さで追いついたりすることもできるわけです。 コピーしないもの 変身しても名前はそのままですよね。 それ以外にも変わっていない情報が多く存在しています。 レベル レベルは変わらないので「ちきゅうなげ」の威力や一撃必殺の命中率は変身したポケモン側に依存します。 性格 意外にも性格は変わりません。 混乱実を持たせる場合でも安心ですね。 状態異常 状態異常にかかっていたらその状態を引き継ぎます。 「毒」状態の毒タイプといった珍しい光景が見れることも! めざめるパワーのタイプ めざめるパワーのタイプは変身側に依存しています。 めざパを覚えている可能性のある積みアタッカーで4倍弱点持ちというとかなり限られてきますが、例えば めざパを「いわ」にしておけば「ちょうのまい」を積んだ「ウルガモス」を倒すことができたりしますね。 おんがえしとやつあたりの威力 ノーマルタイプのポケモンに変身したときには「おんがえし」や「やつあたり」を覚えていることがありますが、なつき度まではコピーされません。 どちらを意識するかは任せますが、なつき度の調整は忘れずに行っておきましょう! その他 他にも重要な点がいくつかあるので紹介します。 ねこのてで発動しない 「へんしん」は「 ねこのて」で選ばれない技になります。 そのため、 ねこのてを使った構築ではメタモンが一緒に採用されることも多いです。 メガシンカしたポケモンにも変身できる メガシンカしたポケモンに変身することも可能です。 この場合メガストーンは必要なく、また自分のポケモンのメガシンカも問題なく行うことができます。 メタルパウダー・スピードパウダーは変身前のみ有効 メタモンの専用アイテムである「メタルパウダー」や「スピードパウダー」は変身後に効力がなくなってしまいます。 「こだわりスカーフ」や「きあいのタスキ」を活用しましょう。 かわりものとは? メタモンは夢特性が「かわりもの」という専用特性になっています。 これは場に出たタイミングで「へんしん」を行う強力な特性です。 少し入手は難しいですが頑張る価値はあるでしょう。 なお、ダブル・トリプルでは正面のポケモンを変身対象とするので配置にも注意しましょう。 イリュージョンという特性 変身以外にも姿を変えられる「イリュージョン」という特性があります。 ゾロアとゾロアークが持っている特性なのですが、この特性は姿を変えることで相手を錯乱させるための特性にすぎず、見た目以外に関しては何も変化しないものとなっています。 HPに努力値を振ろう HP以外の数値は相手のポケモンの値になるので、メタモンを育てる場合にはHPに努力値を振っておけば問題ありません。 個体値もめざパにこだわらないのならHPだけVで構いません。 ドーブルで味方に変身する動きも! ダブルやトリプルではドーブルが変身を使ってくることもあります。 ドーブル自体も猫騙しやこの指でのサポートが得意なので積み技を使うポケモンと相性がよく、その味方に変身していくムーブも強力なものになります。 グロウパンチを積んだメガガルーラやジオコントロールしたゼルネアスに変身を決められれば勝負は決まったようなものです。 ですが、ドーブルはあくまでもサポートが仕事になるので、悠長な相手に対して一気に畳み掛けるようなケース以外では無理に変身を狙わないほうが良いでしょう。 まとめ 能力変化をコピーするため、なるべく積み技を使ったポケモンに変身していくのが良いでしょう。 メガシンカに進化するのもおもしろいかもしれません。 ただし、PPは少なくなってしまうので注意しましょう。 かわりものメタモンは入手こそ面倒なものの、一度手に入れてしまえば努力値や技などのメンテナンスが必要ないのでその点では楽だといえます。 対戦では相手の技構成を見れたり面白い動きができるので、是非手に入れてみてください!•

