車 事故 呪い。 宮迫・徳井・渡部を消した“呪いのバイク”が交通事故に!?スピードワゴン・井戸田潤の愛車にダンプカーが追突「動揺が止まらぬまま…」

ジェームズ・ディーンの呪われた愛車

車 事故 呪い

Danger著「Using Colour to Sell」の資料を参考にしたもので47年前のデータでした。 2048件の交通事故から、自動車を色別に分析されたものです。 ただし、場所・期間など、どのように集計したものかは不明です。 「47年前のデータなんてあてになるのか…」と思いましたが、このようなランキングになる原因が、なかなか理にかなう説明になっています。 実は、青・赤・黄がこのように別れているのは、色彩学を学ぶには大変都合の良いデータなので、この「カラー・マーケティング論」で説明されている内容を紹介します。 青い車が事故率1位の原因は「目のレンズの仕組み」にあった? 目がピントを合わせる時、水晶体(すいしょうたい)と呼ばれる部分は、カメラのレンズの役割をします。 水晶体を通して、網膜というセンサーに映像を届けています。 自律神経によって、水晶体の周りの筋肉が締めたり緩めたりして、水晶体の厚さを調節してピントを合わせていると「カラー・マーケティング論」で解説されています。 実は、人間の目は色を見るときも、水晶体の厚みを調節しています。 色を見る時も水晶体の厚みを変えている 人間の目は光の波長を感じ取って色を認識しています。 「色が違う=光の波長の長さが違う」ということになります。 実は、色の波長の長さによってもピントが異なります。 これを 色収差(いろしゅうさ)といいます。 この色収差を解消するために、水晶体の厚みで調整しています。 左上のグラフのように、人間の目は黄色を基準に、色の波長を感じるとるようになっています。 波長が一番長いのは赤、一番短いのは紫になります。 赤より長い波長は赤外線、紫より短い波長は紫外線で人間の目では見えません。 色を認識する時にも、波長が長い色ほど水晶体を厚く、波長が短い色ほど水晶体を薄くする仕組みになっているのです。 目は「赤色では、実際より近くを見る状態」「青色では、実際より遠くを見る状態」になっています。 赤色を見るときの目は、近くを見る時と同じ状態になっている。 青色を見るときの目は、遠くを見る時と同じ状態になっている。 色収差で感じる「進出色・後退色」 色収差によって、赤色は他の色より手前に感じてしまい、青色は他の色より後ろに感じます。 赤は実際より近く・大きく見えるので 進出色・膨張色に、青色は実際よりも遠く・小さく見えるので 後退色・収縮色に分類されます。 これはPCの画像でもそのように見えます。 赤色と青色の距離感には7mの差がある 東京工業大学の塚田敢博士が、直径15mmのランドルト環(視力検査用のCマーク)を用いた被験者実験によれば、平均で「黒地に赤」は最大距離35mでCの方向を視認できたのに対して、「黒地に青」は28mの結果になり、赤と青の色収差には7mの差があることが立証されました。 視認距離も長く、さらに実際より大きく見えているので、最も安全な車の色だと考えられている。 最後に… 色収差によって距離感が異なることにより、事故が起こりやすいor起こりにくい車の色があることは、ある程度説明できると思います。 しかし実際のところ、「事故を起こす」の本質的な要因は、ドライバー自身の運転技術や注意力が最も深く関わるのではないでしょうか。 スマホなど「ながら運転」をする方はよく見かけますが、 筆者は、高速道路でスポーツ新聞を読みながら運転しているドライバーを見たことがあります! 「危険運転」と「車の色」は関係ありませんから!!.