次の

【上級者の育成論】HPの奇数調整、2n+1調整や3n調整とは【ポケモン剣盾】

ちきゅうなげ 剣盾

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の

ちきゅうなげ (ちきゅうなげ)とは【ピクシブ百科事典】

ちきゅうなげ 剣盾

優先度とは 「すばやさ」に関係なく技を繰り出すことができる先制技などに付いている数値のこと。 また、優先度が同じ場合だと「すばやさ」が早いほうが先に技を繰り出すことができる トリックルーム時は遅い順から。 他にも「トリックルーム」「ほえる」「ふきとばし」などの技には「- マイナス 」の優先度が付いている。 この場合は通常の技より遅く発動してしまうがそれに見合う強力な効果が付いていることが多い。 5倍にする。 連続で繰り出すと失敗しやすくなる。 連続で繰り出すと失敗しやすくなる。 連続で繰り出すと失敗しやすくなる。 連続で繰り出すと失敗しやすくなる。 また、直接攻撃をしてきた相手を「どく」状態にする。 連続で繰り出すと失敗しやすくなる。 また、直接攻撃をしてきた相手の「こうげき」ランクを2段階下げる。 連続で繰り出すと失敗しやすくなる。 また、直接攻撃をしてきた相手の「ぼうぎょ」ランクを2段階下げる。 連続で繰り出すと失敗しやすくなる。 連続で繰り出すと失敗しやすくなる。 よこどり あく 変化 10 — — 相手が使用しようとした回復技や能力ランクを変化する「変化」技を無効にして自分が使用する。 使用するポケモンが場に出た最初の行動時のみ成功する。 スポットライト ノーマル 変化 15 — — 自分以外のポケモンに選択することができる。 そのポケモンは相手から受ける技をすべて自分が受ける。 ただし、全体技には効果がない。 「ひらいしん」「よびみず」「このゆびとまれ」「いかりのこな」「サイドチェンジ」の効果を無視する使い方もできる。 ワイドガード いわ 変化 10 — — 1ターンの間、味方全体は全体技を受けない。 トリックガード フェアリー 変化 10 — — 1ターンの間、味方全体は変化技を受けない。 しんそく ノーマル 物理 5 80 100 — フェイント ノーマル 物理 10 30 100 相手が「まもる」「みきり」「ニードルガード」「トーチカ」「キングシールド」「ブロッキング」「トリックガード」「ファストガード」「ワイドガード」をしようしている場合はその技を解除して攻撃ができる。 「ダイウォール」の場合は解除はできないがフェイントのみ攻撃が通る。 いかりのこな むし 変化 20 — — 1ターンの間、相手の技をすべて自分が受ける。 ただし、全体技や相手が「くさ」タイプの場合もしくは「ぼうじんゴーグル」を持っている場合には効果がない。 このゆびとまれ ノーマル 変化 20 — — 1ターンの間、相手の技をすべて自分が受ける。 ただし、全体技には効果がない。 サイドチェンジ エスパー 変化 15 — — 自分と味方の場所を入れ替える。 アクアジェット みず 物理 20 40 100 — こおりのつぶて こおり 物理 30 40 100 — マッハパンチ かくとう 物理 30 40 100 — しんくうは かくとう 特殊 30 40 100 — がまん ノーマル 物理 10 — — 技を使用してから2ターンの間に受けたその間に受けたダメージを2倍にして相手に与える 固定ダメージ。 技を発動している2ターンの間は何も行動ができない。 アクセルロック いわ 物理 20 40 100 — かげうち ゴースト 物理 30 40 100 — つぶらなひとみ フェアリー 変化 30 — 100 相手の「こうげき」ランクを1段階下げる。 プラズマシャワー でんき 変化 25 — — 1ターンの間、すべての「ノーマル」タイプの技が「でんき」タイプになる。 ただし、相手が「くさ」タイプの場合もしくは「ぼうじんゴーグル」を持っている場合には効果がない。 優先度-1 技名 タイプ 分類 PP 威力 命中率 あてみねなげ かくとう 物理 10 70 — 必ず命中する。 優先度-2 なし 優先度-3 技名 タイプ 分類 PP 威力 命中率 きあいパンチ かくとう 物理 20 150 100 技を発動する前に攻撃技によるダメージを受けると失敗する。 トラップシェル ほのお 特殊 5 150 100 相手全体が対象。 相手の物理技を受けたときに攻撃ができる。 ただし、相手から物理技を受けなかったり技を使用したポケモンが倒れると発動できない。 くちばしキャノン ひこう 物理 15 100 100 技を発動する前に相手から「直接攻撃」を受けるとその相手を「やけど」状態にする。 優先度-4 技名 タイプ 分類 PP 威力 命中率 リベンジ かくとう 物理 10 60 120 100 技を使うターンに相手から攻撃によるダメージを受けていた場合技の威力が2倍になる。 ゆきなだれ こおり 物理 10 60 120 100 技を使うターンに相手から攻撃によるダメージを受けていた場合技の威力が2倍になる。 優先度-5 技名 タイプ 分類 PP 威力 命中率 カウンター かくとう 物理 20 — 100 そのターンに技を発動する直前に受けた物理技のダメージを2倍にして相手に与える。 ミラーコート エスパー 特殊 20 — 100 そのターンに技を発動する直前に受けた特殊技のダメージを2倍にして相手に与える。 優先度-6 技名 タイプ 分類 PP 威力 命中率 ともえなげ かくとう 物理 10 60 90 攻撃成功後、相手のポケモンをランダムに強制交代させる。 ただし、ダイマックス状態・みがわり状態の相手は交代させることができない。 ドラゴンテール ドラゴン 物理 10 60 90 攻撃成功後、相手のポケモンをランダムに強制交代させる。 ただし、ダイマックス状態・みがわり状態の相手は交代させることができない。 ほえる ノーマル 変化 20 — — 相手のポケモンをランダムに強制交代させる。 ただし、ダイマックス状態・特性「ぼうおん」のポケモンには無効。 また、「まもる」「みきり」「ニードルガード」「トーチカ」「みがわり」状態でも貫通する。 ふきとばし ノーマル 変化 20 — — 相手のポケモンをランダムに強制交代させる。 ただし、ダイマックス状態のポケモンには無効。 また、「まもる」「みきり」「ニードルガード」「トーチカ」「みがわり」状態でも貫通する。 テレポート エスパー 変化 20 — — 控えのポケモンと交代できる。 優先度-7 技名 タイプ 分類 PP 威力 命中率 トリックルーム エスパー 変化 5 — — 5ターンの間、「すばやさ」が低いポケモンから行動ができるようになる。 もう一度「トリックルーム」使うと元に戻る。 ただし、「あく」タイプのポケモンには繰り出した技が無効になる。 ヤミカラス• ヤミラミ• バルビート• イルミーゼ• メガジュペッタ• リオル• チョロネコ• レパルダス• モンメン• エルフーン• トルネロス 化身• ボルトロス 化身• ニャオニクス オス• クレッフィ• ベロバー• ギモー• ヤヤコマ• ヒノヤコマ• ハギギシリ.

次の