次の

事故車

車 事故 呪い

ジェームズ・ディーンについて まずは呪いの車についてご紹介する前に、その車の以前の所有者であった名優ジェームズ・ディーン氏をご紹介いたします。 キャリア ジェームズ・ディーン氏はカリフォルニア大学の演劇科を中退後、1950年代前半はテレビCMなどに出演しメディア進出を果たしました。 彼に転機を与えたのが小説家アンドレ・ジッドの『背徳者』という小説。 この小説に心酔したジェームズ氏はハリウッドで映画スターになることを志しました。 『折れた銃剣』、『底抜け艦隊』などいくつかの映画で端役を演じた末、ついに1955年、彼の代表作『エデンの東』で主演のキャル・トラスク役を果たしました。 この『エデンの東』で彼はアカデミー賞主演男優賞を受賞。 ハリウッドスターの仲間入りを果たしました。 同1955年公開の『理由なき反抗』でも主役、翌1956年公開の『ジャイアンツ』にて準主役を演じ、アカデミー賞にノミネートされるまでに至りましたが、受賞とはいきませんでした。 このキャリアアップの速さは彼のずば抜けた演技力によるものでしょう。 現在でも彼のファンは増え続けているのです。 しかし、『ジャイアンツ』の公開前の1955年9月30日に自動車事故で帰らぬ人となってしまいました。 自動車事故 ジェームズ・ディーン氏は大の カーレース好きでした。 好きといっても程度が様々ですが、そこはやはりハリウッドスター。 カーレースに出場するほど、カーレースが好きだったのです。 慣らし運転 1955年9月30日も彼はカーレースに出場予定でした。 彼は「ポルシェ・スパイダー550」で出場予定で、そのポルシェはレース会場に直接トレーラーで運ばれるはずだったのです。 しかし、そのポルシェはそのレースのために納車された車で、レースに備えるためには慣らし運転が必要でした。 そこで自動車整備士のラルフ・ウッタリック氏を助手席に乗せて、レース会場のサリナスに向かったのです。 その後にはジェームズ・ディーンの友人で俳優のビル・ヘックマン氏とカメラマンの車が空のトレーラーを牽引し、走行していました。 Y字路での衝突 そして午後5時59分にコレーム近郊にある州道46号線と41号線の東側の分岐点で、横から一時停止を無視して飛び出してきた学生の運転する車と衝突してしまったのです。 調度「Y字」のようになっている分岐点で、ジェームズ・ディーン氏の車は直進道路を走行していたので優先されるはずでした。 しかし、事故は起こってしまったのです。 見えないポルシェ 彼のポルシェの車体は非常に低く、ボディもシルバー。 そして、西日が輝くハイウェイで学生にはジェームズ・ディーン氏の運転していたポルシェが見えなかったのです。 すさまじい速度の両者の車は側面で衝突してしまいました。 ジェームズ・ディーン氏と同乗していた車の整備士のラルフ氏はポルシェから投げ出され、幸い骨折で済みました。 また、衝突してきた車を運転していた学生も軽症。 しかし、 ジェームズ・ディーン氏は複雑骨折、内臓損傷によりほぼ即死でした。 事故死の予感 実はジェームズ・ディーン氏は 自分が事故に遭うことを予感していたのではないかと言われております。 さらに他の仲間も同様に彼のレース出場に不吉な予感を感じていたそうです。 愛猫マーカス ジェームズ・ディーン氏はマーカスと名づけた猫を大変可愛がっておりました。 撮影所での昼休憩ではマーカスの為にわざわざ自宅に一旦帰ったり、夜中は用がなければマーカスの面倒を見るためにさっさと家に帰ってしまったそうです。 そこまで大切にしていた猫を事故に遭う前日に 友人の女性にあげてしまったというのです。 急に頻繁に連絡を取り始める 友人や知人にあまり連絡をとらなかったジェームズ・ディーン氏。 しかし、事故の数週間前から何故か急に友人や知人に連絡を取り始めたというのです。 周囲の反対 詳しくは後述しますが、ジェームズ・ディーン氏の車の専属のカスタマイズ・ビルダーであったジョージ・バリス氏は 「ポルシェを見たときに何か嫌な予感がした。 だからジェームズにはサリナスへ行くなと言った」とのこと。 さらに名優アレックス・ギネス氏もジェームズ・ディーン氏に忠告しており、他にも多くの知人達が不吉な予感がし、中止するように言っていたといいます。 これはワーナーブラザース提供の番組中に放送予定だった映像。 内容はハイウェイでスピードを出すことの危険性を唱えたもので、ディーンは「スピードを出すのは一般道ではなく、レース場で」と訴えております。 「君の安全運転が救う命は、ひょっとして俺の命かもしれないぜ」。 ・・・放送はされることはありませんでしたが、この発言はさすがに… ポルシェ550「リトル・バスタード」 ジェームズ・ディーン氏は以前までポルシェ336という車を愛用しておりました。 しかし、彼の趣味であったレース界ではスピードが命。 彼はサリナスでのレースに向けて、先の ポルシェ550・スパイダーを新調したのです。 このポルシェ550のボンネットには 「130」という番号が刻まれ、さらに後部のエンジンフードにはその「130」と共に 「Little Bastard」という文字が刻まれました。 文字を刻んだのは有名なカー・カスタムビルダーのジョージ・バリス氏。 これほど豪華なポルシェ550・スパイダーはなかったのではないでしょうか。 呪われたパーツと消えたボディ ジェームズ・ディーン氏のポルシェ550・スパイダー「Little Bastard」は事故で以下の画像のように大破してしまいました。 とはいえそのポルシェ550が名機であり、搭載されていたパーツの性能はピカイチ。 そのポルシェの残骸は先のジョージ・バリス氏が買い取り、 使えるパーツは取り出され、お金持ちのもとに渡りました。 エンジン 車の原動力といえばエンジン。 Little Bastardのエンジンを入手したのは、ウィリアムスという医師でした。 彼も無類のレース好き。 彼は早速自分のレーシングカーにそのエンジンを搭載し、レースに出場しました。 しかしそのレース中、ウィリアムス氏のレーシングカーのタイヤが外れ、コントロール不能に。 居合わせた警官が大怪我を負ってしまいました。 トランスミッション エンジンの動きをタイヤに伝えるパーツ、トランスミッション。 ギア(歯車)などですね。 やはり車には欠かせないパーツです。 Little Bastardのトランスミッションを入手したのは、トロイという医師でした。 やはり彼も無類のレース好き。 彼も自分のレーシングカーにLittle Bastardのトランスミッションを搭載して出場しました。 しかし、レース中、トロイ医師の運転していた車がスピンして木に激突。 トロイ医師は帰らぬ人となってしまいました。 ボディ さすがに使い物にはならないボコボコになってしまったボディ。 しかし、ジェームズ・ディーン氏が事故死してしまった車のボディといったら、人々に与えるショックは大きいはずです。 交通安全キャンペーン そう考えたバリス氏はカリフォルニア州の警察署が実施する交通安全キャンペーンに展示することに。 しかし、ボディーを保管していた 警察署のガレージで火災が起き、ガレージは全焼してしまったのです。 次にボディーが展示されたサクラメントの高校では、 ボディーの展示台が壊れ、高校生一名が大怪我を負ってしまいました。 輸送中の悲劇 それから数週間後、最終的にボディは再びサリナスへ送られることになったのですが、その輸送中、トラックがスリップして衝突事故を起こしてしまいました。 トラックの運転手はその衝撃で外に投げ出されお亡くなりになりました。 さらにオークランドでの輸送中、ボディが何故か真っ二つに割れ、その片方がトラックから落ちてしまい、 後続の車が事故を起こしてしまいました。 さらにさらに、オレゴンでの輸送中には、輸送していたトラックのブレーキが故障。 そのまま 店舗に衝突してしまうという事故が起こりました。 バラバラになり消失 1959年暮れ、ようやくニューオリンズに辿り着いた時は、スパイダーのボディは11の破片にまで分解されていて原型がなくなっておりました。 それでもバリス氏は十分な時間をかけて修理しようと思っていたそうです。 1960年、マイアミでの展示で、今度は貨物列車で輸送することにしたが、この輸送中、スパイダーの残骸(ボディ)は、忽然と消えてしまったというのです。 バリス氏は私立探偵を雇って捜索しましたが、 いまだにその所在は明らかになっていないそうです。 まとめ 実はトランスミッションが日本に渡ったそうです。 最後までお読みくださいましてありがとうございました。

次の

事故車

車 事故 呪い

この怖い話は約 3 分で読めます。 270 事故車 New! 12 ID:XnmUOvbV0 20年程前、関西のある都市の解体屋でバイトをしていた時 今は考えられないけど、当時はバブルの終焉期で「シーマ現象」なんつって 20代そこそこの就職したての若僧でも5~600万円する高級車をローンで ポコポコ買って乗り回すのが流行ってた。 で、バイトしてた解体屋に高速で事故って車体がくの字に折れ曲がった高級車が 入ってきたのよ。 そこでオーナー(某国人)からストックしてた同車種の解体車と 俗にいう「2こ1(解体車2台を前と後ろでくっつけて1台作っちゃう・当時は 適法だった)」をするよう指示があって、同僚だった某国人と一緒に作業をはじめたの。 当たり前なんだけど死亡事故を起こした車体同志なんで、切った貼ったを繰り返して 何とか寸法を諸元表通りに収めて、あとは板金屋に持ち込むだけ(細かい傷やへこみを 直して再塗装して中古車屋・オーナーが経営・にて販売する)になったとき。 持ち込まれて区の時に曲がった車の前は無事故で綺麗だったんで、それを前部分にして 2こ1にしてたから、4枚ある車のドアは全部、ストックしてたオカマ事故を起こして 前がグシャグシャだった車のを使ったんだ。 で、板金屋に持ち込んだ次の日に 板金屋から連絡があって、とにかく来てくれ、と。 オーナーから指示があって 俺が話を聞きに行ったの。 272 事故車 New! 55 ID:XnmUOvbV0 板金屋に着いたらすぐそこの社長が車を見てくれ、と。 何かと聞いても 見たらわかる・って。 で、何故かいつも車を置いてある駐車場じゃなくて 社長の趣味の車をしまってる個別のシャッター付ガレージに連れてかれて 中に入ったらシャッター閉めるし、何かされんのか、ってくらい俺もビビった。 真っ暗な中でその車のとこだけ電気ついてて、板金屋の社長に腕引っ張られて 付いてったら、その2こ1の車のドアの内張りがはがされてんの。 もう判るよな。 そう、ドアの内側には「細かく小さい袋に入れられた白い粉」いっぱいと 「弾が飛び出す」のがいっぱい・すべてのドアの内側にぎっしり・・・ オーナーの関係者から持ち込まれた・前がつぶれてストックされていた高級車。 その後、俺たちは話し合い「関わらない・広言しない」を約束、作業を終了した後 その車は「以前から話がついていた」某国人(オーナー友人)に引き取られ 関東に納車されました。 バレたら沈められてた話。

次の